「青山I邸」のアーカイブ

検査直前の大事件とその後の完了検査&お引越し

リフォームアドバイザーとしてお手伝いしてきた青山の高級マンションリフォームI邸の工事が完了して、お施主さまの検査に立ち会って参りました。実はこの検査の3週間ほど前に、施主検査を予定していたのですが、検査前夜の清掃時に担当者が腰に付けていたボトルから有機溶剤を床フローリング上に垂らしてシミを作ってしまうという大事件が起こってしまいました。

DSC_3992_pt

シミの個所はクリーニングでは汚れを落とすことができず、ヤスリで削って汚れを落とす試みもして貰いましたが、横から見るとそこだけが凹んでしまうことが判りました。一か所だけであれば、その個所だけフローリングを張り替えることもできそうだったのですが、シミが部屋中に散らばってしまっていたので、急遽検査とお引き渡しを先延ばしにしてLDKのフローリングを全面張り替えることになりました。
その時点で、全てお引越しの手続きを終わっており賃貸中だったマンションを引き払ってしまったお施主さまご夫妻に対しては、リフォーム工事を請け負っていたM社の方で、家具付き賃貸マンションを手配して、荷物に対しても一時預かり先を用意してくれたので大パニックを何とか避けることができました…。

DSC_3813_pt

こちらが汚れてしまったフローリングをいったん全て撤去して、新しく床下地を作り直した際の様子です。すでに組み立てていたリビングのカウンター家具も一旦バラし、幅木類も取り外した状態にしてから、フローリングを張り直してもらう手筈になりました。

床材が特注のスカンジナビアンフローリングだったことも影響して、その後2.5週間で何とかLDK全面を張り直して、仕切り直しの検査に臨むことができました。

DSC_3995_pt

ここまでの経緯で、仮住まいをせざるを得ない状況になってしまったお施主さまご夫妻には、色々な気持ちが錯綜していたかと思いますが、検査は検査で重要ですので、気を取り直しての検査のお手伝いをいたしました。
こちらはトップライトがある、玄関ホールです。天井も高く、収納量の多い靴収納には満足してくださったようです。

DSC_4005_pt

LDの壁際に作られた御影石カウンタートップのステレオ・TV機器類を収納する造作カウンターです。フローリングも張り直したことを全く感じさせない、きれいな出来でした。

DSC_3981_pt

開閉式の扉で、リビングとの視線をコントロールできるキッチンです。ドイツ製高級キッチンメーカーのジーマティック社のオーダーキッチンです。

DSC_3982_pt

奥さまが特に気に入ってくださったのが、こちらの浴室です。特注の割れ肌石調のタイルがシックで、とても落ち着く空間になったと喜んでくださいました。

DSC_3985_pt

浴室と洗面所は、ステンレス鏡面仕上げの枠とテンパーガラスの扉で繋がっています。

DSC_3990_pt

長ーいカウンターがある洗面代です。背面には洗濯機が見えていますが、引き戸で隠すことができる仕掛けを作ってもらいました。また、お施主さまご夫妻が高齢になった際には、簡単なリフォームで寝室との壁を一部撤去して、この洗面とトイレに直結できる扉が作れるように工夫した作りとなっています。

DSC_4004_pt

こちらは、ご主人様が気に入ってくださった玄関ホールからリビングへの特注建具です。黒檀の突板を鏡面塗装に仕上げて貰い、南部鉄赤サビ仕上げの取っ手を合わせた扉です。両袖は透明ガラスを入れて貰いました。

検査で見つかった是正項目を補修した後にお引越しとなりました。そして引っ越し後2週間で訪問させて頂いた時の様子が以下の写真です。

DSC_5773_pt

家具なしではただただ広すぎるように感じられたLDですが、家具やピアノ、調度品やアート、さらにはカーテンや照明器具が入って落ち着いた来たとのことでした。当初はお手持ちのラグで十分と考えていらっしゃったようですが、さすがにこの広さだとラグが小さく感じられたので、特注オーダーで大型のラグを発注することになりました。

DSC_5774_pt

天窓付きのダイニング空間と横に繋がるキッチンです。壁際にはチークの家具が三つ並んでいますが、実はそのうちの一番右のものは、まだ駆け出しの建築家だった僕が、隣の家具に合わせてデザインさせて頂いた思い出の特注家具なのです…。その時から考えると十数年のお付き合いになるIさまご一家のリフォームをこのような形でお手伝いさせて頂くことができたこと、とても嬉しく思っております。改めてのリフォーム完成とお引越し、おめでとうございました!

タグ

2015年10月28日 | 検査直前の大事件とその後の完了検査&お引越し はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山I邸

造作家具の取付@青山I邸

すっかりブログ更新をサボっておりました青山I邸ですが、造作家具の取付が始まっていました。

DSC_2929_pt

部屋中がコンテナのようなものでいっぱいになっておりますが、これらが組み上げる前の造作家具の箱たちです。内装のクロス張りも終わっているので、壁際に箱を置くと傷つきの原因になってしまうので、部屋中央に寄せて置いてあるのです。

DSC_2947_pt

Iさまがこだわりを持っていらっしゃるステレオシステムとスピーカー類を入れるための造作収納なので、似たような箱に見えますが、それぞれ寸法や扉の仕様、熱が逃げるための工夫などが細かく指定されているのです。

DSC_2946_pt

壁に立てかけられているこちらの材料は、ステレオ収納の天板になる御影石の甲板材です。丸穴が開いているのは、カウンター上に載せるテレビと配線を繋げるための孔です。石材の右奥には、すでに組み上がったキッチンが見えています。

DSC_2932_pt

こちらが、窓があった明るいキッチン空間に組み上がっているオーダーキッチンです。ドイツのキッチン御三家(?)の一つのジーマティック社の特注オーダー品です。

DSC_2941_pt

造作家具はリビングダイニングだけでなく、こちらの玄関ホールの大容量靴収納棚や、

DSC_2944_pt

こちら、主寝室の造作棚等、他にも書斎のCD&レコード収納棚などが順次取り付けられてゆく予定です。

DSC_2937_pt

最後に、リビングコーナーからキッチンとダイニングを見返した写真です。160平米強のマンションのLDKはさすがにスペースの余裕がありますね。

タグ

2015年10月09日 | 造作家具の取付@青山I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山I邸

石膏ボード張り後のクロス下地作成@青山I邸

先回のお施主さま同席でのコンセントスイッチ位置確認後、青山I邸の現場ではボードが張られました。

DSC_2477_pt

移設して貰ったスイッチ類やコンセントの位置をお施主さまと再確認して回らせて頂きました。左手で測量している男女二人組は、お施主さまが依頼しているカーテン屋さんで、実測してくれています。

DSC_2480_pt造作家具が取りつく前に、収納の最終寸法なども現地を見ながら確認して貰いました。

DSC_2490_pt

スッキリと大きく、そして風通しが良い空間で、お施主さまたちもとても気に入ってくださっています。

DSC_2492_pt

玄関には大型のシューズクローゼットが入っています。見えている内部の棚はポリで作ってもらっていますが、まだ搬入取付されていない扉はナラ白拭き取りの突板仕上げとなっています。

DSC_2484_pt

オーダーユニットバスも大枠が組まれていました。窓際にアルミ枠がついてしまうとのことだったので、M社の担当のKさんに相談したところ、何とか枠なしで、タイルを廻し込めるようにできないか調整してくださることになりました。最後まで悩んだ壁タイル、そしてジャクソン社の浴槽も共に持ち良さそうだとお施主さまも嬉しそうでした。

DSC_2494_pt

リビングからダイニングとキッチンを見返した様子です。建築工事が仕上がった段階では、白い空間となる予定ですが、そこにお手持ちのチークの家具やアートを飾ってゆくことで、Iさまたちらしい素敵な空間に仕上がってゆくハズです。

DSC_2703_pt

その10日後に現場を再訪した際の様子です。壁と天井はクロス張り仕上げですが、石膏ボードの継ぎ目やビス穴をパテで埋める作業中で下。ダイニングのセンターには、ビニールクロスに糊付けする機械も既に設置されています。

DSC_2701_pt

天井の大きな折り上げ部分です。間接照明を組み込むためのアゴが作られ、その周りに天井カセット式エアコンやダウンライトが配置されています。

DSC_2706_pt

玄関から繋がるホールから、主寝室への入り口を見たアングルです。壁ボードのちょうど腰高さ辺りには、将来的に手すりを付けられるようにベニヤ板を仕込んでもらっています。70代のお施主さまがバリアフリー仕様をお望みだったので、床もフルフラットで、主寝室と洗面・脱衣を仕切っている壁も簡単に取り外せるように作ってもらっています。

DSC_2720_pt

ホールとLDの間には左右に透明ガラスを入れて、中央に黒檀突板の扉を作ってもらう予定です。左右のガラスは壁に埋め込まれたように見せたいので、事前に写真のようなステンレスのコの字型金物を埋め込んで貰っています。右上には先行取付されたピクチャーレールも見えています。

DSC_2714_pt

洗面脱衣室の奥にトイレを設ける予定ですが、床のタイルが養生中で、給水や電源を立ち上げるためのライニングが立ち上がっていました。

R0051743_pt

一通り現地をお施主さまたちを確認した後、下の階に用意して貰っていた打ち合わせ室で設計のHさんが作ってくれたパネルを見ながら、各部屋の仕上げ材の最終確認をいたしました。

 

タグ

2015年06月29日 | 石膏ボード張り後のクロス下地作成@青山I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山I邸

石膏ボードを張るタイミングでのコンセント&スイッチ位置の現場確認

僕らがマンションリフォーム工事を監理する場合、お施主さまとはなるべく現場で打ち合わせをするようにしています。それでもお忙しい方は中々現場に来ることができないのですが、以下の3つのタイミングは特に重要なので、何とか現場に確認に来てもらうようにお願いしています。

  • 解体完了墨出し時
  • ボード張り始めのコンセント&スイッチ位置確認
  • 竣工検査

本日は2番目のコンセントとスイッチの位置確認の為に、青山I邸現場にお施主さまに来て頂きました。

DSC_2430_pt

写真のように、現場には天井や壁には石膏ボード(ベージュ色の部分がボードです)が張られ始めています。ただ、正面右側の部分はまだボードが張られていないので、壁内部を通っている電気の線が見えています。
部分的にボードが張られていることで、素人の方にも部屋の大きさが想像できて、コンセントやスイッチが入る部分の壁が張られていないタイミングが、電気関係の位置の最終確認をする最適なタイミングなのです。

DSC_2442_pt

例えば、こちらの袖壁はキッチンとダイニングの仕切りになっていますが、仮付けされたスイッチ類の位置が思っていた以上に高く、目立ちそうだとのことで、お施主さまと相談の上、高さを下げることになりました。また、同じ壁にインターフォンが配置されていましたが、キッチンの内側壁に入れて貰うことになりました。こういったことは、電気プロット図や展開図で一応事前に確認していたことですが、現地にて暮らす目線で見て初めてその問題に気が付くことが多いポイントなのです。

DSC_2447_pt

こちらは先ほど見えていたキッチン内側に入ってリビング側に空いている開口を見返したアングルです。こちらの電気は問題ありませんでしたが、背面収納に設けた家電キャビネットの所に専用電源が来ていなかったので、追加して貰うことになりました。

DSC_2453_pt

部屋ごとに確認してゆきますが、位置が確定されたところから、大工さんがボードを張ってゆく手順となっています。

DSC_2432_pt

こちらは玄関から繋がってくるホール部分です。壁と天井の際には指定したとおりのピクチャーレールが入っていることも確認いたしました。

DSC_2435_pt

ご主人の書斎内部です。造作家具が入る開口が並んで空いています。床暖房スイッチの位置も確認して回りました。

DSC_2441_pt

ゲストルームにはオーダーユニットバスの浴槽と、特別にお願いした砂岩調のタイルを張った浴室の壁パネルが並べられていました。

DSC_2458_pt

防水パンが2枚に分かれて用意されている浴室予定の場所です。こちらにはコンセントはありませんが、手前の洗面脱衣所では、コンセントを追加して貰うことになりました。

DSC_2461_pt

最後はトップライトで明るい玄関です。こちらでのスイッチ・コンセント共に問題なく、天井に空いているダウンライトの位置もOKでした。今回は大手M社に設計施工でお願いしており、こちらはリフォームアドバイザーとしてお手伝いしている工事ですが、やはりお施主さまと一緒に現場に来ることで、細かい使い勝手を微調整することができたと思っております。

タグ

2015年06月04日 | 石膏ボードを張るタイミングでのコンセント&スイッチ位置の現場確認 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山I邸

青山I邸のLGS壁下地

青山I邸の現場にLGSの壁下地が立ち上がったとの連絡を貰ったので、お施主さまのIさま母娘と一緒に現場を訪問して参りました。

DSC_2023_pt

リフォーム設計&工事請負の大手リフォーム会社M社のKさんに立ち会って貰っての現場です。通常僕らは設計したプロジェクトの現場監理という形で現場を訪問しますが、今回のプロジェクトではリフォームアドバイスという形でのお手伝いなので、あくまでも施主代行としての立ち合いです。

DSC_1987_pt

マンションの最上階住戸なので、天井裏スラブには吹き付け断熱を施して貰っています。アイシネンという断熱材を使っているそうです。本来であれば、熱橋を防ぐために梁裏も断熱すべきなのですが、梁下に寸法をなるべく高くしたいとのIさまのご要望で圧愛しています。

DSC_2002_pt

屋上階住戸の良さで、このお部屋にはトップライトが2つあります。一つ目がこの玄関のものです。

DSC_1986_pt

玄関横に設けている来客用トイレの排水管きれいに接続されていました。床下には十分なスペースが無いので、背面抜きの便器を使って、壁ライニングと洗面カウンター下を通して反対側のPSまで排水管を繋げています。

DSC_2008_pt

浴室+洗面エリアの壁も立ち上がってきました。

DSC_2005_pt

かつて水回りがレイアウトされていたエリアは、床スラブが一段落ちているので、排水管も余裕をもって配置されています。管径が違うので、トイレからの汚水管と浴室からの雑排水配管がクロスしていますが、勾配もきちんと取れているので問題なさそうです。

DSC_1988_pt

玄関入ってすぐのホールの壁下地です。LGS下地の腰高さ部分にベニヤ板が張られていますが、これは将来的に手すりを設置したくなった時のための補強材です。事前の打合せで、すべての展開図のどこに下地材を入れておいて欲しいかのリクエストを聞いてくれているので安心です。

DSC_2020_pt

ダイニング部分にもう一つのトップライトがあります。ちょうど天窓周りの枠を補強している最中でした。左奥に見える明るいスペースがキッチンエリアです。

DSC_1998_pt

キッチンのカウンター上に設ける開口部からリビングエリアを覗いているアングルです。この開口部にはショールームでIさまが一番気に入っていた、ゴールド色のスライド式扉が付くことになっています。給水給湯管、さらにはシンクと食洗器からの排水管も所定の位置に立ち上がっていました。

DSC_1994_pt

リビング側から見返した写真です。左からキッチン、ダイニング、ホール、さらに壁の奥にご主人さまのようの書斎が並んだ構成です。次回訪問するのは、ボード張りが始まった頃のタイミングで、コンセントや照明のスイッチ位置を現地で確認することになります。

タグ

2015年05月15日 | 青山I邸のLGS壁下地 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山I邸

スケルトン解体工事@青山I邸

しばらく更新が滞っていた青山I邸の解体工事現場の様子です。

DSC_0389_pt

こちらのプロジェクトでは、お施主さまのIさま側のアドバイザーとしてのお手伝いで、リフォーム計画の設計・施工は大手リフォーム会社のM社が担当しているので、工事監理ではなく施主代理としての現場見学として解体状況を確認させて貰っています。

DSC_0379_pt

さすがに高級マンションリフォームの実績・施工力に定評のあるM社だけあって、解体工事中とはいえ、整然とした現場でした。

DSC_0377_pt

廃棄する素材も、きちんと金属質のLGS、木質類、ボード類ときれいに分類されて置かれています。

DSC_0375_pt

在来工法で作られていた浴室は解体に時間が掛かっているようでした。同じビルの低層階にクリニックやショールームが入っている関係で、音が出せる工事時間帯が限られており、構造に関係しない浴室の袖壁やシンダーコンクリートのハツリ工事が簡単には進められないそうです。

DSC_0455_pt

しかし、その2週間後には、ここまで浴室周りがきれいに解体されていました。コンクリート雑壁の解体にはクラッシャーを使い、床シンダーコンクリートの解体には振動がほとんど発生しないパッカー工法を使って解体を進めたそうです。

DSC_0468_pt

解体工事時のチェックは、各務一人でしたが、解体が全て完了して、現場清掃が入った後の検査時には、お施主さまに立ち会って貰って検査いたしました。

DSC_0456_pt

天井廻りに配置されているエアコンの配管状況を確認した写真です。天井付近に、どうも現場でカットされたような鉄骨の不可解な跡が見つかりましたが、以前の持ち主経由で建設時のゼネコンに問い合わせて貰った結果、建て方時のクレーンを立てるための鉄骨で、コンクリート打設後に現場でカットしたものだったことが後程判りました。

DSC_0444_pt

各エアコンの冷媒管が天井を沿って、北側の壁際に集まって、このスリーブ穴から外の室外機へと繋がっている個所の様子です。図面上はPSと記載される個所ですが、なぜそれだけの寸法分壁をフカさなければならないかは、このような現場の様子を見て貰うことで、お施主さまにもすぐに理解して貰えました。

DSC_0469_pt

PS周りの解体状況です。正面ブロックに囲まれているのが排水管が上下階を貫通しているPS(パイプスペース)ですが、向かって左側は床スラブが下がっていますが、右側は下がっていません。当初は右側に洗濯機を置く予定でしたが、それだと洗濯機を設置する洗濯パンが床の上に出っ張ってしまうことになっていましたが、この状況を見て貰ったうえで、左側に移動して、床とフラットに仕上げて貰うことも理解して頂きました。

DSC_0443_pt

すっきりしたスケルトン状態のお部屋です。さすがに160平米ある空間をスケルトンにすると、広さを実感するものですね…。
因みに床を這っているのがエアコンのドレイン管ですが、長い距離を勾配ゼロで排水されていることが判ったので、今回の工事で是正して貰うことになりました。

 

No tags for this post.

2015年03月30日 | スケルトン解体工事@青山I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 青山I邸