Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ガラス・大理石・造作家具が入って完成直前の横浜伊勢山Y邸

横浜伊勢山Y邸

先日、特注のスチールサッシの取付けが終わった、横浜伊勢山のY邸リノベーションプロジェクトですが、本日はその鉄製サッシ枠にガラスが嵌め込まれていました。

枠と中桟のデザインが印象的なサッシですが、パッと写真で見比べてもガラスが入っていない状態と入った状態ではそれほど違いが感じられないかもしれませんが、現場では明らかな違いが感じられるのです。

先ほどのように玄関側からリビング側を見ても(つまり暗い側から明るい側を見ても)、ガラスの存在感が感じられにくいですが、このように明るい側から暗い側を見返すと、ガラスが入ったことでの間仕切りの存在感が格段に違ったことが判ると思います。因みにサッシの一番右側は、背面が構造柱になっており、その部分をカバーしているので、白いカラーガラスをはめて貰っています。

各サッシの内側にハメられた押し縁(オシブチ)を取り外して、ピッタリのサイズで持ってきたガラスを入れて、押し縁で固定してゆくことで、ガラスがはまってゆきます。

石張り工事もほぼ終わっており、リビングの二つの壁面にこのような大理石が貼られていました。それぞれの壁の下部で養生されているのは、造作家具を差し込んでいる個所です。壁紙も張り終わっていました。

キッチンには、アルポリック(アルミ複合板)を使った腰壁もできており、壁のアクセントクロス張りもきれいに出来上がっていました。ダイニングの折り上げ天井に設けた照明ダクトの横面のステンレス鏡面仕上げ板もきれいに仕上がっています。

今回は、ワインやお酒が好きなお客さまがご購入するケースを想定して、ワインセラー置き場を作っています。カウンターは人造大理石で、ガラス扉付きのワイングラス入れの吊戸収納で背面壁にはウォールナットを張って、シックなイメージに纏めてみました。ワインセラーに興味が無い方のためには、この下に引出収納を作れるように工夫しております。

キャビネット(箱部分)だけを再活用して、カウンター材と引出の手前の面材を作り変えた洗面カウンターも仕上がってきました。柱型をまたいで、その右側にもリネン収納と、甲板の下には着替え用のバスケットを入れるニッチも作っています。
残りの造作家具を取り付けて、清掃が終わればリノベーション工事も完成になります。

 

 

 

ページトップへ戻る