枠取付け開始@田園調布F邸

枠取付け開始@田園調布F邸

寒い中も着実に工事が進んでいる田園調布F邸の現場では、建具の枠が取り付けられてきました。

普段は大工さんに作って貰う造作枠を使いますが、今回は建具とセットで購入できる既成枠を使っています。枠の取付けが完成するとボードも張れるので、空間の形が見えてくることになります。写真はキッチンとパントリーを繋ぐ引き戸周辺の枠を大工棟梁の高橋さんが付けている様子です。

現場打合せ中

2階から見下ろした現場定例打合せ中の様子です。見えているのが、つい先日のリフォーム番組に登場していた中西ヒロツグさんとスタッフの川野君、現場監督の小園さんです。徐々に現場が進んできたので、大工さんの他に電気屋さんや設備屋さんも現場に来ています。ここからは少しの変更でも、色々な業種の工事が絡んでくるので、こちらも今まで以上に緊張感を持って現場に望んでゆくことになります。

こちらは玄関横のクローゼット上部に設ける分電盤と弱電用の壁内配線の様子です。右側の箱に赤いチューブが差し込まれているのが、CD管(Combined Duct:合成樹脂製可とう電線管)と呼ばれる先行配管用のパイプです。後日、光ケーブルが設置された後、ここから分岐した電話線やテレビ線を配線して貰うことになっています。

中西ヒロツグさん現場打合せ中

リビングの吹き抜け部分に設置予定の間接照明について、スケッチを描きながら打合せ中の中西さんと現場監督の小園さんです。

材料発注リスト

小園さんに頼んで見せて貰った、現場用の材料発注表です。上記のような設計側のスケッチから、現場監督が間違いが無いように材料を書き直して、材料屋さんに発注するリスト(極秘?)です。

 

 

タグ

2012年01月31日 枠取付け開始@田園調布F邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 戸建住宅リフォーム 田園調布F邸


»
«