設計&施主検査&写真撮影 @杉並区S邸

設計&施主検査&写真撮影 @杉並区S邸

杉並区S邸は昨日までにほぼ全ての工事が終わり、設計検査と施主検査を同じ日に行って参りました。午前9時に僕ら設計側が四人体制で現場に入り、2時間ほどで検査を終了し、その後お施主様に来ていただき、チェックした内容を報告し、他に何かないかをもう一度周るスタイルとしました。

設計検査&施主検査 リノベーション

一般的な壁やフローリングの傷、家具の仕上がり具合や扉の開き具合、設備の取付け固定度や清掃の具合まで、複数の目で細かくチェックしてゆきます。

施主検査 杉並区S邸リノベーション現場

検査でチェックした項目を、一つずつお施主様にお見せして、その補修方法についても簡単に説明してゆきます。

リノベーション工事 設計検査チェック図

チェック項目は40以上(塗装の傷を除く)に上り、それらを全てこの図面とリストを通じて施工側に伝えました。補修が特に難しい個所についてはどのように補修を行うかの打合せも行います。

全館空調の風量チェックシート

目で見て確認することができない空調設備については、こちらも事前にセンサーを使ってチェックして貰った結果をお見せしました。

浴室ガラス扉の吊り込み

こちらの浴室ガラス扉の吊り込みのように、検査の日でも工事をしている個所が数か所あったので、それらについては、検査を午後に廻して、まずは完成・お引渡しを優先させます。

一通り検査が終わった時点で、現場にいた職人さん、施工会社青の片岡さんと八木君、設計事務所スタッフ、そして検査に参加してくださったSさまの奥さまと一緒に記念写真です。左から、掃除屋さん、各務、電気屋さん、渡辺さん(設計スタッフ)、Sさま、キッチン屋さん、青の片岡さん、掃除屋さん、青の八木君、竹田さん(設計スタッフ)です。

補修屋さんの補修

検査終了後からは、すぐに補修工事も始まります。凹んだフローリングや家具を直すのは、写真の補修屋さんです。ハンダ鏝とロウで形を盛って、微妙な色具合を絵具を使って補修してゆく作業は、何度見ても驚かされます。

 

竣工写真撮影@杉並区S邸リノベーション

補修している間を縫って、竣工写真も撮り進めてゆきます。まだ冷蔵庫も入っていないキッチンです。

玄関竣工写真 マンションリノベーション

先日突板屋を訪問して選んだ、ブラックリンバの突板が張られた玄関の靴収納も完成しました。

寝室完成写真

青紫でヘッドボードに当たる壁を塗装した主寝室です。

緑のユーティリティー

壁が黄緑色に塗られたユーティリティースペースです。

マーフィーオイルの塗装

撮影が終わった所から、フローリングへのオイル塗装が始まってゆきます。すべての人が最後のツメの段階で、職人さんたちにお願いしながら竣工写真を撮影させて貰いました。いよいよ明日は、竣工お引渡しです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ

2012年08月24日 設計&施主検査&写真撮影 @杉並区S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: スケルトンリノベーション 杉並区S邸


»
«