目黒S邸 竣工検査

目黒S邸 竣工検査

7月に着工した、目黒のヴィンテージマンションリフォームS邸の竣工検査に伺って参りました。

ビンテージマンションリフォームの竣工検査

最後の仕上げ工事で難しいディテールが多かったので、出来が少々不安でしたが、現場もとても頑張ってくれたようで、検査での指摘事項もそれほど多くなく安心致しました。仕上がりのイメージも、オーク・フローリングと天井のウォールナット羽目板、壁のポーターズペイントと造作家具が上手くマッチして、上品で雰囲気のある空間に仕上がっていました。

既成のユニットを使ったキッチンには、油の飛び跳ねをブロックするガラスを取り付けました。

レンジ前のガラス加工

下は人工大理石のカウンター材に溝を掘り、上部はレンジフードの背面をフカして取り付けましたが、とてもきれい納まっていました。

窓を塞いだ壁の開口や棚板などの細かい部分もとてもきれいに仕上がっていました。ここまで頑張ってくださったオリエンタルの太田さん、今野さんどうもお疲れさまでした。そして、竣工引き渡しの日程を調整して、最後の工事に時間を下さったSさまご夫妻、どうもありがとうございました。

タグ

2010年09月22日 目黒S邸 竣工検査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 目黒S邸


»
«