Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リフォームデザインと仕上げ材の決定プロセス@白金台Y邸

白金台Y邸

ヴィンテージマンションのリノベーションプロジェクト、白金台Y邸の計画がゆっくりですが、進んでおります。

141007shirokanedaiYtei-01

プランのアイデアがある程度まとまってきたので、簡略ですが図面化しています。図面の番号が振ってあるのは、その個所毎に見積りをお願いして、CP(コストパーフォーマンス)を見ながら、メニュー的にどこをどのようにリノベーションするかを見やすくするための工夫です。

141007shirokanedaiYtei-03

①にあたる玄関部分のリノベ提案のスケッチです。築29年のマンションのビンテージ感を玄関で演出したいと考えて、このようなデザインを考えてみました。靴の脱ぎ履きの利便性向上のためのベンチや手すり、窓がなく暗い玄関を明るくするためのガラス扉なども工夫も加えています。

141007shirokanedaiYtei-04

リビング側には、既存で縦型の空調機を天井カセット型に置き換えて、その場所をAV機器収納兼本棚として利用する案を考えました。リビングからくびれて天井が低くなったダイニング部分には、天井を羽目板張りにして間接照明を入れて、正面の柱型に合わせて家具を設置する提案をいたしました。

Exif_JPEG_PICTURE

それぞれの提案を現地でYさまたちにご説明している様子です。玄関やダイニングの提案はとても気に入って頂けたようです。そのまま見積りを作ってもらうために、リフォームキューの森井さんに立ち会ってもらっています。

Exif_JPEG_PICTURE

その素材イメージもYさまに見て頂きました。オークのフローリング張りを基本に、少し色の濃いウォールナットかチーク材を混ぜて、クロスも落ち着いた色調のものを考えております。概ね、デザイン提案に対してのOKを頂けましたので、この流れで見積りを作ってもらうこととなりました。

Exif_JPEG_PICTURE

先回の打ち合わせから10日後に見積りが揃った時点での打ち合わせの様子です。今回は、お施主さまが懇意になさっている不動産屋さんにも立ち会ってもらって、デザインやCPについての意見を伺わせていただきました。リフォームキューの岩波さんと森井さんにも説明に立ち会ってもらっています。

Exif_JPEG_PICTURE

キッチンについては、オーダーで作るか、既製品のシステムユニットで作るかの2通りを考えました。システムはパナソニックでご提案したところ、隠れた個所にあるキッチンなので、費用をそこまでかけなくてもよいこと、さらに実用的に問題がなければ、こちらの方が良いとのご判断になりました。ほかの部分についても、CPを中心に打ち合わせを進めて、どのリフォームを採用して、どれを不採用にするかを時間を掛けて検討して頂くことができました。

Exif_JPEG_PICTURE

2回目の打ち合わせから、メールにて見積りをやり取りして、最終的な工事内容と金額をまとめることができましたので、ちょうど1週間後に工事契約を現地にて結ぶ運びとなりました。

Exif_JPEG_PICTURE

最終的に決まった仕上げ材を並べて、どこに何を使うかをご説明させて頂きました。早速準備に取り掛かって、翌週から解体工事が始まることになります。Yさま、リフォームキューの岩波さんと森井さん、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

ページトップへ戻る