Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

床大理石張り工事@元麻布ヒルズ

元麻布ヒルズA邸

元麻布ヒルズレジデンスのお宅のリフォームプロジェクトの現場で、廊下床の大理石張り工事が始まったとのことで、現地を確認しに行って参りました。

廊下床からの大理石がリビングまで伸びている

左奥に続いているのが玄関から続く廊下部分で、床の大理石を張っている職人さんが見えます。職人さんの正面の壁から、手前リビングダイニングに入ってきて左へ(こちらから見ると向かって右)と曲がってゆく壁も同じ大理石が壁に張られます。そこで、床の一部もボーダー状に大理石を張るデザインとすることになりました。
その手前でエコフルガードで養生されている部分はフローリング張りとなっています。

リビングの細いボーダー状の大理石床部分の目地を職人さんが詰めてくれています。

大理石と色を合わせて個室に入る塗装仕上げの建具を作る予定ですが、サンプルの大理石で色合わせしても意味がなかったので、日塗工の色サンプルを持ってゆき、現地に入った大理石と色合わせをしました。

こちらはしっかりカバーされていたフローリングの養生シートを現場監督さんの了解を得たうえで、ペロッと剥がしてみた写真です。手前の大理石・オデッサベージュ(アドヴァン)と奥に見えるフローリング・ノルドのモハベ色(ADワールド)の色味がうまくマッチしていることを確認することができました。
因みに、右手前で床に埋まっている機構は、建具用の埋め込み型のフロアヒンジの金物です。この周り、この上にも大理石が張られます。

大理石張りの床と壁のガラス袖壁埋め込み用チャンネル設置

廊下からリビングに入る部分には、今のフロアヒンジで吊ったレザー張りの建具と、袖のガラス壁が設置される予定です。壁や床、天井とそのガラス袖壁の取り合いのために、このようなステンレス製のチャンネル(コの字型金物)が埋め込まれています。

廊下から繋がっている来客用トイレの床にも同じ大理石が張られました。

プライベート空間の奥にある洗面・脱衣スペースの床には大理石調のタイルが張られていました。正面奥に見えるのが養生されている浴室への扉で、その扉を開けると…、

このような新しいおーだユニットバスが設置されていました。浴室も床のタイルは、手前の洗面脱衣室と合わせた色味としています。

引き戸枠とAV収納を一体化させる工夫

その他の工事も着々と進行しています。デザイン的には大きなカギとなる、リビングのTV収納と一体型に見えてくるキッチン入り口引き込み扉の枠が設置されていました。上枠はまだ切り口が見えていますが、同じサイズの枠が左手前のAV収納壁までずっと伸びてゆく予定です。

キッチン側から見た引き戸枠

同じ引き戸枠を、キッチンの内側から見た様子です。今回は内部のキッチンは触らない予定となっていますが、全く同じ形のまま枠だけをきれいに交換することが出来ていました。

元麻布ヒルズレジデンス_リフォーム工事現場

リビングダイニング空間は、それほど変わっていないように見えますが、折り上げ天井に間接照明用のアゴができており、正面奥のダイニング空間の壁には大理石張り用の下地が出来ています。そして床養生シートの下には施工が終わった大面積のフローリングが隠されています。

主寝室は、大きかった部屋の奥に大型ウォークイン・クローゼットを作るための壁が立っていました。折り上げ天井も新しい壁位置に合わせて改変されており、床下地も作り直されていました。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る