木製フレームの取付け開始

木製フレームの取付け開始

高輪I邸のインテリアでも見せ場の一つである、窓際の木製フレームの取付けが始まりました。二つの窓と、テレビを置く予定の壁を一体に見せるデザインの工夫です。

窓周りの柱型に合せて、幅40センチ程が特別なコーナーに見せるように、他の個所とは巾も張り方も張る向きも変えたフローリングを張り回します。

こんなイメージに仕上がる予定です。

こちらの写真は、フレーム用のフローリング材を壁に並べ、使わないものをハネテいる様子です。

床暖房設置

木製フレーム作りの横では、東京ガスのTES床暖房の設置も始まっていました。

玄関框(かまち)も取り付いています。タイル敷きの土間とは、段差が20ミリなので、脚が引っかからないように、斜めにテーパーを取った框をデザインしました。

ユニットバス設置

ユニットバスの設置も始まっていました。大工工事もある程度進み、設備工事の取付け、組み立てが同時進行してきたので、現場の職人さんの数も増えて、随分賑やかになって参りました。

タグ

2011年09月13日 木製フレームの取付け開始 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 高輪I邸


»
«