Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

造り付け家具の取付け@中央区S邸

高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

壁と天井のボードが張り終わった中央区高齢者サービスアパートメントMレジデンスS邸の現場に、造り付け家具(造作家具)が運び込まれています。

140611seiroka_zousaku1-01

天井もスッキリとした空間ですが、右側に積まれ始めているのが、これから組み立てられる造り付け家具のボックスたちです。

140611seiroka_zousaku1-02

今回はオーク(ナラ)材の白拭き取りと、クルミ材のオイルステイン(油性の塗料を沁み込ませて色調整したもの)の2種類が複雑に絡むデザインとなっています。

140611seiroka_zousaku1-03

玄関脇のコート収納(手前)と来客用トイレ(奥)が並んでいます。双方にデザインを合せた扉と建具を取り付ける予定です。写真では伝わりにくい、複雑なディテールを考えましたが、全ては仕上がりがスッキリ見える為です。

140611seiroka_zousaku1-04

キッチンも造作家具屋さんにお願いしています。こちらは裏返しで置かれたキッチンカウンターです。中央の白いふくらみ部分がシンクを裏側から見たところです。

140611seiroka_zousaku1-05

作り付け家具と同時にクロス屋さんも入ってくれています。手前の天井にはクロスが張られていますが、奥はまだパテをしごいている段階です。家具の取付け順番に合せて、クロス屋さんの張っていってくれています。

140611seiroka_zousaku1-06

主寝室とダイニングの間に設けた開口の枠もきれいに嵌められていました。ご夫婦のお互いの雰囲気が伝わるための小さな工夫です。

140611seiroka_zousaku1-07

当初は交換する予定だった浴室ですが、費用が掛かりすぎる為、工事契約直前で既存のユニットバスに新しい仕上げ材を張って内装リフォームすることとなりました。既存のUB壁には重たいものは張れないので、表面に大理石柄模様を印刷したアルミニウム、芯材に樹脂を使用した3層構造からなるアルミ樹脂複合板のアルポリックという製品を接着剤で張っています。写真はパネルが剥がれてこないように、木材でバリをかっている様子です。

140611seiroka_zousaku1-08

浴室の手前には便器を設置するのですが、横面が浴室へのサッシになっているので、手すりを兼ねた棒と紙巻器を取り付ける横板を取付けて貰いました。

 

 

ページトップへ戻る