Author Archives: Kenji Kagami

設計業界では亜流であったリフォーム・リノベーションに、十数年前から真剣に取り組んできた設計事務所、カガミ建築計画の各務謙司(カガミケンジ)です。 学生時に初めて設計したプロジェクトがリフォーム、ニューヨークでの建築修行時も高級マンションリフォームに特化した設計事務所勤務、帰国してからもリフォームの仕事が圧倒的に多く、リノベーションに特化したカガミ・デザインリフォームのブランドを立ち上げ、上質リフォームの普及に尽力してきました。

お引渡し直前の乃木坂U邸

[乃木坂U邸]

お引渡し直前のネオ・クラシカルデザインのマンションリフォームプロジェクト、乃木坂U邸の現場を見て参りました。

お引渡し前乃木坂U邸

まだ床には養生シートが貼られていますが、造作家具の取付けと塗装工事も終わり、ほぼ完了形が見えてきました。

お引渡し前乃木坂U邸

向かって左の開口が玄関ホールで、右の開口が通り抜け洗面で、一度取り付けられていた引き戸建具がガラスはめ込みの為に引き下げられていました。

お引渡し前乃木坂U邸

緑色や黄色の付箋が壁に張られていますが、黄色は施工会社のリフォームキューのダメチェックで、緑色はカガミ建築計画のダメチェック箇所です。これから1週間の間にこのチェック箇所を手直してして行くのです。

お引渡し前のオーダーキッチン補修

キッチンにもリネアタラーラの補修屋さんが入って手直しをしてくれています。

お引渡し前乃木坂U邸

こちらからは扉のズレの補修や、小さなお子さま対応でピン角(尖った出っ張りの角)を削って丸くする作業などをお願いしました。

マントルピース型と装飾鏡の下地

リビングのマントルピース型の直上には装飾鏡を設置する予定ですが、その枠まで仕上がっています。大理石製のオーダーマントルピースの作り方はこちらをご覧ください。

マントルピース上の装飾鏡の枠

こちらがアップで見た様子です。鏡にフレームを付けることもできるのですが、今回のようにモールディングを建築工事で多用している場合は、建築工事でフレームを作っておいて、その中央に鏡を後張りする方が安価にできるのです。

お引渡し前乃木坂U邸

こちらはこれまであまりブログで紹介していなかった玄関ホールです。靴の脱ぎ履きや買い物かごなどの一時置きに便利なベンチカウンターを設けています。

お引渡し前乃木坂U邸

ベンチカウンターの反対側の壁は、全面壁面収納です。キッチン扉でも使っているデザインモチーフをこちらにも使っています。扉一枚分だけ姿見の鏡張りとなっています。

お引渡し前乃木坂U邸

印象的なペンダント照明は、計画の最終段階でお客さまがどうしても入れたいとのことで、急遽折り上げ天井を作って米国から取り寄せたペンダント照明です。これが一つあるだけで、空間の中心性が生まれるのは不思議なものですね…。

塗装中の折り上げ天井

こちらはリビングの天井の折り上げです。リフォーム前から比べると、部屋が広くなった分だけ手錠カセット式エアコンを移動して、折り上げの範囲も広がっています。

塗装中の折り上げ天井

折り上げの2面にだけ間接照明を入れる予定となっていますが、縁のモールディングは四周に回しています。

お引渡し前乃木坂U邸

廊下に設けた通り抜け型のダブルボウルの洗面カウンターもクオーツストーンの甲板とボウルと水栓が入り、完成に近づいてきました。

お引渡し前乃木坂U邸

廊下の奥、主寝室側から見返すとこのようになります。柱型の照明に取り付けたヴィストジのブラケット照明もアクセントとして映えていますね!

お引渡し前乃木坂U邸

浴室前に設けた脱衣兼ユーティリティーです。正面左に洗濯乾燥機を置きます。アイロン用のカウンター、仮干し用のハンガー、脱衣スペースとして家族全員分の下着類を入れる引き出しなどが備わった便利空間です。基本的には家族しか使わない空間なので、仕上げはメラミンやポストフォームを使って安価ながら頑丈に仕上げて貰っています。

お引渡し前乃木坂U邸

洗面廊下に面したトイレです。腰壁部分を大理石調大判タイル張りとしています。トイレの扉を開けるとすぐに洗面廊下があるので、トイレ内に手洗いを設けないで済んだこともスペースのフレキシビリティーを良くしてくれあ要因の一つです。

お引渡し前乃木坂U邸_養生外し

その3日後、床養生が取れた現場です!ダメチェックの付箋部分の補修も一通り終わって、きれいな素顔が初めて見えてきた瞬間です!

ダミーカーテン設置

清掃が終わった段階で、リビング窓にダミーカーテン(別名フェイクカーテン)を取り付けて貰っています。ダミーカーテンについての詳しい説明はこちらをご覧ください。

ダミーカーテン設置

カーテンの取付けは、十数年来お付き合いのあ杉並区のバウハウスの鈴木社長にお願いしました。黒いダウンジャケットが袈裟を着たお坊さんのようですね…。

アクセントクロス張りの子ども部屋

最後の写真、Uさまご夫妻が選んでくださった子ども部屋のアクセントクロスです。ぱっと見はスタイリッシュなクロスですが、よく見ると黒地に色々な動物が描かれたユニークな柄で、とてもきれいに仕上がりました!
来週のお引き渡し時のお子さまの反応が楽しみです。

代々木上原I邸のお引渡しとビフォーアフター

[代々木上原I邸]

細かく現場を見ながら、凝った素材やディテールを駆使して設計監理した代々木上原I邸もいよいよお引渡しとなりました。

B&Bイタリアに作って貰った大型ウォークイン・クローゼットの使い方説明から始まりました。なお、このクローゼットシステムの組み立て時の詳細は以下のブログをご覧ください。
・最高級ウォークインクローゼット家具の組立て

最高級オーダーキッチンブランドのアムスタイルに作って貰ったコンパクトながらシャープなキッチンの取り扱い説明。
・アムスタイルのコンパクトキッチン組立て

キッチンが大きいと説明すべき内容も多岐に渡り、「細かい使い勝手や仕様はパンフレットをご覧ください」と説明を簡略化してしまうことも多いのですが、今回は設備機器類が少ないので、特注で作って貰ったレンジフードは分解するところまで担当の桑原さんに説明して貰いました。

寝室はまだベッドが入る前の段階でしたが、ヘッドボードのデザインもとても気に入って頂けたようです。
・緞子(どんす)張りのヘッドボードの作り方

施工会社のの片岡社長と現場担当の石坂さんの説明を受けながら、Iさまが工事完了受取証に記名捺印をして下さいました。これで長かったリノベーション工事がひと区切りしたことになります。

代々木上原I邸竣工記念撮影

最後に、Iさまを中心に関係者全員での記念撮影です。左から青の片岡社長、現場副監督の野口さん、現場監督の石坂さん、カガミ建築計画の設計担当の神崎さん、モザイクがIさまで、僕、各務です。
以下、リノベーション工事前(僕らがお手伝いし始めた時には、既に別業者さんで解体工事がほとんど終わっていました)と竣工時を比較したビフォーアフターの写真集です。

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

リビングダイニングキッチンのビフォー&アフターです。四隅のコンクリートの柱型が出っ張ったように見えていた空間ですが、南側べルコニー窓周りを木製フレームで囲い込むことで、窓部分だけが凹んだようなデザインに見せることができました。

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

上のビフォー写真の左側四角い囲い壁の中はキッチンでした。キッチン自体の位置は変えず、L字型のカウンターのあるセミオープンキッチンにすることで、空間の広がりを感じるようになりました。

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

メゾネット階段は、木製の箱のように囲い取ることで、建具や家具のように見せています。

メゾネットヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

寸法的にもあまり余裕がない階段でしたが、緻密な設計と現場監督の連携、そして大工さんの精緻な作りで素晴らしい工芸品のような階段ボックスに仕上がりました。
・メゾネットマンションの階段リフォーム

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

リノベーション前は小さな寝室と浴室セットが隣り合っていましたが、二つの部屋を連結して大きなヘッドボード付きのベッドルームを作りました。左右違うサイズの窓でしたが、パネルフレームでうまく隠して左右対称かのように見せることに成功しました。

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

納戸だった空間を大型スタイリッシュなウォークインクローゼットにリノベーションしました。四隅のコンクリート柱型もクローゼットでうまく隠すことができました。

セメント系建材のソリドをカッコ良く見せるディテール

[ザ・ライブラリー]

ザ・ライブラリーブランドでお手伝いしてる工事進行中の中央区S邸のお客さまは、武骨ながらカッコよい素材、そしてラフに見えてきちんとディテールがあることを重視する方です。ザ・ライブラリーとして提案した内装材の一つが、セメント系素材のソリドです。建物の外壁材に使えるほどの頑丈さを持ちながら、一枚一枚が違った自然で豊かな表情を持ち、それでいてリーズナブルな価格なこともあって、建築家が設計するデザイン性を重視した戸建て住宅では大人気の素材となっています。ただ、製品精度がそれほど高くないことと、端部がもろいので、そのままではザ・ライブラリーとしては使えないだろうとのこと、金属の目地を間に挟むことで硬質感と光沢を加えてご提案することとなりました。

まだ施工途中の段階ですが、壁に張ったソリドと金属目地の取り合いディテールを撮影したものがこちらです。セメントからカルシウムが白く滲み出てしまうエフロレッセンス(白華)をわざとデザインに取り込んだラフな素材の隙間にキラリとした光沢感があるステンレス鏡面磨きの目地棒が入ることで、設計側が狙ったデザイン意図がうまく表現できました。

サンプルでソリドの色味とステンレスの見切り材のサイズを決め、それを展開図に書き込むところまでは簡単でしたが…、

現場に届いたソリドの梱包を開けて、すべてを一旦箱から出して仮並べします。因みに、これは2層吹き抜けの上階から見下ろした写真です。

特注で作った見付け5ミリのステンレス鏡面磨きの見切り材とソリドを順番に取り付けていきます。

ソリドの端部が少し脆いので、ステンレス見切りを1ミリ程勝たせています。

手慣れた大工さんが一人でソリド、見切り、ソリドと順番に張っていきます。
以下は、ザ・ライブラリーブログで続きをご覧ください。