「千代田区一番町Y邸」のアーカイブ

「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」発売!

僕らのこれまでのマンションリフォーム&リノベーションの実績を纏めた書籍「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」(エクスナレッジ社)が8月3日から発売になっております。

表紙

全頁カラー印刷で、とにかく写真が豊富なリノベーション事例集となっています。
因みに、表紙は千代田区一番町Y邸のリビングの写真です。

リビングダイニング-7

大きな写真(ほぼ全て自分で撮影した写真ばかりです)に簡単な説明文、そしてリノベーションのポイントなっている図面(平面やディテール)、そして写真に写っている仕上げ材や家具、備品等のリストまで掲載しておりますので、リフォーム・改築だけでなく、インテリアの本としても、参考にできるのではと思っております。こちらは六本木N邸のリビングです。

リビングダイニング-12

ブログでは掲載しておりますが、カガミ・デザインリフォームのHPにはまだ未掲載のプロジェクトも、こちらの本では惜しみなく紹介しております。こちらは中央区のサービス付き高齢者向けアパートメントS邸のリビング事例です。

キッチン-6

リビング・ダイニング、キッチン、玄関、廊下、寝室、その他諸室と項目分けして、それぞれに特徴のある事例を掲載するスタイルの本となっています。キッチンでは、この写真の南麻布K邸のような、超大型キッチンから、よりコンパクトなキッチンまで幅広く紹介しております。

水廻り-12

トイレでもバリエーションある事例をなるべく多く掲載するようにしております。

建具

全てが事例紹介の写真だけでは、退屈になるので、建具や家具、照明計画等のコラムやビフォー&アフターを比較できるページも設けています。

-Before&After-4

読者対象として、高級マンションのリフォーム&リノベーションを検討していらっしゃる方、ハイエンド・インテリアに興味がある方、これから高級リフォームに取り組みたいと考えている若手建築家、家具やファブリック類の実例を色々と見てみたいインテリア・コーディネーターの方々などと想定して、僕らのこれまでの取り組みを紹介する本となっています。
一般本屋でもインターネットでも、税込2,592円で絶賛発売中ですので、是非本屋で手に取ってみてください!出版に関連して、セミナーやサイン会(誰がサインを欲しいのか疑問ですが…)の企画も考えておりますので、その節には是非ご参加頂ければ幸いです。

 

 

 

タグ

家具と小物を入れてステージングした千代田区Y邸

LDKと玄関、水回りの大規模リフォーム工事が終わった千代田区一番町のY邸に、お施主さまからのご依頼で家具や小物、カーテン類までコーディネートしたステージングのお手伝いをいたしました。

DSC_6026_pt

お施主さまのYさまからリフォームのご依頼があった際には、賃貸に出すか販売するかを迷われていた段階でしたが、インテリアの出来を見たうえで、賃貸よりも販売の方が適しているだろうとのことで、興味を持ってくれる富裕層のイメージしてステージングをして欲しいとのご依頼でした。

DSC_6034_pt

「ステージング」とはあまり聞き馴れない言葉ですが、中古住宅販売では数歩先を進んでいるアメリカでは一般的なサービスです。家具や小物類、ラグやカーテン、照明器具などのインテリアをコーディネートして、新築マンションのモデルルームのように見せることで付加価値を付けるサービスです。家具コーディネートいう意味では「スタイリング」とほぼ同義語ですが、ターゲットをより強くイメージして販売するという点が大きな違いでしょうか…。

DSC_6025_pt

通常は家具のレンタルやリースを使ってステージングをするのが一般的ですが、このクラス、規模の空間にマッチするレンタル家具はまだほとんど日本には揃っていないので、予算を事前に提示したうえで僕らの方で購入することとなりました。ソファーとコーヒーテーブルはアルフレックスのSONA、ダイニングテーブルはマクサルトのALCEO、ダイニングチェアはレ・スタンツェのDチェア、ラグはインテリアズが扱っていた特殊加工したアンティークラグを選ばせて頂きました。

DSC_6028_pt

この日は、カーテンやブラインド、ペンダント照明まで一通り揃ったので、お施主さまのYさまとお友達のMさま、不動産販売のNさんに、高級マンションの目利きである坂根康裕さんにも加わって頂き、レビュー(講評)をお願いいたしました。
ハイ・エンドの高級家具だけでなく、アンティークラグや国産のダイニングチェアを混ぜたこと、またアイキャッチになっているペンダント照明(FLOSのCANCAN)がスターウォーズのダースベイダー(笑)のようで印象に残ることを褒めて頂きました。

R5540767_pt

こちらは後日のお話ですが、坂根さんが元編集長をつとめられていたリクルート社の雑誌「都心に住む」が取材撮影に来てくた際の様子です。「名作マンションのもてなしリビング(仮)」というタイトルで、ヴィンテージマンションのリビングダイニングを撮影したいとのことでした。

R5540761_pt

お客さまを呼んでのアフタヌーンティーをイメージしたティーセットや小物も持ってきてくれての撮影でした。

DSC_7116_pt

花器や生花、お菓子やティーセットまで揃ってくると、本当にそのまま暮らせるようなセッティングになってきました。

 

 

 

 

 

タグ

2015年11月10日 | 家具と小物を入れてステージングした千代田区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 千代田区一番町Y邸

スタイリッシュでクールなマンションリフォーム完成@千代田区一番町Y邸

最後の仕上げ材や照明器具の取付工事をしている千代田区一番町の現場に行って参りました。

DSC_5740- (3)

クロスと壁のタイルやカラーガラスも張られ、照明も点灯されたほぼ完成状態を見ることができました。スタイリッシュでクールで、僕らがイメージしてカッコ良い空間そのものに仕上がっていました!
手前で作業してくれているのは、リフォームキューの大工の本宮さんで建具の調整をしてくれていました。

DSC_5740- (4)

クォーツストーンで作ったキッチン手前のカウンターの正面にはカラーガラスが張られ、カウンター上にはガスレンジからの油ハネを防ぐ透明ガラスが立ち上がっています。その横にはミラーが張られ、不思議な立体感が表現されていました。

DSC_5740- (6)

飛散防止フィルムを張って、容易には割れないようにして貰っているキッチン前面のガラスですが、万が一割れた時には交換できるように、手前のカウンターを二分割しており、手前を取り外せばガラスも取り下げることができるように現場の富田さんが工夫してくれていました。天井の白いパネルともピッタリとあっており、とてもきれいな仕上がりになっています。

DSC_5740- (1)

このタイプのレンジフードは天井から吊って留めることはできないので、建築工事で背面壁を天井から下げています。その壁の端部もスタッフの前田君が考えてくれたディテールでですが、底面はキッチンパネルで仕上げ、側面は不燃材料で作った壁パネルをシルーバー色のダイノックシートで巻いて仕上げて貰っています。

DSC_5740- (7)

キッチン側に回り込んでみた様子です。こちらのキッチンは既製品のシステムキッチンを使っていますが、きれいにダイニング側からはカバーされていることが判ります。

DSC_5740- (2)

キッチンの天井の照明も少し工夫をして、帯状に切ったメラミン板を張った上から照明器具とエアコン吹き出し口を取り付けて貰い、全体が帯状に収まっているデザインにしています。

DSC_5740- (5)

ダイニングの背面にデザインしたコーナーの柱隠し兼ねた造作収納もきれいに設置されています。床から60センチほど浮かべたこの家具に合わせて壁面にもクロスを貼り分けています。

DSC_5740- (8)

こちもすっかり生まれ変わった玄関ホールから寝室へと続く廊下を望んだ様子です。左から、リビングダイニングへのガラス扉、姿見の鏡張り壁、天井まで届く大きな来客用トイレへの扉、そして色を2種類使ったクロス張りの廊下へと繋がっています。

DSC_5740- (9)

玄関ホールからLD側を見返すと、このような景色が展開しています。以前は暗かった玄関ホールでしたが、ガラスの建具を使うことで、日中は明るい空間にすることができました。

DSC_5740- (11)

奥の洗面はまだ未完成でしたが、ハーフユニットバスを使った浴室もスタイリッシュに仕上がっていました。腰上には2種類のタイルを使い、洗面脱衣からの扉は特注でステンレス枠にテンパーガラスの扉を付けて貰うことで、ユニットを使った安っぽさが見事に払しょくされていました。

DSC_5826_pt

数日後の検査の様子です。お施主さまがいらっしゃる前に、スタッフの前田君と僕で、リフォームキューの岩波さんたちに立ち会って貰い、事前の設計検査を行っている際の様子です。

R5540159_pt

設計検査が終わって、リストを作っている時点でお施主さまのYさまとお友達のMさまが現地に来てくださいました。お二人とも、リフォーム前の様子を良く知っているだけあって、この変り様には本当に驚いてくだいました。

R5540161_pt

検査後のスケジュールの確認をさせて頂きました。未成工事ややり直し工事がありますが、1週間ほどでお引き渡しをさせて頂く予定です。インテリアはまだダイニングテーブルしか入っていませんが、ここ数日の間に、先日選んだソファーやラグ、ダイニングチェアや小物類がスタイリングされる予定となっています。

 

タグ

2015年09月30日 | スタイリッシュでクールなマンションリフォーム完成@千代田区一番町Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 千代田区一番町Y邸

お施主さまと一緒の家具・ラグ・小物ハンティング

そろそろ工事完了が見えてきた千代田区番町の高級マンションリノベーションY邸のために、お施主さまと一緒に家具やラグ、小物などを探し始めています。

R0053246

先にこちらで当たりを付けておいたものをお施主さまのYさまご夫妻を一緒に確認してゆく流れで、まずはソファを検討していたアルフレックスの恵比寿ショールームです。これまでに幾度も使ったことがあるSONA(ソーナ)のソファーを見て頂きました。

R0053251

張り地はレザーではなくファブリックですが、ショールームの奥では暗くて色味が判りにくいので、自然光が入る玄関手前まで生地サンプルを運んで貰って、候補の色やテクスチャーを確認して頂きました。

R0053270

次に伺ったのは青山のアクタスです。本来はこちらでダイニングチェアを探す予定でしたが、検討していたものがあまり良くなかったので、急遽小物を購入したうえで、ラグの候補を確認させて頂きました。

R0053261

小物の購入には、芝公園のベイカー@東京にもお邪魔しました。こちらのお店はアクタスに比べると価格が2~3倍ほどになりますが、その分希少価値が高く、クオリティーが高いものが手に入るショップで僕らも愛用させて頂いております。

R0053287_pt-2

その後、ソファー等の大型家具については見積りを依頼し、小物はその場で購入したうえで千代田区番町のリノベーション工事現場にお施主さまと一緒に伺ってきました。

DSC_5484_pt

ちょうど現場は、床フローリング張りの工事中でしたが、造作棚等は出来上がっていました。

DSC_5483_pt

一通り、Yさまご夫妻に現場をご案内した後に、購入した小物はリビングの飾り棚に仮置きして、Yさまたちに先に帰っていただきました。

DSC_5486_pt

キッチンのレンジフード前をガラスの壁で仕上げる予定なのですが、その詳細の打合せをさせて貰いました。

DSC_5490_pt

スタッフの前田君が描いたスケッチをもとに、現場監督の富田さんと打合せをしている様子です。リフォームキューの富田さんには、これまで幾度も現場を見て貰っているので、僕らが考えていることもほぼお見通しで、お陰さまで打合せもスムーズに行きました。

DSC_5491_pt

アップで見たレンジフード裏の壁のディテールです。背面壁と下端にはレンジフードと同じシルバー色のシートを巻いて貰う予定となっています。

Exif_JPEG_PICTURE

現場を後にして、前田君と各務は再びラグ探しの旅(?)に出ました。インターネットで事前に調べてお願いしていた中野区にあるトルコカーペットのお店です。古いラグの良い部分だけを切り取って、脱色と染色を繰り返して繋ぎ合わせた、いわゆるパッチワークラグの現物を見に行きました。

DSC_5587

こちらは青山にある高級インテリアショップのインテリアズにあったヴィンテージラグです。こちらもやはり古いラグを脱色後染色したものですが、パッチワークにはなっていないものです。

DSC_5584

二色のラグがあるとのことだったので、地下のショールームに並べて用意しておいていただき、実際に使っているフローリングのサンプルを置いて、色味を確認させて頂きました。ラグについてはアクタスも含めて3社にものを比較させて貰いましたが、最終的にはインテリアーズの写真手前のビンテージラグを採用させて頂くことに決まりました。
丸一日掛けての家具・ラグ・小物ハンティングでしたが、前半はお施主さまにも同行していただき、僕らのインテリアの考え方を理解して頂いていたので、後半のラグ探索も無事終えることができました。インテリアは難しくて、まだまだ修行中の身ですが、ご協力いただいたショールームやショップの方々のお陰さまで、とても楽しく充実した一日になりました。ありがとうございました。

タグ

2015年09月11日 | お施主さまと一緒の家具・ラグ・小物ハンティング はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 千代田区一番町Y邸

各種ディテールの組み立て方@一番町Y邸

千代田区一番町のY邸では、造作家具の取付が始まっています。

DSC_5423_pt

リフォームキューの岩波さんと坂本さん、工事現場担当の富田さんに、うちの事務所スタッフの前田君が造作家具の前で打ち合わせをしている様子です。天井に白い帯状のパネルが取り付けられています。

DSC_5428_pt

その造作家具はこんなデザインとなっています。左側の袖壁を見て頂くと、斜めにエッジが切られた壁となっていることが判るでしょうか?
ちょうどダイニングとリビングエリアを分ける位置にくる袖壁なのですが、エッジをシャープにすることで、空間に緊張感を与えようと考えてのデザインです。甲板は人工大理石で、扉と棚板は塗装仕上げ、棚の背面板はキッチンパネルで仕上げて貰っています。

番町ディテール-2

こちらが、デザインを決定する際に描いた展開スケッチ図です。コンピューターできちんと描いた図面ではありませんが、制作する上で必要となる寸法や細かいディテールの作り方も指示してある図面です。

R5538352_pt

玄関側からLDを見たアングルの写真です。入り口左側には照明スイッチ類を纏めたニッチを作っています。僕が立っている背面にはやはり端部を斜めにデザインした造作家具が入っています。窓横のウォールナットフローリング材を張った壁がシックな雰囲気を演出してくれそうです。

DSC_5421_pt

こちらがそのダイニング背面にくる造作家具です。まだ柱型との間が埋まっていませんが、唐突に現れる柱型を隠すことと、寸法的に広すぎるダイニング空間を引き締める意味を持たせています。黒く見える箇所はオープン棚となっています。

番町ディテール-1

こちらの図面は、ダイニング背面の造作家具の作り方と寸法を指示ています。今回は、リフォームアドバイス業務でのお手伝いで、こちらで描く図面を最小限にして、デザインのエッセンスだけをお施主さまに提供する形でお手伝いしています。

DSC_5419_pt

床に並んでいるのは、事前に作業場で下地塗装をして貰った幅木です。壁色に合わせて白い幅木と灰色の幅木の2種類があり、さらに高さも2種類あるので、このような複雑な構成に見えるのです。

R5538332_pt

こちらは、キッチンから冷蔵庫置き場、そしてパントリーへと繋がる空間の壁下地の様子です。いつも冷蔵庫を置いた際に、その側面を壁で仕上げるか、そのままにして置くかを悩んでいましたが、今回はちょうど天井に冷蔵庫とレンジフードのサイズに合わせた、塗装仕上げのアクセントパネルを張ることにしたので、それに合わせて袖壁を作ることができました。この写真だけでは、何の意味かが分からないと思いますが、出来上がりを楽しみにしていてください。

R5538331_pt

最後がキッチン設置前の床にレイアウトされた給水給湯+排水管+ガス管です。元にキッチンがあった場所から位置が随分ずれたので、横方向に排水を流す必要があるので、キッチンキャビネットの台輪部分を使って流す計画としています。

ここまで紹介してきた各種ディテール(斜めの袖壁、色や高さが変った幅木、天井の白い塗装パネル、斜めにカットされた造作家具等)は、それぞれ単独ではあまり重要な意味を持っていませんが、全体が仕上がった際には空間を引き締める役目を込めて考えたものです。出来上がりがどうなるかを楽しみにしていてください。

 

 

タグ

2015年09月03日 | 各種ディテールの組み立て方@一番町Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 千代田区一番町Y邸

マンションリフォームの壁下地&天井下地

千代田区一番町のホーマットシリーズマンションのリフォームプロジェクトでは、工事が順調に進んでいます。

Exif_JPEG_PICTURE

解体が終わったところで、まずはこのブログの読者の方であればお馴染み(?)の墨出しです。むき出しにになった床のコンクリートに、図面の指示に従った位置に墨(実際はマーカーや鉛筆)で壁や扉などの位置を原寸大で書き込む作業で、これの確認を行いました。

Exif_JPEG_PICTURE

事前に工事会社の方から報告を受けており、問題がない箇所については壁下地のLGS(軽量鉄骨)を立ち上げ始めて貰っています。

Exif_JPEG_PICTURE

一部問題があったのが、この床面から立ち上がって言う排水管とガス管のデザイン的な処理方法でした。以前、同じマンションの違う階でリフォームのお手伝いをしていたので、ある程度予想はしておりましたが、今回はガス管の立ち上がり位置がその時と違っており、キッチンの壁位置を変更することで対処することになりました。

今回はスピードで仕上げることが重要なプロジェクトでしたので、既製品のハーフユニットバス(浴槽などの腰から下がFRPで作られているセミオーダースタイルのユニットバス)を採用しています。ただし、腰から上の壁やタイルで仕上げ、扉や開口部分は特注でステンレス枠を作ってグレード感を出すように工夫しています。

Exif_JPEG_PICTURE

めったに見ることのない、ハーフユニットバスの裏面です。表面と打って変わって、FRP樹脂で何度も塗り重ねられることで防水処理していることが判ります。

DSC_4300_pt

ここからは、先ほどまでの工事の10日ほど後の現場の様子です。
床には遮音下地材ベニヤ板が張られ、天井のLGS下地も完成し、左上の照明ボックスが埋め込まれ、中央部分にはリビングダイニングを空間的に仕切るための天井パネルの下地が作られていました。

DSC_4272_pt

こちらが、その天井パネル板の下地です。大きなリビングとダイニングを仕切り線としての役割と、キッチンのレンジフードが唐突に見えることを防ぐように、パネルサイズと合せてデザインしていること、さらにはその背面に来る冷蔵庫置き場を纏めるためのデザイン的要素として考えている物です。

R0052630_pt

こちらは僕らが良く使っている天井埋め込み型の照明ボックスの詳細です。今回は天井の仕上げ材がクロスなので、そのクロスを見切るためのスリットを入れています。

DSC_4277_pt

南面したサイズの違う窓二つを纏め上げる新規の木製枠も取り付けられていました。小さい窓の縦サイズに合わせて、大きな窓側まで枠を伸ばしていますが、この枠の間にはフローリング材を貼って木製パネルとして見せるデザインを予定しています。

DSC_4294_pt

こちらはキッチンの裏動線側にあるユーティリティーとパントリー、さらには家族の寝室を繋ぐ廊下へと続く箇所です。ダクト類が天井裏を通っているので、その分天井の高さを低くして処理しています。

DSC_4287_pt

玄関回りの下地工事も進んでいます。左手が玄関からリビングへ続く開口で、右側のLGSの裏側が洗面所になります。

R0052629_pt

玄関ホールとリビングの間仕切りは、大きな塗装扉とその横に光を通すガラス袖壁を予定しています。こちらは壁と天井に埋め込まれたガラス保持用の下地です。

DSC_4288_pt

洗面所はトイレの移設があるので、一段(約15センチ)床レベルを上げています。右手にダブルボウルのシンクが来て、正面奥に見えているのが先ほどのハーフユニットバス、その左側に新しいトイレがレイアウトされることになっています。

 

 

 

タグ

2015年08月11日 | マンションリフォームの壁下地&天井下地 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 千代田区一番町Y邸