「軽井沢Y邸」のアーカイブ

軽井沢Y別荘がメンズリーに掲載されました

9月末に撮影取材をした軽井沢の別荘リフォームY邸が、男性用イクメン雑誌メンズリーの 「週末、なにする?」特集に取り上げられました。

メンズリー 週末何する特集 軽井沢S別荘

「今週は子どもをどこに連れて行こうか…?」と悩んでいるパパ向けの特集で、中古別荘を購入してリフォー ムして使っているYさんの事例が紹介されています。

メンズリー

女性ファッション誌リーの男性版ですが、内容を拝見していると、ファッションよりも、よりイクメンの方向が協調されているようです。それはこの表紙を見ても判りますね。

軽井沢別荘リフォームS邸@メンズリー

取材には、私、各務の娘も連れて行ったので、Yさんの子どもS君と一緒に写っています。軽井沢の別荘ラ イフが判りやすい形で紹介されていますので、是非本屋で手に取ってご覧ください。なお、取材撮影時の様子はこちらにご紹介しております。素敵な記事と写真を書いてくださったライターの田中さん、カメラマンの米谷さん、どうもありがとうございました。そして何より取材にご協力くださったYさん、S君どうもありがとうございました!

タグ

2012年11月13日 | 軽井沢Y別荘がメンズリーに掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 別荘リフォーム 軽井沢Y邸

雑誌取材@軽井沢Y別荘

6年前に竣工お引渡しをした、軽井沢Y別荘が雑誌に取材されることになり、お施主様のご主人のYさんと長男のS君と一緒に軽井沢に出掛けて参りました。

軽井沢Y別荘リフォームの取材撮影

集英社のメンズ・リーという雑誌で、「男親が子どもと出掛ける休日の過ごし方」を取材撮影する内容でした。

軽井沢別荘の取材撮影

YさんとS君だけではちょっと寂しいとのことで、僕と2歳の娘も撮影に参加することになり、火をくべた薪ストーブの前でリラックスしているシーンです。S君はお父さんのカメラで、僕らを撮影してくれています。

父子料理撮影

休日の過ごし方と言っても、一日中リラックスしていて、子どもも退屈してしまうので、写真のように父子で料理をして貰ったり、自転車に乗って貰ったりと、モデルの二人には忙しい一日になってしまいました。

塩豚のストーブ蒸し煮

料理は、実際に食べられるものをとのことだったので、ダッチオーブンに塩豚とジャガイモと玉ねぎを入れて薪ストーブに載せただけの蒸し煮と、

軽井沢のパスタランチ

自家製ミートソースのフェトチーネとサラダを作りました。

ウッドデッキでのランチ@軽井沢Y別荘

結局、ライターの田中さん、カメラマンの米谷さんも一緒になって子どもと遊んでもらい、料理を作ったり食べたりの、とても楽しい軽井沢の休日になりました。

全て終わった後の記念撮影です。前列左から、椅子に座ったYさまとS君、後列娘と一緒に各務、カメラマンの米谷さん、ライターの田中さんです。取材に最大限にご協力くださったYさまご夫妻とS君、どうもありがとうございました! 11月に発売になる雑誌が楽しみです。

タグ

2012年09月24日 | 雑誌取材@軽井沢Y別荘 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 別荘リフォーム 軽井沢Y邸

家の時間-7 軽井沢のロハスリフォーム

ウェブマガジン「家の時間」で連載している「建築家リフォーム」のコラムに「軽井沢のロハスリフォーム 二拠点居住の可能性」を書きました。

お子様がアトピー体質で、なるべく自然素材を使って、住人にも環境にも優しい空間にしたいのことで、LOHASなライフスタイルを勉強しながら設計していた当時を思い出します。

中古で購入した、ほぼ打ち捨てられた状態だった別荘が、フルスケルトンリフォームでココまで気持ちよい空間になりました。当然耐震補強や、断熱性能もアップしています。使った素材は、ナラの3ミリ厚の無垢材を貼り付けた三層フローリング、大谷石、壁と天井は全て珪藻土です。

狭くて石張りだった庭のテラスは、広さを2.5倍に膨らませたウッドデッキとして作り直しました。梅雨の湿気の中で軽井沢の写真を見ていると、高原の爽やかさの中に身を置きたくなりますね。この別荘についての詳細は、以下のページでも紹介しています。

タグ

2010年06月23日 | 家の時間-7 軽井沢のロハスリフォーム はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 軽井沢Y邸

薪ストーブのある別荘生活 軽井沢中古別荘リフォーム-22

薪ストーブのあるライフスタイルを紹介する、専門雑誌「薪ストーブライフ」(沐日社)にリフォーム設計のお手伝いをした、軽井沢Y別荘の記事が掲載されました。

薪ストーブライフ

2003年の夏、Y夫妻がご家族で出掛けたデンマーク旅行、「サマーハウス」と呼ばれる貸し別荘で出会ったのが、薪ストーブのある生活スタイルだったそうです。軽井沢の中古別荘購入とリフォームの計画、お二人がこだわった薪ストーブがいかに別荘の生活を豊かにしてくれるかを、Yさまの奥様が書いた文章で紹介されています。

薪ストーブが単なる暖房の道具・機械ではなく、家族が集まる場所であり、ゆっくり火を通す料理の熱源であり、そして何より、別荘ライフを楽しくする装置であることを、女性らしい視点で書いてくださっています。文章では、建築家(僕、各務のことです)から「子供には危険だし、夏は使わないので邪魔、さらに薪の調達が大変」と反対されたように書いてありますが、実際は予算との問題で、床暖房と薪ストーブのどちらを優先するかという話だったと覚えているのですが…。

この薪ストーブライフという雑誌は、今号でようやく4巻という、まだ新しい雑誌です。薪ストーブ本体と、それの周辺に派生するライフスタイルを、色々な切り口で紹介してくれる雑誌で、薪ストーブのカタログとしても使えますが、それ以上に、薪の入手方法から、ストーブを使った料理のレシピ、
そして実際の別荘や住宅でどのように使われているかまでを紹介してくれて、見ているだけで、薪ストーブが欲しくなるような読み応えのある雑誌です。

タグ

2008年10月02日 | 薪ストーブのある別荘生活 軽井沢中古別荘リフォーム-22 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 軽井沢Y邸

軽井沢の別荘ライフ 軽井沢中古別荘リフォーム-21

二年前の冬に、リフォーム工事を完成しお引き渡しをしたた、軽井沢Y別荘に週末泊りがけで訪問して参りました。といっても、今回はお施主様のY夫妻に、鍵を借りて、妻と二人でだけで二泊させて貰いました。夜に出発して、深夜についてまず判ったことは、まず扉周りの暗さです。都会では、特別に照明を設けなくても、街灯でそれなりに明るいものですが、軽井沢の夜は本当に真っ暗でした。
車を止める位置を工夫して、その照明で鍵をなんとか空けましたが、照明つきのキーホルダーが必要なことがまず判りました。

そして次は、眠りに入る際に判ったことです。冷蔵庫のコンデンサーの音についてです。東京の騒音の中で暮らしていると、ほとんど気にしたことのない冷蔵庫の音ですが、本当に静かな軽井沢の夜では、時折冷蔵庫のコンデンサーがうなる音が、まるで野獣のうなりのように聞こえるのです。(Y家では「冷蔵庫が鳴いている」と表現しているそうです)
静かさを楽しむ別荘ライフでは、特に音のする家電にも気をつけなければいけないことを体感致しました。

翌朝に驚いたことは、朝の8時頃に、玄関の扉がノックされたことです。まさか誰かが来るとは想像だにしない中で、惰眠を貪っていましたが、突然のノック音に、すっかり目が覚めてしまいました。「どなたですか?」と尋ねても返事がなく、仕方なく薄く扉を開けたところ、待っていたのは小さな子供の訪問者でした。お向かいの別荘のお坊ちゃんで、Y夫妻のお嬢ちゃんのワカちゃんが来ていると思って、遊びに誘いに来てくれたのでした。知らない男の人が出て、男の子のほうがもっとびっくりしていたようです。

事情を簡単に説明して納得して貰いましたが、このような別荘の住人同士のコミュニティーが生まれることについても、勉強になりました。短い期間でしたが、色々な別荘ライフの特徴を体験させて貰うことができました。Y夫妻、今回の特別な計らい、どうもありがとうございました。
塗りあがった壁はとてもシャープで、張り増しした屋根のおかげで安心感もグッと増しましたね。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

タグ

2008年09月08日 | 軽井沢の別荘ライフ 軽井沢中古別荘リフォーム-21 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 軽井沢Y邸

すっかり塗り替わった外壁 軽井沢中古別荘リフォーム-20

先週末、新しく計画中の別荘の敷地視察で軽井沢に行った際、近くを通ったので、軽井沢Y別荘の様子をを覗いて参りました。お施主様のYさまにはお話していなかったので、今回は建物の外からのみ確認して参りました。

塗り直した軽井沢Y別荘

外壁と屋根は、元々痛んでいたので、第1期のリフォームの時から、塗り直しの見積りを取っていたのですが、全体の予算調整の中で、次期工事にまわそうとのことで、二年前には実施していませんでした。Yさまから、第二弾のリフォームとして、塗り替えを行なった話を伺っていたので変わっているであろうことは頭では理解していましたが、すっかり塗り変わった様子には驚ろかされました。

ウッドデッキの拡張

当初は古さが残ったリフォームでしたが、塗り変わった今は、すっかり新しい別荘のようでした。さらに浴室の外側に、ウッドデッキが拡張されていました。こちらも洗濯物を乾かす場所が欲しいとのことで、当初から計画していたことです。意図したデザインではなかったかと思いますが、古いデッキと新しいデッキの取り合いがとてもきれいだったので、写真を撮ってきました。

タグ

2008年07月31日 | すっかり塗り替わった外壁 軽井沢中古別荘リフォーム-20 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 軽井沢Y邸