「インテリア」のアーカイブ

ニューヨーク・リノベーション視察旅行-1

2週間前にニューヨークへのリノベーション視察旅行より戻ってきました。今回も、知り合いのツテを辿って、幾つかの大規模マンションリノベーション事例に加え、スケルトンリノベーションの現場も見学することができました。

ニューヨーク超高級リノベーション事例見学

こちらは、キッチンだけで20畳以上ある大型マンションリノベーションの実例です。住人のコダワリを実現化したキッチンで、ここだけで日常生活ができそうなほど良く考えられた、ユニークなキッチンとなっていました。

ニューヨーク アートコレクターのリノベーション

こちらは、有名なアートコレクターの方が、200平米強のマンションを自分のアート展示空間としても使えるようにリノベーション下事例です。1920年代に建てられたマンションを、天井高の高さを活かした活用法が勉強になりました。

ニューヨーク 建築家自邸のリノベーション事例

こちらは、建築家が自邸をリノベーションしたお宅です。昔からの知り合いですが、この30年で5度も引っ越して、その他ミニ自分たちらしいリノベーションをしてきた人たちです。

ニューヨーク 超高級リノベーション工事現場

以前働いていた事務所にもお願いして、リノベーション工事の現場も4つほど見学することができました。因みにこちらは、上下2つの階に渡たるデュープレックスですが、合計800平米以上のマンションを約10億円掛けてリノベーションしている工事現場でした。

ニューヨークS邸からのセントラルパークの眺め

最後は、以前僕らが設計をお手伝いした、アッパーイーストサイドの高層マンション37階にあるニューヨークS邸のベランダからセントラルパークを見下ろした眺めです。中央右に見える丸い形は、フランク・ロイド・ライトが設計したグッゲンハイム美術館です。
リノベーション事例の詳細は、また後日紹介したいと思いますが、まずはザッと写真だけアップしておきます。

タグ

2012年10月20日 | ニューヨーク・リノベーション視察旅行-1 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: インテリア ニューヨークS邸 マンションリノベーション 見学記

女の子の子供部屋の最終色決め

一月ほど前に打合せで訪問した、子供部屋インテリア家具の専門店、ビベル(Vibel)の青山ショールームに再度伺って参りました。

お嬢様と最終色決め打合せ中

今回は、微調整した子供部屋の家具とインテリアの仕上げの色や素材を決定する為で、早めの時間にスタッフの竹田さんと各務で候補の色見本を集めて置き、時間差でお施主様Mさまの奥さまとお嬢様のKちゃんに来て貰い、候補の色サンプルを見ながら、打合せをさせて貰いました。

スケッチ着彩@ビベル

候補の色が決まってゆくと同時に、ビベルの中島さんが用意しておいてくれたスケッチパースに着彩していってくれます。

スケッチ着色

ピンクが大好きなKちゃんですが、ピンクだらけではなく、ちょっと色味が混ざったフクロウ柄の壁紙等、センスを発揮してくれた成果が、以下の着色スケッチです。

女の子の子供部屋インテリアイメージ

余りファブリックを使って、可愛らしいクッションも沢山作って貰うことになりました。ベンチ上にフワリと掛かる、ピンクと黄色のストライプ柄の天蓋がポイントです。

子供部屋二段ベッドの実験中?

打合せ後は、しばらくショールームをお借りして、二段ベッドを怖がらずに遊んでくれるかの実験(遊び?)をさせて貰いました。これでほぼ内容が決まったので、発注することができます。

タグ

2012年06月18日 | 女の子の子供部屋の最終色決め はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: インテリア マンションリノベーション 神戸M邸

シモンガヴィーナ・ジャパンのショールーム/事務所訪問

イタリアの建築家、カルロ・スカルパがデザインした高級家具を扱うブランドSimon(シモン)の日本の正規代理店であり、かつ高級素材を使ったイタリア仕込みの家具を始めたとしたインテリア提案ができるデザイン事務所であるシモンガヴィーナ・ジャパンのショールーム兼事務所を訪問して参りました。

シモンガヴィーナ

JR代々木駅から徒歩5分の事務所には、シモン社からの輸入家具や照明器具に混じって、シモンガヴィーナ・ジャパンのオリジナル家具やディテール素材が沢山飾られていました。

無垢真鍮材の家具ディテール 

こちらはスカルパ好みの無垢の真鍮材を削り出した金物類です。無垢材ならではの重量感と、使い勝手の良さを両立させるための工夫も随分重ねてきているようです。右側の黒い器具は、いわゆる六角レンチですが、シモンガヴィーナ側がお施主様に扉の開閉用にプレゼントするためにデザインした特製レンチだそうです。

木質と皮革を合せた家具ディテール

木材と皮革という違う性格を持った材料を上手く接合させて難しい家具のディテールも説明して貰いました。皮は本革を使っているそうですが、木材は無垢を使うと価格が高くなるだけでなく、歪みなどの精度の問題もあるそうなので、突板を張っているそうですが、見事に継ぎ目が隠されており、手に取って見ても判らないくらいの貼り合わせ精度の高さでした。

シモンガヴィーナ・ジャパンの津川恕之さんと

記念撮影させてもらった代表の津川恕之さんは20代の時にイタリアの家具屋に飛び込みで修業に入り、日本に戻ってからは高級家具店を経営するという伝説上の人物です。パッと見た目は怖そうな方(?)ですが、実はとても真摯で丁寧な方で、スカルパをはじめとする有名デザイナーの人たちのことや、イタリアでの苦労話を色々と伺わせて貰いました。
因みに、これまでは銀座和光本館や銀座交詢社の家具類やフィリピンやナイジェリアなどの大使館関係建物の内装、ホテルニューオータニなどの高級ホテルのレセプションルームなどの施工・納入実績があるそうです。大学・大学院の恩師である池原義郎先生との仕事も多数手伝っているとのことでした。
凝った金物と木材や皮革を上手く合わせた、キラリとディテールが光る家具は、置き家具でも造り付けの造作家具でもOKとのこと、是非僕らの設計でも、ここぞといポイントで取り入れさせて貰いたいと考えています。

タグ

2012年06月04日 | シモンガヴィーナ・ジャパンのショールーム/事務所訪問 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: インテリア 見学記