「六本木M邸」のアーカイブ

リノベーション・ジャーナルのインテリア特集号に掲載されました

以前幾つかのマンションリノベーションプロジェクトを取材撮影して頂いた雑誌「リノベーション・ジャーナル Vol.5」が発売されております。ブログでのご報告が遅くなりましたが、先月初頭から店頭に並んでいたようです…。

RJ-01

日本で唯一のリノベーション専門誌であるこの雑誌に大きく取り上げて頂いたのはとても名誉なことです。特集のテーマは「インテリアをデコる100の法則」で、高級インテリアを扱ったLUXURYの32ページ(!)は全て僕らが設計したプロジェクトの紹介となっております。
最初に取り上げられたのは、品川区Y邸です。突板の使い方などが説明されています。

RJ-02

2つ目の登場事例は、先日「第31回住まいのリフォームコンクール」で優秀賞を頂いた世田谷区N邸です。こちらでは塗装仕上げの注意点などが説明されています。

RJ-03

次は神戸M邸で、プロフェッショナルにリビング・キッチンを動線に取り込む設計手法の解説です。

RJ-04

お馴染み(?)の白金台S邸は、自然素材を使いながらありがちな北欧テイストを避けて高級感を演出する方法について書いてくれています。

RJ-05

モールディングやケーシングをふんだんに使った六本木N邸でも、詳細写真を使っての説明となっています。白っぽくて、僕の腕ではうまく撮れていなかったディテールもプロの写真家の手できれいに撮影されています。

RJ-06

南平台N邸は、雑誌初登場です。こちらだけは、取材撮影の日程が足りず、こちらで撮影した写真を使っています。

RJ-07

ここまでの事例紹介的なページに加え、ここからはさらに色使いとゾーニング、空間の個性化、装飾部材の使い方、天井と照明の関係、大きな壁面の演出の仕方、フローリングとラグの相性、アルミサッシの存在感の消し方、高級建具のデザイン、AV収納の見せ方などを細かく説明してくれています。ほとんど、僕らが考えてきたデザイン手法を丸裸にされて解剖されてしまったようで、恥ずかしいばかりなのです。

RJ-08

しかし、ここまでで終わりではなく、巻末には「リノベマスター仕事術」というタイトルで、経験豊富な縦主をうならせる高級リフォームの作法について、図面を使いながら詳しく解説してくれているのです。

RJ-09

当初、特集の意図を編集長の大菅さんに伺った際に、こんな大規模なインテリアの特集がうまく纏まるのか、正直不安ばかりでした。ただ、最終的に出来上がったものは、文章を読んでも図面を見ても、写真を眺めてもなるほどと思えることばかりの、素晴らしいマンションインテリアの特集号に仕上がっていました!

RJ-00

このような派手で、内容も良く判らず、僕の名前も誤植されていますが(残念…)、実に面白く(プロであれば)必ず役に立つ雑誌となっておりますので、どうぞ書店で手にとってご覧ください。

 

 

 

 

タグ

2014年11月01日 | リノベーション・ジャーナルのインテリア特集号に掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 世田谷区N邸 六本木M邸 南平台N邸 品川区Y邸 白金台S邸 神戸M邸

リノベーション・ジャーナルの取材・撮影-2

先回のブログでご紹介したリノベーション・ジャーナルの取材撮影の第2弾です。

140815RJ_satuei-11

こちらはちょうど1年前にお引き渡しをした新築マンションリフォームの六本木M邸です。新築の高級マンションにモールディングやケーシングの装飾材、壁や床に使ったトラバーチンなどの大理石の素材感が、雑誌の特集に合うとのことで、撮影をお願いさせて頂きました。

140815RJ_satuei-13

まず何よりも目を引く、この框扉の由来を編集長にお伝えいたしました。堀商会で仕入れた扉の握り玉やヒンジ、そして特注の幅木やケーシングまで細かく撮影していただきました。
めったに閉めることがない扉だそうですが、このような状態で見るのもとても新鮮でかっこよいとMさまの奥さまが喜んでくださいました。

140815RJ_satuei-10

トラバーチンとスティングレーの2色の大理石を使って床を仕上げた玄関ホールを撮影中の大菅さんと広瀬さんです。

140815RJ_satuei-12

窓際のトラバーチンの式台と長めに作ったカーテンの取り合いなどの細かいディテールまで撮影してくれて、設計者冥利に尽きる取材となりました。取材・撮影にご協力くださったMさまご夫妻、どうもありがとうございました。

140815RJ_satuei-14

こちらはオマケの写真です。設計当時幼稚園の年中だったK君はリフォームに際して、ベランダから外へと通じる素敵な滑り台を提案してくれました。小学校2年生になったK君はその時のことをよく覚えてくれているそうで、「カガミさん」が来るなら昨年作ったこの「秘密基地の模型」を見せてあげてほしいと奥さまに言ってくれたそうで、大事にダイニングの上に置いて行ってくれました。今後の設計の参考にさせて貰います!

140815RJ_satuei-15

最後の撮影は白金台S邸です。こちらは、色彩や素材といった面では、それほど作りこんでおりませんが、建具や造作家具のディテールがよくできているとのことで、今回の取材の対象になりました。

140815RJ_satuei-16

玄関の収納とベンチとプライベートゾーンへの入り口を兼ねた造作家具です。その奥に見える建具を撮影中です。

140815RJ_satuei-17

窓際のアルミサッシを隠す、木製の方立のティテールも撮影してもらいました。

140815RJ_satuei-19

キッチン入り口に設けたワインセラー内臓のミニバーコーナーと引き戸の取り合といった玄人好みの詳細にも興味を持ってもらいました。

140815RJ_satuei-18

折角のタイミングでしたので、これまできちんと撮影をしていなかったキッチン部分も撮影させて頂きました。こちらも撮影にご協力くださったSさまご夫妻、どうもありがとうございました!

 

 

 

 

タグ

2014年07月25日 | リノベーション・ジャーナルの取材・撮影-2 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 六本木M邸 白金台S邸

雑誌「都心に住む」に2プロジェクトが同時掲載中

現在発売中のリクルート社の雑誌「都心に住む」に2つのプロジェクトが掲載されています。

131003toshinisumu-1

1つ目は「閑静に住む都心の邸宅街」という特集に代官山T邸が取り上げられました。閑静な住宅街の定義としては、ウェブマガジン「家の時間」でもお世話になっている坂根康裕さんが以下のように説明してくれています。

  1. 高台の上にあること
  2. 用途地域が「第一種低層住居専用地域」であること
  3. 近隣に長い歴史を持つ学校、大使館、公園、神社等の施設があること

だそうで、具体的には港区の麻布台や白金台、千代田区の番町や渋谷区の南平台などが挙げられるそうです。

131003toshinisumu-2

低層住宅地ならではの窓前に緑があふれる景色が広がるリビングの写真を大きく載せて貰っています。

130829daikanyamaT_shuzai-2

こちらが取材時の様子です。

もう一つは「新築をカスタマイズ」という特集で、こちらには六本木M邸が掲載されました。

131003toshinisumu-3

近年2~3億円位の超高級マンションでも、建物竣工前にデベロッパーにカスタマイズをお願いするのが難しくなってきているので、新築お引渡しのタイミングでリフォームしてしまうという離れ業(?)が富裕層の方々に注目を浴びているようです。そんな事例の一つとして六本木のアークヒルズ仙石山レジデンスの新築マンションリフォーム事例として取り上げて貰いました。

130724shuzai_rush@sengokuyama-6

因みに、こちらがM邸の取材時の記念写真です。
全く違うテイストのデザインで、紙面には小さく「撮影協力:カガミデザインリフォーム」と出ているだけなので、一般に見ている方は同じ設計者がデザインしたものだとは思えないのではないでしょうか…。

タグ

2013年10月03日 | 雑誌「都心に住む」に2プロジェクトが同時掲載中 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 代官山T邸 六本木M邸

ベイカー@東京ショールーム見学

これまで六本木M邸代官山T邸神戸M邸の家具・インテリア小物でお世話になってきたベイカー@Tokyoのショールームをゆっくり見学して参りました。

130806baker@tokyo-1

静かな東京プリンスホテルの地下に、もっと静かな時間が流れるショールームがあるのです。

130806baker@tokyo-3

アメリカの最高級家具のBaker(ベイカー)、もう少しカジュアルで、それでいてちょっとリッチで価格もリーズナブルなArteriors(アーテリアーズ)、照明器具のVisualcomfort(ビジュアルコンフォート)などの他の日本の家具屋では見られない種類の家具・小物が置かれており、僕らには正に宝箱のようなショールームです。

130806baker@tokyo-2

これらは代官山T邸や六本木M邸で検討した彫刻・アート小物と照明器具です。一点ものでは無いので、予想以上にリーズナブルな価格で購入できることも嬉しいことです。

130806baker@tokyo-4

質感とちょっとしたクセがあって、それが魅力に繋がっている照明ランプ・スタンドを見ているだけで、インテリアのアイデアが浮かんできます。

130806baker@tokyo-5

ソファーも素敵ですが、張られている記事、そしてそれよりクッションの質感がカッコ良いのです。

130806baker@tokyo-6

Safavieh(サファヴィヤ)のラグもユニークな柄で、大きくインテリアの雰囲気を変える武器になりそうです。
これまでも幾度か探し物の相談で伺ってきましたが、なかなかゆっくり時間を取ることができなかったので、扱っている輸入家具の特徴を伺うことができて、インテリアの勉強になるとても楽しいひと時でした。 丁寧にご説明下さった梶田社長、どうもありがとうございました!

タグ

2013年08月21日 | ベイカー@東京ショールーム見学 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他 マンションリノベーション マンションリフォーム 代官山T邸 六本木M邸 神戸M邸

取材ラッシュ?@六本木M邸

先月お引渡しをしたばかりの六本木M邸ですが、取材・撮影のお申し込みが殺到(?)しております。

130724shuzai_rush@sengokuyama-2

取材撮影の第一弾は、こちらのお宅のプロデュースと施工をしたライフデザイン社のホームページの為のものでした。自社スタッフではなく、外部のカメラマン&ライターにお願いして、お客さま視線に立ったインタビューをして貰いました。

130724shuzai_rush@sengokuyama-3

休日の取材だったので、僕も2歳半の娘を連れての参加でしたが、取材最中はMさまのご子息のK君が、子供部屋の二段ベッドで娘と遊んでくれました!

130724shuzai_rush@sengokuyama-4

こちらの六本木M邸の設計・デザインを担当してくれた、元スタッフの渡辺さんん、ライフデザイン側の営業担当者だった山崎さんも交えての記念撮影です。

130724shuzai_rush@sengokuyama-7

第二段の取材・撮影はウェブサイト・AllAbout高級マンションのガイドの坂根康裕さんでした。こちらは超高速の取材・撮影で、30~40分ほどでご自分で撮影して、要点をMさまからヒアリングするという早業でした。

130724shuzai_rush@sengokuyama-5

普通のカメラマンは、広角レンズを使って、なるべく室内を広く撮影しようとするのですが、坂根さんは反対に望遠レンズを多用して、生活のシーンや建物のディテールを切り取るスタイルなので、どのような写真と記事になるのか、とても楽しみです。

130724shuzai_rush@sengokuyama-10

最後の取材撮影はリクルート社の雑誌「都心に住む」でした。こちらはお馴染みのライターの森聖加さんの主導で、新築マンションをリフォームする考え方について、Mさまにヒアリングさせて頂きました。新築リフォームの心構え(?)のポイントは都心に住むに掲載されることになるかと思いますが、幾つかMさまが挙げてくださった要点を記しておきます。

  • 新築は設備・構造・共用部すべてが最新で、中古に比べて心配となる要素が少ないこと
  • 多様な間取タイプの中から自分にあった間取を選ぶこともできること
  • リフォームを行う前提で検討を行えば既成の間取・仕様の中からも選択肢が広がること
  • リフォームをした部分と手を付けていない部分の劣化度に差がなく、全体が馴染んだ空間にしやすいこと

等だそうです。

130724shuzai_rush@sengokuyama-6

この日はライフデザイン社のCS部の山口さんも参加してくださり、賑やかでとても和やかな取材になりました。因みに、最初の取材時と最後の取材時で、色々とM邸のインテリアが変わっていることにはお気づきでしょうか?

130724shuzai_rush@sengokuyama-8

こちらが最初の取材のインテリアです。

130724shuzai_rush@sengokuyama-9

こちらがつい先日の取材時のインテリアです。変わった点としては、

  • ソファー背面の写真のレイアウト(当初はア・シンメトリーでしたが、左右対称に)
  • 窓際の家具(以前は四角いファイルキャビネットでしたが、最新はベンチに)
  • 窓のダミーカーテンの色(最初は紫でしたが、新しくは薄いグリーンに)と麻のフラットシェード

その他にも細かい調度品のレイアウトやアートも変わっていますが、伺わせて頂くたびに色々と工夫して、インテリアを楽しんでいらっしゃること、設計者として本当に嬉しく思っております。Mさまと奥様、幾度もの取材・撮影に快く対応してくださり、どうもありがとうございます!

 

 

 

 

 

タグ

2013年07月24日 | 取材ラッシュ?@六本木M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 六本木M邸

竣工お引渡し、そしてここからはインテリアアドバイスへ…

先週検査があり、その後の補修工事が終わった新築マンションリフォーム六本木M邸の竣工お引渡しに伺って参りました。

130614sengokuyama_hikiwatashi-1

特注のケーシングや幅木を多用し、特注の建具や石張りの床や壁をつかい、高級輸入壁紙を採用したユニークな仕上がりになりました。

130614sengokuyama_hikiwatashi-2

僕らにとって初めての新築マンションのリフォームでしたが、建物側の協力と施工会社の力、そして何よりもお施主さまのご尽力で無事完成することができました。引渡し後の記念写真です。左からライフデザイン社の現場監督の斉藤さん、営業の山碕さん、お施主さまのMさま、2か月ほど前にうちの事務所を辞めた元スタッフの渡辺さんそして各務です。

Exif_JPEG_PICTURE

お引渡しの前には、山碕君が作ってくれていた先日の検査の内容を纏めたシートを見ながら、補修や未施工だった部分をチェックして回りました。

130614sengokuyama_hikiwatashi-3

こちらは玄関ホール側からリビングを見返した様子です。ボーダーを廻した大理石張りの床と、特注の黒色塗装の建具がシックにマッチしています。

130614sengokuyama_hikiwatashi-6

子供部屋には、ヴィベルで選んだ天蓋付き二段ベッド家具も入っていました。

130614sengokuyama_hikiwatashi-5

4月から小学一年になったK君が、二段ベッドの上からジャンプする様子を見せてくれました。これから新しく出来た友達を家によぶことが楽しみだと言ってくれました!

Exif_JPEG_PICTURE

マントルピース型ニッチに収納したテレビをチェックしている様子です。新しいテレビは、インターネットの接続は当然ながら必要ですが、それに加えてお手持ちのアンプやスピーカーとも連動させるために、山碕君が苦労してくれた接続作業です。

Exif_JPEG_PICTURE

その作業の為に山碕君が用意していた接続図です。最新式のメカ(?)に弱い僕には、これだけで頭が混乱してしまいました。

130614sengokuyama_hikiwatashi-7

そうこうしているうちに、引っ越し荷物も届き、早速主なリビングの家具は設置されてゆきました。まだ、暫定的なレイアウトですが、引っ越しに合わせてご購入いただいたソファーも上手く納まってくれています。

130614sengokuyama_hikiwatashi-8

通常は竣工お引渡しで、設計者の役目は終わりになりますが、こちら六本木M邸ではお施主さまからの新たなリクエストもあったので、ここから先もインテリアの面でお手伝いすることになりました。早速、窓周りのカーテン選びからお手伝い致しました。
とは言え、一応建築工事は終わりましたので、一つのキリは付きました。無事の完成引き渡しそして引っ越し、Mさまどうもおめでとうございます!

タグ

2013年06月18日 | 竣工お引渡し、そしてここからはインテリアアドバイスへ… はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 六本木M邸