「赤坂S邸」のアーカイブ

スタイリッシュリノベーション赤坂S邸の竣工検査

最初のリノベーションご相談から1年掛かって、ようやく赤坂S邸のリノベーション工事がほぼ終わり、お施主さまのSさまと一緒に竣工検査をさせて頂きました。

DSC_8825_pt

こちらは毎回ほぼお決まり(?)のお施主さまと関連工事担当者一緒の記念写真です。左からリフォームキュー(RQ)の設計・営業担当の岩波さん、東京バススタイルの和久田さん、弊社担当の前田君、お施主さまのSさん、RQの現場監督の鈴木さん、同じくRQの石原部長、そして僕、各務です。キッチンでお世話になったアムスタイルの設計・営業の宮本さんと現場監督の寺口さんは、残念ながら先に帰ってしまい、一緒に撮影できませんでした。

R0055954_pt

このような形で約1時間半ほど掛けて、Sさまと一緒に皆で各部屋を回って、塗装のムラや欠け、建具や造作家具の不具合がないかを見てゆきました。

DSC_8803_pt

幾度も設計変更してデザインしてきた洗面所の出来には、とても満足してくださいました。

R0055981_pt

僕らにリノベーションのご相談を頂く前から、ショールームに足しげく通ってくださっていた東京バススタイルのオーダー浴室では、和久田さんが取扱い説明を先行して行ってくれました。

R0055971_pt

何より一番こだわってきたアムスタイルのキッチンの検査では、全ての収納扉の開閉チェックまで行いながら、暮らし始めた際にどこにどのようなものを収納してゆくかをご一緒に考えさせて頂きました。

DSC_8799_pt

検査の隙に撮影してみたLDKの全容写真です。リノベーション前の以下の写真を比較して頂くと、どれだけ変わったかが判りやすいと思います。因みに左側の壁に黒く見えている四角い部分は、壁掛けテレビを埋め込むためのニッチで、下部にAV収納を埋め込んでいます。

DSC_7120_pt

ほぼ同じアングルの写真ですが、キッチンをオープンにして、無駄に幅広かった廊下をLDに取り込んだことで、広さがグンと広がったのが判るでしょうか…。

DSC_9085_pt

こちらは主寝室です。部屋のレイアウト上、お子さまのお部屋を窓ありにしたので、主寝室には窓が無くなってしまいました(といっても、建築法規上は引き戸で2室1室の考えで採光条件は確保していますが)。窓がないことを逆手に取って、シックなウォールナット製の造作棚と間接照明、そして静謐な雰囲気をたたえる上品な堀田カーペットの絨毯がとてもうまくマッチしてくれました。

R5549999_pt

お引渡しのタイミングまでにキッチンカウンター上にペンダント照明を決めて、取り付けて貰う予定となっていたので、これまでに候補として挙げてきた照明器具の原寸シートを作って、このような形で現地に浮かべた様子を見て頂き、器具を決定して頂きました。

DSC_8810_pt

検査後にリフォームキューの石原さん&岩波さん、うちの前田君にSさまがキッチンカウンタ‐に集まって、お引渡しまでのスケジュールを打ち合わせている様子です。まだリビングに家具がないからかもしれませんが、自然と人が集まるキッチンカウンターで、毎回打合せの度にこのようなスタイルでお話をさせて頂きました。

タグ

2016年03月18日 | スタイリッシュリノベーション赤坂S邸の竣工検査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 赤坂S邸

アムスタイルのオーダーキッチン取付け@赤坂S邸

赤坂S邸の現場でアムスタイルのオーダーキッチンの取付けが始まりました。

DSC_8660_pt-2

ボックスとカウンター、機器類の搬入だけで丸一日掛かったそうで、2日目の夕方に現場に行った際には、ここまで組み上がっていました。イメージとして半分ほど組み上がった感じでしたが、まだリビングには多くの箱や機材が置かれており、まだこれから一日半ほど掛かりそうだとのことでした。

DSC_8706_pt-4

中央に伸びてくるペニンシュラ(半島型)カウンターですが、ダイニングテーブルも兼ねる形になっているので、下で組んでいる箱に比べて、上部のカウンターがキャンティレバー(片側だけが固定された片持ち方式)になっているので、その固定が本日の作業の山場になりました。

DSC_8682_pt-2

カウンター材を下から支える構造体の取付けの様子です。ベニヤ板のように見えますが、中に鉄板を挟み込んだ特殊な板になっており(取り付け最中の板は単なるベニヤ板で、その三方周りの板が鉄板入りの板です)、それを床材にしっかり固定している箱にガッチリ留め付けています。ベニヤ状の下地板の中央に9カ所のビス穴が見えますが、ここで下地板を固定する仕組みになっていました。

DSC_8681_pt-2

キッチンの組立てと並行して、写真左奥にある寝室でも造作家具の取付けが進んでいました。

DSC_8686_pt

家具の中央に柱型が見えますが、それを避けるような形で両側上部に扉付きの吊戸棚とオープン棚を設けるデザインとしています。中央の腰板部分がちょうどベッドのヘッドボード代わりになる予定です。

DSC_8664_pt

玄関ホールの2枚の建具を纏めたフレーム部分の造作はすでに完成していました。ウォールナット材にカラーガラスやピクチャーレール、さらに2枚の扉(トイレとキッチン)を枠なしで納めるという、とても難しい家具でしたが、きちんと収まっておりホッといたしました。

DSC_8665_pt

トイレの奥の造作棚の中に分電盤を仕込んでいますが、電気屋の望月さんが作業中でした。

DSC_8666_pt

これだけの数の配線を間違えずに結び合わせてゆく作業は、頭が下がる職人技です。電気屋さんの作業は、上手くできて当たり前で、間違えてしまうとひどい問題が生じるので、ある意味完成してしまうと目立たない作業ですが、僕らのデザイン意図を間違えずに的確に収めてくれる腕前にはいつも感謝あるのみです。

DSC_8696_pt

洗面では、リクシルの既製品のシステムシンクを造作家具のように組み込み作業が進んでいました。隣にセットするトール収納の扉と合せて、既製品シンクの扉も交換することで、一体型に見せようと考えています。

DSC_8659_pt

最後の写真は、引き込み扉が収まった壁と天井の取り合い部分です。先日のブログ記事で紹介したコーナーディテールの個所ですが、塗装とクロスが仕上がって、このようにきれいに収まりました。こちらは大工の内原さんの技術力に感服です。

 

タグ

2016年03月08日 | アムスタイルのオーダーキッチン取付け@赤坂S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 赤坂S邸

細かい下地・大工造作工事の工夫について@赤坂S邸

赤坂S邸の工事は、フローリングが張り終わり(すでに養生済みです)、ボードも大分仕上がってきました。

DSC_8444_pt

今回の工事では、LGS(軽量鉄骨)工事もボード張りも、造作工事もひとりで作業ができる、大工の内原さんが担当してくれています。これまでも幾つかの工事でお世話になっていますが、これまでの経験から色々な細かい工夫をしてくれたそうです。

R0055624_pt

新規の窓枠と幅木がフラットに収まった所に、3ミリの目地をあけてまた塗装仕上げの壁がフラットに収まる仕上げを考えてくれました。石膏ボードだけだと角が崩れてしまうので、通常はプラスチック製のコーナー見切り材を入れるのですが、そうすると、その見切り部分がパテ処理で2ミリほど膨らんでしまうので、目地際の3センチ部分を特殊な素材で作ってくれました。

R0055635

その特殊建材が、こちらの伊藤忠建材の地球樹Mクロスだそうです。表から見ると普通の合板ですが、裏にライナー紙を張り付けたものだそうです。コーナー部分に合板を使うと、仕上げ塗装をした際にベニヤ板のアクが浮いてきてしまうのですが、ライナー紙を貼ってあることで、合板から染み出るアクやシミを防止してあるそうです。また、石膏ボードと併用できるように、コーナーを面取りしてあるため、塗装下地を作る際のパテ作業も楽になっているスグレ物だそうです。

R0055640_pt

こちらかリビングと寝室を間仕切る壁と引き込み扉の吊枠、クロス巻き仕上げの壁下地にピクチャーレールが絡んだコーナーの下地ですが、こちらでも地球樹Mクロスを使ってみたそうです。

DSC_8319_pt

違う箇所の引き込み扉の吊レール埋め込み個所ですが、こちらでも普通のベニヤ板は使っていませんでした。

R0055629_pt

こちらも普通の納まりに見えますが、奥の室内側はダクトを隠す分だけ天井が下がっています。縦面と横面でクロスを張り分けるために、出隅にクロス用の巻き込みコーナーを埋め込んでくれています。

R0055625_pt

リビングと寝室は引き込み扉で仕切られていますが、床がフローリング(リビング側)とカーペット(寝室側)と分かれているので、ステンレス製の見切りを挟み込んでくれています。壁も塗装(リビング側)とクロス(寝室側)と分かれているので、幅木や枠の納まりもきちんと仕上げられるように作り込んでくれています。

DSC_8462_pt

こちらも同じようなディテールですが、左側が床タイル張り仕上げの洗面で右側がフローリング張りのリビングですが、ステンレス製の見切りがきれいに通っていることが判ります。

DSC_8339_pt

キッチン側から見た寝室と洗面への扉が入る開口部です。それぞれの開口部が少しずつ違った条件になってくるのですが、それを図面からきちんと読み取って、仕上げ工事まで考えた下地を作ってくれている内原さんに感謝あるのみです…。

DSC_8321_pt

玄関ホールの壁と建具の枠下地も出来上がってきていました。

玄関木製フレーム詳細スケッチ

こちらがスタッフの前田君が描いてくれた玄関ホールの二つの建具をフラットに収めるためのディテールスケッチ図です。今回はデザインアドバイスとしてお手伝いしているので、本当はディテールまでは図面化しないお約束でしたが、リフォームキューの現場担当の石原さんと鈴木さん、そして大工の内原さんの頑張りを見て、僕らも頑張らざるを得ない状況になっていました。

DSC_8323_pt

寝室部分の下地も仕上がってきています。正面壁の左寄りにコンクリートの柱が見えますが、これを造作家具で隠して、雰囲気のある寝室に仕上げるデザインを考えていますが、何とかうまく行きそうです。正面壁の右下と左下には、壁裏の免震ダンパーを避けて、追加でお願いした収納が入る孔が空いています。

DSC_8448_pt

リビング側から玄関ホール側を見返した写真です。キッチンを収めるための壁が仕上がり、天井のエアコンの移設も完了していました。

R0055622_pt

玄関ホールとリビングの間には、木製建具が入りますが、そのためのフロアヒンジも無事埋め込まれていました。

DSC_8451_pt

そして、数日後には玄関ホールには大理石のグリジオカルニコが張られ始めました。

DSC_8458_pt

同じグリジオカルニコのスラブ(石の板材)で作られた、トイレのカウンター材も搬入されました。右側のベージュ色の物体が、手洗いシンクを裏返してみたところです。接着剤などでしっかりと固定されています。

DSC_8457_pt

洗面所のタイルを張っている作業中です。正面左上の方で、二枚同じ柄のタイルが同じ向きで並んでいる個所があったので、その分だけは職人さんにお願いして、張り直してもらいました。

照明プロット

照明計画も、お施主さまのSさまと最終確認が取れました。キッチン上部だけ少し変更がありますが、照明器具の取りつけの準備も終わりました。

カーペット等仕上げ材

建具の取っ手の色や、建具のツヤなどについても、一度お打ち合わせで決めた後、前田君が混乱しないようにそれぞれの部屋の仕上げ材と並べて写真で記録を作って、お施主さまと施工会社に送って確認してくれています。

 

 

タグ

2016年02月19日 | 細かい下地・大工造作工事の工夫について@赤坂S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 赤坂S邸

乾式二重床の際根太とLGSと木製の複合下地組など

無事解体工事が終わった六本木S邸の現場では、遮音乾式二重床システムが組み上がり、LGSの壁下地作りが始まっていました。

DSC_7751_pt

毎回、このような工事現場の写真をブログにアップしていると、「結局はどこの現場でも同じようなものではないですか?」と聞かれることがあります。確かに見た目はどちらの現場でも似たようなことが起こっていますが、やはりそれぞれの現場で特殊な事情や色々なレベルでの問題も発生しているのです。
ちなみに、今回の六本木S邸の現場では、以下のことが通常とは違っており、現場打合せを重ねながら解決しています。

  • 耐震ダンパーがついた特殊な構造の建物であること
  • 同時に、10件以上のリノベーション現場がマンション内で動いており、エレベーター確保だけでも大変なこと
  • 元々の作りから、天井裏を走っているダクト経路が複雑で、それに合わせた天井の作りが難しいこと

等です。以下、順不同ですが、現場で工事をお願いしているリフォームキューと打合せ、確認していった事項を書いてゆきます。

R0055196_pt

墨出し寸法の確認は、毎回解体工事後の重要なイベントです。とはいえ、乾式二重床の場合はコンクリートのスラブ(床板)に細かく寸法を墨出ししても、二重床で隠れてしまうので、スラブ上での墨出しと二重床のベニヤ下地上の墨出しの二段階での寸法確認が必要になります。

R0055207_pt

こちらは搬入設置されたオーダースタイルのユニットバスの鏡面ステンレス・アングルピース(通称アンピ)と洗面側の枠や壁との取り合い確認です。通常オーダーユニットバスは白いビニールでカバーされたアンピまでしか作ってくれないので、そこから先をリフォーム本体工事側でどう処理するかを決めなければなりません。処理方法としては、木枠を取り付けるか、ステンレス枠を作るか、壁として塗装またはクロスで仕上げるかの3通りが考えられます。今回はもっともオーソドックスな木枠取り付けで仕上げることになっています。

R0055193_pt

ちなみに、こちらが設置された東京バススタイルのオーダーユニットバスの箱です。左側の白いビニールでカバーされた箇所がガラスの扉とガラス壁で、右側がタイル壁の裏側になります。ベニヤ板を貼ってある部分は内側から将来的に取っ手などを取り付けられるように下地補強されている個所になります。

R0055195_pt

外側はチープに見える(?)オーダーユニットバスですが、内側はこのようにシックに仕上がっていました。

R0055050_pt

床に転がっているこちらの部材は、遮音乾式二重床システムの独立際根太(きわねだ)部材です。遮音性能を高めるための二重床システムも、マンションでの採用が増えて、騒音問題が社会的に取り扱われる回数も増えるとともに研究が進んできており、そのシステムも変わってきました。以前は際根太(壁際で二重床を支える部材)は壁に固定されていましたが、それではこの際根太から壁に振動が伝わってしまうとのことで、現在は壁から独立際根太を浮かせて(少し離して)床に接着剤で固定する方法が主流になってきました。

R0055058_pt

このように、床スラブに梁等での段差があっても、独立際根太と固定床脚を段差に応じてつなげてゆくことで、遮音性能が確保された乾式二重床をくみ上げることができるのです。

DSC_7754_pt

壁間仕切りのLGS下地は床スラブから直接立ち上がり、その壁下地を挟んだ形で、乾式二重床が組み上がってゆく様子です。壁下地に二重床がくっつかないように、隙間にスペーサーが挟まれているのが見えるでしょうか?

R0055197_pt

壁と天井の下地(最終的にボードを張って壁や天井とするための骨組み)材は基本的にはLGSで組んでもらっていますが、部分的には木製の下地材も混ぜてくれています。特に細かい寸法調整作業が多く発生する扉の枠廻りにには木材が多く組み込まれています。工事を担当していくれている大工の内原さんは、元々がLGS職人だったのが大工作業もできるようになったので、LGSと木の組み合わせがとてもスムーズにできています。

R0055071_pt

写真は現場に運ばれていた枠材です。これらは事前に工場で集成材で作られた枠材やカーテンボックスで、LGSに組み込んでゆくのです。

R0055224_pt

引き込み扉(壁のポケット内に扉を引き込むタイプの引き戸)の枠廻りは、特に作り方が複雑なので、このような複合的な作りになっています。

DSC_7755_pt

ブログの最初にダクト経路が複雑だとのことを書きましたが、こちらがスケルトン状態の天井を見上げた様子です。写真中央に左下から右上に3本のダクトが通っていますが、これらがキッチンの給気と排気に、トイレの排気ダクトです。さらに写真左端にも浴室からの排気ダクトが通っています。浴室からの排気ルートは、この部分の天井を高くしたいので、3本のダクトが通っている個所に移動を検討しています。

R0055049_pt

キッチンの排気もガスコンロの場所が変わったので、このようにダクトを大きく曲げる形で、天井の形が変にならないように調整して貰っています。ダクトには火災予防の点からも、内部&外部結露の問題や振動による音の問題からも、ロックウール断熱材でカバーしてゆく必要があります。

R0055063_pt

職人さんが切っているのが、そのロックウール断熱材の基材です。直線部分を巻くのは簡単ですが…。

R0055064_pt

曲がったダクトのコーナー部分は、このように三角形に切ったロックウール材を扇状に繋げてきれいにカバーしてゆくのです。職人さんの丁寧な技に感服です!

 

 

 

 

タグ

2016年02月03日 | 乾式二重床の際根太とLGSと木製の複合下地組など はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 赤坂S邸

マンションリノベーション赤坂S邸の解体中

マンションリノベーションあk坂S邸プロジェクトは、リフォーム本体工事は設計施工でリフォームキュー、キッチン工事は施主支給でアムスタイル、浴室工事も施主支給で東京バススタイル、僕らカガミ建築計画がデザインアドバイスと工事分担が決まりました。今回の工事体制では、全体の責任を持って、工事の取り合いや工程を管理する会社がないので、解体前に再度各施工側の責任者が集まって、それぞれの役割分担を再確認いたしました。

R5540785_pt

一番絡む工事があるリフォームキューとアムスタイルの打合せでは、リフォームキューの工事管理の石原さん、アムスタイルの設計の宮本さんと工事管理の寺口さんに集まってもらい、それぞれの工事の分岐点を確認するとともに、レンジフードのダクトルートも一緒に確認して貰いました。

R5540783_pt

キッチンがダイニングやリビングとも溶け合うようなデザインを考えているので、リビングの柱形をキッチンパネルで隠す工夫についても、寸法や取り合いを一緒に確認いたしました。

R0054327_pt

リフォーム工事との絡みが比較的少ない、東京バススタイルは社長の眞柄さんが調査解体時に開けた壁孔から配管位置や寸法を計算して、リフォームキュー側に報告してくれました。

DSC_7563_pt

工事区分が明確になった時点で、解体工事がスタートいたしました。こちらのマンションでは、同時に大規模リノベーションが10件近く動いてるそうで、搬入搬出用のエレベーターの確保が一大事で、行程をエレベーターが確保できたタイミングに合わせて組んでゆく必要があるそうです。

DSC_7575_pt

床撤去で露わになった床下の給水給湯管と排水管とガス管です。排水管の位置によっては、オーダーユニットバスの設置位置が変わってくる可能性がありましたが、この状態であれば問題がないことが判り、ホッと致しました。

DSC_7569_pt

天井ボードの撤去で、天井裏の排気ダクトのルートも判りました。おおよそ、図面と当初の想定通りでしたが、一か所だけ思わぬか所を浴室からの暖房換気扇のダクトが通っていたので、これだけだデザインにも影響を及ぼすので、写真で状況をお施主さまにご説明して、追加費用をお願いしてルート変更させて貰うことになりました。

R0054658_pt

普段のマンションリノベーションでは見慣れない部材が壁裏から現れてきました…。
こちらは建物の揺れを軽減するための装置で、制振ダンパーと呼ばれるものです。

R5541043_pt

設計図に記載があったので、当初からこの制振ダンパーが現れてくるとは判っていました。ただ、その位置(角度)が正確には分かっていなかったので、現地の壁に黄色いテープでマーキングしてみました。というのは、このダンパーの奥に見える壁が隣接住戸との間仕切壁で、ダンパーが設置された部分も専有部なので、隙間をうまく使えばボーナスの収納が得られると考えたためです。この様子をお施主さまにお見せして、新たなボーナス収納をご提案しようと思っています。

R0054989_pt

そうこうしている間も、お施主さまのSさまとは事務所で打合せを行いました。まだ、最終決定ができていなかった、仕上げ材量とその色味、ツヤをサンプルを見ながら打合せいたしました。

R0054990_pt

それぞれの部屋毎に仕上げ材の候補となっていたものを並べ、壁材や扉の仕上げ材などを交換しながら、一番しっくりする組み合わせを考えてゆきました。写真は、キッチンと絡むダイニング部分の仕上げ材で、床はスカンジナビアンリビングのオークホワイトオイル仕上げ、ウォールナットの柾目突板に薄い灰色系のカラーガラスの組み合わせと決まりました。

R0054993_pt

各部屋ごとに決まった仕上げ材の組み合わせを忘れないように、お施主さまのSさまとリフォームキューの岩波さん、そして僕らと三者がそれぞれのカメラや携帯で撮影して記録してゆくことになりました。

 

タグ

2016年01月10日 | マンションリノベーション赤坂S邸の解体中 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 赤坂S邸

アムスタイルのオーダーキッチンと東京バススタイルのオーダー浴室

最近のマンションリノベーションプロジェクトで、最も多くお願いしているキッチンと浴室の組み合わせが、アムスタイルのオーダーキッチンと東京バススタイルのオーダーメイド浴室です。現在計画進行中の赤坂S邸でも、他社のショールームを多数見学に周りましたが、最終的にお施主さまが選んでくださったのがこちらの組み合わせでした。

R5530904_pt

はじめはお施主さまが一人で、予約もせずにフラりとショールームを訪問して、それでアムスタイルの洗練されたデザインを気に入ってくださいました。その後は、他社も含めて相見積もりでキッチンを進めていましたが、最終的には価格よりもデザインとのことで、アムスタイルで進めることになりました。

DSC_7049_pt

といっても、細かいことまでご自分でチェックしてくださるSさまですので、僕らと一緒の打合せでも5回ほど、お一人でも同じ回数くらいは代官山のショールームに伺って、担当の宮本さんとの打合せを重ねてゆきました。

DSC_7052_pt

現在進行中の原宿K邸や、まだキッチンメーカー未定ながら相見積もりで進んでいる他のプロジェクトなども重なって、週に2~3度ほどこちらのショールームに通わせてもらっています。

R5540712_pt

赤坂S邸でほぼ決まってきた仕上げ材のイメージです。人造大理石のカウンター天板に、2種類の塗装と色とウォールナット突板を合わせた扉デザイン、そこに建築工事で取り付けるカラーガラスを組み合わせるデザインとなりました。

R5537660_pt

同時に東京バススタイルでの打合せも進んできました。Sさまは、僕らのブログを愛読してくださっていたので、僕らにデザインの相談をする前に、ブログで知ったこちらの東京バススタイルに相談に来てくださっていたそうです。

R5537643_pt

ショールームに展示されているジャクソンの高級浴槽には実際に入っていただき、サイズ感や素材の肌触りも確認して頂きました。

DSC_2728_pt

浴槽内部の床材・壁材についても、ショールームにある多数のタイルを選んで、それらの組み合わせを幾度もチェックさせて貰いました。

R5537633_pt

浴室内部だけでなく、隣接する洗面脱衣室の床と壁仕上げとも関連するので、同じシリーズで磨き仕上げとグリップ仕上げ(水でぬれた足でも滑らない仕上げ)があるタイルや、似た質感のタイルを探して、それらのマッチングを確かめてゆきます。折角良いタイルが見つかっても、日本の大理石調タイル事情はほぼイタリアやスペイン、トルコなどからの輸入に頼っているので、在庫状況によっては使えないものもあり、喜んだり悲しんだりの連続の中で、ようやく最終的なタイルにたどり着くことができました。

R0052000_pt-2

ショールームを回りながら、設備や仕上げ材を決める打合せとは別に、ご自宅にお邪魔しての打合せもさせて頂きました。

DSC_3009_pt-2

ご自宅では、リフォーム工事をお願いすることになったリフォームキューの岩波さんと、うちのスタッフ・前田君と三人で伺って、六本木に持ってゆく予定の置き家具や備品類を実測させて頂きました。

R0051601_pt

打合せは戸越にあるリフォームキューの事務所でも行いました。今回は、僕らは設計監理契約ではなく、お施主さま側に立ってのデザインアドバイス契約でプロジェクトを進めています。このケースでは、リフォーム会社のリフォームキューが設計施工一環で請け負っての工事となります。

R5530950_pt

キッチンや浴室で決まってきた素材と、建築工事のフローリングや大理石、カラーガラスやモザイク大理石などを合わせて、採取的な仕上げ材を決定してゆきました。

R5540674_pt

リフォーム会社との工事契約を結んだあとですが、僕らの事務所での打合せ時に僕らとのデザインアドバイス契約も結ばせていただきました。通常は、設計に取り掛かった時点か、ある程度リノベーション計画の目途が立ったところで、設計あるいはアドバイス契約を結ばせて頂くのでしょうが、僕らはお施主さまとの関係次第で、早めに契約を結すばせて頂いた上でハイ・スピードでデザインを進めることや、最終的な工事金額出るまで契約をお待ちしたりと、それぞれのプロジェクトの事情に合わせてフレキシブルに対応することを心掛けています。

R5530917_pt

左側は玄関ホール、右側は来客用トイレのイメージスケッチです。デザインアドバイス契約では、図面はこのような空間イメージスケッチやディテールのスケッチだけで、CADで描く図面はリフォーム会社に起こしてもらい、それらを赤チェックしてゆくスタイルで進みます。もうすぐ見積りもフィックスできそうなので、その後に工事着工することができそうです。

 

タグ

2015年12月24日 | アムスタイルのオーダーキッチンと東京バススタイルのオーダー浴室 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 赤坂S邸