「箱根C別荘」のアーカイブ

家庭画報に掲載されました 箱根別荘リフォーム-13

世界文化社が発行する、高級女性月刊誌、「家庭画報」に箱根C別荘が掲載されました。掲載して貰った特集は、家づくりの新しい基準として、「スタイリッシュな「エコ」住宅に暮らす」というタイトルの特集です。ハイブリッドカーや太陽電池の隆盛、地球温暖化の問題を考えると、エコロジーに配慮しなければいけないことは判る。でも、エコな住宅はそれらしい雰囲気ばかりが漂い、美しさや、楽しさが感じられない。そんな人たち向けに、家庭画報が考えたのが、このスタイリッシュな「エコ」住宅という提案だそうです。

箱根C別荘@糧画法

この特集では、トップバッターとして紹介してもらいました。そもそもリフォームは、「今あるものを生かし長く使うことは、それだけでエコである」と考えられるので、この箱根C別荘が取り上げられたそうです。新しい設備機器で、化石燃料を使うのではなく、床・壁・天井の断熱をしっかりして、薪ストーブだけで暖房をするという考え方や、より長く使うために、飽きのこないデザインをし、段階的に手を入れてゆく余地を残すという考えが、「エコ」でありながら、美しく、心地よい暮らしを保証することになるのではと紹介してくれました。

リフォームのエキスパート、建築家の各務謙司と紹介されてしまい、少し面映い感じが致しますが、生活感がありながら、とても美しく仕上がった写真と、エコに関する情報が他にも満載されていますので、どうぞ本屋で手にとってご覧ください。

タグ

2009年08月03日 | 家庭画報に掲載されました 箱根別荘リフォーム-13 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 箱根C別荘

家庭画報の取材・撮影 箱根別荘リフォーム-12

高級女性誌「家庭画報」の取材・撮影で箱根C別荘に伺って参りました。本日の取材・撮影は、編集の浦田さん、カメラマン、スタイリスト、アシスタント2人、うちのスタッフの岸本さんに笠原君それに私、各務を合わせて、総勢8人の大所帯です。あいにくの雨のなかでしたが、ちょうど週末に箱根の滞在中のお施主様にご協力いただいて、朝の9時からお昼過ぎまで、4時間弱で撮影を行って参りました。
まだ、使い始めてあまり時間が経っていないので、家具も少ない情況でしたので、伺った時点では、さっぱりした状態でした。それを、スタイリストとカメラマンが、家中のものや植栽を、撮影アングルに合わせてアチコチと移動させ、食器や食べ物などの小物まで駆使しながら、美しいシーンを演出してゆく様は、見ていてとても楽しく、勉強になるものでした。

家庭画報の撮影風景

撮影している様子を拝見していると、光の具合がやはり一番重要なポイントのようでした。こちらのお宅では、ほとんど全ての照明が、調光可能になっており、トラックライトも移動と向きの調整が可能なので、ほぼ全ての照明を調整しながら撮影が進められました。特に、大きな屋根裏に光を配りながら、手前を少し暗めにしながら、強調したい部分にスポットを当てて微調整するテクニックは、さすがだと感心しました。

取材は、カナダ人のご主人さまに、

  • どのように設計者である、私、各務(カガミ)に出会ったのか?
  • なぜ段階的にリフォームをしたのか?
  • デザインや設備的なポイントは何か?
  • 約半年使ってみての感想は?

などを私が通訳しながら丁寧に伺ってゆきました。雑誌の発売は8月1日予定です。どうぞ楽しみにしてください。ご協力くださったお施主様、どうもありがとうございました。

写真は参加者全員の記念撮影です。

タグ

2009年06月21日 | 家庭画報の取材・撮影 箱根別荘リフォーム-12 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 箱根C別荘

箱根C別荘のロケハン 箱根別荘リフォーム-11

家庭画報に箱根C別荘が掲載されることが(ほぼ?)決まり、そのロケハンで箱根に出掛けて参りました。今回の取材の紹介をしてくださった編集者の浦田さんと、二人で箱根への日帰り旅行です。ロケハン(ロケーションハンティングの略)とは、映画やテレビの撮影の下調べで、脚本や絵コンテに合うイメージのロケ地を探すことを指します。
今回のような雑誌のインテイリア記事のロケハンという場合は、

  • 竣工後どのように使われているのか
  • 家具・インテリアの様子の下見
  • どのようなアングルで撮影するか

の調査等となります。

箱根別荘のロケハン

お施主様から事前に鍵を借りて、撮影予定の時間とほぼ同じタイミングを見計らって、現地に行ってきました。完成・お引渡し後約半年経ったC別荘ですが、とてもきれいに使ってくださっていました。家具やインテリアの備品を揃える時間がなかったそうですが、未完成だったパントリーは、お施主様DIYの棚が出来上がっており、豊富な食材が飾られて、とても美味しそうな雰囲気になっていました。また、キッチン周りにも、新しい調味料入れや、可愛らしい小道具が揃ってきており、いかにも料理をしたくなる空間演出がなされていました。

パントリー

建築家としての設計意図を浦田さんに説明しながら、現場で一時間ほどロケハンを行い、多少のレイアウト変更や、インテリア家具・小物の追加で、撮影が出来そうだとの、浦田さんのOKサインをもらえました。

昨日の雷雨がウソのようで、快晴に恵まれた箱根は、新緑が美しく、爽やかな空気も美味しく、思わず深呼吸してしまいました。快く鍵を貸してくださったCさま、そしてわざわざ遠くまでロケハンに来てくれた浦田さん、どうもありがとうございました。そして数日後の取材・撮影、どうぞ宜しくお願いいたします。 左の写真の人物が浦田さんです。ロケハンお手上げのポーズではありません(笑)

タグ

2009年06月12日 | 箱根C別荘のロケハン 箱根別荘リフォーム-11 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 箱根C別荘

完成引渡しと写真撮影 箱根別荘リフォーム-10

工事の区分けを5回に分けてリフォームしてきた、箱根C別荘のリフォームが約1年の期間を経て、ようやく完成いたしました。今回の第5期(最終)工事で行ったのは、屋根部分の断熱と仕上げ、壁の塗装仕上げと造作キッチン、それに細々とした雑工事です。

箱根湯の花温泉 C別荘リフォーム

本日は完成引き渡しでしたので、キッチンのレンジやオーブン、フードの使い方、更には冬季の水抜きの方法等をお施主様にご説明いたしました。とにかく長い時間を掛けてのリフォームでしたが、
その分、予算的にも無理をすることなく、細かい点も全て確認しながら設計・監理をすることができたので、問題になる箇所も全くありませんでした。

引渡しと取り扱い説明を終えれば、それで仕事は終わりとなりますが、今回はお施主様にご協力をお願いして、竣工写真を撮らせていただきました。まだ出来たてホヤホヤの状態を、きれいに撮影することができ、写真の仕上がりもとても良く出来ました。長い期間お世話になった、Cさまご夫妻、工事をしてくれたコボリ建設の小堀社長、現場監督の長田さん、そして事務所で担当してくれたNさん、
どうもありがとうございました!

タグ

2008年12月22日 | 完成引渡しと写真撮影 箱根別荘リフォーム-10 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 箱根C別荘

別荘雑誌に掲載 箱根別荘リフォーム-09

リゾート物件を紹介する老舗雑誌「リゾート物件情報」(レゾン)の「建築家に聞くリフォーム」というコーナーで、箱根C別荘が紹介されました。中古別荘をスケルトンリフォームした事例として、お施主様Cさまの考え方や、スケルトンリフォームで工夫した点などが紹介されています。

暗く窮屈な別荘を 明るく解放的な別荘にというタイトルで、どのよなところにポイントを置いてリフォームしたかを説明しています。少しだけ紹介すると…

  • 木質を中心に、無垢”で肌触りのよい素材で空間を仕上げる
  • キッチンや薪ストーブなどは、家具のように扱い、空間の中にレイアウトする

事などを書いて貰っています。この別荘リフォームのもう一つの重要な点として、段階的にリフォームを行った事も紹介しています。

  • 第1段階 お施主様DIYの解体工事
  • 第2段階 構造補強工事
  • 第3段階 内装工事-1
  • 第4段階 ウッドデッキ工事
  • 第5段階 内装工事-2(現在工事中)

と進めるプロセスとなっています。普通の本屋の不動産誌コーナーには置かれていますので、
是非お手に取ってご覧下さい。

タグ

2008年12月16日 | 別荘雑誌に掲載 箱根別荘リフォーム-09 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 箱根C別荘

別荘内部にジャングルジム? 箱根別荘リフォーム-08

箱根中古別荘のデザインリフォームの第四次工事が始まりました。
ここまで、第一次から第三次のフローリング工事まで終えてきましたが、いよいよ最終段階の第四次工事です。j今回の工事のメインは、天井になりますこれまは屋根の構造が現れている形でしたが、きれいな杉の羽目板で天井を覆い、その上には、寒さにも耐えられるよう断熱材を敷きこみます。

この作業をするために、現場には大々的な足場が組まれていました。 まるで立体パズルか迷路のように、既存の梁や束を避けながら、足場が天井に向かって伸びている様は、圧巻でした。

その足場の上を、大工さんたちが軽やかに渡り歩いている様は、まるで軽業師のようです。 それに比べ、設計者と現場監督は、あまりの寒さでストーブを炊いた部屋で、震えながら縮こまっているばかりで、実に情けない状態でした。

タグ

2008年11月11日 | 別荘内部にジャングルジム? 箱根別荘リフォーム-08 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 箱根C別荘