「横浜伊勢山Y邸」のアーカイブ

ビフォー&アフター 横浜伊勢山Y邸の竣工検査

横浜伊勢山Y邸のリノベーション工事が完了いたしました。

早速に家具なしではありますが、竣工写真を撮影させて頂きましたので、リノベーション前と後を比較するビフォー&アフターの写真を作ってみました。
リビング側から玄関ホールを見返したアングルの写真です。かつては、リビングとダイニングが大きな可動建具で仕切られていましたが、それを撤去して、二つの空間を一体化しました。また、玄関ホールからの建具が唐突だったり、PSや柱型のせいで凸凹していたラインを特注の大型スチールサッシでスッキリと整理してみました。

因みに、こちらがお客さまの竣工検査時の様子です。前とは打って変わったシックで高級感のあるデザインになったことで、とても喜んでくださいました。

こちらからリビングからダイニングを見た写真のビフォー&アフターです。スチールサッシはリビング側にせり出してきていますが、ラインがきれいに揃ったことと、ダイニングとの仕切り建具が無くなったことで、却って広く感じられるのではないでしょうか?窓のサッシと連続した大判の鏡も効いていますね。

ダイニングからキッチンを見返したアングルです。L字カウンタースタイルだったキッチンを二つに分けて、ダイニングに対面したカウンター側にシンクを持ってきています。また、冷蔵庫が隠れた位置におけるレイアウトとなっていましたが、冷蔵庫をより使いやすい位置に変更するとともに、ワインセラーとワイングラス収納を冷蔵庫の隣に持ってきて、華やかさを加えています。
以前は空間的にもキッチンとダイニングが分断されていましたが、キッチンカウンターの甲板と側面板をダイニングにまで廻すことで、両者が繋がって見えるように感じられるようになりました。ただ深く折り上げただけだった天井にも、ダイニングテーブルを照らす照明ボックスを浮かせ、折り上げがわも間接で照らしたことで、懐が大きな空間になりました。

キッチンカウンターからダイニングとリビングを見返したアングルです。空間がガタガタしていたものが、すっきり整理されて、リビングまで見通しの良い空間になりました。

左が改装前の玄関ホールで、右がリフォーム後です。玄関のタタキ部分とホールが天井の高さや間接照明、右側の収納の奥行きの変化などできちんと区分けされたことで、空間の形が判りやすくなっています。高級感のある大理石やスチールサッシを使ったことで、よりシックに仕上がっています。

こちらは来客用トイレの比較です。以前のレイアウトは、なぜこれだけの広さがあるのに、こんなに手洗いが小さかったのだろうかという疑問しか浮かびませんでしたが、広いカウンターと大き目の手洗いが付け加わり、より使いやすいレイアウトになったと思っています。

その他の写真は、ビフォーが上手く撮影できていなかったので、比較できませんが、こちらはキッチンです。通り抜け型にしたことで、カウンターは分かれてしまっていますが、シンクの位置が使いやすくなっていたり、ワインセラーやその背面の家電カウンターと見せるところと隠すところが上手く切り分けることができたと思っています。

玄関ホールのスチールサッシのディテールです。デザインは苦労しましたが、カッチリとスタイリッシュに仕上がりました。右手の壁にはコート掛け収納が隠れており、左手には(写真には写っていませんが)キッチンへと通じる引き戸があります。

カウンター本体とメディスンキャビネットだけを利用して、カウンター甲板とシンクと水栓、扉も作り直したリノベーション洗面カウンターです。右手の柱型も取り込んで、脱衣カゴを収納するニッチやリネン収納を一体的にデザインすることができて、とても使いやすくなったと思っています。
ようやく完成したこの横浜伊勢山Y邸ですが、当初の予定通りリノベーション工事完了後に販売されることになりそうです。もうすぐ、この空間のサイズに合わせて購入して頂いたソファーやダイニングセットが入って、内覧して頂くことができるようになります。ご興味がある方には、別途詳細をお伝えいたしますので、info@kagami-archi.comにメールでご連絡頂ければ幸いです。

 

 

タグ

2017年02月17日 | ビフォー&アフター 横浜伊勢山Y邸の竣工検査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸

ガラス・大理石・造作家具が入って完成直前の横浜伊勢山Y邸

先日、特注のスチールサッシの取付けが終わった、横浜伊勢山のY邸リノベーションプロジェクトですが、本日はその鉄製サッシ枠にガラスが嵌め込まれていました。

枠と中桟のデザインが印象的なサッシですが、パッと写真で見比べてもガラスが入っていない状態と入った状態ではそれほど違いが感じられないかもしれませんが、現場では明らかな違いが感じられるのです。

先ほどのように玄関側からリビング側を見ても(つまり暗い側から明るい側を見ても)、ガラスの存在感が感じられにくいですが、このように明るい側から暗い側を見返すと、ガラスが入ったことでの間仕切りの存在感が格段に違ったことが判ると思います。因みにサッシの一番右側は、背面が構造柱になっており、その部分をカバーしているので、白いカラーガラスをはめて貰っています。

各サッシの内側にハメられた押し縁(オシブチ)を取り外して、ピッタリのサイズで持ってきたガラスを入れて、押し縁で固定してゆくことで、ガラスがはまってゆきます。

石張り工事もほぼ終わっており、リビングの二つの壁面にこのような大理石が貼られていました。それぞれの壁の下部で養生されているのは、造作家具を差し込んでいる個所です。壁紙も張り終わっていました。

キッチンには、アルポリック(アルミ複合板)を使った腰壁もできており、壁のアクセントクロス張りもきれいに出来上がっていました。ダイニングの折り上げ天井に設けた照明ダクトの横面のステンレス鏡面仕上げ板もきれいに仕上がっています。

今回は、ワインやお酒が好きなお客さまがご購入するケースを想定して、ワインセラー置き場を作っています。カウンターは人造大理石で、ガラス扉付きのワイングラス入れの吊戸収納で背面壁にはウォールナットを張って、シックなイメージに纏めてみました。ワインセラーに興味が無い方のためには、この下に引出収納を作れるように工夫しております。

キャビネット(箱部分)だけを再活用して、カウンター材と引出の手前の面材を作り変えた洗面カウンターも仕上がってきました。柱型をまたいで、その右側にもリネン収納と、甲板の下には着替え用のバスケットを入れるニッチも作っています。
残りの造作家具を取り付けて、清掃が終わればリノベーション工事も完成になります。

 

 

 

タグ

2017年02月06日 | ガラス・大理石・造作家具が入って完成直前の横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸

特注スチール製サッシの取り付け@横浜伊勢山Y邸

リノベーション再販用プロジェクトとして工事が進行中の横浜伊勢山Y邸の現場に、オーダーで特注したスチール製のサッシが運び込まれました。

今回は、写真で壁に立て掛けられている鉄製のサッシ扉以外にも、これと同サイズのものが他に2枚、さらに子扉を加えて4枚のサッシを設計デザインさせていただきました。

まだガラスが入っていない状態ですが、特注取っ手も組み込まれ、このようなディテールとなっております。

これまでの事例では、シャープさと重厚感の両方を演出するために、太めのフラットバー(平たい鉄の板)で構成して貰っていましたが、今回は重量を軽くして、扉の開閉がしやすいように、角パイプを組み立てて溶接して貰っています。

スチールサッシの吊り込みがあるとのことで、朝早くから現場に乗り込んで、吊り込み(建て込みともいいます)の様子を見学しようとしていましたが、最初の2時間はレーザーを使って、建付けの正確な位置出し作業だけでした…。

このレーザー墨出し器を使って、床のレベル(水平性)、壁のカネ(垂直性)を測った上で、どの位置にそれぞれのサッシを固定してゆくかを慎重に墨出ししてゆくのです。

午後になってから、ようやくスチールサッシの取り付けが始まりましたが、ここからは一気の仕上げで、アレヨアレヨというまに吊り込みが進んでゆきました。作業してくれているのは、スチールサッシをお願いした関根工業の関根社長と関根専務(いとこ同士だそうです)にリフォームキューの現場監督の織田さんです。

左から、固定の子扉、フロアヒンジで可動の扉、つり込み中のものも固定の扉、一番右は柱型の手前を隠す、やはり固定の扉という構成となっています。

すべてのスチールサッシが取り付けられた様子です。吊り込み始めてからここまでは、30分ほどでした!

しかし、ここからまた2時間ほどかけて、細かいレベル調整をしてゆくのです。それぞれの建具の隙間が揃って見えるように、そして横サッシのラインが通るように、写真のような薄い金属板を指し込みながら調整をしてゆくのです。

このように、薄さ1ミリと1.5ミリの金属板を沢山用意しており、床を傷つけないためのプラスチックプレートと工具を使いながらゆっくり時間をかけて調整してくれました。

最後の一枚はオマケです。まだスチールサッシがつく前にチェックしていたキッチンの様子です。シンクカウンタ―の下から、ダイニングの壁下を通して、ステンレスヘアラインの板を張って貰ったキッチンがほぼ完成していました。ブルーのフィルムはステンレス板を傷から守る養生フィルムです。

 

 

 

タグ

2017年01月20日 | 特注スチール製サッシの取り付け@横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸

キッチン取付け工事@横浜伊勢山Y邸

リノベーション再販プロジェクトとしてスタートした横浜伊勢山Y邸ですが、工事が進んでオーダーキッチンの取付工事となってきました。

キッチン中央に十字型の通路が通って、4分割されている変形キッチンとなっていますが、それぞれのパートが小さく見えなく、使いやすくなるようにデザイン的な工夫をしています。

ダイニングからキッチン側を見た正面には、シンクのある大きなオープンカウンターキッチンと、通路の先にはビルトインのワインセラーが入るレイアウトとなっています。ワインセラー置き場の横で、柱に隠れた個所に冷蔵庫が来て、ワインセラーの後ろのカウンターに電子レンジやトースターなどの調理機器類を隠せるようになっています。

こちらが通路に立って、ガスレンジカウンター(右)と調理機器置き場を兼ねるカップボード(正面奥)で、左側の通路に沿って、ワインセラーと冷蔵庫置き場が並んでいます。

キッチンの一番奥にパントリー(食品庫)がありますが、そちら側からキッチンを見返した写真です。右側のカップボードが、ダイニングから完全に隠れた位置関係にあることが判ります。

玄関ホール側からは、引き込み扉でキッチンが隔たっていますが、それを開けると寝室側の廊下にまで一直線で動線が通じています。

その他、キッチンと繋がったダイニングの壁面パネルや、折り上げ天井の照明ボックスも仕上がってきています。

ダイニングの反対側の壁には、ウォールナットのフローリングを羽目板状に貼った壁があり、ワインセラー置き場にも同じ羽目板があり、呼応するデザインとなっています。左奥に見える広いバルコニーにもウッドデッキを張る予定です。

リビングから玄関ホールを見返した写真です。今は一体に繋がってしまっていますが、大きなスチールサッシが入って、二つの空間を視覚的には繋げながら、空間としては間仕切ってゆくことになります。

二つの折り上げ天井を繋いでいる、小さな折り上げ部分にもオークの羽目板が貼られました。

 

 

No tags for this post.

2017年01月16日 | キッチン取付け工事@横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸

二つの折り上げ天井を繋げる工夫@横浜伊勢山Y邸

解体が一通り終わった横浜伊勢山Y邸では、壁下地の作り込みが始まっていました。

判りにくい写真ですが、床にしゃがんでLDの天井を見上げた様子です。既存ではリビングとダイニングの二つの折り上げ天井が別々に関係なく並んでいましたが、それらを繋げて関係付けるようにデザインしています。ただ、写真中央に横切っている梁型が問題となるので、そこの左右に下地を流して、なるべく薄い天井下地を組み上げようと考えています。

折り上げ天井が段差になって繋がってくるので、その段差部分をどのように組んでもらうかを、リフォームキューの坂本さんと一緒に現場でボードの切れ端で説明している様子です。

現地の床では、木製の梯子のようなものが組まれていました…。

こちらは後日の現場の様子ですが、床で組まれていたのは木製格子パネルで、梁下をまたぐ形で二つの折り上げ天井を繋げるための下地だったのです。梁の横に渡したLGSの下地と、梁下に接着剤で貼った木製のコマで、このパネルを梁下にピタリと取り付けたのです。

手前がリビングの折り上げ天井で、奥がダイニングの折り上げ天井、木製パネルが二つの折り上げを繋いでいる様子がわかるでしょうか…。

こちらは、さらに現場が煤電からの様子です。小型の折り上げ天井部分には木製パネルを張って白拭き取り仕上げとして貰っています。
また、以下当日の様子に戻ります。

玄関部分も天井を折り上げて、間接照明用のボックスを作ってもらいました。

構造柱のを中心に四辻となるキッチン周辺の壁下地が立ち上がっていました。

柱の反対側から見た様子です。右側がリビングダイニングで、正面奥がキッチンになります。

リビングから玄関ホールとキッチン側を見返した写真です。電気屋さんの配線工事も進んでいます。

 

キッチンの裏には、来客用トイレを広げて作る予定です。

電気関係は毎回お馴染みの望月さんが担当してくれているので、ちょっと難しい配線もこちらのリクエストに応えて対応してくれています。

 

 

 

タグ

2016年12月23日 | 二つの折り上げ天井を繋げる工夫@横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸

解体現場で考える天井のデザインについて@横浜伊勢山Y邸

解体工事が始まった、横浜市西区の伊勢山Y邸の現場を確認して参りました。

165平米の専有部分のうち、LDKと玄関を中心に床と壁を解体してゆきます。以前は引き戸でリビングとダイニングキッチンが分割されていましたが、引き戸をなくして全体が一体化するデザインとしています。

以前のキッチンが解体撤去された後の床下の配管を設備屋さんが引き直しをしてくれています。設備屋さんの後ろに縦に伸びているのが、上下階を貫いている排水竪管(はいすいたてかん)です。

その排水竪管(黒い管)と既存の排水管の接続部分です。上下階の区画を貫通した個所から1メートル以内は耐火二層管(通称トミジ管)というものを使っています。写真中、濃い灰色の管は一般的なVP管で、薄い灰色の管がトミジ管です。

解体途中の状況を、担当してくれているうちのスタッフの前田君とリフォームキューの設計・営業の坂本さん、現場・技術の織田さんが確認して回ってゆきます。

リビングダイニングの天井の見上げ写真です。二つの別々に分かれた折り上げ天井だったものと、少しでもデザイン的に繋げて、一体感を持たせたいと考えていましたが、思っていた以上に梁が大きかったので、デザインを練りなおしになりそうです。

こちらはキッチンの天井部分です。空間としては大きく空いていましたが、折り上げても却って狭く見えてしまいそうでしたので、従来の天井高さに抑えて、新しい天井を組み直してもらうようにお願い致しました。

こちらは玄関部分の天井です。図面で見ていた寸法より、天井の懐寸法が大きかったので、こちらは思い切って天井の高さを40センチほど上げて、さらに石張りの壁を照らす間接照明を仕込むことにいたしました。

現場ではちょうど床暖房の配管を結びなおす作業をしていたので、じっくりと勉強させて貰いました。

使われているのは東京ガスのTESシステムの床暖房で、配管そのものは架橋ポリエチレン管でした。既存の管と新しい管を繋ぐ方法を順次撮影させて貰いました。架橋ポリ管同志をソケットで繋ぎ、バンド金物でパチンと留めるとそれで水漏れが起こることがないとのことでした。

こちらは既存のキャビネットの箱を活かして、天板を交換して、さらに扉を塗装し、PSの柱型横まで一体化させたデザインに作りなおす予定の洗面カウンターです。

その他照明スイッチやコンセントの納め方の注意点などを現場側と確認して、現場を後にしました。

 

タグ

2016年11月29日 | 解体現場で考える天井のデザインについて@横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸