「法政大学 構法スタジオ」のアーカイブ

法政大学 学期最終授業

昨年9月から教え始めた法政大学デザイン工学部建築学科の構法スタジオ、本日が今学期の最終授業でした。

まずはグループで集まって、各学生の不足している情報等を書き足してもらったうえで、授業全体での講評へと移りました。写真は全体講評の教室で、一学期を振り返っての話をしている様子です。

それぞれがオリジナルに設計したアトリエ(または住宅)をそれぞれのデザインに最適な木造の構法で作れるように、各グループごとに指導方針も違う中で図面を書いてゆくというスタイルの授業だったので、幾つかを選び出して講評するのにはそぐわないと考え、全ての学生の図面を教室に並べ、学生に混じって講師とTAが周り、気が付いたことをコメントしてゆくスタイルとなりました。詳細な矩計図を中心に描いた学生や、大きな軸組模型を作った人、屋根の納まりにこだわりを持って、細かい部品模型まで作った検討した学生、はたまた、軸組図から金物のリストまで作った学生と、本当にバラエティーに富みながら実務に向かったユニークな課題になりました。

担当教授の網野禎昭さん、非常勤講師の水井敬先生、溝部公寛先生、飯塚豊先生に各務、それに飛び入りで法政大学の富永譲教授と永瀬克己教授も参加して下さっての賑やかな講評会になりました。

僕のグループで、手書きの図面にチャレンジしてくれた学生の面々です。青木君、石邑さん、一森さん、漆原君、大霜君、大野さん、佐々木さん、島野君、須永君、谷田君、當摩君、西村さん、廣島君、堀さん(写真とは順不同です)どうもお疲れ様でした。また、TAとして授業を盛り上げたり、資料集めなどの下働きで頑張ってくれた堀TA、ありがとうございました。学生の皆さん、講師TA陣の方々、1学期の短い時間でしたがどうもお疲れ様でした!久しぶりに学校で若い学生に建築について教えたことは、とても良い刺激になりました。
授業後は、コースを取った学生の約半数にすべての講師とTAが参加した打ち上げ大会になりました。

タグ

2012年01月20日 | 法政大学 学期最終授業 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 学校・セミナー 法政大学 構法スタジオ

グループ講評会&打ち上げ@法政大学構法スタジオ

9月から授業が始まっていた法政大学デザイン工学部建築学科の構法スタジオの年内最終授業で、グループ内でのミニ講評会を行いました。

構法スタジオ グループ講評会 

まだ未完成の学生が多かったですが、各務グループだけが手書きでの図面提出となっているので、気持ちのこもった力強い表現の図面が多く、迫力がありました。

年明けの図面提出と最終講評会に向けて、足りていない図面や補足すべき情報などを具体的にアドバイスいたしました。

ミニ講評会の後は、キャンパス近くの飲み屋でプチ打ち上げを行いました。グループの学生全員参加で大いに盛り上がりました。学生の皆さん、ここまで良く頑張ってくれましたね。年明けの提出まで、気を抜かずに頑張ってください!また幹事役の堀TA、どうもお疲れ様でした。

タグ

2011年12月23日 | グループ講評会&打ち上げ@法政大学構法スタジオ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 学校・セミナー 法政大学 構法スタジオ

製図開始@法政大学構法スタジオ

秋学期から授業を担当している法政大学デザイン工学部建築学科の構法スタジオですが、いよいよこれまで設計してきたことを製図化するところまで来ました。他のグループではA3サイズで、図面はCADでも手書きでも自由なようですが、僕らのグループではA2の大型サイズの紙に、手書きで図面を書き込んでゆくことと致しました。

こちらはサンプルとして作った手書きスケッチ図面です。一枚の紙の中に、効率的に必要図面(平面図・断面図・平面詳細図・軸組図または伏図)を書き込んで、空いた場所には写真やスケッチ、詳細図で埋めてゆくイメージです。

製図版で製図中の学生の様子です。鉛筆と定規のカリカリ、シャッシャッとした音が心地よく教室の中を流れていました。

タグ

2011年11月18日 | 製図開始@法政大学構法スタジオ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 学校・セミナー 法政大学 構法スタジオ

木造軸組模型

今週の法政大学デザイン工学部建築学科の授業では、学生に自分たちが考えた建物の軸組模型を作って貰いました。

木造軸組模型とは、外壁や内部の仕上を始める前の木造の構造材だけで作った模型です。屋根の形にバリエーションがあり、更に構造も登り梁や束立ての伝統工法まであり、学生が色々な構造・作り方にチャレンジしてくれて、とても活気がある授業になっています。

軸組模型の発表と批評を終えた後には、4号建築物の4分割法の壁量計算に実際にチャレンジして貰いました。皆、電卓片手に、奮闘中の様子です。

木造軸組み模型

上は、一味変わったプランと屋根構造にチャレンジしてくれているS君の模型、下はオーソドックスな和小屋をきちんと作り込んでくれたSさんの模型です。

タグ

2011年10月14日 | 木造軸組模型 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 学校・セミナー 法政大学 構法スタジオ

法政大学 構法スタジオ第4回目授業

秋から始まった法政大学デザイン工学部建築学科の構法スタジオ(建築施工監理実習)で、本日が第4回目の授業でした。森の中に建築スタジオを設計する課題ですが、ここまでは、第1回目で自己紹介からグループ分けと授業方針の話し合い、第2回目で屋根形状研究、第3回目で屋根の実例調査、そして第4回目の今日は、いよいよ平面図へと突入しました。

写真は、各学生が宿題で考えてきてくれた、プランを一枚のシートに纏めたものです。まだ、屋根の形状との整合性や、構造まで考えられていないので、各自がプランを発表後、講師としてアドバイスをいたしました。

その後は、少人数での授業なので、教室の真ん中に大きなテーブルを作り、屋根の構造を考えて貰いました。来週は、宿題の構造軸組模型を使っての屋根+構造の研究になる予定です。

タグ

2011年10月07日 | 法政大学 構法スタジオ第4回目授業 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 法政大学 構法スタジオ

法政大学 構法スタジオの事前打ち合わせ

今年後期から法政大学デザイン工学部建築学科で非常勤講師として教えることになりました。網野禎昭教授からのお誘いで、構法スタジオを受け持つことになり、その事前打合せで、市ヶ谷の法政大学に伺ってまいりました。

デザイン工学部のある市ヶ谷田町校舎は、1962年に建てられた古い校舎を2008年に大規模改修したリノベーション・リニューアル建築物です。

建物の躯体だけを残したスケルトンリフォームで、アルミパンチングと硝子の縦ルーバーを使って、上手に外装を刷新していました。

左から、網野禎昭さん、売れっ子住宅作家の飯塚豊さん、友人であり尊敬する建築家である溝部公寛さんに、私、各務で、これに本日参加できなかった、水井敬さんの5人で教えることになりました。

皆で学校で集まり、まず三年生の課題講評会を拝見しました。富永譲教授や、以前同じ早稲田大学芸術学校で教えていた下吹越武人准教授のスタジオの住宅課題でした。

先生方皆で教室を回り、面白そうな作品をピックアップして講評してゆく、ユニークなスタイルで、写真が壇上に挙げられた講評対象課題です。学生の気質や課題のレベル、教室の雰囲気等を一通り拝見した後、四人で再度集まって構法スタジオの授業の進め方を打合せました。

 

最後の写真はオマケです。打合せの横で、色々とアドバイスを下さった崔康勲先生が見せてくださった、大江宏先生の研究室の色紙(?)です。彫刻家の平櫛田中氏が揮毫したものだそうです。

タグ

2011年05月27日 | 法政大学 構法スタジオの事前打ち合わせ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 学校・セミナー 法政大学 構法スタジオ