Author Archives: Kenji Kagami

設計業界では亜流であったリフォーム・リノベーションに、十数年前から真剣に取り組んできた設計事務所、カガミ建築計画の各務謙司(カガミケンジ)です。 学生時に初めて設計したプロジェクトがリフォーム、ニューヨークでの建築修行時も高級マンションリフォームに特化した設計事務所勤務、帰国してからもリフォームの仕事が圧倒的に多く、リノベーションに特化したカガミ・デザインリフォームのブランドを立ち上げ、上質リフォームの普及に尽力してきました。

目立たないけど実に重要な下地造作工事について

[ザ・ライブラリー]

ザ・ライブラリープロジェクトの紹介ブログです。
千代田区O邸の工事は順調に進んでいます。

リビングダイニングの一番クライマックスとなるテレビ壁の造作が進んでいます。と言われても、何が進んでいるのかよく分かりませんね…。既存の梁型の石膏ボードをはがして、門型の木製フレームを挿入する準備をしている段階です。ウォールナット柄の木製フレームを取り付けるのですが、ビスで固定する際に表からビス穴が見えないように梁型の表の石膏ボードをはがして、上から引き寄せるように固定しようと考えています。

バルコニー側から見ると、このような様子になっています。右手前下を見て頂くこと、この部分だけ石膏ボードがはがされているのが分かるでしょうか?実はこの個所のボードと下地LGSを外すことでAVボードの奥行きを確保する算段となっているのです。

テレビ壁の反対側、納戸と洋室2への入り口側の壁です。納戸は扉も扉枠も内部造作も全て撤去していますが、洋室への扉枠はそのまま残しています。ただ、元々は白かった枠ですがトープ色のダイノックシートを張っています。中央の壁も腰辺りに線状にシートが貼られていますね。

それをアップで見たものがこちらです。このボードの背面は洋室2のクローゼットになっているので外せないのですが、納戸と洋室2の扉を一体のデザインに見せるために、この石膏壁を残しつつ、門型フレームやカラーガラスを貼ることで一つのデザインみ見せる工夫をしているのです。ちょうど帯状になっている箇所はカラーガラスの継ぎ目の箇所にあたり、正面から見たときに名刺一枚分透かせて張ったカラーガラスの隙間にボードの色が見えないようにこの帯状のシートを張っているのです。

こちらはキッチン側の壁です。一番右がキッチンへの入り口、その左にパネル壁、収納(扉は外してあります)そして廊下への開口と並んでいます。

同じ壁を斜めから見た写真です。キッチンの扉は、リフォーム前はアウトセット引き戸(壁の前(キッチン側から見ると外側)に扉があり、その位置で開閉する引き戸)だったのですが、それだとダイニングから一番よく見えて、絵などを飾りたくなる壁の前を引き戸が通ることになるので、引き戸レールはそのままに、アウトセット引き戸の前に薄い壁を立てて、引き込み戸(戸袋の中に戸を引き込むタイプ)にリフォームしたのです。

右手に見える白い枠が元のキッチンの枠で、その手前の天井にシルバーの吊り戸レールが見えます。そのレールの手前側(写真左側)に薄壁を立てて、引き込み扉変えたのです。扉自体は交換しますが、元の枠と上吊りレールはそのまま再利用するのです。
以下、続きはこちらのブログをご覧ください。

解体時に分かった柱位置のズレと浴室サイズ調整

[三田S邸]

リノベーション工事に良くある、解体後に分かったRCの躯体柱が、当初の図面や実測から推定してきた位置からズレていたことで、その奥に設置する浴室と洗面のサイズ寸法を調整することとなりました。

まずはこちらが解体工事途中の現場です。まだ床下地や天井の古いエアコンや設備配管が残った状態ですが、躯体の状況が見えてきています。工事をお願いしているリフォームキューの現場監督の滝川さんから、僕らの設計図面と実際の現場を実測した寸法を比べたところ、水回り近くにあるRCコンクリートの躯体柱の位置がずれており、今の設計のままだと洗面室の通路幅が狭くなってしまいそうだとの連絡を貰いました。

黒字で書かれていた寸法がこちらの想定寸法で、その上から手書きで赤字で書かれたものが解体後に実測した寸法となります。赤で囲まれた寸法が、当初予定3588ミリだったものが、実測したところ3483ミリで、100ミリ(つまり10センチ)狭くなっていることが分かりました。柱の反対側の青で囲まれた寸法は7635ミリから7716ミリとなり、8センチほど広くなっていました。
また、浴室の床の高さも洗面から10センチ位上がってしまいそうだとの報告もありました。

オーダーユニットバスを当初の設計のままでオーダーし、普通に施工する手順で考えると、洗面の通路幅が775ミリと800ミリを切ってしまうのです。紫の字が現場監督の滝川さんが書いてくれた寸法とメモ、それに対して赤い引き出し線で書かれたメモが弊社竹田さんからのリクエストと質問、それに対して緑の手書きで書かれたものがオーダーユニットバスの東京バススタイルの眞柄社長からのコメントです。

これらの質疑をしつつ、解体された浴室回りの実測と調査に行って参りました。参加したのは、リフォームキューの現場監督の滝川さんと補助の春田さん、設備担当の槻川原さん、そして東京バススタイルの眞柄社長と、カガミ建築計画から担当スタッフの竹田さんと各務です。

黄色いテープが床に張られているのが当初設計案で考えた場合の浴室の範囲となっています。まず最初に相談したのが床レベル(床段差)のことです。眞柄さんからなぜ床レベルが高くなると考えたのかを聞いたところ、排水管を以前の浴室の排水管に繋ぎ込もうと考えていたことが分かりました(写真中央で手前まで伸びている灰色の管です)。その右奥に見えている排水管も、床スラブ下では合流していることがわかっていたので、そちらの方が床からの立ち上がりのエルボ(L字型の接続管)の位置が低いので、そちらに繋いだ方が低くできるのではと提案いたしました。浴室の真下に配管接続口があると却ってグルリと排水管を取り廻さないといけないのですが、少し外れた位置の配管接続の方がスムーズにできるとのこと、ざっと眞柄さんに計算してもらったところ、そちらであれば洗面床と浴室床をフラットにできそうだとのことが分かりました。

浴室サイズと洗面の通路幅のことについても、色々な選択肢を皆で出しながら相談をしました。浴室壁に大判タイルを張る予定なので、そのことでPSからの離れを少し余計目に取っていた部分の再検討や、洗面側の躯体壁との納まりを考えたりした結果、柱の位置がずれていたことが分かった時の速報では、浴室サイズをいじらないと洗面通路幅が775ミリと出ていたものが、829ミリ取れることが分かりました。細かい工夫で54ミリ広がった計算になります。

これからお客さまがお年を取ってゆくことを考えると(実際は誰もがですが…)、やはり洗面通路幅は900程度は欲しいと考えていたので、そのための施策をいくつか考えたのが、上の比較表です。ちょっと判り難いのですが、プランAが細かい工夫も加えた結果、浴室サイズそのままで洗面通路幅が829ミリの案です。プランBは浴室のサイズを少し変形させて、浴槽のヘッドレスト側がクランクする案です。こうすると洗い場の寸法を縮めることができて、通路幅を879ミリ確保できる案です。プランCは浴槽のヘッドレストをなくすことで、浴室を整形にしながらやはり通路幅を879ミリにする案です。そしてプランDは浴槽部分をクランクさせて、かつヘッドレストをなくすことで通路幅を929ミリとする案です。
これらの案を用意して事前にメールでお送りしたうえで、別荘で休暇中のお二人とオンラインでお打合せをさせて頂きました。
打合せ当日、オンラインではまず最初にこちらから(つまりお客さまから)お話をさせて欲しいとのことで、お二人のお話を伺ったところ、別荘の浴室サイズ、浴槽サイズを測ってみたところ、そこまで大きな浴槽や浴室は必要ないので、浴槽をワンサイズ小さすれば、全て解決するのではないでしょうか?とのありがたいご提案でした。当初案では、ジャクソンのネオベンティ1785(浴槽長さ1700ミリ)でしたが、ワンサイズ小さくすると、ネオベンティ1685で浴槽の長手寸法が1600ミリとなり、それだけで100ミリ(つまり10センチ)縮小することができます。そうするときれいな整形の浴室で洗面の通路幅が929ミリとすることができるわけです!
メールを送ったところから、別荘の浴室を実測して、ジャクソンのホームページも研究して、このような明快な解決方法をご提案してくださったこと、本当にありがたく、嬉しいことでした。Sさまご夫妻、どうもありがとうございます!
これにて、解体時の寸法違いの問題はとてもきれいに解決したことになります。

カーテンポールの選び方について

[文京区S邸]

クラシカルなお宅で良く使われるカーテンポールですが、最近はエレガント系のインテリアのご相談のお客さまからも良く話題が上がります。日本ではカーテンポールや装飾カーテンレールと呼ばれますが、英米ではカーテンロッド(Curtain Rod)と呼ばれています。

イメージ写真は、お客さまの好みのAmber Interiorから借用したものです。今回はこれと全く同じものではありませんが、日本で手に入る最高級品質のフランス製のHoules(ウレスと読みます)のカーテンポールから選ぶこととなりました。

ウレスの本国サイトを見ても、仕上げが良くわからなかったり、組み合わせが分からないなどで中々選択が進まなかったので、日本のウルスの代理店のAnonimo Design(アノニモ・デザイン)の黒澤さんに相談したところ、サンプルブックを本国から取り寄せてくれました。

中身はこのようになっており、カーテンポールのシリーズと太さと仕上げが分かるサンプルが詰まっていました!

早速、Sさまの奥さまとの打ち合わせに持って行って確認して頂きました。当初から金属質の黒いポールが良いと仰っていましたが…、

シンプルなデザインのロッドでこのような金属質の鈍い黒のものがあることが分かり、とても喜んでくださいました。

アノニモ・デザインの黒澤さんと嘉納さんに色々と調べて貰うと、シングルポールでカーテンを1枚掛けるだけだとシンプルな支えだけで良いのですが、ダブルポールでレースとドレープの2枚掛けとなると、重量もかなりのものになるので、支えの構成が複雑になることが分かりました。

今回選んでいるシリーズでいうと、このような形で斜め下から支える材は必要になるのです。ただ、各部品の寸法は判りますが、上のサポートと下のサポートの距離などの細かい寸法がこの資料では判りません…。

またまた、黒澤さんにお願いして、購入することを前提として、1セットポールとサポートセットを取り寄せて貰いました!

ポールと組み合わせるとこのようなスタイルになります。

因みに、こちらがカーテンリングとなります。

窓の両端であれば、これはこれで良さそうですが、大きな窓の中央部にこれが来ることになるのは何とも避けたいと考えていたところ、中央には天井から支えるサポートがあることを黒澤さんが教えてくれました。これはSさまの奥さまが事務所に来てくださっての打ち合わせの際に黒澤さんと嘉納さんに来てもらってサンプルをお見せしている様子です。

この日は、Sさまの好みの麻のカーテンのサンプルも、アノニモが扱っているZimmer Rohde(ツィンマーロード)のコレクションから幾つか持ってきてもらいました。

具体的なカーテンを選んでいるうちに、当初は寝室には薄いレースのカーテンと厚手のリネン(麻)のドレープを考えていらっしゃったSさまですが、寝室にはレースとドレープの中間程度の透け感のあるリネン1枚にしてもよさそうだとのお話になり、サポートのこともこれで解決することができそうです。

全ての窓のカーテンポールが1本でよいとなると、サポートもシンプルなもの一つだけで済ませることができます。そしてウルスの優れているところは拡張性があるところなので、やはり寝室には2枚欲しいということになったら、天井サポートを使ってカーテンポールを2本に後日の工事で増やすこともできるのです。

後は仮に選んだリネン生地の縫製です。上記の画像はRoomfortuesdayから借用したものです。日本のカーテン縫製の一般的なものは、2段目の2倍ヒダや3倍ヒダですが、Sさまはそれは好みではないとのことで、3段目のEuro Fan Pleatで進めたいとのことになり、この縫製サンプルを作ってもらうこととなりました。この特殊な縫製は普通のカーテン屋さんではできないとのこと、こう言ったことに詳しいアノニモの黒澤さんに協力してもらって、本当に助かりました!