「渋谷区タワーマンションS邸」のアーカイブ

施主検査&お引渡し@渋谷区タワーマンションリフォームS邸

長らく時間が掛かった渋谷区のタワーマンションリフォームS邸ですが、ようやく工事が終わりお施主さまの検査に立ち会って参りました。

DSC_5095_pt

仕上げ材選定で迷われてしまったところから、途中で施主側のアドバイザーとして参加したこちらのプロジェクトですが、何とかお施主さまが考えていたイメージに近い仕上がりに持ってゆくことができたようで、正直ホッとしております。

DSC_5104_pt

キッチンの前面にある飾り棚の黒檀の突板は、リフォーム会社に何度もサンプルを作って貰って何とかギリギリのタイミングで決めることができたものですが、苦労が多かった分思い出深いものになりました。

DSC_5100_pt

大きなリビングダイニングの壁面も、石張りにするか特殊塗装で仕上げるか、或いは特殊なクロスを探すかで大いに迷いましたが、最終的にはマナトレーディングが扱う輸入壁紙で良いものが見つかりました。

DSC_5084_pt

キッチンの大理石アラベスカートのカウンターから黒檀突板の飾り棚、フェイクレザー柄のクロスと黒檀突板の両引き扉と濃密なデザインが続く空間です。

DSC_5089_pt

両引きの扉の背面が玄関ホールになります。取っ手部分のデザインは、僕らが良く使うものをアレンジして貰っています。右側壁面のウォールナットも無理して探してもらった縮み柄のウォールナット材で、とても良い色味でした。

 

DSC_5088_pt

玄関ホールの壁面仕上げは、高級大理石集成材のサルバトーリです。こちらも、何を使えばよいかお施主さまもリフォーム会社も困っていた時に、上手いタイミングで紹介できたことで何とか実現できたものです。

DSC_5114_pt

来客用トイレは、既存のカウンターや鏡をそのまま使っていますが、特殊ミラーガラスやモザイクタイルを使って、上手くデザインされています。

R0053125_pt

まだ未成工事が残っており、本日の検査で見つかった補修もありますが、明日のお引越しが決まっているので、このままお引渡しになりました。お引渡し直前に当日集まった関係者全員での記念撮影です。左から大手リフォーム会社N社の営業担当のNさん、お施主さまご夫妻、デザイナーのNさんに工事担当のKさんに僕、各務です。色々と難しい枠組みの中でのお仕事でしたが、特にN社側のデザイナーのNさんには本当にお世話になりました…。
一応アドバイザーとしてのお仕事はここまでですが、家具選定についてもアドバイスをして欲しいと追加のご依頼も受けておりますので、またこれからもこちらに伺うことになりました。

 

No tags for this post.

2015年10月16日 | 施主検査&お引渡し@渋谷区タワーマンションリフォームS邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 渋谷区タワーマンションS邸

リノベーション工事現場の施工チェック@渋谷区S邸

渋谷区のタワーマンションリノベーションS邸の工事が進んでいます。お施主さまのSさまご家族は、元々同じマンションの違う階にお住まいでしたので、工事最中も頻繁に顔を出していらっしゃるようです。リフォームアドバイザーとして僕らはお手伝いしているので、設計者としての現場監理はしておりませんが、お施主さまの代理人として現場を見学させて頂きました。

DSC_4976_pt

クリナップ社製の大きな特注キッチンが入り、キッチンにかぶさるようにデザインされた、黒檀の飾り棚と大理石・アラベスカートのカウンターもきれいに撮りついておりました。キッチン背面も大容量の収納となっていますが、実は写真右側は壁で、扉をランダム模様で張ったようなデザインとして貰うことで、どこまでがキッチンかを判らなくさせています。
左側は横長の下がり天井が設けられ、壁はクロコ革模様のクロスが張られています。両引きの扉も黒檀で飾り棚と揃えて貰っています。

DSC_4979_pt

キッチンの側面から見返した写真です。ちょうどガスレンジ上のレンジフードを隠すように下がり天井が伸びていることが判りますね。扉の奥に見えているのは、ご主人さまの書斎になります。

DSC_4983_pt

リビングの下がり天井を反対側に伸ばした突き当りには、奥が透けて見える飾り棚が取りついています。

DSC_5003_pt

こちらが、ダークでシックな空間の玄関ホールです。既存の靴収納の一部を再利用して、正面は扉だけをカラーガラスと姿見用の鏡張りの扉に交換して貰いました。

DSC_4986_pt

玄関入って正面に見えるのが、この縮み柄のウォールナット突板で作った大容量の収納です。左側には、お子様二人の部屋が見えています。

DSC_4991_pt

玄関ホールの反対側の壁には、サルバトーリの積層大理石材を貼って貰っています。

DSC_4987_pt

打って変った雰囲気のこちらは、男の子のお部屋です。小学生低学年の男の子ですが、色々な壁紙が候補に上がりましたが、最終的に選んでくれたのは、こちらの緑の公園の上を熱気球が飛ぶ柄と、奥に見える本棚柄のビニールクロスでした。

DSC_4989_pt

こちらは、女の子のピンク部屋です。ピンクの花に青色の小鳥が飛んでいる柄のクロスで、その他の壁もピンクで纏まっています。玄関やLDKがシックでダークな大人っぽい雰囲気なので、廊下から子供部屋に入ると、別世界が広がっているのかと見間違うかのような明るさになっています。
もうすぐ完成のS邸、照明の位置や仕上げ材の取付精度などを確認させて頂きました。

タグ

2015年09月20日 | リノベーション工事現場の施工チェック@渋谷区S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 渋谷区タワーマンションS邸

ボード張り&照明位置の確定@渋谷S邸

渋谷区のタワーマンション全面リノベーションのS邸の計画ですが、一時中断していた工事が再開されました。

DSC_3722_pt

とにかく大きなLDKの空間です。キッチンや家具が入っていない状態で見ると、小型の体育館のような大きさに感じてしまいます。

DSC_3725_pt

LDKはほぼ全面、TES(東京ガス)の床暖房が敷かれています。写真で、3枚のパネルが少しずれて、下地のベニヤ板に孔が空いている個所がありまますが、これはわざとパネルをずらして、床付コンセントを設置することになっています。事前にソファーをレイアウトする場所を設定して、ソファーの下に床付コンセントがくるように調整しておいたものです。

DSC_3731_pt

玄関ホールからの大きな開口や、キッチンを設置するための袖壁も徐々に組み上がってきています。

DSC_3728_pt

広い天井には、2本の照明器具を収めるボックスが埋められており、左側には下がり天井に間接照明を埋め込むためのアゴも作られています。

DSC_3733_pt

玄関ホールは、正面の収納は既存を再利用する靴収納ボックスで、向かって左側には一列に靴収納とコート用のクローゼット収納が並ぶことになっています。

DSC_3741_pt

玄関扉入って直上は、上がり天井になっており、やはり間接照明を仕込むことになっています。玄関の天井部分には、ボード裏にダクト類やロスナイ(全熱交換機)などが詰まっているので、ダウンライトの位置調整なども大変なようです。

DSC_3734_pt

個室では、造り付けのクローゼット収納が組み立てられていました。
一通り、こちらで現場をチェックした頃に、お施主さまご夫妻が現場に寄ってくださいました。

DSC_3762_pt

当日は、リビングの天井埋め込みのダウンライトの位置を決定する打合せをさせて頂きました。天井に青いテープが張られている個所が、当初図面で設計していたダウンライト位置です。

DSC_3765_pt

玄関ホールでは、天井裏の設備類との関係で、当初の計画通りにダウンライトが設置できなさそうだとのことで、設計施工をお願いしているN社営業のIさんが天井裏を確認してくれている様子です。

DSC_3780_pt

しばらく現場でお打ち合わせをしているうちに外が暗くなってきましたが、却って暗い方が照明の打ち合せには良いだろうと、皆で想像力を働かせながら家具のレイアウトと照明、使い勝手などの話をさせて頂きました。

DSC_3931_pt

こちらは、その数日後の現場の様子です。きれいに天井に埋め込まれていた照明ボックスですが、ボックス裏の熱気を抜くための穴加工がされていなかったとのことで、外されていました。

DSC_3921_pt

こちらが外されていた照明ボックスです。通常は裏板に有孔ボードを使っていたのですが、ボックスの裏面がすぐコンクリートスラブになってしまっているので、横面に熱気抜きの穴をあけなければならいため、そのデザインを現場で検討いたしました。

DSC_3924_pt

床は床暖房パネルの上にフローリングも張られ養生シートが被されていました。再度、照明ボックスを埋め込んで天井を閉じれば、空間の骨格はほぼ仕上がりになります。

DSC_3928_pt

細かい個所では、窓際に設ける予定の飾り棚の設置用の下地が作られていました。

DSC_3939_pt

個室で組らてられていたクローゼット収納も、壁にピタリと埋め込まれていました。個室からリビング前を抜けて、ご主人の書斎スペースを通って主寝室まで繋がる長い廊下も迫力がありました。

R0052531_pt

この日が最終期限だった、主寝室のアクセントクロスもお施主さま立ち会いのもと、無事決定することができました。

 

タグ

2015年08月26日 | ボード張り&照明位置の確定@渋谷S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 渋谷区タワーマンションS邸

LGS下地状態でのリフォーム現場確認事項

リフォームアドバイザーとしてお手伝いしている渋谷区の高層マンションの現場も壁下地のLGS(壁や天井の下地となる軽量鉄骨材)が建ち始めて、空間の骨格が見え始めてきました。

DSC_2827_pt

マンション全体で約180平米の面積があり、写真に写っているオープンキッチンを含めたリビングダイニングだけでも75平米(約46畳)ある空間は骨組み状態でも壮観です。

DSC_2832_pt-2

同じマンション内の違う部屋にお住いのお施主さまと、リフォームを依頼しているN社の方たちとの現地確認打合せ中です。元々理系でエンジニアのお施主さまは、細かいことにまで気が付く方で、残っている壁のLGSと新規壁のLGSが違っている理由や、キッチンのレンジフードのダクト経路が、当初打合せで想定しているルートと変わっていることの説明を聞いていらっしゃいました。
床下地が張られ、LGSにボード類が張られてしまうと、壁の中身や天井裏・床下は、一気にブラックボックスになってしまうので、設計側はこの時点で最終確認しておくことが沢山あるのです。

DSC_2829_pt

玄関では、既存の靴収納の箱は活かして、扉を付け替えることになっています。扉と箱の細かい収まりまでコントロールしないと、出来上がりがきれいにならないので、現場監督さんにフィラー(箱の周囲の穴埋め部材)がどこまで取り外せるかを確認して貰いました。

DSC_3120_pt

先ほどの約2週間後の現場の様子です。床には遮音仕様の置床が敷かれ、石膏ボードも張られ始めていました。

DSC_3116_pt

キッチン部分の配管立ち上がりです。濃茶い色管が排水管で、シンクと食洗機分の2本が来ています。黄緑色の管が給水管です。

DSC_3115_pt

LDから廊下ホール越しに子供部屋を見ているアングルの写真です。インターフォンや照明、床暖房等の配線が壁際に集まっている様子が判ります。この段階でお施主さまとスイッチ、コンセント位置の最終確認をさせて頂きました。

DSC_3122_pt

天井の見上げた様子ですが、水色のテープで細長い長方形が二つ描かれています。実はこちらは、天井埋め込みの照明ボックスの位置を、現場でマークしてくれたものです。ダイニングテーブルと、コンソールのレイアウトを現地で想定しながら、最終的には窓際のダイニング直上のボックスは長めに作ってもらうことになりました。

 

 

タグ

2015年08月07日 | LGS下地状態でのリフォーム現場確認事項 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 渋谷区タワーマンションS邸

黒檀をメインにした仕上げ材の最終決定と解体着工@渋谷区S邸

マンションリフォームのアドバイザーとしてお手伝いしている渋谷区のタワーマンションS邸のでは、幾度も仕上げ材の最終確認を重ねながら、ようやく解体工事に着手することができました。

DSC_2591_pt

パノラマ状に景色が広がる高層マンションのコーナー住戸ならではのダイナミックな空間を早々と体験することができました。

R0051287_pt

ただ、ここまでに本当にしつこいほどの仕上げ材確認と、材種変更になった場合の見積り変動を計算しながら、本当に密度の濃い打ち合わせプロセスを経てきました…。

DSC_2285_pt

僕らだけの打合せであれば、通常4~5か月ほど掛かる仕上げ材とデザインの打ち合せですが、ここまでの色々な経緯があったこともあって、大手N社と2か月で決定する作業をお手伝いする約束でしたので、毎週(時には週に2回)の打合せが続きました。

DSC_2281_pt

その分、ご自宅やショールームでの仕上げ材確認だけでなく、この写真のように現地にサンプル材を持ち寄っての現場確認や、朝や昼の光でのサンプルの艶確認、仕上げ材が一つ変わった場合に全体のバランスがどう変化するか等のきめ細かい打ち合わせをすることができました。

DSC_2278_pt

最後までカギになったのが、この写真の手前に見えている黒檀の突板の種類とその仕上げ艶についてでした。黒檀の突板はとても高価ですが、好きな方たちには大人気の突板で、日本全国の突板屋さんを探してもらっても、中々良い木目や色柄のものが見つからないのが現状です。特に今回は大型建具2本とその枠、キッチンの造作家具と飾り棚と多くの家具と扉に同じ柄の黒檀(エボニー)を使いたいので、その素材探しとサンプル作り、価格調整に時間が掛かってしまいました。

R0051534_pt

解体着工直前ギリギリになって、何とか打ち合わせに届いた二種類の黒檀の塗装見本です。中央と右が黄味掛かった黒檀の7部ツヤと鏡面塗装のサンプルで、左が赤味が強いサンプルの鏡面サンプルです。

R0051528_pt

材料の質感やメンテナンス(お子様が二人いらっしゃるので、汚れることを気になさっていました)の比較から決まっていたフローリング材を大きな面積で張ったものを確認なさりたいとADワールドのショールームを訪問した際に、上記の黒檀のサンプルが届きました。

R0051290_pt

実際には、インテリアのプロではないお客さまは、サンプルを見れば見るほど、何をベースにして仕上げ材を決めてゆけば良いのかに迷われてしまいがちなので、N社との打合せ後に僕らだけが残って、フランクな意見交換をしたりしながら、最後に仕上げ材を最終決定することができました。工事金額のメドも立ったので、解体前に(実際には半年ほど前に景色を確認するために、部分的にボードが剥がされていましたが…)お施主さまのSさまご夫妻とN社のみなさんと記念撮影をいたしました。

DSC_2571_pt

解体工事着工して約1週間でこのようなスケルトン状態になりました。

DSC_2574_pt

もとキッチンがあった個所の天井裏のダクト状況です。同時給排システム(排気した量と同じだけの新鮮な空気が給気されるシステム)のレンジフードの位置を、大きく移設することになるので、ダクトの重なりをどこに持ってきて、どのルートでダクトを通すかを検討してゆく必要がありそうです。

DSC_2575_pt

床スラブが一段下がっている位置に集まってきている給水と給湯の配管です。

DSC_2589_pt

同じマンションの違う階に現在居住中のお施主さまご夫妻に立ち会って頂き、玄関回りの取り合いを確認している様子です。

DSC_2586_pt

床に張られた青色のテープが、リフォーム後に立つ壁の位置で、それらと設備の絡みを見ながら細かい施工方法を確認してゆきました。

DSC_2600_pt

脚立に登って、床スラブを見下ろした様子です。まだリフォーム後の家具レイアウトをどうするか迷っている状態なので、ここから壁下地が立ち上がってくるまでの間にレイアウトを仮決定して、ダウンライト照明や床付コンセントの位置を決定してゆく必要があります。
一応、僕らのアドバイス業務としては工事着工時までの仕上げ材とプラン作成助言でしたので、もう業務は終了したことになるのですが、やはりここまでお手伝いしてくると、現場も見たいですし、仕上げがどうなるかまで見届けたい気持ちの方が強いので、このブログに工事状況を掲載させて頂く代わりに、ここからは費用なしで現場を見学させて頂くことになりました。

 

 

 

タグ

2015年07月27日 | 黒檀をメインにした仕上げ材の最終決定と解体着工@渋谷区S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 渋谷区タワーマンションS邸

内装仕上げ材確定のための打合せ5連チャン

大手リフォーム会社N社と設計施工契約を結んでいたSさまが、渋谷区のタワーマンションリフォームの設計途中で僕らにアドバイスを依頼してきた最も大きな理由が、仕上げ材の決定ができなかったことでした。ぼくらが手伝い始める前までの経緯を聞いていると、「最初にまだ仕上がりの希望もほとんどない状態で示されたイメージが先行してしまい、それを目標にデザイナーが提示してくる仕上げ材を確信なく選んでいるうちに、全体のテイストが決まってしまった」ことが原因だったようです。

DSC_1416

仕上げ材の決定に加え、その途中での追加見積りの提示方法にもお互いの意見の相違があったことで、こんがらがってしまっているようでした。N社側の意見は、同じリフォームのプロとしてわかる部分も多いので、なぜ彼らがそのような方法でデザインを進めてきたのかを事前に説明しながら、改め伺ったSさまのご意見をN社側に伝える通訳的な役割をしながら打合せを進めてゆきました。

DSC_1420

僕らはよくリフォーム設計者が進めるように、「まず床の素材を決めましょう。それから順番に壁、建具と造作家具、そして照明を」という進め方は普段からほとんどしていません。全体の素材候補を見て頂きながら、色々なイメージ写真を見比べて貰って、それらのデザイン的な傾向を分析し、そのイメージに似た空間を作るのであれば、こういった素材を組み合わせると良いのではという方法を使っています。写真は白とグレーとライトブラウンを基調にして、アクセントとなるレザー調や強い木目の素材を組み合わせたイメージを見て貰っている様子です。

R0050488

少しずつ、部分部分で素材を決めてゆくのではなく、何度も同じレベルで素材の組み合わせを見て貰い、お施主さまの素材や仕上がりに対する感覚が熟成されてゆくのを一緒に横でお話ししながら待っているような感覚です。その途中でも、お施主さまが好きそうな素材があれば、改めて提示して、それらがそれまでのどのテイストに合いそうかのお話もしてゆきます。

R0050490

なるべく僕らがこれまで設計してきた空間の施工写真をお見せしながら、その時の素材の組み合わせに新しい素材を入れ込んだ様子を想像して貰うようにしています。

R0050477

天然素材の突板や模様が入った大理石などについては、過去のサンプルをお見せしても、同じものが手に入る可能性はほとんどないので、なるべくその時点で手に入るベストと思われる素材サンプルをお見せするようにしています。こちらでは、ウォールナットの縮み柄模様が付いた突板と黒檀の突板ロールのサンプルをN社側で用意してくれたものを確認させて貰いました。黒檀については、実際に使うツヤで塗装して貰わないと実感がわかないので塗装サンプルを作ってもらうことになりました。縮み柄のウォールナットはお施主さまの僕らも気に入ったので、ほぼ採用が決定いたしました。

R0050113

N社のショールームで、N社の担当スタッフの前だけでの打合せだと、お施主さまの本心が伺えないこともあるので、数回に1回は僕らだけでお施主さまのご自宅に伺って、そこまでのプロセスが良いか、問題点があるとすればどんなところか、僕らの施工事例を見て頂きながら、現時点で選んでいる素材を組み合わせた場合、どの事例に近いようなイメージになりそうかなどをお話させて貰っています。

R0050697

N社側でも仕上げ素材を設計に落とし込んだCGパースを作ってくれています。パースを見ながら、違った素材を使った場合のイメージや、家具と照明などについても打ち合わせを重ねてゆきます。

R0050703

改めて仕上がった来た黒檀の塗装サンプルと白系の大理石、それにフローリングや輸入壁紙などを重ねて素材同志のマッチングを確かめてゆきます。

DSC_1797

暗くなってからのN社ショールームでの打ち合わせだけだと、素材を日中に見た時のイメージが掴めないので、現地に各種素材を持ち寄って確認してゆきます。

R0050503

決まったと思っていた素材が思わぬ影響で変わったり、暗い中で見ていた時には魅力を感じなかった素材が、明るい現場に置いてみたら、思わぬ魅力が発揮されて検討に上がってくることもあるのが不思議なところです。

DSC_1802

メインとなるリビングダイニング、キッチンや玄関ホールだけでなく、トイレや洗面、廊下などのサブの空間についても、実際にその場に素材を持ち込んで確認してゆきました。こちらの写真は、うちのスタッフの竹田さんがSさまのご長男と子ども部屋のイメージをお話している様子です。Sさまは、N社が子どもをうまく巻き込んでくれていないこともにも軽い不満を持っていらっしゃったので、僕らは(いつもと同じですが)子どももなるべく一緒に打ち合わせに参加して貰い、特に子どもの部屋の仕上がりイメージをきちんとヒアリングしてゆくようにいたしました。
ここまでである程度の仕上げ材や照明計画が決まってきたので、契約着工前に見積りの増減を纏めて貰うことになりました。

No tags for this post.

2015年06月01日 | 内装仕上げ材確定のための打合せ5連チャン はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 渋谷区タワーマンションS邸