「高級高齢者向けサービスアパートメントS邸」のアーカイブ

「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」発売!

僕らのこれまでのマンションリフォーム&リノベーションの実績を纏めた書籍「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」(エクスナレッジ社)が8月3日から発売になっております。

表紙

全頁カラー印刷で、とにかく写真が豊富なリノベーション事例集となっています。
因みに、表紙は千代田区一番町Y邸のリビングの写真です。

リビングダイニング-7

大きな写真(ほぼ全て自分で撮影した写真ばかりです)に簡単な説明文、そしてリノベーションのポイントなっている図面(平面やディテール)、そして写真に写っている仕上げ材や家具、備品等のリストまで掲載しておりますので、リフォーム・改築だけでなく、インテリアの本としても、参考にできるのではと思っております。こちらは六本木N邸のリビングです。

リビングダイニング-12

ブログでは掲載しておりますが、カガミ・デザインリフォームのHPにはまだ未掲載のプロジェクトも、こちらの本では惜しみなく紹介しております。こちらは中央区のサービス付き高齢者向けアパートメントS邸のリビング事例です。

キッチン-6

リビング・ダイニング、キッチン、玄関、廊下、寝室、その他諸室と項目分けして、それぞれに特徴のある事例を掲載するスタイルの本となっています。キッチンでは、この写真の南麻布K邸のような、超大型キッチンから、よりコンパクトなキッチンまで幅広く紹介しております。

水廻り-12

トイレでもバリエーションある事例をなるべく多く掲載するようにしております。

建具

全てが事例紹介の写真だけでは、退屈になるので、建具や家具、照明計画等のコラムやビフォー&アフターを比較できるページも設けています。

-Before&After-4

読者対象として、高級マンションのリフォーム&リノベーションを検討していらっしゃる方、ハイエンド・インテリアに興味がある方、これから高級リフォームに取り組みたいと考えている若手建築家、家具やファブリック類の実例を色々と見てみたいインテリア・コーディネーターの方々などと想定して、僕らのこれまでの取り組みを紹介する本となっています。
一般本屋でもインターネットでも、税込2,592円で絶賛発売中ですので、是非本屋で手に取ってみてください!出版に関連して、セミナーやサイン会(誰がサインを欲しいのか疑問ですが…)の企画も考えておりますので、その節には是非ご参加頂ければ幸いです。

 

 

 

タグ

お客様とプロジェクトに恵まれた実り多き一年でした

今年は、本当にお客様とプロジェクトに恵まれた、素晴らしい一年となりました。このブログを見返しながら、今年一年を振り返ってみました。

DSC_0324_pt

2014年の最初に完成お引き渡しをしたのが、この南平台N邸です。クール&スタイリッシュを目指したこちらのお宅は、メディアでの注目度も高かったようで、お陰様で来年には雑誌「モダンリビング」に掲載されることになりました。

140624mejiroY-01

こちらは設計図から工事監理までを行う通常の設計監理とは違った、デザインアドバイスの方法でマンションリフォームのお手伝いをさせて頂いた目白Y邸です。以前にご購入予定のマンションの時からご相談を頂いていたY様は、築浅のこちらのマンションをご購入した際にもお声掛けくださいました。この「デザインアドバイス」は急ぎのスケジュールにも対応可能で、コスト的にも設計料が大幅にお安くできことも好評なようで、最近問い合わせが増えております。

140909minamiaoyamaY_bihin-11

南青山Y邸のお施主さまも、以前は別のマンションのご購入権当時からご相談があったお客さまでした。築浅のマンションでしたが、インテリアも含めてリフォーム&コーディネートでお手伝いさせて頂きました。

singapore5-7

シンガポールへの5泊6日の弾丸出張プロジェクト、シンガポールM邸も考えてみれば今年のプロジェクトでした。短期間で260平米のマンション(それも現地に行くまで間取りも判っていなかった…)のインテリアコーディネートをお手伝いさせて頂いた経験は、この後になっても大いに役立っております。

DSC_7917_pt

まだ家具が入ったきちんとした写真が撮れておりませんが、広尾N邸もとても思い出深いプロジェクトです。消費税UPやその後の職人不足、マンションの水漏れや全体改修との絡み、香港からの建具やインテリア素材の輸入など、難しい問題山積みでしたが、何事にも前向きなNさまご夫妻のご協力と香港まで出張してくれたスタッフの竹田さんのお陰で、無事竣工お引き渡しを喜んで頂けました!

DSC_8445_pt

デザインアドバイスでお手伝いした三田綱町パークマンションU邸です。個人的な感傷ですが、今は亡き祖父と祖母が暮らしていたマンションで、ほぼ同じ向きと間取りのお宅のリフォームをお手伝いできたことは、とても感慨深かったです…。

seirokaS

こちらの 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸はまだ、竣工写真をブログにもUPできておりませんが、管理会社との難しい工事条件調整や、防災・スプリンクラー対応、そして騒音や臭いの厳しい規制のなかでのリフォームでしたが、施工をお願いした高島屋スペースクリエイツの誠実あ対応と建築工事の、造作家具の現代製作所の頑張り、そしてスタッフの前田君の粘りで、無事完成することができました。

minamiazabuStei

リビングダイニングとキッチンだけで100平米超えの南麻布S邸は写真のインパクトが大きいプロジェクトでした。こちらはいつも施工でお世話になっているリフォームキューさんからのご紹介のお施主さまでした。ちょうど奥様がご妊娠中の設計で、工事最中に元気な男の子が生まれて、竣工時には赤ちゃんを連れてきてもらったという、S様ご家族にとって記念のプロジェクトでした。

FILE0028_pt

虎ノ門ヒルズレジデンスM邸は、工事をすることになったことをブログで報告したところ、沢山の不動産関係者(すべて知り合いですが…)から連絡を頂きました。日本で最高級の坪単価、そして竣工したばかりの超高級マンションを、どのようなお施主さまがどのような経緯でリフォームすることになったのかが話題になったリフォームです。すでにお施主さまにお部屋のカギはご返却させて頂きましたが、カギを持って虎ノ門ヒルズに行く際はなぜかウキウキした気分になっていました。

Exif_JPEG_PICTURE

年末ギリギリに竣工お引き渡しをした白金台Y邸です。築29年の高級ヴィンテージマンションですが、建設当時から親の知り合いが住んでいたことで、建築を勉強し始めた大学生の頃に見学させてもらった思い出深いマンションでした。不思議な縁でお手伝いさせて頂き、とても嬉しいプロジェクトでした!
これまでは年に3~5件程度のペースでしたが、昨年から問い合わせ数も急増しており、デザインアドバイスなどの手法も取り入れたこと、また竹田さんや前田君のスタッフの陣容も整ってきたことなどで、以前より多くのプロジェクトに取り組むことができるようになってきました。来年は、工事がすでに始まっている六本木N邸、設計の最終段階に入っている南麻布K邸などの超ビックプロジェクト、そしてブログでもまだ紹介していないプロジェクトも幾つかあります。
まずは年内、そして年明け4日まで休ませ頂きますが、どうぞ来年以降も宜しくお願いいたします!

 

タグ

2014年12月29日 | お客様とプロジェクトに恵まれた実り多き一年でした はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 三田綱町パークマンションU邸 南平台N邸 南青山Y邸 南麻布S邸 広尾N邸 白金台Y邸 虎ノ門ヒルズM邸 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

家具・カーテン・家電類搬入設置そしてインテリア完成

先日リフォーム工事が完成しお引渡しをしたサービス付き高齢者向けアパートメントS邸にご依頼されていた家具やカーテン、家電類の搬入設置でこまめに伺っております。

R0043542

まずはじめに、リフォーム工事開始とほぼ同じタイミングで発注を掛けていた大物家具の組み立て搬入です。こちらはリビングに置くソファー、デンマークのアイラーセン(取扱いアクタス)のストリームラインという名前のソファです。80代中盤のお施主さまご夫妻は、これまでは柔らかめのソファーを好んでいらっしゃたそうですが、一度座り込むと立ち上がるのが億劫になってきたとのことで、座面が比較的高くて、クッションも少し硬めのソファーをとのことで一緒に選ばせて頂いたものです。

R0043548

ダイニングのテーブルはカッシーナでイスはアルフレックスです。見た目は軽そうなダイニングテーブルですが、実は下部に組み込まれた円環が鉄でできており、重しととして働くので、手をついて立ち上がっても大丈夫とのことで、こちらを選ばせて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

二つの寝室には、いざという時の為に、介護用にも使える可動式ベッドを組み立てて貰いました。以前、京橋にあるパラマウントベッドのショールームにお施主さまと一緒に伺って、選んだベッドです。

Exif_JPEG_PICTURE

次のタイミングでは入ってもらったのが、窓ガラスのフィルム張り工事です。この部屋は西日が結構きついので、暑さと紫外線対策で、断熱フィルムのシーグフィルムを全ての窓に張ってもらいました。

Exif_JPEG_PICTURE

透明度が高く、断熱性能もきちんとしており、ガラスが割れたときの飛散防止や紫外線カット機能もついた優れもので、いつも愛用しているフィルムです。

Exif_JPEG_PICTURE

こちらはフィルム張り職人さんが使っている霧吹きやヘラ、カッター等の7つ道具です。

R0043553_pt

家具の補修や追加工事で、合間にも幾度か職人さんたちに入って調整してもらっています。

DSC_6200_pt

フィルムの次がカーテンです。今回は、二つの寝室はレースとカーテンのダブル、リビングはハンターダグラスのシルエットシェード、ダイニングはレースのみの仕様としています。取り付けはいつもお世話になっているバウハウスさんです。

R0045077_pt

シルエットシェードも白と茶色の二色を使い分けております。

R0045115_pt

家具が一通り組み上がって、カーテンとシェードが付いたLDKの様子です。まだアート・調度品やクッションやラグなどのファブリック類も足りず、多少寂しい状態ですが、空間の落ち着き具合が徐々に見えてきました。

Exif_JPEG_PICTURE

合間を縫って、お施主さまと一緒に選んだ家電・調理機器も運んでおります。上はご主人様ご愛用のネスプレッソ、下は家電用引出内に収まることを事前に確認していた炊飯器とトースターです。

Exif_JPEG_PICTURE

寝室の引出には、金庫も組み込んでもらいました。

Exif_JPEG_PICTURE

しばらく時間を置いて、現代製作所さんに制作を依頼していた特注家具ができたので、搬入設置してもらいました。こちらは、テレビ下に置く、ブルーレイ等のAV機器設置用の収納棚です。

Exif_JPEG_PICTURE

もう一つが、ダイニング横に置く、ファイル類や小物などをしまうサイドボードです。全ツヤで仕上げて貰った扉も非常にうまくできていました。

R0048617_pt

早速事前に用意していた配線類をスタッフの前田君に接続してもらいました。

DSC_0097_pt

お施主さまがアメリカからオーダーしていたラグやクッションも届き、部屋全体の彩りが加わってきました。因みにダイニングのラグはコザック・ジジムと呼ばれている物で、中東の平織のキリムの一種だそうです。華やかなクッションはシルクカバーです。

R0048618_pt

前田君がお施主さまのご主人にテレビの使い方をご説明している様子です。同時に奥では、こちらのアパートの管理者が奥さまと部屋警報等の使い方の再確認をしてくれていました。

DSC_0127_pt

イサムノグチのアカリ照明、アルテミデの読書灯、ポルトローナフラウのセンターテーブルも揃って、ほぼ完成形になったリビングでお寛ぎ中のSさまご夫妻です。
ここまで、長い道のりでしたが、何とかご満足いただけるレベルまで仕上げることができました。関わってくださったリフォーム工事関係者の皆様、家具屋さん、工事中にお世話になった建物関係者の方々、スタッフの前田君、どうもお疲れさまでした。そしてこのような貴重な機会を与えてくださったSさまご夫妻、どうもありがとうございました!

 

タグ

2014年10月07日 | 家具・カーテン・家電類搬入設置そしてインテリア完成 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

設計検査&竣工お引渡し

長らく工事が続いていた高級サービス付き高齢者向けアパートメント(通称:サ高住)のリフォームプロジェクトS邸の設計検査を行いました。

DSC_5217_pt

施工をお願いした高島屋スペースクリエイツ、下請けの建築工事の、同じく下請けの造作家具工事の現代製作所に立ち会ってもらっての検査です。

Exif_JPEG_PICTURE

設計側からは、担当の前田君に加え、スタッフの竹田さんや岸本さんにも手伝ってもらいました。造作キッチンの調味料収納の棚引出がブレがちだったので動作を確認してもらっている様子です。

Exif_JPEG_PICTURE

開くと造作収納とフラットに収まる難しい建具の動作確認も怠りません。以前高島屋SCさんの施工側の検査に立ち会った際に、特に動作部分の慎重なチェックの様子に感銘を受けてから、同じように可動部分は一通り動かしてチェックするようにしています。

Exif_JPEG_PICTURE

全てをチェックした後で、施工側に立ち会ってもらって、チェック項目を確認してゆきます。お引渡しまで、あまり時間がないので、どのくらいのスケジュールで是正工事ができるかを調整してもらいます。

DSC_5213_pt

こちらはオマケです。こちらの建物は工事時の塗装や接着剤などの臭気に対してとても厳しいルールがありましたので、浴槽塗装時に現場に入れて貰った脱臭装置です。こちらの装置は、印刷工場・病院等産業用脱臭装置だそうで、千葉の会社が持っていたものを、現場監督の山崎さんがわざわざ千葉まで出かけて、デモンストレーション行って貰い、その性能を確認したうえで、特別にリースしてもらったものだそうです。
なお、工事する際には、職人さんには装置と一緒に浴室内に閉じこもってもらい、外から厳重な目張りをしたうえで作業してもらいいました。

Exif_JPEG_PICTURE

その様な大変な作業を重ねて完成したのが、こちらの浴室リフォームです。真っ新に生まれ変わった浴槽が輝いて見えました。

Exif_JPEG_PICTURE

検査を終えたところで、ここまでの総括をしている様子です。現場関係者ほぼ全員が集まる最後の機会だったので、設計側からの感謝の意を伝えさせて頂きました。

その後10日間で是正&補修、未成工事の施工を終えてお施主さまに立ち会って頂いての竣工お引渡しの様子です。

Exif_JPEG_PICTURE

お施主さまご夫妻に加え、お施主さまのFP(ファイナンシャル・プランナー)の方も立ち会ってのお引渡しとなりました。早速に、難工事だった浴槽の再塗装を確認してもらいました。

Exif_JPEG_PICTURE

一通りの機器の取扱いやメンテナンス方法をお伝えした後、竣工お引渡し書類にサインして頂いている様子です。

Exif_JPEG_PICTURE

背面壁に壁掛けテレビはついていますが、まだ家具も入っていない状態なので、自分たちが暮らしてゆくイメージが湧かないとのことでしたが、すっきりとご自分たちの好きなイメージに出来上がった空間については大満足だとの言葉を頂くことができました。
来週からは、家具や家電等の搬入が始まるので、まだ油断することができませんが、とにかくここまで無事進んで、ホッとしております。

 

タグ

2014年07月08日 | 設計検査&竣工お引渡し はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

家具と建具と一体で作った造作キッチン

高齢者向けサービスアパートメントS邸の造作キッチンが出来上がって参りました。

140707seiroka_genba-01

ちょうど正面のカラーガラスがある箇所が調理カウンターで、向かって右側にはビルトインのオーブン・電子レンジや炊飯器引き出しがあり、左側には冷蔵庫の収納があります。

140707seiroka_genba-02

人工大理石で作ったカウンターにはIHヒーター用の孔とシンク用の穴があけられています。手前の白い箱状の所に電子レンジが入ります。

140707seiroka_genba-03

いつもはキッチン部分はオーダーキッチン屋さんに頼んで、造り付けの家具は造作家具屋さんにお願いするのですが、今回はキッチンの延長に食器収納があり、更には廊下からLDへの建具とも一体としているので、全てを造作家具屋さんにお願いしました。

140707seiroka_genba-04

造作キッチンの人大(ジンダイ・人工大理石の略)とオーク白拭き取り仕上げの扉材、カラーガラスやビルトイン機器とが絡んだ部分のディテールです。カラーガラスと家具の見切りにステンレスの無垢材を入れて貰うことで、全体にシャープな納まりとなっています。

140707seiroka_genba-05

廊下とダイニングを仕切る大型の引き戸です。引き込んだ時には造作家具と一体となり、閉じた時には取手上のガラス部分が玄関側の明り取りになる仕掛けとなっています。奥にはその他の3枚の引き込み扉が設置されています。

140707seiroka_genba-09

引戸の取手部分詳細です。

140707seiroka_genba-06

玄関側の収納家具と一体化したトイレへの扉、その奥には大きなカウンター式のベンチが見えています。

140707seiroka_genba-10

右手ベンチ中央の手すり棒を境に手前側は固定、奥側は取外し式となっています。これは、このサービス付きアパートメントの既存玄関寸法が、車いすを玄関タタキ部分で回転できるように作られていたので、それに倣っての工夫です。ベンチを撤去すると、回転に必用な1500ミリの円を描いた寸法が確保されます。
また、玄関タタキ部分の石張りもきれいに仕上がっていました。

140707seiroka_genba-07

主寝室の腰板が張られていました。右上は、ダイニングと気配を通じさせるための明り取り、左側には三角形の袖壁が作られています。コンパクトながら、使い勝手が良さそうな寝室になっています。

140707seiroka_genba-08

浴槽に新たに張ったパネルの目地コーキングを詰める準備が進んでいました。ただ、先回の打ち合わせで浴槽を塗装することが決まっていたので、浴槽とパネルとの取り合いの目地は、やり直すことになってしまうので、二度手間を省くために、現場監督の山崎さんにコーキング作業は後回しして貰うようにお願いしておきました。

タグ

2014年06月17日 | 家具と建具と一体で作った造作キッチン はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

お施主さまのリフォーム現場確認

高齢者向け高級サービス付き賃貸マンション・MレジデンスのS邸のリフォーム工事現場も造作家具がほぼ入り、空間の全体像が見えてきた段階なので、お施主さまのSさまご夫妻をご案内致しました。

140627serioka_seshu-01

まだキッチンの収納部分の扉が完成していない段階でしたが、空間の広がり、仕上げ材料の色味等、全体に気に入って頂けたようです。

140627serioka_seshu-02

リフォーム工事をお願いしている高島屋SCの担当者の横塚さんが現場を案内してくれました。

140627serioka_seshu-03

主寝室から開口部を経て、LDを抜けてサブの寝室へと視線が抜ける道筋です。これなら夫婦別室でも、目線も声も届きそうだと安心して頂けました。

140627serioka_seshu-04

主寝室のクローゼット収納と書見用の造作テーブルもほぼ完成しております。

140627serioka_seshu-05

サブの寝室の引き込み扉の詳細です。特注で作った取手とガラス開口を一体化させたデザインです。使い勝手も良さそうでした。

140627serioka_seshu-06

玄関脇の姿見扉付きの靴収納もきちんと納まっていました。右手の横棒が見えますが、これはゲストが来た時にコートを掛けるための臨時のコート掛けです。

140627serioka_seshu-07

主寝室に隣接した洗面・トイレと浴室です。広さは以前よりコンパクトになってしまいましたが、収納なども工夫しているので、使い勝手は良さそうだと言って頂きました。

140627serioka_seshu-08

パネル貼りでお化粧直しをした浴室もほぼ完成しておりました。壁の色を変えると、浴槽の色がマッチしていないように見えることが分かったので、急遽浴槽塗装を実施することになりました。

140627serioka_seshu-10

 

お施主さまがいらっしゃるとのことで、高島屋SC側が工事に関連した人たちを呼んでくださっていたので、お施主さまもご一緒に皆で記念撮影させて頂きました。お施主さまのSさまご夫妻と高島屋SCの田村さん、横塚さん、山碕さん、青の片岡さん、樋口さん、八木さん、現代製作所の上林さんと吉岡さん、カガミ建築計画の私各務と前田君です。
まだ、工事が終わったわけではないのですが、このような記念写真を撮ると、ひと段落ついてしまった気がしてしまいます…。

タグ

2014年06月10日 | お施主さまのリフォーム現場確認 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸