「高輪M邸」のアーカイブ

日米の超高級リノベーション設計事例セミナー@LWLワークショップ

セミナー続きですが、こちらはこれまでのリフォーム&リノベーションの技術的なものとは一味違った、日米の富裕層のリノベーションの実態に迫ることを目的としたセミナーでお話しをさせて頂きました。

LWLセミナーpポーゲンポール広尾ショールーム

主催はLWL(リビング・ウェルネス・イン・ラグジュアリー)という高級建材・設備を扱う会社が集まったグループです。ドイツ製高級輸入キッチンのポーゲンポール社、イタリア製輸入フィットネスマシンメーカーのテクノジム社、デザイン性の高い暖炉専門のヴェッキオ・エ・ヌオーヴォ社、デンマークのハイエンド・オーディオブランドのバング&オルフセン社、最高級テキスタイル・ラグ・壁紙のマナ・トレーディング社など、僕らにとっても憧れのブランドが集まったスター軍団のようなグループです。彼らが中心となって、自宅での生活を、いかに快適でラグジュアリーに過ごすかという、まさにこれからの時代が求める新しい生活コンセプトを考えているそうです。

日米富裕層リノベーションセミナー@広尾ポーゲンポール

会場は以前のブログでご紹介した、広尾にあるポーゲンポール キッチンデザインセンター東京で、超高級キッチンに囲まれたショールームの不思議な高揚感が漂う空間内で、大手不動産会社や大手リフォーム会社やリノベーション会社、約70名の方々にお話をさせて頂きました。

東京&ニューヨーク超高級リノベーション実例紹介

日本での高級リフォームは僕らの事務所が設計させて頂いたものですが、ニューヨークの実例は、ここ2年連続して研修で出掛けて元の事務所や色々な筋を辿って見学させてもらった超高級リリノベーションの貴重な実例写真です。

セミナー後のパーティー@広尾ポーゲンポールSR

セミナーの後は、ワインとフィンガーフードを食べながらの懇親会でした。今回は基本的にはクローズドで、LWL側が考えてくれた企業やエンドユーザーの方々が中心でしたので、非常にリノベーションへの意識も高い方々が多く、セミナー後も沢山の人にお声掛けして頂き、とても楽しく、刺激的な時間を過ごすことができました。

セミナーの告知

因みにセミナーのタイトルは「-日米の設計事例から読み解く- 超高級リノベーションのデザインとライフスタイル」で、その説明としては、「市場が拡大の一途をたどるリフォーム・リノベーション。特に、工事費が数千万円以上にも達する高額市場では、建築・インテリアについて高度な設計ノウハウだけではなく、富裕層のライフスタイルに対する理解が必要とされます。今回のセミナーでは、超高級リノベーションのメッカであるニューヨークで修業を積み、日本でも数多くの設計を手掛けているカガミ建築計画の各務謙司氏が、具体的な設計事例を読み解きながら、その難しさと面白さを明らかにしていきます」となっています。こうやって読んでみると面映ゆいものですが、それなりに内容の濃いお話ができたと思っています。

LWLのメンバーと各務謙司

こちらはパーティーも終わった所で、主催者側のポーゲンポール社の川島社長、テクノジムの渡我部部長、ヴェッキオ・エ・ヌオーボ・ジャポーネの佐々木社長、マナトレーディングの山本部長とお話をさせて頂いているシーンです。貴重な機会を作ってくださったLWLの メンバー企業の方々、そしてお忙しいなかセミナーの聴講に来てくださったお客様方、どうもありがとうございました。

タグ

2012年11月20日 | 日米の超高級リノベーション設計事例セミナー@LWLワークショップ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 六本木T邸 学校・セミナー 杉並区S邸 白金台S邸 高輪M邸

無垢素材で作られた本格リフォーム 高輪M邸-11

昨年末に完成・引渡しを行なったハイグレードマンションリフォームの半年点検及び補修工事で高輪M邸に伺って参りました。このマンションの持ち主であるお施主様は一年の大半を外国にお住まいなので、半年点検と言っても既に約8ヶ月が経っております。このリフォームでは無垢の素材をフンダンに使ったので、それらの歪みを確認し、設備機器類が正常に働いているかのチェックも同時に行ってまいりました。

無垢素材の本格リフォーム

最後にお宅に伺ったのが三月だったので、内部を拝見するのが約半年振りでしたが、やはり本物の素材をふんだんに使った空間は、本物の空間だけが持つ格をたたえてていました。通常、建築やリフォームは竣工時が一番良くて、それから段々と痛んでゆくことが多いのですが(張り物の素材は特にこの傾向が大きいのです)、こちらの無垢ローズウッドのフローリングはお施主様が’ご自身でワックス掛け”をしてくださった事で、更なる深みを持ちはじめていました。無垢ウォールナットの建具も良い色合いへと馴染んできていました。時間を経るほどに、馴染んで雰囲気が良くなって行く空間リフォームは、本物の素材とその使い方をよく考える事だと、再認識することができました。

マンションリフォームの半年点検

検査の結果、幾つかの建具に歪みが見付かったので、早速框(かまち)の歪みを直したり、取付のヒンジを調整いたしました。実は今回の工事だけでは補修が済んでいないので、また9月にお施主様がご帰国なさった時に、再度伺うこととなりました。また、その時の工事は、ご面倒をお掛けしますが、どうぞ宜しくお願い致します。
全体の様子は高層マンションリフォームからご覧ください。

タグ

2007年08月28日 | 無垢素材で作られた本格リフォーム 高輪M邸-11 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 高輪M邸

廊下の役割とディテール 高輪M邸-10

高輪M邸の廊下を紹介いたします。写真を見ていただくと、高級マンションの共用廊下のように見えますが、実はこれが個人邸の内部廊下なのです。マンションも150平米を超える広さになると、間取り的に廊下のあり方が変わってくるようです。
一般にマンションでは、廊下は最も無駄な空間とされています。廊下の分の面積をなるべく少なくコンパクトにして、その分リビングやダイニング、居室を広くするのがマンション・プランナーの腕と考えられています。

廊下の役割

しかし実際は廊下は決して無駄な空間ではありません。プライベートとパブリックを分離する役割を持ち、間取りに奥行き感をもたらすものなのです。特にこの高輪M邸のように、各部屋が違った雰囲気を持ったマンションの場合、廊下の存在がそれぞれを纏め上げているといえるのです。因みに、判りにくいですが、この廊下には防火扉がありますが、扉にも廊下と同じ仕上げをしているので、ほとんど目立たないようになっています。

廊下のディテール

この写真は廊下、玄関に共通で使用しているウォールナット腰壁、建具枠の装飾ディテール(詳細)です。無垢材と突き板を凝ったモールディングで纏め上げています。コンセントも堀金物の金属製プレートを採用し、違和感がないようにしています。廊下の巾が110センチもあるので、このような重厚感のある詳細が生きて来るのでしょう。
全体の様子は高層マンションリフォームからご覧ください。

タグ

2007年05月15日 | 廊下の役割とディテール 高輪M邸-10 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 高輪M邸

赤い塗装色と塗装用クロス 高輪M邸-9

今回のマンションリフォームでは、各部屋毎に特別な性格(キャラクター)を持たせています。そしてこの書斎の特徴は、壁仕上げの赤色となりました。といってもただの赤色ではありません。英国製塗料「Farrow & Ball(フォロー・アンド・ボール)」のピクチャー・ギャラリー・レッドという色を使っています。

赤い書斎

塗料の色番の名前からも判ると思いますが、実はこの赤はクラシカルなギャラリーや美術館で使われる色なのです。照明によって赤にも赤茶にも見え、床のローズウッドのヘリンボーン張りフローリングやチーク製の家具とも良くあっています。そして不思議なのですが、とても落ち着く色なのです。

塗装用クロス

また、この印象的な赤色がベタッと見えないように、塗る前に壁下地用クロスを張っています。日本では、ルナファーザー社の製品が有名ですが、パターンが画一的なので、今回はイギリスのAnaglypta(アナグリプタ社)のStarling RD5002という壁紙を採用しました。写真のような特殊なパターンの凹凸が、微妙な陰影を生んでくれるのです。

書斎の特注オーダーDVDラック

この書斎は所謂普通の書斎ではなく、絵画のギャラリーでもあり、お施主様が趣味でコレクションしているDVDの書庫にもなっています。写真の造作家具は’特注オーダー品で、ウォールナット突板仕上げのDVDラックとなっています。内部に間接照明を入れ込んでいるので、DVDのタイトルが格子戸の外からでも確認できるようになっています。
全体の様子は高層マンションリフォームからご覧ください。

タグ

2007年05月10日 | 赤い塗装色と塗装用クロス 高輪M邸-9 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 高輪M邸

木製リブ天井とパネル壁のダイニング 高輪M邸-8

高層ハイグレードマンション・リフォームのダイニングルームを紹介いたします。リビングとダイニングを合わせて35畳以上の広さがある大きな空間ですが、真四角ではなくL字型に変形した空間となっています。リフォーム前は置いてある家具のレイアウトだけでリビングとダイニングの機能を分けていましたが、今回のリフォームではそれぞれの機能に即して空間の質を変える事で、両者を分けたいと考えました。

 木製リブ天井のダイニングリフォーム

そこでデザインしたのが、写真のダイニングの天井です。落ち着いた雰囲気で食事が楽しめるように、天井にリブ状の木製飾り梁を加えたのです。天井の質感と色味が変わる事で空間の重心が下がり、またリズムある梁で空間の方向性が
生じているのが判るでしょうか?同時に空間の照明方法もリビングとは変えています。全体を照らすダウンライトが木製梁で隠れる事によって、ダイニングテーブル直上の大きなシャンデリアが目立つようになっているのです。

ダイニングの装飾木パネル

もう1つのデザイン的工夫がダイニング東側の木製パネル壁です。中央にはキュリオ(飾り棚)がスッポリと嵌るニッチ(壁の凹み)があり、その正面にシャンデリアが来るように割り付けました。この重厚感があるウォールナット製のパネル壁が、ダイニング空間の舞台セットのように働き、空間に正面性が生まれるのように考えたのです。更にこのパネル壁の左右に扉が隠れており、左がキッチンへ、右が和室へとつながる隠し扉となっているのです。
全体の様子は高層マンションリフォームからご覧ください。

タグ

2007年04月24日 | 木製リブ天井とパネル壁のダイニング 高輪M邸-8 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 高輪M邸

広々とした華やかなリビング・ダイニングルーム 高輪M邸-7

タワーマンションのハイグレードリフォームのメインの空間、リビングルームの紹介です。リフォーム前の居間は、全体的に素材が安っぽく、装飾も乏しく、軽い感じがする空間でした。お使いになっている本物の最高級家具に比べても、インテリアの方が浮いて見えるようでした。そこで、今回のリフォームでは、本物の無垢素材を使って、華やかでホテルライクな
リビングルームを設計しました。

ハイグレードリフォームのリビングルーム

最近はシンプルモダンな空間ばやりですが、ある程度の広さがある空間では適度な装飾がないと、ただ広いばかりでスケール感覚が生まれてきません。こちらはリビング・ダイニングだけで60平米(35畳)以上もあるので、壁と天井にモールディングの装飾を入れています。モールディングの華やかさのお陰で、高級家具や絵画・調度品に負けない、纏まりのある空間とすることができたと思っています。

高級リフォームのインテリア

本物の素材ということでまず考えたのが、床材です。濃い色の無垢材で、ヘリングボーン(矢羽状)タイプのフローリングを苦労して探しました。ローズウッドの無塗装品でしたので、その質感を残す塗装で仕上げる事としました。フローリングの色をベースに、建具や巾木を無垢材のウォールナットに、正面の装飾壁をローズウッドの突板と決定しました。全て浸透性の塗装で仕上げ、素材の無垢感が薄れないように工夫しました。
本物を知り尽くしているお施主様ですので、アメリカ・ニューヨークで最高級リフォームの修行をしていた時の知識と経験、全て使って何とかインテリアを纏める事ができました。
全体の様子は高層マンションリフォームからご覧ください。

タグ

2007年04月18日 | 広々とした華やかなリビング・ダイニングルーム 高輪M邸-7 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 高輪M邸