「原宿K邸」のアーカイブ

出張料理人・岸本恵理子さんのお料理での竣工記念パーティ@原宿K邸

昨年4月に全面リノベーション工事が終わってお引渡しをしていた原宿K邸ですが、先日竣工お祝いのパーティーを開いて、施工の現場監督の辰・田所さんと設計担当者であるスタッフの竹田さんと各務をお招きくださいました。

お料理は、各務の義姉でもあるイタリア料理の出張料理人である岸本恵理子さんに声を掛けてくださいました。原宿K邸の奥さまは、お料理が大好きだとのことで、料理の先生にもついていらっしゃいますが、そこから偶然に義姉の恵理子さんとも繋がって、竣工パーティーを開くなら彼女にお願いしようと以前から盛り上がっておりました。

パーティー当日に先立って、1週間ほど前には料理をする現場視察(?)とのことで、原宿K邸のキッチンの様子を見に来てもらっています。

パーティー当日の料理のメニューを一緒に考えると共に、お鍋やお皿、ボウルなどで調理に使えるものがどの程度あって、何を持参したらよいかをこのように調べさせて頂きました。

通常の出張料理だけであれば、食事開始時間の2時間前にお宅に伺えれば、十分時間があるとのことでしたが、今回はパスタ生地を練るところや、料理の下準備も半分くらいは一緒にやりたいとのこちら側の希望があったので、3時間ほど前にK邸に来てもらっています。

お料理がお好きな、お嬢さまも参加して手打ちパスタを作っている様子です。当然ながら、私、各務も手伝いましたが、ここでは後ろのシンクで食器を洗っております。

手打ちパスタで作ったのが、シシリアのトラーパニに伝わるブジアーテというねじりパスタです。細く伸ばしたパスタ生地を、焼き鳥のくしのような細い棒を使って捩じってゆくものでした。ソースも、シチリア風のイワシとフェンネルと干しブドウと松の実を使ったオーソドックスなものでした。

料理は、焼き立てのグリッシーニに前菜が4種類、パスタ2種類にお肉のメイン料理とデザートと豪勢なコースでしたが、作るだけでなく教えてもらうという欲張りなスタイルで、恵理子さんも大変だったのではないでしょうか…。

全ての料理の写真を撮ったわけではありませんが、左上から時計回りに、生ガキの前菜、芽キャベツのフリット、ピエモンテ名物の極細パスタのタヤリン(こちらはあまりに細いので、事前に仕込んで貰っています)、チョコとキンカンのデザート、メイン料理の豚肉のロースト、そして先ほどのイワシのシチリア風パスタです。

メインの豚肉は、K邸キッチンに採用したミーレの最新式スチームオーブンDGC6800を使って、2時間近く掛けて肉の内部温度を60度でレアに仕上げたローストポールでした。

美味しいお料理にお酒、そして皆が料理を作ったり食べたりしながら、賑やかに設計や工事のプロセスを振り返りながらのパーティー、本当に楽しく時が経つのを忘れてゆっくりさせて頂きました。岸本恵理子さん、美味しいお料理どうもご馳走様でした(キッチンが使いやすいとのお墨付き、どうもありがとうございました)。そしてKさまご夫妻、とても素敵なお食事会にお招きくださり、本当にありがとうございました!

 

 

 

タグ

2017年02月13日 | 出張料理人・岸本恵理子さんのお料理での竣工記念パーティ@原宿K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: オーナーマンションリノベーション 原宿K邸

原宿K邸の竣工写真 多様な素材とディテールが織りなす空間

先日、無事検査を追えてお引渡しをしたオーナーマンションのオーナー邸リノベーション、原宿K邸の竣工写真撮影に伺ってまいりました。

DSC_9953_pt

何よりも料理に情熱を燃やしていらっしゃる奥さまが、一番満足してくださっているのが、ダイニングの奥に見えているアイランドカウンターのあるキッチンです。

DSC_9964_pt

奥さまと、オーダーキッチンのアムスタイルの宮本さんと僕等設計の三人二脚で、途中の紆余曲折を経ながらここまで進めてきた、回遊性のある大型キッチンです。ビジュアル的には、ガスレンジ正面の壁に張ったイタリア・フィアンドレ社の大理石調大判タイルが一番の特徴でしょうか。機能的には、何度もショールームの調理実演に参加したうえで、ご決断くださったドイツ・ミーレ社のスチームオーブンでしょう。写真左手の濃い灰色のトール収納の一部に、アイレベル(目線の高さ)で据え付けられているものです。

DSC_9957_pt

キッチンから、モルテーニのダイニングテーブル越しに見えている、大理石張りの壁周辺が、ご主人が最も期待してくださっているテレビ・オーディオのコーナーです。実は、まだテレビの壁掛け用金物が現場に届いていないことで、テレビを吊ることができず、壁掛けのB&Oのスピーカーも未設置な状態なので、本来は竣工「一歩手前」なのです…。

DSC_9979_pt

この大理石張りの壁に、大型のテレビが掛かり、奥さまがご主人さまにプレゼント予定のリクライニング・チェアが届けば、ご主人が楽しみにしていらっしゃった臨場感のあるオリンピック観戦ができるのです。実は、この大理石壁の裏の左側には、AV機器類が収納されており、当初リフォームのご希望を伺った際に、奥さまが強く「テレビやステレオ関係の配線が汚く見えないように隠して貰いたい」とのご要望が適うための仕掛けとなっております。また、右手には主寝室への扉がありますが、その左手前にはワインセラーとグラス置きのミニバーコーナーが隠されています。

DSC_9947_pt

テレビ前からダイニング側を見返すと、このようなインテリアが広がっています。左手側の壁は、ビニールクロスを巻いた壁から、トイレと洗面へ通じる引き込み扉があり、その奥には造作収納棚が続いています。部屋の中央には、構造的な柱が立っていますが、その下部には、自動掃除機の基地ともなり、テレビのリモコンや携帯の充電器を置ける小さなカウンター収納が取り付けられています。

DSC_9950_pt

玄関ホールからの扉横に立って、テレビ側を見返すと、上記で説明した、造作棚と塗装仕上げの引き込み扉とパネル壁が、色味は揃えながら、質感を徐々に変えて、一直線に繋がっているのが判るでしょうか。特に造作家具と建具は、全体が絡むような難しいディテールの連続で、作り手側も相当苦労したと思いますが、その苦労の分だけディテールが洗練されて、きれいに仕上がっていると思っております。お引越しとの残工事の兼ね合いで、まだ寝室や水回り、玄関ホールなどが撮影できていませんが、またタイミングを見計らって撮影をさせて頂く予定ですので、追ってブログで公開させていただく予定です。

タグ

2016年07月29日 | 原宿K邸の竣工写真 多様な素材とディテールが織りなす空間 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: オーナーマンションリノベーション 原宿K邸

改めての竣工検査&取り扱い説明@原宿K邸

オーナーマンションの原宿K邸では、残念ながら工期の遅れで、当初の日程で竣工検査ができなかったので、新規にご購入いただいた家具を搬入設置後に改めての竣工検査をすることになりました。

IMG_20160426_101604

まずは新規家具の搬入設置です。ミノッティでお願いしたソファは、小型のものを2個組み合わせるスタイルです。

IMG_20160426_145926

僕らのプロジェクトの担当をいつもしてもらっているミノッティ早坂さんが、奥さまに取り扱いの説明もしてくれました。二つのソファーは同じ色味に見えますが、実は一つはレザー張りで、早坂さんが押している方はファブリック張りのものとなっています。夏にはヒンヤリとした肌触りのレザーは快適ですが、冬になると肌寒く感じがちなので、ちょうど反対の触感のファブリック張りのものを組み合わせるという選び方です。

IMG_20160426_131743

キッチン前の床に置かれているのは、やはりイタリアモダン家具のモルテーニのダイニングテーブルです。

IMG_20160426_132945

フィリグリーというエクステンション(伸張式)テーブルなのですが、とても利便性の高い折り畳み機構を使っており、エクステンションテーブルらしさが全く感じられないのが特徴の食卓机となっています。

IMG_20160426_151416

お施主さまには、ショールームでも幾度か伸張のメカニズムを体験していただきましたが、改めて使い方を説明して貰っている様子です。因みに、天板の仕上げ材はユーカリ材です。色味がウォールナットのように見えますが、実は世界中でウォールナット材は品薄になってきており、その代替え品として、豊富にあるユーカリ材を特別な処理をして子の色味に仕上げているそうです。
テーブルに合わせたダイニングチェアは、アルフレックスのエレガ15です。

DSC_9934_pt

家具の搬入設置が終わった翌日に、改めての設計・施主検査と取り扱い説明をさせて頂きました。検査については、Kさまご夫妻がいらっしゃる2時間ほど前に、僕ら設計側が立ち会って、不良施工や未施工個所に付箋を貼りながら、辰の現場監督の田所さんと一緒にチェックしてゆき、それを後程お施主さまに説明してゆくスタイルで進めさせて頂きました。竹田さんがチェックした内容をお施主様にお渡しするチェック図面に書き写してくれています。

DSC_0029_pt

こちらはそのチェックした内容に沿って、お二人に説明している様子です。

DSC_0025_pt

一通りご説明した後は、設備(空調・ガス・衛生機器・キッチン)の各業種の担当者が来てくれているので、個別の設備の取り扱いやメンテナンス方法も順次説明していって貰いました。写真は、壁埋め込みのエアコンのフィルター清掃の方法を説明してくれている様子です。

DSC_0022_pt

ガス工事の担当者には、床暖房と給湯器の使い方を説明して貰いました。

DSC_0019_pt

基本的に、基本的な設備についてはご主人さまが、キッチンについては奥さまが強い興味を持ってくださっているので、途中から二手に分かれて取説を聞くスタイルになってゆきました。キッチンの説明は、アムスタイルの宮本さんです。

R0056371_pt

奥さまも、そして僕、各務も最も興味をもって説明を聞いたのが、ミーレの最新のスチームオーブン(スチームクッカー)の使い方説明です。

R0056369_pt

ミーレの目黒ショールーム、そして青山のショールームで使い方の説明は受けておりましたが、実際にご自宅に入って、より具体的に使うことになると、また真剣度が変わってくるのです。まだ、新製品で宮本さんも使った経験がないとのことで、皆でマニュアルを見ながら再研究する形になりました。

DSC_9942_pt

先回の検査時には、まだ工事が完了していなかった玄関ホールも、まだ清掃道具が置かれていましたが、一通り工事が終わっていました。

R0056312_pt

来客用トイレの大理石甲板も入り、シックなトイレ空間に仕上がっていました。

DSC_9936_pt

浴室だけは、ステンレス枠とガラス扉の調整が必要で、まだ田所さんたちが頑張っている最中でした。

R0056390_pt

未施工部分や、補修工事もまだ沢山残っておりますが、Kさまご夫妻もここまで完了した範囲での工事内容とデザインにはご満足してくださいました。関連工事の各担当者が集まったので、皆揃っての記念写真を撮影させて頂きました。あと少しで、工事も完了しお引越しが可能となりますので、どうかそれまでの間、あとしばしお待ちください…。

タグ

2016年07月07日 | 改めての竣工検査&取り扱い説明@原宿K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: オーナーマンションリノベーション 原宿K邸

残念ながら未消化な竣工検査@原宿K邸

オーナーマンションの原宿K邸の竣工検査に伺う予定でしたが、工事途中の諸々のトラブルがあったせいで、最後の仕上げ工事の塗装が終わっていないとのことで、竣工直前検査になってしまいました。

DSC_9774_pt-2

写真真中に見えている出隅の右側がアムスタイルにお願いしたキッチンで、左側がパントリー収納から玄関ホールへの扉、そして造作家具と繋がっています。薄い灰色に塗っている天井の掘り込み照明ボックス部分周辺がまだ塗られていません…。

DSC_9770_pt

ダイニングのコーナーからリビング、右奥に玄関ホール、左奥に寝室を見たアングルです。玄関収納は、塗装との兼ね合いで、まだ一部の扉がついていません。ただ、扉の金物に合わせた高さが、そのままリビングの造作家具のスイッチパネル、そしてニッチへと高さがあったまま回り込んでいる様子がわかると思いますが…。

DSC_9763_pt-2

一通り組み上がったキッチンですが、天井の塗装で終わっていない部分があるので、まだカウンター上に養生が掛かっており、残念ながら全容が見えておりません。

R0056283_pt

とはいえ、養生シートをめくれば、出窓の部分まできっちり伸ばされた人造大理石のカウンターと板金で特注制作して貰った、シンクの納まりが確認できました。

DSC_9750_pt

玄関入って正面の収納を見た様子です。左側の扉4枚分(今は扉3枚しか吊られていませんが)が靴収納で、右側が奥行きが深くなっており、コート掛けと工具等を入れる収納になっています。

R0056296_pt

玄関ホールの袖壁には、集成大理石・サルバトーリが張られました。端部に見えているのは、鋼製の手すり棒ですが、この取付けには相当苦労したようです。

R0056280_pt

天井と床だけでは、中途を握って体重を掛けた場合に、握り棒が歪んでしまいそうだったので、中間にこのような支えを入れましたが、ちょうどこの高さで大理石を2分割して何とかきれいに取り付けることができました。

R0056279_pt

床での固定部分も、握り棒にこのような細工を施して、框もこの個所で分割することで、きちんと収めることができました。

DSC_9751_pt

こちらはリビングの様子です。大理石の壁は張られていますが、TVの壁掛け金物がまだ届いていないので、大型TVが掛けられていません。部屋の中央には塗装屋さんの道具が大きく広げられたままです。

R0056290_pt

大理石壁の裏側にあるワインセラーのコーナーは、清掃がまだでしたが、間接照明も入って、きれいに仕上がっているようでした。

DSC_9753_pt

その奥の主寝室はここまで仕上がっていました。正面腰窓の下にあるのはベッドのヘッドボードです。そこから左に向かって、姿見の鏡、そして姿見とフラットに収まった本棚です。右麺には、引違の扉が付いたクロゼット収納、そしてその上には木製ルーバー付きのエアコンが隠されています。

R0056300_pt

寝室からもLDからも二面アプローチできる洗面所は、きれいに仕上がっていました。スラブで入れて貰ったドラマチックホワイトの甲板カウンターもメディスンキャビネット下の間接LED照明の光を受けて、とてもきれいでした。

DSC_9759_pt

その横の浴室は、シールを打ったばかりとのことで、まだ中には入れませんでした…。

DSC_9760_pt

来客用のトイレは、まだカウンター甲板と壁のタイルの一部がまだ未施工でした。でも、考えていた雰囲気は十分出せていることは確認できました。

DSC_9767_pt

本来であれば、厳しい目で未施工の部分や不良施工の個所をチェックしても周り、現場監督の田所さんに伝えて、お引渡しまでに補修工事を終えるように段取りして貰うのですが、今回はまだ未施工の個所があまりに多かったので、未施工個所を確認して回る程度で終わってしまいました。

R0056269_pt

検査終了時には、お施主さまのKさまが現場に来てくださったので、いつまでに未施工部分の工事を終えることができるかを確認し、お引渡し日程を確定し、お引越し予定日を教えて頂きました。Kさまも、毎回現場に足を運んでくださり、遅延になった理由も良くご存じなので、スケジュールの件は了承してくださいました。残念ながら今回は未消化な検査に終わってしまったので、再度改めての検査日程を決めて、そこまで粘り強く頑張ってほしい旨を現場に伝えて、帰らせて頂きました。

 

 

タグ

2016年06月20日 | 残念ながら未消化な竣工検査@原宿K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: オーナーマンションリノベーション 原宿K邸

竣工直前の現場@原宿K邸

オーナーマンションの原宿K邸、いよいよリノベーション工事も大詰めで、あと少しで完成です。

B&Oのテレビステレオシステムの設置@原宿K邸

リビングで、大型TVを設置する予定の壁に大理石のグリジオ・ビリエミが張られました。接着剤が乾いたらすぐに、TVとAVシステムをお願いしているB&Oのスタッフが来て、壁掛けテレビから背面のAV収納、そこから壁面付けスピーカー、天井付けスピーカー、そして写真左端のベンチ下に設置するウーハーへの配線工事を始めてくれました。

dav

在来工法の浴室では、タイル張りも行われました。久しぶりの在来工法ですが、タイル割も現場監督の田所さんが頑張って書いてくれた図面通りに仕上がってきました。

DSC_9715_pt

夕方には養生されてしまいましたが、左側の一面だけはアクセントとしてモザイクタイルを張って貰っています。後はガラス扉と水栓金物が取り付けば完成です。

DSC_9721_pt

リビングと玄関ホールにまたがったL字型の造作家具もピッタリと組み上がっていました。スチール焼き付けのフレーム内にスイッチ類も指示通りに取り付けられました。

DSC_9712_pt

寝室の曲がり天井も塗装の一度塗りが終わり、きれいに仕上がりつつあります。天井のダウンライト照明も取りつき、壁付けのエアコンも入り、あとは木製グリルとクローゼットの扉が付けばこちらもほぼ完成です。

タグ

2016年06月06日 | 竣工直前の現場@原宿K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: オーナーマンションリノベーション 原宿K邸

高級オーダーキッチンの据え付け@原宿K邸

造作家具の据え付けもまだ終わっていない段階ですが、以前から工程が組まれていた高級オーダーキッチン・アムスタイルのキッチンの据え付けが始まりました。

DSC_9624_pt

以前のブログでもご紹介していた通り、解体時にキッチンの一部に逆梁(普通のコンクリートの梁は天井から下がっていますが、床から立ち上がっている逆型の梁のこと)が現れてしまい、レイアウトの大幅変更を余儀なくされたイワク付き(?)のキッチンです。

DSC_9625_pt

こちらの壁際に問題のその逆梁が見えています。以前はこの箇所に冷蔵庫がくる予定でしたが、レイアウト変更したことで引き出し式のキャビネットが来たので、内部は上下二段の引き出ししかつくれませんが、表から見ると引き出しの表板を大きくデザインしているので、その存在を隠すことができそうです。

IMG_20160414_185907

今回は二日間でキッチンを組み立てる予定で、こちらは二日目の夕方の様子です。アムスタイルの現場担当の寺口さんと職人さんが、アイランドカウンターの据え付けや、扉の最終調整をしてくれています。寺口さんの背面に見えている濃い灰色のキャビネットの下部分に逆梁が隠されていますが、知らなければ全くその存在に気が付かないようになってきました。

IMG_20160414_181349

中央のアイランドカウンターは奥行60センチで、シンク側の通路幅が80センチ、背面のトール収納との間の通路が65センチで設計していますが、引き出しの使い勝手や通路の広さの感覚は、キッチンを本気で料理し始めなければ分からないので、アイランドは仮固定として、後日お施主さまのご意見を伺ったうえで固定する作戦としています。
高さ関係の寸法としては、キッチンの天井高さが低く見えるかもしれませんが、寺口さんが身長190センチと大きすぎるので、そのように見えるだけです(笑)。

IMG_20160414_182939

その他の造作家具も徐々に完成に近づいています。こちらは大理石ドラマチックホワイトのカウンター板が取り付いた洗面所です。

DSC_9627_pt

リビングの飾り棚でスイッチ類が集中している個所には電線が延ばされてきました。

DSC_9630_pt

多用している引き戸の現場に立て掛けられていました。ここにあるのは、ウォールナット突板張りとオーク突板の白拭き取り塗装張りのものですが、他にも塗装仕上げのもの準備されていました。

DSC_9632_pt

取っ手部分は、まだこのように掘り込まれただけになっています。後日、特注でオーダーした引手金物がはめ込まれる算段になっています。

DSC_9618_pt

先回来たと聞き時には、まだ浴槽が据え付けられたばかりの浴室は、防水層を保護しタイルの下地となるモルタルが塗られていました。浴槽を支えるエプロン部分のコンクリートブロックもモルタルできれいに化粧されていました。後はタイルを張るばかりの状態です。

 

タグ

2016年05月19日 | 高級オーダーキッチンの据え付け@原宿K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: オーナーマンションリノベーション 原宿K邸