「世田谷区Y邸」のアーカイブ

モデュレックスのダウンライト研究@世田谷区Y邸

素材や色味に強いコダワリを持っていらっしゃる世田谷区Y邸のお客さまは、当然ながらそれらを照らす照明の光の質についてもとても研究熱心です。

そこまで強いコダワリが無いお客さまの場合は、ダウンライトはグレアレス(下から見て眩しくない)仕様で、広角でユニバーサル(照明の角度を変えることが可能)のLEDで、色温度は2700K(電球色)から3000K(白めの電球色)のダウンライトを良く使っておりました。Yさまご夫妻には、これまで僕らが使ってきたLEDダウンライトの色味をデモ機を借りたり、僕らがお手伝いしてきたリノベーション実例を体験して頂いて来ましたが、どうもちょっと違うとのことで、商業建築系の照明メーカーのモデュレックスに相談に行って参りました。

こちらが、恵比須にあるモデュレックスの打ち合せ室で、営業担当の荒木さんと石渡さんにお願いして、一般的な住宅用ダウンライトとモデュレックス社の製品との違いを説明して頂きました。

一番の特徴は光の質を追求した自社設計の高額制御技術と、よりコンパクトで、より明るく、そして高エネルギー効率を目指す製品開発姿勢とのことでした。開口径60φで、グレアレス仕様でも、色温度が2700Kから、3000K、3500K、4000Kと揃っており、調光システムも位相制御対応品もPWM制御対応品も揃えており、さらにLEDだけでなくハロゲンでも同形の器具を揃えているとのことでした。

更には、このトリムレス・フレームという別売りの器具を使えば、フチなしで塗装面とダウンライトをフラットに見せることができるとのことでした。

口径に合せた、各種レンズの種類も豊富なことも特徴の一つだそうです。展示する商品を如何に魅力的に見せるかについては、お金に糸目をつけない商業系で人気なことが、こんなことからも判ります。

それぞれの機器の特徴を伺った上で、点灯して光の質を見せて貰いました。実は、最近の一般的な照明器具メーカーは、LEDの新規ダウンライト機種の開発のスピードの速さに、ショールームが上手く対応できていなくて、体験したい照明器具を揃えきれていない会社が多い中で、ほとんど物を揃えてくれているだけでもモデュレックスの凄さを実感いたしました。

ショールームの地下には、このような照明体験ができる設備が備わっています。お客さまご夫妻がいる箇所が体験空間で、天井の高さを動かしたり、沢山並んだ照明器具の明りをそれぞれ単一で体験したり、合せたりしながら具合を確かめることができるのです。

こちらがコントロールデスクの様子です。僕らも良く使っているルートロンの調光システムを使って、コントロールしているようでした。こういったスタジオ型の照明体験スペースは、バブルの頃には各照明メーカーが作っていましたが、今ではここまできちんと揃えている会社が相当少ないのではないでしょうか…。

最初に打ち合わせをした地下1階の打ち合せ室から、地下2階のスタジオに移動するには、モデュレックス社の会社内部を通りぬけるのですが、これがまたカッコ良いのです!隈 研吾さんが設計したそうで、自然光が全く入ってこない空間ながら、高い天井からモデュレックス社の高性能照明が降り注いでいました。

これだけの書棚の本を会社勤務中に読むことは到底できないと思いますが、それでもこんな空間で働いたら楽しそうだなと思える素敵な事務所でした。因みにこちらの本のセレクションは、編集工学研究所長・松岡正剛さんだそうです。

初回の打ち合わせは、Yさまご夫妻と弊社の担当スタッフの竹田さんと各務だけだったので、二回目のモデュレックスとの打合せは、採用候補に挙がっているダウンライトのデモ機を持って、荒木さんと石渡さんにこちらの事務所に来てもらいました。施工をお願いしている青の片岡社長と現場担当の斉藤さん、そして電気工事のムラデンの藤木社長にも同席して貰っています。

お客さまに照明の光の質を確認して貰いながら、

事務所の天井にハロゲン2700KとLED2700KとLED3000Kを照らして、色味の違いを確認して頂きました。

そして三度目の打ち合せは、2度目と同じメンバーでモデュレックスの打ち合わせ室で行いました。すでに産休で休みに入っていた弊社スタッフの竹田さんも心配してくれて参加してくれています。また、竹田さんからプロジェクトを引き継いでくれて、プロジェクト契約の形で手伝ってもらっている岩井さんも、初めてお客さまとの打合せに参加して貰いました。

リビングダイニングでは、ハロゲン2700kとLED3000kをそれぞれトリムレスで2灯ずつ配灯したり、玄関や廊下ではLED2700KとLED3000Kを2灯ずつ配灯し、それぞれを隠れた収納内のルートロンのグラフィックアイで調光するという複雑なシステムを組むことになったので、お客さまにも確認して頂きながら、最終的な照明計画を詰めてゆきました。

 

タグ

2017年04月25日 | モデュレックスのダウンライト研究@世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

解体確認とオーダーキッチン&オーダーユニットバスの現地調査

工事が進んでいる世田谷区Y邸の解体状況の確認のために、お客さまのYさまご夫妻と一緒に現地に伺いました。

リビングダイニングの壁のボードとフローリングも含めて床下地はきれいに撤去されていますが、まだ天井や水回りの壁は残っている状態でした。

お客さまとの打合せで、お二人の寝室に天井吊りエアコンが設置可能かどうかは、解体がある程度進まないと判断できないとお話をしておりましたが、本日の解体状況確認で、それらが可能だと判ったことをお伝えしたところ、とても喜んでくださっていました。

現場確認の後は、マンションの高層階にあるラウンジスペースで、インテリア空間の色味の確認をさせて頂きました。机に並んでいるのは、塗装のサンプルですが、一般的によく使われる日塗工の色番だけではなく、菊水の色見本帳やファロー&ボールの色味もサンプルを手配して、白だけでもいくつもの微妙な色違いを確認して頂きました。

こちらは、またその1週間後にオーダーキッチンをお願いしているリネアタラーラの徳永さんたちと、オーダーユニットバスをお願いしている東京バススタイルの和久田さんと眞柄さんに現場打合せで来てもらった際の様子です。先週よりも天井の石膏ボードが撤去されて、水回りの設備・壁・天井も解体が進んでいました。

用賀にあるリネアタラーラのショールームは、お客さまの仮住まいからもとても近いこともあって、担当の徳永さんと僕等抜きでの打合せもあるので、最新版のキッチン図を確認しながら、墨出しの要点を施工をお願いしている青の斉藤さんに説明して貰いました。弊社のインターンとして手伝って貰っている間瀬さんにも打合せに同席して貰っています。

特にキッチンと浴室などの水回りは天井裏の設備との絡みが多いので、現地で打合せをすることで、うっかりミスの大部分を防げるのです。

こちらは東京バススタイルとの打合せです。青の斉藤さんと東京バススタイルの真柄さんと和久田さんは、一昨年の南麻布K邸でも一緒に工事をお願いしているので、調整とコミュニケーションは問題ないので、安心です。

一通り墨出しが済んでいる現場でしたが細かく修正して貰うことになっています。

こちらはかつての浴室の天井裏にあった全熱交換機(通称ロスナイ、換気によって失われる室温(冬の場合は暖気、夏の場合は冷気)を室内に撮り入れる給気と熱交換する装置)です。このままの位置設定だと、新しく作る洗面所と洗濯機置き場の間仕切り壁に引っかかってしまうことが判りました。機能的にはこのままでも使うことが出来るのですが、後日またリフォームをすることになった場合は、この機器を交換するために、洗面所と洗濯機置き場をすべてやり直すことになってしまうので、移設して貰うようお願いいたしました。天井裏には黄色い管も見えていますが、これらはスプリンクラー用の配管です。

お客さまからは、天井高さはなるべく高くしたいこと、また壁裏などに余分なスペースが見つかれば、それらにも対処して、なるべく広くして欲しいとのご依頼を受けているので、柱周りは各5センチずつほど広くすることができることを斉藤さんと確認いたしました。

各居室の部屋の角に柱型のように出っ張っていたエアコンの冷媒管とドレインを通すPSもそれぞれ余分なスペースがあることが確認できましたので、これらについても最小寸法へと縮めて貰うようにお願いしておきました。

解体時の現場を訪問すると、どれだけきれいに清掃されているか、廃材がどこまできちんと分別されているかで、現場担当者の力量が判ると常々思っていますが、さすが青の斉藤さん、こちらの現場のきれいさと廃材の整理は、ピカイチでした!

 

タグ

2017年03月27日 | 解体確認とオーダーキッチン&オーダーユニットバスの現地調査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

お客さまと一緒の大理石探しツアーin岐阜

テクスチャーと色味に強いコダワリのある世田谷Y邸のお客さまとの素材探しが続いております。今回は、ご夫妻と一緒に岐阜県の大垣市周辺に散在している大理石屋さんを巡りました。

施工をお願いしている青の下請け石材工事の鈴木大理石の成澤社長にツアーコンダクター(?)をお願いしての大理石探しの旅です。まず最初に訪問したのが岐阜県養老郡養老町のフジ大理石です。ご夫妻での休日の趣味が素敵なインテリアの空間巡りやショールーム見学のYさまも、このように多様な大理石&御影石のサンプルをご覧になったことがなかったようで、最初からとても喜んでくださっておりました。

こちらで見たかったものは、このエンペラドール・オスクーロです。別名・マロンブラウンとも呼ばれ、茶色のベースの中に、星座のように細かい模様が縦横無尽に走っているのが特徴で、スペインのムルシア地方で採れる大理石です。人気の大理石なので、フジ大理石の倉庫には沢山のスラブが並んでいましたが、一枚ずつ色味や柄、キズの有無などを確認しながら、最適なもの探してゆきました。30枚ほど見た中から、3つほどの候補に絞って、色味と柄を比較して、最終的に選んだのがこちらの一枚です。
青いテープで縁取りしたのが、今回使う予定部位ですが、1300ミリ×1300ミリの大判を切らずにそのまま玄関のタタキ部分に使いたいと考えています。

もう一つ探している石材はダークセルベです。フジ大理石の倉庫にあるダークセルベのスラブを見せてもらいましたが、灰色の模様が思っていた以上に濃かったので、これはペンディングとして、他の会社の倉庫に移ることとしました。

岐阜県養老町のフジ大理石から、岐阜県安八郡に移動して、ミナミ石材のストックヤードを見学させて貰いました。

こちらには成澤さんお勧めのダークセルベがありました。ダークセルベはセルベジャンテ・ダークとも呼ばれており、セルベジャンテはイタリア原産の大理石ですが、ダークセルベはどこで産出された石材なのかが判らないミステリアスな石材だそうです。

ヤマ傷といわれる、カットしたり加工したりしている際に生じるキズではなく、スラブを切り出す前から入ってしまっている傷が多いのがこの石の特徴なので、石の色味や柄だけでなく、ヤマ傷の有無や位置まで見て頂くことができました。

色味が上品で、柄もとても静かな上質なスラブ材でしたので、Yさまご夫妻もとても気に入ってくださりました。その後、具体的にどこカットして、どのように使うかまでテープを張りながら石取りの打ち合せまで進めることができました。

日帰りではありますが、早朝から新幹線で岐阜まで来たので、現在日本で最大級の大理石加工場と倉庫がある、関ヶ原市の関ヶ原石材まで足を延ばして、工場を見学させて貰いました。
石材屋さんは横の繋がりが強い業界だとのことで、足りない石があればお互い融通し合ったり、大きなプロジェクトの場合は共同して作業したりすることもあるそうです。因みに東京の鈴木大理石さんは茨城に自社系列の倉庫と加工場もありますが、僕ら設計事務所や工務店からの見積り・発注に応じて、それに適した石材を各地から探して、加工するための図面を描いたり、実際の取付けを行う作業を行ってくれる会社です。それに対して、フジ大理石やミナミ石材、そしてこちらの関ヶ原石材は、外国から石を輸入して保管すると同時に、一次加工をする会社という役割分担になっているそうです。

ジャンボジェットでも組み立てられそうな巨大な倉庫が何本も並んだ中は、ブロック材からスラブを切り出す機械がフル可動していました。
気に入った石材が見つからなかった場合は、このあと三重の方まで足を延ばすオプションも考えておりましたが、ご満足のゆく石材が見つかったので、新幹線の駅の岐阜羽島駅まで成澤さんに送ってそこで解散となりました。日中、運転手兼ツアコンをつとめてくださった鈴木大理石の成澤さん、どうもお疲れさまでした。早朝から岐阜までお出掛けくださり、丸一日お付き合いくださったYさまご夫妻、本日はどうもありがとうございました!

タグ

2017年03月21日 | お客さまと一緒の大理石探しツアーin岐阜 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

リネアタラーラのオーダーキッチン@世田谷区Y邸

世田谷区の高層マンションリフォームのY邸では、キッチンを世田谷区の用賀にあるリネアタラーラにお願いすることが決まりました。

素材や質感にこだわりをお持ちのYさまご夫妻との相性、そして同じ世田谷区内であることの利便性、そして何よりY様ご夫妻がリネアタラーラのショールームのデザイン性とコンセプトの賛同してくださったことが、決定の大きな理由です。

最初に伺ったのは、まだ暑い夏の最中でしたが…

それ以降も僕らと一緒に4度ほど、そしてご夫妻だけでも3度ほど訪問してくださったとのことで、年が明けてからようやくキッチン設計の内容も詰まって参りました。

Yさまご夫妻と僕らで図面を見ながらチェックして、それをショールーム伺って、実物をチェックしながら検討してゆくという時間が掛かる作業を重ねてゆきました。

打合せで決まり切らなかった部分については、宿題としてお客さまに持ち帰って頂きましたが、その度に新しい考え方が出てくるというサイクルで、どんどんグレードアップしてゆきました。

時間を掛けていることで、リネアタラーラのショールームも新作キッチンが入ってグレードアップしたり、

キッチンだけでなく、他の部屋の建具や家具にもリネアタラーラのショールームに飾られている部品が採用されるようになってきました。こちらで廊下とクローゼットを間仕切っているスチールフレームでガラスが入った建具は、イタリアのリマデジオ社のものですが、こちらも採用されることになりました。

実際に採用されるのは、こちらの(右側)の黒いスチールフレームの扉で、ガラスは上の写真の金属メッシュが入ったものになります。

ガラスやパネルもこれだけの種類があります。どれもが美しくて、皆どこかで採用してみたい素敵な仕上げ材でした。

他にも、書斎の家具一式もリネアタラーラにお願いすることになりました。何度もの打ち合せ、提案、そして図面修正に快く応じてくださったリネアタラーラの担当者の徳永さんに感謝です。どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

 

タグ

2017年01月19日 | リネアタラーラのオーダーキッチン@世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

イタリア高級家具PORRO(ポロ)の壁面パネルとAV収納

高層マンションリフォームの世田谷区Y邸のプロジェクトでは、素材や家具選びのツアーが依然進行中です。

南青山にあるインテリアズのショールームをご紹介したところ、インテリアズが扱っているイタリア高級家具ブランド・PORRO(ポロ社)の家具をとても気に入ってくださいました。

こちらは、ポロ社が扱う壁面パネルシステムのLoad-It(ロードイット)です。テレビを置く壁面のデザインにすごく悩んでいらしたY様ご夫妻は、是非これを採用したいとのお話になりました。

インテリアズで僕らの担当をしてくれている飯塚さんと佐々木さんと取り付け方法などについてお打ち合わせをしている様子です。

ロードイットの視察の為にこちらに伺うのも数度目だったので、Y邸の壁面にどのようにロードイットを展開するかを、立体的に判りやすいスケッチでバリエーションを考えて置きました。テレビを置いている逆L字型のカウンターがあるAV収納も同じポロのものです。

壁面装飾パネルは、これだけの色の中から選べるので、このサンプル帳を借りて、一度お客さまのご自宅に持ち帰って頂いて、どの色を使うかを検討して頂くことになりました。

オーディオシステムにこだわりのあるYさまは、ポロのAV収納MODERN内部にアンプを置いて、横に置くスピーカーシステムと繋ぎたいとのご希望があったので、熱を発生するアンプのための熱抜きや配線のための孔開け寸法を、うちのスタッフの竹田さんがこのスケッチのような形で依頼して、それをイタリア側に送って貰い、その返答を待ってまた微調整してゆく作業が続いています。

やはりインテリアズが扱っている特殊大理石のサルバトーリもお使いになりたいとのことで、どこにどのような形で採用すれば、その美しさが表現できるかを考えてゆくことになりました。

浴室については、お馴染みの東京バススタイルで、キッチンと書斎家具については、リネアタラーラで打ち合わせを進めています。

こちらはご夫妻が気に入った某家具屋で見つけた家具の掘り込み取っ手の詳細です。クローゼットの扉の取っ手に、これと同じようなディテールを使いたいとのことで、家具屋に了承を得たうえで、撮影させていたただきました。
素材や色味・ディテール先行でインテリアを考えてゆくというYさまご夫妻との計画はとても刺激的です!

 

 

タグ

2017年01月10日 | イタリア高級家具PORRO(ポロ)の壁面パネルとAV収納 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 世田谷区Y邸

新規:高層マンションリノベーション世田谷区Y邸

新しいプロジェクトが始まりました。世田谷区にある高層マンションのお部屋の全面リノベーションプロジェクトです。

広い公園に面した素晴らしい景観の高層マンションです。元々は戸建て住宅を建てる予定で、それまでの仮住まいということで暮らし始めてみたところ、あまりの利便性の良さでこちらのマンションに住み続ける決意をなさったそうです。とはいえ、部屋の内装のグレードは気に入っていらっしゃらなかったので、戸建て用に用意していた費用をリノベーションに掛けて、好きな素材とディテールに囲まれた空間に変更なさりたいとのご希望でした。

インテリアや家具、素材には以前より大好きだったそうで、インテリア関連の本もたくさんお持ちで、お部屋の家具もインテリアデザイナーの方に提案して貰った空間にお住まいでした。まずは、プランのことよりも、素材や色、家具や収納システムのことから一緒に研究したいとのご依頼でしたので、こちらで持っている素材のサンプルで、白やベージュ系で清潔感を感じるものを並べて、どのようなものに興味をお持ちかをヒアリングさせて頂きました。

それらを見たうえで、まずは近場のショールームを巡ってみたいとのことでしたので、目黒にある輸入大判タイルのアークッテック社のショールームを訪問してフィアンドレの大理石調タイルを拝見しました。

こちらはアークッテック社が輸入している人造大理石(クオーツストーン)のサンプルです。スペインから輸入のコンパック社のものです。

クオーツストーンには色々なメーカーがあって、それぞれに色味や柄が違うお話をしたところ、他の製品も見てみたいとのことで、次は白金台にあるコンフォート社でシーザーストーンの大判サンプルを拝見いたしました。

大判タイルでは、五反田のラミナムもショールームが近いので、その後にご一緒させていただきました。

こちらは別の日の素材ショールーム巡りの様子です。天然の大理石も比べてみたいとのことで、原宿のアドヴァンにご一緒しました。

こちらはアドヴァンが輸入している大判大理石調タイルのメガスラブです。まだショールーム見学ツアーは始まったばかりですが、お好みは本物の大理石であることは再確認できました。ただ、水回りに大理石を使うのは水染みのリスクがあるので、何とか大理石に代わる品の良い清潔感が感じられる素材を一緒に探してゆくことも決まりました。次回はキッチンや浴室関係のショールームを巡ることになりそうです。Yさまご夫妻、まだ始まったばかりですが、どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

タグ

2016年11月21日 | 新規:高層マンションリノベーション世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 世田谷区Y邸