「品川区Y邸」のアーカイブ

リノベーション・ジャーナルのインテリア特集号に掲載されました

以前幾つかのマンションリノベーションプロジェクトを取材撮影して頂いた雑誌「リノベーション・ジャーナル Vol.5」が発売されております。ブログでのご報告が遅くなりましたが、先月初頭から店頭に並んでいたようです…。

RJ-01

日本で唯一のリノベーション専門誌であるこの雑誌に大きく取り上げて頂いたのはとても名誉なことです。特集のテーマは「インテリアをデコる100の法則」で、高級インテリアを扱ったLUXURYの32ページ(!)は全て僕らが設計したプロジェクトの紹介となっております。
最初に取り上げられたのは、品川区Y邸です。突板の使い方などが説明されています。

RJ-02

2つ目の登場事例は、先日「第31回住まいのリフォームコンクール」で優秀賞を頂いた世田谷区N邸です。こちらでは塗装仕上げの注意点などが説明されています。

RJ-03

次は神戸M邸で、プロフェッショナルにリビング・キッチンを動線に取り込む設計手法の解説です。

RJ-04

お馴染み(?)の白金台S邸は、自然素材を使いながらありがちな北欧テイストを避けて高級感を演出する方法について書いてくれています。

RJ-05

モールディングやケーシングをふんだんに使った六本木N邸でも、詳細写真を使っての説明となっています。白っぽくて、僕の腕ではうまく撮れていなかったディテールもプロの写真家の手できれいに撮影されています。

RJ-06

南平台N邸は、雑誌初登場です。こちらだけは、取材撮影の日程が足りず、こちらで撮影した写真を使っています。

RJ-07

ここまでの事例紹介的なページに加え、ここからはさらに色使いとゾーニング、空間の個性化、装飾部材の使い方、天井と照明の関係、大きな壁面の演出の仕方、フローリングとラグの相性、アルミサッシの存在感の消し方、高級建具のデザイン、AV収納の見せ方などを細かく説明してくれています。ほとんど、僕らが考えてきたデザイン手法を丸裸にされて解剖されてしまったようで、恥ずかしいばかりなのです。

RJ-08

しかし、ここまでで終わりではなく、巻末には「リノベマスター仕事術」というタイトルで、経験豊富な縦主をうならせる高級リフォームの作法について、図面を使いながら詳しく解説してくれているのです。

RJ-09

当初、特集の意図を編集長の大菅さんに伺った際に、こんな大規模なインテリアの特集がうまく纏まるのか、正直不安ばかりでした。ただ、最終的に出来上がったものは、文章を読んでも図面を見ても、写真を眺めてもなるほどと思えることばかりの、素晴らしいマンションインテリアの特集号に仕上がっていました!

RJ-00

このような派手で、内容も良く判らず、僕の名前も誤植されていますが(残念…)、実に面白く(プロであれば)必ず役に立つ雑誌となっておりますので、どうぞ書店で手にとってご覧ください。

 

 

 

 

タグ

2014年11月01日 | リノベーション・ジャーナルのインテリア特集号に掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 世田谷区N邸 六本木M邸 南平台N邸 品川区Y邸 白金台S邸 神戸M邸

家具入り竣工写真撮影@品川区Y邸

リフォーム工事竣工後、なかなか家具の入った様子の写真撮影ができないでいた品川区Y邸のお施主さまから、リフォーム後にお願いしていたソファーが届いたので、どうぞとのお声掛りがあったので、約1年ぶりに伺って参りました。

140714shinagawaY_satuei-01

竣工後も、適切な収納計画を練ってくれたので、整理が楽でとても気分が良いとお褒めの言葉を頂いておりましたが、実際に伺っても、とてもきれいに暮らしていらっしゃいました。

140714shinagawaY_satuei-02

こちらが新しく届いたソファーだそうです。ダイニングテーブルとチェアとペンダント照明はすぐに揃ったそうですが、ソファは製作日数が思っていた以上に掛かっていたようです。因みに、ダイニングテーブルはアクタス、ダイニングチェアはアルフレックス、ソファはルームアートマツイです。

140714shinagawaY_satuei-03

家具が入った竣工写真は、やはりスケール感が良く判りますね。飾り棚や、ピクチャーレールを使って、大事な写真や絵を飾って下さっているのも嬉しくなります。

140714shinagawaY_satuei-04

デザイン的には明と暗、明るく開放的なキッチンとダイニング、そしてウォールナット材で囲まれたしっとり落ち着くリビングとなっていますが、暮らしているとそんなことはあまり意識されないそうです。とにかく、お子様たちが友達を呼ぶ回数も増えて、奥さまも人をお招きしやすくなったと言ってくださいました。

140714shinagawaY_satuei-05

リビングの壁際に作った勉強・パソコンコーナーは利用率が高いようで、お子さまたちとの取り合いになっているそうです。また、対面型に作り直したキッチンのお陰で、収納が増えて整理がしやすく、家族とのコミュニケーションも盛んになったとのことでした。

140714shinagawaY_satuei-06

撮影には、設計の担当をしてくれたスタッフの竹田さんと一緒に伺いましたが、美味しいロールケーキを用意して下さって、しばし理fp-ム時の苦労話に華が咲きました。

140714shinagawaY_satuei-07

最後の写真はリビングと主寝室の間に設けたウォークイン・スタイルの納戸収納です。リビングに隠し扉を付けたことで、風通しが抜群に良くなったと、こちらもとても喜んでくださっていました。お忙しい中、撮影にご協力くださったYさま、どうもありがとうございました!

タグ

2014年07月01日 | 家具入り竣工写真撮影@品川区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 品川区Y邸

「驚異のリフォーム&リノベーション」本 新装増刷!

昨年5月に発売になった中西ヒロツグさんとの共著「驚異のリフォーム&リノベーション」(エクスナレッジ社)が販売好調とのことで、装いも新たに増刷されることになりました。

kr_cover_b.indd

こちらが最新版・驚異のリフォーム&リノベーションの新しい表紙です。中西さんと僕らの二つの事務所のリフォーム&リノベーション事例を題材にしているので、コストを強く意識した物から費用を掛けてリッチに仕上げたもの、細かいディテールから全体のスケルトンリフォームまでと多様な内容を含んでいるので、それを表紙で見せるような構成となっています。

131210RRT-2

ディテールのページでは、品川区Y邸の造作家具も大きな写真入りで紹介しています。

131210RRT-3

僕たちらしくないとの評判の代官山T邸の玄関ホールの黒檀の建具廻りのディテールも大きく載せています。

131210RRT-4

本文も大きく構成を変えて、新しい内容を付け加えてより詳細に、そして写真は全てカラーになりより見やすくなっております。以前ご購入いただいた方には大変申し訳ありませんが、価格も2400円と安くなっております。リフォーム・リノベーションを設計・施工したいプロの方、リフォームの事を詳しく知りたい(マニアックな?)お施主さまにも好評の本ですので、どうぞご購入頂ければ幸いです。

 

タグ

2013年12月09日 | 「驚異のリフォーム&リノベーション」本 新装増刷! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 代官山T邸 品川区Y邸

竣工検査@品川区Y邸

造作家具・建具・キッチンが全て無事取り付けられた品川区Y邸で、お施主さまと設計の検査を同時に行いました。

130723shinagawakuYtei_shunkoukensa-1

壁面収納のデザインが特徴的なY邸のリビング部分です。天井の段差の間接照明を隠したアゴ部分と左側の収納の扉の厚みを合わせ、一枚の大きなウォールナットの板が折れ曲がって見えるようなデザインとしています。

130723shinagawakuYtei_shunkoukensa-2

通常の検査は、仕上がりの傷や家具や建具の不具合を確認してゆくのですが、収納計画にこだわりのあるYさまは、来週に迫った引っ越しに向けて、何をどこに収納するかのほうに神経が行ってしまっているようで、奥行きや棚の間隔の方を機になさっていました。

130723shinagawakuYtei_shunkoukensa-3

さしがにキッチンの使い勝手については、注意深く見てくださいました。僕らの方は、相変わらずの厳しさ(?)でダメな部分(やり直しが必要な部分)、傷などで補修が必要な部分、多少の傷があるが手直しが難しい部分に分類しながら、チェックをして回りました。

130723shinagawakuYtei_shunkoukensa-4

施工のライフデザインからは現場監督の斉藤さん、営業担当の原さん、CS担当の山口さんが、家具造作をお願いした現代製作所からは上林社長と施工図・打合せ担当の藤田さんが立ち会ってくれました。

130723shinagawakuYtei_shunkoukensa-5

竣工写真は追ってご紹介いたしますが、とても印象的な玄関ホールからリビングへと繋がる通路部分のデザインだけは、ここで紹介させて頂きます。

130723shinagawakuYtei_shunkoukensa-6

無事四十数点のチェック項目を、お施主さま、施工会社、僕ら設計でチェックして本日の作業は終わりでしたが、その後もご購入予定のソファーなどのアドバイスをさせて頂きました。Yさま、どうもありがとうございました。

 

タグ

2013年07月23日 | 竣工検査@品川区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 品川区Y邸

オーダーキッチンの組み立て@品川区Y邸

品川区Y邸では、造作家具工事に二日遅れて、オーダーキッチンの取付けが始まりました。

130718Ytei_kitchen-1

排気のダクトルートと排水の配管ルートが複雑なので、箱を組んでカウンターを載せて、ハイ出来上がりとは行かず、細かい個所は修正しながらの根気のいる作業が続きます。

130718Ytei_kitchen-2

このように、対面型カウンターにシンクがレイアウトされていますが、排水は背面の窓側の中途半端な高さまで流さなければならないので、床下を通すわけにはいかず、左側の棚の中を通し、冷蔵庫裏の壁を伝って、寝室との間仕切り壁を通過し、背面のキャビネット内に至るルートを通ることになります。

130718Ytei_kitchen-3

排水管の接続の為に、シンク下に入り込んで繋ぎこんでくれています。

130718Ytei_kitchen-4

こちらは、ガスレンジ下に入る、コンベックオーブンの取付けです。シンクカウンターの横にはコンセントや照明のスイッチも入っているので、その配線孔も開けて貰っています。

130718Ytei_kitchen-5

お施主さまのYさまに立ち会って頂き、シンク横の冷蔵庫隠し壁に取り付ける布巾掛けの高さを決めて貰いました。青いシールの個所に決まりました。やはり女性同士は、キッチンの使い方で話が弾むようで、リブコンテンツの担当の大江さんとうちのスタッフの竹田さんとで、女性三人で話が盛り上がっていました。
なお、このキッチンの打ち合わせについては、「オーダーキッチンの活用の仕方」で紹介しております。

130718Ytei_kitchen-6

こちらはキッチン工事ではありませんが、このキッチンを組み立てる直前に、ガスレンジ正面にある窓に、曇りフィルムを貼って貰いました。当初は、写真左のように、枠の奥に引き違いの窓があったのですが、可動部や金物に油煙が付くと、お掃除が大変になるので、枠の手前にガラスを取り付けて貰い、更にそこにフィルムを貼って汚れに対処しやすいように考えています。

タグ

2013年07月17日 | オーダーキッチンの組み立て@品川区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 品川区Y邸

造作家具の据え付け工事@品川区Y邸

大井町Y邸の一番の山場である造作家具の取付けが始まりました。

130716ooimachiY_kagu-01

一昨日から3日連続で 家具職人が5人張りついての作業でした。最初は共用廊下に山と積まれた家具類が、時間を経つごとに徐々に壁に設置されてゆく様子は、動画で記録したいような景色でした。

130716ooimachiY_kagu-02

羽目板張りの天井と、造り付け家具の取り合いも一つの見どころとなる予定です。写真左側がクローゼット収納なのですが、その扉が天井と同じウォールナット材で、折れ曲がったように見せるデザインとなっています。

130716ooimachiY_kagu-03

一番難しいのが、この場所です。玄関ホールからリビングへの入り口なのですが、斜めの壁と斜めの天井の取り合いで、削り合わせながらの作業になります。

130716ooimachiY_kagu-05

斜めの要素だけでなく、足元からは電気配線が上ってきて、インターホンや警報などの弱電と絡み、更には背部には着込み扉が隠されることになるので、その取り合いの調整も大変そうでした。

130716ooimachiY_kagu-10

その分出来上がりのカッコ良さも格別でした。三次元的に吸い込まれるような入り口で、組み立ててくれた職人さんたちも、誇らしそうでした!

130716ooimachiY_kagu-11

出来上がると本当に簡単そうなのですが…。作る作業は削り合わせの連続でした。

130716ooimachiY_kagu-06

羽目板とクローゼット収納の取り合いのディテールです。こちらは建具が付かないとそのデザインは判らないのですが、後日紹介いたしましたので、それを楽しみにしていてください。

130716ooimachiY_kagu-07

同じクローゼット家具の下部の引出部分の詳細です。こちらも何故か端部が尖ったディテールとなっています…

130716ooimachiY_kagu-08

こちらにはベニヤ下地の壁からステンレスの角柱が5本飛び出しています。

130716ooimachiY_kagu-15

壁に立てかけられている板の端部に開いた5本の孔と先ほどの柱が組み合わさって、片持ちの棚板になる予定なのです。壁をクロスで仕上げるので、後日クロス屋さんの作業が終わってから、こちらを差し込むことになるそうです。現代製作所の藤田さんと綿密な打ち合わせをしてきたことが、現場に活かされています。

130716ooimachiY_kagu-09

こちらにも不思議なものが転がっていました。木の板を部分的にくり抜いたお盆か鉛筆置きのように見えますね…。これは玄関脇について、鍵や判子などを置いておく、小物置き場になる予定の部品です。

130716ooimachiY_kagu-04

コンパクトなトイレでも家具屋さんの作業が進んでいました。石のカウンターを設置する下に、収納を兼ねたボックスを取付け中です。排水管の取り合いもあるので、細かい作業が大変そうでした。

130716ooimachiY_kagu-14

その後作業も進んで、3日目の様子です。先ほど作業していたトイレの収納ボックスも無事取り付いて、後は石のカウンターを待つばかりとなっています。

130716ooimachiY_kagu-13

玄関脇の靴入れ収納も箱が取り付きました。梁型部分を削った形となっていますが、奥の両開き部分には分電盤を設置し、手前には照明を入れた行燈ボックスを取り付ける予定です。

130716ooimachiY_kagu-16

リビングの一角には、子どもたちの勉強机とその上部に本棚が取り付きました。ちょうど羽目板が張られた部分の下がリビングエリアとなるのですが、こちらには造り付けの家具が壁中に作られることになります。3日間掛けても、まだ完成していませんが、まずは大よその姿が見えてきました。暑い中頑張ってくれた現代製作所の皆さん、どうもお疲れ様でした!

タグ

2013年07月10日 | 造作家具の据え付け工事@品川区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 品川区Y邸