「白金N邸」のアーカイブ

デ・マージョのシャンデリア組立て@白金高輪N邸

2年ほど前にリノベーション工事が完成していた白金高輪N邸に、追加注文で発注していたイタリアのデ・マージョ社のシャンデリアが届いたとの連絡があったので、取付け&吊り込み工事の見学に伺って参りました。

DSC_9473_pt

まずは最初に、無事取付けが終わったモダンデザインの涼やかなシャンデリアの様子です。

DSC_2607

到着した部品は、全てこのようにバラバラの状態で箱詰めされて届きます。まずは部品の欠品がないかを確認の上、取付けをお願いしているリフォームキューの社員と電気屋の望月さんで組み立て始めます。

DSC_2612

一つ一つの部品は、イタリアのムラノガラスでできた、とてもデリケートな作りになっていますので、発泡スチロールの板の上に保管してゆきます。

R0051722

出来上がってきた部品を、電気結線しながら組み立ててゆくのは電気屋さんの仕事です。因みに、箱を開けてからここまでの作業で4人掛かりで2時間近くかかりました…。

DSC_2610

天井からの配線にシャンデリアの線を結ぶ様子です。元々ダイニングの天井には、後日シャンデリアを設置できるように、電気の配線取り出し口を用意してあり、重量的にも20キロ相当の重さに耐えるように補強して貰っていました。

DSC_9459_pt

無事取付けが終わったシャンデリアとダイニングの組み合わせ写真です。サイズ、色味、明るさ共にきれいに収まっています。

DSC_9469_pt

ダイニングに座って見上げた様子です。天井の丸い折り上げ形状と、メダリオンやレーリングともピッタリ合っています。

R0048637

こちらはシャンデリアのタイプとサイズを決めるために行った、昨年の打ち合わせ時の様子です。実物大に拡大コピーしたシャンデリアの平面イメージを紙に貼って、実際にその場に置いてサイズ感を確かめたうえで発注しているので、サイズに間違いがないのです。

R0048638

スタッフの竹田さんと一緒にお施主さまご夫妻と打ち合わせをしていた時の様子です。

R0048627

最後のこちらの写真は、スタッフも前田君が実物大コピーを張った紙を切っていた時の様子です。結構面倒な作業ですが、この確認作業のお蔭で間違いが発生しないので、これからもこのようなチャンスがあれば、スタッフ一同で頑張ります!

 

 

タグ

2016年03月10日 | デ・マージョのシャンデリア組立て@白金高輪N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金N邸

高級マンションリフォーム_徹底解説インタビュー

ご報告が遅くなりましたが、建築専門雑誌「建築知識」エクスナレッジ社の最新号に4ページに渡るインタビュー記事が掲載されております。

R0052502

見出しでは以下のように紹介して貰っております。「高級マンションリフォームの設計に特化し、顧客満足度の高い空間を実現している建築家の各務謙司氏」
R0052504

建築的な空間構成やディテールだけでなく、生活をサポートする家具や絵画、植栽等を含めたトータルな仕上がり感について力説させて頂きました。

R0052503

具体的な事例としては、アメリカ的なパネル仕様の壁や建具を配した白金高輪N邸の魅力を紹介して貰っています。

R0052506

もう一つの事例は、まだホームページにも掲載できていない最新作の六本木N邸リノベーションです。大理石やカラーガラス、レザー張りなどの艶を変えた素材をインテリアに使うことで高級感を演出するコツを説明して貰いました。

R0052508

こちらが最新号の表紙です。因みにメインの特集は「3D間取りの教科書」で、2次元の平面図を立体的に描き起こしてその平面・断面計画の特徴を詳しく説明するという面白く、読み応えのある特集となっています。

No tags for this post.

2015年06月19日 | 高級マンションリフォーム_徹底解説インタビュー はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム マンションリノベーション 六本木N邸 白金N邸

家具&アートの入った白金高輪N邸の写真撮影

ほぼ一年前にリフォーム工事の竣工お引渡しをした白金高輪N邸に照明の打ち合わせで伺って参りました。

DSC_9025_pt

ご覧のように、家具が入り、アートも掛けられた空間はパネリング張りの魅力をより引き出してくれていました。

141111shirokanetakanawaN_kagushashin-1

Nさまご夫妻とこのダイニングの天井から吊るすシャンデリアの打ち合わせが本来の目的でしたが…。隣地の広大なお屋敷を購入したシンガポールのファンドがどのような建物を建てそうか、また下の階に引っ越してきた大物(?)芸能人のパーティー騒ぎなどの話で、盛り上がってしまいました。

DSC_9048_pt

持参したカタログ類から一通りシャンデリアの候補を探すことができたので、リビングを中心に家具とアート入りの写真を撮影させて頂きました。

DSC_9056_pt

レオナール藤田や印象派の超巨匠の若き日の習作などに交じって、Nさまのお友達が描いたユニークな絵も飾ってあり、それらについても話題が尽きませんでした。

R0047896

身長が少し高め(186センチです…)なので、このように中腰で撮影しないと、床面ばかりが映って空間も小さく見えてしまうので、撮影後は腰が痛くなってしまうのですが、夢中になって撮影させて頂きました。

DSC_9081_pt

パネル張りは絵のサイズや絵を飾る位置を指定してしまう面もあるのですが、本当にうまくアートを掛けてくださっていました。

DSC_9039_pt

以前から持っていた大型ソファーに加えて、また幾つかの家具をアメリカから持ってきてくださり、素敵なラグも選んでくださっていました。

DSC_9071_pt

大きなリビングと華やかなダイニングがあって、どちらで過ごす時間が長いのかを質問させて頂いたところ、この小さな廊下部分が一番コージーで気持ちよくて、意外とここで過ごしている時間が長いとのお答えを頂きました。
これから、ダイニングのシャンデリアの見積りと納期を調べ、またリビングに置くスタンド照明やテーブルランプについても候補探してゆくことになりました。

 

タグ

2014年10月27日 | 家具&アートの入った白金高輪N邸の写真撮影 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金N邸

竣工祝いパーティー@白金高輪N邸

昨年末にリフォーム工事が完成・お引き渡しをした白金高輪Nさま邸の竣工お祝いパーティーにご招待していただきました。久しぶりに伺わせていただきましたが、とにかくとても使いやすくて快適になったと、まずはお褒めの言葉を頂きました。

140129shunkou_party-08

シックなダイニングルームに着席で、Nさまご夫妻、施工で尽力してくれたリフォームキューの石原さんと岩波さん、そしてうちのスタッフ4人で賑やかにリフォーム設計時、工事中の苦労話に花が咲きました。

140129shunkou_party-01

ホームページに掲載している事務所のランチに興味を持ってくださったNさまが、僕が作った料理を食べてみたいとのことだったので、得意のインドカレーを4種類作らせていただきました。キッチンリフォームでは、よくこのガスレンジ(リンナイのデリシア・グリレ)を推薦させていただきますが、大きな鍋を使った料理では本当に快適でした。

140129shunkou_party-02

このような材料とお鍋などをスタッフの竹田さんと2人で1時間先にN邸に持ち込ませ頂いて、一気に料理しました。ちょっと出張料理人のような気分です(笑)。とにかく広いキッチンなので、沢山の料理を作るのも効率的でした。因みに、手前のビニール袋には事前に炒めておいた玉ねぎ12個分が入っています。これと、スパイスでマリネした肉類と圧力鍋で煮ておいた豆で時短料理にチャレンジでした。

140129shunkou_party-04

左上から時計まわりに、ヨーグルトベースのチキンカレー、スパイシーなポーク・ビンダルー、アル・ベイガン(ジャガイモと茄子のカレー)、ひよこ豆のカレーです。

140129shunkou_party-05

こちらは付け合せのキュウリ入りヨーグルトと、竹田さんが作ってきてくれた人参のサラダです。隣は珍しいライムのチャツネ(瓶詰)です。

140129shunkou_party-03

Nさまがご用意してくださった前菜とビールと一緒に並んで、賑やかなパーティーのスタートです。

140129shunkou_party-06

エプロン姿が好評でした(?)。

140129shunkou_party-07

少しスパイスを加減してしまったので、優しい味でしたが、お陰様で皆さまには好評だったようです。食後には写真を撮り忘れましたが、リフォームキューが持ってきてくれたジェラートとフィナンシェとコーヒーを頂きました。

140129shunkou_party-10

お久しぶりに伺ったN邸には、新しいインテリアの小物やアートも用意されており、どれをどこに飾ったら良いかのアドバイスもさせていただきました。こちらはお施主さまご夫妻が以前暮らしていたアメリカ・フィラデルフィア郊外の地図だそうで、玄関の壁に石原さんに協力してもらって掛けさせていただきました。

140129shunkou_party-11

当日は、Nさまのお言葉に甘えて3歳の娘も連れて行かせていただきました。彼女はリビング奥の隠れた読書ニッチが大いに気に入ったようで、Nさまが用意してくださっていた積み木や絵本を持ち込んで、ずっーと遊んでおりました。やはり子供は本能的に、このような小さくて囲まれた空間を好むのですね…。米国の大学院の課題で実験的に作った5歳の女の子たちのためのドールハウス・プロジェクトを思い出しました。

140129shunkou_party-09

広いお宅のリビングとダイニングを行ったり来たりしながら会話が弾んで、結局3時間以上お宅でのんびりさせていただきました。自分たちでリフォーム設計のお手伝いをさせて頂いたお宅で料理の実体験をさせて頂いたこと、とても貴重な経験でした。楽しく、美味しい(?)竣工パーティーにお招きくださったNさまご夫妻、どうもありがとうございました!

タグ

2014年01月25日 | 竣工祝いパーティー@白金高輪N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金N邸

白金N邸リフォームの竣工お引渡し

長らく時間が掛かった白金N邸のマンションリフォーム、何とか年内に竣工お引渡しを済ませることができました。

140106shirokaneN_shunkouhikiwatashi-4

年末の平日だったので、今回はご主人様は不参加ですが、情熱をもってリフォームをリードして下さった奥さまが同席してくださいました。

140106shirokaneN_shunkouhikiwatashi-5

上記の図のように、先日の検査の際にチェックした項目を、お引渡し前に一通り見て待まわり、きちんと是正されているかをチェックしたうえで、竣工お引渡し関係の書類にサインして頂きました。

140106shirokaneN_shunkouhikiwatashi-3

お引渡し後には、スタッフの竹田さんと一緒に、まだ家具が入っていない状態でしたが、竣工写真を撮らせて頂きました。写真は、撮影途中で読書用のニッチで一休みしている竹田さんです。小さくで居心地が良い空間なのですが、本当に狭い廊下からしか撮影できないので、その魅力が写真で伝わりにくいのが難点です。

140106shirokaneN_shunkouhikiwatashi-6

テレビの配置から家具のレイアウトを全て変えるようにデザインした広いリビングです。このテレビの背面に先ほどの読書用ニッチが隠されています。

140106shirokaneN_shunkouhikiwatashi-7

薄いエンジ色で塗装されたシックなダイニングルームです。米国から持ち帰った大柄な家具が良く似合っています。

140106shirokaneN_shunkouhikiwatashi-8

一番リフォーム後の様子が変わったリビングとダイニングを繋ぐ前室です。ピスタチオ・グリーンが印象的な可愛らしい空間になりました。
この他の竣工写真はホームページにアップしてありますので、どうぞご覧ください。

タグ

2013年12月24日 | 白金N邸リフォームの竣工お引渡し はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金N邸

白金N邸の設計・施主検査

白金N邸の設計・施主検査に伺って参りました。僕らがお 施主様の1時間半ほど前に現場に行ってチェックして、そのチェックした個所を中心にお施主さまに説明してゆくスタイルの検査です。

131224shirokaneNtei_seshukensa-06

まずは、検査後の記念写真です。左からリフォームキューの石原さん、うちのスタッフの竹田さん、リフォームキューの岩波さん、お施主さまご夫妻、そして各務です。

131224shirokaneNtei_seshukensa-11

塗装部分が多いので、刷 毛ムラやダマになった個所を多く指摘したのですが、アメリカに住んでいらした時にDIYで塗装をしたことがあるNさまご夫妻でしたので、却って味があるの で直さなくて良いとのことになりました。こちらはテレビ下のAV収納の扉の不具合をご説明しているところです。

131224shirokaneNtei_seshukensa-02

施主検査に先立って、スタッフの竹田さんと各務で、設計検査をしていた様子です。

131224shirokaneNtei_seshukensa-04

先回のブログで説明した、設計側のミスがあった折り上げ天井ですが、この日までに施工側できちんと対応してくれていました。本当に助かりました!格天井の中央部分が暗くなっていたので、その4マス分ぶクリプトン照明を追加して貰っています。

131224shirokaneNtei_seshukensa-05

検査が終わった部屋から順に、床フローリングにオイルソープ・ホワイトを水で薄めたものを塗布していってもらいました。使用開始前に一度塗っておくと、より長持ちするとのことでした。最終的には、是正項目に未成工事を加えて20項目ほどありましたので、1週間の是正期間を経て、来週お引渡しとすることに なりました。Nさま、お忙しい中での検査立会い、どうもありがとうございました。

タグ

2013年12月18日 | 白金N邸の設計・施主検査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金N邸