「南麻布S邸」のアーカイブ

お客様とプロジェクトに恵まれた実り多き一年でした

今年は、本当にお客様とプロジェクトに恵まれた、素晴らしい一年となりました。このブログを見返しながら、今年一年を振り返ってみました。

DSC_0324_pt

2014年の最初に完成お引き渡しをしたのが、この南平台N邸です。クール&スタイリッシュを目指したこちらのお宅は、メディアでの注目度も高かったようで、お陰様で来年には雑誌「モダンリビング」に掲載されることになりました。

140624mejiroY-01

こちらは設計図から工事監理までを行う通常の設計監理とは違った、デザインアドバイスの方法でマンションリフォームのお手伝いをさせて頂いた目白Y邸です。以前にご購入予定のマンションの時からご相談を頂いていたY様は、築浅のこちらのマンションをご購入した際にもお声掛けくださいました。この「デザインアドバイス」は急ぎのスケジュールにも対応可能で、コスト的にも設計料が大幅にお安くできことも好評なようで、最近問い合わせが増えております。

140909minamiaoyamaY_bihin-11

南青山Y邸のお施主さまも、以前は別のマンションのご購入権当時からご相談があったお客さまでした。築浅のマンションでしたが、インテリアも含めてリフォーム&コーディネートでお手伝いさせて頂きました。

singapore5-7

シンガポールへの5泊6日の弾丸出張プロジェクト、シンガポールM邸も考えてみれば今年のプロジェクトでした。短期間で260平米のマンション(それも現地に行くまで間取りも判っていなかった…)のインテリアコーディネートをお手伝いさせて頂いた経験は、この後になっても大いに役立っております。

DSC_7917_pt

まだ家具が入ったきちんとした写真が撮れておりませんが、広尾N邸もとても思い出深いプロジェクトです。消費税UPやその後の職人不足、マンションの水漏れや全体改修との絡み、香港からの建具やインテリア素材の輸入など、難しい問題山積みでしたが、何事にも前向きなNさまご夫妻のご協力と外国まで出張してくれたスタッフの竹田さんのお陰で、無事竣工お引き渡しを喜んで頂けました!

DSC_8445_pt

デザインアドバイスでお手伝いした三田綱町パークマンションU邸です。個人的な感傷ですが、今は亡き祖父と祖母が暮らしていたマンションで、ほぼ同じ向きと間取りのお宅のリフォームをお手伝いできたことは、とても感慨深かったです…。

seirokaS

こちらの 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸はまだ、竣工写真をブログにもUPできておりませんが、管理会社との難しい工事条件調整や、防災・スプリンクラー対応、そして騒音や臭いの厳しい規制のなかでのリフォームでしたが、施工をお願いした高島屋スペースクリエイツの誠実あ対応と建築工事の、造作家具の現代製作所の頑張り、そしてスタッフの前田君の粘りで、無事完成することができました。

minamiazabuStei

リビングダイニングとキッチンだけで100平米超えの南麻布S邸は写真のインパクトが大きいプロジェクトでした。こちらはいつも施工でお世話になっているリフォームキューさんからのご紹介のお施主さまでした。ちょうど奥様がご妊娠中の設計で、工事最中に元気な男の子が生まれて、竣工時には赤ちゃんを連れてきてもらったという、S様ご家族にとって記念のプロジェクトでした。

FILE0028_pt

虎ノ門ヒルズレジデンスM邸は、工事をすることになったことをブログで報告したところ、沢山の不動産関係者(すべて知り合いですが…)から連絡を頂きました。日本で最高級の坪単価、そして竣工したばかりの超高級マンションを、どのようなお施主さまがどのような経緯でリフォームすることになったのかが話題になったリフォームです。すでにお施主さまにお部屋のカギはご返却させて頂きましたが、カギを持って虎ノ門ヒルズに行く際はなぜかウキウキした気分になっていました。

Exif_JPEG_PICTURE

年末ギリギリに竣工お引き渡しをした白金台Y邸です。築29年の高級ヴィンテージマンションですが、建設当時から親の知り合いが住んでいたことで、建築を勉強し始めた大学生の頃に見学させてもらった思い出深いマンションでした。不思議な縁でお手伝いさせて頂き、とても嬉しいプロジェクトでした!
これまでは年に3~5件程度のペースでしたが、昨年から問い合わせ数も急増しており、デザインアドバイスなどの手法も取り入れたこと、また竹田さんや前田君のスタッフの陣容も整ってきたことなどで、以前より多くのプロジェクトに取り組むことができるようになってきました。来年は、工事がすでに始まっている六本木N邸、設計の最終段階に入っている南麻布K邸などの超ビックプロジェクト、そしてブログでもまだ紹介していないプロジェクトも幾つかあります。
まずは年内、そして年明け4日まで休ませ頂きますが、どうぞ来年以降も宜しくお願いいたします!

 

タグ

2014年12月29日 | お客様とプロジェクトに恵まれた実り多き一年でした はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 三田綱町パークマンションU邸 南平台N邸 南青山Y邸 南麻布S邸 広尾N邸 白金台Y邸 虎ノ門ヒルズM邸 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

ゴージャス&スタイリッシュな高級リノベーション、南麻布S邸が完成

ようやくすべてのリノベーション工事が終わって、お施主さま検査&引き渡しとなった南麻布S邸の現場に伺って参りました。

DSC_8393_pt

とにかく広く、天井も高いS邸では、人間が小さく見えるので、この写真を見てもスケール感がズレしまうのではないでしょうか?

DSC_8385_pt

リノベーション工事中に生まれて、まだ生後2ヶ月の赤ちゃんを連れての、お施主さまの検査&お引き渡しです。本来は検査後に是正工事を行って、それが完了してからお引き渡し&お引っ越しとなるのですが、諸処の事情があって、検査当日にお引き渡しとなって、お引っ越し後落ち着いたところで補修工事をすることになったのです。

R0047238_pt

引き渡しの際に行う機器の取り扱い説明も同じ日に行いました。ちょうどキッチンの使い勝手をご説明中です。

R0047218_pt

初めは奥様が赤ちゃんを抱っこしながら取扱い説明を受けていましたが、なかなか集中できそうになかったので、途中から私、各務が赤ちゃんを抱っこしながら取説を埋めてもらうことになりました。ほんの数年前に自分の赤ん坊を抱っこしていたのに、首が座っていない赤ちゃんを抱える方法を忘れてしまっているのには、我ながら驚きましたが…。

DSC_8388_pt

一通り検査&取説&引き渡し書類の捺印等が終わったところで、関係者全員での記念撮影です。中央にお施主さまご夫妻、そのほかは右からリフォームキューの現場担当の富田さん、カガミ建築計画の竹田さん、お施主様の左がリフォームキューの営業&設計担当の森井さん、そして各務です。

R0047202_pt

お引き渡し後、しばらく残らせて頂き、まずは照明のシューティング調整を行いました。ユニバーサル(照明の向きを変えられるタイプ)の照明は、すべてどの壁面を照らすかを考えながら、一つずつ調整してゆきます。

R0047204_pt

当初は少しスカラップ(壁面近くのダウンライ卜の光の模様のこと)がずれていたものを地道に整えて行きました。

DSC_8249_pt

そのあともお施主さまのご了承を得て、残らせ貰って竣工写真を撮影させて頂きました。何度も繰り返すようですが、広くて天井も高いので、キッチンやテレビも小さく見えてしまい、どうにも人が暮らす空間に見えなくなってしまうのには閉口致しました。

DSC_8369_pt

クッチーナでお願いしたU字型の高級オーダーキッチンです。天板はコンフォート社が輸入している人工クオーツストーンのシーザーストーンです。先日販売された女性誌エクラへご紹介したことで、今回は特別に格安の価格で入れさせていただきました。

DSC_8357_pt

こちらも扉も同じくコンフォート社でお願いしたゼブラウッドの建具です。ハードな大理石タイルや透明感のあるガラスと相まって、とてもスタイリッシュな出来上がりになり、お施主さまも設計の僕らも大満足です。完成時の様子は、こちらをご覧ください:南麻布S邸リノベーション
長らくお待たせいたしましたが、ようやく完成することができました。Sさまご夫妻&ベイビーちゃん、どうぞこの空間での生活を楽しんでください。また落ち着きましたら、浴室・洗面や寝室部分の第2弾リノベーション計画を進めさせてください!

 

No tags for this post.

2014年10月29日 | ゴージャス&スタイリッシュな高級リノベーション、南麻布S邸が完成 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布S邸

床仕上げ_フローリング&タイル張り@南麻布S邸

南麻布S邸のリビング・ダイニング・キッチンの床は、空間性や使い勝手を考えて、3種類の大理石調タイルと1種類のフローリングを張り分けるデザインとしています。

DSC_7877_pt

ソファーを置いてリラックスするリビング部分のほとんどは、こげ茶と黒い色が混ざったダークな色調のフローリング張りとなります。

DSC_7905_pt

窓の位置や天井の折り上げの位置とフローリング張りの位置があっていることが判るでしょうか?壁際の柱型と手前廊下部分はボーダーとしてタイル張りとなります。

DSC_8018_pt

ちょうど作業中なのが、ダイニング部分のタイル張りです。大理石調タイルは、欧州(特にイタリアやスペイン)からの輸入ものが多いのですが、まだ日本ではあまり主流となっていないので、一つの材種・メーカーでは望ましいタイルが見つかなかったので、2社3種類のタイルを張り分けることになりました。

DSC_8043_pt

そうなると、タイルの厚みやサイズが微妙に変わってくるので、ボーダー張りにする際に、サイズ違いを調整するために、写真のようにさらに細かくサイズ調整用のボーダーを廻すことになります。デザイン的にも結構効いてくる部分なので、幾度も図面を直してサイズを決めてゆきました。

DSC_7913

判りやすいように色は変えていますが、このような図面を起こして、リビングのフローリングの範囲、ダイニングやキッチンのタイル張りのエリアを指示してもらいました。

DSC_8039_pt

フローリングと2種類のタイルの張り分けの様子です。事前に現場で厳密な墨出しをして貰っているので、バッチリあっていました。

R0046910_pt

こちらの写真はタイルをどのように張ってゆくかの工程を順に追ったものです。
左から、まずモルタルに接着剤を混ぜたものを鏝(コテ)で床に塗ります。次は吸盤がついた特殊な持ち手でタイルを張ります。最後は、指先と手の平の感覚で、平滑さと目地の通りを見ながら、木槌で微調整してゆきます。

DSC_8045_pt

まだタイルが張り上がっていませんが、大きなリビングダイニングの空間が、だだっ広いだけでなく、ちゃんと空間の使い勝手に合わせてゾーン分けされていることが判る床構成になってきました。

R0046920_pt

因みに、こちらの図面は現場監督の富田さんが大事に持っていたものですが、床の平滑面を確保するために、現場を完全に解体した際に床スラブの段差がどれだけあって、どの部分もモルタルで調整すべきかを指示した図面です。このような地道な作業が重なることで、きれいな床面が出来上がってくるのですね。

DSC_8089_pt

こちらが翌日に見に行った現場写真です。すでに床タイルは全て張られていました!

DSC_8092_pt_pt

フローリングにかぶさっていた養生を少し剥がして、3種類の床材が張り分けられている様子をパチリ。

DSC_8093_pt

キッチンの中央部分には、3種類目のタイルが張られていました。

DSC_8099

玄関の三和土(タタキ)部分の大理石も張り始められていました。こちらは床スラブからの厚さが十分になるので、砂にモルタルを混ぜたものに、ノロを掛けながら張ってゆくスタイルでした。

DSC_7904_pt

その他の作業もどんどんハイピッチで進んでいます。石張りの壁の背部には引き戸を引き込むポケットが出来上がっており、プライベート部分とパブリックを分けている壁の端部の丸い部分も張り上がっていました。

DSC_8034_pt

子供のプレイルームを仕切るための大きな引き戸も現場に届いていました。搬入できるサイズか、実験をしたうえで搬入したものですが、本当に階段室ギリギリだったそうです。竹田さんと比べるとそのサイズの大きさが判りますね…。

DSC_8030_pt

玄関ホールとリビングの間仕切り扉も取り付けられていました。コンフォートで特別に作った貰った、ゼブラウッド張りの大型扉です。

 

タグ

2014年10月20日 | 床仕上げ_フローリング&タイル張り@南麻布S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布S邸

ビニールクロス張り工事@南麻布S邸

普段はあまり使わないビニール製のクロスですが、こちらの南麻布S邸では、壁面と天井面に張っています。実は、ちょうどリノベーション最中にお施主さまにとっての初めてのお子様が生まれるので、男の子の赤ちゃんが汚しても、張替えしやすいようにビニールクロスを使うことになったのです。

DSC_7571_pt

塗装に比べると圧倒的に仕上がる時間が短く、現場を見ているうちにどんどん仕上がってゆくのは圧巻でした。

DSC_7574_pt

自動クロス糊付機を使って、ビニールクロスに糊を付けています。右側に見えているタンクに乗りを入れて、実測した面積をキーボードに入力しておくと、あとは手差しでビニール壁紙を入れて行けば半自動で糊を付けて行ってくれるそうです。糊が足りなくなれば補給指示が出て、指定していた面積分だけノリ付の壁紙を作ってくれるスグレモノです。裁断機能もついているので、クロス端部も同時にきれいにカットしてくれています。

DSC_7579_pt

機械で糊付けしたビニール壁紙はカンガルー袋と呼ばれる養生用の袋に入れておけば、すぐには乾かないそうです。一度にある程度ノリ付けしてからは、一気に貼り付け作業です。とにかく南麻布S邸のリビングダイニングは広く、天井と壁ではクロスの種類が違い、さらにはダイニング壁にはアクセントクロスを使っていますし、玄関やユーティリティーも違うクロスを使っているので、結構面倒な作業なようですが…。
一般的にクロス仕上げとなると、どうしても空間がベタッとした印象で、画一的な仕上がりになってしまうので、こちらではクロスの種類を使い分けて、さらにはモールディングなども混ぜて、安っぽく見せないためのデザインの工夫をしています。

DSC_7592_pt

塗装で仕上げてもらっているモールディングが視覚的アクセントとしてエッジが効いているので、天井や梁型部分のの普及品クロスも安っぽく見えなくなっていました。

DSC_7604_pt

玄関のコーナー部分の仕上がりの様子です。天井のクロスと手前玄関側のクロス、そして奥のリビング側のクロスで3種類のクロスが交わっている箇所です。ここだけでみると、クロスらしい野暮ったさが感じられますが、スリット部分にガラスが差し込まれるので、すっきりとしたイメージで仕上がるハズです。

DSC_7591_pt

こちらはユーティリティーやパントリーなどの作業用動線上で使う引き込み扉です。神谷コーポレーションのクロス巻き込み用建具を使っています。クロスを巻き込みやすいようにうまく金物などが工夫されています。

DSC_7588

こちらがメーカーの仕様要領です。建具も天井までのフルハイトで、さらに建具だけではなく、枠もある程度クロスで隠せる仕様となっており、その名も「ステルス建具(!)」という製品です。慣れないと施工は面倒なようですが、仕上がりがクロスで統一で来て、嫌味がないデザインなので、クロス仕上げでコストダウンをする際には重宝する建具です。

 

タグ

2014年10月14日 | ビニールクロス張り工事@南麻布S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布S邸

大理石張りのリビング壁@南麻布S邸

南麻布S邸の現場では、リビングダイニングの壁の大理石を張っている最中でした。

DSC_7354-2_pt

今回、選んだ大理石は、グリジオ・ビリエミという名前の石です。因みに、大理石の名前は、定番でどこでも同じ名前で扱っている有名大理石と販売会社がイメージでつけている名称があり、このグリジオ・ビリエミは後者のようで、一般名称ではないようです…。

DSC_7387_pt

ニ液性の接着剤を混ぜている様子です。石を壁・床に張るには多様な接着剤や工法があるようですが、二つの接着剤を混ぜて使うこの方法は、信頼度が高く、張りやすいとの職人さんの言でした。

DSC_7367_pt

目地なしで、積み上げで張ってもらっています。糸を張って、水平線はきちんと出してからの作業ですが、細かい不陸の調整は、全て指先を使っての微調整でした。

DSC_7425_pt

ほぼ、張り終わった石張りの職人さんが、今度は、タイルに穴をあける作業をしていました。タイルや石を切ったり削ったりは、大きな音が出ると同時に、すごい量の埃が発生します。手前の膨らんでいる袋状の吸塵器を使って、少しでも埃の拡散を防いでくれています。

DSC_7428_pt

ちょうど床タイルを張る個所に、フロアヒンジの穴が来るので、その部分を手伝ってあげているそうです。僕ら設計者からしても、石やタイルは似た性質の材料なので、職人さんは一人で両方を張れるような気がしてしまいますが、大体の現場では、両者は別の職人さんが扱っているようです。

DSC_7372_pt

こちらがダイニングの奥から、ほぼ張り終わった大理石壁を見ているアングルです。

DSC_7358_pt

僕らが現場に来ていない3日間の間に、キッチンがすでに搬入設置されていました。

DSC_7373_pt

オーダーキッチンのクッチーナにお願いした、U字型の大型キッチンです。恐らくこのサイズのキッチンを組み立てるには、大きなリビングいっぱいの箱やカウンター材の材料が並んだことと想像されます。が、出来上がってみると、コンパクトに仕上がってしまうのです。ダンボールでしっかり養生されており、中身が見えませんが、きっときれいでスタイリッシュに仕上がっているハズです!

DSC_7382_pt

反対側から脚立に乗って、上から覗き込んだキッチンです。U字型に繋がった先には、冷蔵庫置き場があります。壁にはスイッチボックスと、電話・ファックスを置くためのミニカウンターも作ってもらいました。

DSC_7386_pt

スイッチボックスの後ろには、冷凍庫とウォーター・サーバー用のスペースがあり、さらにその奥にはパントリーとユーティリティーが並んで、玄関のタタキへと繋がる構成となっています。

DSC_7398_pt

大工さんたちは、幅木の取り付けをしてくれていました。通常の日本の住宅では、幅木の高さは40~60ミリ程度なのですが、今回のS邸は部屋の面積も広く、天井高さも高いので、150ミリの高い幅木を特注で作った貰っています。

DSC_7394_pt

一部、壁の端部を丸めた仕上げの個所では、特別に曲がりやすいベニヤ材で幅木を作って、接着剤と釘でしっかりと固定してくれていました。設計で丸を描くのは簡単ですが、工事をする側からすれば、相当大変な作業なのです…。きちんとこの効果が見えるように設計しているので、仕上がりが楽しみです。

 

 

タグ

2014年10月06日 | 大理石張りのリビング壁@南麻布S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布S邸

マンションの床遮音下地制作@南麻布S邸

南麻布S邸の工事現場では、遮音床下地の制作中でした。

141001yukashitaji_minamiazabuS-00

マンション管理組合の床材の遮音規定に則った下地を作るため、わんぱく応援マット(アトピッコハウス)を敷いて、その上から12ミリのベニヤ合板を接着剤で張ってもらっています。

141001yukashitaji_minamiazabuS-01

遮音マットとベニヤ板は強度を確保するために、互い違いになるように敷いてもらいます。写真左側に見えているのが電気式床暖房のマットです。

141001yukashitaji_minamiazabuS-02

電気式床暖房マットの上に直接フローリングやタイルを張ることはできないので、さらにその上に12ミリのベニヤ下地板を張ってもらっています。床暖マットのオレンジ色の部分が釘打ち可能範囲なので、上張りした下地板にもそのエリアを鉛筆で書き加えていってくれています。

141001yukashitaji_minamiazabuS-02-2

LDだけで100平米近くの面積があります。部屋中央にレイアウトするソファ横にはスタンドライトを置く予定なので、床付のコンセントを入れるために、床暖房パネルを離して、その隙間にコンセントを入れて貰う準備をしてもらいました。

141001yukashitaji_minamiazabuS-03

LDから玄関を見返した写真です。

141001yukashitaji_minamiazabuS-04

玄関側から見るとこのような形になっています。下履きがおいてある個所が上り框で、その左がタタキ部分になります。四角く凹んだ穴は玄関ホールからリビングへの間仕切り扉のフロアヒンジを入れるためのものです。

141001yukashitaji_minamiazabuS-09

扉の両脇には固定のガラスを入れるので、そのためのスリットが壁に設けられています。左奥に見える緑色のものは天井吊りの引き戸のレールです。

141001yukashitaji_minamiazabuS-05

翌日からキッチンの設置が始まるので、キッチン周りの床・壁下地は先に完成していました。右側の凹んだ箇所には小さなカウンターと吊戸が入り電話・ファックス機を置く予定となっています。

141001yukashitaji_minamiazabuS-06

壁をキッチン側に回り込むと、予備の冷凍庫置き場とその奥にユーティリティーとパントリー収納が見えています。動線としては、そのまま玄関まで通じています。

141001yukashitaji_minamiazabuS-07

照明の調光スイッチ類や床暖房コントローラー、マンションのインターフォンが壁から出っ張らないように、壁埋め込みのパネルを作って、そこに埋め込んでもらいました。

141001yukashitaji_minamiazabuS-08

パントリー収納はちょうどリビングのテレビの裏に当たるので、床付近にはテレビとステレオ機器用の作り付け収納が作られる予定です。

141001yukashitaji_minamiazabuS-10

リビングからプライベートエリアの寝室ゾーンへ繋がる廊下の壁は、端部を丸めるデザインにしていましたが、このように半割の丸型集成材を埋め込んでくれていました。設計しながら、どのように作ってもらおうかと悩んでおりましたが、良いアイデアをありがとうございます!

 

 

タグ

2014年09月22日 | マンションの床遮音下地制作@南麻布S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布S邸