Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

キッチンの素材&色決めについて

品川N邸

高層マンションのペントハウスリフォームの品川N邸の奥さまとのキッチンの素材と色決めがじっくりと進んでいます。

この日は、オーダーキッチンをお願いすることがすでに決まっているモービリティーポの徳永さんにも、弊社事務所に来てもらっての打ち合わせとなりました。

ここまで仮ではありますが、見積りでスペックインしていた素材類を全て揃えて、リビングダイニングや廊下空間からキッチンへの繋がりを考えながら、キッチンの素材と色味を検討してゆきました。

壁に使うタイルなどは、小型のサンプルでは実感を掴みにくいので、実寸サイズのタイルを用意して、素材感も確かめて頂きました(因みに僕が持っている灰色のタイルは、好みではないとのことで却下になりましたが…)。

キッチンカウンターについては、ほぼクオーツストーンのシーザーストーン(判りにくいですが、水晶(クオーツ)を90%以上含んだ人造大理石の一般名称がクオーツストーンで、シーザーストーンはイスラエルで作られているブランドの一つです)で決まっていますが、シリーズによって価格帯が結構変わってくるので、その色味の部分で少し迷われている状態となっています。

対面カウンターのダイニング側から見える2段カウンターの上はシイタケというベージュ・ブラウン色のもので決まっており、その下に見えてくる扉材もチークの突板が進めることが決まってきました。ただ、キッチン側のカウンター材とキッチン内側から見える扉材がまだ未決状態です。扉材については色見本帖から塗装サンプルを徳永さんに作って貰うことになりました。

メインのキッチンカウンター材については、もう少し大きなサンプルをもう一度見てから決めたいとのことだったので、急遽、事務所から徒歩5分の所にあるコンフォート社のショールームを再訪することになりました。

事務所の小さなサンプルではノーブル・グレーでほぼ決まっておりましたが、こちらで大判を確認したところ、柄の入り方がイメージとは違うとのことで、もう一度再検討することとなりました。

こちらはその翌日ですが、ちょうど家具が入ったばかりの外苑前C邸を見学させて頂ける機会が作れたので、Nさまご夫妻に来て頂いた際の様子です。インテリア全般に興味を持って頂きましたが、やはり奥さまが最も時間を費やしてみてくださったのはキッチンでした!

担当スタッフの岸本さんも心得たもので、キッチン関連の素材を用意してくれていたので、見学もそこそこにキッチンの仕上げ材打合せへと突入して行きました。

その1週間後の打ち合わせは、品川のNさまのご自宅キッチンの再実測に岸本さんが伺ってのお話しとなりました。ここでは引き出しや収納の実寸を再確認することが目的でしたが、自宅の光環境の中で各素材を確認したいとのことで、ここまで決まったサンプルをお渡ししてきました。

また更にその1週間後です。自宅でご主人さまともご相談して、この日にキッチン関係の最終決定をしようとのことで、再度奥さまに事務所に来て頂きました。

モービリティーポに依頼している扉の塗装見本がまだ届いておりませんが、何とか着工前までに金額まで含めてNさまご納得の上で、キッチンの素材を色味を決定することができました!

クレーンを使って外部からの家具搬入

外苑前C邸

お客さまの検査が終わって、幾つかの未成工事と修正工事を終えればお引渡しになる外苑前C邸ですが、お引渡し前までにこちらで発注を掛けたイタリア製家具が届いていたので、それらを搬入設置することとなりました。

通常は、マンションのエントランスホールの大きさ、エレベーターサイズ、廊下や室内での曲がり、更には階段の寸法などを考慮した上で、エレベーターまたは階段での手運びで無理なく搬入できるサイズの家具を選びます。ただ、今回は専有部分の広さの割にはエレベーターも階段もサイズが小さく、お客さまとの家具選定段階から、それらに合わせたサイズの家具を選ぶか、室内空間にフィットした家具で、搬入は外部からクレーンを使うかの判断で、後者で進めることとなっておりました。

具体的にはソファー(B&Bイタリア)とダイニングテーブル(フレックスフォルム)が大きく、この写真のような大きなクレーンを使っての搬入となりました。 それぞれの家具ブランドの担当者には、事前に現場に来てもらい、エレベーターと階段での搬入が難しく、クレーンを使えば電線や樹木などがあっても搬入ができることを確認して貰っておりました。

違う二社ブランドからの搬入となっておりますが、B&Bイタリアとフレックスフォルム社に事前調整して貰い、タイミングを合わせて同じ運送会社で同じクレーンを使って荷揚げをして貰うことができました。
こちらは道路で箱を養生を外して、クレーンでの荷揚げ中のダイニングテーブルの天板です。

リビングのベランダからの搬入となりますが、ベランダの受け取り側だけでも7人が待機して、上がってきた天板を取り込みました。

室内に運び込まれた天板です。

横に天板を仮置きしている間に、脚の部分を組み立てて…、

天板を脚の上に載せて、固定して無事ダイニングテーブルのセッティングが完成です。

ソファの荷揚げは撮影し損ねてしまいましたが、同じB&Bイタリアでお願いしていたラウンジチェアのHUSKは、サイズが小型ですが共用部分の養生が不要になるので、一緒にクレーンで揚げて貰いました。

一体で荷揚げされたソファは、現地で養生を取って、事前に折り畳んで揚げてあったラグの上に設置して貰いました。

因みに、ラグはお願いしているスプリングヴァレー社が軒先渡し(戸建て住宅であれば玄関前、マンションであれば教養エントランスの入り口での受け渡し)でしか対応してくれないとのことだったので、事前に施工をお願いしているリフォームキューに搬入して貰い、そこで検品をしております。

問題が無いことを確認の上、ロールの芯と養生を取り外して折り畳んだ状態で、リフォームキューに現場への搬入をお願いしておりました。

手運びで容易に搬入できた、モルテーニのアウトラインはすでに室内の廊下に並んでいました。

輸入シャンデリア照明の組み立て

こちらも事前に現場に搬入されていたダイニング上のペンダント照明器具(アーテリアーズ)の検品状況です。

輸入シャンデリア照明の梱包

こちらも、このクレーン搬入の前日にリフォームキューの電気屋さんに組み立てて設置して貰っておりました。

一通りの家具、ペンダント照明、ラグの設置が終わった状態での一枚です!
これでひと段落のハズなのですが…、

当日は盛沢山で、その後ブラインドの搬入設置とお客さまも同席して頂いての主寝室のカーテン決めがありました。

リビングダイニングはハンターダグラス社のシルエットシェードを取り付けて貰っています。

いつもカーテンやブラインド類をお願いしているバウハウスの鈴木社長に、こちらで事前に候補を選んでいたカーテンのサンプルを現地に持ってきてもらい、奥さまと一緒に大きめのサンプルで確認して、カーテンを決定させて頂きました。朝イチから夕方までの長時間、現場に張り付いてくれた担当スタッフの竹田さんと神崎さん、どうもお疲れさまでした…。

施主検査立ち合い@外苑前C邸

外苑前C邸

養生が取れて、一通りのクリーニングが済んだ外苑前C邸の現場に、お客さまの検査の立ち合いで伺って参りました。

外苑前C邸_施主検査立ち合い

こちらのプロジェクトでは、現場監理を伴わないデザインアドバイスという形でのお手伝いなので、設計検査は行わず、お客さまの検査に立ち会うという形で工事状況をお客さまと一緒にチェックを致しました。

外苑前C邸_施主検査立ち合い

養生が取れた状態の空間をご覧になるのはCさまも初めてだったので、シックに仕上がってきた空間を見て、Cさまもとても喜んでくださいました。
床のフローリングについては、設計時にショールームに一緒に行ってサンプルを見てご判断して下さったので、理解はして下さっているのですが、それでも思っていたより節が多く感じるとのこと、どうにかできないかとの相談がありました。

外苑前C邸_施主検査立ち合い

洗面台についても、きれいな仕上がりには喜んで下さったのですが、ご主人さまにとってはカウンター高さが低いとのことで、こちらについても何とかできないかとのご相談を頂きました。

外苑前C邸_施主検査立ち合い

お化粧コーナーと洗面カウンターを一緒の高さにする考えでこの高さ設定になったことは奥さまも良く分かって下さっているので、アンダーカウンタータイプのシンクを撤去して、カウンター上にシンクが乗るヴェッセルタイプのシンクを設置することで、うまく高さを調節できないかを検討してみることになりました。

外苑前C邸_施主検査立ち合い

トイレがすくし暗く感じるとのことで、照明器具を追加することや、塗装の細かい部分の指摘を頂きました。ここから補修工事と家具搬入である程度の時間を取っているので、丁寧にやり直し作業ができる時間が取れそうです。
写真は検査終了後の記念撮影です。左から、リフォームキューの現場監督の高橋さん、営業&設計担当の岩波部長、Cさまの奥さま、弊社副所長の竹田さん、設計担当スタッフの神崎さん、そして僕、各務です。