Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リノベ済みマンションの現地調査

松濤D邸

リノベーション済みマンションとして売り出されていたお部屋をご購入なさったお客さまからのご相談で、内装&インテリアリフォームをお手伝いしてる松濤D邸の現場に初めてお客さまご夫妻、工事をお願いするリフォームキューの森井さん、そして弊社担当スタッフの前田君と一緒に見学して参りました。

リノベ済みマンションのリフォーム

パッと見ると、この写真のようにきれいに見えるのですが、近寄ってみると使っている素材がチープで、建具や設備類も既製品ばかりで、マンションのグレードやお部屋の広さなどにはマッチしていないことを改めて実感することができました。

リノベ済みマンションのリフォーム

まずは図面とお客さまから頂いていた図面で良く分からなかった場所を、森井さんと前田君と三人で事前にチェックして回りました。このダイニングの壁面収納は使い道が乏しそうなので、ワインセラーを組み込んだカウンターを作ろうを計画していましたが、ワインセラーユニットを組み込める奥行寸法があるかを実測致しました。
寸法的には少し足りないことが判りましたが、廊下からLDへの扉の位置などを調整すれば、何とかなりそうでした。

リノベ済みマンションのリフォーム

玄関もそれなりのデザインになっていましたが、正面のニッチのデザインと、側面の既製品の引き戸のデザインがミスマッチしているので、両者とも作り直す方向で検討しています。

リノベ済みマンションのリフォーム

キッチン本体は新しいものなので、お客さまが気になさっている取っ手などを交換することで再利用しますが、背面収納はダイニングへの扉も併せて位置関係や収納量などの問題があるので、こちらは作り直すことになっています。

リノベ済みマンションのリフォーム

主寝室の奥にあるシャワー室です。手前に脱衣コーナーがあるのですが、手洗いボウルと水栓が無いので、何とかならないかとお客さまからも相談されているポイントの一つです。竣工時の図面を見ると、床下には排水管が通っているようですので、お引渡し後に床を剥がして給排水管への接続が可能かを調べることになりました。

リノベ済みマンションのリフォーム

家族用のトイレですが、こちらは廊下から一段床が上がっており、こちらも何とか改善できないかとの話を貰っておりました。こちらについても床を剥がして、排水管との接続をどうにかできないか調査することになっています。

リノベ済みマンションのリフォーム

そうこうするうちにお客さまご夫妻が来てくださったので、ここまで検討してきた内装材を一通り床に並べてみて頂きました。床フローリングや壁のクロス等はOKを頂きましたが、テレビ背面に来るアクセントのタイルについては、もう少し他の種類のタイルも見てみたいとの話になりました。

リノベ済みマンションのリフォーム打合せ

リビング窓からは隣地の緑しか見えないような素晴らしい環境ですが、カーテンかブラインドのどちらかが欲しいとのことで、それについての方針を相談させて頂きました。

リノベ済みマンションのリフォーム

玄関のタタキ部分と上がり框から先のホール部分の床材が同じで、段差が判りにくいことが現地で分かったので、壁面の収納と合わせて、タタキの仕上げ材も別の物をご提案することになりました。

浴室透明ガラスの半透明シート張り

D家にはお年頃のお嬢さまがいらっしゃるとのことで、洗面から浴室内が透明ガラスで見透かせることが気になるとの話を事前に伺っていたので、ガラス窓に張る半透明のフィルムで、上部に行くにしたがって透明度が上がってゆくグラデーションタイプの物を幾つか用意して、見て頂きました。

浴室透明ガラスのくもりシート張り

奥に僕、各務が立っていますが、それぞれのフィルムでどのくらい透けて見えるかをお二人に確認して頂きました。

リノベ済みマンションのリフォーム

この空間がどのように変化してゆくか、僕らも楽しみですが、お客さまもとても楽しみにして下さっておりますので、ここからさらにギアを上げて頑張ってゆきます!

お客様立会いのスイッチコンセント現場確認会

外苑前C邸

外苑前C邸の工事が進み、壁の下地材が組み上がってきました。

うちの事務所では、通常、このタイミングでお客さまに現地に来て頂き、照明等のスイッチとコンセントの位置を確認して貰うようにしています。

今回のプロジェクトは、神崎さんと竹田さんのダブル担当となっているので、二人にお客さまのCさまにスイッチ等の位置を説明して貰いました。基本は夜に家に戻ってきた時の動線、リビングから寝室へ戻る動線などを想定しつつ、どこにスイッチがあると使いやすかをお客さまにもシミュレーションして貰いながら確認して貰います。

コンセントについては、固定される家電についてはほぼ網羅出来ていますが、掃除機を持って移動することや、加湿器&除湿器をどこに置くか、あるいは携帯やノートバソコンの充電場所などを考えて貰いながらチェックしてゆきます。

また、このタイミングで、使わない既存家具扉を塗装したサンプルが仕上がってきていたので、こちらもお客さまに見て頂きました。

写真では伝わりにくいのですが、片側は持ち帰って工場でスプレー吹きで塗装したもので、もう一方は現場で刷毛で職人さんが塗ったものです。価格の差は大きいのですが、それ以上に塗装の質が違うので、建具については全て持ち帰って葺いて貰うこと、動かせない枠や壁については現地塗りでという形進めることを決めて頂きました。

現場は着々と進んでおり、大工の工藤さんが遮音と段差解消のための置床システムを組んでくれていました。

床システムが組みあがると、現地確認もし易くなります。

壁が立ち上がると共に、設備配管やダクトもレイアウトされてきます。

この写真は、中央の壁を挟んで右側がキッチン、、左側が洋室ですが、右側から設備職人さんがエアコンの冷媒管を送り込んでおり、左側の職人さんがそれを引き込んでいるのが判るでしょうか?

主寝室奥のウォークインクローゼットも仕上がってきました。奥さまからはとにかく収納が有効に活用できるようにと、色々な箇所へのハンガーパイプの設置をお願いされています。

ここからはハイスピードで現場が進んでゆくので、油断せずに適宜現場監督と連絡を取りながら、チェックをしてゆくことになります。

オーダーキッチンのモービリティーポ

品川N邸

品川N邸のオーダーキッチンをお願いする最後の候補として考えていた南青山にあるモービリティーポのショールームに奥さまと一緒に伺って参りました。

ボービリティーポ(オーダーキッチン)ショールーム

社長の徳永さんは、モービリティーポを起こしてからまだ3年目ですが、これまで白金台E邸のキッチンをお願いしたことがありました。

ボービリティーポ(オーダーキッチン)ショールーム

ショールーム自体は小さく実例は一つしかありませんが、徳永さんは前職でのオーダーキッチン経験も豊富なので、色々な引き出しがあるのです。

ボービリティーポ(オーダーキッチン)ショールーム

お悩みになっていたシンクの形状や使い方にも細かく対応して貰えそうで、 Nさまの奥さまもこれなら信頼して相談できると喜んでくださいました。

ボービリティーポ(オーダーキッチン)ショールーム

設計担当の岸本さんも一緒に、仕上げ材の確認までして、お見積りをお願いすることになりました。

ミーレ青山ショールーム

食洗器やビルトイン型のオーブンなどの話にもなったので、モービリティーポから至近にあるドイツ製キッチン設備ブランドのミーレのショールームを徳永さんに案内して貰いました。

ミーレ青山ショールーム食洗器

食洗器だけでも、相当な種類があるので、どの部分がどのように違ってくるのかを徳永さんに説明して貰いました。

ミーレ青山ショールーム食洗器

トレイの説明だけでなく、掃除・メンテナンスの方法まで教えて貰いました。これまでは日本製の食洗器をお使いでしたが、今回の実地説明でミーレの物でも使えそうだと自信を持ってくださったようです。

ミーレ青山ショールーム壁付けビルトインオーブン

まだ採用すべきか諦めるべきか悩んでいらっしゃるビルトイン型のオーブン、3種類を説明して貰いました。電子レジンと一体のコンベック型、通常のオーブン機能だけもの、スチーム機能付きのものを順に見せて貰いました。
キッチンは三社での相見積りとなります。


ページトップへ戻る