Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

大理石張りの壁の作り方

仙石山T邸

カガミ建築計画のマンションリフォーム&リノベーションで大理石を使うようになったのは、調べてみた所、2013年頃からのことでした。それまでは、ライムストーンなどの砂岩系の石は使ったことがありましたが、ちょうど8年ほど前の赤坂M邸の頃から、お客さまのご要望で大理石を採用し始めたことを思い出しました。当初大理石に対して、柄が強く、本磨きを使うとツヤも激しく、如何にもお金持ちの豪邸のようにハデハデになってしまうことを恐れていた記憶があります(笑)。ただ、大理石の特徴が分かって、磨き方を工夫したり、目地の使い方を覚え、実際に岐阜県や三重県の大きな石材屋を訪問するようになってから、大理石の魅力に開眼し、恐怖心も克服することができてきました。

さて、現在工事進行中の仙石山T邸では、玄関入った正面壁にオデッサベージュという大理石を全面的に張る計画となっています。オデッサベージュは、大理石としては石灰岩がマグマの熱で再結晶化されたものとのことで、柄もツヤもそれほど強くない、つまり癖の少ない使いやすい大理石として重宝させて貰っています。

600角の定尺ものをベースとして使い、それを等分割したものと、定尺ものを混ぜて、さらに水磨きと本磨きを混ぜ、目地もアミダくじ状にずらしながら張って貰っています。

現場でのカット作業を最小限にするために、すべてが部品化された状態で現場に入ってきています。

大きなものと細長く割られたものが混乱しないように、きれいに整理されて現場に並べられています。

立て掛けられた大理石の板の小口を見ると、このように数字が割り振られています。

石職人さんは、このような設計図を見ながら、その指示通りに石を張っているのです。

アップで見ると、このような指示図となっており、水磨きと本磨きの違いや、小口の磨きの指定まで細かく指定されているのです。

壁の端部では、石の厚みがそのまま見せられるようになっていたり、

出隅コーナーを回り込む部分については、このように互い違いになる様にサイズが調整されていたり、小口磨きの指定がされているのです。

因みに目地の幅は3ミリで共通していますが、その幅は、このアップ写真でみた小口に置かれた3ミリ厚のアクリルチップの上に載せてゆくことで調整されているのです。

同じお宅内のリビングの突き当り壁には、グリジオビリエミという濃い灰色系の大理石を張って貰っています。

こちらは大きな一枚の石の壁のように見せたいので、すべて本磨きで、かつ目地も入れない眠り目地で張って貰っています。

大理石も石種やサイズによって、厚みが色々と変わってくるのですが、大きく厚いものになってくると、一人の職人さんで張ることができず、職人さんの数が増えて、増額する要素になってしまうので、一人で張ることができるサイズ考えながら設計をしております。ちょうどコンセントを入れ込む箇所を見ると石の厚みが分かりますね。

因みに、こちらはトイレの壁ですが、同じような大理石に見えますが、実は大理石調のタイルなのです。大きな空間でフォーカルポイントになる壁に本物の大理石を張り、サイズが小さい壁やトイレ洗面のように水でぬれる可能性がある空間には大理石調タイルを張ると、空間イメージが統一しながらもコスト調整が可能で、使い勝手も良くなるという考え方です。

また、浴室内では、超薄型(3.5ミリ)のタイルも使っています。既存の浴室壁がタイル張りになっており、全面白の仕上げとなっていますが、平坦で立体感も出ないので、既存タイルの上から張ることができる、この超薄型のブクシースリムを張って貰っています。

この薄さを見て貰えると、先ほどの石の厚みとの違いが良く分かりますね!

現場には、石とクロス張りの壁を見切るための金属製の見切り材や…、

壁の仕上げ材の色に合わせて、事前に塗装された巾木も入っていました。

廊下突き当りのこの壁、もっとも重量感がないビニールクロス張りの壁となっていますが、それでも6ミリのベニヤ板をアミアくじ状に張り、目地底までクロスを張り込むことでクロス巻きのパネルを張り込んだような硬質感が出るようにデザインしてみました。

プレミアムマンションリノベ塾@建築知識

ニュース

建築家向けの専門雑誌「建築知識」(エクスナレッジ社)のミニ特集にカガミ建築計画の仕事を取り上げて貰いました。その名も「各務謙司の”プレミアム”マンションリノベ塾」!

どこがどう塾なのかは、記事を読んでも残念ながら分からないのですが…、

こちらが持っている知識や、失敗を経て経験した来たことを担当編集の西山さん(プレミアムリノベーション本の編集者でもあります)に根掘り葉掘り聞かれての特集記事で、ある意味纏まりがない内容なので、それが色々な教科を扱っている塾のようなのかも知れませんね…。

ブログで詳細を書いたマンション外壁のコア抜きといった技術的な内容から、まだブログでも公開していない、事例写真や図面なども西山さんの編集の熱心さに負けて、提出させて頂いております(笑)。

ブログで公開している写真と重なるものもありますが、こちらは詳細の寸法まで記された図面が載っているのが、ブログ記事との大きな違いですね。

ミニ特集という割には見開き4ページ計8ページの読み応えある記事に仕上がっています。

建築知識2021年5月号の後半部分に掲載されておりますので、是非ご覧ください。

サルバトーリの施工事例とサンプルボックス

世田谷区Y邸

サルバトーリ」はイタリアの加工大理石ブランドです。一般にインテリアで使う大理石は色味と柄と純度(汚れていない度合い)で評価されてしまいます。きれいな石でも、変な柄(例えば顔に見えてしまう模様)があったり、真っ白な部分にシミのような模様があったりするだけで、価値がガクンと落ちてしまう、また、掘り尽くされてしまえば終わってしまうという限界がある素材(実際には地中に大量に眠っているのですが、掘る方法がない…)であることを考えて、廃棄されていた端材を接着して木材の集成材をイメージすると分かりやすい加工大理石を作り始めたのが、このサルバトーリ社です。

上の写真の中央奥の黄色っぽく見えるのが、端材を寄せ集めてカットしたリートベルデというシリーズの加工大理石です。その他の物も、ノコ目や溝をつけることで大理石の硬度を際立たせたり、波模様をつけて柔らかく見せるなどの工夫をして、大理石素材の新しい魅力に気が付かせてくれる、優れたブランドだと思っております。

そのサルバトールの日本代理店であるインテリアズ社の弊社営業担当の佐々木さんと上司の青木さんが、サルバトーリ社に依頼したサンプルボックスをプレゼントしてくださいました!同じサイズにカットされたサルバトーリの素材が、注意書きと共に一つのボックスに入っており、持ち運びができるような仕様となっています。

右からインテリアズの青木さんと佐々木さんと僕、各務です。実は、佐々木さんは、僕が以前教えていた建築の夜学の教え子なのです!佐々木さんが入社する前から、インテリアズは愛用させて貰っておりましたが、佐々木さんが入ってからは、よりコンタクトもしやすくなり、とても助かっています。
ここから先は、これまで僕らの設計事例で、実際に使ったサルバトーリの実例をご紹介しておきます。

始めてサルバトーリに出会って、一目惚れして採用させて貰ったのが、こちらです。テレビとバイオエタノール暖炉の背部にリートベルデ柄のクレマ・ドルチェを張っています。

同じ住宅事例の玄関壁(写真右手)には、同じリートベルデ柄ながら、ホワイトカラーラの材質の板を使い、すこし硬質な感じを演出しております。

渋谷区のタワーマンションS邸の玄関に、やはりクレマ・ドルチェのリートベルデ柄を使ったことがあります。中身まで同じ素材でできた無垢材なので、出隅のコーナーでもきれいに見せることができるのも助かります。

こちらの写真はリビングの右手壁から正面の柱型まですべてをクレマ・ドルチェのバンブー柄で張っています。やはり手前の出隅部分は、小口を磨いて、石材の厚みを見せて終わりにしています。こちらはブログのみで紹介している世田谷区Y邸の事例です。

港区R邸の重厚感のある玄関ホールの正面壁には、シェブロン柄のピエトラ・ダルヴァを採用しました。

木製のフレーム、無垢の大理石やモザイク加工の大理石と並んでも全く遜色しない、存在感のある素材ですね。

外苑前C邸のテレビボードと柱型部分には、ピエトラ・ダルヴァのローを張り込んでいます。濃い灰色に塗装した木製フレームと、黒くてマットなカラーガラスと黒っぽく染色したウォールナットの扉でうまくマッチしてくれています。

こちらはブログでもホームページでも紹介していない、珍しい戸建てリフォームのお宅です。ダイニングの正面壁にザラッと表面に傷をつけたような表情のビアンコカラーラと真鍮色の目地棒を組み合わせたトラッティという柄の物を張っています。出来上がりを見た瞬間に、奥さまがとても上品で本当に気に入って下さったのが印象に残るプロジェクトでした。

奥さまの清潔で白いイメージに対して、テレビのあるリビングはご主人の立派で重厚なイメージに合わせてピエトラ・ダルヴァのロー柄です。周りの壁紙も灰色のものにして、テレビと背面壁が一体化するようなデザインです。

こちらもまだブログでは完成していない渋谷区Q邸の玄関ホールです。右手の壁にクレマドルチェのリートヴェルデを張っています。地層のように積み上がった表情が廊下正面の板張りとも合って、濃厚な空間となりました。

同じ渋谷区Q邸のリビングのテレビ背面には、ピエトラ・ダルヴァのインフィニートを張りました。一定のリズムで溝を掘っただけの素材なのですが、これも不思議な硬質感があるのです。テレビの背面から、バイオエタノール暖炉の手前部分にまでこの素材が差し込まれています。
佐々木さん、そして青木さん、大変貴重なサルバトーリのサンプルボックスのプレゼント、どうもありがとうございました!