Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

新規プロジェクト:スケルトンからスタートの千代田区M邸

千代田区M邸

コロナの自粛期間前から新規プロジェクトの千代田区M邸リノベーション計画がスタートしています。

千代田区M邸_解体現地調査

代々木I邸と似たようなケースで、こちらのお客さまもここまで弊社ではない設計事務所にリノベーション設計を依頼して、施工会社の見積りの承認、マンションへのリフォーム工事の申請を経て、解体工事もここまで進んでからの方針転向で、弊社にご相談がありました。

千代田区M邸_解体現地調査

実は、お客さまのMさまご夫妻は、以前より弊社ホームページをご覧下さっており、リノベーションをするならカガミ建築計画にと考えて下さっていたそうなのですが、ちょうどこちらのヴィンテージマンションをご購入なさったタイミングで、仲の良い友人から建築家を紹介されて、ぜひこの人を使ってあげて欲しいと依頼をされてしまったそうです。

千代田区M邸_解体現地調査

お会いしてみて、悪い方ではなく、熱心で誠実に取り組んでくれそうだったので、自分たちがデザインをリードしていけば、何とか上手くできるのではと考えてスタートしたそうです。

千代田区M邸_解体現地調査

元々Mさまご夫妻は、これまでも幾度か住宅を作ったことがあり、共にインテリアに興味があり、ヴィンテージ家具が大好きという共通点があります。お二人のインテリアや素材に知識も、一般の方のレベルをはるかに超えており、その建築家も知らないことばかりで、却ってお二人で色々と教えてあげているような状態だったそうです…。

千代田区M邸_解体現地調査

似たテイストをお持ちのお二人ですが、細かく考えてゆくと、機能重視のご主人さまとデザインや素材&色味重視の奥さまとで違う考え方があるとのこと、お二人が悩み始めると、それまで受け身だった建築家はさらに受け身になってしまい、全く新しい提案が無くなってしまい、このままでは先に進むことが難しそうだとのことになってしまったそうです。

千代田区M邸_解体現地調査

ただ、一部鉄筋コンクリートの壁を撤去したいと考えていた部分は、構造設計のチェックもして貰っており、マンション管理組合への申請も進んでおり、施工業者も信頼できる会社だったので、とりあえず解体工事までは進めて、そこから先はまた考え直そうとのことで、この写真の段階まで進んでいたそうです。
ちょうどこの写真の床が凹んだカ所の左側一列が鉄筋コンクリート造の壁を解体した跡です。

千代田区M邸_解体現地調査

この写真の壁中央部も、リフォームの間取り案を実現するために、きちんと申請をして壁解体を行ったそうです。
ただ、解体工事の最中に、どうしてもこの先が不安になったそうで、一度ここまでの作業を精算しようとの考えに至ったそうで、建築家と施工会社に連絡を取って、ここまでの費用を支払うので、すべてをストップしたい旨お伝えしたそうです。

千代田区M邸_解体現地調査

ストップができたことを確認の上、弊社にご連絡を頂き、この調査の1週間ほど前に事務所に一度いらしてご相談をさせて頂きました。こちらであれば、どのような対応ができるかをお伝えしたところ、ここまで変な形で進んできたプロジェクトですが、ぜひ一緒に進めさせて貰いたいとのお話があったので、この日に現地を確認させて頂きました。

千代田区M邸_解体現地調査

解体工事は、本当にきれいで、コンクリート壁の解体も上手でした。唯一、お風呂場だったこの箇所が謎の解体がされており、こちらもどう対処すべきか悩んでおります。

千代田区M邸_解体現地調査

実はこのマンションの違うお部屋のリノベーションのお手伝いをしたことがあったので、マンションの設備や構造のことはある程度分かっておりましたが、その際もここまでフルスケルトンでの工事ではなかったので、改めて水回りの床スラブの段差の考え方等、色々と考えることがありました。

千代田区M邸_解体現地調査

一週間前にお目に掛かった際に頂いていた既存図の資料に、こちらが考えたリフォーム案を落とし込んで、どこにどのように空間を作ってゆくのかのイメージをシェアさせて頂きました。

千代田区M邸_解体現地調査

実は奥にある二つの寝室だけは、再利用できるかも知れないとのことで、このように残されていましたが、僕らがご提案したリフォーム案では、これらの寝室も作り直す考えでしたので、改めての解体工事の際には、こちらも取り壊させて頂くことが決まりました。

千代田区M邸_リフォーム案-1

オープンキッチンのある光と風が通り抜けるLDKが特徴の気持ちが良い空間が実現できそうだと、Mさまご夫妻もとても喜んでくださっています。

ロボット掃除機ルンバ i7+の基地

麹町K邸

コロナ前にリフォーム工事が終わりお引渡しをしていた麹町K邸に写真撮影のために伺って参りました。

麹町K邸リフォーム

一番の目的は家具や調度品が入ったご自宅を撮影して頂くことでしたが、実際の設計者としての収穫はお掃除ロボットのルンバの収納&使い方でした。
リビングのスタイリッシュな壁面収納の一番右奥に作ったルンバの基地の使い勝手を色々と奥さまに教えて頂きました。

ロボット掃除機_ルンバ i7+の基地

ルンバ基地の内部の様子を、スタッフの竹田さんと確認させて頂きました。

ロボット掃除機_ルンバ i7+の基地

今回採用したのは、最新型機種のルンバ i7+でした。メーカーの売り文句には「部屋の環境を学習して記憶し、最適なパターンで清掃。10倍の吸引力とパワフルな清掃力で家中を徹底的にキレイに。ゴミ捨てまで自動化。」とのことでしたが、本当に使い勝手が良いそうです。
収納の奥で暗くて良く見えませんが、「掃除が完了するとルンバ本体のダスト容器のゴミを、クリーンベース内の密封型紙パックに自動で排出。ダスト容器30杯分ものゴミを収納できるので、ゴミ捨ての手間が省けます。また、集めたゴミはそのまま捨てられるので、ホコリが舞い散ることがありません。」の言葉通りで、これまでの旧式のルンバに比べて、ごみ捨ての手間が格段に省けるそうです。

ロボット掃除機_ルンバ i7+のiPhoneモニター

そして、ルンバの学習能力も素晴らしく、何度も使っているうちに部屋の形状を学習して、間取り図を作ってiPhoneに送ってくれるのです!
その後はエリア設定も自由にできるので、特に汚れたコーナーを重点的にお掃除してもらったり、留守中に掃除をして貰うなどのカスタム化もできるそうです。

こちらは、工事着工時にお客さまに購入して頂いたルンバと付属品のダスト容器を箱から出して、実測させて頂いた際の写真です。

ルンバ i7+の収納基地寸法図

柱型に沿って、造作収納を作り、その下部にルンバ i7+の収納基地を作った際の造作家具図です。

ルンバ i7+の収納基地詳細図

収納内部に隠してしまう場合は、フタをあけて中のゴミが貯まった紙パックを取り出して捨てるのに必要な寸法を確保しておく必要があるので、すこし余裕を持たせて、高さ800ミリを確保しました。
掃除や片付け用品をこのエリアに纏めて収納なさりたいとのご要望を事前に伺っていたので、上記の写真のように収納内部にはフックを幾つかつけて、収納道具を引っ掛けることができるようにしておきました。上部の隠し扉の内部の棚にも100ショップグッズを使ったミニボックスや、コロコロ等をうまく収納していらっしゃいました。

床拭きロボット_ブラーバ基地

もう一つのお掃除ロボット、水拭きのブラーバも最新機種のブラーバ300シリーズを採用して下さっています。当初はこちらもルンバの横に格納するアイデアもあったのですが、こちらは定期的に水を補給しなければならないこと、主に使うエリアが、床がタイル張りのキッチンと洗面であることを考えて、キッチンの対面カウンター下に基地を作りました。
こちらも水を機械に入れる必要があること、また将来的に仕様が上がる機種が出る可能性や、違うメーカーからグレードアップされた機械が発売される可能性を見越して、サイズ的に余裕を持たせた基地収納を作っておきました。こちらのブラーバも水拭きやカラ拭きをシーンに合わせてコントロールできるので、とても重宝していらっしゃるとのことでした。

設備系ショールーム巡り@代々木I邸

代々木I邸

代々木のメゾネットマンションリノベーションのIさまと一緒にステレオシステムのバング・アンド・オルフセン(B&O)の六本木ショールームを訪問致しました。

B&O六本木ショールーム見学

何やら秘密のブースような中に、Iさまと弊社担当スタッフの神崎さんが座っていますが…、

B&O六本木ショールーム見学

ショールーム内に、このような特別ブースがあり、最初は前面がガラス張りなのですが、サラウンドの音楽が鳴り始める同時にスクリーンが下りてきて、映像が映し出されるイメージブースとなっています。

B&O六本木ショールーム見学

今回のIさまはホームシアターやステレオルームのような特殊な装置が欲しいのではないので、最初のブースは体験はして頂きましたが、現実的にはテレビとステレオ&スピーカーとインターネットをどこまでどのような形で連動することができるかを、B&Oの担当スタッフの阿南さんに説明して貰いました。
本日はまだ決定するような段階ではないので、一通りの説明を伺ったところで、次のショールーム、輸入衛生機器のセラに移動しました。

セラショールーム見学

乃木坂のセラ・トレーディングでは、主に洗面ボウルと水栓をご一緒に見て回りました。

セラショールーム見学

水栓金物では、お客さまの強いご要望があれば、他のショールームもご推薦しますが、デザインクオリティー、種類の豊富さや、供給の安定度、そしてアフターケアのメンテナンスを考えると、都内では一番のショールームだと思っております。

セラショールーム見学

洗面ボウルのアンダーカウンタータイプや、カウンター上に乗るヴェッセルタイプ、半分埋め込みのハーフヴェッセルのメリットやデメリットをご説明いたしました。

タイルショールーム見学

こちらは別日になりますが、浴室の内装タイルを見るために、白金台のコンフォート社のショールームを訪問して、イタリア製タイルのマラッティを選んだ時の様子です。洗面脱衣から浴室への入り口の枠は、通常は鏡面仕上げにするのですが、実はガラス面以上にこのサッシ枠の清掃が難しいので、今回はバイブレーション仕上げとしています。そのサンプルと合わせながらタイルの色味を選ばせていた頂きました。

仕上げ材確認@代々木I邸

ここまで決まってきた素材サンプルを一堂に並べた様子です。Iさまがお好きなベージュ調にグレーや茶色を混ぜた色調に、アクセントとなるピンクと黒と真鍮色が入ってくる落ち着いていて、エレガントな雰囲気の空間に仕上がりそうです。

仕上げ材確認@代々木I邸

ここまで方針が決まっていなかった、玄関ホールからリビングダイニングに入る建具の素材も、Iさまお気に入りのこちらのピンクとベージュのファブリックに、楢材(オーク)の拭き取り塗装板に真鍮目地を通すデザインで検討することになりました。ファブリックはB&Bイタリア社の物なので、こちらも納期が掛かるので、家具に追加して発注することが決まりました。