Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

スケルトン解体状況の確認@西麻布N邸

西麻布N邸

解体工事がほぼ終わってスケルトン状態(コンクリートの床壁天井がほぼ表しになった状態)の現場をお客さまと一緒に確認致しました。

230平米の大型マンションで、従来は4寝室あった間取りを2寝室にして、その分リビングダイニングを広くするリノベーション計画なので、とにかく広いLD空間が取れそうです。

解体工事の際の騒音の問題で、間取りを変更することになった浴室周囲の状況を、お客さまのNさまご夫妻に説明させて頂きました。

比較的築浅のマンションではありましたが、床下の給水給湯管は古いタイプのものだったので、全面的に交換することになっています。

こちらはマンションでは珍しい暖炉のリノベーションの説明です。以前は露出されていた暖炉の煙突部分は、大理石で囲う予定なので、さらなる断熱が必要になることや、形を変えることで、断熱レンガの積み増しなどが生じることをご説明させて頂きました。

実は、お客さまとのお打合せの前に、このマンションの暖炉を作った施工会社を見つけて、担当者に現場に来てもらって、こちらのデザインを実現するためには、どのような措置が必要になるのかを事前に研究しておりました。

解体状況を見て頂いた後には、施工会社に用意しておいてもらった現場の打ち合わせ机で、仕上げ材の最終確認をさせて頂きました。

やはり現地にて、日中に本物の光の中で素材を見たほうが実感がわきますね。階段のササラ(横板で全体の荷重を支える部材)の色味も、幾つかのサンプルを現場で見ることで、少し鈍い金色で塗装することに決まりました。

階段については、既存の階段を撤去する前に、施工会社の下請けの金物屋さんと、事前に打ち合わせをしておりました。

従来の階段と同じ踏み面と蹴上寸法で進めることになっていたので、その支え方や手すりのイメージなどを金物屋さんに伝えて、施工図を起こして貰うことになっています。

解体が終わった現場に置かれている打ち合わせテーブルの大きさで、この空間の大きさが想像できるでしょうか。これまでお手伝いしてきたリフォーム&リノベーションでも最も大きなリビングダイニングになると思われるこの西麻布N邸、これからどのように変化してゆくかどうぞ楽しみにご覧下さい。

 

 

オムニデコール(イタリア)の特殊ガラス扉@世田谷Y邸

世田谷区Y邸

先日、壁を全面的に貼り直した世田谷Y邸では、もう一つの工事が残っておりました。主寝室のクローゼットの扉の吊り込み工事でした。当初から、ガラスの扉を使いたいとのお客さまのご要望で、日本のガラス屋や特殊ガラスを扱っている店舗のものも見て回りましたが、なかなかピタッと来るものが見つかっておりませんでした。

素材探しで困ったときにお世話になってきたアークテック社の増田社長に相談してみたところ、イタリア製のエッチングガラスのオムニデコール社のものはどうだろうかとの推薦がありました。

こちらはアークテック社の目黒ショールームに並んでいるオムニデコールのエッチングガラスのサンプル群です。これらの中からお客さまがご要望していたイメージに近いサンプルをお借りして持って伺ったところ、とても気に入ったものがあったとのことで発注しておりましたが、船便で3か月ほど掛かるとのことでした。すでに世田谷区Y邸は工事も終わり、お引渡し済みでしたが、施工をお願いしていた青の斉藤さんにお宅に伺って貰って、ガラス扉の吊り込み作業をしてもらいました。

こちらが、最終的に吊り込みまでされたオムニデコールの特殊エッチングガラスの扉です。左右の袖壁は造作家具工事で作ってもらった鏡面塗装のパネルで、向かって左側の壁は、扉の吊り込みの具合を後日調整できるようにヒンジとストッパーで納めており、建具のように開くことができる仕組みとしています。

ベッドメーキングまできれいにしてくださった主寝室全体の様子です。少し濃いめのグリーンの壁の奥に、ほのかにウォークイン・クローゼットに並べた洋服を眺められるのことがとても気に入っているとお客さまからもお褒めの言葉を頂きました。

 

トイレ壁の大判セラミック・デクトン張り直し@世田谷区Y邸

世田谷区Y邸

2か月前に竣工お引渡しを終えていた世田谷区Y邸リフォームプロジェクトでしたが、こちらのミスでやり直しになってしまったトイレと、外国からのガラス到着を待って吊り込みをするWIC(ウォークインクローゼット)の施工が残っておりました。

こちらが最終的にスペイン製の大判セラミックタイルのデクトンを室内に貼って仕上がった様子のトイレです。ただ、本来はこの写真のように横に柄が入るようにご依頼を受けていたのに、こちらの指示ミスで縦に柄を入れてしまったことで、張り直しすることになったのですが、間違ってしまったことで、国内在庫がなくなってしまい、完成後ひと月半経ってようやく国内に材料が入ってきました。

当初は、小さいサンプルで、このデクトンの柄を確認しておりましたが、間違えて貼った実物をお客さまが見て、なるべく濃い柄が目線の位置に入らないようにレイアウトを考えてほしいとのご依頼が追加でありました。工事完了後、しばらくご不便をお掛けしてしまったこともあるので、施工の担当者の・斉藤さんと一緒に春日部の倉庫にデクトンの現品の検品確認に行くことになりました。

こちらが、その春日部にあるエール物産の倉庫です。こちらで、デクトンを扱っているコセンティーノ社の世古さんにも立ち会ってもらっての検品をいたしました。

今回日本に届いたのが8枚だったので、それらを順に明るい軒先に並べて貰って、柄の様子を確認してゆきました。

こちらが、その時にメモをした内容です。手書きの部分がデクトンの柄で、最終的には7399と7660というシリアル番号の板が良いという判断をさせて頂きました。この内容を撮影した写真と併せてお客さまにお送りして、ご承認を得たうえで施工をお願い致しました。

そして出来上がったのが、こちらのトイレです。お蔭さまで、お客さまから仕上がりの精度、そして柄の選択はとても良かったと褒めて頂くことができました。

こちらは、倉庫で厚さ6ミリのデクトンの大判(1500ミリ×3000ミリ)を吊っていた特殊工具です。この工具が日本に届く前までは、搬出入で何枚も割れてしまっていたそうですが、これが来てからはトラブルがなくなったそうです。

倉庫内の様子は、このような感じです。コセンティーノ社が扱っている大判セラミックのデクトンとクォーツストーンのサイルストーンが沢山並んでいました。

トイレではDanae(ダナエ)という柄を使わせていただきましたが、その他にもこれだけ豊富な色や柄があるのです。

こちらの倉庫にはコセンティーノジャパン以外にも、オーダーユニットバスのアステック社が米国から輸入しているカンブリアというクォーツストーンも多数保管されていました。古川橋のアステック社のショールームでは拝見したことがありましたが、原版を見ると、相当な迫力がありました。
ここまで細かいことに対応してくれたコセンティーノの世古さん、そして粘り強く施工を見てくれた青の斉藤さんに感謝あるのみです。そして何より、ここまで我慢して待ってくださったお客さまのYさま、どうもありがとうございました。

 

ダイニングのペンダント照明選び@西麻布N邸

西麻布N邸

解体工事の騒音のことで、リフォーム計画を変更しながらも、工事が進んでいる西麻布N邸プロジェクトで、ダイニングコーナーのテーブル上に吊るペンダント照明選びを進めています。

ある程度、カタログから候補を選んだうえで、担当スタッフの前田君と一緒にショールーム周りをして参りました。まず向かったのが、青山外苑前にあるヤマギワのショールームです。

今回捜しているペンダント照明は、華やかさと非日常感のあるものをとのことですが、カタログでは見えてこないガラスの質感やディテールが重要になってくるので、まずは自分たちの目でそれらを確認してきました。こちらの照明は、きれいではありましたが、照明の下部にはカバーがついており、使ってゆくうちにそこに埃が溜まることが想像できたのと、使っている金物が少々安っぽく感じたので、今回はパスすることになりそうです。

こちらも似たようなデザインですが、秋葉原にあるコイズミのショールームのペンダント照明です。

こちらもアップでディテールをみてみると、ガラスをつっているリングなどの金物が貧弱でした…。

杉並区にあるオーデリックのショールームには、前田君一人で行ってきてもらいました。

お目当てのペンダントライトはこちらでしたが…、

うねったようなガラスのデザインはとてもきれいでしたが、サイズが小さいのと、非日常感という意味では、まだちょっとデザイン性が足りない気がいたしました。

最後のこちらは、日本製ではなくアメリカのアーテリアーズのペンダント照明です。お付き合いのあるベイカー@東京が扱っている照明器具ですが、五反田のショールームには実物がないとのことで、

実物を納品したお店が恵比寿駅近くにあるとのことで、会社帰りに前田君と一杯飲みがてら、こちらのお店に伺って密かに照明器具を撮影してきました。ショールームとは違って、近寄ってディテールを確認することはできませんでしたが、非日常感覚はいっぱいの遊び心があるユニークな照明であることは確認することができました。

西麻布N邸では、ペンダントだけでなく、スタンドやテーブルランプの提案して欲しいとのご依頼を受けておりますので、上記のショールームを回りがてら、幾つかのスタンド型照明も見てきました。こちらはヤマギワにおいてあったフロスのテーブルランプです。

こちらはミノッティのショールームに飾ってあったスタンド照明です。雰囲気もあってとても素敵な照明でした。

こちらはTOYOキッチンが扱っているモーイ(moooi)の置き型照明ボールです。Nさまのお子さまがまだ小さいことと、もう一人お子さまを欲しがっていらっしゃることから、子どもの安全性も考えながら、スタンド照明は検討してゆくことになります。
久々に照明に絞ってのショールーム巡りをいたしましたが、LEDが一般化してからの照明デザインの裾野の広がりを実感することができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

浴室と水回りのレイアウト変更@西麻布N邸

西麻布N邸

先回の西麻布N邸の解体状況をお伝えしたブログで、近隣の方々から解体騒音のことで注文が入ったことを書きました。その後施工会社にも努力して貰って、時間の制限や解体方法を変更しながら解体を続行していたのですが、やはり近隣の方々からのご了承を得ることができませんでした…。

お客さまからも、工事後は近隣として暮らしてゆく人たちからのお願いなので、無理はしないで頭を使って解決して欲しいと依頼されておりました。元々、解体工事を終えてから一か月の現調時間を取って、リノベーション工事に入るスケジュールだったので、そのひと月分の余裕の時間を先に使って、在来工法で作られていた浴室の床シンダーコンクリートの撤去工事を最小限にするために、浴室と水回りの位置をレイアウト変更する案を作って、見積りと共にお客さまのご承認を得ることができました。

リフォーム前は、浴室が2つにトイレが2つあり、その中央に長細いユーティリティーが挟まっている水回りレイアウトでした。解体工事を始める前に考えていた、リフォーム案では浴室は在来工法のバスルームBを解体して、そこにコンパクトなオーダーユニットバスを入れ、ユーティリティーはレイアウトはそのままで縮小して、洗面脱衣をゆったりと取ることと、バスルームAはシャワーブースとトイレに変更して、手前の洗面はクローゼットにするというご提案でした。

ただ、お客さまからも、浴室はなるべく大きくしたいとのご要望もあったので、変形の浴室で良ければと、中央のユーティリティーの部分にオーダーユニットバスを入れれば、変更プランのような大型浴室も実現できることをご説明いたしました。この方法だと、バスルームBの床下はダブルボウルの洗面からの排水経路分だけを溝状に斫れば良いだけですので、それならコア抜きを連続して、解体騒音を最小限にすることができることもご説明いたしました。

浴室サイズがアップして、浴槽もグレードアップしているので、工事金額はそれなりにアップしますが、解体騒音を最小にすることと、浴室を大きくすることができるので、お客さまも喜んでご了承してくださいました。

と書くと、簡単に検証できたように見えてしまいますが、実は工事をお願いしてる工務店とオーダー浴室をお願いしている東京バススタイルと、幾度かの現場検証を行った上で判断させて頂きました。現場監督の石山さんと設備屋さん、そして東京バスの真柄さんとうちのスタッフの前田君がPSをどこまで縮小できるかを見ている様子です。

最上階住戸なので、PS内には上階からの排水管は降りてきておりませんが、同じ太さの通気管が通っているので、少し移動はできますが、それでどのサイズの浴槽が入るかは中々難しい判断でした。

反対側にも通気管と給水管などが通っていましたが、給水管は動かす必要がありますが、通気管は動かさないでも何とか避けることができそうでした。

通気管と排水管の床付近の状況です。手前左側にはガス管が来ていますが、元々この個所にはガス乾燥機が入っていたので、それを新しい洗面脱衣室側に移動できるかも、大きな問題でした。

こちらは天井裏の様子です。防火区画の位置も変えるので、FD(ファイアーダンパー)の位置も変わり、梁を貫通しているスリーブが一か所しかなかったので、そこにガス乾燥機のダクトを通せるかなどの検証もしましたが、何とか通せることが判りました。

バスルームBの解体状況です。床のタイルとシンダーコンクリートを斫る前でしたので、新しく設ける洗面カウンターからの排水を、どこを通すかを改めて相談させてもらいました。

こちらは、後日浴槽を撤去後に、洗面ボウルからの排水経路分を溝斫りした様子です。丸型のコア抜きを連続して溝を作っていることが良く判ると思います。この解体時の騒音では、近隣の方々からの注文は幸いに入りませんでした。

もう一つの浴室だった箇所も同様にコア抜き機での溝斫りでした。こちらはシャワーブースとトイレの排水を流すので、溝の形状も少し複雑になりました。

当日は、階段周りの壁も解体されていたので、新しく作る階段についても打ち合わせを行いました。

階段の突き当りの壁をどうデザインするか、またこの階段の開口部付近にテレビ代わりのプロジェクタースクリーンを設置する予定なので、どのように作るかの打ち合わせもさせてもらいました。

解体時の騒音のことで、一旦工事がストップしてしまい、その先どうすべきかで、お客さまと施工会社と僕ら設計で悩んでおりましたが、災い転じて福となす作戦で、グレードアップした浴室や水回りを、解体騒音を最小に抑えながら実行できることになりました!

 

 

 

イサム・ノグチのアカリ製作工場見学@オゼキ

見学記

彫刻家イサム・ノグチの和紙を使った照明器具の「アカリ」を作っているオゼキの岐阜工場を見学してきました。

機械作業は一切なく、全てを手作業で作ってゆくアカリの様子をじっくり拝見させて頂きました。

工場といっても、岐阜市内の株式会社オゼキの自社ビルの3階ワンフロアが工房のようになっているのです。

流れ作業で大量生産するのではなく、一人の職人さんが一つの型に専念して、竹ひご巻きから和紙張りまでの一連の作業を全てをこなしてゆくスタイルとなっています。

イサム・ノグチ氏が存命の頃に作られた、幾つもの木製型があるのですが、それらを修理しながら大事に使ってきているそうです。

基本的には中心に木型を組んでおいて、その周囲に竹ヒゴを巻いて、和紙を張ってゆき、ノリが完全に乾いた状態で、内部の木型をバラして取り除くので、このように木型も組み合わせ式になっており、バラけないようにゴムバンドで結束されています。

最初の竹ヒゴを巻く作業が、実は一番難しいそうで、それぞれの型によって難易度が違うので、最初は簡単な型からスタートして、徐々に難しい型へと移行してゆくそうです。

ちょうど真ん中に竹ひごを糸で結んでいる個所が見えるでしょうか?この継手の個所を小さく目立たないようにすることが非常に難しいそうです。

竹ひごだけでは強度が足りないので、開口部には針金が回されています。その針金に和紙を巻き付けてから、少しずつノリを付けながら和紙を張ってゆきます。

こちらは竹ひごの密度が非常に密なEというタイプのアカリになります。

柔らかめのノリと霧吹きと竹ひごと糸とはさみを交互に使いながら、職人の皆さんが丁寧に作ってゆきますが、一日で作れるアカリは難易度にもよりますが、2つか3つ程度だそうです。

24Nというタイプのアカリの内部を見た様子です。ノリを乾かしながら和紙を張るため、この写真のように一つ置きにしか和紙を張ってゆけないのです。

もうすぐ張り終わるL7タイプの照明です。先ほどは、竹ひごが密な方が難しいと書きましたが、このL7のように竹ひごが極端に少ないもので、形をしっかり出すタイプもやはり難しいとのことでした。

きれいに張り上がって、乾燥されているアカリのシェードたちです。因みに手前にウツボのように並んでいるのはBB3/33Sというタイプのシェードです。

実はオゼキはアカリだけでなく、伝統的な岐阜提灯も作っています。同じフロアの奥では、伝統絵付師の方が、丁寧に一つ一つに顔彩絵具で描いている様子も見学させて頂きました。

オゼキの本社近くにあるアカリのショールームも拝見させて頂きました。

最近はあまり作ることのなくなってしまった古い型のアカリなども並んでおり、とても美しい空間となっていました。以前は良く照明器具として使っていたアカリですが、最近は使うケースが減っていましたが、今回再発見したことも多く、またインテリアの一部として使ってゆきたいとの気持ちを新たにしました。
今回は日米のイサム・ノグチ財団の名誉理事と理事である、ショージ・サダオ伯父に特別にお願いして工場を見学させて頂きました。オゼキの皆さま、お忙しい中での見学、どうもありがとうございました。

 

ページトップへ戻る