Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

家具の素材・色選びから始まるインテリア素材選び

品川N邸

品川N邸プロジェクトは、タイミング的にそろそろイタリア製家具を先行発注しないと、リフォーム完成時に間に合わないタイミングになってきたので、3度目のポリフォルム・ショールーム訪問をさせて頂きました(実際にはお客さまご夫妻だけでも2度は行ってくださっているので、5度目となります…)。

楕円形ダイニングテーブル_ポリフォルム

Kさまご夫妻が、一番迷っていらっしゃるのが、ダイニングテーブル・ハワードの天板の素材でした。このテーブルはコンコードという違うテーブルですが、この天板の素材のスペサートオーク(無酸素状態のオーブンで楢材(オーク)を燻蒸してこの風合いを出すそうです)にすべきか、 セネレオーク(グレー調にオーク材を染めたもの)にすべきか悩んでいらっしゃったのですが…。
偶然他の水回り設備のショールームに行った際に、このスペサートオーク材仕上げのテーブルを明るい場所で見たところ、ご夫妻ともこれだと思える風合いだったとのことで、この写真と同じ仕上げに決定となりました。

ダイニングチェアのレザー色選び

次に悩んでいるのが、ダイニングテーブルと同じ空間に並んでくるダイニングチェアの張地です。すでに、ヴェンチューラという椅子の座り心地と高さ、そして背面から見たデザイン性を気に入って下さっているので、種類は決定しているのですが、レザーの色が決まっておりませんでした。

レザー色とテクスチャー選び

イメージがほぼ固まってきている(とはいえ、まだ本決定ではありませんが…)床フローリング材や壁に使う大理石素材などと比べながら、何種類かのレザー生地を椅子に乗せて、見比べてみました。

インテリア素材と色選び

新宿アクタス2階のポーゲンポール・ショールームの場所を借りて、今の時点で決定している素材と色と並べて、椅子の張地も、この2種類のどちらかでというところまでは当たりをつけることができましたが、最終的な決断はご主人にも確認なさりたいとのことで、レザーサンプルを借りて持ち帰っての宿題となりました。

キッチン素材選び@モービリティーポ

この日は、家具の色決めの勢いに乗って、キッチンの素材と色決めもしたいと当初から考えていたので、新宿から南青山まで移動して、オーダーキッチンのモービリティーポのショールームを訪問致しました。

キッチン素材の色選び

当初考えていた、イタリアフィアンドレ社のタイルは価格的に難しそうだったので、クオーツストーンを使う方針に変更することになりました。ただ、こちらのショールームはほの暗くて、素材の色味が良く見えないので、急遽、社長の徳永さんにも同行して貰って、白金台のコンフォート社にあるシーザーストーンの大判サンプルを確認する流れとなりました。

シーザーストーンのキッチンカウンター選び

シーザーストーンの輸入元であるので、ショールームに大判のクオーツストーンが並んでいます。小さなサンプルで、これでも良さそうと思っていたのものが、思いのほか柄があったり、白い部分の透明度が違って感じられたりと、奥さまもとても良くわかると喜んでくださいました。

シーザーストーンのキッチンカウンター選び

品川N邸は高層マンションの最上階住戸(ペントハウス)で3方窓に囲まれ自然光でとても明るい空間なので、大判サンプルで気になるものを窓際に運んでもらい、候補に挙がっている扉材を比較しながら、こちらも最後の3つの色味まで絞って頂くことができました。
11時に新宿待ち合わせから、16時半の白金台解散まで、約5時間半の長丁場になりましたが、家具から初めてキッチンの素材と色味の候補を大分絞ることができました!どうもお疲れさまでした…。

なぜ、建設途中の現場でコンセント&スイッチ位置を確認するのか

代官山N邸

現場のチェックまでお手伝いしているプロジェクトではほぼ全て、解体が終わって、壁下地が立ち上がって空間のボリューム感が判るようになった段階で、お客さまに現場に来て頂き、コンセントと照明スイッチの位置の確認をお願いしております。

設計時には、このような図面をお見せして、各記号の意味や照明器具の種類と見え方などをご説明して、ご承認をお願いします。ただ、僕ら専門家にとっては見慣れた図面ですが、見慣れていない一般のお客さまには、いくら説明しても中々分かって貰えないものであることは理解しております。そこで、壁があらまし立ち上がった時点で、電気配線は始めていますが、まだ変更が容易にできる、このようなタイミングで、現場を歩きまわりながら照明スイッチなどを体感してもらうのです。

今回の僕らのお手伝いはデザインアドバイスですので、現場チェックはこのブログや完成写真をホームページに掲載させて頂くことを条件に、監理責任の無いボランティアベースでのチェックとなります。設計施工をお願いしているリフォームキューの森井さん主導でのスイッチコンセント位置確認となります。

図面と実際の空間を見比べながら、
・「夜暗くなってから自宅に戻ってくる」、
・「料理をしているうちに、子どもがいるエリアが暗くなってきた」、
・「夜、子どもが自分の寝室からトイレに行く」
といった生活シーンを想像して頂きながら、どこのスイッチでどの位置の照明器具を点灯消灯できるのかを見て頂きます

こちらは、まずはご主人の書斎として使い、将来は子ども部屋として転用する予定の部屋です。書斎使いでのコンセント位置と、ベッドと収納、勉強机を置いての子ども部屋でのコンセント位置はおのずと変わってくるので、家具レイアウトを確認しながら、どちらでも使えるようなコンセント位置を、現場で一緒に考えて頂きました。

こちらは主寝室です。今はお子さまたちと一緒に寝ているそうですが、将来はご夫婦だけの部屋となるので、ベッドを置く位置も変わってきそうです。特にコンパクトなお部屋では、家具レイアウトとコンセント位置は連動してくるので、今後の家具位置変更なども想像してもらうようにお願いしています。

洗面脱衣室のコンセントや照明・換気扇のスイッチ位置まで確認して頂きました。

ただ、お客さまの言う通りにコンセントを配置してゆくこと、どの壁もコンセントだらけになってしまいがちです(笑)。電気容量は一定のままでのコンセントレイアウトですので、数を増やしても壁裏でタコ足配線しているのと大差ありませんので、本当に必要かを結構真剣に考えて頂いております。

コンセント位置と連動して、半据え付け型の家電の冷蔵庫や洗濯機も、同じタイミングで検討して頂くための資料をお渡ししています。どれも、設計当初に必要な寸法は確認していますが、白物家電はモデルチェンジが頻繁になるので、引っ越し時期が見えてきた段階で、具体的なもの探しをして貰うよう依頼しております。
特に今回のようなオープンキッチンで、冷蔵庫がリビングダイニングから見えているは位置では、冷蔵庫の扉の色や表情(鏡面仕上げなど)も重要なので、担当スタッフの前田君が判りやすい資料を作ってくれています。

壁パネルの塗装とタイル張り@外苑前C邸

外苑前C邸

外苑前C邸の工事は着々と進行中で、パネル仕様となっている壁下地へのパテ処理が進んできました。

パネル仕様壁の塗装下地

上下に長方形のラインが掛かれている壁が、パネル仕様の壁となっています。

パネル仕様壁の塗装下地

アップで見て頂くと少し様子が伝わるかと思いますが、これはクラシカルなデザインモチーフのパネル壁をモチーフとしています。通常は細い装飾要素を出っ張らせるのですが、モダンに見せるためにライン状に溝を掘ったデザインとしています。
そして、この丁寧にパテ掛けされた壁をグレージュ色に塗装すると…、

マンションリノベーション_塗装工事

このような仕上がりになってくるのです。

マンションリノベーション_塗装工事

まだ吊り込まれていませんが、既存の扉の装飾と同じプロポーションにしているので、塗装し直した扉が吊り込まれると、一連のパネルが並んだように見えるハズなのです。

パネル仕様壁の塗装

オリジナルの建具が吊り込まれる、廊下からリビングへの開口部には、まだ袖の透明ガラスを差し込む溝が掘られていなかったので、その位置を現場で確認致しました。

マンションリノベーション_塗装工事

リビングの一面に設けるAV&TV壁も下地が出来上がってきています。黒く見えるのは、下地のベニヤ板を黒く塗装して貰ったものです。この上か加工石材のサルバトーリの黒系の石材を張るのですが、万が一石と石の間に隙間が出来てしまった時にも白い壁が見えないようにするための黒色です。

AV&TV壁下地

この黒く塗られた壁を近くで見ると、壁が二重に作られており、その背面からオレンジ色の管や灰色の線が垂れて来ています。これがAV&TV設置には非常に大事なもので、オレンジ色の管がテレビやアンプ、DVDやスピーカーを結ぶ配線を通すためのCD管なのです。一つ上の写真の天井付近を良く見て頂くと、丸く穿たれた穴からオレンジ色の管が覗いていますが、天井付けのスピーカーとアンプを入れる棚の背部を配線で繋げることができるようになっています。

AV&TV壁下地裏の通気孔

分かりにくい写真ですが、この壁裏を覗くと、二重壁の裏に隙間があることが判ります。このスペースにオレンジ色のCD管や配線が通っているのですが、同時にAVアンプの熱を天井裏に逃がすための排熱スペースとなっています。AV壁の隣に設けるビルトイン型のワインセラーの背面壁も同じように二重壁として排熱を考慮しています。

マンションリノベーション_タイル張り工事

当日はタイル職人さんも入って、各所のタイルを張ってくれていました。こちらは玄関の三和土(タタキ)部分です。

マンションリノベーション_タイル工事

手前が玄関のタタキで、同じ灰色の大理石調のタイルを廊下正面の壁にも張って貰っています。こちらは割り付けを少し工夫して、雰囲気を変えています。

タイル張り壁詳細

まだ目地が入っていませんが、間近で見るとこのような風合いになっています。

マンションリノベーション_タイル工事

来客用トイレの床と壁にも、玄関と同じ種類ですが、色味の違う大理石調タイルを張って貰っております。

現場塗装の枠

建具については、既存扉を塗装工場に運び出してスプレーで塗装して貰っておりますが、枠については持ち出すのが大変なので、現場で塗装して貰っています。

マンションリノベーション_塗装工事

塗装とタイルが仕上がってきたことで、外苑前C邸のインテリア空間もおおよその仕上がり感が見えてきました。


ページトップへ戻る