Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

オーダーユニットバス設置@外苑前C邸

外苑前C邸

外苑前C邸のリフォーム工事現場に、東京バススタイルでお願いしていたオーダーユニットバスが入って参りました。

オーダーユニットバスの設置

まだ壁下地しか作られていない現場に、そこだけ完成度の高い空間が挿入され。まるでタイムカプセルのように感じられました…。

オーダーユニットバスの設置

大理石調タイルのマーベルプロ(ダイナワン)を2色(三面がクリームで、一面がグレー)使いで壁に張り、ジャクソンの浴槽をいれた高級浴室となっています。

オーダーユニットバスの設置

キッチンなどの設備類は壁がある程度仕上がってから設置取付けなのですが、ユニットバスの場合は、開口周りのアングルピース(接続用金物)と枠の取り合いが発生し、浴室が設置されないと周りの壁を作ってゆくことができないという問題があるため、このような早いタイミングでの設置が必要となるのです。

外苑前の高級マンションリノベーション

その他の部屋も壁のボードが張られ始めております。

外苑前の高級マンションリノベーション

リビングの奥の壁は柱を挟んで、向かって左側がTVとAVボード、右側がワインセラーコーナーの造作家具が組み込まれる予定です。

外苑前の高級マンションリノベーション

こちらはキッチンとダイニングの間仕切壁です。幅の狭い壁が2枚経っているように見えますが、右端がキッチンとダイニングの出入り口で、小壁の中央には引き込み扉が2枚入り、キッチンとダイニングを繋げることも閉じることもできる仕組みとなります。

外苑前の高級マンションリノベーション

同じ小壁を、キッチン側からみるとこのようになります。リフォーム前のキッチンと似たようなレイアウトとなっていますが、対面カウンターの中央が扉の開閉でコントロールできるところが今回のキッチン設計のミソとなっております。

外苑前の高級マンションリノベーション

ダイニングとリビングの角に当たるベランダに面したコーナー窓にも少し工夫をしています。

外苑前の高級マンションリノベーション

ダイニング側(写真左側)は従来通り、床から天井までの大開口としていますが、リビング側(右側)はソファーの背面になるので、下まで窓が開いている必要がないので、腰の高さまで壁を作って、開口面積を絞っています。また、コーナー部分にも柱を立てて、一連の窓ではなく、ダイニングの大窓とリビングのピクチャーウィンドウと二つの窓に切り分けています。

外苑前の高級マンションリノベーション

こちらは玄関から繋がる廊下部分の壁の仕様です。右側の扉はキッチンへの引き込み扉で中央の開口は洋室1への開き扉です。どちらも扉、枠共に以前のものを塗り直して再利用することになっています。二つの扉の真ん中の小壁も建具と枠と同色で塗装して、一枚の大きなパネルのように見せる予定です。

外苑前の高級マンションリノベーション

こちらは玄関ホールです。
カラーガラス張りの 靴収納と靴の脱ぎ履き用のミニベンチのあるモダンでスタイリッシュな玄関をイメージしています。

外苑前の高級マンションリノベーション

主寝室は、予算の関係もあって凝ったデザインではありませんが、使いやすいウォークインクローゼットとヘッドボードをデザインしております。

外苑前の高級マンションリノベーション

壁がここまで立ち上がってくると、空間のボリュームが掴めるますね。細かい部分のチェックを担当スタッフの神崎さんと竹田さんと一緒に見て回りました。

素材選びショールーム巡り

品川N邸

リフォームプランが固まりつつある品川N邸リフォームプロジェクトで、素材選びの為にNさまと一緒に青山から原宿、そして乃木坂とショールーム巡りを致しました。

IOCフローリングショールームでの素材決め

まず最初に伺ったのは、南青山のフローリングブランドのIOCのショールームです。

IOCフローリングショールームでの素材決め

僕らがリフォームをお手伝いした白金台S邸のフローリングがお好きとのことでしたので、事前にIOCの営業担当の澤田さんにお願いして、似たようなフローリングを用意しておいてもらいました。

IOCフローリングショールームでの素材決め

こちらで持参した オーク材をホワイトオイル拭き取りで仕上げたサンプルとIOCのフローリングを並べて見比べました。

IOCフローリングショールームでの素材決め

そっくりなものは見つかりませんでしたが、似た雰囲気の物のメドが立ったので、そちらに合わせて、タイルや塩ビシートの候補も絞ってゆくことができそうです。

グローエ青山ショールームでの水栓選び

次に伺ったが、近くにあるドイツ製水栓ブランドのグローエのショールームです。

グローエ青山ショールームでの水栓選び

各キッチンショールームでも、色々な水栓の使い勝手を見比べてきましたが、やはり一同にこれだけの数が揃うと、比較しやすいと奥さまに喜んで頂けました。

アドヴァン原宿ショールームでのタイル&石材選び

次は少し離れた原宿のアドヴァンショールームです。こちらでは、タイルと石を見てきました。壁面に張られているタイルは、石目調のミネラルDリビングです。

アドヴァン原宿ショールームでのタイル&石材選び

廊下からリビングの壁面へと続く壁は、まだタイルか石材か迷っているところがありますが、石材でも如何にもな大理石柄でない石も見て頂いたところ、こちらも気に入って頂けたようです。
高層マンションの最上階住戸で、季節によっては日差しが強く、壁面に沿っておいたテレビが反射で見にくいことがあるとのことで、石材であれば、磨きを調整して反射を抑えることもできることが魅力だとのことでした。

セラ乃木坂ショールームで洗面ボウル選び

最後は、また少し離れましたが、地下鉄で乃木坂に向かい、輸入水栓ブランドのセラに寄りました。トイレ手洗いのボウルとそれにマッチした水栓を確認して頂きました。

セラ乃木坂ショールームで水回り金物選び

こちらには多様な水回りの金物類の展示もあるので、これからどのようなものを選んで行かないといけないかという視点で、ザっと見て頂きました。
本日は、長時間のショールーム巡りにお付き合い下さり、どうもありがとうございました!

家具選定打合せ@代官山N邸

代官山N邸

代官山N邸の仕上げ材の最終確認と、新たに購入する家具選定のために、現地に仕上げ材の候補を並べ、お客さまと一緒に見比べて頂きました。

代官山N邸現地打合せ

今回はご自宅をリフォームするに当たって、新婚当時から使い続けてきた家具も古くなってきたので、新しい空間に合わせて、ダイニングセットやソファをご購入なさりたいとのことで、こちらで幾つかの候補をご提案させて頂きました。

代官山N邸_家具打合せ_ダイニングテーブル選び

ダイニングテーブルについては、新しくオーダーキッチンで作るアイランドカウンターと一体的に使いたいので、幅等の寸法に制限がありました。既製品ではサイズが合わなかったので、オーダーでサイズ調整ができる食卓を探しましたが、大判の大理石柄タイルを使ってオリジナルで作るデザインのものが良さそうだとのことになりました。

代官山N邸_家具打合せ_ダイニングチェア選び

ダイニングチェアは価格帯と使い勝手、そしてデザインの豊富さからタイム&スタイルのもに絞ってご提案しています。後日実際の使い勝手も確認したいとのことでしたので、六本木ミッドタウンにあるショールームご家族で行って座ってみて頂くことになりました。

代官山N邸_家具打合せ_ペンダント照明選び

ダイニング上のペンダント照明と寝室のシーリング照明の候補でがこちらです。

代官山N邸_家具打合せ_ソファ選び

ソファーについては、まだお子さまが小さいことから、もうしばらく古いものを使うべきかを悩んでいらっしゃいましたが、汚れが落としやすく頑丈なウルトラスエードでソファを張ることができることをお伝えしたところ、リビングの雰囲気に合わせて、やはり新調したいとのことになりました。

代官山N邸現地打合せ

リフォームの内装だけを決めてゆくのは、一般の方には難しいと思っておりますが、より身体に近い家具類と合わせて考えてゆくと、スムーズに決まりやすいと思っておりますが、今回もうまく素材の決定をしてゆくことができました。

代官山N邸現地打合せ

取り合いが立体的で難しい箇所については、リフォームキューの森井さんと弊社副所長の前田君にこのように実地で素材を並べながらご説明させて頂きました。

代官山N邸現地打合せ

洗面所の色味もリビングダイニング流れで、シックな色合いに決まりました。

代官山N邸現地打合せ

玄関は、既存の大理石張りのタタキ部分にヒビが入っていることが、事前の調査で分かっていたので、それらの説明をさせて頂きました。玄関もシックな素材を使ってスタイリッシュに仕上げてゆく予定ですが、暗く感じないように、その分照明器具の灯数を増やすことも決まりました。


ページトップへ戻る