Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リブコンテツのオーダーキッチン据え付け@駒沢X邸

駒沢X邸

工事進行中の駒沢X邸の現場にて、オーダーキッチンの据え付けが始まっていました。ここまで幾度も打ち合わせを重ねてきた、八雲にあるリブコンテンツさんの施工です。

リブコンテンツのキッチン据え付け

今回はほぼ四角い形のキッチンの一面にシンクとコンロが入ったカウンターが入り、側面には冷蔵庫やワインセラー、もう一面の側面にはワークコーナー、背面にはカップボードが入る構成となっています。
まだ扉が付く前のキッチンは、ちょっと不思議な様相を見せていますね…。

リブコンテンツのキッチン据え付け

据え付けるとすぐに傷がつかないように養生されてしまうので、職人さんのスキを狙ってはキッチンに入り込んで、据え付けの様子を撮影させて貰いました。

リブコンテンツのキッチン据え付け

こちらは背面のカップボードと奥にワインセラーがビルトインされるコーナーの様子です。

キッチンアイランドカウンター上の照明高さ確定

キッチンはお客さまのXさまも強い興味を持ってくださっているリフォーム項目でした。ちょうどお時間を取って現場に来て頂いたので、キッチン中央に想定しているアイランドカウンターと同じサイズ、高さの仮カウンターを設置して…、

キッチンアイランドカウンター上の照明高さ確定

アイランド上に吊るす照明器具の高さを確認して頂きました。日本では目線に入らない高さにすることが多いのですが、実はちょうど立ったときに目線に入るくらいの高さの方が、視線が通り抜けず華やかになるので、その具合をこのような模型を使って確認させて頂きました。
Xさまもとても使い勝手が良さそうなキッチンになりそうだと、喜んでくださいました。

床暖房パネルの敷設

その他の工事では、リビングダイニングに東京ガスTESの床暖房パネルが敷設されていました。

床暖房パネルの敷設

銀色に緑色のラインが入っているものが床暖房パネルです。パネル周辺にはダミーベニヤと言われているベニヤ板を張って、この上からフローリングをフラットに張れるように下地を作っていきます。

床暖房パネルの敷設

ちょっと判りにくい写真ですが、僕らが床暖房パネルを敷設する場合は、リビングダイニングの家具設置位置をある程度想定しておいて、床付けのコンセントを取り付ける為の隙間を作っておくケースが多くあります。ちょうど二つのパネルの隙間を左上に見てゆくと、奥に穴があってコードが見えている個所が、床付けコンセントの位置となります。
このようにしておくと、ソファを置いた下にコンセントが隠れ、ソファー横にレイアウトするスタンド照明や、携帯電話の充電コードが、壁とソファの隙間に通らなくて良くなるのです。

サーモオークフローリング

床暖房設置後には、すぐにフローリング張りが始まる予定です。すでに現場に運ばれていたオークを燻蒸して濃い色に仕立てた、IOCサーモオークフローリングが開梱され始めていました。
フローリングのような部材は、開梱してすぐに張り始めるのではなく、室内の環境下にある程度慣らして、湿気等の条件が室内環境と揃ってから張り始めることになります。

リビングの建具枠取付

先回のブログで紹介した既存建具の建具枠を再塗装が取り付けた個所も、ピタリと施工されていることを確認致しました。

特殊な建具枠取付

防音の為に二重の防音ガラスを差し込むための袖壁部分もばっちりです。

廊下沿いの建具枠取付

奥の廊下にも建具枠がきれいに並んでいました。手前左から、洗濯乾燥機を設置するユーティリティーの折れ戸枠、洗面所、個室となっています。

造作カウンター設置

主寝室では、既存の出窓カウンターを使ったニッチの造作が進んでいました。2面に大きな窓があったのですが、長手方向の大きな出窓の正面に、他のマンションが建ってしまったので、あえて窓をつぶして、飾り棚を作ることになっています。

品川N邸_新規プロジェクト

品川N邸

品川の高層マンションのペントハウス(最上階住宅)のリフォームのご相談があって、現地に伺って参りました。

横浜K邸 リビングダイニング現況写真

Nさまのご自宅のリビングダイニングは2面に大きな窓とバルコニーがあり、解放感抜群の空間でした。

横浜K邸 リビングダイニング現況写真

リビング側からダイニング側を見返した様子です。それぞれのお手持ちの家具はKさまご夫妻のテイストが感じられ、またご家族のこれまでの歴史を感じる素敵なものなのですが、Kさまたちが仰っているように、ただフローリングの上にそれらの家具が置かれているだけのようで、インテリアの空間性といったものがあまり強く感じられませんでした…。

横浜K邸 廊下現況写真

こちらはダイニングから廊下を見返したアングルの写真ですが、右奥に大きなクローズド型のキッチンがあります。3人のお子さまを育て上げた奥さまは、料理をするときには集中できて良かったとのことでしたが、子育てが終わった今となっては、折角明るいリビングダイニングがあるのに、日の当たらないキッチンにもう籠りたくないとのことで、オープンキッチンになさりたいとのお話しでした。

横浜K邸 キッチン現況写真

こちらがそのキッチンです。広いのですが、写真では手前で写っていない冷蔵庫からシンクまでの位置関係が遠く、とにかくキッチン内で歩き続けないと料理ができない、ちょっと非効率的なレイアウトになっていました。

横浜K邸 お客様打ち合わせ

この現地調査の前に、一度弊社事務所での無料相談でKさまご夫妻のリフォームについてのご要望を伺っていたので、事前に頂いていた資料で、リフォームの考え方を2案作って、ご説明させて頂きました。

横浜K邸 リフォーム案2案

二つの案を上下に並べたものです。どちらの案もダイニングに対してオープンなシンクのある対面カウンターを設けていることは共通していますが、トイレの向きが変わっていたり、浴室&洗面のレイアウトが反転していたり、キッチン奥のパントリーからWIC(ウォークインクローゼット)を通って寝室に抜けられるアイデアを盛り込んだものとなっています。

横浜K邸 玄関ホール現況写真

リフォームプランには、あまり表現されていませんが、この広い玄関ホールをどう見せるかも重要なデザイン要素になりそうでした。狭いよりは広い玄関ホールの方が良いですが、壁面収納だらけで使い勝手がイマイチ、そして何よりボワッとして掴み処が乏しい空間に感じられました。

横浜K邸_天井裏ダクト図

キッチンや洗面&浴室などの水回り設備をどこまで移動できるかを、現地調査で見極めることも、今回の訪問の目的でした。こちらは事前にお客さまから頂いていた天井裏の排気ダクトのルートを示した図面で…、

天井裏ダクトと配線状況確認

天井の点検口から覗き込んでみたところ、ほぼ図面と同じルートでダクトが通っていることが確認できました。

横浜K邸_給排水配管図

こちらは床下の給水給湯と排水管とガス管のルート図です。こちらは現地では確認できませんでしたが、このお打合せの後、管理組合が保管している図面集を調べることで、間違いのない図面であることを確認することができました(時々、違う階の同じ間取りの図面が混ざって、間違いがあったりすることがあるのです)。
弊社では、こちらの事務所に来ての初回ご相談は無料としていますが、現地訪問することになると、その後のお打合せでの発言に大きな責任が発生するので、現地調査費用として10万円+消費税をご用意頂くようにしております。今回はその費用のこともご了承の上での調査でしたので、ご請求書をお渡しして、本日の現調を終わりとさせて頂きました。
ここから先の実際のリフォーム設計については、再度お二人でご検討をお願いして、改めてメールかお電話でご連絡をしてくださるのを待つという形で、当日は失礼させて頂きました。その数日後メールにて、正式にご自宅リフォーム設計のご依頼を頂きましたので、新規プロジェクトとして事務所で取り組んでゆくことになりました。

Kさまご夫妻、どうぞ今後とも宜しくお願い致します!

古い扉&枠を補修して再取付け@駒沢X邸

駒沢X邸

ヴィンテージマンションリノベーションの駒沢X邸では、当初から厚みがあって無垢材を使っている建具(扉)と枠は、リフォーム後も使いたいとのお客さまからのご要望があったので、ほぼ全て補修したうえで再利用することになっています。

古い建具と枠を塗装して再取付け

こちらのリビングに面しては、写真右側に写っているのが玄関ホールからの一番格式のある重厚な扉枠、そして正面にあるのがプライベートゾーンへと繋がるもう一つの扉枠となっています。

古い建具と枠を塗装して再取付け

重厚な扉枠の右側の枠はキッチンへの引き戸枠となっています。写真手前左側に写っているのは、きれいに梱包されて現場に戻ってきた古い建具枠です。

古い建具と枠を塗装して再取付け

梱包が解かれると、このような形になっています。通常の扉枠は、両脇の壁と天井に接する三方が枠になるので、三方枠(サンポウワク)と呼ばれるものですが、運ぶ際中は抜けた底面部分にも板を留めて、グラつかないようにして運ばれます。

古い建具と枠を塗装して再取付け

左手に見えているのが、新たに取り付け中の玄関ホールからリビングの枠です。

古い建具と枠を塗装して再取付け

こちらの枠は、先日来説明している防音にも絡む場所に取り付けられるので、特殊な造りに改造して、両脇に防音ガラスを取り付ける仕様となっています。

古い建具と枠を塗装して再取付け

防音ガラスについては、割れてしまった時のガラス交換のことを考える必要があるので、上下にまた別の枠を取り付けて、押縁(オチブチ)で抑える造りとしています。

古い建具と枠を塗装して再取付け

枠の下部分も、このように事前に仕込んでおいたL字アングル金物で床に固定した後…、

古い建具と枠を塗装して再取付け

このような下枠を取り付けてゆきます。

古い建具と枠を塗装して再取付け

ほぼ取付けが終わった建具枠ですが、最後まで レザー測量機で直角がキチンとでてズレがないかを確認しながらの慎重な取り付けになります。

建具枠取付け

引き戸については、もともとのお宅に引き戸がなかったので、枠は色を既存の枠に合わせて作って貰っています。こちらは納戸の扉ですが、壁内に引き戸を引き込むスタイルなので、引き込み戸用の「一本引き枠」となっています。

木製軸組壁下地

奥のプライベートゾーンは、枠の取り付け前の木製下地状態となっていました。建具の枠の取り付けが終わると、すぐに壁ボード張りが進められるので、壁下地用の石膏ボードも大量に現場に搬入されていました。

建具枠スケッチ

今回は沢山の枠を取り外して、シャッフルしながら色々な場所で再活用しているので、何度も指示書やスケッチを描いて、間違いがないように現場側と確認しながら進めてゆきました。

シャワールームの扉設置

同じ枠でも、こちらは鋼製の枠が取り付けられた、シャワーブースの新規ステンレス鏡面枠です。



ページトップへ戻る