Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

書庫に本が詰まった六本木N邸再訪

六本木N邸

約2年前に竣工お引渡しをした六本木N邸に、本当に2年ぶりにお邪魔して参りました。

一年点検の時期にあたる昨年にもご連絡をしておりましたが、Nさまとのご都合が合わずスルーすることになってしまい、昨年末にはホームオートメーションシステムの不具合や、寝室ヘッドボードの照明のことなどでご相談を頂いておりましたが、なかなかタイミングが合わずこの時期になってしまいました。

住宅内のプライベート書庫

弊社の担当スタッフの竹田さんと施工をお願いしたリフォームキューの岩波さん、そして家具でお世話になったYPOの廣瀬さん、バング&オルフセン六本木店の村瀬さんと一緒に伺いましたが、まず最初に感動したのがこちらの書庫でした!

住宅内のプライベート図書館

本が沢山あるとの奥さまからご要望でご提案した書庫ですが、当初はご主人さまはそこまで立派なものは必要ないし、ガラス張りにしても整理することができないとのお話でしたが、奥さまが本当に頑張ってここまで整理して下さったとのことで、今は使い勝手も良くお二人ともかっこよい書庫を作って本当に良かったと喜んでくださっていました。

住宅内のプライベート書庫

廊下側から見ると、スタイリッシュな書店のように表紙を見せる陳列棚を作ったのも良かったそうで、これがあることで全体が纏まって見えるとのお話でした。

感動してしばし撮影させて頂きましたが、その後はご自宅の不具合を確認しながら、必要か所を補修点検してゆきました。B&O六本木の村瀬さんには、ホームオートメーションシステムのクレストロンが勝手にアップデートしてしまったことで、使えなくなった機能があったとのことを修正してもらいました。

寝室枕元照明の補修工事

造作で作ったベッドのヘッドボードに取り付けていた照明の不具合は、YPOに調整して貰いました。ベッドの足元のベンチ状の家具も、その後に特注で作って貰っていたもので、ちょうどよいタイミングだったので本日搬入設置させて頂きました。

ミノッティソファのクッション空気入れ@六本木N邸

いつもご主人さまが座っているミノッティのソファの座面がヘタって来てしまっているとのことでしたので、各務がクッションカバーのファスナーを開けて、以前ミノッティの早坂さんに教わった空気を廻し込む叩き方を実践して、手入れさせて頂きました。

六本木N邸のダイニング周囲

こちらはお引渡し後に納品させて頂いたリミテッドエディション(マナトレーディング)のレザー製ラグとフレックスフォルムの大理石テーブルと、インテリアズのチェア・ガルダを組み合わせたダイニングの様子です。
お引渡しから2年の月日が経っていることを忘れてしまうほど、きれいにお住いのお宅の様子を拝見して、一同本当に感動してしまいました!当日、新たに幾つかの補修依頼を受けましたので、後日そちらの補修にも伺わせて頂くことになりました。

マンション壁への大理石張り@港区R邸

港区R邸

先日の工事で床の大理石張りがほぼ終わった港区R邸ですが、今度は壁や天井への大理石張りが始まりました。

大理石製三方フレーム

廊下からリビングへ入る左右の飾り棚と、テレビ置き場を囲むように大理石製の枠材を張回す予定で、そこには癖のないミストグレーを張るデザインとしています。

大理石製三方フレーム

天井に石材を張るのは、ちょっと変則的ではありますが、大理石のサイズを小さくして、下地となるベニヤ板をしっかりと組み、接着剤だけでなく金物とビスでも固定しています。この写真、左上の方に、L字型のアングル金物とビスが見えています。

大理石フレームの固定方工法

廊下からリビングダイニングに入る扉上部分は、扉の金物やダウンライトは入ってくるので、正確な位置を実測したうえで、工場加工で穴をあけて貰った石を張っております。右上に黄色い線が見えていますが、これは真っすぐなライン状に仕上げるための糸です。

大理石三方フレームのコーナー端部ディテール

フレームは折れ曲がりながら、壁から天井、そして壁へと枠状に曲がってゆきます。スラブ材の石の厚みでは、迫力が足りないので、このようにL状に石を組んで、事前に工場で接着してもらっていたものを取り付けています。特にコーナー部分は、トメ加工といって45度に切った石を張り合わせて貰っています。

大理石製フレームの施工

天井に張る石部分にちょうどダウンライト用の孔が空いているので、そこにクランプを差し込んで固定しながらの作業となっていました。

大理石製フレームのコーナー留め加工

このトメ加工は、現場側は嫌がる特に面倒な組み方なのですが、そうすることで、立体感がうまく表現できるので、少々の無理をお願いしてやって貰っています。

大理石ミストグレーの三方枠造作

ミストグレーの三方枠がほぼきれいに張り終わった状態です。

テレビ周囲のポルトロ大理石張り

ミストグレーの三方枠が終わったところで、一番の山場のテレビ周囲のポルトロ張りです。イタリアのリグーリア州ラ・スペッツィア近郊で採掘される超高級な大理石が、このポルトロです。

リビングのテレビボードのポルトロ大理石の端部ディテール

テレビ取り付けサイズを考慮しての開口を避けて、ブックマッチにして柄が繋がるようにして、張って貰っております。この張り方については、以前のブログで説明した通りです。また、小口に柄が繋がっているのも大理石の見せ場ですので、壁端部はきれいに磨いてもらっています。

玄関ホールの壁大判アラベスカート張り

もう一つの大物の壁大理石張りがこちらの玄関ホールのアラベスカートでした。まだできておりませんが、黒いカラーガラス張りのトンネル状の廊下と対比させるために、白い部分がきれいなアラベスカートを選び、柄が繋がった状態で壁に張って貰っています。

サルバトーリの大理石素材到着

まだ、張り始めるのには時間が掛かりそうですが、玄関ホールの反対側の壁に張るサルバトーリの加工大理石も現場に入ってきました。梱包を解いたところ、欠けなどがあったのでお願いしているインテリアズにも連絡してもらっています。

アリオステアのアラベスカート柄タイル張り

床の大理石張りのところでも説明しましたが、石屋のキダバーブルの職人さんに壁のタイル張りも張って貰っています。浴室壁や洗面所の床でも使っているイタリア・アリオステア社のアラベスカート柄タイルをキッチン壁に張って貰いました。

折り上げ天井のカラーガラス張り

目立つ大理石張りだけではなく、その他の工事も静かに(?)進行中です。リビングの折り上げ天井の高天井部分に小割の黒カラーガラスを貼りますが、両面テープと接着剤での貼り付け作業が進んでいました。

窓際キッチンのガスレンジとレンジフードの工夫について

二番町I邸

二番町I邸で、オーダーキッチン屋のエクレアにお願いしているキッチンの組み立てが始まったとのことで、現場を見て参りました。

エクレアのオーダーキッチン組み立て

オーダーキッチンの組み立てに入ってから3日目とのことで、カウンターや箱組は終わって、設備の取り付け工事中で、その後棚板と扉を取り付ければ終わりのところまで出来ていました。

エクレアのオーダーキッチン組み立て

今回の構成は二の字型といわれているもので、片面にシンクとコンロがあり、背面側に冷蔵庫置き場と食器や調理機器置き場を設置するオーソドックスな作りとなっています。ただ、背面側にはアイレベル(目線の高さ)に組み込んだオーブンと引き出し式のパントリーが入る部分がちょっと特殊な作りとなっています。

窓際のガスレンジカウンター設置

今回のキッチンで一番難しかったのが、窓際に設置するガスレンジとレンジフードと窓サッシとの取り合い部分でした。こちらはまだ、ガスレンジが付いていない状態のカウンターですが、ちょうどカウンターの高さに既存サッシの横框があったので、そこにカウンタ甲板を押し当てて、正面壁から回ってきている立ち上がりも廻し込んだ様子です。油煙がサッシの奥の方に回り込まないように南側からの日差しの遮熱も兼ねた二重サッシを設けています。

エクレアのオーダーキッチン組み立て

レンジフードの横は、窓サッシにフードをピタリと寄せると、どうしても掃除しにくい場所ができてしまうので、こちらは却って隙間を10センチほど開けて、手を差し込んでの掃除がしやすい収まりとしました。

窓際のガスレンジとレンジフードの納め方

こちらは最終的に組み上がった際のガスレンジとレンジ―フードと窓サッシの取り合いです。

エクレアのオーダーキッチン組み立て

シンク上の吊り戸には折れ戸のフラップアップ扉を採用していますが、扉設置前でその金物がちょうど見えていたので、撮影したものです。

エクレアのオーダーキッチン組み立て

これだけ組み上がったように見えても、まだリビングダイニングエリアには、組み立てまえの部材が並んでいました。資材搬入の際には、この広いLDいっぱいにキッチン資材が広がっていたのというので、キッチンの密度が高いのが改めて分かりました。

エクレアのオーダーキッチン組み立て

今回はクローズドキッチン(オープンではなく隠れたキッチン)とのことで、予算のことなども踏まえてメラミン製の扉を採用していますが、エクレアさんが丁寧に作ってくれたので、とても良い出来となっていました。

エクレアのオーダーキッチン組み立て

今回のキッチンのもう一つの特徴は、シンク側から正面に小扉を付けて、そこの開閉でリビング側の様子を見ることができるように考えています。薄型タイルの割り付けと合わせた開口がきれいに空いており、リビング側からキッチンの様子が見えるアングルの写真です。

二番町の高級マンションリフォームI邸工事現場

まだ、造作家具や特注の建具が収まっておりませんが、その他の工事も順次進んできています。

神谷のクロス張り建具詳細

こちらはリビングダイニングから直接出入りするお子さまの寝室の扉のディテールです。壁の仕上げと同じビニールクロスを張ることができる、神谷コーポレーションのF/Sという建具の小口です。ちょうどへこんだ箇所に建具のヒンジが入ります。

柱型のカラーガラスとミラーの見切り金物

LDに出っ張った形の柱型には、その存在感を打ち消すために、カラーガラスと鏡を張る予定ですが、それらの取り合いのコーナー部分にステンレス鏡面磨きの見切りを取り付けて貰っています。

建具用特注取っ手金物

廊下からLDへ入る建具は、特注のウォールナット突板張りとしていますが、金物は僕らが良くデザインしている特注金物を少し変形させたもので考えています。金物屋から焼き付け塗装された特注取っ手がすでに現場に届いていました。
キッチンの残りを完成させた後は、造作家具と建具の吊り込み、そして照明やエアコンなどの機器取付でお客さまの検査へと進む予定です。

ニシザキ工芸の塗装工場にて家具塗装の勉強

港区R邸

港区R邸の家具と建具全般をお願いしている造作家具会社ニシザキ工芸の塗装工場を見学させて貰いました。

以前より、造作家具の腕の確かさ以上に、塗装部を自社に持ち、鏡面塗装の仕上がりの良さに定評があったニシザキ工芸という会社には、ずっと興味を持っていました。

こちらにも普段お願いしている優秀な造作家具屋がいたので、これまでお願いすることができておりませんでしたが、港区R邸では、工事全般をお願いしたリフォームキューの営業&設計の坂本さんが、鏡面塗装仕上げの量が多く、非常に難しい工事になりそうなので、イチオシの造作家具屋にお願いしたいとのことで、初めてニシザキ工芸さんとのお付き合いが始まりました。
こちらは、本社から歩いて3分ほどのところにある、塗装工場です。道路上から入り口が数段あがっており、左側の大きな扉の前がプラットフォーム状になっていますが、これはトラックでの家具搬入のために、このような形態になっているようでした。

3階建ての建物で、1階と2階が塗装工場になっています。訪問した当日午前中は、塗装部のスタッフ全員で工場内を清掃する日だとのことで、塗装そのものは工場長が一人で細々とやっている程度で、他のスタッフはずっと片付けと清掃をしていました。鏡面塗装のようなデリケートな作業では、ホコリが一番の大敵とのことで、徹底的な掃除で感心致しました。

こちらは3階の倉庫に置いてあったサンプルです。仕上げレベルによって変わってくるのですが、塗装のプロセスは20~40工程を経て完成させるとのことで、流れ作業で効率的に仕上げてゆくとのことでした。因みに塗装の費用は、工程の数と一般的でない技法を使うかどうかによって変わってくるそうですが、ツヤだけで考えると、ツヤなしから7分ツヤありまでは同額で、全ツヤや鏡面磨きはその約2倍の費用になり、工期も倍ほど掛かるとのことでした。

家具も組み立てる前に塗装するものから、仮組してからするもの、最終的に組み上げてから仕上げ塗装するものと、そこも複雑に分かれてくるので、工程管理が一番大変だとのことでした。塗ってゆく順番に家具や材料を並べて、次の順番が来るまでに乾燥させるシステムを組むとのことでした。

こちらは工場の片隅に置かれていた塗料と調色用の塗料です。色も素地である木材に色を付ける場合と、上に重ねてゆくウレタン層に色を付ける方法があるそうで、透明度やツヤの度合い、色の奥深さなどを検討しながら設計者に提案してゆくそうです。

こちらが、それぞれの塗料やウレタンなどを吹くためのスプレーガンです。

最初の写真で、工場長が吹いていたのがこちらです。家具扉の下地となるMDF(中密度繊維板)はそのままでは塗料を吸い過ぎてしまうので、目止めとしてサンディングシーラー材(プライマー材を吹き付けるそうです。同じサイズの材料を塗装してゆくのであれば、工場でも簡単に作業ができるそうですが、サイズや形もマチマチで、工程も微妙に違っている特殊な塗装をすることが多いので、やはり人力が一番とのことでした。

こちらがそのサンディング材です。MDF材専用のサンディング材があることも知りませんでした…。

塗装でもう一つ重要なポイントは養生とのことでした。必要な箇所は仕上げてゆきますが、不要な箇所は塗る必要がありません。仕上げるには塗る作業だけではなく、塗り重ねた塗料を削る作業もあるので、塗装が載るべき箇所以外をきちんと養生してゆくことも大変な作業だとのことでした。

こちらは建具の枠材に使う幅4センチほどの細い材料ですが、組み立てると他の大きな面積の材と並んで見えるので、きちんと養生しながら必要か所を仕上げてきたそうです。因みにこちらは、突板大手の北三の人工黒檀材のワンダーコクタンを突いて貰ったものです。

ワンダーコクタンの塗装前の段階では、このような柄と色味になっていますが、小さな部材では分かりにくいですが、仕上げてゆくことでグンと高級感が出てくることを再認識することができました。
因みに、黒く仕上げる扉材に使う家具用のスライド丁番は、この写真のような黒い丁番を使ってくれるそうです。

こちらは、R邸の主寝室で使う天然ものの黒檀突板を鏡面塗装に仕上げる途中の様子です。こちらの材料は僕らが特殊な突板をお願いする際の定番の山一商店さんから入れて貰ったものです。やはり大きな柄と歪んだところなどが天然モノならではの迫力でした。

こちらは主寝室の書斎コーナーに作って貰っている、鉄製の本棚のディテールです。

溶接跡が見えてしまうと鉄のシャープさが鈍ってしまうので、扉付きの収納が入る部分や、壁の後ろに隠れてしまう箇所で溶接してもらい、ある程度組み上げた状態から塗装で仕上げてゆくとのことでした。

今回の塗装工場の見学は、港区R邸のうちの担当スタッフの前田君も一緒で、案内してくれたニシザキ工芸の野田さんと上野さんは、港区R邸を見てくれているので、見学最中にも細かい箇所の取り合いなどの打ち合わせになっていました。

最後の幾枚かの写真は、塗装工場の設備で見たことがないものをご紹介します。東京都江東区三好に工場があるのですが、今このエリアはブルーボトルコーヒーを始め、オシャレショップが沢山集まってきており、塗装で発生する臭い対策が重要とのことでした。塗装中に埃が舞わないことも併せて、この一枚のパネルの背部に大容量の排気用フードが隠されているとのことでした。

黒い箱の奥に金属製のクロスが見えているのは、荷物専用の昇降機です。1階と2階の塗装工場と3階の倉庫の間を、家具はこれを使って行き来するそうです。因みに、この写真の手前に積まれている材料も、皆港区R邸の素材でした。ウォールナットのルーバー状のものは、ご家族用トイレの手洗いカウンター下の扉材です。

忙しい中、丁寧に分からないところまで説明しながら案内して下さった、野田さん(中央)と上野さんとの記念写真です。

最後のこちらは、オマケです。ニシザキ工芸本社の打ち合わせ室横にあるショールームのキッチンです。和のテイストも加えた、ユニークな作りで、造作家具屋ならではの細かく工夫も沢山あり、とても興味深い造りとなっていました。

マンション床の大理石張り@港区R邸

港区R邸

港区R邸の現場に大量の大理石が搬入され、大作業の床大理石張りが始まっていました。

リビングダイニング床の大理石張り

床面積の約7割のエリアに大理石かタイルを張る予定で、現場には5人の石職人さんが入って、あちこちで同時多発的に石張り工事が行われていました。

床大理石張り作業

キダマーブルの職人さんたちで、よく現場で話をしている人たちなので、今回の張り方のことや、使っている接着剤のことなどを質問させて貰いました。

床大理石張り作業

床に大理石を張る場合は、接着剤を点付けする方法と、今回のようにベッタリと接着剤を塗る方法があるのですが、今回こちらの方法を採用した理由を聞いてみました。床下地にベニヤ板が見えていますが、その下には床暖房があり、その暖房の熱効率を上げるためには、このようなエポキシ樹脂系接着剤圧着工法が適しているとのことでした。確かに、点付け工法だと、床下地と大理石の間に空気層ができてしまい、そこで熱の伝わりが悪くなりそうなので、納得致しました。

大理石のブレッチャオニチアータ

床に使っている石材はブレッチャオニチアータという、中国福建省のアモイ近郊の石材マーケットから仕入れた大理石ですが、ベースとなる灰色の色味が薄いものと濃いめのものが二種類あったので、使うエリアを分けると共に、サイズも変えて張って貰っています。

床大理石張り作業

リビングダイニングエリアは、色味が薄めのものでサイズは約50センチ角を使って貰っています。このサイズだと一人の職人さんで持ち運びができるので、一日で20枚程度のスピードで張れるとのことでした。

キッチン床の大理石張り

ただ、こちらのキッチンの床でお願いしたした60センチ×120センチサイズになってくると、二人掛かりで作業することになり、一日で数枚しか張れないとのことでした。

黒と白のボーダー入り床大理石張り

また、今回はこのように黒(山西黒)と白(ビアンコカラーラ)のボーダーを四周に回すデザインとしているので、張る際の逃げがないので、とにかく難しい現場だとのことを指摘されました。

黒と白のボーダー入り床大理石張り

ただ、この2色のボーダーが入ることで、デザイン的にグッと締まって見えることは、お客さまにもご納得頂けそうです。

ブレッチャオニチアータの床付け照明の穴開け

こちらの石には丸い穴が空いておりますが、これは床下に埋め込むアッパーライト(埋込式上向き照明)ようの孔です。これも事前に石割と平面図を重ね合わせて、工場にて機械で正確な位置に空けて貰ったものです。

奥さまの書斎部屋の床タイル張り

奥さまの書斎とお嬢さまの寝室の床の大理石調タイルの施工も,大理石と同じ石屋の職人さんで進んでいました。本来はタイルについてはタイル屋さんの方が腕も確かですし、スピードも速いのですが、今回は石工事の量があまりに多いので、石屋さんにタイルを張って貰うことにしたそうです。

奥さまの書斎部屋の床タイル張り

こちらでは、職人さんの手と熟練の勘頼りの石とは違い、写真のようなプラスチック製の道具を使って、フラットさを確認しながら素早い勢いで作業が進んでいました。

子供部屋のフローリング張り

他の部屋では違う工事が進んでいました。息子さんのお部屋のフローリング張りや、

リストーネジョルダーノのフローリング張り

主寝室のリストーネジョルダーノの変形フローリング張りは終わった後でした。本当はどのように張ってゆくのか見たかったのですが、残念です…。

床大理石施工途中_夜の視察

夜には、Rさまご夫妻が石張りの始まった現場を見に来てくださいました。

塗装状況の施主確認

お嬢さまの寝室の天井が仕上がってきた様子は、イメージにも近く、とてもきれいだと奥さまが喜んで下さいました。

 

薄型タイルのメリット&デメリット@二番町I邸

二番町I邸

二番町I邸の現場から、3.5ミリ厚の薄型タイル張りが始まるとの連絡があり、担当の神崎さんと一緒に張る様子を見てきました。

二番町I邸工事現場

薄型タイルのメリットは、

  • 何よりも軽くて施工が楽なこと、
  • 浴室などでは既存タイルの上にタイルを重ね張りしても良いこと(厚手のタイルはタイル上には張れません)、
  • また、クロスや塗装の壁とフラットに仕上げる際にも、タイルの厚みが薄いので、壁厚そのものを薄くすることができること

等が挙げられます。

デメリットとしては、

  • 種類が極端に少ないので選択肢が少ないこと、
  • 薄い割には安くないことなど

でしょうか。

薄型タイル_プクシースリム張り

今回は、洗面所の床タイルの上に増し張りしたかったことや、こちらの壁のように下部をタイルとして上部をクロスにして、両者がフラットに仕上がるようにした飼ったことから、共通してアドヴァンのプクシースリムというタイルを採用しております。

薄型タイル_プクシースリム張り

タイル職人さんに色々とメリットやデメリットを聞きましたが、寸法精度が高く、かつ軽いので作業が早くなること、マンション現場での資材搬入が何より楽なことは良かったとのことでした。背面には樹脂で補強されていますが、カットした場合に端部が欠けないかがちょっと心配だとは聞きましたが、こちらの現場では問題は無かったようです。

薄型タイル_プクシースリム張り

リビングダイニングのタイルは、壁に使っているクロスと色合いがうまくマッチしていました。

窓際キッチンの二重サッシ取り付け

本日は、もう一つ重要な工事が入っていました。先回のブログでも書いた通り、窓際にガスレンジが来る仕様なので、油煙が手の届かないキッチン裏のサッシにまで入り込まないように二重サッシを取り付ける工事でした。すでにキッチンキャビネットが入る正面窓の左下部分には壁が作られています。

窓際キッチンの二重サッシ取り付け

上下に窓を分割している横桟上には、引き違いのサッシを取り付け、下部には嵌め殺しのサッシを入れる計画となっています。

窓際キッチンの二重サッシ取り付け

壁に立てかけられているのが、引き違いの障子(窓の可動部分のことを専門用語では障子と呼びます)部分です。さりげなく背部に見えている壁には、冷蔵庫部分の壁を凹ませる工事が無事完了していました。

窓際キッチンの二重サッシ取り付け

上下左右のレールを入れるところまでは、時間が掛かりましたが、最後に障子を取り付けるところは、本当にアッという間でした。

窓際キッチンの二重サッシ取り付け

手前の二重サッシが入った状態です。奥の元からあったガラスには視線をカットする乳白フィルムを貼ってあることや、方立の位置を背面と表面で合わせたことで、存在感もそれほど強く感じないで済みそうです。

ミラー用コーナー金物の確認

リビングの柱型の存在感を消すために、柱の3面にミラーやカラーガラスを貼る予定ですが、その見切りも現場に届いていたので、チェックしてきました。

ページトップへ戻る