Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

仙石山レジデンスリフォームのビフォーアフター

仙石山T邸

仙石山レジデンスT邸のリフォーム工事が完了し、リフォーム前とほぼ同じアングルで撮影してビフォーアフターを比較できる写真のセットを作りました。

仙石山レジデンスリフォーム_ビフォーアフター

リビングダイニングキッチンのビフォー&アフターです。まずはクローズド型だったキッチンをレイアウトから変更して、オープンキッチンにリフォームしたことが一番の違いです。

仙石山レジデンスリフォーム_ビフォーアフター

リビングの奥から見比べた、こちらのアングルの比較写真の方が、キッチンがオープンになったことで、どれだけ空間としての広がりが変わったかが分かりやすいかも知れませんね。さりげなく、天井の折り上げ部分に突板を張ったことも、空間の雰囲気をグレードアップするのに役立っていると思っています。

仙石山レジデンスリフォーム_ビフォーアフター

キッチンを同じアングルからの写真で見比べると、レイアウトが全く変わっています。以前はL字型のキッチンでしたが、それをリフォームで「ニ」の字型に変えています。ただ、ガスコンロやオーブン、レンジフードといった設備類は、以前の物を再利用しています。

仙石山レジデンスリフォーム_ビフォーアフター

リフォーム前は不思議な壁紙仕上げだったリビングの突き当りの壁を大理石張りに変えたことも、大きな変化ですね。大理石壁の光沢が映えるように、下がり天井部分にもダウンライトを幾つか追加しています。また、大理石のグレードに合わせて、もう一枚の壁をウォールナットの羽目板張りとしています。

仙石山レジデンスリフォーム_ビフォーアフター

実はこのウォールナットの羽目板壁は、廊下に作った本棚兼飾り棚の側面が伸びたような造りとなっており、この木製壁の後ろにも隠し部屋があるかのような錯覚をもたらしています。単なる移動空間の役割しかなかった廊下を、キッチンをオープンにしたことと、飾り棚を作ったことで、LDKの一部として取り込むことができました。

仙石山レジデンスリフォーム_ビフォーアフター

LDKと同等、いやそれ以上に劇的に変わったのが、こちらの玄関ホールかも知れません。以前は、左手にある玄関扉から入ってくると、正面に無味乾燥な白い壁があり、シックな共用廊下から随分グレードダウンされた空間に入ってきたかのような気持ちになっていました。リフォームで、正面壁を大理石張りに床を大理石調タイルに変え、それらを印象的な照明でテラスことで、2段も3段も玄関空間が格上げされたのではないでしょうか。
写真正面の壁もビニールクロスのデザインパネル張りとして、その左側の収納も以前の物にクロスと同色のダイノックシートを張っったことで、違和感のないデザインにすることに成功しています。

仙石山レジデンスリフォーム_ビフォーアフター

玄関ホールを逆向きに見たアングルの写真でsも、壁と床の素材感が生きていることが判るかと思います。収納量もアップさせながら、来客用トイレの扉を目立たせなくするデザインとしています。

仙石山レジデンスリフォーム_ビフォーアフター

最後のビフォーアフターの写真は、浴室壁です。以前は、白いタイルが4面に張られ、青白い光温度の高い照明で照らされていた(なぜか間接照明だけは電球色でしたが)空間でしたが、タイルの上に張ります出来る薄型(3ミリ厚さ)のタイルをアクセントに張り、全般照明も間接照明も色温度を合わせて、ゆっくり落ち着く空間へとリフォームすることができました。

以降は、リフォーム後の竣工写真です。

仙石山レジデンスリフォーム

先ほどビフォーアフターで説明した、本棚とウォールナット壁が一体化している様子が分かりやすい写真です。正面大理石壁に向かって右側の袖壁を鏡張りにしたことで、不思議な奥行き感が生じています。

仙石山レジデンスリフォーム

いや、こちらの写真の方が分かりやすいですね…。このようなデザインは、図面に書くのは簡単ですが、実際に作るのは相当大変なものなので、手練れのリフォーム会社や造作家具屋でないとうまくできないと思いますので、注意が必要です(笑)。
玄関廊下側からの扉をガラス扉にしたり、キッチンの袖壁の小口をステンレス張りにしたことも、キラッと華やかな印象に変わった小さな要因だと思っています。

仙石山レジデンスリフォーム

逆向きに、玄関廊下側から見た飾り棚のある廊下部分です。右側は玄関正面からの大理石が回り込んでいます。

仙石山レジデンスリフォーム

キッチンと廊下とLDKが一体化して、以前よりLDが1.5倍ほど広くなった印象です。キッチンのガスコンロ前の壁はカラーガラス張りとしています。因みにガスコンロの前に普通のカラーガラスを張るのはあまりお勧めできないので、強化ガラスのカラーガラスとしています。本当はガスコンロ前だけでも良いのですが、強化ガラスと普通ガラスのカラーガラスでは色違いが生じてしまうので、今回は統一しています。

仙石山レジデンスリフォーム

ダイニングからキッチンを見返したアングルです。キッチンの左側にある壁部分は、マンションの構造柱でどうすることもできなかった部分ですが、正面と横面には、マット仕様のカラーガラス(マテラック)を張って、透明感を演出しています。飾り棚と壁面の木は、ウォールナットの突板ですが、キッチンの吊戸と折り上げ天井内は、レオというちょっとチークっぽく、それでいながらちょっと荒れた雰囲気の突板を使っています(天井の突板張りは不燃材で、ニッシンイクス社のリアルパネルのレオラスティックを使っています)。

仙石山レジデンスリフォーム

玄関の壁大理石張りも、高さサイズを細かく変えて、本磨き(鏡面仕上げ)と水磨き(マット仕上げ)を細かく指定した、面倒な張り方となっています。

仙石山レジデンスリフォーム

共用廊下から玄関入って正面に見えてくる壁のデザインがこちらです。壁を斜めにして、ウォールナットの突板でカウンターを作ったニッチのデザインが効いていますね!因みに、このニッチデザインはお施主様がデザイン画を作って下さったものでした。

特注スチール扉のデザインについて

渋谷区Q邸

渋谷区Q邸の現場に、楽しみにしていた特注のスチール製扉が吊り込まれました。

特注スチール建具の吊り込み

写真では少し見にくいのですが、大工さんの矢野さんが作業している右はFIX(フィックス・固定建具)で、作業服の川野君の左側に開いた扉が吊り込まれています。

特注スチール建具初期スケッチ

こちらが、お客さまとのデザイン検討時に描いた、廊下側から見たスケッチですが、ほぼ似たような様子に出来上がってきました!デザイン的には、フランスのビストロ等にあるアールデコをモチーフとしています。

特注スチール建具の吊り込み

親子扉(正確には親子子扉ですが…)をアップでみるとこのようになっています。まだガラスが入っていないので、スケスケ状態ですが、これまでは無機的な素材の色味だけのデザイン要素が多かった空間に、恣意的なデザインの建具が入ったことで、空間がイキイキとして見えてきました!

特注スチール建具の吊り込み

ちょうどお客さまのQさまも現場に来て下さり、この建具を見て、とても喜んで下さいました。

スチール建具に合わせた黒い高巾木の取付け

二つの建具に挟まれた柱型部分にも、建具のハカマ(下枠)と同じ高さの巾木をつけて貰いました。

スチール建具に合わせた黒い高巾木の取付け

建具のハカマ部分はスチールの焼き付け塗装で、巾木部分は塗装した木製ですが、色とツヤ感が揃うように特注で作って貰った巾木で、大工の矢野さんが丁寧に取り付けてくれました。

特注スチール建具の吊り込み

ここからはガラスを入れる瞬間と最後の清掃時まで、養生で囲まれてしまうので、しばらくの間見納めとなります…。

オーダーキッチンの組立て

先日来組み立てていたキッチンはガラス扉やレンジフードのカバー等の細かい部分以外は仕上がって、ビニールで養生されています。その左側の造作家具で作られたダイニングカウンター部分もビルトインのワインセラー2本分以外は出来上がりました。

オーダーキッチンと造作家具の取り合い

カウンターの厚みや、扉の寸法が横並びで揃っていることを確認するために、現場監督の岡田さんにお願いして、養生シートを部分的に剥がして貰いました。

キッチン床タイルの張り込み

キッチンでは、床のタイル張り工事が進行中でした。

フローリング張り壁の施工

フローリングを壁に張る作業も、最後の2枚となり、もうすぐ終わりそうです。

サルバトーリ張りの壁

玄関ホールの壁の加工大理石のサルバトーリ張りも、きれいに収まっていました。

マンションリノベの現場定例打合せ

玄関と大型のシューズインクローゼット(SIC)の床に張る大理石の割り付けを、石屋のキダマーブル
担当者と打ち合わせをさせて貰いました。

インテリアアートの選定w/ギャラリークローゼット

渋谷M邸

リフォーム工事がほぼ終わった高層マンションリフォームの渋谷M邸に、インテリアアート選定のお手伝いに伺ってまいりました。事前にお客さまが西麻布にあるアートギャラリークローゼットに行って下さり、好みのテイストのアーティストを選んでくださっていました。お客さまとの事前相談で、アートが欲しいカ所の展開図を渡した上で、ギャラリーのオーナーの新井さんが候補となるアートを持って来てくれました。

まずは運び込まれたアートの数々を養生から取り外します。

物によっては、背面のヒモが掛かっていない作品もあるので、サッと紐かけもしてくれます。

まだやり直し工事に入っている部屋もあったので、簡単に決まりそうな主寝室のアートから始めました。寝室に良さそうだとMさまが選んでくださった稲垣洋介さんの横長のアートです。

ベッドに横たわっている時に見ると良さそうなのですが、アートを掛けた左側の壁がポッカリと空いてしまうので、空いた側に絵を動かしてみました。

壁に対してのアートのボリュームが足りない気がしたので、色味が似ていることで持って来てもらっていた小川万莉子さんのアートを壁に掛けてみました。簡単に決まりそうだったのですが、どれも帯に短したすきに長しで、決め手がなかったので、一旦保留にして、工事が終わった玄関廊下に移動することになりました。

まずは玄関入ってすぐのベンチ上の壁です。韓美華さんの柔らかいアートは色味もバッチリで候補の一つに挙がってきました。

こちらは白地に黒いレモン(?)のような形が三つ描かれた入江清美さんの作品です。場の雰囲気を引き締める力強さもあってこれも候補として残ることになりました。

Mさまがアートとしては結構気に入っているとのことで、池田恭子さんの作品を飾って貰いましたが、こちらはサイズが壁いっぱいで窮屈な感じがするので、パスすることになりました。

先ほど玄関ベンチで試した韓美華さんの作品を廊下の突き当り、主寝室の入り口でも同じ作品を違う向きで試してみました。

どこに飾っても良さそうな作品で、廊下からLDKへの入り口部分にも掛けてみましたが…、

次に試してみた、稲垣洋介さんの作品があまりにドンピシャで、これは有無を言わさず決定となりました!

まずフレームとタイルと木質の扉でカチッと硬質にデザインされたコーナーにアートの雰囲気があっていること、サイズもぴったりで、絵の白い部分が照明の明かりを受け止めているように見えること、また、木質扉の色味と呼応した色や、リビングダイニングのアクセントカラーとなっている緑も入っており、この空間に飾るために描かれたアートのように感じられたのです。
この位置にこの作品が決まったことで、反対側の玄関ベンチ上には、柔らかい雰囲気の入江さんの作品が決まりました。主寝室については決め手はありませんでしたが、まずは1週間ほど稲垣さんの作品を掛けてみて、どうするか時間を掛けて検討して貰う話となりましたが、当日の夕方にお電話があって、やはりこの作品が欲しいとの話になって、3つのアートが決まってゆきました。