建築家が考える上級リフォーム・リノベーション

保護中: 新規:高層マンションリノベーション世田谷区Y邸

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

タグ

2016年11月21日 | 保護中: 新規:高層マンションリノベーション世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他

180平米マンションのリノベーション下地工事@麻布台M邸

180平米の広さのマンションのリノベーション工事・麻布台M邸ですが、解体後の下地造作工事が進んでいます。

dsc_3190_pt

天井は照明位置はずらしてゆきますが、ほぼそのままで、壁は全てやり直しでボードを剥がして、LGS下地の状態になっています。床は既存が床暖房の上に、ベニヤ板を張ってその上にフローリングとなっていたので、床暖房パネルを痛めずに、フローリングだけを剥がすことができました。

dsc_3196_pt

高級マンションならではの工事騒音問題が関連して、大工さん一人&電気屋さん一人の少人数体制での工事が進んでいます。

dsc_3198_pt

キッチンと玄関の戸境壁は、収納一か所を除いて撤去して、また新しい壁を立て直しています。建設当初の工事では壁下地はLGS(軽量鉄骨)を使っていましたが、今回のリノベーション工事では、施工の青からの相談で木製下地に変えて工事して貰っています。大きく全面的にやり直す工事ではLGSが早い上に、しっかりしているのですが、細かく部分的に触ってゆく工事では、大工さんだけで工事ができることなどから木製下地の方が却って早く作ることができるとのことでした。

dsc_3199_pt

ちょうどこの木製下地を組んでいる位置の天井を見上げたところです。先回のブログでも話があった通り、キッチンの天井裏にはLD分の隠蔽型エアコンの本体とキッチンの天井カセット式エアコン、さらにはそれらのダクトや配管類が詰まっており、点検口も含めて位置を大きく動かすことができなので、ギリギリの線を狙って設備を移設して貰っています。

dsc_3201_pt

解体時から進めて貰っている、床下のトイレや手洗いの排水管なども、新しく指示した箇所に手直しされていました。

dsc_3207_pt

床下地の位置で一度墨出しをして確認していましたが、新しく床フローリング下地として張ったケイカル板の上にも、家具や壁の位置が墨出しされていたので、それらも設計側で確認いたしました。

dsc_3193_pt

リビングには玄関ホールと、プライベート廊下からと2方向からアプローチできるのですが、こちらは廊下からアプローチする通路に作られるクローゼット収納の一部です。
以下からのブログは、その1週間後の現場の様子です。

dsc_3919_pt

かつて部屋があった部分を縮小し(その分リビングダイニングを広げています)、書斎的に使えるDENを作る予定です。ちょうどこの写真の正面に見えている壁下地がその間仕切り壁となります。

dsc_3915_pt

この壁には、表面に大理石が貼られて、中央には壁掛けテレビが設置されます。壁の左右には壁内部に引き込める引き戸が2枚付く予定となっています。

dsc_3916_pt

斜めからこの壁を見ると、木製下地が二重に作られており、引き戸が入るポケットがあることが判るでしょうか?壁中央にオレンジ色の配管が通っているのが、テレビ線やちょっとずれた位置に設置するアンプなどと接続するためのCD管(後で線を通すことができるカラの配管)です。

dsc_3931_pt

壁に扉を引き込むポケット部分の下地詳細です。

dsc_3922_pt

先ほどのキッチン天井設備の位置も、こちらが希望した位置に変更して貰っています。特に造作家具の上部に来てしまう点検口については、そこからエアコン本体のフィルターの清掃をする必要もあるので、設備屋さんにも作業ができる寸法かを確認して貰った上で、位置を最終決定いたしました。

dsc_3926_pt

プライベート廊下部分は、壁際の収納を撤去して、ギャラリー的に使えるように収納と飾り棚を作る予定です。写真奥に向かって左側に凹んだニッチがその部分になります。

dsc_3929_pt

廊下一番奥の主寝室の扉の位置も移設しているので、既存扉枠を上手く撤去したものを、廊下の曲がり角ちょうどの所に再度設置して貰っています。

r0058544_pt

この日は、造作家具の打ち合せをしたいとのことで、施工をお願いしているの田原さんと八木さん、そして造作家具屋の大沼さん、家具に含まれる間接照明やスイッチなどのことで電気屋さんにも同席して貰って打ち合わせを致しました。

r0058538_pt

こちらが施工側で描いてくれた造作家具の施工図です。キッチンカウンターの厚みや、カウンター甲板の納まり、間接照明の位置などを細かく打合せさせて貰いました。

 

タグ

2016年11月16日 | 180平米マンションのリノベーション下地工事@麻布台M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸

造作家具週間@元麻布I邸

元麻布I邸の現場は、この一週間のほぼすべてが造作家具の搬入組み立てに費やされました。

dsc_3152_pt

220平米の空間に、これ以上は置けないほど本棚を設置して欲しいとのご依頼に加え、リビングのAVボードやキッチン横のパントリー、洗面やトイレのカウンターに加え、造作家具と揃えたデザインの扉(建具)等、様々な種類の箱やパネル、カウンター板が現場に運び込まれました。

dsc_3180_pt

リビングの窓際で組立て中なのは、大きな造作AVボードです。PS(パイプスペース)と柱型の出っ張りに合わせたサイズのローカウンターで、仕上がりはすっきり見える予定ですが、実は内部にはテレビ・ステレオ関連の配線が複雑に絡み合い、排熱するシステムまでが組み込まれているので、造作家具の箱の設置段階から大仕事になっています。

dsc_3154_pt

黒いネロ・マルキーナという大理石の甲板を色を合わせるために、オーク突板を木目を半分見えるように(セミ・オープンポア)に黒く仕上げて貰った材料を組み立ててゆきます。

dsc_3244_pt

一通り組み立てられたAVボードです。フレーム状に天井にも枠が回っており、甲板と壁に柄を揃えた大理石を貼ってゆきますが、窓廻りは黒く塗装した鉄板を張って貰うなど、まだ細かい調整が残っています。

dsc_3237_pt

組み上がったAVボードをダイニング側から見た様子です。まだ手前で職人さんたちが削り合わせているフィラー(壁と造作家具の隙間を埋める材料)や棚板が組み込まれてゆきます。

dsc_3176_pt

廊下には、大量の本棚が組み込まれてゆきます。

dsc_3167_pt

隣り合った本棚の側板をピッタリと寄せることで、縦横の桟のサイズがあってくるデザインなので、このようにクランプを使って、ガッチリと隣同士を連結してゆくことになります。

dsc_3171_pt

扉で開口部がある上部にも本棚が続いているんで、その部分も竪桟を二重に重ねないデザインで作って貰っています。見た目はどうということない納まりに見えますが、実は相当面倒な作り方なのです…。

dsc_3256_pt

ほぼ出来上がったプライベート廊下の本棚群です!

dsc_3164_pt

それ以外にも、パブリック部分に並ぶ黒い本棚や、

dsc_3165_pt

ご主人の書斎の壁にも両側に本棚が並んでゆく予定なのです。

dsc_3161_pt

こちらは、キッチン横に組み込まれているコーヒー&ワインコーナーの棚です。正面右奥のカウンター下にビルトインのワインセラー機器が組み込まれる予定です。

dsc_3254_pt

収納量は大量に確保したいのですが、全ての壁面が収納で埋まってしまうと、圧迫感が出てしまうので、この吊戸棚のように、一部をオープンにしたり、色味やサイズを細かくコントロールして、軽やかに見えるように工夫しています。

dsc_3272_pt

以前にある程度組み上がっていた洗面所のカウンターにも、白いビアンコブロイエという大理石の甲板と立ち上がり壁が設置され、メディスン・キャビネットも取り付けられています。

dsc_3261_pt

来客用トイレの手洗いカウンターにも、AVボードで使う黒大理石の残り板を有効活用したカウンターが付きました(今回の大理石は、スラブという大判の状態で買っています。大きく材料取りした後に残った部分が無駄にならないように、他で転用できそうな部分はなるべく使い切るようにしているのです)。

dsc_3174_pt

こちらは主寝室の入り口に作っている小さな引出収納ですが、こちらの天板には洗面の白大理石の残りを使うことにしています。

dsc_3252_pt

その他にも、キッチン壁のイタリア・フィアンドレ社(日本側の輸入代理店アークテック社)の大理石柄大判タイルの貼り込みも始まっています。

r5552488_pt

重量のある大理石の貼り込みと比較すると、大判ながら6ミリと薄いタイルなので、二人の職人さんで軽々と持ち上がっていて、安心感があります。
ここ数日は、大好きな造作家具組立て週間でしたので、ほぼ毎日、担当スタッフの前田君と現場に通いました。お陰さまで、大きな問題なく据付けが進み、あとは竣工まで秒読みになってきました。

 

 

タグ

2016年11月14日 | 造作家具週間@元麻布I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

引き込み扉の特注取っ手のバリエーション

引き戸を作るときは、なるべく壁の隙間のポケットに入り込む形の引き込み戸で作るようにしていますが、いつも工夫しているのが取っ手の形状と素材です。既製品では、取付け方法や色味のコントロールが難しいので、鉄を加工して貰った特注の取っ手をオーダーで作って貰っています。

r5552519_pt

こちらは、造作家具に揃えて、突板に同じ染色をして貰った建具です。ここでの特注取っ手は、いつもよりサイズを大きくして、染色の色に合わせて焼き付け塗装をして貰いました。取っ手のサイズに合わせて、建具にも横目地を入れて貰っています。

r5552523_pt

黒染色の突板で作って貰った建具では、ステンレスのバイブレーション仕上げ(方向をわざと乱して研磨した仕上げ)の取っ手も作って貰いました。焼き付け塗装をしないと、溶接跡を隠すことができないので、試作品を作って貰って研究した成果です。

r5551447_pt

余談になりますが、これらが以前から試作として作って貰った特注取っ手です。一番左で木材に組み込まれたものが通常の焼き付け特注取っ手で、その左からバイブレーション仕上げ、ヘアライン仕上げ、ステンレス鏡面仕上げのものです。

r5551443_pt

造作家具と建具の8割方をお願いしている現代製作所の藤田さんと取っ手試作品を見ながらの打ち合わせ時の様子です。

r5551442_pt

右下のスケッチが、試作品を作るうえでこちら側でお願いしたイメージ図です。いつかは、鏡面仕上げの取っ手も、どこかのプロジェクトで使ってみたいと思っています。

タグ

2016年11月11日 | 引き込み扉の特注取っ手のバリエーション はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

アンティコスタッコ壁の作り方@元麻布I邸

大規模リノベーションの元麻布I邸では、玄関ホールとダイニング壁の一部をアンティコスタッコで作ることになりました。
「アンティコスタッコ」とは聞き馴れない建築用語かと思いますが、ベネチアンスタッコとも呼ばれるもので、大理石を細かく砕いた粉を漆喰に混ぜて、ヘラを使ってムラ感がありながら光沢感のある美しい壁を作る技術のことです。

dsc_3118_pt

アメリカではよく使われる技法でしたが、日本に戻ってからは使ったことがなかったので、リフォームキューの現場監督の神成さんに工程を事前に確認しておいて、施工される様子を見学に行って参りました。

dsc_3111_pt

写真の左側の壁と、そこからさらに折れ曲がってダイニングの突き当りまでの壁がアンティコスタッコで仕上げる壁となっています。

dsc_3115_pt

日本でも幾つかの会社が施工してくれるようですが、色合いが最も美しく、色の種類も一番多かったAIZUさんにお願いしています。こちらが事前に調合されたアンティコスタッコのベースです。

dsc_3122_pt

僕らが見学に行った前々日からボード壁のパテ処理、そして前日にはラフな下塗りを終えている段階でした。そこから職人さんがヘラで塗ってゆくのですが、その手の動きのスムーズなこと…。
左官といえば、鏝(コテ)にもっと湿気のすくないモッサリした土状のものを持って押し付けてゆくものです。塗装といえば、ローラーや筆にもっと湿気の多い液状のペンキを塗ってゆくものですが、アンティコスタッコは、ちょうどその中間のようなものでした。お好み焼きで使うヘラに、ちょっとベースをのせて、ランダムな円弧を描くように塗りつけて、同時に磨きだしてゆくような作業でし。

dsc_3078_pt

まだ完全に乾いた状態ではありませんでしたが、こんな感じに仕上がってゆくのです。

dsc_3067_pt

当日の作業が全て終わってから数時間経った状態です。まだ乾いていないところもチラホラ見えますし、照明を当てていないと地味な仕上げにしか見えませんが、肉眼ではきれいに仕上がっていました。
外壁と同じザラッとしたタイルが貼られている玄関ホールとリビングに対して、滑らかでしっとりとしたアンティコスタッコの壁が上手く対応してくれそうです。素晴らしい職人技と仕上がりの美しさでワクワクする一日でした!

 

 

タグ

2016年11月08日 | アンティコスタッコ壁の作り方@元麻布I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

一番町A邸リノベーション完成 ビフォー&アフター

ここまでリノベーション工事が進んできた千代田区一番町A邸の工事が完了いたしました。デザインアドバイスとしてお手伝いしたプロジェクトでしたので、設計検査ではなく施主検査への同行という形で、検査に立ち会って参りました。

dsc_4118_pt

検査には、お客さまのAさまが来てくださり、工事をお願いしたリフォームキューの森井さん(設計&営業)と富田さん(施工管理)が主体で進めてくれました。

dsc_4135_pt

とはいえ、細かいチェックは、事前に僕らデザイン側で一通り見ていたので、それらのポイントを説明する程度で終わり、あとは家具をどのようにレイアウトするか等のお話に始終してしまいました。

dsc_4204_pt

玄関扉を開けてすぐに見える玄関ホールです。光を取り込む工夫をしているので、以前に比べて明るく開放的になったことをAさまが褒めてくださいました。

dsc_4133_pt

浴室と洗面脱衣の位置交換をして作った、少し変形の浴室です。オーダーユニットバスの東京バススタイルにお願いした浴室の解放感にもとても満足して頂くことができました。
この後は、その後家具を入れて頂いた状態で、ほぼ同じアングルの写真を比較したビフォー&アフターをご紹介いたします。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-01

赤っぽいフローリングと壁面が目立っていたリビングはフローリングをライトグレーのものに交換し、タイルやカラーガラスを使って、凹凸感を強調したデザインとしています。折角の天井高さが活かされていなかったので、照明を仕込んだボックスを折り上げ部分に浮かせることで、天井の高さを強調してみました。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-02

一番変わったのはこのアングルだと思っています。扉で閉じられていたクローズドキッチンの壁を撤去することで、冷蔵庫を家電置き場だけは隠されていますが、それ以外が解放さたオープンキッチンになっています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-05

壁面のガスレンジとシンクがついたキッチンカウンターは、位置をズラしていますが、基本的には同じユニットを再利用しています。ステンレスの天板は磨き直して、扉は全て取り外して塗装し直して、取っ手も少しモダンなものへと変更してみました。以前は冷蔵庫の奥に洗濯機がありましたが、これは洗面に移動しています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-04

柱型が目立っていたリビングのコナーですが、その柱型と窓を絡め取るような木製フレームを廻して、カラーガラス張りのテレビ置き場を新たに作ってみました。下部にはAV機器を収納するボックスも埋め込んでいます。柱型そのものにもカラーガラスとミラーを貼って、存在感を弱めています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-03

玄関からLDは入ってすぐのエリアです。中途半端なサイズのニッチがありましたが、背面の靴収納を作り直すことで、半透明の飾り棚を作りっています。ダイニングテーブルを置く位置に合わせて照明計画も考え直しています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-06

玄関側から見ると、このような違いになっています。何より、閉じるとホールに光が差し込まない構成でしたが、扉を天井いっぱいのスチールサッシとガラスで作ることで、開放感が演出されています。扉が隠されてしまっているので判りにくいのですが、スチールサッシの左横にこじんまりとはしていますが、コート掛けも作っています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-08

キッチン部分に次いで大きく変わったのが、この浴室と洗面でしょう。浴室と洗面脱衣の位置を取り換えることで、浴室は少し小型になりましたが、かつてはシングルボウルだった洗面にダブルボウル+洗濯機置き場を作ることができました。上の写真は、ほぼ同じアングルで撮影された写真であることが判るでしょうか?

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-09

こちらも同じアングルからの写真で、廊下からの扉の位置は全く変えていません。マンションで、洗面と浴室、両方に窓があって外光が入ってくるのも珍しい構成でしたので、それは継続して活かしています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-10

最後はトイレ空間です。といっても、こちらはそれほど変わっていませんね。手洗いボウルが小型で、手首までは洗えないものだったので、カウンター幅を10センチ増やして、大き目のボウルに変えています。また、キッチン背面の壁は、汚れも取りやすく、インテリア性も高いキッチンパネルを貼っています。

タグ

2016年11月04日 | 一番町A邸リノベーション完成 ビフォー&アフター はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸