Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ザ・ライブラリー_中央区S邸のSさまご自宅調査

ザ・ライブラリー

新規リノベブランド、ザ・ライブラリーのお仕事の紹介です。
有料でのリノベーション提案とCG作成の費用をお振込み頂いたメゾネットリノベーションプロジェクト中央区S邸ですが、Sさまのご一家が現在暮らしていらっしゃるご自宅に新居でも使う家具やアート、調度品の調査にザ・ライブラリーメインメンバーの田口さんと上田さん、各務と前田君の4人で伺ってきました。

メゾネットリノベーション中央区S邸のSさまご自宅調査

実は別の場所にあるこちらのご自宅マンションも10数年前にSさまがコダワリでリノベーションした、雰囲気抜群のお部屋なのです。まだ若かった当時は、今よりももう少しラフで、インダストリアルで古びた風合いが好きだったとのことですが、節たっぷりの厚手のフローリングや、ヴィンテージ感満載のレザーの家具や木製ブラインド等、見どころたっぷりの空間でした。

メゾネットリノベーション中央区S邸のSさまご自宅調査

新居にも持ってゆく予定のアートや調度品、家具を中心に調査を致しました。今のお宅の玄関ホールの目玉作品でもあり、新居でもやはり玄関ホール正面壁にも飾る予定のアートは、写真家の森山大道氏の「三沢の犬」です。

メゾネットリノベーション中央区S邸のSさまご自宅調査

調査後には、CG作成のためのお打合せをさせて頂きました。今のお住まいよりも、もう少し大人っぽく、スタイリッシュにとのご希望で多様な素材をお持ちしましたが、取り澄ました素材よりも、テクスチャー感が豊富で経年変化も楽しめる素材がお好きだとのこと、TAGKENでも内外装材として良く使っているセメント系素材のSolid(ソリド)を気に入って頂けたようです。
続きは、ザ・ライブラリーブログをご覧ください。

マンション最上階住戸のスケルトン状況確認

関西I邸

低層マンションの最上階住戸(ペントハウス住戸)の関西I邸の解体工事と清掃が終わったスケルトン状態をお客さまご夫妻と一緒に確認して参りました。

ペントハウス住戸のセミスケルトン状態

天井が高く、壁もすべてなくなっており、とにかく広く感じられる空間となっており、お客さまご夫妻と工務店のお二人、弊社の担当スタッフの竹田さんが豆ツブのように見えますね。

ペントハウス住戸のセミスケルトン状態

赤い鉄骨で支えれているのは、元からあって再利用する屋根裏収納で、木製の箱のようなものが上から垂れているのは、屋根裏用の収納式ハシゴ階段です。

ペントハウス住戸のセミスケルトン状態

今回は正規のプロセスを経て(つまり、建築指導課と消防に確認して、マンション管理組合の承認を得て)2つの専有部住戸を一つに繋げる計画となっており、この写真の手前が元々Iさまが暮らしていたお部屋(605号室・リノベーション後はLDK)で、写真中央奥が途中でご購入なさってしばらく倉庫として使っていたお部屋(606号室)です。

ペントハウス住戸のセミスケルトン状態

逆に奥の居室部分になる606号室からから2住戸連結箇所を経て、605号室を見返した写真です。

ペントハウス住戸のセミスケルトン状態

先日の東京バススタイルさんに立ち合って貰い、オーダーユニットバスの寸法を実測して貰った607号室も共用部分の配管と、やはりこちらの部屋にもある屋根裏収納と収納式ハシゴ階段のボックス以外はほぼスケルトン状態となっています。

ペントハウス住戸のセミスケルトン状態

主寝室となる空間も天井裏には大きな空間があるのですが、ロフト収納を支える鉄骨が走っているので、それを避けながらどのような折り上げ天井を作るかが難しい所です。

ペントハウス住戸のセミスケルトン状態

浴室と洗面と子ども部屋が作られる空間です。床スラブが一段落ちている個所(ダウンスラブ箇所)に浴室が、右側のフラット部分に洗面とユーティリティーと子ども部屋が作られる予定です。子ども部屋の天井もかなり高くなるので、熱い空気が上空に滞留しないように天井扇を付けることになりました。

ペントハウス住戸のセミスケルトン状態

606号室の主寝室エリアから子ども部屋エリアを見返した様子です。中央に水回りとロフト収納が来るので、空間としては分断されてしまいますが、何も遮るものがないと、中庭側の窓から外壁側の窓へと気持ち良い風が通り抜けます。

予算調整@関西I邸

現場確認を終えた後は、お客さまご夫妻と工務店の方と一緒に仮住まいに移動して、解体後に変更が生じたデザインの変更点の確認と…、

予算調整@関西I邸

お客さまからのご要望と現場確認でこちら側からご提案した変更案、各項目の工事費の増減を確認しながら、何を採用して、何を不採用とするかをご相談させて頂きました。

簡易ホームシアターシステム@代々木上原I邸寝室

代々木上原I邸

代々木上原I邸の主寝室には、大型テレビを入れた簡易型のホームシアターシステムを導入しました。

寝室のホームシアターシステム

一般にホームシアターシステムというと、防音と遮光で完全に区切られた部屋に大型スクリーンとプロジェクター、それにサラウンドの音響システムを揃えるというイメージですが、こちらのシステムはもっと簡易的なものです。
窓は完全遮光は難しいシェードを使っており、遮音もそこまで徹底できていないので、簡易と言っていますが、テレビは77インチの大型で、音響は専門のAURUS(オーラス)に組んで貰っています。

寝室のホームシアターシステム

こちらが作った寝室の平面図に、ベッド正面に最大でどれだけのサイズのテレビモニター入れることができるか、更にその横にデザイン性も優れたB&OのBeoLab18の壁掛けスピーカーを設置できるかから簡易ホームシアターシステムの設計が始まります。
音響システムは、壁付けフロントスピーカーに天井付けのサラウンドスピーカー、重低音用のサブ・ウーファーを入れて、アンプとブルーレイを入れた5.1chのサラウンドシステムとなっています。

寝室のホームシアターシステム

リクライニングベッドの高さからの視点と、音の響きを考えて展開図デザインを検討し、アンプとブルーレイの設置場所を造作家具内に設定しました。

寝室のホームシアターシステム

機器選定とレイアウト計画が決まったところで、オーラスの担当者の阿南さんに作って貰った配線図がこちらです。どの機器とどの機器をどのような線を結ぶ必要があるかを指示して貰った現場施工側に渡す図面となります。これをベースにCD管とよばれる中身が空っぽのオレンジ色の管を壁裏と天井裏と通して後で配線ができるように結ぶのです。

ボードを張る前のLGSの骨組み状態の時の主寝室で、テレビを設置するのがこの正面壁でその背面から天井に向かって伸びているのが、配線用のCD管です。

この写真の正面左壁がテレビの壁で、そこから天井に伸びたCD管が天井裏で部屋の各箇所へと繋がっているのが分かりますね。

寝室のホームシアターシステム

先ほどの骨組み写真から1.5月後の状態で、仕上げの石膏ボードが張られ白く塗装されたところで、オーラスに入って貰っての具体的なホームシアターシステムの組み込みです。テレビを設置する位置をテープでマーキングしたうえで、スピーカー位置をレーザー光線で出してくれています。

寝室のホームシアターシステム

こちらが壁に固定された、バング&オルフセンの壁付けスピーカーbeolab-18の台座です。

寝室のホームシアターシステム

テレビの左右に取り付けられたスピーカーです。

寝室のホームシアターシステム

こちらは現場に届いていた77インチの大型テレビです。

寝室のホームシアターシステム

こちらがSONYのテレビ専用の壁掛け金物です。このサイズの金物であれだけのサイズのテレビを引っ掛けるのです。

寝室のホームシアターシステム

配線を繋いで、左右のスピーカーにぶつからないように3人がかりで壁掛けテレビを設置してくれています。手慣れた人たちでもそれなりの時間が掛かるのです…。

寝室のホームシアターシステム

まだテレビからの配線が整理できていない状態ですが、テレビとスピーカーが壁に揃った三役そろい踏みの様子です。

テレビのある壁とは90度離れた、再度の壁に設置された造作家具の背面に穴が空いています。

一番左の孔の奥にオレンジ色の管が見えているのが、先ほどのCD菅です。直線にしても4メートルほど離れていますが、立体的に繋がっているので実際の長さは10mメートルほどある計算になります。

寝室のホームシアターシステム

造作キャビネットの中に、AV機器が据え付けられました。下段がデノンのAVサラウンドレシーバーのAVR-X4500Hで、上段がブルーレイ/DVDレコーダー、ソニーのBOZ-FBT4000です。因みに、アンプにチューナー機能が加わったものがAVサラウンドレシーバーと呼ぶそうです。AVサラウンドレシーバーはアンプと同じなので、電源オンの状態ではかなりの熱量が出るので、造作キャビネットには、熱逃げの孔を幾つか開けて、空気が流れるようにデザインしています。

寝室のホームシアターシステム

B&Oのスピーカーの足元、配線もきれいに隠れて、とてもスタイリッシュです。この写真の奥に写っている木製キャビネットの中にAV機器が入っており、天井裏を通して配線が繋がっているのです。

寝室のホームシアターシステム

仕上がった状態を見ると、配線が全く見えず、軽やかにテレビやステレオが壁に取り付けられているだけのように見えますが、実際には水面下の白鳥のような涙ぐましい(笑)努力が隠れているのです。