Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

代々木上原I邸のお引渡しとビフォーアフター

代々木上原I邸

細かく現場を見ながら、凝った素材やディテールを駆使して設計監理した代々木上原I邸もいよいよお引渡しとなりました。

B&Bイタリアに作って貰った大型ウォークイン・クローゼットの使い方説明から始まりました。なお、このクローゼットシステムの組み立て時の詳細は以下のブログをご覧ください。
・最高級ウォークインクローゼット家具の組立て

最高級オーダーキッチンブランドのアムスタイルに作って貰ったコンパクトながらシャープなキッチンの取り扱い説明。
・アムスタイルのコンパクトキッチン組立て

キッチンが大きいと説明すべき内容も多岐に渡り、「細かい使い勝手や仕様はパンフレットをご覧ください」と説明を簡略化してしまうことも多いのですが、今回は設備機器類が少ないので、特注で作って貰ったレンジフードは分解するところまで担当の桑原さんに説明して貰いました。

寝室はまだベッドが入る前の段階でしたが、ヘッドボードのデザインもとても気に入って頂けたようです。
・緞子(どんす)張りのヘッドボードの作り方

施工会社のの片岡社長と現場担当の石坂さんの説明を受けながら、Iさまが工事完了受取証に記名捺印をして下さいました。これで長かったリノベーション工事がひと区切りしたことになります。

代々木上原I邸竣工記念撮影

最後に、Iさまを中心に関係者全員での記念撮影です。左から青の片岡社長、現場副監督の野口さん、現場監督の石坂さん、カガミ建築計画の設計担当の神崎さん、モザイクがIさまで、僕、各務です。
以下、リノベーション工事前(僕らがお手伝いし始めた時には、既に別業者さんで解体工事がほとんど終わっていました)と竣工時を比較したビフォーアフターの写真集です。

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

リビングダイニングキッチンのビフォー&アフターです。四隅のコンクリートの柱型が出っ張ったように見えていた空間ですが、南側べルコニー窓周りを木製フレームで囲い込むことで、窓部分だけが凹んだようなデザインに見せることができました。

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

上のビフォー写真の左側四角い囲い壁の中はキッチンでした。キッチン自体の位置は変えず、L字型のカウンターのあるセミオープンキッチンにすることで、空間の広がりを感じるようになりました。

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

メゾネット階段は、木製の箱のように囲い取ることで、建具や家具のように見せています。

メゾネットヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

寸法的にもあまり余裕がない階段でしたが、緻密な設計と現場監督の連携、そして大工さんの精緻な作りで素晴らしい工芸品のような階段ボックスに仕上がりました。
・メゾネットマンションの階段リフォーム

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

リノベーション前は小さな寝室と浴室セットが隣り合っていましたが、二つの部屋を連結して大きなヘッドボード付きのベッドルームを作りました。左右違うサイズの窓でしたが、パネルフレームでうまく隠して左右対称かのように見せることに成功しました。

ヴィンテージマンションリノベーションのビフォーアフター

納戸だった空間を大型スタイリッシュなウォークインクローゼットにリノベーションしました。四隅のコンクリート柱型もクローゼットでうまく隠すことができました。

セメント系建材のソリドをカッコ良く見せるディテール

ザ・ライブラリー

ザ・ライブラリーブランドでお手伝いしてる工事進行中の中央区S邸のお客さまは、武骨ながらカッコよい素材、そしてラフに見えてきちんとディテールがあることを重視する方です。ザ・ライブラリーとして提案した内装材の一つが、セメント系素材のソリドです。建物の外壁材に使えるほどの頑丈さを持ちながら、一枚一枚が違った自然で豊かな表情を持ち、それでいてリーズナブルな価格なこともあって、建築家が設計するデザイン性を重視した戸建て住宅では大人気の素材となっています。ただ、製品精度がそれほど高くないことと、端部がもろいので、そのままではザ・ライブラリーとしては使えないだろうとのこと、金属の目地を間に挟むことで硬質感と光沢を加えてご提案することとなりました。

まだ施工途中の段階ですが、壁に張ったソリドと金属目地の取り合いディテールを撮影したものがこちらです。セメントからカルシウムが白く滲み出てしまうエフロレッセンス(白華)をわざとデザインに取り込んだラフな素材の隙間にキラリとした光沢感があるステンレス鏡面磨きの目地棒が入ることで、設計側が狙ったデザイン意図がうまく表現できました。

サンプルでソリドの色味とステンレスの見切り材のサイズを決め、それを展開図に書き込むところまでは簡単でしたが…、

現場に届いたソリドの梱包を開けて、すべてを一旦箱から出して仮並べします。因みに、これは2層吹き抜けの上階から見下ろした写真です。

特注で作った見付け5ミリのステンレス鏡面磨きの見切り材とソリドを順番に取り付けていきます。

ソリドの端部が少し脆いので、ステンレス見切りを1ミリ程勝たせています。

手慣れた大工さんが一人でソリド、見切り、ソリドと順番に張っていきます。
以下は、ザ・ライブラリーブログで続きをご覧ください。

オーダーユニットバスのリフォーム

乃木坂U邸

一般にユニットバスは、古びてしまったら新品と交換するのが一般的です。在来工法の浴室であれば、状況次第ではありますが、浴槽だけの交換や床&壁タイルの張り替え(張り増し)なども可能なケースがありますが、マンションのコンクリート構造の中にFRP樹脂で作られた軽量なユニットバスは、後から手を加えるのが難しいが実情です。
ただ、そんな中で、オーダーユニットバスの大手である日ポリ化工が作ったオーダーユニットバスだけは浴槽交換や床の張り替えが可能なのです。

オーダーユニットバスのリフォーム

上がリフォーム前で、下がリフォーム後のビフォーアフター写真ですが、ほとんど新品のように生まれ変わっていますね。それではなぜ、日ポリの製品だけが可能なのかというと、床下の作り方が二重構造になっているからなのです。

モールディング&パネリング装飾

まずは浴槽を撤去します。浴槽下はもっとドロドロになっているのではと想像していましたが、予想よりもはるかに良い状態です。

オーダーユニットバスのリフォーム

洗い場床を撤去したことで二重床構図であることが分かるのがこちらの写真です。と言われても判りにくいのですが…。

オーダーユニットバスのリフォーム

洗面からユニットへの入り口のステンレス枠の下端をアップで写した画像がこちらです。実は防水パンと呼ばれる、水が外部に出るのを防ぐための受け皿的に働く部品と、実際に人が載る洗い場の床仕上げが分かれている二重構造になっていることが、日ポリのオーダーユニットバスの特徴なのです。
他者のオーダーユニットバスであれば、ステンレス枠の下とほぼフラットに床仕上げ材があり、そのすぐ真下に防水パンがあり、これほどの懐がないのです。

オーダーユニットバスのリフォーム

隣の部屋の壁に立てかけられていた、このステンレス製のフレームが、撤去した洗い場の床だった部品です。

オーダーユニットバスのリフォーム

その洗い場フレームをアップで撮影したのがこちらの写真です。かつての洗い場床材の御影石の破片が残っていますね。一枚の洗い場床パネルが取り外せることで、洗い場床の仕上げ材を防水パンを傷めることなく交換することができるという、日ポリ独自の仕組みになっています。

オーダーユニットバスのリフォーム

浴槽が外された様子も良くわかります。浴槽の洗い場側の腰下の壁をエプロン壁といいますが、このエプロン部分壁もステンレスのフレームで組まれています。

オーダーユニットバスのリフォーム

右側が浴槽内側から見たエプロン壁です。エプロン壁のフレームもアングル金物とコーキングで固定されているだけなので、きれいに取り外すことができるのです。今回はそのまま再利用しましたが、水栓が取り付けられているライニング部分も同じ仕組みなので、こちらも容易に取り外すことができます。

オーダーユニットバスのリフォーム

浴槽、エプロン、ライニングをすべて撤去した状態で、内壁タイル仕上げ上から重ね張りができる薄型タイルを張っていきます。以前は3.5ミリ厚のブクシースリム(アドヴァン)を愛用していましたが、廃盤となってしまったので、今回はアーバンネイチャー(名古屋モザイク)を採用しました。

オーダーユニットバスのリフォーム

この写真でアーバンネイチャーのタイルの薄さが分かりますね!割れにくいように背面にはFRP樹脂で補強されていますが、それも併せて3.5ミリの厚みなのです。

オーダーユニットバスのリフォーム

3.5ミリの超極薄タイルではありますが、ステンレス枠との取り合いでは端部が見えてきてしまうので、端部抑えのためにこのようなステンレス鏡面仕上げのアングル金物を取り付けてきれいに収まるように工夫しています。

浴槽撤去後の下地をきれいに清掃してもらったうえで、日ポリオリジナルの新品の浴槽を取り付けてもらったところです。まだライニングも洗い場床も未施工です。

浴槽設置後に、浴槽の頭側の壁のタイル施工をタイル屋さんが進めてくれています。

造作家具取付け@クラシカルハウス

エプロンパネルを取り付けて、ライニング側壁のタイルが張り終わると、きれいになってきた浴室の全容が見えてきました。

オーダーユニットバスのリフォーム

洗い場床のタイル、ライニング甲板部分のタイルを張って、水栓を交換し、照明器具を新たなものに付け替えればオーダーユニットバスのリフォームの完成です。

オーダーユニットバスのリフォーム

プロが細かく見れば、新品ではないことは分かりますが、普通の方が見たら新品にしか見えないほどの出来の良さで、お客さまのUさまもとても喜んでくださいました!
当初は、①浴室のオーダーユニットバスへの全面交換:約600~700(含む解体工事費)、②今回採用した部分交換:約280万円、③お化粧直しの美装工事:約180万円の3つを比較検討しましたが、最終的にはそれなりの費用が掛かってしまいましたが、ここまできれいになったので②で良かったとコメントしてくだいました(上記の費用に工務店の経費と設計料と消費税が掛かります)。