「元麻布I邸」のアーカイブ

「家庭画報」の豪邸特集に元麻布I邸が掲載されました

4月1日に発売になった雑誌「家庭画報・2017年5月号」(世界文化社)の住宅特集「至福の豪邸物語」に、僕らがリノベーションのお手伝いをした元麻布I邸が掲載されました。

他の事例は、静岡、福岡、大阪、京都、沖縄なのに対して、元麻布I邸だけが都心で、そしてマンションリノベーションという特殊なケースでした。Iさまご夫妻と、まだ生まれて約半年のR君も誌面に登場してくれています。

雑誌の特性、今回の特集の趣旨(施主が満足して暮らす家には、幸せの気配が漂います。建築としての素晴らしさに加え、住まう人の素敵な生活スタイルをそれぞれに映した豪邸をご紹介します。)からいって、空間そのものやインテリアが主役ではなく、住まい手の暮らし方となっていますが、アンティークカメラのコレクションや大量の蔵書、いつもお願いしてるフラワーアーティストに飾って貰ったお花などが美しい写真で紹介されています。

とはいえ、年に一度の豪邸特集記事なので、素材・ディテールへのコダワリや、家具調度品の紹介まで踏み込んでくれています。こだわりの編集部とライターの小森さんの奮闘の様子は、以前のブログ家庭画報の取材撮影風景で紹介しております。

何と、特集ページの最後には、このようにこちらの顔写真と紹介文、さらにはラグジュアリーなマンションリノベーションに掛かる費用などについても説明を書いてくれています。

こちらが本誌の表紙です。因みに、他の事例として紹介されているのは、坂倉建築研究所(坂倉竹之助さん)設計の静岡の別荘、田中俊彰さん設計の福岡の新築平屋、田頭健司さん設計の大阪の豪邸、長坂大さん設計の京都の古民家の増改築事例、山本雅紹さん設計の沖縄のリゾート住宅でした。

No tags for this post.

2017年04月01日 | 「家庭画報」の豪邸特集に元麻布I邸が掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

雑誌「家庭画報」の取材撮影@元麻布I邸

雑誌「家庭画報」(世界文化社)が、4月1日に発売予定の5月号にて「豪邸」の特集を組みたいとのことで、元麻布I邸に取材撮影に来てくれました。

最初は、豪邸特集を予定しているので、それにあいそうなプロジェクトを紹介して欲しいとの依頼メールがライターのKさんから届きました。単なるインテリア空間の紹介ではなく、あくまでもお客さまのライフスタイルの紹介という形での記事となるので、お客さまの一家が何らかの形で写真に登場するという条件とのことでした。その趣旨を元麻布のIさまご夫妻にお話したところ、「喜んで協力したい」との嬉しいお返事を頂きました。
そこで実施されたのが、この写真のロケハンでした。

「ロケハン」とはロケーション・ハンティングの略語で、撮影の前に現地の様子を確認して、どのようなシーンを撮影するか、撮影するうえで足りていないものがあった場合は、お客さまに事前に用意して貰うか等を考えるための事前訪問のことです。このロケハンの時点から、ライターのKさん、家庭画報編集部の道面さんと賀来さんが現地に来てくださって、Iさまご夫妻とお話をして、各部屋を見てくださいました。

こちらは主寝室を案内して貰っているときの様子です。お引越しの直前にお子さまが生まれて、お引越し後もインテリア備品を揃える時間がなかったとのことで、ベッドリネンなどは編集部からお借りすることになりました。

さて、撮影当日ですが、以前からIさまご夫妻がご自宅のフラワーコーディネートをお願いしているMUKUの山口祥次郎さんが、撮影のテーマに合わせて素敵なお花と植栽を持ってきてくださいました。

撮影はカメラマンの大泉省吾さんが、Iさまご一家に登場して貰いながら、このようなスタイルで撮っていってくれます。

僕らが行う建築・インテリアの撮影では、人物は映さない、小物でも生活感が現れすぎるものは映さない、などの独特のルールの中で撮ってゆきますが、今回はIさまご夫妻のライフスタイルがテーマですから、I家の皆さまが写りこんだ写真がメインで、Iさまの私物の食器や本などもテーブルに置かせてもらっての撮影となっています。

撮影の合間には、Kさんや道面さんからのリノベーションについてのインタビューを受けたり、

誌面に建築家として顔写真も掲載されるとのことで、ベランダで僕自身が撮影して貰ったりしました。

午前10時から、途中、編集部差し入れのサンドイッチを頂きながら、午後2時間での約4時間で、すべてのシーンの撮影と取材を終えることができました。とてもスムーズで気持ちの良い撮影&取材で、まだ生後6か月のR君も始終ご機嫌で、笑顔と笑いが絶えないひとときでした。こちらの写真は、すべてが終わった後の記念撮影です。左から、ライターのKさん、編集部の道面さん、私各務、Iさまご夫妻とR君、編集部の賀来さん、カメラマンの大泉さん、そしてうちのスタッフの前田君です。
「至福の豪邸物語」が特集された家庭画報5月号は4月1日の発売ですので、どうぞ楽しみにお待ちください。最後になりましたが、今回の取材撮影へご協力してくださったIさまご夫妻、どうもありがとうございました!

タグ

2017年02月27日 | 雑誌「家庭画報」の取材撮影@元麻布I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

取扱い説明とその後の家具搬入@元麻布I邸

先日ソファーやダイニングテーブルなどの大物家具を搬入設置させて頂いた元麻布I邸で、一通りの補修工事と揮発性物質を抜くベイクアウトプロセスが一通り終わったので、お引渡しを兼てIさまご夫妻揃っての取扱い説明をさせて頂きました。

まだ、ダイニングチェアやコンソール家具が置かれていないので、ただ広く見えてしまうダイニングですが、エレガントな雰囲気がお好きな奥さまはとても喜んでくださっていました。

ダイニングとキッチンは、二枚の大きな引き戸で仕切られており、この開閉でオープンにもクローズドにもできる仕掛けとなっています。ダイニングからオープン時のキッチンを見ると、まるで舞台で調理しているように見えるそうです。

キッチンの取扱い説明は、アムスタイルの水野さんが細かく行ってくれました。ミーレ食洗機や、レンジフードの清掃方法まで、実際ん部品を取り外すプロセスから実演して貰いました。

こちらは先日シーン設定をしておいた照明調光システムのルートロンの取扱い説明です。マンション中の全ての取扱い説明を2時間ほどで済ませた後には、竣工写真を撮影させて頂きました。

3.2メートルの大型ダイニングテーブルがこじんまりと見える大きなリビングダイニングです。正面奥へのキッチン入り口が左奥にあり、そこにワインセラーとコーヒーコーナーを設けています。

エレガントな雰囲気のダイニング(右側)に比べて、ダークトーンでモダンなリビング(左側)となっています。二つの空間が切り替わっている中央には、グランドピアノが入ることで、二つの空間を調和させてくれることになる予定です。

キッチン内部の様子です。フィアンドレ(アークテック社)の大理石調大判タイルが印象的なスタイリッシュなデザインで纏まっています。白い大理石柄が浮かんで見えるように、調理カウンターやその下キャビネット、左右のトール収納もダークトーンでしめています。

廊下沿いには両側に本棚が並んでいます。正面には沢山のカメラコレクションを飾る棚とその右奥にはご主人の書斎も設けられています。

こちらは浴室横の洗面所と、そこから繋がったガラス張りのトイレです。フレンチクラシカルテイストに上手く纏まったこと、やはり奥さまがとても喜んでくださいました。

来客の方々も使う予定の玄関近くの来客用トイレは、打って変ってモダンテイストです。

お引渡し後になってしまいましたが、お二人のスマートフォンやi-Padをお借りして、テレビとステレオ、照明の調光システムと電動カーテン、さらには他の部屋のステレオもNASで繋ぐシステムをクレストロンで組んでいるので、それをB&O六本木店(オーラス)の阿南さんに設定して貰いました。

これまでも幾度かクレストロンでシステムを組んでもらったことがありましたが、今回はNAS(ネットワークに接続して使うハードディスク)を使って、リビングダイニングだけでなく、書斎と主寝室もシステムに組み込んでもらったので、設定にもほぼ丸一日の時間が掛かってしまいました。

お客さまも一度にお引越しをするのではなく、徐々に荷物を移動するスタイルを取ってくださっているので、こちらもその日程に合わせて家具を少しずつ入れさせてもらいました。こちらはB&Bイタリアにお願いしていたマクサルトのリビングのセンターテーブルです。

ガランとしていたリビングも、このテーブルとお客さまが持ってきてくださったテーブルランプなどが組み合わされて、少しずつ落ち着いた空間になってきました。ミノッティのソファーとB&Bのセンターテーブルの奥の窓際に赤ちゃん用のバウンサーが置かれているのが、何とも可愛らしいですね。

マナ・トレーディングにお願いしていたカーテンも入りました。担当の松ケ下さんが折り皺を伸ばすために、丁寧にアイロン掛けをしてくれています。

こちらは、僕らがオリジナルにデザインして、YPOに作って貰ったベッドサイドのナイトテーブルです。

色味と素材は主寝室のイメージに合わせ、グレージュトーンにして、塗装と人工レザーを使い分けています。デザイン的には軽い装飾を付けて、機能的にもコンセントをテーブル上面に付けて、携帯電話の充電をしやすくしています。

ベッドサイドに於いてみたイメージで、とてもしっくりと来ています。

最後の最後になって、ようやくフィリップ・セルバで頼んでいたダイニングチェアとグランドピアノが入りました!

脚をカットして高さ調整して貰ったセンチュリーのダイニングテーブルに合わせて、フィリップセルバのダイニングチェアも脚をカットして貰ったので、とても座りやす高さになっていました。グランドピアノはお客さまのお知り合いのピアニストから譲って頂いた、歴史あるスタインウェイのものだそうです。ここまで揃って、ようやくインテリアがほぼ完成したイメージになりました!

タグ

2017年01月27日 | 取扱い説明とその後の家具搬入@元麻布I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

サァラ麻布のダイニングテーブル&ミノッティのソファ搬入設置

一通りの工事が終わり、その後の補修工事が終わった元麻布I邸ですが、低温ベイクアウトと同時進行で、大物の家具の搬入&組立て、設置が始まりました。

大物家具は一度設置すると、移動するのも大変なので、二日間の期間を確保して、こちらが考えた順番で入れて行って貰いました。まず最初に来てもらったのは、ベイカー@東京にお願いしたTufenkian(トゥフェンキアン)のラグです。

次が、サァラ麻布にお願いしたセンチュリーのダイニングテーブルです。

梱包も小型ですし、組み立てみても、空間の大きさに対して結構小さく見えて心配になります…。

設置すると、きちんとした大きさになっていました!実はこのテーブルはエクステンション機能付きで、間に2枚の追加リーフを入れて伸ばせる机なのです。最少で1920ミリ、最大で3040ミリ、中間で2480ミリという寸法に調整できるテーブルです。今回は空間も大きいので、マックスまで伸ばして約3メートルの机として使っていただく予定です。ラグとテーブルと照明の組合せで、とてもエレガントな空間に仕上がってきました。

次に届いたのが、ミノッティのソファです。シックでエレガントな雰囲気のダイニングに対して、リビングはモダンテイストで仕上げています。

ミノッティは担当の早坂さんが手慣れているので、小一時間で組立てを終えて、設置してくれました。こちらにもラグを敷いていますが、これはかつて寝室に敷かれていたカーペットを現地で簡易縁加工して貰い、ラグとして転用しています。お子さまが生まれたばかりなので、汚れて捨てることになっても無駄にならないようにとの配慮です。

リビングダイニングとは絡まない主寝室では、シモンズのベッドの搬入組み立てが同時に煤でいました。

こちらも比較的スムーズに組立てが終わり、リネン類も含めて全て現地に置いていって貰いました。

搬入設置で一番苦労したのが、冷蔵庫でした。大手家電量販店で、洗濯機や掃除機、電子レンジなどと一緒に購入して頂いたのですが、事前の家電搬入時にエレベーターの扉幅と冷蔵庫がギリギリ過ぎて、エレベーターをキズ付けてしまう可能性があるとのことで、一度持ち帰って貰っていました。リフォーム工事が全て終わってしまっていたので、前田君が現地でプラ段(プラスチックダンボール)の板を使って、エレベーター内を養生したうえで、搬入して貰いましたが、この搬入予定日が二転三転したうえ、搬入時間も当日になってから3度も変更があり、最終的に搬入されたのは夜7時頃になってしまいました。

室内に入ってからも開口部が結構ギリギリの寸法だったので、最後に無事キッチン内の指定場所に収まった時には、前田君も涙しておりました(嘘ですが…)。

こちらは少し恥ずかしい写真ですが、プライベートの洗面脱衣室の奥に設けたガラス張りのトイレです。当初から、乳白色のフィルムを貼る予定でしたが、どのくらいの透過度が良いかが、判断しにくかったので、一通り出来上がったこのタイミングで、ガラスにフィルムを貼って、透明度を確認して頂きました。

そして、後日フィルムが貼られた状態のトイレのガラス間仕切りです。左側の透明部分が扉ですが、こちらは透明のままでしばらく過ごして頂くことになりました。

家具が一通り入ったところで、お客さまにも立ち会って頂き、リビングと寝室のカーテンを現地で決めて頂きました。いつもお願いしているマナ・トレーディングの松ケ下さんに大判のサンプル生地を持ってきてもらいました。まずはこの時点では取り急ぎレースのカーテンを選んで頂きました。

次の機会で、中目黒のマナ・トレーディングのショールームで、カーテンのサンプルを幾つか選んで頂き、

それらのサンプル帳と大判のサンプルを松ケ下さんに現地に持ってきてもらい、

窓際に掲げながら決めてゆきました。

最後の写真は、夜暗くなってから、リビングダイニングの照明のシーン設定をルートロンで調整している様子です。6つのグループの照明セットを、全部全開でオンから、全部オフまでの間で、リビングでテレビを見るシーンや、ダイニングで食事をしているシーン等を想像しながら、前田君に手伝ってもらって5つのシーン設定を致しました。

 

タグ

2016年12月26日 | サァラ麻布のダイニングテーブル&ミノッティのソファ搬入設置 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

元麻布I邸の竣工検査&低温ベイクアウトについて

長らく時間が掛かった200平米超えマンションリノベーションプロジェクト、元麻布I邸の竣工検査をお客さまと一緒に行いました。

こちらが検査後に、当日揃った関係者一同揃っての記念写真です。左から、造作家具屋ライフウッドの大迫さん、各務、お客さまのIさま、弊社担当スタッフの前田君、リフォームキューの現場監督の神成さん、同じくリフォームキューの石原専務、設計・営業担当の岩波部長です。

カガミ建築計画での検査は、施主検査でお客さまがいらっしゃる2時間ほど前に担当スタッフと各務が事前に伺って(場合によっては前日のこともあります)、一通り付箋を付けてチェックを行う設計検査を行い、その後にそれを参考にしながらお客さまと一緒に検査して廻るようにしています。家具やカーテンまで吊った後に検査を行うことが多いのですが、今回はスケジュール調整ができず、家具なしの状態での検査となりました。

こちらが、お客さまがいらっしゃる2時間前の現場の様子です。まだ、塗装の最終補修やお掃除の途中でした。

ダイニングの外壁側のパネル壁でも、ライフウッドの大迫さんと谷山さんが扉金物の調整をギリギリまで頑張ってくれていました。

昨今に行われている一般的な検査では、フローリングの傷や塗装のヒビやクロスの剥がれといった施工上のミスを探すことがメインになりがちですが、本来的にはそういった細かいことよりも全体的な施工精度のことや、扉の開け閉めの不具合、キッチンや家具の引出の硬さなど、これから住んで使ってゆくうえで気になりそうなことをチェックしてゆくことのほうが重要なので、ラグを敷いて隠れてしまう部分のフローリングの傷等の細かい事よりも、より本質的なことを俯瞰的に見て頂きたいとお客さまにはお話しております。

玄関ホールからLDへ入る扉では、取っ手金物が扉よりも出っ張ってしまっている個所が見つかったので、普段使いの際に手が傷つく可能性があるので、この部分は作り直してもらうことをお伝えいたしました。

ちょうどこの写真の左側の金物部分のことです。

洗面手洗いでは、トイレとのガラス間仕切り際の扉が、思いっきり開いた時にガラスにぶつかってしまう可能性があるので、80度以上は開かない金物を取り付けることをお伝えいたしました。

キッチンでは、以前お客さまのイメージ作りの為に作ったCGドローイングがあったので、出来上がったキッチンと見比べて頂きました。本当に良く似た出来になっており、CGが素晴らしいのか、施工の出来が良いのかの判らないとのお話になりました(笑)。

カメラもプロ級の腕をお持ちのIさまは、検査の後で室内の写真を撮影してくださいました。本日、お子さまのことで現場に来ることができなかった奥さまに、きれいに仕上がった室内写真をお見せしてくださるそうです。

全体のチェックが完了した時点で、チェックを一緒に廻ってくれたリフォームキューの岩波さんが、補修箇所をお客さまと一緒に確認している様子です。実は、今回のプロジェクトでは、ちょうどお子さまが生まれるタイミングとリノベーション工事の完成が重なってしまったのですが、どんなに建材や施工方法に気を付けていても、新しく入れる家具などからもVOC(揮発性有機化合物)発生してしまうので、ここから補修後も、一か月間毎朝窓を全て全開にして、夜には閉じて揮発性物質を出しきってしまう作業を行うことになっております。窓を閉じている夜間に暖房を付けて40度以上に室温を上げて、昼間の間に風通しでそれを外部に排出してしまう一連の作業はベイクアウトといわれていますが、室温を急に上げてしまうことで、家具や建具が歪んでしまうことや、塗装壁にヒビが生じてしまうなどのリスクもあるため、通常のベイクアウトの期間が1週間程度のところを、低温ベイクアウトな代わりに一か月間の期間を設けることにいたしました。

このように、昼間は窓を全開にしたうえで、全ての引出しと扉を開けた状態で放置して、夜に全てを閉めて窓も閉じる作業をひと月続けるのです。

とにかく収納が多いお宅なので、毎朝夕にこの作業をするだけでも結構な手間ですが、それ以上に折角リノベーションが完成しているのに、仮住まいで待ってくださっているお客さまのお気持ちの方が重要なので、この作業もリフォームキューに頑張って貰っています。

こちらは、最後のオマケ写真です。今回施工だけでなく、限られた時間のなかで図面描きまでサポートしてくれた、リフォームキューの石原専務(左)と岩波部長の記念写真です。ここまでのご尽力、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

タグ

2016年12月09日 | 元麻布I邸の竣工検査&低温ベイクアウトについて はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

造作家具が組み上がって全容が見えてきた元麻布I邸

元麻布I邸の造作家具の組立てが進み、ほぼ全容が見えて参りいました。

キッチンとダイニングを仕切る可動扉が付いたダイニング壁の様子です。二枚の引き戸を開けると、大きくキッチンが見えてくる仕掛けで、建具もキッチンカウンター下の収納扉も、オークの黒色塗装で仕上げています。

斜めから見ると、可動建具とその後ろのパネルの様子が少し判るでしょうか…。

扉を開けた先に見えるキッチンも、大理石調タイルがブックマッチ柄で張られ、ほぼ完成しております。大理石タイルの白さを目立たせるために、ダイニング側の建具を黒く見せています。因みに大理石タイルは正面壁だけでなく、サイドのトールキャビネットの側板、さらには手前のオープンカウンターの(こちらから見て)左袖にまで伸びています。

キッチン横のワイン・コーヒー用のカウンターコーナーに人造大理石カウンターが設置中です。

カウンター設置が終わり、扉も取り付けられるて、このようなコーナーに仕上がりました。正面右側のカウンター下にはビルトイン型のワインセラーが入り、左側のカウンターにはご主人さまの趣味でもあるコーヒーメーカーが4種るほど並ぶ予定です。

リビングのTV&AVカウンターも大理石が貼られ、ほぼ全容がわかる状態になりました。

窓からの光のコントラストが強くて、黒いネロ・クラウンの柄が良く見えませんが、わざわざこの柄を探しに岐阜大理石探しツアーを行った甲斐があって、とてもきれいな模様でした!

その後、窓枠部分にも黒く焼き付け塗装した金属製パネルを貼って貰い、よりスキのない出来になってきました。

ダイニングのパネル壁は半分は造作家具ですが、あとの残りは現場で調整しながら加工して貰っています。

既存のアルミサッシ窓の存在感を和らげるための可動フレームを調整して貰っている様子です。

まだ調整中ですが、手前の窓フレームが取りついた様子です。後で框を入れてゆくことで、この壁が一枚の壁パネルのように見えてくる予定です。

同じように壁パネルのように見せたい主寝室の窓も造作も進行中です。箱で作る棚や造作家具は現代製作所にお願いしていますが、壁と一体化する調整が面倒な家具やパネルはライフウッドの大迫さんたちにお願いしています。

既存窓下に、このようなモールディングと框枠を回してもらい、窓そのものの正面にも窓フレームを作って、アルミサッシの冷たさを消す計画となっています。

洗面所の造作家具にも吊戸棚が設置され、LEDの間接照明や扉&引出の調整が進んでいました。

玄関ホールからリビングダイニング入る部分のレザー張り建具のレザーパネルも取り付けられました。

レザーパネルを貼る前の建具のディテールです。框仕様で特注金物のレザーパネルの厚みだけ出っ張らせて作って貰い、そこに工場まで訪問して作り方を検討してきた人工レザーパネルを貼ってゆくという作りになっています。

写真の色味が上手く出ていませんが、これがほぼ完成した状態のレザー建具です!

アメリカのヴィジュアル・コンフォートのシャンデリアも現場に届いたので、電気屋の望月さんに組み立てて貰っています。

早く点灯した様子を見たかったので、望月さん親子に無理を言って、仮接続をして貰いました。

こちらが点灯時の様子です。横から見ると傘があってそれほど派手ではありませんが、ダイニングに座って上を見上げると華やかなガラスの構造が見えてくるという二重仕掛けのシャンデリアです。物理的にも、デザイン的にも部屋がパッと明るくなりました!

同じくビジュアル・コンフォート社のシーリング照明を、日本代理店のベイカー@東京の梶田さんに、主寝室に取り付けて貰っている様子です。

 

 

 

タグ

2016年11月24日 | 造作家具が組み上がって全容が見えてきた元麻布I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸