「六本木N邸」のアーカイブ

「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」発売!

僕らのこれまでのマンションリフォーム&リノベーションの実績を纏めた書籍「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」(エクスナレッジ社)が8月3日から発売になっております。

表紙

全頁カラー印刷で、とにかく写真が豊富なリノベーション事例集となっています。
因みに、表紙は千代田区一番町Y邸のリビングの写真です。

リビングダイニング-7

大きな写真(ほぼ全て自分で撮影した写真ばかりです)に簡単な説明文、そしてリノベーションのポイントなっている図面(平面やディテール)、そして写真に写っている仕上げ材や家具、備品等のリストまで掲載しておりますので、リフォーム・改築だけでなく、インテリアの本としても、参考にできるのではと思っております。こちらは六本木N邸のリビングです。

リビングダイニング-12

ブログでは掲載しておりますが、カガミ・デザインリフォームのHPにはまだ未掲載のプロジェクトも、こちらの本では惜しみなく紹介しております。こちらは中央区のサービス付き高齢者向けアパートメントS邸のリビング事例です。

キッチン-6

リビング・ダイニング、キッチン、玄関、廊下、寝室、その他諸室と項目分けして、それぞれに特徴のある事例を掲載するスタイルの本となっています。キッチンでは、この写真の南麻布T邸のような、超大型キッチンから、よりコンパクトなキッチンまで幅広く紹介しております。

水廻り-12

トイレでもバリエーションある事例をなるべく多く掲載するようにしております。

建具

全てが事例紹介の写真だけでは、退屈になるので、建具や家具、照明計画等のコラムやビフォー&アフターを比較できるページも設けています。

-Before&After-4

読者対象として、高級マンションのリフォーム&リノベーションを検討していらっしゃる方、ハイエンド・インテリアに興味がある方、これから高級リフォームに取り組みたいと考えている若手建築家、家具やファブリック類の実例を色々と見てみたいインテリア・コーディネーターの方々などと想定して、僕らのこれまでの取り組みを紹介する本となっています。
一般本屋でもインターネットでも、税込2,592円で絶賛発売中ですので、是非本屋で手に取ってみてください!出版に関連して、セミナーやサイン会(誰がサインを欲しいのか疑問ですが…)の企画も考えておりますので、その節には是非ご参加頂ければ幸いです。

 

 

 

タグ

ウェブサイト「カガミ・デザインリフォーム」に新プロジェクト掲載しました

こちらのブログでも更新が滞りがちですが、昨年から新しいプロジェクトを全く更新できていなかった「カガミ・デザインリフォーム」のウェブサイトに二つのプロジェクトをアップいたしました。

toranomon_m_p01

一つ目はこちらの虎ノ門ヒルズレジデンスM邸です。すでに完成お引渡しから一年近く経ってしまったプロジェクトです。
虎ノ門ヒルズの共用部分に合わせたグレードアップリフォームの詳細が判りますので、どうぞご覧ください。

roppongi_n_p01

こちらは比較的新しい六本木の新築マンションリノベーションN邸です。完成したばかりなこともあるのでしょうが、ブログでの反響も一番高いプロジェクトです。
roppongi_n_p24

180平米以上の大型マンションの前面スケルトンリフォームなので、写真の枚数も多いのでウェブサイトも2つに分けています。
六本木N邸-2もどうぞご覧ください。

タグ

2015年07月31日 | ウェブサイト「カガミ・デザインリフォーム」に新プロジェクト掲載しました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 六本木N邸 虎ノ門ヒルズM邸

高級マンションリフォーム_徹底解説インタビュー

ご報告が遅くなりましたが、建築専門雑誌「建築知識」エクスナレッジ社の最新号に4ページに渡るインタビュー記事が掲載されております。

R0052502

見出しでは以下のように紹介して貰っております。「高級マンションリフォームの設計に特化し、顧客満足度の高い空間を実現している建築家の各務謙司氏」
R0052504

建築的な空間構成やディテールだけでなく、生活をサポートする家具や絵画、植栽等を含めたトータルな仕上がり感について力説させて頂きました。

R0052503

具体的な事例としては、アメリカ的なパネル仕様の壁や建具を配した白金高輪N邸の魅力を紹介して貰っています。

R0052506

もう一つの事例は、まだホームページにも掲載できていない最新作の六本木N邸リノベーションです。大理石やカラーガラス、レザー張りなどの艶を変えた素材をインテリアに使うことで高級感を演出するコツを説明して貰いました。

R0052508

こちらが最新号の表紙です。因みにメインの特集は「3D間取りの教科書」で、2次元の平面図を立体的に描き起こしてその平面・断面計画の特徴を詳しく説明するという面白く、読み応えのある特集となっています。

No tags for this post.

2015年06月19日 | 高級マンションリフォーム_徹底解説インタビュー はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 六本木N邸 白金N邸

7種類の取り扱い説明付の竣工お引渡し@六本木N邸リノベーション

設計&施主検査で見つかった問題点の補修や未成部分の施工が終わった高級リノベーション工事、六本木N邸も無事竣工お引渡しとなりました。

R0050428_pt

中央にお施主さまのNさまご夫妻、リフォームキューの営業と現場担当、キッチン施工、ウォークインクローゼット支給工事、、家具コーディネーター、テレビAV関連工事、そして電気工事、照明関係の方々との竣工時記念撮影です。先に帰ってしまったオーダーユニットバスの担当者も含めて、7種類の設備等の取り扱い説明付きの長時間お引渡しでした。

DSC_1412_pt

こちらは前日に3時間ほどかけて調整して貰ったテレビ・AV・音響と空調&照明&窓のブラインドすべてを連動させるクレストロン制御のスマートホームシステムです。今回は施主支給工事で別途工事だったので、補修工事のタイミングで入ってもらいました。

R0050368_pt

お施主さまお手持ちのコンピューターゲームも接続したAV収納の内部レイアウトの様子です。背部からテレビやスピーカーに繋げる配線スペースがありますが、機器量が多く作業も大変だったようですが、うまく作動するように調整できたようです。

R0050416_pt

テレビシステムの取り扱い方法をB&Oの村瀬さんが説明してくれました。

R0050419_pt

お預かりしていたアイ・パッドを持ち帰ってソフトをインストールして、コントロールシステムの端末として使えるようにして貰っています。

DSC_1413_pt

家具レイアウトをした際に、2か所用意してあったエアリアルヨガの場所の一つは使わないであろうことがわかったので、急遽セール中のB&Bのお店に伺って、ちょうど在庫があったパトリシア・ウルキオラデザインのラウンジチェアのHUSKを購入することになりました。

DSC_1414_pt

在庫品で購入できたのは黒いファブリックだったので、もう一色予備用にクッションを購入することにして、そのアクセントカラーを選んでいる最中です。

R0050443_pt

メイズの柚澤さんに選ぶのを手伝ってもらったベッドのリネンの肌触りを確認して頂きました。

DSC_1560_pt

主寝室のカーテン、足元のラグの入って、ほぼ完成形になった主寝室です。シックでスタイリッシュでカッコよいです!
1点だけ遮光仕様でお願いしたカーテンでしたが、足元が少し浮きすぎているので、こちらについては再調整して頂くようお願いいたしました。

DSC_1555_pt

お引渡し時の取り扱い説明も多岐にわたりました。洗面脱衣の使い方の後に、オーダーユニットバスの説明を東京バススタイル和久田さんにお願いしました。

R0050438_pt

浴室内テレビの使い方やオーバーヘッドシャワーや追い炊きの方法を丁寧に説明して貰っています。

R0050435_pt

キッチンはSSKの臼田さんです。主にガスレンジとオーブンの使い方を奥さまに説明して貰いました。

DSC_1554_pt

タイム&スタイルにお願いしたウォークインクローゼットの使い方はそれほど難しくありませんが、ベルト掛けなどの取り付け位置を指定して頂きました。

DSC_1392_pt

こちらは事前に奥さまに現地に来ていただいて、ダイニングの床に敷くラグを選んでい頂いていた様子です。マナ・トレーディングが扱っているベルギーさんの高級ラグ、リミテッド・エディションとアメリカのチルウィッチのコントラクト用ラグのサンプルをお見せいたしました。

DSC_1396_pt

スタイリッシュでカッコよいラグばかりですが右下のレザーを使ったダークなものに決定いたしました。

DSC_1410_pt

ミノッティのソファーのクッションの色彩、肌さわりが思っていた以上に地味だったので、追加でクッションを作りたいとのことで生地サンプルも持ってゆきました。

R0050457_pt

とても仲の良いご夫婦で、ここまでデザイン決定ではほとんど同じご意見だったNさまたちですが、このクッション選びではお二人の意見に相違があって、相当苦戦致しました。

DSC_1556_pt

お二人それぞれに選んでいただいた生地を並べてみましたが、お互いの意見を尊重しながらも、アッチコッチと悩み続けて、結局この日は決めることができませんでした。

DSC_1548_pt

丸々4時間ほど掛った取扱い説明とお引渡しの種類説明ですが、何とか無事終えることができました。根気強く最後までご説明を聞いてくださったNさまご夫妻、どうもありがとうございました。そして無事の竣工お引渡し、どうもおめでとうございます!

 

 

 

 

タグ

2015年05月20日 | 7種類の取り扱い説明付の竣工お引渡し@六本木N邸リノベーション はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木N邸

施主検査前夜のシークレットプレビュー?@六本木N邸

マンションリノベーションの工事が完了した際には、お施主さまに立ち会って貰いリノベーションの工事内容に間違いがないか、気になるキズや施工不良がないかを確認して頂く「施主検査」というプロセスがあります。本来的には、初めてリノベーションの内容を目で見て、空間性を実体験して貰う、感動的なタイミングのハズだと思っています。
ただ、悪徳リフォームや第三者インスペクションなどの影響で、施工側がインチキ工事をしていないかを確認することが目的のようになってきているようです。何とか、お施主さまにリノベーションと初めて出会う感動を味わって貰いたいと考えて、今回は施主検査の前日の夜に一工夫をしてみました。

R0049897_pt

ちょうど施主検査の前日にお施主さまご夫妻と夕食をご一緒する約束をしていたので、その食後に現場を極秘(?)で見学してもらったのです。いわば、シークレット・プレビューです。
翌日の施主検査に向けて最後の仕上げ工事やクリーニングを必死で進めてくれている施工会社には、事前に電話でお願いをして、見学しても良いかを確認したうえでのプレビューなので、実質上は全くシークレットではありませんが…。

R0049901_pt

今回の六本木N邸は照明計画も練りに練っており、夜景が特にきれいなので、お施主さまご夫妻も本当に喜んでくださいました!
普通の検査だと、リノベーション工事関係者が多数見守る中で、シビアな目でミスを見逃すまいとする心構えで、空間体験するというより検査に立ち会う感覚となってしまいがちです。ただ、この夜は何度も打ち合わせを重ねてきた設計の僕らとご夫妻の4人だけで、検査といったヤボ用は抜きに、単純に空間を初見するという目的で訪問することができたので、「まるでテレビのビフォー&アフター番組のような感動を味合うことができた」とお施主さまからも喜んで頂けました!

R0049922_pt

こちらが、その翌日の竣工・施主検査の様子です。僕ら設計側がお施主さまに先立つこと2時間ほど前に伺って、一通り施工不良個所や未成個所に付箋を付けてチェックしてたいた内容をお二人にご説明してゆきました。写真は、丸柱と床フローリングが接する箇所に隙間があり、コーキングで納めるべきか薄い木の雑巾摺りを廻すかをご相談している様子です。

R0050001_pt

ほぼ全ての家具が揃っている段階でのチェックなので、ダイニングエリアであればダイニングチェアに座って気になる個所をチェックして貰い、リビングであれば、ラグに隠れる箇所のチェックは軽く済ませて、ソファーに座って正面に見えるテレビ収納付近は念入りにチェックして頂くようなスタイルで検査して頂きました。

R0049930_pt

施工のリフォームキュー側からは設計・営業担当の岩波さんと坂本さん、現場の富田さんと宮脇さん、家具についてはメイズの柚澤さん、そして設計からは担当スタッフの竹田さんと各務の大人数で、付箋を貼った個所を回ってゆきます。

R0049956_pt

検査ギリギリで完成したライブラリーの本棚やガラス扉を奥さまと一緒にチェックしました。とてもきれいなディテールの納まりには奥さまも感心してくださいました。

R0049936_pt

廊下では、主にフローリングのキズや幅木との間の隙間をチェックした内容をご説明いたしました。黒いフローリングは、白いホコリが目立ちやすい上に、まだ工事のチリが空中を舞っているので、しばらくは汚れやすい状態であることもご説明しています。

R0049989_pt

洗面所と浴室の検査では、追加でバスローブのフックを付けたいとのことで、浴室への扉脇で高さと位置を確認して貰っている様子です。

R0049944_pt

主寝室のヘッドボードもご覧になるのは初めてでしたので、デザインの工夫や作り方のディテールも説明させて頂きました。まだシーツは掛かっていませんが、ベッドも現場に入っているので、サイズ感も判って、使いやすそうな様子も判ると講評でした。

150320

1.5時間ほどご一緒に回って頂き、検査で引っ掛かった個所全てを図面にナンバーリングして、さらにその内容を以下のようなリストに後日纏めて、施工側とお施主さまにお渡しいたしました。

150320-1

細かい点を含めて、60項目以上のダメリストとなりました。ここまでの工事プロセスも設計側で細かく見てきましたが、やはりどうしてもこれくらいの数のチェックは入ってしまうものなのです…。とはいえ、塗装や簡単な調整で直るものがほとんどなので、こちらのリストに施工側でいつまでに補修ができるかを描き込んでもらった上で、お施主さまにお渡しすることとなりました。
前夜のプレビューから、当日の検査立ち会いまで、長時間現場に立ち会ってくださったNさまご夫妻、どうもありがとうございました!

 

タグ

2015年05月01日 | 施主検査前夜のシークレットプレビュー?@六本木N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 六本木N邸

家具搬入&備品取り付け@六本木N邸

設計検査を終えて、順次指摘してポイントの是正工事が進行中の六本木N邸の現場ですが、是正工事の邪魔にならない部分から大型テレビや家具の搬入・取り付けが始まっています。

写真03_pt

現在一般マーケットで手に入る一番大型サイズの84インチの超大型テレビとその周辺機器が現場に届きました。

写真16_pt

今回はテレビとDVD、ステレオシステムと7.1chのサラウンド対応スピーカーシステムに加え、照明のコントロールや窓のブラインドの開閉、さらにはエアコンまでをアイパッドで一括コントロールするシステムを採用しているので、接続もクレストロンというコンピューターを介して繋ぎこんでもらっています。

DSC_1227_pt

このためにデザインしたニッチに大型テレビとB&Oのスピーカー、その隣にクレストロンやアンプ、お施主さまお手持ちのコンピューターゲームなどが設置されました。テレビの手前の床には、マナ・トレーディングに依頼したリミテッド・エディションのラグも搬入されています。

写真06_pt

細かい設定が必要はデリケートで複雑な作業なので、結局繋ぎ込みと設置でほぼ丸一日掛ってしまいました…。

写真26_pt

その間に、寝室に面した大型バルコニーにはデドン(ニチエス)でお願いした屋外用ソファーとテーブルが2セット入ってきました。

DSC_1223_pt

かたや寝室には、造作家具屋のYPOに依頼していたヘッドボードの設置が始まっています。ヘッドボードを初めとした幾つかの特注置き家具のデザインプロセスは、以前のブログでご紹介したものです。

DSC_1278_pt

元々、こちらの寝室は今回のリフォームではいじらない予定でしたが、他の部屋のグレードが上がってきたので、やはりこちらにも手を加えたいとのお施主様のご希望で、このように手を食わることになりました。とはいえ、壁や建具は残した状態でグレードアップを図ったので、このヘッドボードも既存の壁やコンセントをいじらずに単体で成り立つデザインで考えています。
ちょうど引き出しのなった個所の下部が点検口になっており、背部のコンセントと接続ができるような仕組みとしています。

DSC_1274_pt

こちらは丸一日掛りでも完成しませんでした。でもレザーの緞子張りパネルが入ったシックなデザインは、とてもカッコよく仕上がりそうです。

DSC_1275_pt

同じ寝室の正面壁に設置するチェストも運び込まれてきました。

写真15_pt

LDには白いカレカッタ・ドーロの大理石天板のフレックスフォルムのダイニングテーブルとインテリアズのダイニングチェアが設置されていました。ダイニングの照明の位置と丸柱、そしてダイニングテーブルがきれいに入るかが一番の問題でしたが、図面通りの場所に設置して貰ったところ、本当にうまくマッチしています。

写真22_pt

写真では軽やかに見えるダイニングテーブルですが、実は大理石の天板だけで約200キロの重量があるとてもヘビーなテーブルでした。大の成人男性6人掛りで慎重に共用廊下部分を運んでいる様子です。

DSC_1220_pt

大物のミノッティのソファーの設置も始まりました。大きいですが、こちらのマンションは大型エレベーターなどの面で搬入経路に恵まれているので、ここまでの搬入はそれほど難しいポイントはなかったようです。

DSC_1283_pt

リビングの壁際には、やはりYPOに依頼した特注のコンソールが設置途中です。中央に照明やスマートフォンなどの充電用にコンセントを設け、天板をレザー張りで仕上げるデザインですが、とてもスタイリッシュな出来になりそうです。

完成後の六本木N邸の写真はこちらをご覧ください。

 

 

タグ

2015年04月22日 | 家具搬入&備品取り付け@六本木N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他 マンションリノベーション 六本木N邸