Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

品川N邸現場にユニットバス搬入

品川N邸

品川区の高層マンションペントハウス(最上階住戸)の現場にユニットバスが搬入されてきました。

品川N邸リフォーム現場_ユニットバス用床防水パン

写真の黒い箱のようなものが、半分に分割された防水パンの片割れです。最近はオーダーユニットバスの立ち上がりの高さが低い防水パンばかりだったので、久しぶりに見る大手設備メーカーが作る防水パンの堅牢さを見て少々驚きました。

品川N邸リフォーム現場_ユニットバス用の浴槽

浴槽も側に防水用の縁(フチ)が最初から取り付いており、ちょっとやそっとの振動や揺れでは水が漏れなさそうな安心感がありました。

品川N邸リフォーム現場_ユニットバス用の床配管

ユニットバスを設置する予定の場所ですが、床にはセット化されている下地材が組まれており、こういった部分も規格寸法で作られていることで、組み立てスピードの早さの秘密が良く分かりました。

品川N邸リフォーム現場

その他の部屋の大工工事も確実に進んでいます。リビングの床にはTESの床暖房パネルが張られ、

品川N邸リフォーム現場

窓際のカーテンボックスもきれいに撤去されていました。

床コンセント用開口下地

ソファを置く裏面の床の指示した位置には、床暖房パネルを避けた位置に床付け用のコンセント穴があけられていました。

品川N邸リフォーム現場

キッチン背面、トイレの横に来るPS(パイプスペース)のサイズもこちらとの打合せ通りになっていました。

品川N邸リフォーム現場

施工会社のスタイル・イズ・スティル・リビングがいつもお願いしている大工の大迫さんともこれで4つ目の現場となります。マンションリフォーム工事用に大迫さんが自分で工夫して作った道具箱には、毎回ながら感心させられてしまいます。
こちらの台車には掃除機が組み込まれています。

ペントハウスリフォーム品川N邸工事現場

こちらは、ビス打ちなどで使うコンプレッサーとタッカーなどの備品を組み込んだ台車です。

ペントハウスリフォーム品川N邸工事現場

台車同志は高さ、サイズを揃えてあるので、このようにベニヤ板を上に載せれば作業台にもなる優れモノなのです。

品川N邸リフォーム現場

現場の資材や道具がきれいに片づけられた様子は、毎回ながら現場監督の中川さんと大工の大迫さんの誠実な姿勢を見るようで、気持ちが良いものです。

壁床共に大理石張りの玄関ホール@広尾O邸

広尾O邸

デザインアドバイスで始まった広尾O邸の工事が着々と進んでおります。

玄関ホールのリフォーム広尾O邸

リビングダイニングキッチンは床材を張り替えるので、一旦既存のフローリング材が全て撤去されています。正面奥の壁は、飾り棚との取り合いで、梁型のサイズを変更しています。

玄関ホールのリフォーム広尾O邸

梁型を飾り棚の寸法に合わせてフカす(膨らませる)と窓サッシ枠との取り合いが変になってしまうので、カーテンボックスを作り直して、その袖壁でフカした梁型を受けるデザインにしています。

玄関ホールのリフォーム広尾O邸

玄関回りでは、今回のリフォーム工事の最重要ポイントである、床と壁の大理石張り作業が進んでいました。大理石は価格が比較的リーズナブルでいながら上品な表情をしているオデッサ・ベージュを使っています。

玄関ホールのリフォーム広尾O邸

玄関のタタキ部分と玄関ホールの床は当初より2センチほどしか段差がありません。同じ素材を床に張ると段差が見えにくくなり、躓く原因となりやすいので、斜めに加工した同材の玄関框を廻して貰っています。
因みに、タタキ部分は水磨きで、ホール部分は本磨きでツヤを変えています。

玄関ホールのリフォーム広尾O邸

床は玄関だけでなく、水回りゾーンへと続く廊下や、キッチンの床部分にも張り伸ばされています。

玄関ホールのリフォーム広尾O邸

こちらは、また数日後に現場に寄った際の様子です。壁の大理石張りは、本磨きと水磨きを混ぜて張る面倒な仕様になっています。右奥に見えるのがリビングダイニング空間です。

玄関ホールのリフォーム広尾O邸

大理石張りの壁の端部がリビングダイニング側から見えてくるのですが、大理石のコーナー部分を薄く処理して、クロスを張る壁とフラットに仕上げて貰っています。

玄関ホールのリフォーム広尾O邸

既存のフローリングを剥がしたLDの床には新しい床暖房のパネルが張られていました。

高級マンションのインテリア解説_南麻布K邸

南麻布K邸

これまではリフォームの観点で事例紹介をして参りましたが、インテリアの観点でお客さまからのどのようなご要望に対して、こちらがどのように考えてデザイン提案し、最終的にどのような家具や調度品、ファブリックを選んだかを解説してみたいと思います。

こちら南麻布K邸は、元々のお部屋が、都心とは思えない緑が二方向の窓から見える開放的なリビングダイニング空間でした。この家らしい、温かい光が差し込み爽やかな風が通り抜けるようなエレガントなインテリアになさりたいとのご要望でした。

最初に打合せで決まっていったのは、こちらのキッチンのインテリアでした。朝やランチの軽食用にも、奥さまがきちんと料理を作る家庭用にも、更には出張シェフを呼んでの正式なディナーにも対応するようにとのことで、色々な機能を併せ持ったキッチンなので、収納物や使い勝手などに合わせて、カウンターは白系の天然大理石(スタトゥアーリオ)にステンレス、セラミックを使い、更に扉材もオーク框扉(モダンなデザインの枠付き扉)、枠なしのオーク扉、壁面に揃えたビルトインオーブン類に合わせた濃灰の塗装扉にやはり塗装の白い扉を使い分けています。壁面には大理石やカラーガラスを使って、全体の色調を合わせています。
オーダーキッチンはアムスタイルでの特注、イートインカウンターの椅子はジンジャー(ポルトローナフラウ)、その上の照明はボッチの28シリーズを使っています。

高級マンションインテリア_南麻布K邸

リビングダイニングはオークをホワイトオイルで染色し、黄色味と色ムラを少なくしたフローリング(ワイドプランクオークホワイトオイル仕上げ_スカンジナビアンリビング)を全面的に使っています。このフローリングは、洋風でも和風でもどんなインテリアにもあう床材として弊社でも多用しているものです。
天井は白い塗装をメインにしていますが、ちょうどリビング中央の上部には天井裏にエアコン設備が並んでおりその点検口が多数見えてしまうので、その部分全体を取り外し式の木製パネル仕様(特注)として、リビングの中心を定義しています。
ソファはベース部分をレザー張りに、座面とクッションをファブリックで仕上げたホワイト(ミノッティ)をコーナー仕様にしています。コーナー部分は付属のテーブルを入れて、ソファの角(かど)の重たさを軽減しています。中央のセンターテーブルは木工作家の羽生野亜さんに特注で作って貰ったものです。カラフルでデザイン的なポイントとなっているラウンジチェアはハスク(B&Bイタリア)、ソファ脇の工芸的なテーブルランプはアーテリアーズのコレクションから選んだものです。

ダイニングは東面の窓に面した明るい場所に設置しています。キッチンから距離的に少し離れているのが「玉に瑕」ですが、キッチン内にもイートインコーナーがあるので、この場所でも不便はないとのお話を伺っています。
ダイニングテーブルは長さ2800ミリ幅1080ミリの大理石(ビアンコカラーラ)天板のコンコード(ポリフォルム)を採用しました。天井に張った白いカラーガラスと相まって(天井の素材張り分けでダイニングゾーンを規定しています)、明るい空間にしたいとのご希望を叶えた形です。ダイニングチェアは座り心地と掴みやすさ(軽くはないのですが、片手でも簡単に掴めて引き出せるのです)からモルテーニのアウトラインのレザー張り(色味はダイニングテーブルの脚の色と合わせています)を6脚揃えて頂きました。少し華やかさが足りないので、天井からバロビエール&トーゾのモダンシャンデリアを吊るしました(このRanfrontという照明器具はその後廃番になってしまっているようです)。

使い始めてみると隣地からの視線が気になるとのお話があったので、レースのカーテンと黒いサテン調のカーテン(共にマナトレーディング)を入れました。

主寝室は欧州ナンバーワンのベッドブランドのフルー(Flou)のベッドを入れています。ベースの部分とヘッドボードが牛皮のレザーで巻かれたOliver(オリヴァー)のキングサイズを入れて頂きました。フルーのベッドは米国製の物と比べて、インテリア重視で高さが低いこと(低いながらもマットレスやフレーム構造は優れています)が特徴で、更にシーツや枕カバー、デュベ(布団兼ベッドカバーのこと)までセットで選べることもお客さまと寝室インテリアを一緒に考えるうえで助かるポイントです。こちらでは夏用の爽やかなデザインと冬用の温かいセットを購入して頂きました。
頭の位置の壁は通常のビニールクロスをパネル張りしたもので、サイドテーブルは特注でデザインしたものです。天板に携帯充電用のコンセントがあり、物を置く場所にはトレー状にレザーを張ったディテールはオーダー家具ならではの仕上がりになっています。向かって右側には天井からDe Majo(デ・マヨ)の9051というガラス質が美しいペンダント照明を吊るしています。実は廊下から寝室に入る扉を開けた正面の突き当りがちょうどこの位置なので、片側にだけこの印象的な照明を吊るしたのです。窓に掛かったカーテンは欧風に床に摺るたっぷりとした高さでブルーのベルベット生地で、やはりダイニングと同じマナ・トレーディングに作って貰いました。

高級マンションインテリア_南麻布K邸主寝室

夜になって外が暗くなってからベッドサイドのペンダントを点灯すると、よりドラマチックに見えますね。主寝室の奥には2本の通路があるウォークスルー型のクローゼットがあります。2本の通路に沿って、ご夫妻それぞれの洋服を収納するスタイルとなっています。

高級マンションインテリア_南麻布K邸ウォークインクローゼット

普段は二枚の引き戸で主寝室と仕切られていますが、フルオープンにもできるようになっています。扉付きの収納の中には、服だけでなく寝室の予備のリネンなども収納されています。ハンガーパイプと可動棚はハーフェレのシステムを使うことでフレキシブルに変更できるようになっています。
ウォークスルークローゼットの奥に見えているが…、

高級マンションインテリア_南麻布K邸シャワー&トイレ

ガラス張りになったシャワーブースとトイレブースです。引き戸の開閉で、家族用の洗面浴室にも繋げることもできますが、本来はご夫婦二人だけが使う水回りなので、思い切って透明ガラス張りにしています。もし、使っていくうちにやはり透明だと見えすぎるということになれば、あとで半透明のフィルムを張ればよいだろうとのお話しでしたが、その後もこの状態で使って下さっているそうです。写真右手前に見えているミニカウンターの甲板は、キッチンで使った白系の大理石のスタトゥアーリオの端材を転用したものです。
床や壁に使ったタイルは、Atlas Concorde社のSunrockシリーズです。以前は 日本の建材商社がこのタイルの色々なバリエーションを扱ってくれていたのですが、今は縮小されてしまっており、ほとんど使えなくなってしまいました…。

高級マンションインテリア_南麻布K邸廊下

こちらはパブリックゾーンとプライベートゾーンを繋ぐ廊下です。賑やかな子ども部屋や少し和風な雰囲気の入った書斎や先ほどの主寝室と、パブリックなLDKとは少しインテリアがズレた空間がプライベートゾーンに並んでいるので、廊下の窓のない暗さをうまく利用して、落ち着いたウォールナットの羽目板にKevin Reilly のブラケット照明を並べたシックな空間としています。
床の素材もLDKと主寝室で使ったオークのフローリングをボーダーとして、その間に天然大理石を入れ込むことで、足裏に感じる触感でも空間の違いが感じられるようにデザインしています。
こちらのお宅のリフォームの全容については南麻布K邸リノベーション計画をご覧ください。また、デザインのプロセスについては南麻布K邸設計プロセスにて詳しくご紹介しております。