Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

床下地&ユニットバス設置@西麻布N邸

西麻布N邸

西麻布N邸の工事が色々なフェーズで進行中です。

まずは床下地です。マンションの管理規約では「LL40及びLH50を目指すもの」との記載がありますので、遮音下地業界(そのような業界があるかはよく分かっていませんが…)で最も信頼がおける会社の万協フロアーYPE-S4タイプの標準仕様にTGボードを加えて、さらに下地の下にはグラスウールを敷く仕様で下地を作って貰っています。

ミアダのように切れ目が入っているのが厚み20ミリのパーティクルボードで、黒いシート状のものが、4ミリ厚のアスファルトシートです。

窓際やリフォーム前に水回りがあった個所にはシンダーコンクリート(かさ上げのためのコンクリートで構造的には意味がないもの)が打たれているので(遮音のためにはハツッてしまいたいところですが、工事でのハツリも厳しく制限されているので)、それは残したままパーティクルボードをフラットに仕上げて貰っています。

床下に配管が通っている箇所については、(床下寸法が十分にない為)従来もそのように作られていましたが、配管を避けながら遮音下地を入れて貰っています。

やはりシンダーコンクリートが打たれていたかつての浴室は、新しい排水管を通すために、工事騒音がなるべくしないようにコア抜きで溝状にハツって貰っていましたが、そこに排水管と給水管が通されていました。

もう一か所の浴室だった箇所にはシャワーユニットが設置され、

家族共用の大きなオーダーユニットバスも設置されました。ともに東京バススタイルにお願いしたものです。

オーダーユニットバスの内部です。PS配管の形が室内に出っ張った形となっているのですが、変形なことを逆手にとって、水栓前のライニング上のタイル色を変えてニッチ状に見せています。また、大きな室内なので浴槽前にはアクセントで金と銀のタイルを張っています。

浴室の奥が広くなっていることを利用して、ジャクソンの大型浴槽のAbbraccio(アブラッチオ)を採用しております。浴槽手前壁(エプロン部分)は将来のメンテナンスのために、タイルを後張りとしてシールで納める予定となっています。

主にご主人さまが使う予定のシャワーユニットは、ユニットバスと違って、黒を基調としたスタイリッシュなデザインになっています。

ユニットバスとシャワーユニットの設置も無事終わったタイミングで、お客さまご夫妻が現場に来てくださいました。

ユニットバスの広さも現地で確認して頂きました。

ご主人もご自身がメインで使うシャワーユニットも確認して、「もっと狭いと思っていましたが、十分な広さがありますね」との感想を述べられていました。シンダーコンクリートを溝ハツリして作った配管経路のことは、現場監督に石山さんを労ってくださいました。

現場内に机をセットしてもらい、現地の光環境で、仕上げ材の最終確認もして頂きました。

事前にメールでお送りしていた、担当スタッフの前田君が作ってくれた着彩スケッチの洗面と脱衣スペースの資料をご一緒に見ながら、

それぞれの場所にどのような素材を使うかの最終決定をさせて頂きました。

また、カーテン&ラグ専門店のオーシマプロスでご提案していたラグは、サンプルをショールームからお借りしていたので、それらもご一緒に触り心地などを確認しながら最終決定をお願い致しました。

 

 

住まいのリフォームコンクール2017授賞式

青山P邸

公益財団法人_住宅リフォーム・紛争処理支援センター主催の「住まいのリフォームコンクール2017」にて、僕らが設計をお手伝いした青山P邸プロジェクトが優秀賞を受賞しましたので、その授賞式に参加して参りました。

リフォーム・リノベーション業界では、最も権威のあるコンクールで、僕らもこれまで2006年に高輪S邸茶室で優秀賞、2011年には高輪I邸で(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センター理事長賞と目黒S邸で優秀賞を、2012年には田園調布F邸(共同設計:中西ヒロツグ氏)で優秀賞を、2013年には神戸M邸で優秀賞を、2014年には世田谷区N邸で優秀賞を頂いてきました。

今年は青山P邸リノベーションで優秀賞を受賞することができました。リフォーム前の青山P邸は平面的にも断面的にも凹凸の多い空間でしたが、リビングダイニングキッチンをメインの空間と、ニッチ空間に分けて、特にニッチ空間には、ライブラリーや読書コーナー等のように使い勝手や空間の雰囲気を特色付けて整理したことを上記の応募フォーマットで力説してみました。

お客さまのPさまはお仕事の都合でご参加頂けませんでしたが、施工をお願いしたスタイル・イズ・スティル・リビングの齊藤社長、そして育休中のスタッフの竹田さんはお子さまのO君と一緒に授賞式に来てくれました。

竹田さんと僕、各務はマンションリフォームマネジャーの資格も持っているので、優秀賞と併せて、マンションリフォームマネジャー賞も頂いてしまいました。

今回のコンクールの大賞に当たる国土交通大臣賞は、幾度か共同で設計をしたこともあり、一緒に本を書いたこともあるイン・ハウス建築計画の中西ヒロツグさんと相越直子さん、そして田園調布F邸の施工でお世話になった参創ハウテックの小園さんが受賞されました!

トップ4賞を受賞された方々は、授賞式の後にプレゼンテーションの機会があり、最優秀賞の中西さんたちのプレゼンテーションもじっくり勉強させて頂きました。改めて、中西さんと相越さんと小園さん、国土交通大臣賞受賞、おめでとうございます!

 

 

 

カーペット&ラグのオーシマプロスショールーム訪問

西麻布N邸

カーペットとラグ専門のオーシマプロスの下目黒のショールームを訪問して参りました。以前、横浜A邸リノベーションプロジェクトでラグを使わせてもらった際には、こちらのイメージをお伝えして、サンプル帳を持ってきて頂いての打ち合わせでしたので、ショールーム訪問は初めてでした。

日本では、ある程度以上の高級カーペット&ラグのショールームは、カーテンやファブリックの展示と混ざっていることが一般的で、ラグだけを集中して探しにはあまり適していないと感じていましたが…、

こちらのショールームはラグとカーペットだけに絞った展示で、とても見やすい印象でした。

大きなサイズで展示されている品数は少ないですが、こちらのイメージを担当の大西さんに伝えると、沢山のサンプル帳の中から、良さそうなものをどんどん出してくれるので、色と素材感の海の中で泳いでいるような中で、サンプル選びを楽しませて頂きました。

今回は西麻布N邸のリビングダイニングで検討しているラグを探すのが目的でした。リビングには大きなミノッティのソファーの下に敷くラグで、4×3メートル程度の大きなものを探していましたが、厚みがあってフカフカしたものだととても一枚では搬入ができないので、大西さんからのご提案で、2枚のラグを現地搬入時にアイロン溶接してもらう形となりそうです。ダイニングテーブルの下のラグはお子さまがまだ小さいので、こぼれた食べ物で汚れても目立たないものということで探しています。

リビングのラグは、イギリスのCormar社のセンセーションシリーズを軸にご提案することになりました。耐久性があり、ポリプロピレン製ながら手触り感も良く、厚手でニュアンス色を揃えていることが決め手になりました。溶接するので、二色を並べたものを二枚溶接する形になりそうです。端部はオーバーロック加工でお見積りを依頼致しました。

ダイニングのラグは3.6×2.2のサイズで、デンマーク製のナイロン製のものが候補に挙がりました。写真のように、色が複雑に混ざったタイプで、色味も豊富で、何より食べこぼしの汚れに強いことが一番の理由です。こちらのラグの端部はボンド加工です。

ご提案する西麻布N邸では、主寝室と子供部屋と、プライベートスペースの前室、そして二つのウォークイン・クローゼットがカーペット敷き込みを予定しておりますので、国産の比較的安価なものと米国製のフカフカした高級品と併せてご提案書を作りました。

メイントピックであるリビングダイニングのラグについては、オーシマプロスの他のラグ、いつもお世話になっているマナトレーディングの高級ラグも併せて2枚のシートに分けてご提案致しました。

これら資料を事前にお客さまのところにメールで送ってザっと目を通しておいて頂いた後、それぞれのサンプルとお見積りを纏めたものを持って伺い、最終的に上記のオーシマプロスの2種類のラグにご決定頂きました。

 

 

大型マンションリノベーション工事の墨出し@西麻布N邸

西麻布N邸

大型マンション全面リノベーションプロジェクトの西麻布N邸は、解体工事が概ね済み、現場側が行った墨出し作業のチェックにスタッフの前田君と一緒に伺ってきました。

墨出しとは、壁や床を解体撤去した状態で、リノベーション後の間取りを考えながら、どの位置に壁下地を作ってゆけば良いかを、表しになったコンクリート躯体(くたい)に墨で書いてゆく作業のことです。

この様子を写真で見ると、簡単そうに見えますが、最終的な仕上げの寸法から逆算して壁下地の位置を決めてゆくのは、設計者のデザイン意図を良く理解した経験者の現場監督でないとうまくできない作業です。

建物には多少の歪みもありますし、現場監督の石山さんとうちの前田君が見ている竪管(タテカン:マンションの上下階を貫通している設備配管)の位置などの細かい点も考えて墨出しをする必要があります。

こちらが用意した図面通りに墨出しをしても、上記の理由でうまく整合性が取れない箇所が出てくるものなので、それらの問題点を僕らが現場で見ながら、調整してゆく作業が墨出しのチェック確認となります。

ここでは、玄関ホールからリビング入ったすぐに、どうしても部屋内に表れてしまう竪管と新しく作る壁の位置関係をどのように調整するかを相談している様子です。

一通り問題点をヒアリングした後で、それらの解決方法を考えて、現場側に伝えるスケッチ図面を描きます。因みに、机代わりに使っているのは取り外したばかりの天井裏に吊られていた隠蔽型のエアコン本体です。

こちらが、墨出し翌日に設備屋さんが天吊り式のエアコン本体を外す作業をしていた際の様子です。結構な重量がある機器なので、三人掛かりで取り外していました。

築浅のマンションではありますが、床下の給水給湯配管も古いタイプの配管材料が使われているので、ほぼすべて取り外して交換することになっています。

取り外されて、現場に整理されておかれた設備機器・配管類です。

工事騒音との関係で、工事が始まってから水回りの位置を大変更することになったことに関連して動いたガス式乾燥機の乾太くんの排気ダクトの結びなおし作業の様子です。ガス式乾燥機は高性能でお客さまからリクエストされることも多いのですが、乾燥機から外部へと続く排気ダクトの太さや長さ、さらには曲がり回数にも厳しい制限があります。今回は天井裏の梁のちょうど良い位置に貫通スリーブが空いており、そこを使ってダクトを通すことができました。

こちらは、後日設置された、新しい天井裏隠蔽型のエアコン本体です。機械のサイズがほぼ同じなので、ダクト類は清掃の上再利用し、ブリーズライン(吹き出し口)は一旦取り外して焼付塗装後に新しい位置に再設置する予定です。

床下の給水給湯管もこのようにすべて交換致しました。築10~20年のマンションでは、リノベーション時に設備機器や配管・ダクト類をどこまで交換するかが迷い処ですが、今回はお客さまの判断でほぼ全て交換となっていますので、これで安心して長く住み続けることができると思っております。

 

高級突板「シャム柿」を使った建具と家具のデザイン

西麻布N邸

西麻布N邸の玄関ホールからリビングへの扉に、何か特別の素材を使いたいとのご要望を以前より伺っており、高級突板のシャム柿を使った建具のご提案をいたしました。イメージ写真とサンプルをお見せしながらご説明したところ、非常に良さそうだとのことで、いつも付き合いのある突板屋の山一商店に伺って、山内社長に相談に乗ってもらいました。

これは、山一商店の打ち合わせ室に置いてあった、そのシャム柿の板のサンプルです。シャム柿は別名ジリコトとも呼ばれ、素地の黒っぽい部分はウォールナットに似た色味ですが、波のような不思議な模様がついています。また、板の端の白太部分(樹皮に近い周辺部)は強いコントラストを描くように白く、濃淡のはっきりとしたとても珍しい木目を持つ素材です。中南米原産の木材で、非常に珍しい素材で入手困難な銘木の一つといわれているそうです。日本ではご仏壇などによく使われていた木材だそうです。

以前、山一商店の倉庫に伺った際に希少で高価な材として紹介を受けておりましたので、今回は造作家具をお願いすることになった造作家具屋クレドの飯塚さんと一緒に山一の倉庫を再訪させて頂きました。

2種類の突板があったので、それぞれを倉庫から下の階に移してもらい、まずは水で濡らして木理(モクリ:木目のこと)を確認させて貰いました。白太の部分をいかにうまくレイアウトするかが、突板合板作りのカギになります。

今回お願いする使う建具と造作家具はサンバチのベニヤ板(3尺×8尺:910㎜×2430㎜)に突いてもらえばよいので、約1000ミリの幅で突板に目印をつけてゆきます。

割れている部分は避けて、白太がうまく入るように按分しながら、大まかに印をつけてゆきました。

それらに番号を振って、無駄がないようにレイアウトしてゆけば良いのですが、こちらとしても折角現地で見ているものなので、高いところに上って上から写真を撮らせてもらいました。

この写真を事務所に持ち帰って、フォトショップで切り張りして、突板のレイアウト

図を作るためです。

帰り際に撮影した記念写真です。左から、山一商店の山内社長、僕各務に、クレドの飯塚さんです。

こちらが事務所に戻って作ったシャム柿の突板レイアウト案です。白太の入り具合やバランスをこれを見ながら微修正してゆく予定です。仕上げイメージですが、建具については鏡面塗装で華やかに、ワインセラーを入れ込んだ造作家具は艶消しでしっとりと仕上げてもらう考えでいます。

突板屋訪問からちょうど一月後にこちらに届いた塗装サンプルを、お客さまとの打合せ時にお見せしました。左の2枚が艶消しで、右2枚が鏡面仕上げです。二種類の突板で微妙な色違いが出たらどうしようと悩んでおりましたが、サンプルを作って貰ったところ、目立つ色違いはなくホッといたしました。
お客さまからは、どちらもとても良いので、是非この方向で進めて欲しいとのご依頼を頂きました!

こちらは、その後に山一商店から届いた、突板の製作過程です。左上から時計回りに、糊を塗った突板の上に、端のボロボロな部分を裁断した突板を並べてゆき、それをプレス機械に掛けて、突板ベニヤ板ができあがるというプロセスです。

左側が最初に仮並べしたもので、右側が突き上がったベニヤ板です。この状態では、まだ地味ですが、塗膜をまとってどのように仕上がってくるか、今からとても楽しみにしております。

 

 

 

新規プロジェクト:平河町T邸リフォーム

平河町T邸

築浅の大型マンション192平米のリフォーム・平河町T邸プロジェクトがスタートしました。

こちらが大きなリビングダイニングの様子です。Tさまは(いろいろな事情で)数多くのマンションをリフォームなさったご経験があるので、設計施工の工事会社として僕らが良くおねがいをしているリフォームキューをご紹介して、僕らはポイントでのデザインアドバイスをする形でお手伝いすることになっております。

玄関ホールからリビングへの繋がりについては、Tさまは強いこだわりがあるので、間取り的には大変更はありませんが、仕上げ材は玄関扉以外、ほぼ全てが変わることになりそうです。

玄関ホール横の来客用トイレは、すべて撤去して大型のシューズイン・クローゼットに作り替えることになりました。

プライベートスペースへと続く廊下は、以前のオーナーの方が、廊下突き当りに鏡を張っていたものを活かしたデザインにしたいとのご希望でした。

プライベート廊下の奥にある大型の主寝室は、広い住宅に住み慣れたTさまでも、ちょっと大きすぎるので、造作家具などを作って、居心地の良い空間にリフォームしたいとのことでした。

アイランドカウンターのあるキッチンは、使い勝手も良さそうなので、簡単なお化粧直しになりそうです。

Tさまとリフォームキューの岩波さん、今田さんとの打合せの様子です。アイランドカウンター奥に立体的な模型が見えますでしょうか…。

こちらが、そのものなのですが、なんとお客さまのTさまが作ってくださったリビングの立体模型なのです!これまで70軒以上リフォームをお手伝いして参りましたが、スケッチを描いてくださったお客さまはいらしても、模型を作ってくださったお客さまは初めてでした。
LDの二つの柱型には大理石のトラバーチンを張って、玄関ホールからの扉は黒い框扉、キッチンへの入り口はスチールサッシになさりたいとのことで、バランスがおかしくないかを確認して欲しいとのご依頼でした。

リビングの大きな掃き出し窓には、木製ブラインド付きのウッドシャッター(ナニック社)を取り付けたいとのことで、その色サンプルからどれが良いかのアドバイスもさせて頂きました。

LDの床は白ふき取り塗装のフローリング張りですが、周囲にはボーダー状に濃いめの色の大理石を張りたいとのことで、リフォームキューが持ってきてくれたサンプルを合わせて相性を確認して頂きました。打ち合わせの途中から、Tさまの奥さまと息子さんも参加しての賑やかなお打合せとなりました。
ここからは実際の打ち合わせよりも、メールのやり取りで、素材の組み合わせや取っ手金物等の選択をお手伝いすることになりそうです。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る