Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

LDとキッチンを間仕切る4連引き戸の吊り込み

白金台E邸

お客さま検査後、お引渡しまでの工事が再開している白金台E邸にて、リビングダイニングとキッチンを間仕切る4連引き戸が吊り込まれました。

天井のレールは工事の早い段階から仕込まれているものですが、そこに吊り込み用のローラーを設置してゆきます。

空間の間仕切りの引き戸では、床にレールが取り付かない上吊りのシステムを使いますが、引き戸が4枚となると、引き戸同士がズレてぶつかったりすることが怖いので、床にマグネット式のピンを付けて扉がフラつくのを防ぎます。

そのマグネット式のピンも、手探りで位置を探りながら設置するようないい加減さではいけないので、建具取り付けをお願いしているアルノの鵜飼さんたちは、この写真のようなベニヤ板のガイドを事前に作って、床フローリングにマークしながら取り付けを行ってくれました。

全部で28個(!)のマグネット式ピンを正確な位置に取り付けて貰いました。

こちらが、当初僕らが描いた図面をもとに施工会社のスタイル・イズ・スティル・リビングが描いてくれた施工図で、そこに現場を見ながら細かい変更納まりをチェックした図です。

訂正して戻ってきた図面に、またコンセントや照明スイッチ等位置変更に伴って、変更を指示いたしました。

建具が吊りこまれた後も、扉を動かしながら、ピンの位置を調整してゆきます。

扉4枚を全部引き出した後にも、扉と同じデザインのパネルが壁に乗っているデザインとしているので、実質上5枚の建具を吊り込んで貰ったようなものです。

まだ上レールのストッパーの位置が決まっていないので、建具がずれていますが、4枚の引き戸を閉めた際のリビングダイニング側からの様子がわかってきました。

閉じた状態をキッチン側から見ると、このような様子になります。戸先の壁はには腰壁を設けており、少し段差があるため、引き戸がピタリとは寄らないデザインとなっていますが、そのことについては事前にお客さまと相談済みで、今回のこの引き戸は目線を隠すためのもので、密閉するためのものではないので、この程度の隙間はOKとのお話になっておりました。

引き戸の横の玄関ホールからリビングダイニングへの木製扉もほぼ同じタイミングで吊りこまれています。

上記の図面にも、4連の引き戸とこの扉は違ったデザインのものが隣接しあうので、一緒の図面に描かれていましたが、両袖のガラス入りの袖壁や玄関ホール側の靴収納とも絡んでくるデザインとなっているので、こちらも細かく製作図のチェックを繰り返してきました。

まだガラス養生の紙が貼られていますが、玄関ホール側から見るとこのような様子になっています。重厚でいながら、光を適度に玄関ホールに透過する、イメージ通りの出来となっていました。

建具関連では、廊下に2枚設けた納戸とSICの扉の特注金物取っ手とクロスの納まりがおかしかったので、施工側には申し訳ありませんでしたが、特注金物の作り直しとクロスの貼り換えをお願い致しました。

その他では、先日お客さまに現地で設置高さを確認して頂いたテレビはボードに取り付いて、横のキャビネット内に置くDVD機器との接続のされていました。

玄関ホール横の来客用トイレでは、鏡の取付はまだですが、ペンダント照明の吊り込みも終わり、

家族用浴室内のシャワーや金物類の取付も終わっていました。

検査時には取り付けの歪みを指摘した書斎の本棚は、一度取り外したうえで、壁下地を調整してもらった上で、取り付けを待っています。

 

施主検査→お引渡し→リノベーション販売

青山N邸

リノベーション後に販売するプロジェクトとして始まった青山N邸ですが、ようやく改装工事が終わりお客さまの検査に立ち会って参りました。

検査後に撮影した記念写真からですが、中央にこちらのお部屋のオーナーであるNさまご夫妻、販売のお手伝いをしてくださることになっている大成有楽不動産販売三田営業所の野村さんと藤山所長、工事をお願いしたリフォームキューの岩波さんと現場監督の滝川さん、カガミ建築計画の担当の岸本さんと私、各務です。
日当たり抜群のお部屋で、秋口でも半そでで過ごせる温かさでした。

クッチーナにお願いしたキッチンですが、背面収納のコンセントを追加すべきかをNさまの奥さまに見て頂きました。

タイル壁の隙間に設けた照明のスイッチですが、養生を剥がす際に塗装部分が剥げてしまったようで、補修してもらう部分です。

こちらはキッチンの袖壁のディテールですが、鏡面仕上げのステンレスの見切りと、チークのパネル、そしてクオーツストーンのカウンターがカチッと収まっていました。写真が撮影できておりませんでしたが、幾つかの指摘事項があったので、一週間ほどのスケジュールで補修して、その後のお引渡しへと進んでゆくことになりました。

…と、そうこうしているうちに、補修工事も終わり、お引渡しになりました。

再び検査時とほぼ同じメンバーで、指摘箇所の補修内容を確認してゆきました。

リビングのタイル壁の下の隙間に、目地材がはみ出ている箇所が検査時に見つかっていたので、それが補修されていることをチェックして頂きました。

毎回お目に掛る度に、楽しいお話をしてくださるNさまの話に爆笑している、野村さんと岩波さんの様子です。

全ての工事が終わったので、お引渡しの書類に記名捺印して頂き、工事が完了すると同時に、どのような販売方法と金額で広告を出してゆくかを大成有楽不動産販売の野村さんに提案して頂きました。
現在、大成有楽不動産販売から絶賛販売中とのことですので、このマンションのことや、弊社の仕事にご興味の方は、オープンハウスのタイミングなどで訪問して頂ければ幸いです。

 

 

オーダーキッチンショールーム巡り リブコンテンツ&クッチーナ

駒沢X邸

キッチンにも強いこだわりをお持ちの駒沢X邸のお客さまに、オーダーキッチンの可能性と特徴を見て頂くために、二つのキッチンショールームをご案内いたしました。

キッチンショールーム巡り@クッチーナ

最初に伺ったのは、代官山のクッチーナです。とにかくショールームが広く、色々なタイプ&デザインのキッチンが展示されており、ビルトインオーブンや冷蔵庫などの設備類の展示も豊富で、最初にオーダーキッチンをということになると、まずはこちらに伺うことが定番となっています。

キッチンショールーム巡り@クッチーナ

地階のキッチンは、以前からそれほど変わっていませんでしたが、上階は新しいテイストのモダンなものやクラシカルなものなど、色々とチャレンジングなキッチンが展示されており、僕らも楽しみながら拝見させて頂きました。ただ、色々なものがありすぎて、お客さまのXさまが目移りしてしまって、よく判らない印象をお持ちだったようです。

キッチンショールーム巡り@リブコンテンツ

良くクッチーナの後には旧山手通りの反対側にあるアムスタイルにお連れすることが多いのですが、リッツ・カールトンスタイルのインテリアがお好きなXさまには合わないだろうと考えて、目黒区八雲にあるリブコンテンツにお邪魔しました。

キッチンショールーム巡り@リブコンテンツ

スタッフは全員女性で、細かい使い勝手や収納等の工夫が得意で、テイスト的にはちょっとカントリー調なものが多いですが、きめ細かい対応が特徴だと思っています。何と言っても、今回案内してくれた社長の田原さんは、各務の大学時の同級生ですから、面倒な要望もうまく応えてくれるのが、毎回ありがたいのです。

キッチンショールーム巡り@リブコンテンツ

こちらが仮にレイアウトした図面を両社には事前に送っておいたのですが、リブコンテンツではそれらの図面を自部たちであればどう考えるかを検討の上、新たな図面を起こしてくれていました。折角の機会ですので、Xさまもご興味があるとのことでしたので、打ち合わせテーブルにてリブコンテンツならではの提案を聞かせて貰いました。

キッチンショールーム巡り@リブコンテンツ

Xさまは、デザインテイスト的にはリブコンテンツも少し違うと感じていらっしゃったようですが、提案の内容がとても良く考えられており、この人たちとなら使い勝手とデザインを両立させたキッチンが作れるのではとのお気持ちを持ってくださったようで、提案書を見ながら再度ショールームのキッチンを見せて貰いました。

 


ページトップへ戻る