Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

リビングダイニングの折上げ天井範囲を拡大

六本木Y邸

工事進行中の六本木Y邸ですが、当初から美術館やギャラリーのような生活感のない白い空間になさりたいとのことでデザインを進めてきましたが、解体時の判断でリビングダイニングの折り上げ天井の範囲を広くして、高さも高くすることが出来そうであることが分かっていました。

こちらがLDの天井裏のダクトと配管類を整理した後の写真です。緑色の管はスプリンクラー、肌色のちょっと太めの線はエアコンの冷媒管、銀色のキラッと光っている管はエアコンのドレイン管、灰色の細い線はこれから設置してゆく天井埋め込みのダウンライトや間接照明の電気の線、左奥のLGS壁下地の間を縫って走る大蛇ようなものがキッチンのレンジフードの給排気のダクトです。

解体時(ビフォー)と、配管整理をした後(アフター)の写真を同じアングルからの写真で比較すると、どれだけ天井裏が整理されたかが分かるのではないでしょうか?(厳密に考えると、どちらもビフォーでもないし、アフターでもなく共に途中経過ですが…)

キッチンのダクトなどの太い大物は整理できることが簡単に分かっていましたが、実は一番難しかったのが、各務が眺めているエアコンのドレイン管でした。エアコンの冷媒管は、勾配や長さの制限が緩いので、他の壁を使って床下に落としてから、必要な個所に移動することができるのですが、エアコンのドレイン管(冷房時に除湿で出る水を流す管)は勾配が厳密に決まっているので、無理をさせることができないのです。ただ、一つのエアコンのドレイン管は、違うバルコニーへと流して、唯一リビングからこちらのバルコニーにしか流せないドレイン管は、勝手口のカーテンボックスの中に隠すことができたことで、折り上げ天井範囲を広くすることができたのです。

左が既存で赤線が折り上げライン、右がリフォーム後で青線が新規の折り上げラインです。面積で見ると元が6平米だったのが、8平米にまで約35%広がりました。天井カセット型エアコンの位置を変えたこともサイズを大きくできた要因でした。

この日は壁下地も大分立ち始めてきたので、Yさまご夫妻に現地に来て頂き、照明器具のスイッチ類やコンセント類の位置の確認もお願い致しました。工事をお願いしているリフォームキューの営業の坂本さんと現場監督の神成さんも立ち会ってくれています。

きれい好きな奥さまがどこまで手直しなさるか、悩んでいらっしゃった浴室についてですが、①オーダーユニットバスを作って全面交換する、②洗い場床タイルと浴槽は交換し、壁タイルも薄タイルを上張りする、③浴槽はメーカーのジャクソンに磨き直して貰い、シャワーや水栓等の金物類を交換する、の3つの案で進めてきましたが、明るい状況で既存浴室を再確認して頂いたところ、③で良さそうだとのお話しになりました。

こちらは移動するキッチン位置に合わせて先行配管して貰った給水給湯管と排水管です。左上に伸びている濃い色の管と水色の管は…、

将来的に背面収納の中に、食洗器を設置する可能性があるかも知れないとのことで、用意した給水管と排水管と電源です。

玄関正面にある、こちらのコンパクトな空間は、ご主人さまの書斎空間です。

また、既に発注済みで現場に届くのを待っていた床仕上げのグレー色のタイルですが、メーカーからコロナのことと戦争のことで納期が間に合わないのでキャンセルさせて欲しいとの連絡がありました。価格帯もこなれており、癖もなく良いタイルだと気に入っていたのですが、状況が状況だけに他の選択肢を考える検討が必要となりました。担当スタッフの副所長の前田君が、持ち前のパワーと情報収集力で、在庫と納期、色味とテクスチャー、価格帯も大きく変わらないタイル候補を何種類か選んでくれました。

テーブル右側のタイルがそちらです。当初選んでいたものとかなり近いものが見つかっていたので、お客さまも納得してくださいました。新しく選んだ床タイルに合わせて、寝室のカーペット、洗面カウンターのクオーツストーン、壁紙やキッチンパネル等の素材や色味も再確認しつつ、最終決定させて頂きました。

最後に、小物を飾る棚が欲しいとのお話しになっていましたが、現場の大工さんが柱型に作っていたこちらの棚を見て頂いたところ、まさにこんなイメージの物が欲しいとのことで、思わぬところで似たイメージの物を見つけることができました!

ステンレスのウレタンカラー真鍮色仕上げ

代々木上原I邸

最近、真鍮(しんちゅう・ブラス)をアクセントに使ったインテリアをご希望の方が増えていますが、真鍮を使った場合の問題は、使っていると錆びてくることです。取っ手などの場合は手や指の汗、触らない場所でも空気中の湿気でうっすらと錆が浮いてきます。ピカールのような研磨剤入り乳化性液状金属磨きを使えば、比較的簡単に錆は取れますし、錆を経年変化だと理解して喜んで下さる方は問題ありませんが、そういったことは面倒だとい方には、ステンレスにウレタンカラーを掛けて真鍮色に近い色の金属を作ることができます。

ステンレスのウレタンカラー真鍮色仕上げ

この写真の左右の金属板、右が真鍮の磨き仕上げ、左が真鍮のバイブレーション仕上げに見えますが、実は共にステンレスにカラーラッカーで仕上げたものなのです。

ステンレスのウレタンカラー真鍮色仕上げ

斜めから見ると、このようになります。カラーステンした後、傷が付きにくいようにウレタンのクリアコートを掛けているので、完全な磨きのようにはなっていませんね…。でもさびが発生せず、扱いが容易なのは魅力的です。

ステンレスのウレタンカラー真鍮色仕上げ

代々木上原I邸では、扉の取っ手や2種類の違った素材の見切り材などで真鍮色カラーのバイブレーション仕上げを使う予定なので、造作家具の現代製作所の藤田さんにサンプルを作って貰っています。

ステンレスのウレタンカラー真鍮色仕上げ

廊下からLDKに入るデザイン扉では、二種類のファブリックと木突板に真鍮色カラーを使うので、その色味のマッチングを確認するためのサンプルです。

ステンレスを真鍮色にカラー仕上げ

こちらの写真は確認後3週間後の物ですが、壁にスイッチを仕込むための見切り材をステンレスの真鍮カラーで組み上げている様子です。

最終的に仕上がった、お引き渡し時の様子がこちらです。壁の見切り材は写真ではほとんど目立たない存在ですが、一緒に見えてくる建具の取っ手と繋がってくることで、精度が高く仕上がっていることが分かるでしょうか…。

既存浴室と部分解体状況の現場確認@乃木坂U邸

乃木坂U邸

先回施工会社候補のリフォームキューと一緒に現地調査させて頂いた乃木坂U邸に、今回はお客さまのUさまご夫妻と一緒に伺って参りました。

事前解体調査@乃木坂U邸

ここまで決まってきた仕上げの候補材料を運び込んで並べて、現地の光環境の中で確認して頂きました。

事前解体調査@乃木坂U邸

レーリングやモールディングを入れたモックアップ模型とマントルピース型で使う予定の石材、床のタイルやフローリング材、木質パネルの色味なども確認して頂きました。

事前解体調査@乃木坂U邸

今回現地で打合せをお願いしたのは、上記の仕上げ材を現地の光で見ること以外に、浴室の状況を確認して頂くことでした。というのは、先回のブログ記事でも書いた通り、Uさまは賃借人付きのこちらのお部屋を実物を見ることなしにご購入なさっていたので、お風呂がどのくらい汚れているか、作り直すべきなのか、部分リフォームすべきなのか、或いは清掃だけで良いのかを判断して頂くために現地に足を運んで頂きました。
結果としては、部分リフォームで良さそうだが、もし作り直したらどのくらいの費用が掛かるかを見積りで比較なさりたいとのお話しになりました。

事前解体調査@乃木坂U邸

当日の午前中には、リフォームキューの大工さんに入って貰い、幾つかのPS(パイプスペース)と壁を部分的に開口して貰い、壁の奥の下地がどうなっているかを見れる状況にして貰っておりました。こちらは廊下部分の壁で、通り抜け型の洗面所を作る計画ですが、どこまで壁仕上げと壁裏のコンクリート柱の間にスペースがあるかを確認するための開口です。

事前解体調査@乃木坂U邸

こちらは残念ながらほとんどスペースはありませんでした…。

事前解体調査@乃木坂U邸

ただ、既存キッチンの柱型上のPSについては、開口からのぞき込んでみると、

事前解体調査@乃木坂U邸

腰から下部分は配管が分岐しており、スペースが必要でしたが、腰上はスペースに余裕があるので、PSを部分的に縮小して、キッチンカウンターを広げることが出来そうです!因みにこちらの写真は開口部から携帯電話を差し込んで撮影した写真です。以前はカメラを落とさないように注意しながら差し込んでヤミクモに撮影していましたが、今は携帯で撮影後すぐにモニターで確認もできるので、お客さまと情報を共有しながら作業を進めることができるので、だいぶ楽になっています。

事前解体調査@乃木坂U邸

あとは、廊下の通り抜け洗面に取り付ける予定のヴィストジのブラケット照明のサイズと色をモックアップで確認して頂き、

事前解体調査@乃木坂U邸

玄関のタタキ部分の大理石を張り替えて、ボーダー状に2色のタイルで張るイメージの確認をさせて頂きました。