建築家が考える上級リフォーム・リノベーション

塗装下地のパテ処理の重要性について 

青山P邸の現場では、壁と天井が塗装仕上げなので、その下地作りでパテ処理が行われています。

dsc_2986_pt

こちらはダイニングの天井のパテ処理状況ですが、中央に黒くスリットが入っているのが照明ボックスです。木製のボックスを天井とフラットになるように埋め込んで、周囲の石膏ボードとの継ぎ目をパテ処理してゆきます。

dsc_2987_pt

170平米と広いマンションなので、奥の部屋から順序立ててパテ処理をしているので、こちらリビングダイニングはまだ一度目のパテ処理最中です。最初は、石膏ボードを固定しているビスの頭部分をパテで埋め、ボードの継ぎ目(ジョイント)は寒冷紗を貼ったあとでつぶしてゆきます。

dsc_2992_pt

こちらはパテ処理が先行して行われている奥のプライベート廊下と個室部分です。ビスとジョイントを埋めた後、二度目のパテでより幅広く処理範囲を広げている様子が判りますね。

dsc_2998_pt

廊下に面した個室の建具周りは、さらにパテ処理が進んで、ほぼ総パテ(全面パテ塗り)状態まで行っています。総パテまでする職人さんは少なくなってきていますが、ここまで進むと、すでに塗装されたような状態に見えてきます。

dsc_2983_pt

これはリビングの一角に作っている書庫コーナーの天井ディテールです。目地の個所で、塗装色を塗り分けるので、プラスチック製の目地を入れて貰っています。塗装用パテ処理では、このボードとプラスチックの継ぎ目もパテで一体化させてゆくのです。

dsc_2980_pt

これがリビング側からみた書庫コーナーです。ニッチ状に凹んだ箇所に本棚が組み込まれきます。塗装で仕上げるメリットは、天井や壁が一体感を持つことだと思っています。両者がシームレスに繋がることで、空間性を強く感じることができるのですが、その際にどれだけ丁寧にパテ処理したかで、後々ヒビが入ってくる度合いが違ってくるのです。

dsc_2990_pt

こちらはまだボード張り後何もされていない玄関ホールです。壁と天井に細いスリットが入っていますが、ガラスの袖壁を嵌め込むC型チャンネルが埋め込まれた状態です。

dsc_3004_pt

玄関框と姿見の鏡が貼られる凹みと木製幅木の取り合いディテールです。こういった異種素材が出会った箇所は良い丁寧に考えてゆくことで、空間の一体感が強まると思っています。

dsc_2993_pt

こちらは浴室のステンレス枠とタイル張りの枠の取り合いです。白いシールで保護された部分は鏡面仕上げのステンレスで、そこに突きつける形でタイルが貼られる予定です。
塗装下地のパテ処理や、細かいディテールの組立てと目立たない工程が続きますが、この過程をどれだけ丁寧に進めるかで全体の仕上がり感のグレードが決まってくるので、本当に大切なプロセスだと思っています。

 

タグ

2016年10月14日 | 塗装下地のパテ処理の重要性について  はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山P邸

築浅マンションリフォームのメリットとは

築浅マンションリフォームの麻布台M邸プロジェクト、詳細を詰めたデザインの見積りも纏まったので、解体工事に着手しました。

dsc_2907_pt

180平米の大きなお部屋の間仕切りが無くなっているので、とても広い空間になっています。

dsc_2920_pt

築浅マンションリフォームのメリットは以下のようなことだと考えています。

  • エアコンやキッチン設備機器、浴室や洗面などがほぼ最新の設備なので、再利用が可能なこと
  • 全体がきれいなので、部分リフォームをしても、していない個所との差が生じにくいこと
  • 既存図面類がしっかりしており、ほぼその通りに施工されているので、解体時に予想していなかった問題が発生しにくいこと
  • フローリングや壁紙等がまだ販売されており(築古だと廃番になっていることが多い)、既存と合せるのが容易であること

今回もその法則に則って、設備はあまり弄らない作戦としています。キッチンは、シンクと食洗機、ガスレンジとレンジフードが入っているL字型カウンターはそのまま生かして、アイランドカウンターや背面収納を作り直す計画としています。

dsc_2914_pt

取り外したキッチン収納や扉材ですが、これも再利用することができるものばかりなので、一部屋を保管部屋として確保して、保存して貰っています。キッチンサイドパネルは加工して新しいキッチン収納の扉に利用すれば、既存キッチンと色味を完全に合せることができるので、捨てる手間もなくなり一挙両得なのです。

dsc_2960_pt

ダウンライトなどの照明器具やスイッチパネル、給排気のグリルや点検口なども再利用することを前提に取り置きして貰っています。

dsc_2908_pt

先にも挙げましたが、築年数が5年以下だと、CAD(コンピューターで描く手法)図面と施工された現場の合致度が高く、レーザーで正確に測っても図面と2~3ミリのズレしかありません。床下や天井裏の隠れた部分の配管やダクトもほぼ図面通りに走っているので、解体してみてアレッと思うことが少ないのです。もちろん、有力デベロッパーの建物で大手ゼネコンが力を入れて作った建物だという点もあるのでしょうが。

dsc_2934_pt

天井裏の懐も余裕を持って設計されているので、ダクトが走っている位置とダウンライトが重なっても問題なく施工できるようになっています。

dsc_2974_pt

ただ、設計側も無駄な設備移設などは道連れ工事(何かを動かすことで、他の部分にも関連してやり直すことになってしまう工事のこと)をなるべく少なくしたいという思惑もあるので、それなりの調整が必要です。
こちらはキッチンの天井です。ボード裏にリビング&ダイニング用のエアコンの本体が隠されており、当初は見えている天井カセット式エアコンを移設して、点検口も併せて移設する予定でしたが…。実はそれをすると隠ぺいエアコンまで動かす必要が生じて、ダクト移設の為に天井を全て落としてエアコンとダクトをやり替える大きな道連れ工事が発生してしまうので、パントリー収納の形状を変更して、対応することにいたしました(と書いても、全く判らないと思いますが…)。

dsc_2973_pt

施工をお願いしている青の田原さんと八木君、そしてうちの担当スタッフの竹田さんが打合せをしている様子です。

dsc_2911_pt

今回のお客さまは、こちらをリフォームしても、お子さまの学校のことなどがあるので、すぐに暮らすツモリはないとのことで、しばらくは賃貸として貸し出すことになる予定です。可変性を持たせた間取りとしたいとのことで、従来は3LDKだった間取りを2LDK+書斎(デン)としますが、状況によってはデンを取り壊して大きなLDにもできるようにしたいとのご要望がありました。
この写真で金属製の柱(LGSです)が3本立っていますが、この部分の壁を取り外したいのですが、手前の個室側の天井がこのLGSで支えられているため、撤去すると天井が落ちてしまうことが判りました…。

dsc_2926_pt

つぶしてしまう予定の個室側からLDKを見たアングルです。ところが、これについても天井裏を覗き込みながら、幾つかの工法の話をさせて貰いました。その後、田原さんから特殊な方法を考えれば、数年後にLDを広くしたい時に、比較的安易に壁を撤去できるように作れそうだとの嬉しい連絡が入りました!

dsc_2916_pt

奥の個室2室と洗面浴室はほとんど触らないのですが、こちらの長い廊下は途中に無駄に多くあった収納を取り外して、大きな飾り棚を設ける予定です。廊下の先の右下に見えているオレンジ色の箱は…

dsc_2919_pt

仮設用の分電盤ボックスです。従来の分電盤は位置を大きく動かすので、その移設が完了するまで、工事道具用の電源として、このような小型の仮設分電盤を使っているのです。

dsc_2941_pt

解体では、大量の廃材が発生しますが、共用廊下や荷物用エレベーターを汚さないよう、かつ木材やボード類、金属を別個に捨てることで廃棄費用を安くするために、きれいに分別されています。

タグ

2016年10月12日 | 築浅マンションリフォームのメリットとは はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸

元麻布I邸 オーダーキッチンの組立て

高級マンションリノベーションの元麻布I邸の現場もいよいよ大詰めで、色々な工事が同時多発的に行われています。

dsc_2754_pt

造作家具は小物が先に設置され、キッチンは各種ユニットの箱が現場に運び込まれました。

dsc_2731_pt

これだけの箱ユニットが、キッチンの中に組み込まれていると考えると、キッチンの複雑さに改めて感動しておりました。

dsc_2732_pt

まずは壁際のガスコンロが入るカウンターが組み立てられています。濃灰のユニットに、濃灰のセラミックカウンターが乗って、左右にはブラッシュドアルミの扉が左右対称に取りつく予定です。

dsc_3026_pt

主寝室横の洗面所には、洗面カウンターが組み立てられた横、奥のトイレとの間仕切りのガラス壁が差し込まれていました。

dsc_3027_pt

トイレ側から見ると、ガラス壁の位置関係が判りやすいですね。現場で、職人さんがぶつかってケガしないように、ガラス板には大きくマスキングテープが×印状に張られています。透明なままだと、洗面所入り口から便器が丸見えになってしまうので、完成後に半透明フィルムの濃淡を現地でIさまご夫妻と一緒に選んで貼る予定としています。

dsc_3032_pt

来客用トイレは、手洗いカウンターはまだですが、先行して鏡の四周を縁取るウォールナットの枠が取り付けられていました。

dsc_2749-2_pt

210平米と大きなマンションなので、複数の工程が同時進行しています。一番奥の部屋である主寝室は天井の塗装は終わっていますが、壁はボードの目地をパテで埋めて塗装下地を作っている段階です。

dsc_2750_pt

天井廻りのモールディングの塗装は終わっています。本当はモールディングはOP系のツヤのある塗料で塗った方がきれいなのですが、こちら元麻布I邸では、揮発性物質に注意しているので、ツヤのない水性塗料を使って貰っています。

dsc_2743_pt

ユーティリティーでは、ちょうど塗装屋さんが2度目のパテ処理をしているところでした。

dsc_2753_pt

リビングの窓際では、スタッフの前田君が現場監督の神成さんと窓際の大理石の納まりを打合せしていました。

dsc_2772_pt

そのすぐ横のベランダに面した大きな窓サッシ枠の手前に、プリーツ網戸を収める付け枠が取りついていました。こちらも塗装して仕上げる予定です。

dsc_3018_pt

こちらはその二日後に伺った際の様子ですが、キッチンはすっかり組み上がって、完全に養生されていました。

dsc_3012_pt

ダイニング側から見ても、シンクカウンターが組み上がっています。

dsc_3021_pt

キッチン内部から両側のカウンターを見ると、このように右側ガスレンジカウンターは濃灰で、左側シンクカウンターは白とコントラストが付いたキッチンとなりました。

dsc_3023_pt

先ほど下地パテ処理をしていたユーティリティーは塗装が終わって、洗濯機横の収納と吊戸が取り付けられています。

r5552078_pt

玄関廊下と書庫廊下の見切りとして、焼き付け塗装でお願いしたスチールの薄枠も付きました。同じ廊下でも、角を曲がる度に色のイメージが変わってくるので、それを見切るための工夫です。

r5551999_pt

AVステレオシステムの構築も迫ってきたので、テレビとステレオ、電動カーテンと照明の調光を連動するシステムをお願いしているB&O六本木店(オーラス)の阿南さんに来てもらい、配線のための配管がきちんと入っているかをチェックして貰いました。

r5552002_pt

ステレオシステムは、リビングダイニング単独ではなく、書斎と主寝室もネットワークで組み込むことで、どの部屋でも好きな音楽をシームレスに聞くことができるようにする予定です。こちらはNAS(音楽のサーバー的な機器)とネットワークプレヤー(NASからの信号をアンプへ送り出す機器)を置く書斎での調査の様子です。

 

 

タグ

2016年10月07日 | 元麻布I邸 オーダーキッチンの組立て はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

既存造作棚の横に取り付ける造作家具について

リフォーム工事進行中の千代田区一番町A邸の現場に、造作家具の第一陣が搬入され、取付けが始まるとのことで見学してきました。

dsc_3284_pt

今回取り付ける家具は、ほぼ全て既存の造作家具やキッチンなどの隣に、サイズや扉デザインを揃えながら取り付ける、面倒な作業でした。難しい造作家具の組立てや、面倒な建具の吊り込みでお世話になっている根津さんが扱っているのは、既存キッチンの横に取り付けるトール収納です。

dsc_3296_pt

このように既存キッチンの扉を外したユニットの横に下台を設置し、その後先ほどの写真の背の高い家具を乗せてゆきます。新しく作った壁に沿わせて組み立てる造作家具は、周りの壁の垂直や床の水平性の精度が高く信頼がおけるのですが、既存家具の隣となると、経年変化などで歪んでいることも多いので、細かい調整作業が大変なのです。

dsc_3294_pt

この写真でも、扉が5枚の普通の靴収納のように見えますが、一番奥の灰色に見える扉は、新しく作って貰った箱と扉です。こちらは既存収納の枠形状がちょっと変わったつくりになっているので、それも合せた形で追加して貰っています。古い扉は取っ手を取り外して、全面にダイノックシートを貼って、全体を一体化させて見せる予定です。

dsc_3287_pt

こちらは、現場を見ていて急きょ追加変更して付けて貰うことになった照明ボックスです。天井高さを稼ぐために、50センチ近くの段差がある折り上げ天井ですが、この部分にはダウンライトを埋め込むことができないことと、アゴを作って間接照明を作るとコストが掛かるので、このようなブリッジ状の照明ボックスを渡して、下向けにはレールと照明を、上部に向かっては間接照明を作って、上下共に照らす作戦です。

dsc_3299_pt

洗面カウンターを設置する予定の壁には、吊戸棚を固定するための下地工事が行われていました。

dsc_3297_pt

玄関ホールからリビングに入る建具は、大きな鉄製サッシを入れる予定ですが、そのための床掘り込みのフロアヒンジも取りついていました。第二陣の造作家具は、またしばらく経ってからの工事になりそうですが、そちらでもちょっと凝った家具をデザインしているので、完成が待ち遠しいです。

 

タグ

2016年10月04日 | 既存造作棚の横に取り付ける造作家具について はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

家族用内玄関(通り抜けSIC)のある青山P邸

青山P邸リノベーション工事の現場が進んでいます。

dsc_2461_pt

現場の打ち合せテーブルで打合せ中のスタイル・イズ・スティル・リビングの齋藤さんとうちのスタッフの竹田さんです。マンション1階部分ですが、庭の樹木越しに差し込んでくる自然光がきれいな空間です。

dsc_2441_pt

床フローリングは完全に養生されてしまいましたが、リビングダイニング部分のボード張りは、ほぼ終わっています。

dsc_2446_pt

玄関から廊下へと続く部分の天井はまだ仕上がっていませんが、カラーガラスやタイル、大理石を張る下地はきちんと作られていました。玄関タタキ部分の床が黒く見えますが…

dsc_2444_pt

大理石を貼るための下地モルタルが塗られたばかりでした。変形の玄関タタキに見えますが、実は来客用の玄関ホールと、家族や子供が普段使う家族用玄関を分けているのです。

青山P邸玄関スケッチ

こちらも平面図を見て頂くと判りやすいのですが、緑色が大人と来客用の動線で、紫色が家族と子どもの動線になります。通り抜けSICとある場所が家族用内玄関で、大きなシューズ・イン・クローゼットとコート掛けに沓脱スペースが合わさった空間となっています。

dsc_2457_pt

こちらは来客用トイレの内部です。排水管の設置位置が床下のコンクリート段差で決まってしまっているので、トイレの背面から排水管を抜いて、壁を廻して洗面カウンター下まで延長する計画となっています。

dsc_2666_pt

こちらは後日ですが、玄関ホールの天井ボードも張られました。正面左側が来客用トイレボックスとなっていますが、その手前を左に曲がると…

dsc_2667_pt

このようにリビングへとアプローチできる動線となっています。来客用トイレボックスの壁に金属の見切り線が入っていますが、こちらには両袖までガラスの扉が取りつく予定で、その壁はグリジオ・ビリエミの大理石が貼られることになっています。

青山P邸玄関詳細スケッチ

この玄関ホール廻りには、多種多様な仕上げ材が混在して、その収まりが複雑なので、このようなディテールスケッチを竹田さんが書いて、SISLの齋藤さんと打ち合わせをしてくれました。

dsc_2679_pt

平面だけでなく、立面的にも幅木が壁とフラットに収まったり、

dsc_2682_pt

更にそこに引き込み扉が入ってきたりと、仕上がりをきれいに見せるために、細かい納まりをお願いしています。

dsc_2687_pt

この日には、大工さんが取り付けてくれる主寝室の書斎テーブルもきちんと取り付けられていました。

r0058152_pt

ちょうどこの日に現地に寄ってくださったお客さまのPさまと庭のウッドデッキとフェンスをどうするかの打ち合わせをさせて頂きました。見えにくいですが、外の樹木の足元にスノコ状の板が立て掛けられていますが、こちらは現場で用意してくれたフェンスを目隠しするための板のデザインです。残念ながら不採用となってしまいましたが、現場で作ってくれたことで判断ができて、とても助かりました。

青山P邸キッチン図

後は、以前にSISLがメールで送ってくれていたキッチンや家具等の制作図のチェックバックした箇所についても、打ち合わせをさせて貰いました。

 

 

 

タグ

2016年10月03日 | 家族用内玄関(通り抜けSIC)のある青山P邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 青山P邸

玄関ホール床のライムストーン張り@元麻布I邸

工事が進んできた元麻布I邸の現場で、玄関ホール床のライムストーン・モカクリーム張りが始まりました。

r5551803_pt

マンションの床に石を敷く場合、二通りの工法があります。一つは遮音性能を確保した二重床を作り、その上に接着剤を使って張ってゆく方法で、もう一つがセメントを混ぜた砂(バサモルタル)を敷き込んでそこにセメントペースト入りの水(ノロ)を掛けながら張ってゆく方法です。

r5551786_pt

最初の方法は遮音性能が確保されたうえ、接着剤を使っているので、施工スピードは早くなりますが、二重床の性能的に揺れてしまうので、石同志の目地部分は動きに追従するシールで納めることになります。写真は、玄関ホールに運ばれた大判のモカクリームです。

r5551806_pt

今回は、元々の玄関ホールと同じ施工方法ということで、後者のバサモルタルを使っての施工となりました。こちらの方が、沈み込みがないので、目地を極限まで細くすることが可能で、今回はほぼ突きつけで敷き込んでもらいました。大きな面積を、下地から作ってゆく必要があるので、時間も掛かりますし、赤いレーザーの線が見えていますが、この線に沿ってフラットに納めてゆくのは熟練の技が必要になります。

dsc_2474_pt

玄関ホールは、ライムストーン張りの為に封鎖してしまうと、他の工事が進められなくなってしまうので、今回は廊下幅が広いことを利用して、入って正面に向かって右半分から張り始めて、そちらが終わってから左半分を敷く方法で進めてくれたようです。

r5551798_pt

同じタイミングでキッチンの床には大理石調タイルが張り始められました。

dsc_2467_pt

こちらは二重床上に接着剤を使って張ってゆくのでスピードが早く、一日でこれだけの面積を張り上げることができたそうです。

dsc_2491_pt

ちょうどキッチン奥の窓から自然光が入ってきて、ツヤのある仕上げのタイルなので、少しでも歪んでいると目立つので、不陸調整が一番大変だったとのことでした。

dsc_1939_pt

日程が前後しますが、工事工程の半分を超えて、もうすぐ仕上げ工事が始まる段階での現場の様子です。ダイニングからキッチン側を見ているアングルですが、キッチンを開閉できる建具の枠が取りつき、天井も最初の一層目の石膏ボードが張られ、二枚目が重ねられ始めています。

dsc_1936_pt

キッチンに立ってリビングダイニングを見返すとこのようになっています。まだ、LGSを立て始めた頃からそれほど進んでいないように見えますが…

dsc_1959_pt

この写真で、壁タイル上部に細くて白いレールのようなものが付いているのが見えるでしょうか。これはピクチャーレールなのですが、こういった細かい作業を進めて貰っていたので、大きな構成が変わっていないように見えるだけで、実際には工事が着実に進んでいるのです。

r0058056_pt

こちらが、大工の蓮池さんがピクチャーレールの固定作業を進めてくれている様子です。

dsc_1932_pt

こちらは主寝室ですが、こちらも壁際で天井に近い個所にピクチャーレールが取り付けられています。

r5551808_pt

主寝室には、このようなモールディングが取りつくので、その高さに事前に合わせた位置にピクチャーレールが取り付けられていたのです。

dsc_2479_pt

こちらは書斎コーナーですが、壁のクロス張りの個所に、クロスがのっぺりと見えないように目地が4本埋め込まれています。

r5551766_pt

幅木も既に取り付けられていますが、コンセントを幅木の中に収める計画なので、幅木をこのようにくり抜いて貰う作業も進めて貰っています。

dsc_2478_pt

そうこうしているうちに、ユーティリティースペースの床の大理石調タイルが張られ、

dsc_2475_pt

来客用トイレの壁と床には、フィアンドレ社の大判スタトゥアーリオ柄タイルも張られていました。

r5551812_pt

お施主さまのIさまご夫妻も、頻繁に現場に足を運んでくださっています。リビングのTVコーナーにて、スピーカーの位置を確認して頂きました。

r5551831_pt

主寝室では、ちょうど天井廻りのモールディングが張り終わったので、その様子を見て頂きました。

r0058103_pt

こちらは、玄関ホールからリビングに入る個所に設置予定のレザー張り建具のデザインとサンプルを確認して頂いている様子です。

dsc_1931_pt

プライベート廊下の幅と既存建具を再利用した枠部分も確認して頂きました。

r5551778_pt

現地には第一陣の造作家具の箱も運ばれていましたので、これから造作家具の組立ても順次始まってゆく予定です。因みに、こちらの家具は、洗面カウンター家具のボックス類です。

タグ

2016年09月30日 | 玄関ホール床のライムストーン張り@元麻布I邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸