Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

三田M邸リフォームの経緯と顛末-3

三田M邸

色々な経緯があって工事着工から再スタートまで時間が掛かってしまった三田M邸ですが、造作家具の取り付けがひと段落したとのことで、担当の神崎さんと一緒に現場に行ってきました。

こちらが無事取り付け工事が終わったキッチンです。角度のある壁や梁の凹凸もうまく収めてくれたようで、ホッといたしました。

キッチン背面収納です。こちらも出っ張った張りに合わせて、パネルを張って貰ったのですが、ピッタリとはまっていました。

リビング奥の出っ張った変形コーナーの書斎家具も、うまく角度を調整して、無駄なスペースなく使えるようになっていました。

その4日後が竣工検査でした。

暗くなってからMさまご夫妻が現場に検査に来てくださった際の様子です。お二人とも、ここまでの道のりがあまりに長く、紆余曲折があったので、とにかくきちんとした形に仕上がったことを何より喜んでくださいました。

奥さまのこだわりのキッチンは、僕らがアドバイスに入った時点で、すでにキャビネットを作り終わっていたので、細かい点では不備もありましたが、全体としてはうまく使えそう打とのことで、奥さまもホッとしていらっしゃるようでした。

書斎コーナーでは、具体的にどこにファクスを置いて、プリンターをどうレイアウトするかの話へと進んでいました。

僕らもとても気に入ったデザインの玄関横ベンチもきれいに仕上がっており、これは大いに使えそうだと喜んでくださっていました。
以下は、補修工事が終わった段階で撮影させて頂いた家具なし状態での竣工写真です。

検査時には間に合っていなかった、ゼブラウッド扉が玄関ホールとLDKの間に入り、空間の質もグッと一段階上がりました。

完成したキッチンです。今回は別途工事になりましたが、クッチーナの施工陣の頑張りで、きれいに収まりました。

玄関ホール側から見返したゼブラウッド突板の建具です。建具横のガラスからタイル越しに自然光が入って、明るさもあるスタイリッシュな空間になりました。

最後は、大理石調ボーダータイルを張ったトイレです。こじんまりとした空間ですが、奥さまの好きなテイストが詰まった空間で、こちらもとても喜んで頂きました。

最後にMさまご夫妻を挟んで記念撮影させて頂きました。右からリフォームキューの営業&設計の森井さん、技術&現場監督の神成さん、Mさまご夫妻、弊社でプロジェクト担当させて貰った新人の神崎さんと僕、各務です。

僕らにとっては、8か月程度のお手伝いで通常のリフォームと同じような期間でしたが、Mさまご夫妻からすると、その前の不動産購入から残念なことになってしまった前リフォーム会社との半年以上のやり取りが、その前にあったので、一年以上の月日を掛けての大プロジェクトとなってしまいました。本当にお疲れさまでした…。

トップライト付き玄関のあるマンションのリノベーション

西麻布N邸

西麻布N邸は、マンションの最上階住戸(ペントハウス)であることの特徴を最大限に活かしたお宅で、リノベーション前から玄関ホールには吹き抜け&トップライトがついていました(その他にもメゾネットになってることや、本物の暖炉がついていることも特徴)。その玄関ホールのリノベーション工事も進行しています。

写真右手が共用廊下からの玄関扉で、入った玄関ホールの直上がトップライトとなっています。玄関入って右手には(ちょうどこの写真の正面)キッチンへの勝手口と収納が並び、

入って正面にリビングへの両開きの扉が見え(今はまだ見えませんが)、左手には納戸への扉が来ます。扉はシャム柿の鏡面塗装で、床が大理石とタイル、壁が白の塗装壁と大理石、カラーガラス張り、造作家具の塗装と並び、トップライトからは、以前からお客さまお手持ちのガラス製照明TARAXACUM(フロス)を吊り下げる予定です。

リビング側から見返した玄関ホールです。大工さんがフロアヒンジの取り付けを行ってくれています。

床からの鉄筋に溶接固定されたフロアヒンジの様子です。

工事進行中のリビングダイニングから玄関ホールを見返しても、天窓からふんだんに光が注ぎ込んでいることが分かります。

先日来、ブログを書いてきたリフォームする暖炉も不燃のケイカル板(ケイ酸カルシウム板)が張られて、後は大理石や鉄製の箱が届くのを待つのみとなっています。

リビングダイニングの天井も、エアコンのブリーズライン(吹き出し&吸い込み口)やダウンライトの開口が開けられ、塗装屋さんが塗装下地作りのために石膏ボードの継ぎ目にテープを張り始めていました。

先日、金物屋さんと打ち合わせをしていた、壁の大理石張りの目地として使う真鍮材も現場に届いていました。

こちらがフラットな部分で使う目地材で、横に溶接しているカットアングルで壁に固定する考えです。

出隅のコーナーに使う真鍮は、打ち合わせ通りに変形の足を延ばして、壁固定することができそうです。

その他、現場にダイニング上に吊る大型ペンダント照明がアメリカから届いたので検品しました。

日本製の製品のように施工要領書や寸法などが記載されたディテール図もないので、早めに現品を取り寄せて、取り付け方法を研究する必要があります。

来客用トイレに張るガラス製タイルも届いたので、その張り方を現場監督の石山さんと打ち合わせをしました。

10枚でネット張りされているのですが、タイル同士の接合の様子を見て、どのように目地を詰めてゆくかを相談に乗って貰いました。

その他、お客さまご支給のIKEAの棚をご主人さま用のシャワー室手前、トイレ上に取り付けものを確認させて頂きました。

壁下地LGSと石膏ボード張り@平河町T邸

平河町T邸

リフォーム工事が進んできた平河町T邸の現場を見て参りました。

壁位置は移動して、仕上げ材も変更してゆきますが、なるべくコストパフォーマンスを意識して、使えるものは再利用してゆくスタンスでデザインしているので、工事が佳境に入っているはずなのに、なぜか静かで落ち着いたイメージがありました。

リビングの短辺側の奥には、ビルトインでテレビを収納する造作家具が来るので、壁下地も一部AV機器類を設置する箇所だけ奥行を変えています。収納するアンプからの排熱もあるので、壁下地の隙間を通して天井裏へと通気口を作って貰っています。

リビングダイニング側から玄関ホールを見返したアングルです。この間仕切壁はRC柱一本分ずらして、LDを広げています。両側に見えている柱型には大理石のトラバーチンを張る予定です。この箇所は天井をいじっていないので、工事現場らしさが薄くなっているのかもしれません…。

ダイニング部分の天井を見上げた写真です。照明器具も既存をなるべく再利用して、レイアウト位置だけを変更しているので、細かく孔の空け直しをして貰っています。

玄関ホール側からリビングダイニングを見たアングルです。木製の両開き扉を設置する予定ですが、木目を残した黒い塗装で、凹凸のある装飾をつけた重厚な扉&枠(ケーシング)とする予定なので、枠の両側には大理石を張って、ゲート型を強調するデザインとしています。

 

玄関ホールからプライベート空間へと続く廊下を見返しています。廊下の位置は変わっていませんが、トイレと収納のレイアウトを逆転させたり、分電盤を収納内部に動かしたりしているので、このエリアが一番リフォーム工事がされているのかもしれません。

広い主寝室側には、リビングからのテレビ収納が一部出っ張ってきています。この出っ張りに合わせて、造作本棚を作ってうまく隠すデザインとしています。

 

暖炉リフォーム進行中@西麻布N邸

西麻布N邸

先回のブログでマントルピース上の大理石の候補を選びましたが、そのご説明でサンプル持参でお客さまのご自宅(リフォーム完成までの仮住まい)に伺ってまいりました。

事前にお送りしたプレゼンテーション資料で、凡そは決めていらしたようですが、それぞれの石材とデザインに考え方を再度ご説明させて頂きました。

こちらの三枚がご持参した大理石の候補サンプルです。左上から時計回りにサボナ・ブラウン、ムルシア・ブラウン、ネロクラウンです。色々とご説明をいたしましたが、お二人の合致したご意見で、今回はムルシアブラウンに決定いたしました。

こちらは西麻布N邸の現場での暖炉改造工事の様子です。既存では、薪を燃やす箇所の周囲が2方向が壁で、2方向が空いていましたが、正面から見て右側に薪置き場を作るために、もう一枚壁を作っています。壁といっても薪が燃えて高温になるので、内側に耐火レンガを積み、その外側の下地もコンクリートブロックで壁を作って貰っています。

前田君が暖炉リフォームのために用意してくれたスケッチ平面図ですが、赤い線で描かれている部分が今回変えてゆく箇所になります。煙突部分も壁で囲んでしまうので、断熱材でしっかり巻いてもらっています。

炉内に積んだ耐火レンガで、

外側にコンクリートブロックを積んでもらっています。

ここまでは暖炉屋さんにお願いしていた工事ですが、ここからはリフォーム会社にお願いしている大理石のマントルピース壁や薪置き場を設置するためのLGS下地工事へと移ってゆきます。

その他の工事も進んでおります。こちらはリビングダイニングの壁や天井に埋め込む真鍮金物の取り付け方法を、現場監督の石山さんと金物屋さんと打ち合わせをしている様子です。

こちらでも前田君が用意しておいてくれたスケッチ図に書き込みながら、どのようなサイズの金物をどうやって固定してゆくかを決めてゆくことができました。

こちらでは洗面所と脱衣所の間に設けるステンレス鏡面仕上げの枠材の寸法確認をいたしました。施工側では安全側を見て、きちんとLGS下地を立てて枠を固定する考えで墨出ししてくれていましたが、それだと枠が大きくなってしまうだけでなく、洗濯機置き場も狭くなってしまうので、一面の壁はGLで薄く仕上げて貰い、さらにステンレス枠も小型にできるように現場で改変させて貰いました。

こちらはかつてのキッチン横の洗濯機置き場の壁裏PS(パイプスペース)にあった上下階を貫通している通気管の足元です。玄関ホールからリビングへ入る扉横のスペースに見えてくるので、当初は下地を作ったうえで曲がるボードを張って囲う予定でした。ただ、考えてみれば排水管のように音がするわけではなく、スペース的にも大きくしたくなかったので、そのまま露出して塗装で仕上げることにいたしました。

床にはタイルを張るので、タイルをカットする為の原寸型紙を作っておきました。

最後のおまけは、お客さまのご自宅での打ち合わせの際に、お子さまとの打合せの様子です。壁紙は世界地図の柄となり、床のタイルカーペットは色味と踏み心地から青いものに決定してもらいました。

三田M邸リフォームの経緯と顛末-2

三田M邸

先日のブログ記事で、途中まで工事が進んでいたお宅のデザインアドバイスと、当初の施工店を変更してこちらがご紹介したリフォーム会社にお願いすることになるまでの経緯を書いた三田M邸の続きです。

リフォームキューには見積りをお願いするだけでなく、ここまである程度進んでしまったD社の下地工事からどこを引き継いで、どこからやり直すかを綿密に打ち合わせをしてゆきました。クッチーナでお願いしてるオーダーキッチンは、すでにD社経由で発注と最初にお支払いの振り込みも済んでしまっていたので、この部分についてはD社経由で進めることになり、後は床下と天井裏に隠れてしまっている給排水配管や電気配線についても、D社の工事を信用して、その先から進めることになりました(キッチン以外は下地も全てやり替えて配管や配線もやり直すオプションもあったのですが、工事費用が二重払いになってしまうことやスケジュール的にも相当時間が掛かるので、このような判断となりました)。

引き継ぎ工事があると、完成後の保証や修理の問題があることをご説明して、ご納得をしていただいた上で、工事が始まりました。

既存の壁を使いながら、引き戸の枠とポケットを作り、その上にクロスパネル用に目地が入った下地を張ってゆく作業です。床に並んでいる細長い板は…、

クロスの色に合わせて塗装してもらった巾木でした。

新規壁については、当然ながら墨出しも改めてやり直して、作って貰っています。

梁下に合わせて建具やキッチン、壁目地等を入れていたので、それらのレベル調整も厳密に進めて貰いました。

角度が変形している水回り部分も枠なし引き込み扉と枠付きの開き扉がバッティングしてしまう箇所ですが、体がまわる寸法を検討しながら、ギリギリの寸法で納めて貰いました。

リビングの一角に書斎コーナーを作る予定となっております。このエリアはクロスではなく、ウォールナットの造作家具で囲む予定となっています。こちらも変形で角度が難しいので、造作家具屋さんに現地でキチンと寸法を測って施工図を作って貰う予定です。

当初の施工会社が、どのように施工すればよいのか分からないと困っていた、玄関回りも下地が出来上がってきました。

靴の脱ぎ履きと季節の設えを飾れるベンチ兼飾り棚には、手すりとして使える丸棒を取り付けて貰い、背面の壁を曲げベニヤでカーブ状に仕上げて貰いました。下部はオープンにして、ブーツや日常使いの履物を隠せるスペースとしています。

その2週間後にはキッチンの組み立てが始まっていました。

ダイニング側は収納の付いたハイ・カウンターで、その奥にU字型のキッチンが入ってきます。また、写真右奥の壁側には、柱型とその横に入る冷蔵庫を挟んで二つの壁面収納が入るレイアウトとなっています。

キッチン内側に入ってダイニング側を見た様子です。壁が斜めになっている箇所があり、取り付けの職人さんたちも苦労していました。

左側の壁面収納は、柱面にも扉と同材のパネルを作って貰い、仕上がると一体に見えるようにデザインしています。

壁や床のタイル張りも進んでいました。こちらは玄関ホールからリビングに入るアプローチ部分の壁で、アドヴァンで選んで頂いたタイル(リソルサタウペ)が張られていました。同じ柄で、ツヤがあるものとないものが玄関ホールの床とタタキ部分に張られてゆきます。

トイレの壁にも同じアドヴァンで選んだボーダー状のホワイトエクスペリエンスが張られていました。奥さまがこのタイルの風合いをとても気に入ってくださっていたので、喜んで頂けそうです。

 

 

 

 

 

 

 

アムスタイルでのキッチン打ち合わせ@港区R邸

港区R邸

リノベーション計画が進んでいる港区R邸のキッチンの打ち合わせで、Rさまの奥さまと高級オーダーキッチンのアムスタイル代官山ショールームを訪問しました。

弊社、カガミ建築計画ではアムスタイルさんには年平均で2~3台のキッチンをお願いしており、それなりの頻度でショールームを訪問しているのですが、新しい素材や金物等についてとても勉強熱心な会社なので、行く度に大なり小なりリニューアルされて、毎回新鮮な気持ちで打ち合わせをすることができます。

今回は、僕が扉を開けている背面収納は以前と同じでしたが、お客さまとアムスタイルの担当桑原さんが立っている手前のアイランドカウンタが新設されていました。特殊な金属塗装の扉や、セラミックカウンターを内部にまで立下げたシンクの形状がユニークな発想でした。

Rさまの奥さまは、これまでにお住まいだったマンションを新築でご購入なさったときに、オプションでキッチン打ち合わせをしたことがあったそうですが、今回のような大規模リフォームですべてを刷新するのは初めてとのことで、アムスタイルの最新設備や収納の新しい考え方などを桑原さんに説明して回ってもらいました。

昔の外国人仕様の住宅で良くお目に掛っていた2槽式のダブルシンクをアムスタイルでは新しいデザインで再生しているのですが、奥さまはこちらに興味を持ってくださいました。

今回が初めてのキッチンショールームでのお打合せでしたので、僕らが素案として作っていたキッチンレイアウト案を桑原さんがブラッシュアップしておいてくれた図面をベースに一通りの設備、収納までザっと考えて、概算見積りをお願いすることになりました。

2週間ほどで概算見積りが出てきたので、再度奥さまとご一緒にアムスタイルSRに伺ってきました。

先回気に入っていらした、ダブルボウルのシンクについては、シンクが2つに分かれていることで一つ一つのシンクはが小さくなってしまうことや、お掃除の面倒なこと、洗い桶をうまく使えば似たような使い勝手になることをご説明したところ、大き目のシングルボウルでも構わないとのお話になりました。

また、リビングダイニング側からシンクカウンターが丸見えになるのは、抵抗感があるとのことでしたので、2段カウンターにすることが決まっておりましたが、その2段カウンターの段差の高さをどのくらいにするかを、リフォームキューの営業&設計担当の坂本さんにも手伝いって貰って、寸法を出してもらいました。

LDKに使う床の大理石素材が決まってきたことを受けて、カウンター材や扉の素材もどのようにすべきかをご相談させて頂きました。

白系の大理石のアラベスカートやビアンコカラーラのようなイメージがお好きだとのことで、桑原さんに集めておいてもらった素材です。天然の大理石がきれいですが、どんなにコーティングをしても酸や熱で変色してしまうので、セラミックやタイルで白大理石を再現した素材を改めて探してもらうことになりました。

リビングやダイニングのように、ご主人さまからは仕上がった際の様子をCGでも確認しておきたいとのことでしたので、アムスタイルに特別にお願いして3Dコンピューターグラフィックスを作って貰ったのが以下の2点です(超特急でお願いしましたが、3週間ほどの時間が掛かりました)。

こちらがダイニング側から見たキッチンイメージです。手前の天然大理石の2段カウンターでシンクの手元が隠れているのが判ると思います。

こちらが通路側から長手方向に見たキッチンCGです。因みに、僕らがお願いしているCG屋さんはアムスタイルに紹介してもらった会社なので、キッチン以外の箇所の作りこみや映り込みもきちんと反映されています。
このCGでほぼご夫妻のOKサインを頂くことができたので、

ページトップへ戻る