「代官山T邸」のアーカイブ

雑誌「I’m home」に高級マンションリフォーム事例掲載

これまで長い間片思いで、憧れ続けてきたインテリア雑誌「I’m home」(商店建築社)に代官山T邸が掲載されました。

R0052634

実はこれまでも幾つかのプロジェクトの写真を送って、掲載して貰えないかを打診してきましたが、尽く討死(?)してきた経緯があります。今年の3月頃に、I’m homeの角田編集長から直々に電話があって、マンションリノベーション特集に掲載できそうな事例がないかと問い合わせがあった際は、夢かと大喜びいたしました。

R0052635

今年の5月にお施主さまの予定を確認して、ほぼ丸一日(朝9時から夕方4時まで)掛けて、撮影と取材が行われました。ミノッティ、モルテーニ、フロス、ベッキオ・エ・ヌーボなどのハイエンド家具・設備の細かいディテールの表情まできれいに撮影して貰いました。

DSC_2364

この写真は、ナカサ&パートナーズのカメラマンが撮影している合間に、似たようなアングルで撮影させて貰った自分の写真です。いつもは照明をほぼ全開にして撮影していましたが、プロのカメラマンがほとんど照明を付けずに自然光で撮影している様子には驚かされました…。

R0052636

僕が撮った写真と如何に違うかが、如実に判ってしまいますね。室内をこれだけしっかり映しながら、屋外の緑も撮れているのは、露光を変えて2枚撮影して、後で合成しているのかもしれません…。

R0052637

全部で9ページに渡る取り上げ方で、全ての写真が美しく、そして十数年前に幾度か取材をしてもらった建築ライターの井上雅義さんに取材・執筆して貰った文章も読み応えがあり、とても充実した掲載となっています。

R0052638

雑誌「I’m home」のファンだったお施主さまからも、発売当日にご連絡があり、カッコ良い掲載にとても喜んでくださいました。

R0052639

こちらが今月発売になった最新号の表紙です。「既存空間を活かしたリノベーション」の特集とのことで、他には僕らが目標としている建築家の横堀建築設計事務所の横堀さんとコマタトモコさん、インテリア界の巨匠(?)グエナエル・ニコラさん、いつも研究しているUTIDEの斉藤さん、端正なデザインが美しい関デザインスタジオの作品と並べて掲載されています。
まずは今回取り上げてくださった角田編集長、素晴らしい文章を書いてくださった井上さん、ありがとうございます。そして、取材撮影に全面的に協力してくださったNさまご夫妻、本当にありがとうございました!
是非、本屋で見かけた際には手に取ってご覧ください。

タグ

2015年07月16日 | 雑誌「I’m home」に高級マンションリフォーム事例掲載 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 代官山T邸

雑誌「都心に住む」 表紙掲載&2号連続掲載

これまで幾度かお手伝いしたマンションリフォーム事例を掲載して貰ってきた雑誌「都心に住む」(リクルート社)ですが、今回初めて表紙に事例写真を掲載して貰いました!昨年6月に完成していた目白Y邸です。

R0051400_pt

それも、都心に住むでは珍しい「新築か中古リノベか」というリフォーム&リノベーションの特集号です。雑誌の広告が新築分譲マンション主体なので、営業的には新築マンションの方が優れていると書きたいところでしょうが、中古マンション購入&リノベーションという流れが大きくなってきているので、無視できなくなっているのではないでしょうか…。

R0051401_pt

取材時の様子もブログで紹介しておりますが、編集部の江原さんもライターの長谷井さんもカメラマンの相馬さんも揃って、「気持ちいい!」と褒めてくださった空間でした。築浅で購入した中古マンションをあまり手を入れずにリノベーションした事例の代表として紹介されています。

R0051402_pt

こちらはご紹介が遅くなりましたが、先月号の都心に住むです。表紙の左側に小さく「閑静な街に暮らす 欲しかったのは低層マンション」というミニ特集で、代官山T邸が紹介されました。これで2号連続での掲載です。

R0051404_pt

都心に住むで2度も取材して頂いていますが、第一回目の取材時第二回目の様子です。巻頭特集ではないので、後ろの方のページで、自分で探しても簡単には見つからない目立たない記事ですが、どうぞ本屋さんで手に取ってお探しください。

 

 

No tags for this post.

2015年04月13日 | 雑誌「都心に住む」 表紙掲載&2号連続掲載 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム リフォームデザインアドバイス 代官山T邸 目白Y邸

雑誌「都心に住む」の取材・撮影@代官山T邸

リクルート社の雑誌「都心に住む」の取材撮影で代官山T邸にほぼ一年ぶりにお邪魔して参りました。

DSC_0655_pt

相変わらずとてもきれいにしていらっしゃるTさまのお宅です。昨年も一度取材&撮影を受けていましたが、今回は前回と特集の趣旨が違って、「閑静な街暮らす 欲しかったのは低層マンション」というタイトルで、低層ならではの魅力を伺いたいとのことで、再訪させて頂きました。
因みに先回の取材では「閑静に住む都心の住宅街」という特集でした。

DSC_0642_pt

以前も取材に立ち会ってくれた都心に住む編集部の江原さんが、ライターの富山さんとカメラマンの柴田さんを案内して、どこの空間をどのように撮影するかを指示してくれました。

DSC_0640_pt

その間に、照明器具で具合が悪いものが幾つかあるとのお話を事前に伺っていたので、施工を担当したリフォームキューの岩波さんとうちのスタッフの竹田さんにお施主さまがどの箇所がどう具合が悪いのかをご説明してくださいました。

DSC_0646_pt

お施主さまも取材撮影が2度目で馴れていらっしゃるので、先に低層の魅力を語って頂いてから、すぐに撮影に取り掛かってもらいました。

DSC_0641_pt

自分たちで設計しておいてナンですが、何度伺ってもカッコ良い空間で、ホレボレしてしまいます。特にこの黒檀の特注建具とバサルティーナの壁の相性はスタイリッシュです!

タグ

2015年02月20日 | 雑誌「都心に住む」の取材・撮影@代官山T邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 代官山T邸

半年点検@代官山T邸

昨夏にマンションリフォームで竣工お引渡しをした代官山T邸に半年点検で伺って参りました。実は、現在工事中の南平台N邸のお施主さまは、Tさまからのご紹介で、場所もすぐ近くなので、Nさまの工事が終わる前であれば、施工側の補修工事もしやすいのでこのタイミングで点検させて頂きました。

140312hantoshitenken@daikanyamaT-1

いつ伺っても本当にきれいにしていらっしゃるTさまのお宅です。事前に気になるところをTさまにチェックして頂いていたので、比較的スムーズに点検を行うことができました。

140312hantoshitenken@daikanyamaT-2

最も多かった問題は、塗装のヒビとハゲで、それらに関しては、塗装屋さんが同色のペンキをTさまにお渡ししてあったので、それを使ってタッチアップすることになりました。廊下はダウンライトの電球が切れていたので、後日電球を購入して(購入費用は別途です)、交換する方法をお伝えさせて頂きました。

140312hantoshitenken@daikanyamaT-4

浴室の扉は、先回のリフォームでは触っていない部分でしたが、ガラスの下端についているゴムの水除け部分がゆるんでしまっているとのことでした。こちらは別費用となりますが、施工をお願いしていたリフォームキューに用意して貰って交換することとなりました。

140312hantoshitenken@daikanyamaT-3

寝室は、後で納入したミノッティの皮張りのラウンジチェアとオットマンのコーティングがなされていないので、そちらをお勧めいたしました。

140312hantoshitenken@daikanyamaT-5

本日はTさまがご不在で奥さまにご対応頂きましたが、こちらの点検補修よりも、話題はもっぱら工事中の南平台N邸の状況についてで、奥さまも完成した際に見学させて貰うことが楽しみだと仰ってくださいました。

 

 

 

タグ

2014年03月03日 | 半年点検@代官山T邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 代官山T邸

チルウィッチの玄関マット搬入@代官山T邸

昨夏に竣工お引渡しをした高級マンションリフォーム・代官山T邸に、幾つかの追加家具や小物の搬入に立ち会って参りました。

140115genkan_rug-1

玄関のどこで靴を脱げばよいのかが判らない、ベージュの大理石の玄関・玄関ホールだったので、沓脱線が判るようにしてほしいとのご依頼がありました。代官山T邸のクールな雰囲気にマッチして、かつ写真には写っていませんが、右手にシューズ・イン・クローゼットの外開きの扉が引きずらない薄手のマットを探して、チルウィッチ社のビニール繊維を編み込んだマットにたどり着きました。石の目地に合せて、特注サイズの1600×1000で、更に裏地に罰金具材を付けて、滑らない加工をして貰ったので、時間が掛かってしまいました。お願いしたのは、お付き合いのあるインテリア建材取扱いのIOTA(イオタ)の赤尾さんにお願いいたしました。

140115genkan_rug-2

ミノッティのソファにピッタリの差し込み式のコーヒーテーブルは、当初このウォールナット突板仕上げの製品がなかったので、発売されるという情報を貰っていたので、発売を待ってお願いいたしました。黒い金属製の脚と天然突板の木目がとてもシックな雰囲気でした。

140115genkan_rug-3

お使いになっている寝室は、どこに追加の家具を入れたのか判りにくいですが…。黒いミノッティ社のイェンセン(JENSEN)チェアの手前に置かれたオットマンが今回搬入した家具です。
いつ伺っても、とてもきれいに暮らしていらっしゃるTさまのお宅で、お茶も頂いてしまいました。どうもありがとうございました。

タグ

2014年01月15日 | チルウィッチの玄関マット搬入@代官山T邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 代官山T邸

「驚異のリフォーム&リノベーション」本 新装増刷!

昨年5月に発売になった中西ヒロツグさんとの共著「驚異のリフォーム&リノベーション」(エクスナレッジ社)が販売好調とのことで、装いも新たに増刷されることになりました。

kr_cover_b.indd

こちらが最新版・驚異のリフォーム&リノベーションの新しい表紙です。中西さんと僕らの二つの事務所のリフォーム&リノベーション事例を題材にしているので、コストを強く意識した物から費用を掛けてリッチに仕上げたもの、細かいディテールから全体のスケルトンリフォームまでと多様な内容を含んでいるので、それを表紙で見せるような構成となっています。

131210RRT-2

ディテールのページでは、品川区Y邸の造作家具も大きな写真入りで紹介しています。

131210RRT-3

僕たちらしくないとの評判の代官山T邸の玄関ホールの黒檀の建具廻りのディテールも大きく載せています。

131210RRT-4

本文も大きく構成を変えて、新しい内容を付け加えてより詳細に、そして写真は全てカラーになりより見やすくなっております。以前ご購入いただいた方には大変申し訳ありませんが、価格も2400円と安くなっております。リフォーム・リノベーションを設計・施工したいプロの方、リフォームの事を詳しく知りたい(マニアックな?)お施主さまにも好評の本ですので、どうぞご購入頂ければ幸いです。

 

タグ

2013年12月09日 | 「驚異のリフォーム&リノベーション」本 新装増刷! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 代官山T邸 品川区Y邸