「新規プロジェクト」のアーカイブ

新規プロジェクト:青山P邸の物件購入のお手伝い

新しいプロジェクトがスタートすることになりました。以前からお付き合いのあるPさまから、青山エリアでリノベーションを前提として中古マンションを購入したいとのご相談を頂きました。

DSC_8913_pt

最初は、幾つかの候補をネットや不動産広告の情報で絞って、最終的に良さそうだとのことで、不動産仲介担当者の案内のもと築年数30年で、広さが約150平米のこのマンションの内覧にPさまと一緒に立ち会わせさせて頂きました。

DSC_8918_pt

3寝室で、大きなキッチンもあり、収納量も十分にあるのですが、150平米の広さが実感しにくい間取りになっていました。このキッチンもとても広いのですが、写真正面に空いているダイニング側への開口も小さく、このままでは使えないだろうとの話になりました。

DSC_8922_pt

玄関も大理石ビアンコ・カラーラをタタキに張っているのですが、やはり窮屈で広さが感じれらえません…。

DSC_8927_pt

洗面と浴室は、古びた感じで、新築マンションのショールームと見比べると、相当に見劣りしてしまいます。

DSC_8929_pt

浴室は在来工法の浴室で、タイルをふんだんに使っていますが、デザインが何とも古めかしかったです。

リフォームアイデア

内覧時のコメントはお伝えしたうえで、翌日には不動産会社から貰った平面図にそれらの欠点を解消しつつ、庭付きの部屋の魅力を引き出せそうなリノベーションプランを作ってみました。予算的なこともあるので、キッチンと洗面+浴室はお化粧直し程度の案となっています。

ライブラリーコーナースケッチ

LDKのスペースが整形でなく、凹凸が多くあるので、その一つの凹みをライブラリーコーナーのように仕上げるアイデアをスケッチに描いてみたものです。
その後、プランは概ね気に入ったとのことで、購入を前提に、再度不動産会社と僕らがご紹介したリフォーム会社、スタイル・イズ・スティル・リビング(以下、SISL)齋藤さんにも立ち会って貰い、再度調査を兼ねた内覧をさせて頂きました。

DSC_0292_pt

お施主さまのPさま、不動産仲介担当者の立ち会いのもと、SISLの齋藤さんと荒井さんに現地を確認して貰いました。

R0056658_pt

浴室の全面交換やキッチントイレ等の排水が絡む設備の移設については、こちらが図面や現地調査で事前確認していましたが、やはり施工側としても再度確認したいとのことで、浴室のトラップの位置などを慎重に見てくれました。

DSC_0289_pt

当初、Pさまにお見せしたインテリアイメージが概ね気に入って頂けていたので、それらをより具体化するために、手持ちの素材サンプルをお持ちして、現地に並べてみました。

R0056746_pt

Pさまとしては、あまりダークな色合いにすると、暗く感じてしまうので、もう少し明るくて、華やかさのある素材である、大理石なども使ってくれないかとのリクエストがありました。
リフォームとしては、LDKと玄関をリノベーションするのが基本形のA案として、そこに洗面と浴室、ユーティリティーまで加えたB案、さらに各寝室を加えた全面リノベーションのC案として、それらの概算をお願いすることになりました。

 

 

 

 

タグ

2016年06月03日 | 新規プロジェクト:青山P邸の物件購入のお手伝い はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 新規プロジェクト 青山P邸

千代田区一番町のビンテージマンションリフォームプロジェクト

新しいプロジェクトがスタートいたします。千代田区一番町のホーマットシリーズマンション、180平米のリフォームです。

LDKイメージスケッチ

ホーマットならではのビンテージ感を、よりスタイリッシュにカッコよく仕上げて貰いたいとのお施主さまのご依頼で、デザイン提案をしてきました。デザインの方向性と、リフォームキューに依頼していた概算見積りの金額が概ね大丈夫とのことで、先日お施主さまからGOサインが出ました。

DSC_1428

実は、こちらのプロジェクトは、お施主さまの不動産探しからお手伝いしておりました。写真はわざとボカシを入れておりますが、以前の持ち主の方が売りに出されたときに内覧に同行した際のリビングダイニングの写真です。

DSC_1459_pt

こちらが玄関回りの様子です。幾つか候補となる同じエリア内のマンションを拝見させて頂きましたが、ちょうど同じマンションでリフォームのお手伝いをしたことがあったこともあり、リフォーム工事の施工上の問題点や費用についても見当がついたことも、中古マンション物件購入アドバイスの役に立ったようです。

リフォームプラン

リビングダイニングキッチンと玄関、そして水回りのリフォーム案をざっくり纏めたスケッチです。今回はこれと仕上げ表と展開スケッチでリフォームキューに概算見積りを依頼しておりました。

展開図スケッチ

担当スタッフの前田君にCADで起こしてもらった展開図に、ラフにデザインや素材を描き込んで、見積りができるように工夫した展開スケッチ図です。

DSC_1448_pt

現状のキッチンはリビングからもダイニングからも閉じた孤立したキッチンだったので、これをどのようにオープンにするかが大きな問題です。床が直仕上げで、ガスや給水・給湯・排水がスラブ下(下階の天井裏)配管のマンションなので、設備をどう通すかを考えながらキッチンデザインも煮詰めてゆく予定です。

 

 

タグ

2015年06月15日 | 千代田区一番町のビンテージマンションリフォームプロジェクト はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 千代田区一番町Y邸 新規プロジェクト

青山I邸リノベーションプロジェクト

青山の高級マンションをご購入なさったIさまからリノベーションのご相談頂きました。Iさまとは、Iさまのお嬢さまを通じての長い知り合いで、20年近くのお付き合いになります。今回のプロジェクトは特別な事情があるとのことでした…。
実はこちらのマンションは建物全体が1棟リノベーション物件で、ご購入なさったお部屋には、当初から大手リフォーム会社での設計・工事が条件として付いているという状態でした。したがって今回はリフォームアドバザーとして手伝いすることになりそうです。

R0048943

マンション内に実際にリノベーションしたモデルルームがあり、そちらで初回の打ち合わせをさせて頂きました。こちらのマンションは、リフォーム&リノベーションの業界では大きな話題になったプロジェクトで、このような形でモデルルームを拝見することになるとは想像をしておりませんでした。

DSC_0149

こちらがご購入なさったお部屋です。160平米超の広さで、三方窓の角部屋です。まだリノベーション前の状態ですが、これでも十分にきれいで、このままでも住めそうなお部屋でした。抜群のロケーションで、部屋の広さも十分にあるのですが、梁が縦横に走っており、梁下の天井高さが低いことが最も大きな問題のようです。

R0048852

こちらは2回目の打ち合わせを品川区の高層マンションにあるお施主さまのご自宅での打ち合わせ中の様子です。風水も気になさっていらっしゃるのでリノベーション案と風水のチャートを両目で睨みながらプランを決めてゆくことになります。

R0048819

長らく欧州に暮らしていらっしゃった影響か、大きな家具や絵画を沢山お持ちです。この写真のチークの家具は、新しいお宅の壁際には梁寸法の関係で設置できなさそうです。

R0048820

他の家具やアートもそれぞれが魅力的で、お施主さまの特別な思い入れや独特の雰囲気があるので、それらをどのようにレイアウトしてゆくのか、お施主さまのご意見を伺いながら大手リフォーム会社と共同でまずはプラン固めをしてゆくことになります。

 

タグ

2015年01月13日 | 青山I邸リノベーションプロジェクト はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 新規プロジェクト 青山I邸

高齢者向けサービスアパートメントのリフォームプロジェクト

高級な高齢者向けサービスアパートメント・Mレジデンスの住居部分のリフォームのお手伝いをすることになりました。

140401seirokaS-01

お施主さまが借りることになった住居を現調させて頂きました。100平米弱の中間規模のお部屋ですが、川に面して日当たりも良い気持ちが良さそうな空間でした。

140401seirokaS-02

こちらがリビングの天井を見上げた様子です。

140401seirokaS-03

上階には居住者が利用できる共用の食堂がありますが、個々の住宅でも料理ができる、きちんとしたサイズのキッチンがあります。ただ、お施主さまのSさまは、ここまで大きなキッチンは必要ないとのことでした。

140401seirokaS-04

介護が必要になってからも使える浴室です。介護には適しているそうですが、このピンクのタイルのインテリアはお施主さまも変えたいとのことでした。

140401seirokaS-05

リフォームのご要望としては、以下の通りでした。

  • 夫婦別々の寝室で適度な距離を保ちたい
  • 夫婦が違う時間にお風呂やトイレを使えるようにしたい
  • デザイン性の高い空間で気持ち良く過ごしたい
  • キッチンはコンパクトでOK
  • 浴室はピンクのタイルを何とかして欲しい
  • お孫さんが来て楽しめるような空間にしたい
  • 使いやすくてリラックスできる家具を選んでレイアウトして貰いたい

といった内容でしたので、それを落し込んだラフなリフォーム案を作ってみたところ、とても気に入って下さいました。

140401seirokaS-06

より具体的にリフォームプランを練ってゆくことになったので、再度現地を訪問して、再調査させて頂きました。こちらの写真は壁裏のPS内の様子です。給水や排水管がどのように接続されているのかをチェック致しました。

140401seirokaS-07

こちらは天井裏を点検口から覗いた様子です。空調のダクトのルートや、スプリンクラーの配管状況、また梁の位置も同時に確認することができました。

140401seirokaS-08

寸法の入った間取り図は貰っていましたが、実測することで間違いがないかをチェックしました。大きなずれはありませんでしたが、天井の折り上げ位置や細かい枠の取り合いなども調べさせてもらいました。

140401seirokaS-09

これから調査した内容を図面に落とし込んで、お施主さまの意見を反映させながらデザインを完成させてゆきます。管理会社とも綿密な連絡を取りながら、見積りを取って調整してから工事開始と、先が長いプロジェクトですが、頑張ってお施主さまが喜んでくださるような空間に仕上げてゆきたいと思っております。

タグ

2014年03月18日 | 高齢者向けサービスアパートメントのリフォームプロジェクト はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 新規プロジェクト 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

杉並区S邸スケルトンリフォーム 新規プロジェクト

以前軽井沢の別荘リフォームでご相談頂いた杉並区のSさま(別荘リフォーム計画は残念ながら実現していません…)から、マンションのリノベーションのご相談を頂きました。

スケルトンマンションのリノベーション計画

170平米のスケルトン状態で売りに出されているマンションです。まだ購入前の段階ですが、どのようなリノベーションが可能かを下見するために、現地視察に伺って参りました。

バブルの頃に建てられた高級マンションですが、仕上げや下地が全て撤去された状態で、コンクリート躯体の状態を良く見ることができました。一般にバブルの頃は、好景気に煽られて、すごいスピードで建物が建てられていたので、見た目は良くても構造や設備が手抜きされた物件も多いと言われていますが、こちらのマンションは、躯体精度も良く、設備もきちんとしていて、ポテンシャルの高さを感じさせる物件でした。

南西向きの角部屋で、明るく、風通しも良さそうです。外壁の断熱もきちんとされていました。これからリノベーションを計画するうえで、写真のように設備配管がむき出しになっているので、どのような配管ルートなのか、その状態がどうなのかを最初から見極められるので、とても計画しやすい状態と言えそうです。

浴室部分は、タイルなどの仕上げ材だけでなく、防水まで剥がされたスケルトン状態になっています。

天井裏に隠されていた空調やダクトのルートも一目瞭然です。

コンクリートの質感と天井の高さがとても印象的なスケルトン空間なので、それらを上手く活かせたユニークなリノベーションの可能性を追求できそうだとSさまにはお伝えいたしました。その後、購入に向けて前向きに検討してくださることになったので、こちらも具体的な計画を練ってゆくことになりました。

タグ

2012年02月18日 | 杉並区S邸スケルトンリフォーム 新規プロジェクト はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: スケルトンリノベーション マンションリノベーション 新規プロジェクト 杉並区S邸

オーナーズマンション・ペントハウスのリフォーム提案

ペントハウスリフォームのご相談で、台東区O邸打ち合わせに伺って参りました。6階建ての賃貸マンションの6階と5階をメゾネットで使ったオーナーズマンションの最上階住宅(ペントハウス)です。

オーナーズマンションのペントハウスリフォーム提案

20年ほど前に一度大規模リフォームをなさっていますが、子どもたちも大きくなって、Oさまご夫婦のこれからのライフスタイルを考え、二通りのリフォーム提案を模型を作ってご説明して参りました。こちらは、キッチンが前面に出てきて、料理が趣味で大好きな奥さまのためにペニンシュラスタイル(半島型)のキッチンを作った提案です。

ペニンシュラ・カウンターと逆L字型のカウンターに加え、奥には冷蔵庫や電子レンジ等の調理機器を置く大型パントリーも備えた、本格派キッチンのご提案でした。もう一案は、キッチンを奥に据え、ダイニング空間と玄関を広げた提案でした。どちらとも魅力的で、判断がすぐには付けられないとのお言葉を頂きました。

打ち合わせの後には、奥さまお手製のスコーンを頂きました。とても美味しかったです、どうもご馳走様でした!

タグ

2012年01月18日 | オーナーズマンション・ペントハウスのリフォーム提案 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 新規プロジェクト