Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

インテリア素材と色味決めの進め方

目黒区O邸

現在設計進行中の大型マンションリフォームの目黒区O邸ですが、リフォーム間取り図と展開図デザインと平行して仕上げ材の選定打ち合わせが続いています。

カーペットのフォアベルクショールーム

こちらは五反田デザインセンター内にある、ドイツ製カーペットのフォアベルクのショールームです。

マンションリフォームの仕上げ材打合せ

実はショールーム見学前は、白金台のカガミ建築計画事務所で仕上げ材と色味の打ち合わせをしていました。一般にリフォーム・インテリアでは、面積の大きい床や壁、天井の素材と色味から決めるようです。ただ、壁や天井はクロス(ビニールクロス)や塗装であれば、見積り金額は想定で入れることができ、最終的な色は工事の途中でも間に合うので、床のフローリング材を最初に決めることが多いようです。
カガミ建築計画では、最初に置き家具の色や素材からスタートすることが多いです。というのは、床材や壁材は小さなサンプルで見ても、その素材で空間全体が覆われた時のイメージが湧きにくいのに対して、家具選び(勿論、お手持ちの家具からスタートすることも多いです)は洋服選びと似ているところがあり、実物サンプルを見ながらファブリクやレザーの触感、座り心地や高さ、重たさなどを実感することができ、価格も分かりやすいからなのです。今回は先日のブログでも書いた通り、一目惚れでほぼ決まった家具があるので、その家具が映えるバックグラウンド作りというイメージでインテリア素材を考えています。

マンションリフォームの仕上げ材打合せ

モルーテニでほぼ決まった家具のサンプルシートを机の真ん中に置き、その色味とうまく馴染む色味や素材、そしてその色味を引き立てくれる色味や素材のコンビネーションを並べながら、お嫌いなものがあれば取り除いてを繰り返してゆきます。

目黒区O邸の展開図

平面図と展開図にも暫定的にでも決まった素材があれば、色付けしていきながら、家具サンプルと見比べて調整してゆきます。

ソファ等の大型家具はボリュームも大きくなるので、素材と色味の大きな要素菜になるので、どのブランドのどのスタイルで進めるのか、見積りも合わせながら検討してゆきます。

マンションリフォームの仕上げ材打合せ

素材と色味については、あくまでも購入する家具を前提としていますが、大よそ組み合わせが決まってきたところで、実はまだ見ていなかった床のカーペット素材のことをお話ししていたところ、やはり実物サンプルを見比べてみたいとの話になり、急遽ファオベルクを扱っているアーテリアに電話して「今からお客さまと一緒にショールームに伺ってよいか」と問い合わせて行くことになった次第です。

カーペットのフォアベルクショールーム

仕上げ材のイメージマッチングをもうすでに3度ほどしていたので、これだけ沢山の色と質感がありましたたが、すぐに候補となるカーペットサンプルを選ぶことができました。

カーペットのフォアベルクショールーム

リビングのソファ下に来るカーペットの候補がこちらの3種類です。

マンションリフォームの床素地検討

一応、他にも合うものがないかを試しに取り出して見比べてみましたが、色の濃淡はあってもグレーから紺色に傾いたカーペット三種のどれかが良いだろうとの話に落ち着きました。ただ、窓が小さいショールームの照明の光では正確な色味が見えないので、大判サンプルをショールームから借りて、次回の現地での打合せ時に見比べようとのことになりました。

マンションリフォームの床素地検討@現地

そして、これが後日現地床にカーペットサンプルを並べて、ソファの張地サンプルと見比べながら、工務店・の石坂さんや片岡さんとも自由に意見を述べて貰いながら、考えを纏めてゆきます。

マンションリフォームの床素地検討@現地

最終的には、一番右端のこちらのカーペットで進めようとのことになりました。実はまだ家具(ソファ)もこの時点では購入までは進んでいませんでしたが、カーペットがこの色なら、ソファもこの組み合わせだろうとのことで、同じタイミングでソファも決定となりました。

マンションリノベーションの概算見積りご提示

まだここまで本決まりになっていない素材ばかりでしたが、スケジュールのことや全体予算のこともあったので、暫定の仕上げ材での見積りを施工会社の青さんにお願いしていました。

概算見積り書は3通あり、それぞれ、どこをどの素材とした場合か、またどの範囲までリフォームした内容かを神崎さんがお客さまに説明してくれました。当初予算よりは家具なども含めるとオーバー気味だとのことでしたが、考えていた浴室の仕様が今の段階ではできないことが分かっていたので、浴室とセットになる洗面も今のままでの使用は十分可能なので、それを何年か後に回すことで、LDKと玄関廊下の空間クオリティーを重視したデザインで進めようとの方針が決まりました。

マンションリフォーム工事着工前の記念撮影

工事契約と設計契約はまだでしたが、基本的な方針が決まったので、関係者皆で記念撮影をさせて頂きました。左から工務店・青の片岡社長、現場監督の石坂さん、弊社の設計担当の神崎さん、Oさまご夫妻に私、各務です。
ここから先のプロセスもどうぞ宜しくお願い致します!

オーダーメイドサウナ@マンションリノベ

渋谷R邸

ご夫妻揃ってサウナがお好きな渋谷R邸のお客さまとサウナの研究の為に神宮前のアヴァントのショールームに伺ってまいりました。

マンション内にドライサウナを設計

昨今の大サウナブームで、ご自宅にサウナを、それもスタイリッシュでカッコよいサウナを作りたいというお客さまが急増しているとのことです。ガラス壁に廊下反対側のアロマの小物が写り込んで、陳列棚のように見えていますが、片面ガラス張りのシンプルできれいなサウナが展示されています。

ドライサウナのアヴァント

今回計画しているサウナとほぼ同じサイズのモデルなので、まずはお二人で入って頂きました。

ドライサウナのアヴァント

二人掛けのサウナですが、一人の時はベンチに寝転がることもできるサイズで、実際に温めて体感することができるようになっています。

こちらがモデルルームサウナの図面です。

ドライサウナのアヴァント

サウナのヒーターは、定番のスウェーデンのティーロヒーロ社の物で、コンパクトながらパワフルな機器で、上位機種となると、携帯のアプリでオンオフだけでなく温度設定やタイマー予約等も使えるそうです。

ドライサウナのスマホアプリ

普及品の場合は、機械のダイアル操作のみですが、今回検討している機器では、サウナの外にこのようなリモコンが付き、携帯のアプリと連動して使えるので、毎朝決まった時間にサウナに入ったり、会社から帰る際に温めて置けば、ちょうどよいタイミングでサウナも使えそうだとのことで、Rさまご夫妻もとても喜んでいらっしゃいました。

ドライサウナでのロウリュウ

因みに、セルフでのロウリュウも可能となっています。試しにロウリュウしてみると、20秒間ほど高温の蒸気が発生して、凄い熱量であることが実感できました。

ドライサウナのアヴァント

こちらは各務が体験してみた様子ですが、片側の壁を背にすれば、身長186センチでも十分脚を伸ばせることが判りました。

大型浴室からの出入り口、洗面所のタオル収納、サウナマシンの置き場等から、3通りのレイアウト案ができています。

さらにはお二人での同時使用や、奥さが寝そべって本を読みながらサウナを愉しめるようにと、内部の使い勝手からもレイアウトを考えて、サウナのサイズとレイアウトを検討中です。

ドライサウナのアヴァント

アヴァントの商売の面白い所は、ユニットのサウナを売って貰うこともできるのですが、サウナマシンとサウナの熱に耐えうる耐熱の木材や照明器具(間接照明も!)や温度計だけの販売もしてくれることなのです。パッケージで購入するとサイズやデザインの調整が難しいので、今回は材料をアヴァントにお願いして、サウナ内部の設計はカガミ建築計画で、工事はリフォーム会社にお願いすることで、カッコよいサウナをリーズナブルな価格でご提供しようという考えです。

アヴァントのミストサウナ

なお、アヴァントはドライサウナだけでなく、スチームサウナも販売しています。こちらはしっとり潤うお肌に良いとのことで、奥さまのお気持ちが揺れ動いてるようでした(しかし、それにしても各務の髪の寝癖が酷いですね…)。

ミストサウナ

スチームサウナモデルルームはカプセル型の仕様となっていましたが、既存の浴室に機器を取り付けてスチームサウナを楽しむこともできるそうです。

アヴァントショールーム

アヴァントでは、サウナでも使えるアロマオイルの販売もしているとのことで、Rさまご夫妻はまた別の日程で、アルマオイルも見に来たいと仰っていました。

南平台N邸のサウナインテリア

因みに、以前南平台N邸リフォームで大型浴室の中にサウナを作ったことがりました。その時の設計と工事のプロセスはこちらでご紹介しております。その時も、サウナ機器は今回と同じティーロでした。
以下、リノベ工事完成後のスタイリッシュなサウナの様子をご覧ください。

大きなオーダーユニットバスからガラス張りの扉で仕切られたサウナ(右側)です。左側は洗面となりますが、二つのガラス扉を一つのステンレス枠でシャープに纏めたデザインとなっています。

サウナ内部。大人一人が寝っ転がることができるサイズで、ご夫妻で並んで愉しむことも可能です。浴槽先のブラインドを開ければ、都心の夜景を見ながらのサウナとなります。

サウナ内部は、間接照明だけでほんのり明るくなっています。

ミノッティのソファの選び方

リフォーム

弊事務所の設計したマンションインテリアで、ソファで一番人気はイタリアのハイブランドのミノッティが圧倒的です。これまでに採用してきたミノッティのソファの魅力と、マンションインテリアの関係を纏めてみました。

ミノッティのソファのマンションインテリア__ハミルトン

初めてうちの事務所でミノッティのソファを採用したが、こちらの代官山N邸でした。当初はアルフレックの家具でインテリアを纏めたいとのご要望でしたが、とにかくカッコよくスタイリッシュな空間にしたいとのご要望でしたので、試しにミノッティのショールームにも行ってみませんかとお誘いしたところ、ほぼ一目惚れとなりました。

ミノッティのソファのマンションインテリア_ハミルトン

可愛いワンちゃんがいるので、ファブリックの張地はNGとのことで、傷が目立ちにくい黒いレザーベースのシャーマン(Sherman)のソファをご一緒に選ばせて頂きました。低重心で背もたれも低く、ダイニングからの景観を邪魔しないこと、金属製の脚で床からソファが浮いており、クイックルワイパーでの清掃ができること、何よりもオーソドックスで奇をてらっていないデザインをTさまが気に入ってくださいました。ソファ前のセンターテーブルは黒檀突板の天板のカルダー(Calder)と、サイドテーブルとシートを兼ねたシーザー(Ceser)を2脚に、ラグはディベッツ(Dibbets)で、ミノッティで揃えて頂きました。

ミノッティのソファのマンションインテリア_シャーマン

このアングルの写真だと床からソファが浮いている様子が判りますね。実はちょうどソファーの背面壁にニッチを作り、そこをワンちゃんのコーナーにしてるのですが、ソファが壁にならないように背もたれが低く、下にも隙間があるソファを選んでくださったのかも知れませんね…。
ダイニングテーブルは当初のお客さまのご意向を汲み取って、モルテーニ(アルフレックス社)のダイヤモンドとしましたが、ダイニングチェアはミノッティのフリント(Flynt)、壁面のサイドボード家具もミノッティのモリソン(Morrison)となりました。
Tさまとミノッティの二つのショールーム(当時)を行き来しながら決めた様子をこちらのブログで紹介しております。

次にミノッティのソファを入れたのは、代官山Tさまからご紹介された、お友達のお宅南平台N邸でした。

ミノッティのソファのマンションインテリア_ホワイト

こちらのお客さまのNさまも、代官山Tさまのお宅を見てからのご依頼でしたので、自然とソファ探しはまずミノッティからとなりました。

ご一緒に選ばせた頂いたのはホワイト(White)のソファでした。これ以降、事務所の定番ともなったホワイト・シリーズですが、ちょうどNさまとご一緒にショールーム巡りをしているタイミングで、日本発売になったと記憶しています。ホワイトの特徴は、①サイドテーブルや、背面テーブルがソファと一体化していること、②ベース(下台とサイドテーブル)とクッションと背もたれが別構造となっており違う張地で張り分けることができることとなっています。
①は当時のイタリア・ソファ界(?)のトレンドとして、ソファを単なる座るための長椅子と考えず、その上で寝転んだり、下で背もたれにして座ったり、背面の背もたれに腰掛けたり、書き物をしたり、軽食を採ったりとリビングダイニングで出来ることをすべてソファに盛り込むという考え方があり、まさにそれを実現した第一弾のソファだったと思っております。N邸のようなレイアウトになると、ダイニングから見ると、窓やテレビ側を眺めようとするとソファが壁になってしまいがちなのですが、普段座る部分にだけ背面サポート入れて、他は低く抑えたり、ソファの背もたれに座ってダイニングの人とお話しをしたり、L字型のコーナーをオープンにすることで、見通しと風通しを良くすることがこのホワイトで実現することができました。

ミノッティのソファのマンションインテリア_ホワイト

②については、弊事務所ではベースとサイドテーブル部分をレザー(テーブルの一部はラッカー仕上げ)とし、クッションと背もたれはファブリックとしています。レザー張りのソファは高級で長持ちしますが、実はクッション部分については座った時に空気が抜けにくいので、座り心地に問題があったのです(今の新しいソファはその点も改善されています)。ただ、すべてをファブリックで仕上げると、空間全体も柔らかい雰囲気になってしまうので、ベース部分をカチッと角の立ったレザーにすることで、柔らかさと硬質感の二面性をソファに持たせることができるので、その後も多々採用して参りました。
因みに、N邸のリビングではパーソナルチェアはギリアム(Gilliam・廃番) でラグはディベッツ(Dibbets)でした。
南平台N邸のハイブランド家具選びのプロセスは、こちらのブログで紹介しております。

ミノッティのソファのマンションインテリア_ヤング

こちらはヤング(Yang)のソファを入れた横浜O邸です。ヤング・シリーズはホワイトと並んで、その後も良くご提案するソファとなりましたが、考え方の基本はリビングの全ての動作をソファに取り込むというホワイトの①の延長の考え方だと思っています。ホワイトに比べると、シートハイト(座面高さ)や奥行きが日本人サイズで座りやすいこと、また、部品の数がとにかく豊富(恐らくミノッティの中でも一番豊富?)でレザーのスティッチ入りのオットマンなどがあり、デザインバリエーションにも富んでいる優れもののソファです。

ミノッティのソファのマンションインテリア_ヤング

背もたれクッションにも一工夫されており、折れ目で2つの方向性があり、背もたれに沿って枕のように使っても、反対折にして背もたれとしての強度を保つこともできます。また、レザーのスティッチ張りの差し込み背面も使いやすくなっています。横浜O邸では、ソファはファブリック張りとして、円形のオットマンと差し込み背面とクッションの位置をレザーとしています。お馴染みの シーザー(Ceser) も2本使って頂いております。
横浜O邸のミノッティソファの選び方はこちらのブログで紹介しております。

ミノッティのソファのマンションインテリア_パウエル

次はパウエル(Powell)をご採用頂いた六本木N邸です。こちらのお客さまのNさまは、ご在宅の折にはお仕事の一環でテレビを見なくてはいけないとのことで、色々な姿勢でテレビを見ることができるソファということで、ミノッティに白羽の矢が立ちました。また、体格の良いご主人さまが寝っ転がったり、ラグに座って頭をソファにもたれかけても型崩れがしにくいソファということで、パウエルをご一緒に選ばせて頂きました。

ミノッティのソファのマンションインテリア_パウエル

テレビ側から見ると、右が長物のソアで、左側に幅広のシェーズロング(ソファの部品で、背もたれに対して座面が長めで、脚や体全体をのせることができるタイプ)として、真ん中には座面と高さがあったパウエルのテーブルを差し込んでいます。ソファの裏面にあるダイニングテーブルに座った時に、間に抜けがあることで、テレビが見やすくなっているのです。

ミノッティのソファのマンションインテリア_パウエル

ソファの背面も良く見える部屋構成なので、ソファのベースに金属の線が1本通っていることも、お客さまが気に入って下さったポイントです。ソファの間にテーブルを挟む場合、ちょうどよい位置に床付けのコンセントを仕込んでおくことは、カガミ建築計画の定番となっています。照明器具の配線がソファの背面にダラっと見えないことがデザイン的に重要ですが、最近はソファに座った状態でスマホの充電をなさりたい方も多く、床付けコンセントから延長コードを伸ばしておくと便利なのです。
六本木N邸のソファ選びでは、インテリアのメイズさんにお手伝いして頂きました。当時の様子はこちらのブログに書いてあります。

ミノッティのソファのマンションインテリア_シーモア

次にご紹介するのはシーモア(Seymour)を入れた成城Z邸です。Zさまは、このマンションに移る前からミノッティをご愛用とのことで、ご依頼があった時にはすでにアンデルセン(Andersen)のオットマンやプリンス(Prince)のアームチェアもお持ちでした。

ミノッティのソファのマンションインテリア_シーモア

ソファはシーモアのレザー張りで、テレビボードはジョンズ・ワイド(Johns Wide)とご指定がありました。上の写真と下の物ではソファのレイアウトが代わっていますが、季節によってソファやその他家具のレイアウトを変えながら、生活を楽しんでいらっしゃるそうです。
クラシカル・エレガントなダイニングとは雰囲気が違っておりますが、とにかくミノッティの家具のクオリティーに全幅の信頼を持っていらっしゃるZ様なのです。
Zさまのお仕事をお手伝いすることになった経緯で、ミノッティのショールームはとても大きなキーポイントなりました。その顛末を書いたのがこちらのブログです。

ミノッティのソファのマンションインテリア_ヤング

こちらは弊社では少し珍しい高層マンションリフォームの渋谷区タワーマンションS邸のインテリアです。こちらでは、ソファは大型のL字に組んだヤング(Yang)シリーズです。リビングダイニングにオープンなキッチンを加えると約80平米と、普通サイズのマンションがスッポリ入ってしまうほど大きなLDKで、壁面に設けたテレビも見たいし、高層階からの都心の景色をながら目ながらリラックスもなさりたいとのことで、しっかりとした背もたれで背面にも座れるヤングでソファを構成しました。

ミノッティのソファのマンションインテリア_ヤング

拡張性があるのが、このヤングシリーズ、そしてミノッティの魅力なのです。ミノッティは、例年2作ほどソファの新作を出すのですが、基本的に以前に発売したソファシリーズは簡単には廃番にしないので、現在50シリーズほどのソファを販売しています。ものによって違いますが、このヤングやホワイトでは、構成部品は100個以上に上がり、さらに張地もレザーとファブリックで数えきれないほどありますので、拡張性があるのです。ひと頃流行ったがその後消えてしまう家具ブランドやシリーズ物とは違い、全てが定番製品という考え方で、オーダーの度に作り始めるスタイルなので、張替えも可能ですし、部品の差し替えも将来的に楽しめるのがミノッティという家具ブランドの考え方なのです。

こちらはホワイトをご提案した、西麻布N邸です。リビングダイニングだけで100平米を超える超大型マンションで、さらに写真でもわかる通り、室内に階段があるメゾネットのお宅です。ダイニングとリビングのちょうど真ん中に階段があるので、壁にテレビを置いてソファを壁に向けてしまうと、空間が二つに分断されてしまうので、階段の手前にスクリーンを仕込んで(写真天井のためのステンレスのボックス)奥の壁からプロジェクターでテレビが見れるような設計となっています。

もう少しアップで見たこちらの写真で、左奥がプライベート空間への入り口となっていますが、ソファのそのコーナー部分を空けて、見通しをよくするのにこのホワイト(White)シリーズがちょうどよかったのです。僕らが好みとしているベースをレザーにして、座面と背面をファブリックにした仕様となっております。
円形でレザー張りのオットマンのデニー(Denny)と、お子さまが載っているシルバーと手前のゴールドのスツールのスティル(Still)もミノッティの家具です。

広尾N邸インテリアCGとミノッティのソファ

広尾N邸では、ソファ発注前にCGを作ってインテリアと家具がマッチするかを確認したうえで発注となりました。ミノッティでは、CGを作るのに必要な3Dデータとファブリックやレザーの仕上げイメージ写真も用意してくれるので、CGが作りやすいのです。その時の様子もブログでご紹介しております。

ここでもまたホワイト(White)が続きます。こちらも総面積200平米を超える大型マンション住戸の元麻布I邸のリビングです。奥さまの好みはクラシカルエレガントで、ご主人の好みがモダンイタリアンと、違ったテイストを第二具エリアとリビングエリアで振り分けたインテリアとなっています。

シャープでスタイリッシュなテレビボードの正面に、カチッとしたホワイトのシルエットが端正に見えますね。こちらでの家具選びツアーは色々なバリエーションを見て回る、大変楽しいショールーム巡りでした。

珍しいソファレイアウトのこちらは白金台E邸です。リビングに大きな窓がある場合は、窓に背を向けるソファレイアウトは普通はしませんが、こちらのお宅は窓のブラインドをあけると隣接建物からの視線が気になるので、基本的にはブラインドをオープンにすることが無いとのことで、このようなレイアウトを考えました。

大きく張り伸ばした木製の窓枠の中に、ミノッティのアンデルセン(Andersen)の白くクリーンなソファがスッとはまっているような家具レイアウトとなっております。インテリア好きな奥さまが、以前からソファに対して持っていたイメージと、このアンデルセンの奇をてらわないオーソドックスなフォルムがぴったりと合ったことで選んで頂きました。モルテーニやフレックスフォルムのソファと比較しながらミノッティに落ち着いたプロセスをこちらのブログに書いております。

これ以降もまだまだミノッティのソファを採用した事例がありますが、全部まとめるのは一苦労なので、まずはここまでで一度公開させて頂きます。