「南平台N邸」のアーカイブ

南平台N邸の一年点検&補修

昨年の春に、リノベーション工事の竣工お引渡しをしていた南平台N邸の一年点検に伺ってまいりました。

DSC_1856_pt

いつ伺っても、このようにきれいに暮らしてくださっています。これまでも幾度か雑誌などの取材撮影のためにお邪魔していますが、本当にカッコよいお宅です。お掃除も人を入れず、ほとんどご自身でしていらっしゃるので、点検と事前にお伝えしたところ、最初から使い勝手が悪くなっていた建具や、塗装の傷などをすべてご自身でご案内してくださいました。

R0050570_pt

トイレの建具の錠がうまく掛らないのは、建具に歪みが発生していたようです。事前に状況を伺っていたので、建具屋さんに当日同行して貰っていたので、早速建具を取り外して、再調整してもらいました。

R0050576_pt

浴室の床にピンク色の汚れ(カビ?)が発生している状況も伺っていたので、有料とはなりますが、クリーニング屋さんにも来てもらい、2時間ほどかけて、丁寧に汚れを落として、ガラス扉のカルキの汚れまでピカピカに磨いてもらいました。

R0050577_pt

ウォークイン・クローゼットの天井にある全熱交換機(ロスナイ)のスイッチが赤く光っていることも報告をもらっていたので、電気屋さんにも来てもらい、天井裏をチェックして貰いました。こちらは今回のリノベーション工事で触っていなかった部分ですが、フィルターの交換時期を知らせる警報だったようで、有料でフィルターの交換と機器の洗浄を行うお約束を致しました。

R0050553_pt

先日アルフレックスのショールームに別件で伺った際に、こちらのお宅の担当をしてくれた中山さんに会いました。南平台N邸の一年点検に伺うことをお伝えしたところ、リーバのダイニングテーブルのメンテナンスに伺いたいので同行させて欲しいとのことになりました。

R0050551_pt

リーバ社の特性のオイルを持参してくれて、早速オイル掛けをしてくれました。ハードに使われているテーブルの場合、まずは汚れを落としてからこのオイルを塗布するそうですが、こちらのテーブルは日常のお手入れがきちんとされているので、軽く汚れ落としをするだけで、すぐにオイルを塗ることができたそうです。家具を大事に使ってくださっていること、中山さんもとても喜んでくれていました。

R0050565_pt

ミノッティのソファーも全く他社であるアルフレックスの中山さんが見てくれました。どうしても同じ場所にばかり座ってしまうので、その場所のクッションが歪んでしまうとのご相談に対して、クッションのお手入れの方法を説明してくれました。モルテーニなどの高級イタリアン家具を扱っているので、ミノッティも大体わかるそうです。

DSC_1860_pt

何度も伺っておりますが、これまでにうまく撮影できていなかった箇所を追加で撮影させて頂きました。こちらは造作で作ったリビングの飾り棚です。小物のコーディネートは、お施主のダイレクトのご依頼で、雑誌のモダンリビングにお願いして貰ったものです。

DSC_1861_pt

同じくリビングの窓際のカウンターです。窓台とフラットに続くカウンターで、アートはギャラリークローゼットに依頼して中込靖成さんのアートを入れて貰いました。立体彫刻はベイカー@東京のもので、植栽はモダンリビングさんです。

DSC_1899_pt

ダイニングの扉脇の素敵な鉢に入れられたカポックも、

DSC_1894_pt

ダイニングテーブルの上に飾られた多肉植物の寄せ植えも、モダンリビングのLove Greenというレンタルグリーンサービスでお願いしたものです。モダンリビングのブログでも紹介して貰っていますので、こちらもご覧ください。
通常の一年点検は、点検当日はチェックするだけで、そのあとに当日作ったリストをもとに、また別の補修日程を組んでメンテナンスしてゆくものですが、今回は事前にある程度不具合の箇所のご連絡をいただいていたので、当日中にある程度補修することができました。まだ、ロスナイのフィルター交換や塗装の塗り直し工事が残っていますが、補修を同日に行うスタイルはお施主さまにも便利だと思われますので、これからもなるべくこのスタイルで実行してゆこうと考えています。

 

No tags for this post.

2015年04月10日 | 南平台N邸の一年点検&補修 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南平台N邸

雑誌「モダンリビング」豪邸特集に掲載!

昨年末に取材撮影して貰った南平台N邸が、今月7日に発売になった老舗インテリア雑誌の「モダンリビング」の豪邸特集に掲載されました。

R0049536

雑誌の中にブック・イン・ブックの形で、豪邸リノベーションの特集が組まれ、その中で見開き2ページでN邸が紹介されました。タイトルは「色と質感を整えて生まれたクールな空間」と名付けられています。

R0049537

僕らも幾度かカメラ機材を持って伺って家具入りの竣工写真を撮っていましたが、やはりという当然というべきか、プロの写真は違いますね!高級マンションリノベーションN邸の魅力を余すところなく伝えてくれています。
ミノッティの家具中心にコーディネートした空間がスタイリッシュかつ、クールで、取材陣からもカッコ良いと大いに褒めて貰いました。

R0049535

年に1回ペースで出版されているこの豪邸特集号は、モダンリビング中でも最も売れる号らしく、広告の出稿料ももっとも高いという噂を聞いたことがあります…。因みに表紙の住宅は、建築設計事務所バケラッタが設計したお宅で、僕らも見学させて貰ったお宅でした。

タグ

2015年02月09日 | 雑誌「モダンリビング」豪邸特集に掲載! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 南平台N邸

富裕層・セレブ向け雑誌「Pavone」に掲載されています

富裕層・セレブ向け雑誌の「Pavone(パヴォーネ)」の2015年冬・春号(34号)のLWL広告記事に僕らの高級マンションリノベーションの取り組みが紹介されています。

R0049393

LWLはLiving Wellness in Luxuryの略称で、住空間の設備・仕上げ材の最高級ブランドが集まったブランドグループです。以前、僕らもLWL主催のセミナーでお話をさせて頂きましたが、そのご縁で今回の記事が実現したようです。ドイツ製輸入キッチンのポーゲンポール、デザイン+機能性で海外でも高評価な浴槽メーカーのジャクソン、テレビを鏡の裏に仕込んだシステムを開発したグラス・ルーチェ、家庭用・最先端トレーニング機器のテクノジムなどのいつもお世話になっているブランド協賛してくれています。

R0049391

因みにこちらの雑誌は、限られた本屋でしか販売されておりませんが、ラグジュアリーホテルや高級クリニック、銀行のプライベートバンカー部門などに置かれているそうです…。

R0049394

事例写真としては、南平台N邸六本木T邸が紹介されています。なお、一般にこの手の雑誌は、記事のようで広告だったり、提灯持ちの記事ばかりのことが多いようですが、今回はきちんと出版元のKPクリエイションズから編集部の方がこちらの事務所に来てくださり、たっぷり1時間半ほどお話させて頂いた内容が纏められております。

 

タグ

2015年01月28日 | 富裕層・セレブ向け雑誌「Pavone」に掲載されています はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース マンションリノベーション マンションリフォーム 六本木T邸 南平台N邸

お客様とプロジェクトに恵まれた実り多き一年でした

今年は、本当にお客様とプロジェクトに恵まれた、素晴らしい一年となりました。このブログを見返しながら、今年一年を振り返ってみました。

DSC_0324_pt

2014年の最初に完成お引き渡しをしたのが、この南平台N邸です。クール&スタイリッシュを目指したこちらのお宅は、メディアでの注目度も高かったようで、お陰様で来年には雑誌「モダンリビング」に掲載されることになりました。

140624mejiroY-01

こちらは設計図から工事監理までを行う通常の設計監理とは違った、デザインアドバイスの方法でマンションリフォームのお手伝いをさせて頂いた目白Y邸です。以前にご購入予定のマンションの時からご相談を頂いていたY様は、築浅のこちらのマンションをご購入した際にもお声掛けくださいました。この「デザインアドバイス」は急ぎのスケジュールにも対応可能で、コスト的にも設計料が大幅にお安くできことも好評なようで、最近問い合わせが増えております。

140909minamiaoyamaY_bihin-11

南青山Y邸のお施主さまも、以前は別のマンションのご購入権当時からご相談があったお客さまでした。築浅のマンションでしたが、インテリアも含めてリフォーム&コーディネートでお手伝いさせて頂きました。

singapore5-7

シンガポールへの5泊6日の弾丸出張プロジェクト、シンガポールM邸も考えてみれば今年のプロジェクトでした。短期間で260平米のマンション(それも現地に行くまで間取りも判っていなかった…)のインテリアコーディネートをお手伝いさせて頂いた経験は、この後になっても大いに役立っております。

DSC_7917_pt

まだ家具が入ったきちんとした写真が撮れておりませんが、広尾N邸もとても思い出深いプロジェクトです。消費税UPやその後の職人不足、マンションの水漏れや全体改修との絡み、香港からの建具やインテリア素材の輸入など、難しい問題山積みでしたが、何事にも前向きなNさまご夫妻のご協力と香港まで出張してくれたスタッフの竹田さんのお陰で、無事竣工お引き渡しを喜んで頂けました!

DSC_8445_pt

デザインアドバイスでお手伝いした三田綱町パークマンションU邸です。個人的な感傷ですが、今は亡き祖父と祖母が暮らしていたマンションで、ほぼ同じ向きと間取りのお宅のリフォームをお手伝いできたことは、とても感慨深かったです…。

seirokaS

こちらの 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸はまだ、竣工写真をブログにもUPできておりませんが、管理会社との難しい工事条件調整や、防災・スプリンクラー対応、そして騒音や臭いの厳しい規制のなかでのリフォームでしたが、施工をお願いした高島屋スペースクリエイツの誠実あ対応と建築工事の、造作家具の現代製作所の頑張り、そしてスタッフの前田君の粘りで、無事完成することができました。

minamiazabuStei

リビングダイニングとキッチンだけで100平米超えの南麻布S邸は写真のインパクトが大きいプロジェクトでした。こちらはいつも施工でお世話になっているリフォームキューさんからのご紹介のお施主さまでした。ちょうど奥様がご妊娠中の設計で、工事最中に元気な男の子が生まれて、竣工時には赤ちゃんを連れてきてもらったという、S様ご家族にとって記念のプロジェクトでした。

FILE0028_pt

虎ノ門ヒルズレジデンスM邸は、工事をすることになったことをブログで報告したところ、沢山の不動産関係者(すべて知り合いですが…)から連絡を頂きました。日本で最高級の坪単価、そして竣工したばかりの超高級マンションを、どのようなお施主さまがどのような経緯でリフォームすることになったのかが話題になったリフォームです。すでにお施主さまにお部屋のカギはご返却させて頂きましたが、カギを持って虎ノ門ヒルズに行く際はなぜかウキウキした気分になっていました。

Exif_JPEG_PICTURE

年末ギリギリに竣工お引き渡しをした白金台Y邸です。築29年の高級ヴィンテージマンションですが、建設当時から親の知り合いが住んでいたことで、建築を勉強し始めた大学生の頃に見学させてもらった思い出深いマンションでした。不思議な縁でお手伝いさせて頂き、とても嬉しいプロジェクトでした!
これまでは年に3~5件程度のペースでしたが、昨年から問い合わせ数も急増しており、デザインアドバイスなどの手法も取り入れたこと、また竹田さんや前田君のスタッフの陣容も整ってきたことなどで、以前より多くのプロジェクトに取り組むことができるようになってきました。来年は、工事がすでに始まっている六本木N邸、設計の最終段階に入っている南麻布T邸などの超ビックプロジェクト、そしてブログでもまだ紹介していないプロジェクトも幾つかあります。
まずは年内、そして年明け4日まで休ませ頂きますが、どうぞ来年以降も宜しくお願いいたします!

 

タグ

2014年12月29日 | お客様とプロジェクトに恵まれた実り多き一年でした はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 三田綱町パークマンションU邸 南平台N邸 南青山Y邸 南麻布S邸 広尾N邸 白金台Y邸 虎ノ門ヒルズM邸 高級高齢者向けサービスアパートメントS邸

モダンリビングの取材・撮影@南平台N邸

今年の頭に完成していた高級マンションリフォームの南平台N邸が、雑誌「モダンリビング(ハースト婦人画報社)」に掲載されることが決まり、その取材撮影に立ち会って参りました。

Exif_JPEG_PICTURE

来年2月に発売の豪邸特集のブック・イン・ブックの形で豪邸リノベーションの特集があるそうで、そちらへの掲載になる予定だそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

編集の山本さんからお電話を頂いて掲載の依頼があったのですが、実はほぼ同じタイミングでお施主さまのNさまからモダンリビング社へインテリア備品やインテリアグリーンの依頼もしていたそうで、そちらには本日立ち会ってくださったモダンリビングの副編集長の高坂さんが対応して下っていたそうです。不思議な縁が重なっての本日の撮影となりました。

R0048936_pt

カメラマンの山本さんと編集の山本さんが玄関の撮影アングルを相談している様子です。

R0048934_pt

写真は撮影するたびにiパッドに飛ばしているので、すぐその場で写真を確認することができるのです。

R0048931_pt

こちらのリビング入り口に設置してもらったインドアグリーンも、本日モダンリビング側がリースで持ってきてくれたものです。

R0048919_pt

撮影の合間に、ビフォー&アフターの図面をお見せして、各務が説明している様子です。

R0048922_pt

いつ伺っても本当にきれいにしていらっしゃるNさま邸ですが、それでも撮影となると、色々なものをどけたり、取っ手の金物を磨いたり、棚の内部に見えている物を片づけたりと、一枚の写真の裏には目に見えない苦労があるのです…。

DSC_0277_pt

その様にして撮影していった写真が、このようにきれいに仕上がるワケです(因みに、こちらは各務が撮影したニセ写真です…)。

DSC_0337_pt

リビングのソファー背面の棚のインテリア小物やテーブル上の備品も、Nさまのご依頼でモダンリビング社側が提案してくれたものです。

DSC_0324_pt

長時間掛かっての撮影になりましたが、お施主さまのご協力とモダンリビング側の尽力で、素敵な写真が撮れたようです。大手のインテリア雑誌に掲載して頂くのは初めての経験ですが、どのような仕上がりになって、どのくらいの反響があるのか、今からとても楽しみです。モダンリビングの山本さま、高坂さま、カメラマンの山本さま、そしてお施主さまのNさま、どうもありがとうございました!

 

 

タグ

2014年12月25日 | モダンリビングの取材・撮影@南平台N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 南平台N邸

リノベーション・ジャーナルのインテリア特集号に掲載されました

以前幾つかのマンションリノベーションプロジェクトを取材撮影して頂いた雑誌「リノベーション・ジャーナル Vol.5」が発売されております。ブログでのご報告が遅くなりましたが、先月初頭から店頭に並んでいたようです…。

RJ-01

日本で唯一のリノベーション専門誌であるこの雑誌に大きく取り上げて頂いたのはとても名誉なことです。特集のテーマは「インテリアをデコる100の法則」で、高級インテリアを扱ったLUXURYの32ページ(!)は全て僕らが設計したプロジェクトの紹介となっております。
最初に取り上げられたのは、品川区Y邸です。突板の使い方などが説明されています。

RJ-02

2つ目の登場事例は、先日「第31回住まいのリフォームコンクール」で優秀賞を頂いた世田谷区N邸です。こちらでは塗装仕上げの注意点などが説明されています。

RJ-03

次は神戸M邸で、プロフェッショナルにリビング・キッチンを動線に取り込む設計手法の解説です。

RJ-04

お馴染み(?)の白金台S邸は、自然素材を使いながらありがちな北欧テイストを避けて高級感を演出する方法について書いてくれています。

RJ-05

モールディングやケーシングをふんだんに使った六本木N邸でも、詳細写真を使っての説明となっています。白っぽくて、僕の腕ではうまく撮れていなかったディテールもプロの写真家の手できれいに撮影されています。

RJ-06

南平台N邸は、雑誌初登場です。こちらだけは、取材撮影の日程が足りず、こちらで撮影した写真を使っています。

RJ-07

ここまでの事例紹介的なページに加え、ここからはさらに色使いとゾーニング、空間の個性化、装飾部材の使い方、天井と照明の関係、大きな壁面の演出の仕方、フローリングとラグの相性、アルミサッシの存在感の消し方、高級建具のデザイン、AV収納の見せ方などを細かく説明してくれています。ほとんど、僕らが考えてきたデザイン手法を丸裸にされて解剖されてしまったようで、恥ずかしいばかりなのです。

RJ-08

しかし、ここまでで終わりではなく、巻末には「リノベマスター仕事術」というタイトルで、経験豊富な縦主をうならせる高級リフォームの作法について、図面を使いながら詳しく解説してくれているのです。

RJ-09

当初、特集の意図を編集長の大菅さんに伺った際に、こんな大規模なインテリアの特集がうまく纏まるのか、正直不安ばかりでした。ただ、最終的に出来上がったものは、文章を読んでも図面を見ても、写真を眺めてもなるほどと思えることばかりの、素晴らしいマンションインテリアの特集号に仕上がっていました!

RJ-00

このような派手で、内容も良く判らず、僕の名前も誤植されていますが(残念…)、実に面白く(プロであれば)必ず役に立つ雑誌となっておりますので、どうぞ書店で手にとってご覧ください。

 

 

 

 

タグ

2014年11月01日 | リノベーション・ジャーナルのインテリア特集号に掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 世田谷区N邸 六本木M邸 南平台N邸 品川区Y邸 白金台S邸 神戸M邸