Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

ビスの種類と使い方について 

[世田谷区Y邸]

世田谷区Y邸の現場に、沢山のビスの箱が置かれていたので、ちょっと時間が空いたスキに、現場監督の斉藤さんにそれぞれのビスの種類と、その使い方をレクチャーして貰いました。

箱の前にそれぞれのビスを出して撮影させて貰いました。

一番左の小さな箱に入っていたのは、ステンレス木ねじです。長さが短く、頭の径も小さいもので、ステンレスのサッシのツバと木製枠を固定するために使っているものだそうです。ステンレスなので、錆びにも強く、結露などの恐れがあるサッシ廻りには良く使われるビスだそうです。

こちらは「ランスタッチ」、LGS下地のランナーとスタッドをガッチリ固めるための短いビスだそうです。根本ギリギリまでネジが切ってあって、グイっと寄せ付けて締めるイメージのビスだとのことでした。

こちらはコンパネビスです。いわゆる木ビスと言われるもので、よく見るとねじ頭の部分にまでリブが彫られており、箱書きにある通り、締める対象が木製のボードであれば頭までめり込んでゆくのが特徴だそうです。

こちらは軽天ビスです。軽天とはLGS(軽量鉄骨)製の天井下地のことで、細かいネジが二重に切られており、薄い鉄板製の軽天に対してしっかりと効くように工夫されているそうです。

こちらはコーススレッドと呼ばれるビスです。最も一般的なビスで、木材と木材を固定するために使われるものです。同じ名称でも、長さが太さの種類が多く、作業効率も良いビスだそうです。因みに、スパイラル状のネジが半分までしか切られていませんが、これは半ねじと呼ばれるもので、全てにネジが切られているものが全ねじと呼ばれるものです。パッと見では全ねじの方が効きそうですが、実は力の掛かり方が全く違っており、二枚の木材パネルを固定する場合などは、この半ねじタイプの方が効くそうです。

本日現場に置かれていた最後のビスはスリムビスです。先ほどのコーススレッドに比べると、少し細いのでスリムビスと呼ばれるそうです。コーススレッドより溝の切り方が細かくう、ねじ山も小さいことが特徴で、スリムであることで、締めつけた時に木材が割れないことが特徴だそうです。ただ、欠点としては引っ張り力には弱いそうです。大工さんやLGS屋さん、そしてDIYが得意な方であれば、すぐにわかるであろうそれぞれのビスの特徴ですが、こうやって聞いて初めて納得がゆくことも多く、勉強になりました。
因みに、昔の大工さんは木材同志をくっつけることが多く、打ち込んだ後に錆びることで強く結合してくれる釘を使っていましたが、今はドリルの性能が上がったことや、素材も色々な種類のものがあること、また釘のように打ち損じが少ないため、側面にネジが切られているビスを多用するようになっているそうです。

この日は、建具を造作家具をお願いしている青の下請けの現代製作所が建具枠を取り付けに来てくれる日でした。担当者の藤田さんが各個室の入り口に取り付けた塗装枠を養生してくれていました。

また、ハイブランド輸入家具のインテリアズに依頼している、イタリア・ポロ社のリビングの装飾パネル「LOAD IT(ロードイット)」の取付けの為の現調の日でもありました。

単純にパネルを張るだけでなく、コンセントやAVボードからの配線孔などの取り合いもあるので、現場の斉藤さんがインテリアズの佐々木さんたちに注意事項を説明してくれている様子です。

当日にはお客さまのYさまご夫妻も現場に来てくださったので、キッチンとリビング周りの照明スイッチやコンセント、各種スイッチ類(床暖・ルートロン、インターフォン)の最終位置も確認して頂きました。

書斎壁に設置する壁付け照明の位置も、そろそろ決定して欲しいとの青・斉藤さんからの依頼で、すでに輸入元から現場に入っていた照明器具を箱から出して、壁に当てながら、一番良い位置を考えて頂きました。ただ、机が無い状態で、光の具合も判らないと判断ができないとのことでしたので…、

このようなダミーテーブルを当日中に斉藤さんが組み立ててくれました。照明器具も仮のコンセントに接続して点灯できる状態にして、当日夜にYさまご夫妻が現地に来て、最適な位置を検討してくださるとのことになりました。

 

ビニールクロス張り&建具準備中の白金台H邸

[白金台H邸]

お客さまの検査まであと2週間程度に迫った白金台H邸の現場を視察して参りました。

エントランスから真っ直ぐに進んで見えるリビングの壁の状況です。仕上げでは、向かって左側のニッチ部分には大理石が張られ、右側のニッチにはAVボードが設置される予定ですが、まだその準備段階です。手前右手に見えているマシンは、ビニールクロスに糊付けする機械で、正面に立て掛けられているのは各種建具です。

奥から、白い扉は洋室の既存扉、ルーバーを再利用して作り直してもらったエアコンパッケージユニット前の建具、廊下のチークパネルの中に埋まる納戸への隠し扉となっています。

玄関ホールは、向かって左側の大型の靴収納が取りついております。養生の下にはタイルとフローリングも張られており、天井のクロスも仕上がっているので、まだまだ仕上がりには程遠く見えますが、壁のクロスを張って、家具の扉を付けて、姿見の鏡を張れば、もうほとんど完成状態となっています。

リビングから扉を経てプライベート空間に入った所にあるプライベート書庫廊下の造作本棚も設置が終わっていました。

この小空間も、他の廊下とは違った空間であることを示すために、天井や壁にクロス張り分け用のハット目地を入れて、細かくクロスの色を変えています。

主寝室横のウォークインクローセット内部に設けた奥さま用のお化粧コーナーです。正面窓の左隣には、自然光でお化粧ができるように可動式の鏡を扉のような形で吊り込む予定です。

養生をめくると、チークのお化粧カウンターと小物を入れる引出が2本ついています。

ハーフユニットバスを使った浴室もステンレスの枠と強化ガラスが付いて、グレードアップされています。

まだ、手前の洗面所側の木製枠が取りついていない段階ですが、しっかりと木製下地にステンレス枠が固定されている様子が判りますね。白く見える部分も保護のためのビニールテープが張られているステンレス枠です。

浴室の中は、まだ物置のように使われていましたが、壁のタイルがきれいに張られていました。

リビングの柱周りのクロスもきれいに張られていました。クロスパネル張り仕様で細かく目地割りをしていますが、クロス職人さんたちが苦労しながら上手く張り廻してくれていました。

 

アドヴァン・キッチンショールームにて西麻布N邸のキッチン打合せ

[西麻布N邸]

西麻布N邸の計画が着々と進んでおります。こちらが土日をお休みとしている関係上、平日の夜しか打合せの時間が取れていないN家の方々とは、中々ご一緒にショールーム周りをすることができておりませんでした。

色々とキッチンショールームをご推薦してきた中で、価格とのCP(コストパフォーマンス)が一番良いことでキッチンをお願いすることになったアドヴァンのキッチンショールームに夕方6時からの変則的な時間でお打ち合わせをさせて頂きました。アドヴァンからは僕らの営業担当の西田さんとキッチン担当の穂坂さんが参加してくれています。

まずはアドヴァンキッチンの一般的な仕様のご説明して貰った後は、

具体的ににシンクの大きさや使い勝手のお話をさせて頂きました。ご主人さまの趣味の釣りで、大きな魚を捌く機会が多いN家では、より大型のシンクでかつ水栓も二つ必要なことはこちらから説明させて頂きました。

背面の食器収納や吊戸棚の説明では、天井高さと吊戸棚の位置関係、扉を開けた時の使いやすい高さや、大型炊飯器を置いた場合の寸法などが話題に挙がりました。

引き出しについては、見掛けのサイズ(表面から見た引出の高さ)と実際に開けた場合の高さが違うこともご説明いたしました。アドヴァンが高級オーダーキッチンに取り組みだしたのは比較的最近のことですが、引出などに使う金物については、ブルムの最高級仕様でスペックして貰っています。

食洗機については、ショールームにあるミーレ社ものを使って、ガゲナウ社との違いや、ミーレの中でもハイエンドタイプと普及タイプについての違いを説明して貰いました。

最後に面材やカウンター材のサンプルをお見せして、イメージの確認を致しました。因みに、これらの面材の塗装サンプルは、うちの事務所から持ってきたものです。これまで色々なキッチンを作ってきた中で、色々な色味で、かつツヤの度合いが違うものが揃ってきたので、それを有効活用することができました。

これまでアドヴァンと一緒に進めてきた見積り用の図面に、本日の打合せの変更内容を書き込んで、図面及び見積りの訂正をお願いするための指示書を前田君が作ってくれました。これまで採用させて貰った実績がないキッチンではありませんでしたが、細かい事まで担当者と話をすることができて、疑問の幾つかも晴らすことができました。また、これまでは図面を基にお客さまとの打合せをして参りましたが、やはり実物を見ながらのショールームの打ち合せは、沢山のことを検討して頂く上でもとても有意義でした。

 

イタリア輸入タイル張り@白金台H邸

[白金台H邸]

イタリアの高級輸入タイル、マラッツィ社のタイルを白金台H邸では玄関やキッチン床、浴室壁などに使っています。

玄関ホールのタタキ部分はグリスフルーリー柄のタウペ色の600ミリ角を張って貰っています。タイル職人さんにタイルの精度を聞いてみたところ、日本のタイルより反りやムクリが大きいので、どこでラインを合せるかが難しいとのことでした。

タタキにタイルが貼られた玄関から、廊下越しにリビングダイニングを望むアングルの写真です。玄関から廊下にスボまる個所には、床から天井いっぱいの大型引き戸が入る予定です。

因みに、こちらはリビングダイニング側から反対に玄関ホールを見返した写真です。正面奥に見ている黒っぽい扉が玄関扉です。

ステンレスのサッシ枠とガラス扉&窓が取りついたハーフユニットバスです。この内部には、同じマラッツィ社のグリスフルーリー柄のベージュ色の300×600ミリ角の長方形のタイルが貼られる予定です。

こちらが奥の寝室に置かれている、三種類のマラッツィ社のタイルです。昔の石を真似たタイルは、石の柄が重なってしまうことで偽物っぽい仕上がりになってしまうことが多くありましたが、イタリアで主流となっている高級石目調タイルは柄の種類が数十種あるとのことで、ほぼ重なりが無いことが特徴となっています。また、石の柄とタイルの凹凸が上手くマッチしており、端部を見ないとこれがタイルなのか、本石なのかが判らないくらいディテールがきれいなのも採用している理由です。

広いリビングで、黙々とタイルをカットしては張ってくれているタイル屋さんです。

リビング側からキッチンを見た様子ですが、こちらの床にもグリスフルーリー柄のベージュの600ミリ角が貼られる予定ですが、まだ施工はされていません。下が少し削られた変形な壁が立っていますが、このデザインの謎は、またいつかこのブログでご説明させて頂きます。

リビングダイニングとキッチンを仕切っているのは、真ん中の壁と右側の袖壁と左側の柱型となっています。中央の壁には正面にカラーガラスを張り端部は鏡面仕上げのステンレスで仕上げて貰う予定です。左右の柱と袖壁は横目地が入ったクロスパネル張りで納めて貰う予定です。これらの仕切りが単調なデザインで、空間的に邪魔に感じられないことを、今回のデザインの一つの主眼として考えています。

柱型のクロスパネル張りがきれいにできるように、大工さんも下地ベニヤの細かい納まりまでキチンと作り込んでくれています。

チークの羽目板張りになる個所のスイッチプレートの凹みもカッチリ仕上がっていました。

既製品の引き込み扉を使う箇所は、良く使わさせてら持っている神谷コーポレーションのクロス仕上げ用のフルハイトドアを使っております。枠がMDFでできており、クロスを張る石膏ボードとフラットになるように仕上がっています。

最後のこちらの写真は現場で塗装された幅木材です。基本的には白色がベースとなっていますが、ベージュ色のクロスを張ったパネル壁やカラーガラスを張る個所の幅木は日塗工の色番で事前に支持させてもらっています。

 

 

弱電配線の打合せと縁なしダウンライトの設置方法

[世田谷区Y邸]

弱電(じゃくでん)とは建築・インテリア系の工事現場ではよく聞く言葉ですが、一般の方には馴染みがない単語だと思っております。照明器具やエアコン用の電源、部屋についている普通のコンセントなどの電気を強電(きょうでん)と呼ぶのに対して、コンピューターのインターネット配線や、電話やテレビ線、更には複雑なステレオシステムのための電気工事が弱電に当たります。

世田谷区Y邸では、元々お客さまが持っていらっしゃったハイスペックのオーディオ・ステレオシステムを更にバージョンアップさせて、全ての部屋で音楽を聞けるようになさりたいとのご要望があって、以前のシステム構築時からお客さまがお願いしてた銀座のサウンドクリエイトに協力して貰いながら、どこに何を持ってゆけばよいかを考えてきました。

上のシステムスケッチの真ん中左側にシステムが集中しておりますが、それがこちらの主寝室横のウォークイン・クローゼットになります。写真中央ちょっと右側に天井から灰色の太い管が何本も降りてきていますが、これらがAV関係の弱電配線用の空配管(カラハイカン)となっています。この空配管は、一般的にCD管(シーディーカン)と呼ばれておりますが、厳密にはPF管(ピーエフカン)です。CD管はコンクリート埋設用で、PF管は露出配管用で対候性も高く、自己消火性を持っている管なので、僕らがお手伝いしているマンションリフォーム&リノベーションではPF管と呼ぶべきなのですが、CD管が現場での一般名称のようになってしまっているのです。

もう一か所、玄関横の靴収納部分にもPF管が集まっていますが、これは分電盤横の弱電盤への配管です。それぞれの管が天井裏や壁裏を伝わって配管されているので、それぞれの管にどこへ繋がっているかの名称がつけられていることで、後日AV用の配管をするときに困らないようになっているのです。

サウンドクリエイトの石井さんが配管に間違いがないかをチェックしに来てくれた時の様子です。

ところで、普通の現場では見ない、不思議な板が現場に重ねて置かれていました…。

現場の斉藤さんに確認したところ、こちらはモデュレックス社の細縁ダウンライトを設置する箇所のために、斉藤さんが大工さんと考えた設置用の板だそうです。大き目の板がベニヤ板で、重なっている小さ目の板が、地球樹Mクロスと呼ばれるライナー紙を表面に張った合板です。縁が極細のダウンライト用に普通の石膏ボードで穴あけをすると、石膏ボードは端部がモロいので、少しでも欠けてしまうと、そこに隙間が見えてしまいます。ベニヤ板で穴あけすればしっかりと円形に丸く抜けるのですが、フラットに仕上げた石膏ボードとベニヤ板では、吸水性の違いなどでヒビが生じてしまいます。石膏ボードとベニヤ板の問題点を解消した優れものがこの地球樹Mクロスなのです。

こちらが後日丸穴がくり抜かれて配線されたダウンライト設置用の孔の様子です。

電気屋さんがモデュレックスの縁なしダウンライト用のガイドを取り付けてくれています。

こちらは完全にフレームレスなので、モデュレックス社が提供してくれるこのマウンティングが無いと、設置ができないのです。

同じ天井の工事としては、スプリンクラーの設置も終わっていました。通常は天井スラブのアンカーでガッチリと固定するのですが、こちらのマンションでは新しいアンカーを打てないので、横に渡した天井下地のLGS野縁同志を繋ぐ形で固定されていました。

寝室床には、電気式床暖房のシートの割り付けが墨出しされていました。まだ、これからしばらく電気関係の工事が続きますが、事前チェックは概ね済ませることができました。

 

 

マンションリフォームのディテール@横浜A邸

[横浜A邸]

先日ご紹介した、横浜伊勢山Y邸のディテール集ですが、その兄弟プロジェクトともいえる横浜A邸のディテールもご紹介しておきます。

都会的でスタイリッシュなイメージの横浜伊勢山Y邸に対して、こちら横浜A邸では素材感のある大理石やタイルを多く使って、よりクラシカルで大人的な空間を目指してデザインしています。素材として大きくフィーチャーしたのが、こちらの大理石・トラバーチンです。ローマ遺跡でも使われいてる穴があいた素材感豊かな大理石に濃灰に焼き付け塗装した窓枠を合わせています。

トラヴァーチンは、目地なし(眠り目地といいます)で納め、そこにグレアレスかつユニバーサルタイプの照明を強く当てて、多孔質な石の特徴を引き出しています。

トラバーチンを大きく使った玄関ホールでは、共用廊下からの玄関扉周りにフラットバーの縁を回し、そこにチークのフローリング材を使った羽目板を張っています。玄関回りに何かと便利な小物置きと引出収納のカウンタートップには同じトラバーチンを使っています。

扉枠と小物置きニッチの上部に同じ濃灰色に焼き付け塗装したスチールフラットバーが回っていることで、掘り込みの陰影を深くして、シャープに見せています。

もう一つのこちらのお宅の特徴が、2セットの両開き扉です。玄関ホールからリビングへの扉の面材は、板目のウォールナット材を使っています。

同じ塗装色で焼き付けて貰った金物も、扉の面材が違うと印象も変わって見えるのが不思議なものです。こちらはリビングからダイニングへと続く両開き扉ですが、仕上げ材は板目のオーク材の灰色拭き取り塗装となっています。

拭き取り塗装ですが、木目の見え方を薄くすることで、より無機的に感じられるようになっています。

カラーガラスや鏡、クロスの見切りなどは良く使っている材料ですが、普段はL字型のアングルで見切っているカラーガラスを、こちらでは磨いたステンレスの角パイプで見切ってみました。天井のクロスの張り分けの目地を合わせることで、すっきりとシャープに空間を見切ることができました。

ページトップへ戻る