Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

イサム・ノグチのアカリ製作工場見学@オゼキ

見学記

彫刻家イサム・ノグチの和紙を使った照明器具の「アカリ」を作っているオゼキの岐阜工場を見学してきました。

機械作業は一切なく、全てを手作業で作ってゆくアカリの様子をじっくり拝見させて頂きました。

工場といっても、岐阜市内の株式会社オゼキの自社ビルの3階ワンフロアが工房のようになっているのです。

流れ作業で大量生産するのではなく、一人の職人さんが一つの型に専念して、竹ひご巻きから和紙張りまでの一連の作業を全てをこなしてゆくスタイルとなっています。

イサム・ノグチ氏が存命の頃に作られた、幾つもの木製型があるのですが、それらを修理しながら大事に使ってきているそうです。

基本的には中心に木型を組んでおいて、その周囲に竹ヒゴを巻いて、和紙を張ってゆき、ノリが完全に乾いた状態で、内部の木型をバラして取り除くので、このように木型も組み合わせ式になっており、バラけないようにゴムバンドで結束されています。

最初の竹ヒゴを巻く作業が、実は一番難しいそうで、それぞれの型によって難易度が違うので、最初は簡単な型からスタートして、徐々に難しい型へと移行してゆくそうです。

ちょうど真ん中に竹ひごを糸で結んでいる個所が見えるでしょうか?この継手の個所を小さく目立たないようにすることが非常に難しいそうです。

竹ひごだけでは強度が足りないので、開口部には針金が回されています。その針金に和紙を巻き付けてから、少しずつノリを付けながら和紙を張ってゆきます。

こちらは竹ひごの密度が非常に密なEというタイプのアカリになります。

柔らかめのノリと霧吹きと竹ひごと糸とはさみを交互に使いながら、職人の皆さんが丁寧に作ってゆきますが、一日で作れるアカリは難易度にもよりますが、2つか3つ程度だそうです。

24Nというタイプのアカリの内部を見た様子です。ノリを乾かしながら和紙を張るため、この写真のように一つ置きにしか和紙を張ってゆけないのです。

もうすぐ張り終わるL7タイプの照明です。先ほどは、竹ひごが密な方が難しいと書きましたが、このL7のように竹ひごが極端に少ないもので、形をしっかり出すタイプもやはり難しいとのことでした。

きれいに張り上がって、乾燥されているアカリのシェードたちです。因みに手前にウツボのように並んでいるのはBB3/33Sというタイプのシェードです。

実はオゼキはアカリだけでなく、伝統的な岐阜提灯も作っています。同じフロアの奥では、伝統絵付師の方が、丁寧に一つ一つに顔彩絵具で描いている様子も見学させて頂きました。

オゼキの本社近くにあるアカリのショールームも拝見させて頂きました。

最近はあまり作ることのなくなってしまった古い型のアカリなども並んでおり、とても美しい空間となっていました。以前は良く照明器具として使っていたアカリですが、最近は使うケースが減っていましたが、今回再発見したことも多く、またインテリアの一部として使ってゆきたいとの気持ちを新たにしました。
今回は日米のイサム・ノグチ財団の名誉理事と理事である、ショージ・サダオ伯父に特別にお願いして工場を見学させて頂きました。オゼキの皆さま、お忙しい中での見学、どうもありがとうございました。

 

ペンダント照明ヴァーパンの取付け@横浜O邸

横浜市O邸

昨年リノベーション工事が完了してお引渡しをしていた横浜O邸のお客さまから、お子さまが少し大きくなってきて、インテリアを考える余裕が出てきたので、そろそろダイニングとリビングのペンダント照明を相談したいとのご連絡がありました。

シンボリックで印象に残る形のペンダントライトで、ミッドセンチュリー風でも良いとのことで、幾つかの候補をこちらで選ばせて頂きましたが、最終的に決まったのが、このVERPAN(ヴァーパン)という照明器具でした。デンマークのプロダクトデザイナーのバーナー・パントンがデザインした、当時のフューチャーデザインを具現化したユニークな照明です。

当初こちらがご提案したリストの中にはなかったもので、お客さまが候補に挙げてくださった器具です。外皮がアクリルで安っぽく見えないか、サイズが大きすぎないか等、不安点もあったので、ちょうど別件の調査で青山のヤマギワのショールームに行く予定があったので、担当の前田君とヴァーパンのそれぞれの器具を実際に見てきた際の写真で。サイズは多少大きく感じましたが、安っぽさは全く感じなかったので、この照明で進めさせて頂きました。

こちらは、事前にお送りした、ダイニングテーブルとペンダント照明の下部の高さを検討するための資料です。まだ赤ちゃんが小さいので、お二人がキッチンで料理の準備をしている際にリビング側に視線を通すことを優先すべきか、或いはダイニングで食事をする際に、座った姿勢から視線に入る高さにすべきかを比較した図面です。

取付けが普通の引掛けシーリングではダメで、直結しなければならないので、取付け工事をリフォーム工事もお願いしていたリフォームキューの坂本さんに、電気屋の望月さんと一緒に来てもらいました。組立てもなかなか大変で、英語のマニュアルを見ながら、何とか組み上げて貰いました。

設置高さについては、幾度か実験した後で、ダイニングテーブル上から照明の下端を80センチで決めて吊って貰いました。

吊り込みがひと段落したところで、お客さまもOさまと弊社スタッフの前田君がダイニングで照明のもとで歓談している様子です。このアングルだと、外が明るいので、印象が薄く見えますが、実際には結構な存在感で、グッとダイニングスペースよりに空間の重心が寄ってきた気がいたします。

実は、当日はまだ決まっていなかったリビングのペンダント照明も検討したいとのことでしたので、最終候補として残っていたネモのクラウンシリーズの2つのタイプの実物大模型(?)を持って、吊った時にどのように見えるかを検討して頂きました。
この上下二つの写真で比較している時は、大きなサイズのクラウン・メジャーが良いのではとおもっておりましたが…

先のヴァーパンが取りついた後にリビングにクラウン・メジャーを吊ってみると、二つのペンダント照明が争っているように見えてしまうので、小型サイズのクラウン・マイナーで進めることに決まりました。

最後の写真はオマケです。ダークセルベ(大理石)を一面に張った玄関ホールに素敵なアートが吊るされていたので、その様子を撮影させて頂きました。正面は草間弥生さんのリトグラフで、左面はどなたの作品かを聞き忘れてしまいました。アートを飾ることで、より素敵でかつOさまたちらしい空間になってきていること、とても嬉しかったです。

 

 

 

高級大理石のポルトロ張りの柱型

渋谷区タワーマンションS邸

ここまでリフォームデザインやインテリア提案のアドバイスをしてきた渋谷区タワーマンションにお住まいのSさまのリビングダイニングの柱型に希少で超高級な大理石のポルトロを張る工事のお手伝いを致しました。

マンションのリフォーム工事自体は、一昨年の10月に完成しておりましが、その後もミノッティのソファーやラグ、フレックスフォルムのラウンジチェア、モルテーニのテレビボード等のインテリア提案のお手伝いもしておりました。

その後のご相談で、テレビボードの背面のクロスの色が濃いので、もう少し薄めの色のクロスに張り替えたり、照明やダイニングテーブルのご相談も承っていた中で、リビングの二つの大きなピクチャーウィンドウの中央にある柱型に大理石を張りたいとのご相談がありました。

こちらの事務所にあった希少で高価な大理石のサンプルを幾つかお見せした中で、超希少で超高価なイタリア産大理石のポルトロを気にってくださり、是非良い柄のポルトロを探して張りたいとのことになりました。ここまでリフォーム工事をお願いしてきた大手リフォーム会社のN社の担当者に相談したところ、相談してから1年ほど経ってから、素晴らしい柄のポルトロのスラブが関ヶ原石材に入ってきたとの情報を貰いました。

そこでお客さまご夫妻とN社の担当者、そして私で岐阜県の関ヶ原石材の倉庫に現物確認に伺ってきました。変形のスラブ材が8枚が並べられた様子を拝見してきました。

ポルトロは柄(模様)の色と入り方が特徴で、金色(黄色)に見える柄が入っているのが、もっと高級とされています。また、黒い部分が漆黒で濁りがないのも重要な条件なのですが、今回のスラブ材はほとんど文句が付けられないほど美しい素材でした。柄の流れは少し斜めになっている個所がありましたが、それもほとんど気にならない素晴らしいスラブ材で、お客さまもとても気に入ってくださいました。N社に施工方法と見積りを作って貰う間に、この大理石が無くなってしまうことは避けたかったので、取り置きをお願いした上で見積りをお願いいたしました。

そこからまた見積りや施工方法の検討、柄合わせのデザインなどをチェックしたうえで、約半年後Sさまご一家が旅行でいなくなるタイミングを見計らって工事に取り掛かることになりました。

こちらが現地に届いたポルトロの大理石です。

超希少な大理石ですので、運搬や取付け中に割れてしまうのを防ぐために、背面にはメッシュネットを張り、更に四方にはスリットを入れて細い鉄筋を埋め込んでもらっています。

また、大理石を壁下地に張りつけてゆくうえで、地震などの揺れで石が落ちてこないように、石の上部にワイヤーを入れて、それを壁下地のベニヤ板に効かせたビスに結び付けるようにして貰っています。

因みに、こちらの写真が関ヶ原大理石に展示してあった、石引アンカーの詳細模型です。

一枚一枚をこのように丁寧に積み上げてゆく作業となります。

こちらが最終的にポルトロが張り上がって、手前にお手持ちのアンティークの棚と装飾品を置いた様子です。

ご帰国後のお客さまに検査を兼て、工務店と一緒に見学に伺った時の様子です。昼は勿論大理石の柄が見えてきれいだけど、夜になると今度は窓外の夜景の波とポルトロの波模様が繋がって、素晴らしいとのお褒めの言葉を頂きました。
一年半掛けてこの大理石張りを検討、施工してくれたN社の皆さまどうもお疲れさまでした。そして一年半も掛かって、ようやく柱の大理石張りが完了したSさまご夫妻、どうもお待たせいたしました!

 

 

 

 

ホームステージングされた白金台H邸の空間

白金台H邸

リノベーション工事が完成して、販売が始まっていた白金台H邸にリースの家具が入りました(当初からこちらのプロジェクトはリノベーションで間取り変更とインテリアのグレードアップ、設備更新を全体をグレードアップしてから販売する予定でした)。

中古マンションの販売時に、どのように暮らすのか、どんな家具レイアウトをしたらよいのか、生活のイメージが湧くようにリースの家具だけでなく小物まで配置することを、ホームステージングと言います。今回は不動産販売をお願いしている大成有楽不動産販売の担当の野村さんが紹介してくださった2社の会社に、現地を見て貰った上で提案書を作って貰いました。

2社とも、こちらの空間をとても気に入ってくださって、ホームステージングの実例を作っていくうえでも是非お手伝いしたいと言ってくれました。ただ、空間が結構大きく、結果的にお断りすることになった1社は、大きな家具をリースで揃えることが難しかったらしく、細かい家具を組合せたインテリア構成提案となってしまっていたので、最終的には、僕らも以前から知っていた虎ノ門にあるインテリア会社のメイズさんにお願いすることになりました。

こちらがそのメイズが作ってくれた提案書です。スタンド照明やグリーンなどの細かいアイテムも揃えてご提案してくれました。

こちらの事務所にも細かい置物や本、ポスターなどの用意があるので、センターテーブル上のオブジェと本、正面壁のテレビコーナーのポスターは事務所から持ってきたものです。

キッチンで軽食が楽しめるイートインコーナーも、ハイスツールが入ると子どもたちがご飯を食べている様子が浮かんできますね。正面右側のオープンな場所はビルトインタイプの食洗機置き場で、もしワインに嗜好がないお客さまがご購入した場合は、開き扉か引出を設置できるように考えています。

イートインコーナー越しにキッチンを眺めつつ、廊下から玄関ホールを見返した様子です。天井に見切り線を設けて、クロスを張り替えていることが判るでしょうか…。

こちらは玄関ホールです。姿見の前が少し凹んでいるので、そこには私物でアーティストの前川秀樹氏の彫刻を置いてみました。ちょうど良いニッチに存在感のある彫刻がはまって、良い雰囲気になったと思っています。

主寝室脇のウォークイン・クローゼット内のお化粧コーナーも、イスト植栽は入ったことで、こじんまりとした空間の気持ち良さが演出できているのではないでしょうか?

全体に広々として散漫に感じていた空間が、ホームステージングのリース家具を入れたことで、スケール感が生まれて、生活の様子も垣間見えるようになりました。これから販売が始まってゆくスケジュールですが、見に来てくださった方からどのような反応があるか、今から楽しみです。

 

 

世田谷区Y邸の竣工お引渡しと照明のシューティング

世田谷区Y邸

長らく時間が掛かったうえ、こちら側の大小さまざまな監理ミス・指示間違いでお客さまにご迷惑をお掛けしてしまっていた世田谷区Y邸ですが、ようやく竣工お引渡しの運びとなりました。

まずはその1週間前の施主検査の様子からご紹介いたします。設計の細かいディテールまでご一緒に検討してくださったYさまのチェックですので、細かい所まで良く見てくださっています。

ただ、施工途中でもお近くにお住まいだったので、何度もチェックして問題がある度に指摘して、その都度直してきたので、施主検査当日に指摘された項目は細かいキズの補修などが中心でした。

また、最後に家具や仕上げ材の違った箇所の目地のコーキングが残っていたので、現場の・斉藤さんがコーキング全色を揃えてくれたものを実際にその場所で見比べながら色を決めてゆきました。

これはダークセルベの大理石壁と塗装仕上げの天井との隙間のコーキングを決めている様子です。全ての個所のコーキング色をこのようにして決め、また傷の補修箇所についても全てチェックを致しました。

約一週間の補修期間を経て、竣工お引渡し当日の様子です。

各種設備などの取扱い説明のために、多数の人が集まってくれていますが、左奥には当初この世田谷Y邸の担当設計者でしたが、お子さまが生まれて産休から育休に入っていたスタッフの竹田さんも赤ちゃんを抱っこしながら参加してくれました。

最初は、リネアタラーラの徳永さんにキッチンの取扱い説明をして貰いました。

続いては、同じリネアさんにお願いしたお隣の書斎部屋の使い勝手の説明です。

お次は、お馴染みの東京バススタイルの和久田さんにオーダーユニットバスの取扱い説明をして貰いました。中々ご希望の色味のタイルが見つからず、韓国から輸入したタイルを使って作って貰った浴室ですが、とても気に入って貰っており、和久田さんたちが苦労した甲斐がありました。

こちらの色味の指示間違いで、塗装し直してもらった主寝室のウォークインクローゼットの壁パネルは、何とかこの引渡しまでに間に合わせることができました。Yさまには本当にご心配をお掛けしてしまい、申し訳ありませんでした。WICの中では、電気工事の井上さんが、NASやLAN配線のことを説明してくれています。

天井カセット式エアコンはフィルターの自動清掃機能付きを選んで頂きましたが、使い方を僕らも青の斉藤さんや片岡さんも知らなかったので、井上さんに実演して貰いました。高い天井にセットした場合、スイッチを操作すると前面パネルが自動的に降りてきて、フィルターを清掃した際のホコリを取り去ることができるようになっていました。

電気配線やLAN配線、ステレオシステムに強い興味をお持ちのご主人さまは、玄関収納の中にある分電盤やルーターの位置なども確認してくださいました。

そうこうしているうちに、段々と外が暗くなってきたので、いよいよ本日のクライマックスの照明の説明とシューティングが始まりました。キッチンの背面壁にあるルートロンの取扱い説明をして貰いました。リビングダイニングだけで9系統の照明回路があるので、ルートロンのグラフィックアイQSを2台設置しています。

実は照明回路の系統数が多いのは、このように天井のダウンライトに関しても、LEDの3000Kとハロゲンの2800Kを二つずつのセットで設置し、両者を調光して最適な光環境を作りたいというYさまご夫妻の強いご要望があったからなのです。これらのダウンライトは共に幾度もショールームに伺って検討したモデュレックスのものです。

また、窓際の薄い隙間に設置したルーチのLED間接照明、柱型の足元には特注でオーダーした森川製作所の床埋め込みアップライト等、色々と難しい問題をクリアしながら設置した照明もルートロンで一括コントロールしています。

外が完全に暗くなってから、Yさまご夫妻のご要望を伺いながら、電気屋の井上さんと現場監督の斉藤さんの二人にシューティング(光の向きを変えて最適な光の位置を探す作業)を行っていきます。

モデシュレックスのフレームレスのダウンライトは、縁がほとんど見えないので、仕上がりはとてもきれいなのですが、細かく角度を調整しながらのシューティングでは、天井を傷つけずに回転したり、角度を変えるのは非常に難しい照明なのです。

書斎入り口に設置したリマデジオの合わせガラスの間に金属メッシュを入れたガラスを、照明シューティングで美しく演出するのは、何度もやり直しながら実験を続けてゆきました。

リビングの一番大きな壁で、クライマックスでもあるポロ社のロードイットパネルと、サルバトーリ社のバンブー仕上げのクレマドルチェ(ライムストーン)の個所も、細くシャープな光が欲しいとのことで、当初用意していたフィルタを最終的には外すことでご満足が良く光環境を実現することができました。

こちらが、取り外したモデュレックス社のフィルタです。実は、このフィルタを置いているテーブルも、インテリアズ社にお願いしたサルバトーリの石で作ったテーブルです。

シューティング作業に手間取って、約2時間ほど掛かってしまいましたが、最後に青の片岡さんからお引渡し書類の説明をして貰いました。かれこれ4時間ほど掛かっての取扱い説明からシューティングでしたが、最後はとても満足が行くスペースができたことを喜んでくださっているとのお言葉を頂きました。
やり直し工事が多数発生してしまい、青の斉藤さん、そして造作家具工事の現代製作所の藤田さんたちには、ご迷惑をお掛けしました。Yさまそして奥さま、こちらのミスで色々なご心配をお掛けして、本望ではないところも残っているのではと思っておりますが、それもご納得して感謝の言葉を伝えてくださったこと、心からありがたく思っております。どうぞ今後とも宜しくお願いいたします。

新しくカガミ建築計画/デザインリフォームのホームページを公開しました

リフォーム

古いシステムを使っていたことで、最近に完成したプロジェクトの更新が滞っていたこれまでのカガミ・デザインリフォームのホームページでしたが、今回思い切って、新しくカガミ建築計画-高級マンションのリフォーム・リノベーションの設計&デザインーという形のホームページに作り直しました。

これまでは、最近は対象をマンション絞って断っていた戸建てリフォームや別荘リフォームの事例が数多く掲載されていたのを、全て過去のプロジェクトの欄に押し込んで、高級マンションのリフォーム&リノベーションに特化していることが、一目でわかるようにしています。最新のブログ記事もこちらのトップページから確認できるようになりました。

何より良くなったのが、この作品事例集でしょうか。一気に最新の事例を18個も増やすことができました。ここ3年ほどは、ホームページの更新なしで、こちらのブログのみでの告知だけでしたが、良くここまでご依頼してくださるお客さまがいらっしゃったものだと、今更ながら驚いております…。
今後は、使いやすいシステムを汲んでいるので、小まめに新しいプロジェクトを更新してゆく予定です。

仕事の進め方のページも、新しい撮り下ろしの写真も含めて作り直しました。こちらは一般的な設計監理のスタイルの仕事の進め方(プレミアム・リノベーション)です。

もう一つ、最近ご依頼が増えている簡易型のサービス「デザインアドバイス」についてのご説明も加えてみました。

事務所の紹介についても、僕各務本人の写真も撮って貰い更新しています。これまで隠しページ的だった、僕各務が作ってきた事務所内でのランチもこのページの「きょうのランチ」からブログ形式で見ることができるようになりました。

 

ページトップへ戻る