Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

外苑前C邸のお引渡しとビフォー&アフター

外苑前C邸

お客さまのご都合で、マンションリフォーム完成後しばらく時間を明けてのお引渡しとなった外苑前C邸の取り扱い説明に立ち会って参りました。

マンションリフォームのお引渡し

まず最初に、ザっと補修工事の内容をチェックしたうえで、リフォームキューの工事完了届にサインをして頂き、お引渡し書類を一通り説明して貰いました。

ジーマティックのオーダーキッチンの取り扱い説明

まずはジーマティック社のオーダーキッチンの説明からです。弊社の担当で、今回も最初から粘り強くキッチンを取りまとめて下さった神蔵さんが、Cさまに説明してくれました。

ジーマティックのオーダーキッチンの取り扱い説明

ミーレの食洗器については、ミーレの担当者が来て説明をしてくれました。

ジーマティックのオーダーキッチンの取り扱い説明

レンジフードの清掃の説明は、神蔵さんでは届かないので、長身を生かして僕、各務が実際に整流板を外し、シロッコファンまでの取り外しをご説明させて頂きました。

東京バススタイルのオーダーユニットバスの取り扱い説明

キッチンの次は東京バススタイルにお願いした浴室です。

東京バススタイルのオーダーユニットバスの取り扱い説明

ジェット機能付きの浴槽の説明以外は、ほぼ掃除、メンテナンスのご説明となります。

ルートロンのシーン照明スイッチの取り扱い説明

最後は、リフォームキューの岩波部長から、給湯器や床暖房、照明スイッチ等の説明でした。今回はルートロンのシーン調光システムを使っているので、そのスイッチを丁寧に説明してくれました。
以下は、リフォーム工事の前後を比べたビフォー&アフターの写真のご紹介です。

マンションリビングリフォーム_ビフォーアフター

リビングダイニングのビフォーアフターです。玄関・廊下とキッチンの機能を整理し直すことで生まれた余剰空間分、リビングを広くすることができました。以前は扉の開き勝手で家具レイアウトの制限がありましたが、引き戸にすることでラウンジチェアを置くスペースが生まれました。
従来は壁天井ともに白いクロス張りでしたが、壁にはクラシカルなモチーフのパネル壁、左側のテレビ&ワインセラーコーナーは黒い素材とメリハリをつけることで、空間の奥行き感を演出することができたと思っています。

マンションリフォーム_リビング_ビフォーアフター

TV&AVコーナーとワインセラー置き場を合体させた、リビングの壁面収納のビフォーアフターです。リビング壁に唐突に立っていたコンクリート躯体の柱柄を一枚のフレームの中にデザイン的に取り込み、凹凸調整することで柱の存在感を消すデザインとしています。

洗面所リフォーム_ビフォーアフター

洗面脱衣のBefore&Afterです。浴室と洗面のレイアウトは基本的に同じままですが、洗面カウンター横にも半透明のガラス入りの窓を設けたことで、全体的に明るい空間となっています。大理石柄の大判タイルで作った伸びやかなカウンターと、収納量を確保したメディスンキャビネットなどで使い勝手も向上しています。浴室をオーダーユニットで作り直したことで、洗面から浴室の入り口はフラットになったこともお客さまはとても喜んでくださいました。

玄関ホールリフォーム_ビフォーアフター

玄関ホールの改造前と後です。以前は腰高だった靴収納を天井まで伸ばす代わりに、カラーガラス張りの扉で存在感を和らげています。SICやトイレのレイアウト変更で生まれたニッチに、靴の脱ぎ履きや荷物の仮置きなどに使えるミニベンチを設けています。
弊社ホームページ上にも外苑前C邸紹介のページを作りましたので、どうぞそちらもご覧ください。

モルテーニの壁面収納システム505

麹町K邸

現在設計プロセス進行中の麹町K邸では、リビングの壁面にテレビ収納とライティングビューロー( writing bureau、つまりライティング=書き物をするとビューロー=引き出し収納が合体した引き出し式書斎机)と飾り棚を設けたいとのご要望がありました。そこで、お客さまご夫妻と青山にあるイタリアブランド家具のモルテーニのショールームに一緒に伺って参りました。

モルテーニ東京ショールーム訪問

以前、Kさまご夫妻だけでも、こちらのショールームに伺ったことがあったそうで、この世界観や色味がとてもお好きだとのことでした。

モルテーニ東京_505ライティングビューロー

モルテーニは元々が壁面収納専門のメーカーでしたので、収納式の書斎コーナーであるライティング・ビューローシステムも幾つかの種類があります。

モルテーニ東京_505ライティングビューロー

こちらは、上部はガラス扉をせり上げて、テーブル部分は立ち上がっていた板をパタンと90度手前に倒すタイプです。

モルテーニ東京_505ライティングビューロー

こちらは、テーブル部分は最初から出っ張っておりますが、テーブル奥に物を押し込むと、上からスライドして落ちてくる扉板で隠すことができるシステムとなっています。

モルテーニ東京505壁面収納システム

今回は書斎コーナーとテレビ収納と飾り棚を組み合わせたデザインを検討しておりますので、幾つかの事例をショールーム内で拝見させて貰いました。今回は全てモルテーニの505シリーズで検討しております。

モルテーニ東京505壁面収納システム

こちらは事例としてはテレビは置いておりませんが、中央左部分の間接照明が入ったオープン棚は縦サイズを大きくすればテレビも置けるレイアウトに変更可能とのことでした。

モルテーニ_ウォークインクローゼットシステム

ショールーム見学の流れの中で、ウォークイン・クローゼットのマスタードレッシング・システムもご覧になって、こちらもとても良いので、提案して貰えないかとのお話しになりました。

モルテーニ_ダイニングテーブル_フィリグリー

やはり流れの中で、僕らが良く採用させて貰っているフィリグリーというエクステンション型のダイニングテーブルをご覧になって、Kさまご夫妻は一目惚れなさって下さり、これは絶対に欲しいというお話しになりました。

モルテーニ東京_505壁面収納

また、最後の打ち合わせで使わせて貰ったこのコーナーで使っているダイニングチェアのアウトラインも、コストとデザインのバランスが良い優れた椅子であることをご説明したところ、こちらも気に入って下さりました。

モルテーニ東京_アウトライン生地選び

アウトラインも多様な張地の中からお好きなものを選べるですが、レザーがお勧めなので、僕らが良く使っているレザーを見て頂きました。ベースはブラウン色と決まりましたが、一つは書斎コーナーでも食卓でも使えるようにして、そこに赤い色をアクセントカラーとして入れてはどうかという話にまで発展致しました。

モルテーニ_壁面収納システム505_提案書

モルテーニがこちらの要望を纏めた提案書案が届き、幾度か間違っていた箇所の訂正や、使い勝手や色味の確認を行った後で最終的に纏めて貰ったのが、こちらのプレゼンシートとなります。飾り棚の背面板にも、アクセントカラーの赤を使おうとのお話しになっております。

リフォーム解体は設備機器取外しから

品川N邸

高層マンションリフォームの品川N邸、いよいよ工事着工となりました。最初は、解体に向けての設備類の切り離し作業となります。

品川N邸解体開始

マンションリフォームの解体時の設備切り離しでまず一番重要なのが、インターフォン等の弱電関係の取り外しとなります。特に高層マンションでは、下の表玄関の開閉や管理事務所とのやり取りなどをこの機器を通して行うことと、それなりの年数が経ってしまっていると、インターフォン機器の在庫がなくなってしまい、取り外し時や、工事最中に機械が壊れてしまうと、取り返しがつかないことになってしまうことがあるからです。
写真の通り、インターフォンの裏には複雑な配線がされているので、それらをきちんと確保しながら、今後の工事のホコリでやられないようにビニール等でカバーして保管して貰います。

品川N邸解体開始

ガス切り離しは簡単な作業で、空調機器はエアコンは再利用となっているので、あとは給排水衛生設備機器の取り外しとなります。
写真の通り、便器やユニットバスの切り離しと機器取り外しが終わりました。

品川N邸解体開始

今回は、これまで使ってきた窓周りのブラインド類を少し寸法を変えて再利用したいとのお話しもあったので、施工をお願いしているスタイル・イズ・スティル・リビングの齋藤社長と現場監督の中川さんに取り外して貰いました。床に置かれているファブリック類はそれです。
また、写真正面に見えている窓下のカウンタ―家具は、天板だけ交換して扉はダイノックシート張りとして再利用するので、天板を取り外して貰いました。

品川N邸解体開始
品川N邸解体開始

アイカのポストフォームと呼ばれる、MDFの基材にメラミン化粧板を巻き込んだカウンター材でした。長物なので、途中で引き寄せ金物で連結されておりました。

品川N邸解体開始

丁寧に取り外してくれたので、壁もほとんど傷まないままで済みました。

品川N邸解体開始

窓周りの枠下までフローリングを新しいフローリング張り伸ばすかどうかを、齋藤さんとお客さまがお打合せをして下さっている様子です。

既存ブラインドの寸詰め調整

当日は車で現地に伺って、長物のブラインド類を当初にお客さまが依頼して作って貰ったマナ・トレーディングまで運んでチェックして貰いました。

既存ブラインドの寸詰め調整

作ってからそれなりの年数が経っていたので、実物を見てからでないと、寸詰め加工ができるかどうかは何とも言えないと言われておりましたが、現物をチェックして貰い、傷みもなく、これであれば加工可能とのことでした。