Blog建築家が考える
プレミアムリフォーム・リノベーション

Architects think of Premium Reform & Renovation

高級マンションリフォーム・リノベーションの設計とデザインについて。
そのプロセスとノウハウを余すところなく公開しています。

遮音天井・二枚目の遮音ボード張り

駒沢X邸

上下隣接住戸からの音、そしてこちらのお部屋からの音漏れを気になさって、部屋全体を遮音仕様で作っている駒沢X邸の天井工事の第二弾です。

遮音天井の石膏ボードの目張り

リビングの折り上げ天井の形に添って、まずは普通の石膏ボードが張られています。この上から遮音ボードが張られるのですが、その前のボード継ぎ目処理が一つのカギになっています。

遮音天井の石膏ボードの目張り

フラットな部分をよく見ると、石膏ボードの継ぎ目に何かが塗られているのが判るでしょうか?通常の塗装仕上げ用のプラスターボード二重張りでは、下地のボード継ぎ目は何もしないのですが、ここからの音漏れを防ぐために遮音用のコーキングを詰めているのです。

遮音天井の石膏ボード配線孔の目張り

全ての天井の隙間を埋めるので、配線類やダクトなどの設備が天井を貫通している個所も全て遮音コーキングを詰めて貰います。

遮音天井の石膏ボードの目張り

通常は壁下地を先行して建てて、そのあとで天井と床を張るのですが、遮音仕様となると、床と天井先行で、壁が後になるので、特に壁内にコンセントや照明スイッチ用の電気配線をする箇所には大量の線が現れ、それらを全てコーキングしてゆくという、中々面倒な作業になります。

遮音天井の遮音ボード張り

一枚目の天井下地が出来上がった所で、二枚目の遮音ボードを張ってゆきます。これが普通の石膏ボードの3倍ほどの重量があるので、職人さんも三人掛かりでの作業となります。配線のための穴も余分に開けないので、配線位置を全て事前に墨出しして孔をあけたうえで張ってゆくという大変な作業になります。

遮音天井の石膏ボードの目張り

一枚目のボードの継ぎ目と二枚目の遮音ボードの継ぎ目が重ならないことも重要です。

玄関扉の枠隙間埋め

その他の工事としては、玄関扉の枠とコンクリート躯体の間に隙間があり、音漏れだけでなく防火区画としても問題があることが判ったので、その隙間も詰めて貰っています。

玄関扉の枠隙間埋め

普通のモルタルでは乾燥時に収縮して隙間が空いてしまうので、無収縮モルタルを詰めて貰いました。

玄関扉の枠隙間埋め

このように仕上がりました。玄関扉から共用廊下への音漏れを気になさっていたお客さまのXさまも、モルタルを詰めた後に音を体感してもらったところ、随分良くなったと喜んでくださいました。

キッチン設備配管位置確認

キッチンの据え付けの配管チェックに、リブコンテンツの鈴木さんが僕らとタイミングを合わせて現場に来てくれたので、吊戸棚などを天井ボードにビス止めすることができないこと(遮音仕様の天井に穴をあけられないため)なども説明させて貰いました。


造作家具&照明取付け@港区三田A邸

港区三田A邸

デザインリフォームのお手伝いでここまで進んできた港区三田A邸ですが、クロス張りが終わって、造作家具とキッチンが入ったとの連絡があったので、現場に行って参りました。

クロスとタイル張りが終わったことで、空間の輪郭がしっかりと見えてきています。写真右側がリビングダイニングと一体になった玄関ホールで…、

タイル張りの壁の中に、このような靴収納と飾り棚がフラットに埋まっています。 目地材なしの突き付けでタイルを張って貰っていますが、その目地と梁や開口部、巾木ラインがピタリと合ったデザインとなっています。

リビング側からみると、玄関扉を挟んで奥には壁面の靴収納が設けられています。こちらはまだ扉が吊り込まれていないので、中身が見えていますが、大容量の靴収納となっています。

オーダーキッチンのクッチーナに依頼したキッチンも無事取り付けられていました。キッチンパネル部分をどのような素材にするかで、お客さまとリフォームキューの上山さんと色々と検討しましたが、最終的に決めたDICの不燃パネルは、あまりに違和感なく収まっており、多々検討したことを忘れてしまいそうなほど自然に納まっていました。

廊下奥のプライベートエリアにある洗面カウンターです。柱型を避けながらギリギリの寸法で設計して貰った鏡張りのメディスンキャビネットとサイド収納が一体で収まっていました。梁や柱で厳しく寸法が制限された中、無駄のないシンプルな家具が気持ち良くピタリと嵌っていました。

こちらはトイレの手洗いカウンターです。小さくコンパクトなスペースですが、小さなお子さまがいらっしゃるAさま一家ですので、手首までしっかり洗える大きな手洗いボウルが載る奥行でカウンターを設計して貰っています。


建具の吊り込みもある程度進んでいました。こちらは玄関正面に見えてくるレザー張りの引き戸です。

予算的には中々厳しい所でしたが、カラーガラス張りの壁やこのスティッチ入りのレザー扉は、お客さまのAさまも費用を捻出して下さり、工事のリフォームキューも頑張ってくれました。

洗面や納戸のクロス張りの引き込み扉も金物取付と吊り込みを待つばかりの状態に仕上がっていました。

本当は家具取り付けの最中に現場に行きたかったのですが、一日遅れですでに取り付け終わっていました…。その代わりといっては何ですが、僕らも良くお世話になっている電気工事の望月さん親子が作業をしていました。

少し時間の余裕があったので、ダウンライトの取り付け方法や、電気や弱電配線について、色々と教えて貰いました。

先回のブログでスケッチを掲載していた梁のディテールも2種類のクロスが張り込まれていました。現場で話をした上山さんとは、溝の奥には黒かステンレス色のシートを張ろうとの話になっています。

フローリングと大判大理石調タイル選び@外苑前C邸

外苑前C邸

キッチンや水回りの設備、さらにはソファやダイニングセットなどの置き家具も選定を進めている最中の外苑前C邸ですが、内装材の選定も見積り図提出前にはある程度は決めておかないといけないので、ここまで候補に挙がってきた素材を事務所の打ち合わせテーブルに並べて見比べて頂きました。

素材打ち合わせ@神宮前C邸

素材の中でも、一番面積を占めるベースになるフローリングについては、もっと大きなサンプルで確認したいとのお話があり、青山にあるIOCのショールームに同行させて頂きました。

IOC青山ショールームにてフローリングサンプル確認

ここまで、幅があって、節などの素材感も適度にあって、それでいてリーズナブルな価格帯のカンヌシリーズで選定を進めてきました。ショールームでは、僕らが仮決めしていたものと、似たようなフローリング材を事前にお願いして床に並べて貰いました。

IOC青山ショールームにてフローリングサンプル確認

全体のイメージとしては、僕らが持っていた小さなサンプルとほぼ同じことを確認して頂きましたが、色幅があることや節の大きさや出現の頻度が気になるとのことで…、

IOC青山ショールームにてフローリングサンプル確認

立ったり座ったり、離れたり近寄ったりと、色々な角度からフローリングを見て頂き、最終的には当初から選んでいたカンヌグリで進めることに決めて頂きました。

大判タイルショールームのアークテック

キッチンのカウンター上の壁材として大きなデザイン要素になる、大判の大理石調タイルについても、目黒のあるアークテックのショールームにて実物を見て頂きました。

イタリア製大理石柄の大判タイル_フィアンドレ

イタリアのグラニティ・フィアンドレ社のマクシマムシリーズは、白系から黒系まで色味や柄が豊富にあります。やはり白色のカラカッタ系の色と柄を良さそうだとのことで、

大判タイルショールームのアークテック

ショールームの引き出し式大判タイル収納を引き出して、実物の柄と色味を見て頂きました。

大判タイルフィアンドレの柄確認@アークテック

上の写真と同じタイルを見ている写真ですが、アークテックでは照明の色温度を変えることができるので、上では2700K(ケルビン)で、下では実際に照明として使う予定の3000Kで見せて頂きました。こちらはカラカッタ・スタトゥアリーオで決定となりました。


ページトップへ戻る