建築家が考える上級リフォーム・リノベーション

大理石とラインストーンの壁張り分け@麻布台M邸

麻布台M邸のリビングと書斎を間仕切る大理石張りの壁ができてきました。

大理石の石種は、モナコグレーです。うちの事務所では、グリジオ・ビリエミ(ムルシア・ブラウン)という石種を比較的良く使ってきたのですが、この大理石がどこの石材屋にもほとんどないとのことで、似たような石種で探してもらったものが、このモナコグレーです。スラブ材と呼ばれる大判の板材から、壁のサイズに合わせて切り出してもらったものです。

この壁を左側に周ると、引き戸を入れるスリットがあり、その先にも大理石壁が続いています。

その先には、廊下側から書斎へと入る扉の枠材があり、そこで大理石が止まっています。枠材は、チークも無垢材で作ってもらったものです。

壁の右側にも引き込み扉のためのポケットが作られています。

工務店の青とは幾度も同じようなディテールの引き込み扉を作ってきましたが、扉が少しでも歪むと、ポケットの枠と擦れてしまうという問題に当たったことがあったので、ポケットの入り口部分と、扉が一番孕みやすい、中央部の横桟にモヘヤを貼ってくれました。

写真では分かりにくいのですが、モナコグレー張りの反対側の壁には、ライムストーンのモカクリームを張って貰っています。ライムストーンと大理石は、化学組成の点では同じものだそうですが、ライムストーンに熱が加わって再結晶したものが大理石と呼ばれるそうです。ただ、色味や触感は大きく違っており、ライムストーンはサラッとした触感で、柔らかく優しい雰囲気があるのに対して、大理石はダイナミックな柄とユニークな色で個性が強く、(磨き方によって大きく違ってきますが)本磨きにした場合は特にツヤがでて華やかな雰囲気になります。
こちら麻布台M邸では、少し暗めのリビングでテレビを壁にかける壁はダークでシックな大理石張り、明るくオープンな雰囲気のダイニングにはライムストーンを使って、空間の様相を変えてみました。

ライムストーンは直角に曲がった壁まで貼ってありますが、それだけではちょっと静かに見えるので、後で絵画や写真を飾れるように、最細のピクチャーレールを天井との接合部に仕込んで貰っています。

リビングダイニングの南北の壁は上記の石張りで、東側は窓となり、西側には玄関とキッチンが並んでいます。この写真の右が玄関ホールで、左側がキッチンです。

キッチンの既存アイランドカウンターを変形させた、壁付けのペニンシュラカウンターの一部が壁から出っ張るデザインとなりますが、そのカウンターを支える壁ができてきました。

ここからは、細かい枠建具枠、異種素材の見切り枠を付けてゆく段階となります。

できてきた建具枠に合わせて作る建具(扉のことです)の採寸のために、建具屋さんも来てくれていました。

この箱から取り出した見慣れぬものは…

収縮式の定規でした!
大工さんや造作家具屋さんは巻き尺で寸法を図るのが一般的ですが、より正確な寸法が必要な建具屋さんは、途中で曲がらないこの特殊な定規を使った方が良いのだそうです。

最後のオマケの一枚は、床を張り替えた洗面所です。玄関と同じシルバーギャラクシーという石種ですが、浴室扉前の床には、床下に置いた漏水センサーをチェックするための点検口が必要なので、400ミリ角の石のコーナーに200ミリ角の孔をあけ、シールでそのサイズの石を固定することにしました。

 

タグ

2016年12月20日 | 大理石とラインストーンの壁張り分け@麻布台M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸

グレードアップ追加工事で更に高級感が増した青山P邸

リノベーション工事を進めてきた青山P邸ですが、当初考えていた設計通りに工事が完了したのですが、出来上がりを確認してくださったお客さまから、もう少し費用を追加すれば、どの位グレードアップが可能かとのお話があり、急遽追加工事をすることになりました。

こちらが第一次工事が完了した時点でのお客さま検査時の様子です。これだけでも十分にきれいでカッコ良い空間に仕上がっていると思っていたのですが…。

玄関ホールからダイニングに入った正面の壁が、単なる塗装壁だと大きな無垢感のあるテーブルが映えないのではとのことで、こちらの壁を大理石張りに変えることになりました。ボードの塗装壁では大理石は張れないので、壁の上から下地用の合板を張ってから大理石を張って貰いました。

また、玄関に入ってすぐ左に見える壁が塗装壁だったのですが、タタキに使ったものと同じ大理石を、こちらの壁にも張り伸ばすことにいたしました。

そうこうして、追加工事が終わって出来上がったのが、こちらの写真です。確かに、正面の壁を大理石で仕上げて、照明を追加したことで、華やかさが増しました。

先ほどの工事途中の写真と見比べると、グレードアップ感が良く判りますね。

玄関は、右奥に見える壁を大理石で仕上げただけでなく、この写真の左側の壁全体もチークの突板パネルを貼って、空間のグレードアップを図っています。

こちらが木製パネルを貼る前の玄関ホールと廊下の様子です。カラーガラスと大理石壁、そして奥に見えるタイル張り壁と奥へ奥へといざなうような空間が、これだけでも十分素敵だったのですが、更に高級感が演出できるようになりました。

一番奥の主寝室も、柱型奥のミニテーブルだけしかありませんでしたが、腰壁パネルを貼って、さらに柱型にも鏡を張って、ベッドを置いた時の様子が想像できるような設えに変えてみました。

専有使用権のある庭に張ったウッドデッキの様子です。こちらには、植栽を入れる予定となっていますが、まだプランターしか届いておりませんでした。右端には、エアコンの室外機を隠すカバーも出来上がっていました。

こちらはグレードアップ工事とは関係ありませんが、リビングのライブラリーコーナーの完成時の様子です。奥へとプライベート廊下が続いていますが、扉がありますので、その開閉でリビングの雰囲気がガラリと変わる工夫となっています。お篭り感を演出するために、ニッチの天井と書棚の奥の壁を同じ灰色で塗装しています。照明の縁を黒にしたのと、天井カセット式エアコンのフェイスも同じ色で吹付塗装して貰いました。
長らく工事が掛かりましたが、2段階のグレードアップ工事を経て、素晴らしい空間へと変貌を遂げてくれたと思っております!

タグ

2016年12月16日 | グレードアップ追加工事で更に高級感が増した青山P邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 青山P邸

仕上げの精度を決める下地工事進行中@麻布台M邸

麻布台M邸の工事が進んでいます。

各種の仕上げ素材を張るための下地が完成してきました。実に地味な作業ですが、仕上がり材の寸法と取り付け方法を加味して作る下地の精度が、仕上がりの精度を決めてしまうので、本当に大事な作業なのです。

正面に見えている壁は大理石張り、その右に見ている窓の間の壁はカラーガラス張りとなります。

大理石張りの壁の中に、レザー張りの引き戸建具が引き込まれるので、そのレールが設置されています。天井は塗装仕上げで、パテしごきの作業も進んでいます。

既存の天井仕上げが塗装仕上げだったので、こちらのダイニング付近では、天井の補修塗装もしていました。よく見ないと判らないのですが、左奥の壁も大理石を貼る予定ですが、下地のLGSを壊したくなかったので、LGSの隙間に構造用合板を嵌め込んで壁の厚みを薄くするようにお願いしています。

玄関横のシューズイン・クローゼットの扉が付く壁は、扉と壁を合わせてカラーガラス張りにすることになっています。扉を枠なしで納めたいので、家具用のスライド蝶番を使って納めて貰うことになりました。

こちらは書斎入り口で造作の本棚が取りつく予定の壁です。正面右奥に書斎があるのですが、その扉枠と一体に見せたいので、ディテールの打ち合せをしてきました。

柱型の下の部分だけボードが貼られていませんが、こちらはその右奥でニッチになっている個所に設置する造作家具が、柱型正面にも繋がっているように見せるためのデザイン的な工夫を実施するためなのです。仕上がらないと何とも説明しにくい家具なので、仕上がりを楽しみにしていてください。

玄関ホールからプライベート廊下に入ってすぐに、引き戸で納める洗濯機コーナーを作っています。両引きの引き戸で洗濯機を隠すのですが、そこも目立たないように工夫をしています。手前のニッチには引出付きのカウンター収納家具が入る予定です。

養生で隠されている床をめくると、床の大理石が現れました。丸の内にあるパレスホテル東京と同じ大理石を石屋さんに探してもらったものです。

細かい造作家具や建具の納まりを、工事をお願いしているの田原さんと八木さんと打ち合わせをしている様子です。次からは大理石や造作家具が入って、いよいよ空間の全貌が見えてくることになりそうです。

 

No tags for this post.

2016年12月13日 | 仕上げの精度を決める下地工事進行中@麻布台M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸

元麻布I邸の竣工検査&低温ベイクアウトについて

長らく時間が掛かった200平米超えマンションリノベーションプロジェクト、元麻布I邸の竣工検査をお客さまと一緒に行いました。

こちらが検査後に、当日揃った関係者一同揃っての記念写真です。左から、造作家具屋ライフウッドの大迫さん、各務、お客さまのIさま、弊社担当スタッフの前田君、リフォームキューの現場監督の神成さん、同じくリフォームキューの石原専務、設計・営業担当の岩波部長です。

カガミ建築計画での検査は、施主検査でお客さまがいらっしゃる2時間ほど前に担当スタッフと各務が事前に伺って(場合によっては前日のこともあります)、一通り付箋を付けてチェックを行う設計検査を行い、その後にそれを参考にしながらお客さまと一緒に検査して廻るようにしています。家具やカーテンまで吊った後に検査を行うことが多いのですが、今回はスケジュール調整ができず、家具なしの状態での検査となりました。

こちらが、お客さまがいらっしゃる2時間前の現場の様子です。まだ、塗装の最終補修やお掃除の途中でした。

ダイニングの外壁側のパネル壁でも、ライフウッドの大迫さんと谷山さんが扉金物の調整をギリギリまで頑張ってくれていました。

昨今に行われている一般的な検査では、フローリングの傷や塗装のヒビやクロスの剥がれといった施工上のミスを探すことがメインになりがちですが、本来的にはそういった細かいことよりも全体的な施工精度のことや、扉の開け閉めの不具合、キッチンや家具の引出の硬さなど、これから住んで使ってゆくうえで気になりそうなことをチェックしてゆくことのほうが重要なので、ラグを敷いて隠れてしまう部分のフローリングの傷等の細かい事よりも、より本質的なことを俯瞰的に見て頂きたいとお客さまにはお話しております。

玄関ホールからLDへ入る扉では、取っ手金物が扉よりも出っ張ってしまっている個所が見つかったので、普段使いの際に手が傷つく可能性があるので、この部分は作り直してもらうことをお伝えいたしました。

ちょうどこの写真の左側の金物部分のことです。

洗面手洗いでは、トイレとのガラス間仕切り際の扉が、思いっきり開いた時にガラスにぶつかってしまう可能性があるので、80度以上は開かない金物を取り付けることをお伝えいたしました。

キッチンでは、以前お客さまのイメージ作りの為に作ったCGドローイングがあったので、出来上がったキッチンと見比べて頂きました。本当に良く似た出来になっており、CGが素晴らしいのか、施工の出来が良いのかの判らないとのお話になりました(笑)。

カメラもプロ級の腕をお持ちのIさまは、検査の後で室内の写真を撮影してくださいました。本日、お子さまのことで現場に来ることができなかった奥さまに、きれいに仕上がった室内写真をお見せしてくださるそうです。

全体のチェックが完了した時点で、チェックを一緒に廻ってくれたリフォームキューの岩波さんが、補修箇所をお客さまと一緒に確認している様子です。実は、今回のプロジェクトでは、ちょうどお子さまが生まれるタイミングとリノベーション工事の完成が重なってしまったのですが、どんなに建材や施工方法に気を付けていても、新しく入れる家具などからもVOC(揮発性有機化合物)発生してしまうので、ここから補修後も、一か月間毎朝窓を全て全開にして、夜には閉じて揮発性物質を出しきってしまう作業を行うことになっております。窓を閉じている夜間に暖房を付けて40度以上に室温を上げて、昼間の間に風通しでそれを外部に排出してしまう一連の作業はベイクアウトといわれていますが、室温を急に上げてしまうことで、家具や建具が歪んでしまうことや、塗装壁にヒビが生じてしまうなどのリスクもあるため、通常のベイクアウトの期間が1週間程度のところを、低温ベイクアウトな代わりに一か月間の期間を設けることにいたしました。

このように、昼間は窓を全開にしたうえで、全ての引出しと扉を開けた状態で放置して、夜に全てを閉めて窓も閉じる作業をひと月続けるのです。

とにかく収納が多いお宅なので、毎朝夕にこの作業をするだけでも結構な手間ですが、それ以上に折角リノベーションが完成しているのに、仮住まいで待ってくださっているお客さまのお気持ちの方が重要なので、この作業もリフォームキューに頑張って貰っています。

こちらは、最後のオマケ写真です。今回施工だけでなく、限られた時間のなかで図面描きまでサポートしてくれた、リフォームキューの石原専務(左)と岩波部長の記念写真です。ここまでのご尽力、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

タグ

2016年12月09日 | 元麻布I邸の竣工検査&低温ベイクアウトについて はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 元麻布I邸

インテリア用小物&植栽でステージングされた一番町A邸

リフォーム後に販売することが決まっている一番町A邸にインテリア用の小物を購入してステージングして参りました。ステージングとは聞き馴れない言葉かもしれませんが、不動産販売時に家具や植栽、小物類を生活のシーンを想像しながらコーディネートして入れることを示す言葉です。

主に青山エリアにあるインテリア・家具ショップを、担当スタッフの前田君と巡って、これはと思ったものを購入してきました。巡ったショップは順不同で、Wooodアクタスフランフランザラ・ホームシボネで、さらに食品系でスーパーの成城石井にも寄ってきました。

一通り小物を設置した後でも、まだ食卓上やトイレ・洗面・浴室が寂しかったので、水回り用の小物類を中目黒にできたニトリで購入して追加いたしました。

植栽については、オーナーのAさまがご自宅に入れている植栽屋さんにお願いしてインテリア植栽を入れて貰いました。

家具、ペンダント照明、そしてインテリア備品が揃ったところで、再度写真を撮影させて頂きました。

植栽と小物が入ったことで、少しこの場所で生活するイメージが膨らむことを実感いたしました。

特に植栽の効能(?)は抜群で、スタイリッシュで少々固めに感じていた空間に柔らかい雰囲気が漂ってきたように感じました。

本当はテレビも置いて、モデルさんに座って貰いたいところですが、さすがにそこまで予算が付きませんでした…。
ここまで徹底したステージングは初めての経験で、大いに楽しむことができました。

タグ

2016年12月01日 | インテリア用小物&植栽でステージングされた一番町A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

解体現場で考える天井のデザインについて@横浜伊勢山Y邸

解体工事が始まった、横浜市西区の伊勢山Y邸の現場を確認して参りました。

165平米の専有部分のうち、LDKと玄関を中心に床と壁を解体してゆきます。以前は引き戸でリビングとダイニングキッチンが分割されていましたが、引き戸をなくして全体が一体化するデザインとしています。

以前のキッチンが解体撤去された後の床下の配管を設備屋さんが引き直しをしてくれています。設備屋さんの後ろに縦に伸びているのが、上下階を貫いている排水竪管(はいすいたてかん)です。

その排水竪管(黒い管)と既存の排水管の接続部分です。上下階の区画を貫通した個所から1メートル以内は耐火二層管(通称トミジ管)というものを使っています。写真中、濃い灰色の管は一般的なVP管で、薄い灰色の管がトミジ管です。

解体途中の状況を、担当してくれているうちのスタッフの前田君とリフォームキューの設計・営業の坂本さん、現場・技術の織田さんが確認して回ってゆきます。

リビングダイニングの天井の見上げ写真です。二つの別々に分かれた折り上げ天井だったものと、少しでもデザイン的に繋げて、一体感を持たせたいと考えていましたが、思っていた以上に梁が大きかったので、デザインを練りなおしになりそうです。

こちらはキッチンの天井部分です。空間としては大きく空いていましたが、折り上げても却って狭く見えてしまいそうでしたので、従来の天井高さに抑えて、新しい天井を組み直してもらうようにお願い致しました。

こちらは玄関部分の天井です。図面で見ていた寸法より、天井の懐寸法が大きかったので、こちらは思い切って天井の高さを40センチほど上げて、さらに石張りの壁を照らす間接照明を仕込むことにいたしました。

現場ではちょうど床暖房の配管を結びなおす作業をしていたので、じっくりと勉強させて貰いました。

使われているのは東京ガスのTESシステムの床暖房で、配管そのものは架橋ポリエチレン管でした。既存の管と新しい管を繋ぐ方法を順次撮影させて貰いました。架橋ポリ管同志をソケットで繋ぎ、バンド金物でパチンと留めるとそれで水漏れが起こることがないとのことでした。

こちらは既存のキャビネットの箱を活かして、天板を交換して、さらに扉を塗装し、PSの柱型横まで一体化させたデザインに作りなおす予定の洗面カウンターです。

その他照明スイッチやコンセントの納め方の注意点などを現場側と確認して、現場を後にしました。

 

タグ

2016年11月29日 | 解体現場で考える天井のデザインについて@横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸