「オーダーユニットバス」タグの記事一覧

解体確認とオーダーキッチン&オーダーユニットバスの現地調査

工事が進んでいる世田谷区Y邸の解体状況の確認のために、お客さまのYさまご夫妻と一緒に現地に伺いました。

リビングダイニングの壁のボードとフローリングも含めて床下地はきれいに撤去されていますが、まだ天井や水回りの壁は残っている状態でした。

お客さまとの打合せで、お二人の寝室に天井吊りエアコンが設置可能かどうかは、解体がある程度進まないと判断できないとお話をしておりましたが、本日の解体状況確認で、それらが可能だと判ったことをお伝えしたところ、とても喜んでくださっていました。

現場確認の後は、マンションの高層階にあるラウンジスペースで、インテリア空間の色味の確認をさせて頂きました。机に並んでいるのは、塗装のサンプルですが、一般的によく使われる日塗工の色番だけではなく、菊水の色見本帳やファロー&ボールの色味もサンプルを手配して、白だけでもいくつもの微妙な色違いを確認して頂きました。

こちらは、またその1週間後にオーダーキッチンをお願いしているリネアタラーラの徳永さんたちと、オーダーユニットバスをお願いしている東京バススタイルの和久田さんと眞柄さんに現場打合せで来てもらった際の様子です。先週よりも天井の石膏ボードが撤去されて、水回りの設備・壁・天井も解体が進んでいました。

用賀にあるリネアタラーラのショールームは、お客さまの仮住まいからもとても近いこともあって、担当の徳永さんと僕等抜きでの打合せもあるので、最新版のキッチン図を確認しながら、墨出しの要点を施工をお願いしている青の斉藤さんに説明して貰いました。弊社のインターンとして手伝って貰っている間瀬さんにも打合せに同席して貰っています。

特にキッチンと浴室などの水回りは天井裏の設備との絡みが多いので、現地で打合せをすることで、うっかりミスの大部分を防げるのです。

こちらは東京バススタイルとの打合せです。青の斉藤さんと東京バススタイルの真柄さんと和久田さんは、一昨年の南麻布K邸でも一緒に工事をお願いしているので、調整とコミュニケーションは問題ないので、安心です。

一通り墨出しが済んでいる現場でしたが細かく修正して貰うことになっています。

こちらはかつての浴室の天井裏にあった全熱交換機(通称ロスナイ、換気によって失われる室温(冬の場合は暖気、夏の場合は冷気)を室内に撮り入れる給気と熱交換する装置)です。このままの位置設定だと、新しく作る洗面所と洗濯機置き場の間仕切り壁に引っかかってしまうことが判りました。機能的にはこのままでも使うことが出来るのですが、後日またリフォームをすることになった場合は、この機器を交換するために、洗面所と洗濯機置き場をすべてやり直すことになってしまうので、移設して貰うようお願いいたしました。天井裏には黄色い管も見えていますが、これらはスプリンクラー用の配管です。

お客さまからは、天井高さはなるべく高くしたいこと、また壁裏などに余分なスペースが見つかれば、それらにも対処して、なるべく広くして欲しいとのご依頼を受けているので、柱周りは各5センチずつほど広くすることができることを斉藤さんと確認いたしました。

各居室の部屋の角に柱型のように出っ張っていたエアコンの冷媒管とドレインを通すPSもそれぞれ余分なスペースがあることが確認できましたので、これらについても最小寸法へと縮めて貰うようにお願いしておきました。

解体時の現場を訪問すると、どれだけきれいに清掃されているか、廃材がどこまできちんと分別されているかで、現場担当者の力量が判ると常々思っていますが、さすが青の斉藤さん、こちらの現場のきれいさと廃材の整理は、ピカイチでした!

 

タグ

2017年03月27日 | 解体確認とオーダーキッチン&オーダーユニットバスの現地調査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

一番町A邸リノベーション完成 ビフォー&アフター

ここまでリノベーション工事が進んできた千代田区一番町A邸の工事が完了いたしました。デザインアドバイスとしてお手伝いしたプロジェクトでしたので、設計検査ではなく施主検査への同行という形で、検査に立ち会って参りました。

dsc_4118_pt

検査には、お客さまのAさまが来てくださり、工事をお願いしたリフォームキューの森井さん(設計&営業)と富田さん(施工管理)が主体で進めてくれました。

dsc_4135_pt

とはいえ、細かいチェックは、事前に僕らデザイン側で一通り見ていたので、それらのポイントを説明する程度で終わり、あとは家具をどのようにレイアウトするか等のお話に始終してしまいました。

dsc_4204_pt

玄関扉を開けてすぐに見える玄関ホールです。光を取り込む工夫をしているので、以前に比べて明るく開放的になったことをAさまが褒めてくださいました。

dsc_4133_pt

浴室と洗面脱衣の位置交換をして作った、少し変形の浴室です。オーダーユニットバスの東京バススタイルにお願いした浴室の解放感にもとても満足して頂くことができました。
この後は、その後家具を入れて頂いた状態で、ほぼ同じアングルの写真を比較したビフォー&アフターをご紹介いたします。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-01

赤っぽいフローリングと壁面が目立っていたリビングはフローリングをライトグレーのものに交換し、タイルやカラーガラスを使って、凹凸感を強調したデザインとしています。折角の天井高さが活かされていなかったので、照明を仕込んだボックスを折り上げ部分に浮かせることで、天井の高さを強調してみました。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-02

一番変わったのはこのアングルだと思っています。扉で閉じられていたクローズドキッチンの壁を撤去することで、冷蔵庫を家電置き場だけは隠されていますが、それ以外が解放さたオープンキッチンになっています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-05

壁面のガスレンジとシンクがついたキッチンカウンターは、位置をズラしていますが、基本的には同じユニットを再利用しています。ステンレスの天板は磨き直して、扉は全て取り外して塗装し直して、取っ手も少しモダンなものへと変更してみました。以前は冷蔵庫の奥に洗濯機がありましたが、これは洗面に移動しています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-04

柱型が目立っていたリビングのコナーですが、その柱型と窓を絡め取るような木製フレームを廻して、カラーガラス張りのテレビ置き場を新たに作ってみました。下部にはAV機器を収納するボックスも埋め込んでいます。柱型そのものにもカラーガラスとミラーを貼って、存在感を弱めています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-03

玄関からLDは入ってすぐのエリアです。中途半端なサイズのニッチがありましたが、背面の靴収納を作り直すことで、半透明の飾り棚を作りっています。ダイニングテーブルを置く位置に合わせて照明計画も考え直しています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-06

玄関側から見ると、このような違いになっています。何より、閉じるとホールに光が差し込まない構成でしたが、扉を天井いっぱいのスチールサッシとガラスで作ることで、開放感が演出されています。扉が隠されてしまっているので判りにくいのですが、スチールサッシの左横にこじんまりとはしていますが、コート掛けも作っています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-08

キッチン部分に次いで大きく変わったのが、この浴室と洗面でしょう。浴室と洗面脱衣の位置を取り換えることで、浴室は少し小型になりましたが、かつてはシングルボウルだった洗面にダブルボウル+洗濯機置き場を作ることができました。上の写真は、ほぼ同じアングルで撮影された写真であることが判るでしょうか?

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-09

こちらも同じアングルからの写真で、廊下からの扉の位置は全く変えていません。マンションで、洗面と浴室、両方に窓があって外光が入ってくるのも珍しい構成でしたので、それは継続して活かしています。

%e4%b8%80%e7%95%aa%e7%94%ba%ef%bd%81%e9%82%b8_%ef%bd%82%ef%bc%86%ef%bd%81-10

最後はトイレ空間です。といっても、こちらはそれほど変わっていませんね。手洗いボウルが小型で、手首までは洗えないものだったので、カウンター幅を10センチ増やして、大き目のボウルに変えています。また、キッチン背面の壁は、汚れも取りやすく、インテリア性も高いキッチンパネルを貼っています。

タグ

2016年11月04日 | 一番町A邸リノベーション完成 ビフォー&アフター はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

オーダーユニットバスの組み立て方@一番町A邸

一番町A邸で東京バススタイルにお願いしているオーダーユニットバスの組立てがあるとのことで、見学に行って参りました。

r5551891_pt

朝一から組立て工事が始まっていたので、午後に到着した段階では、すでに防水パンが設置され、タイルが先行して張られた壁パネルも立ち上がっている状態でした。

r5551899_pt

壁パネルは仕上がった中から見ると、裏がどのようになっているか判りませんが、こちらの写真だと背面の様子も判りますね。アルミの骨組みにケイ酸カルシウム板を張って、その内側にタイルを張りつけたパネルとなっています。後日、手すりや金物類を固定する可能性がある個所については、アルミの骨組みの間にベニヤ板を接着して、ビスが打てるようにしてくれています。

r5551896_pt

ユニットバスの天井が張られる前の天井裏は、このような状態です。浴室暖房乾燥機と繋げるためのダクトがフリーな状態で纏められていました。

r5551913_pt

洗面脱衣側に取り付ける、ステンレス鏡面仕上げの枠材を組み立てている様子です。基本的には現場での溶接は出来ないので、パーツを差し込む形で組み上がてゆきます。

r5551915_pt

まだ表面が傷つかないように白い養生テープで覆われた状態ですが、組み上がった枠を2人の職人さんで慎重に立ち上げて、ユニットバスの開口部に嵌め込んでゆきます。

r5551927_pt

ステンレスサッシが嵌め込まれた後は、天井のパネル取付けになります。

r5551934_pt

浴室乾燥暖房機を取り付ける四角い開口からダクトが見えていますね。ダウンライト照明用の孔に、職人さんがトランスを差し込んでいます。乾燥機や照明の接続は、リフォーム本体工事側の電気屋さんにお願いしています。

r5551894_pt

浴槽を設置する予定の個所は、このようになっています。防水パンが、洗い場と浴槽部分で二つに分かれているのが判ります。

r5551933_pt

壁パネルを孔を通して、配管類をユニットバス内に弾き込み、それぞれに必要な接続用のアタッチメントを取り付けてゆきます。

r5551938_pt

今回設置する浴槽は、こちら大洋金物が扱っているカルデバイの鋼製ホーロー浴槽です。

r5552322_pt

既存の窓サッシの手前には、特注で作って貰ったステンレス製のサッシが取りつきました。
浴槽の設置までは時間がなかったので見ることができませんでしたが…

dsc_3574_pt

こちらが、後日浴槽が設置され、ステンレス枠にガラス窓とテンパーガラスの扉が取り付けられて完成したオーダーユニットバスの様子です。浴槽には水がいっぱいに貯められ、漏水テストが行われていました。

 

 

 

 

タグ

2016年09月13日 | オーダーユニットバスの組み立て方@一番町A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

家具の搬入据え付け&設計検査@成城Z邸リノベーション

成城Z邸にてようやくリノベーション工事がほぼ完了し、家具の搬入設置が始まりました。

DSC_0664_pt

大きなリビングダイニングには、ミノッティでお願いしていたTVボードが運び込まれました。非常に重たいテレビボードなので、組み立てのタイミングでテレビ・ステレオをアイパッドで操作できるシステムを組み込むための配線作業も同時に進めて貰っています。

DSC_0688_pt

すぐに、同じミノッティのソファの搬入組み立ても始まりました。手前にすでに置かれているダイニングテーブルは、お施主さまがこちらのマンションを中古でご購入なさった時に、前のオーナーの方が置いていったテーブルで、こちらもゆくゆくは交換する予定になっています。

DSC_0661_pt

家具の搬入組み立てには2時間ほどの時間が掛かるので、その間に違う部屋の造作家具等をチェックして回りました。LDから長い廊下を経て、反対側にある書斎の様子です。まだ最後の塗装手直しの作業中だったので、部屋中央にいろいろなものが置かれていますが、空間自体はほぼ完成していました。

DSC_0662_pt

こちらは棚に組み込んだ間接照明の明るさが不均一だった書斎の飾り棚ですが、明るすぎたライン照明にフィルムを張って、明度を調整して貰いました。非常に良い感じに仕上がっていました。

DSC_0653_pt

同じ書斎の反対側の壁に設置された本棚と扉付き収納を組み合わせた壁面収納も、養生が取れて全容を確認することができました。リビングで聞いている音楽を、こちら書斎でも引き続き聞けるようにネットワークプレイヤーとステレオシステムを組み込んでもらいましたが、それらの配線も無事終わっていることを確認いたしました。

DSC_0659_pt

書斎奥に繋がった寝室にも、壁かけテレビが取り付けられています。フローリングをボーダー状に作った中に張り込んで貰った厚手の輸入カーペットもとてもきれいに仕上がっていました。

dav

そうこうしているうちに、書斎と主寝室の窓のカーテン取り付けが始まりました。マナ・トレーディングの僕らの担当をお願いしている松ケ下さんも頑張ってくれています。

DSC_0654_pt

書斎横に設けた大型ウォークインクロゼットです。中央には造作で作ってもらった小物入れ収納です。天板は装飾品を置いても傷がつかないようにベルベット状のウルトラスエードを張ってもらっています。周囲のハンガーパイプ、オープン収納もきちんと仕上がっています。

DSC_0652_pt

東京バススタイルにお願いした浴室は、シール作業中でした。

DSC_0670_pt

廊下途中にある来客用トイレです。養生がすっかりとれ、淡いグリーンの塗装と大理石調タイルと、ペデストール型の洗面の相性もとてもきれいにできていました。

DSC_0717_pt

ほかの部屋のチェックをゆっくりしてからリビングに戻ると、ミノッティの家具類すべての組み立てが無事終わっていました。こちらが指示した図面通りの位置に家具を仮置きしてもらいましたが、実際にソファやダイニングに座ってみての視線と空間のバランスを考えて、レイアウトを微調整してもらいました。モールディングやケーシングがある、少しクラシカルでエレガントな空間に、ミノッティのモダンでスタイリッシュな家具を入れたいというお施主さまのご希望に沿った空間に仕上がってきました!
これで、あとはお施主さまのZさまと一緒に施主検査をして頂いて、お引き渡しへと無事進めそうです。

タグ

2016年06月28日 | 家具の搬入据え付け&設計検査@成城Z邸リノベーション はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 成城Z邸

スタイリッシュリノベーション赤坂S邸の竣工検査

最初のリノベーションご相談から1年掛かって、ようやく赤坂S邸のリノベーション工事がほぼ終わり、お施主さまのSさまと一緒に竣工検査をさせて頂きました。

DSC_8825_pt

こちらは毎回ほぼお決まり(?)のお施主さまと関連工事担当者一緒の記念写真です。左からリフォームキュー(RQ)の設計・営業担当の岩波さん、東京バススタイルの和久田さん、弊社担当の前田君、お施主さまのSさん、RQの現場監督の鈴木さん、同じくRQの石原部長、そして僕、各務です。キッチンでお世話になったアムスタイルの設計・営業の宮本さんと現場監督の寺口さんは、残念ながら先に帰ってしまい、一緒に撮影できませんでした。

R0055954_pt

このような形で約1時間半ほど掛けて、Sさまと一緒に皆で各部屋を回って、塗装のムラや欠け、建具や造作家具の不具合がないかを見てゆきました。

DSC_8803_pt

幾度も設計変更してデザインしてきた洗面所の出来には、とても満足してくださいました。

R0055981_pt

僕らにリノベーションのご相談を頂く前から、ショールームに足しげく通ってくださっていた東京バススタイルのオーダー浴室では、和久田さんが取扱い説明を先行して行ってくれました。

R0055971_pt

何より一番こだわってきたアムスタイルのキッチンの検査では、全ての収納扉の開閉チェックまで行いながら、暮らし始めた際にどこにどのようなものを収納してゆくかをご一緒に考えさせて頂きました。

DSC_8799_pt

検査の隙に撮影してみたLDKの全容写真です。リノベーション前の以下の写真を比較して頂くと、どれだけ変わったかが判りやすいと思います。因みに左側の壁に黒く見えている四角い部分は、壁掛けテレビを埋め込むためのニッチで、下部にAV収納を埋め込んでいます。

DSC_7120_pt

ほぼ同じアングルの写真ですが、キッチンをオープンにして、無駄に幅広かった廊下をLDに取り込んだことで、広さがグンと広がったのが判るでしょうか…。

DSC_9085_pt

こちらは主寝室です。部屋のレイアウト上、お子さまのお部屋を窓ありにしたので、主寝室には窓が無くなってしまいました(といっても、建築法規上は引き戸で2室1室の考えで採光条件は確保していますが)。窓がないことを逆手に取って、シックなウォールナット製の造作棚と間接照明、そして静謐な雰囲気をたたえる上品な堀田カーペットの絨毯がとてもうまくマッチしてくれました。

R5549999_pt

お引渡しのタイミングまでにキッチンカウンター上にペンダント照明を決めて、取り付けて貰う予定となっていたので、これまでに候補として挙げてきた照明器具の原寸シートを作って、このような形で現地に浮かべた様子を見て頂き、器具を決定して頂きました。

DSC_8810_pt

検査後にリフォームキューの石原さん&岩波さん、うちの前田君にSさまがキッチンカウンタ‐に集まって、お引渡しまでのスケジュールを打ち合わせている様子です。まだリビングに家具がないからかもしれませんが、自然と人が集まるキッチンカウンターで、毎回打合せの度にこのようなスタイルでお話をさせて頂きました。

タグ

2016年03月18日 | スタイリッシュリノベーション赤坂S邸の竣工検査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 赤坂S邸

ついに竣工お引渡しの南麻布K邸リノベーション計画!

リノベーション工事が一通り終わった南麻布K邸では、翌日のお引渡しに向けて最終調整や家具搬入組み立てが続いています。

DSC_4540_pt

照明のシューティング(照明を照らす位置の調整)やテレビ・オーディオシステムの最終調整、さらにはミノッティのソファーの組立ても同時に行われています。

DSC_4543_pt

ミノッティのソファーはホワイトというシリーズで、ソファーと一体になったサイドテーブルが特徴の大型ソファーで、L字の構成となっています。

DSC_4546_pt

ソファは男性4人で組み立ててゆきます。横ではすでにモルテーニのダイニングチェアが搬入され、食卓上にはバロビエール&トーゾのシャンデリア照明が組み立てられていました。

R0052796_pt

B&Bイタリアにお願いしていたラウンジチェアーのハスクは、二通りのクッションファブリックをお願いしていたので、予備のカバーリングにもクッションを詰めて貰っています。

DSC_4920_pt

マナトレーディングにお願いしたカーテンも吊り込まれました。新しく搬入したカーテンには、どうしても折り畳み皺が入ってしまうので、用意して貰ったスチーマーでシワ取りもして貰いました。

R0052907_pt

マナトレーディングの松ケ下さんが、シワ取り作業を頑張ってくれている様子です。

R0052792_pt

家具や備品の搬入取付作業の間に、僕ら設計と青の施工側で未施工部分ややり直しが必要な部分をチェックする、設計検査も行いました。本来であれば、設計検査をした後に、その内容に沿って補修工事を行った上でお引き渡しをするのですが、今回は変則スケジュールなので、チェックシートをご説明したうえで一度お引渡しをして、しばらく使って頂いた後で、補修工事をすることになっています。

DSC_4761_pt

そしてお引渡しの当日、Kさまご夫妻が現地に来てくださいました。右から、青の斉藤さん、現場担当の青・八木君、青・片岡社長、Kさまご夫妻に、カガミ建築計画の担当・竹田さんに僕、各務です。

DSC_4743_pt

竣工検査は先ほどのチェックシートに沿って一通り説明する程度で軽く終え、その後は怒涛の取扱い説明です。電気・照明の取説はムラデンの社長さんです。

R0052823_pt

キッチンはアムスタイルの宮本さんです。奥さまと宮本さんと僕らで、一体幾度の打ち合せを重ねたのか、思い出せないほど濃密な作りのキッチンに仕上がりました。

DSC_4754_pt

アイフォンとテレビを前に、ご夫妻でバング&オルフセン六本木店の村瀬さんの説明を聞いてくださっています。

R0052821_pt

テレビ・オーディオシステム、カーテンの開閉と照明の調光、全てがアイフォンとアイパッドでできるシステムとなっているのですが、使い方は簡単なので、Tさまご夫妻であれば、すぐに使いこなせてくださいそうです。

DSC_4746_pt

オーダーユニットバスの東京バススタイルの真柄社長と担当の和久田さんも説明をしてくれました。

DSC_4868_pt-2

お父さんお母さんが取扱い説明で謀殺されている間も、ご子息のJ君はようやく自分のものになったエンジェルシェアの二段ベッドで遊んでくれていました。

DSC_4919_pt

部屋の腰壁に作ったマグネット付きのホワイトボードでも、当日来てくれた人たちの似顔絵を沢山書いてくれました。

R0052827_pt

一通りの説明が終わったところで、お引渡しの書類に記名捺印して頂きました。最初にリフォームのご相談があったのが2014年の夏でしたから、約15ヶ月掛かってリノベーション計画が完了したことになります…。

DSC_4585_pt

一通りの手続きが終わって、Kさまご一家が仮住まいに戻られた後に、少しお時間を頂いて竣工写真を撮影させて頂きました。

DSC_4565_pt

見どころがふんだんにあるリノベーション・インテリア計画ですので、写真も何枚撮影したか判らないほどシャッターを夢中で切りました。

DSC_4593_pt

キッチンを使い始めてからは撮影できないアングルで、キッチン全容を捉えた写真です。

R5538222_pt-2

お引渡し翌日にお引っ越し作業を始めたT家に、補修の為に青の片岡さんたちと職人さんたちと再び訪問させて頂きました。

R5538243_pt

お引渡し時は、まだ人の家にお呼ばれされたお客さまのようだったJ君、一日ですっかりこのお宅を自分の家と感じるようになってくれたようで、僕らを案内してくれました。
まだ、日本に届いていない家具や、取付が完了できていない設備、補修が必要な箇所などがありますので、これからもちょくちょくおっ邪魔することになると思いますが、本当にここまでの長い道のりを辛抱強く付き合ってくださったKさまご夫妻、どうもありがとうございました!そしてこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

タグ

2015年12月27日 | ついに竣工お引渡しの南麻布K邸リノベーション計画! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布K邸