「東京バススタイル」タグの記事一覧

解体確認とオーダーキッチン&オーダーユニットバスの現地調査

工事が進んでいる世田谷区Y邸の解体状況の確認のために、お客さまのYさまご夫妻と一緒に現地に伺いました。

リビングダイニングの壁のボードとフローリングも含めて床下地はきれいに撤去されていますが、まだ天井や水回りの壁は残っている状態でした。

お客さまとの打合せで、お二人の寝室に天井吊りエアコンが設置可能かどうかは、解体がある程度進まないと判断できないとお話をしておりましたが、本日の解体状況確認で、それらが可能だと判ったことをお伝えしたところ、とても喜んでくださっていました。

現場確認の後は、マンションの高層階にあるラウンジスペースで、インテリア空間の色味の確認をさせて頂きました。机に並んでいるのは、塗装のサンプルですが、一般的によく使われる日塗工の色番だけではなく、菊水の色見本帳やファロー&ボールの色味もサンプルを手配して、白だけでもいくつもの微妙な色違いを確認して頂きました。

こちらは、またその1週間後にオーダーキッチンをお願いしているリネアタラーラの徳永さんたちと、オーダーユニットバスをお願いしている東京バススタイルの和久田さんと眞柄さんに現場打合せで来てもらった際の様子です。先週よりも天井の石膏ボードが撤去されて、水回りの設備・壁・天井も解体が進んでいました。

用賀にあるリネアタラーラのショールームは、お客さまの仮住まいからもとても近いこともあって、担当の徳永さんと僕等抜きでの打合せもあるので、最新版のキッチン図を確認しながら、墨出しの要点を施工をお願いしている青の斉藤さんに説明して貰いました。弊社のインターンとして手伝って貰っている間瀬さんにも打合せに同席して貰っています。

特にキッチンと浴室などの水回りは天井裏の設備との絡みが多いので、現地で打合せをすることで、うっかりミスの大部分を防げるのです。

こちらは東京バススタイルとの打合せです。青の斉藤さんと東京バススタイルの真柄さんと和久田さんは、一昨年の南麻布K邸でも一緒に工事をお願いしているので、調整とコミュニケーションは問題ないので、安心です。

一通り墨出しが済んでいる現場でしたが細かく修正して貰うことになっています。

こちらはかつての浴室の天井裏にあった全熱交換機(通称ロスナイ、換気によって失われる室温(冬の場合は暖気、夏の場合は冷気)を室内に撮り入れる給気と熱交換する装置)です。このままの位置設定だと、新しく作る洗面所と洗濯機置き場の間仕切り壁に引っかかってしまうことが判りました。機能的にはこのままでも使うことが出来るのですが、後日またリフォームをすることになった場合は、この機器を交換するために、洗面所と洗濯機置き場をすべてやり直すことになってしまうので、移設して貰うようお願いいたしました。天井裏には黄色い管も見えていますが、これらはスプリンクラー用の配管です。

お客さまからは、天井高さはなるべく高くしたいこと、また壁裏などに余分なスペースが見つかれば、それらにも対処して、なるべく広くして欲しいとのご依頼を受けているので、柱周りは各5センチずつほど広くすることができることを斉藤さんと確認いたしました。

各居室の部屋の角に柱型のように出っ張っていたエアコンの冷媒管とドレインを通すPSもそれぞれ余分なスペースがあることが確認できましたので、これらについても最小寸法へと縮めて貰うようにお願いしておきました。

解体時の現場を訪問すると、どれだけきれいに清掃されているか、廃材がどこまできちんと分別されているかで、現場担当者の力量が判ると常々思っていますが、さすが青の斉藤さん、こちらの現場のきれいさと廃材の整理は、ピカイチでした!

 

タグ

2017年03月27日 | 解体確認とオーダーキッチン&オーダーユニットバスの現地調査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

オーダーユニットバスの組み立て方@一番町A邸

一番町A邸で東京バススタイルにお願いしているオーダーユニットバスの組立てがあるとのことで、見学に行って参りました。

r5551891_pt

朝一から組立て工事が始まっていたので、午後に到着した段階では、すでに防水パンが設置され、タイルが先行して張られた壁パネルも立ち上がっている状態でした。

r5551899_pt

壁パネルは仕上がった中から見ると、裏がどのようになっているか判りませんが、こちらの写真だと背面の様子も判りますね。アルミの骨組みにケイ酸カルシウム板を張って、その内側にタイルを張りつけたパネルとなっています。後日、手すりや金物類を固定する可能性がある個所については、アルミの骨組みの間にベニヤ板を接着して、ビスが打てるようにしてくれています。

r5551896_pt

ユニットバスの天井が張られる前の天井裏は、このような状態です。浴室暖房乾燥機と繋げるためのダクトがフリーな状態で纏められていました。

r5551913_pt

洗面脱衣側に取り付ける、ステンレス鏡面仕上げの枠材を組み立てている様子です。基本的には現場での溶接は出来ないので、パーツを差し込む形で組み上がてゆきます。

r5551915_pt

まだ表面が傷つかないように白い養生テープで覆われた状態ですが、組み上がった枠を2人の職人さんで慎重に立ち上げて、ユニットバスの開口部に嵌め込んでゆきます。

r5551927_pt

ステンレスサッシが嵌め込まれた後は、天井のパネル取付けになります。

r5551934_pt

浴室乾燥暖房機を取り付ける四角い開口からダクトが見えていますね。ダウンライト照明用の孔に、職人さんがトランスを差し込んでいます。乾燥機や照明の接続は、リフォーム本体工事側の電気屋さんにお願いしています。

r5551894_pt

浴槽を設置する予定の個所は、このようになっています。防水パンが、洗い場と浴槽部分で二つに分かれているのが判ります。

r5551933_pt

壁パネルを孔を通して、配管類をユニットバス内に弾き込み、それぞれに必要な接続用のアタッチメントを取り付けてゆきます。

r5551938_pt

今回設置する浴槽は、こちら大洋金物が扱っているカルデバイの鋼製ホーロー浴槽です。

r5552322_pt

既存の窓サッシの手前には、特注で作って貰ったステンレス製のサッシが取りつきました。
浴槽の設置までは時間がなかったので見ることができませんでしたが…

dsc_3574_pt

こちらが、後日浴槽が設置され、ステンレス枠にガラス窓とテンパーガラスの扉が取り付けられて完成したオーダーユニットバスの様子です。浴槽には水がいっぱいに貯められ、漏水テストが行われていました。

 

 

 

 

タグ

2016年09月13日 | オーダーユニットバスの組み立て方@一番町A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

家具が入ったリノベーション竣工写真@成城Z邸

フルリフォーム工事完成後、一か月半ほど経った成城Z邸のお客さまから、ようやく家具が入って、お願いしていたアンティーク照明の取付けも終わり、徐々にアートや調度品を飾り始めているので、写真撮影に来てくださいとのご連絡を頂いてお邪魔してきました。

dsc_2601_pt

モールディングやケーシング、ご両親から譲り受けたステンドグラス等が散りばめられた、クラシカルエレガントな空間に、ミノッティのソファやAVボードが置かれ、そこにマリノ・マリーニのブロンズ彫刻などが置かれ、とてもシックなZさまらしい空間に様変わりしていました。

dsc_2610_pt

窓際に置かれているのはフラナガンの彫刻で、窓際にはティファニーのアールヌーボースタイルのスタンド型照明が置かれています。ダイニングセットはサァラ麻布のものをお願いしてくださったようですが、まだダイニングチェアが届いていないのが残念でした。

dsc_2625_pt

玄関には、ベンチ代わりの収納が置かれ、その上にはモランディの静物画のエッチングが飾られ、玄関ホールにはアールデコスタイルのペンダント照明が吊られていました。

dsc_2642_pt

同じ玄関ホールを反対側から見た写真です。お手持ちだったキャビネットもステンドグラスも、その他の調度品もそれぞれデザインスタイルや時代背景が違っていますが、一人の方の好みで集められたという意味で、ピタッと収まってくるのが不思議な所です!

dsc_2559_pt

廊下奥にある書斎も家具と調度品とアートが飾られ見違えっていました。エミール・ガレのペンダント照明に、猫脚の文机、ミノッティのラウンジチェアに白黒のエッチングとやはり違った要素が混ざっているのですが、不思議な落ち着きを感じる空間に仕上がっています。

dsc_2558_pt

お仕事の本も細かいサイズまで指定して作った本棚にピタリと入って、とても気持ちが良いと仰って下さいました。

dsc_2561_pt

書斎と扉なしで繋がる主寝室です。ライトグレーの上品な空間に、緑色のカーテンが映えて、毎日気持ちよく寝ていますとのことでした。

dsc_2568_pt

主寝室横のエレガントな洗面です。大理石グリジオ・ビリエミで作ったカウンターに、濃い青灰の框付きデザインの扉が映えています。右側の拡大鏡は、最後にZさまに立ち会って最適な場所に取り付けて貰ったものです。

dsc_0861_pt

その奥の浴室は、壁に大判の大理石調タイルをブックマッチ(本を開いたように大理石の柄が繋がる張り方)で張ったアクセント壁が効いています。

dsc_0867_pt

浴室と洗面所の床仕上げ材を揃え、共に灰色でボーダーを作り、真ん中にベージュ色のタイルを張って貰っています。

dsc_2644_pt

フレンチヘリンボーン張りの廊下から玄関ホールを見返した写真です。

dsc_2573_pt

この廊下から扉一枚を開けると、薄いグリーン色をテーマにした、来客用トイレがあります。濃い茶色フレームの鏡はZさまがこの部屋の為に誂えてくださったものです。

dsc_2581_pt

便器の反対側には、やはりこの部屋の為にご購入くださった飾り棚が置かれています。

dsc_2567_pt

書斎からユーティリティーを抜けて、キッチンへと通じる動線上には、これだけの大型サイズのウォークインクローゼット(正確にはウォーク・スルークローゼットですが…)があります。中央のカウンターの上部を肌触りが優しく、汚れにくいウルトラスエードを張ったのは、大ヒットだと褒めて頂きました。

実は、この撮影の数日前に、今回のリフォーム工事でお世話になった職人さんたち皆を招待しての食事会を催したいとのありがたいお話がありました。

r0057726_pt

目黒の雅叙園のレストランの個室を借り切って、僕ら設計、施工をお願いしたリフォームキューの面々に、工事を担当してくれた各職人、そして施主発注工事でお願いした担当者も含めて、総勢16人でお招きに預かりました。現場をこまめに訪問して、働いている職人さんたちともいつも話をしてくださっていたので、どの人が何を担当してくれたのかも、Zさまは良く理解してくださって、食事の間もずっとお話をしてくださいました。

r0057728_pt

食後に皆で撮影した記念写真です。左から造作家具のライフウッドの大迫さんと谷山さん、リフォームキューの岩波さんと森井さん、後ろが大工のヘッドの内原さん、手前がやはり造作家具テラダの根津さん、キッチンのクッチーナの米重さんに、ステレオシステムB&Oの村瀬さん、お施主さまのZさまで、手前が各務で、奥がテラダの島村さん、手前がガラス屋の柄沢さんで、奥が東京バススタイルの和久田さん、手前がカガミ建築計画の竹田さんで、奥が設備の伊藤さん、そして一番左が電気工事の望月さんです。なぜか写真には写っていませんが、他にもリフォームキューの鈴木さん、大工の工藤さんや電気の望月さんの息子さんも来てくれていました。

r0057733_pt

食後には、僕ら設計から大きな花束をプレゼントさせて頂きました。

r0057737_pt

〆は、リフォームキューの岩波さんか森井さんだと思っておりましたが、どうしても喋りたいとの希望もあって、大工の内原さんが、リフォーム工事最中の苦労話を延々と(笑)述べてくれて、賑やかで楽しい会も中開となりました。
これまでにも設計や工事会社の担当者をお食事に招いてくださったお客さまはいらっしゃいましたが、ここまで大々的に職人さんたちまで呼んでくださったお客さまはZさまが初めてでした。本当に楽しく思い出深い食事会、どうもありがとうございました!

タグ

2016年08月25日 | 家具が入ったリノベーション竣工写真@成城Z邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 成城Z邸

解体着工&現場でのディテールスケッチ

先日の部分解体調査で、浴室と洗面の位置交換リフォームが可能なことが判明した千代田区一番町A邸で、お施主さまから工事着工のGOサインが出て、解体に取り掛かりました。

DSC_1875_pt

一般にスケルトン(マンションの基本骨格であるコンクリート躯体)状態まで解体したリフォームをスケルトンリフォームや(全面)リノベーションと呼んで、より高度な技術ともてはやされる傾向がありますが、実際には使える部分を残しながら不要な部分だけを解体した工事の方が技術的には難しいのものなのです。

DSC_2055_pt

こちらの建物は築年数が12年と比較的築浅なので、使える部分はなるべく再利用することで、コストダウンも図っております。因みに、この規模のマンションであれば、壁下地・天井下地ともにLGS(軽量鉄骨)で作られていることが多いのですが、こちらではなぜか木製下地で作られていました。

DSC_2016_pt

壁で仕切られていたクローズド型のキッチンがあった部分は、間仕切壁を撤去して、キッチン本体も取り外してもらいました。

DSC_2038_pt

こちらが取り外されたキッチンユニットです。ガスコンロは汚れも酷かったので、交換予定ですが、その他のシンクや食洗器、収納ユニットはまだ十分に使える状態だと判断していたので、きれいに取り外して、養生保管してもらい、クリーニングをしたうえで、再度取り付けなおしてもらう予定としています。

DSC_2007_pt

こちらが水回りを配置転換することになったかつての浴室と洗面の場所です。こちらについては、設備配管のやり直しが必要なので、ほぼスケルトン状態まで解体して貰いました。

DSC_2008_pt

事前の部分解体調査と管理組合が保管していた竣工時の図面から推察していた通り、スラブが一部さげられており、排水管の位置も問題がないことが判り、当初の予定通りに洗面床仕上げとほぼフラットな浴室を設置することができそうです。因みに、コンクリーと床に記された墨(壁の中心を示す線や描き込み)は、竣工時のものです。

DSC_2012_pt

床に座って、かつての天井裏を見上げた様子です。こちらは当初からスペースの余裕があったので、問題がなさそうなことが判っていましたが、ダクトの内部の汚れもあまりなく、そのままダクトルートを変更すれば、再利用できることも判りました。

R5551649_pt

かつての洗面の場所に浴室を設ける上で、実はもう一つ懸案になっていたことがありました。サッシの内側が木製で作られており(外側はアルミ製です)、そのまま浴室内にそのサッシが面するようにすると、湿気でサッシが傷んでしまうことが心配されていました。オーダーで作るユニットバスを東京バススタイルにお願いしていたので、現地を見て貰ったうえで、浴室用のインナーサッシを考えたスケッチディテール図面がこちらです。

R5551652_pt

リフォームキューの現場監督の富田さんと東京バスの眞柄さんがインナーサッシの取り付け方を現地で打合せしている様子です。元々のサッシが、外開きにも内倒しにも対応するドレーキップというタイプの変則的なサッシ(自然換気には内倒しで、窓清掃には外開きで対応するタイプ)なので、どちらでも使えるように、ワンサイズ大きめのインナーサッシを取り付けることになりました。

DSC_2046_pt

こちらはリビングの既存床下地の状態です。根太式の置床で、下部には断熱材が敷かれているタイプでした。

DSC_2044_pt

現場監督の富田さんが、職人さんたち全員が床の組み上げ方を共有できるように壁に描いてくれたスケッチです。フローリング仕上げのリビングダイニングと、タイル仕上げのキッチン・洗面・廊下の床仕上がりをフラットにするためには、床下地の厚みを3ミリ変えておかないといけないことがこれを見て分かるのです。

R5551687_pt

他にも、僕等設計側が伝えた情報は、拡大コピーした図面と共に、特に重要だと考えられる情報は、その場所ごとに赤いマーカーで壁にメモ書きされていました。因みに、こちらの寸法はキッチンの冷蔵庫やトール収納の幅を示した情報です。
設計側がいくら図面で指示しても、うまく職人さんたちに伝わらないこともあるのですが、現場監督が情報を整理して、それぞれの職人さんたちに必要な情報をタイムーに伝えてくれているととても安心することができます。

 

タグ

2016年08月12日 | 解体着工&現場でのディテールスケッチ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

部分解体調査結果を受けて、浴室と洗面を交換リフォームすることに

千代田区一番町の高級マンションリフォームプロジェクトA邸で、一番大きな決断が必要だったのは、浴室と洗面所を交換する工事を実施できるかどうかでした。

R0057168_pt

現場にて、工事をお願いすることになったリフォームキューの岩波さんと森井さんに来てもらい、お施主さまのAさまと不動産でお手伝いして下っているNさん立ち合いの元、どのような問題があり得るのか、そのリスクを最小にするためにこちらがすべきことが何かをご説明させて頂きました。

R0057176_pt

こちらは、事前に主寝室のクローゼット内にあった点検口を外してPS(パイプスペース)内の排水竪管の位置と、横引き排水管の接続位置を確認した際の様子です。

R5551252_pt

天井裏の点検口は二カ所で確認することができて、排気ダクトルートを変更することは問題がないことはわかっておりましたが、排水管のレベルによっては、洗面床と浴室床をフラットに納めることができるかが、まだこの段階では判断できない状態でした。

R5551255_pt

当日のご説明で、点検口内部の目立たない箇所で、簡単な破壊調査を実施させていただく許可を頂き、別日に洗面カウンター下のベニヤ板を開けさせていただきました。

R5551249_pt

トーチライトで照らして、床下のスラブとの段差寸法、排水管のレベルを測量して、以前確認したPSの様子と、Nさんが事前に入手しておいてくださった竣工時の図面を照らし合わせて、何とか床レベルをフラットにするユニットバスを設置できるだろうとの判断に至りました。

R5551115_pt

浴室床の調査後に別日程で、お施主さまと不動産のNさま、そして工事会社の二人を交えて、仕上げ材のデザインと予算の考え方についてご説明させて頂きました。

R5551119_pt

浴室と洗面のエリアを交換する手間や費用については、メリットと合わせてデメリットもご説明させて頂きましたが、めでたく(?)お施主さまからのご承認を受けることができました。Aさま、ご理解ありがとうございます。

R5551304

浴室については柱型があって、どうしても整形の浴室を作ることができないことから、既製品のユニットバスは使えないので、僕らが良くお願いしている特注オーダーユニットバスの東京バススタイルにお願いすることになりました。お施主さまのAさまと白金台の東京バスのショールームで担当の和久田さんと打合せをさせて頂きました。

IMG_3072

こちらは、最初の日にキッチン裏にあるPS内部を点検口からチェックした際の写真です。狭い点検口から何度もiPhoneを指し込んでフラッシュモードで撮影したものをチェックしながら竪管の位置やその他の配管を確認することができました。必要以上に大きなPSであることが判ったので、うまく造作家具を作って、テレビ関連のAV機器を指し込むことを考えています。

タグ

2016年08月02日 | 部分解体調査結果を受けて、浴室と洗面を交換リフォームすることに はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

家具の搬入据え付け&設計検査@成城Z邸リノベーション

成城Z邸にてようやくリノベーション工事がほぼ完了し、家具の搬入設置が始まりました。

DSC_0664_pt

大きなリビングダイニングには、ミノッティでお願いしていたTVボードが運び込まれました。非常に重たいテレビボードなので、組み立てのタイミングでテレビ・ステレオをアイパッドで操作できるシステムを組み込むための配線作業も同時に進めて貰っています。

DSC_0688_pt

すぐに、同じミノッティのソファの搬入組み立ても始まりました。手前にすでに置かれているダイニングテーブルは、お施主さまがこちらのマンションを中古でご購入なさった時に、前のオーナーの方が置いていったテーブルで、こちらもゆくゆくは交換する予定になっています。

DSC_0661_pt

家具の搬入組み立てには2時間ほどの時間が掛かるので、その間に違う部屋の造作家具等をチェックして回りました。LDから長い廊下を経て、反対側にある書斎の様子です。まだ最後の塗装手直しの作業中だったので、部屋中央にいろいろなものが置かれていますが、空間自体はほぼ完成していました。

DSC_0662_pt

こちらは棚に組み込んだ間接照明の明るさが不均一だった書斎の飾り棚ですが、明るすぎたライン照明にフィルムを張って、明度を調整して貰いました。非常に良い感じに仕上がっていました。

DSC_0653_pt

同じ書斎の反対側の壁に設置された本棚と扉付き収納を組み合わせた壁面収納も、養生が取れて全容を確認することができました。リビングで聞いている音楽を、こちら書斎でも引き続き聞けるようにネットワークプレイヤーとステレオシステムを組み込んでもらいましたが、それらの配線も無事終わっていることを確認いたしました。

DSC_0659_pt

書斎奥に繋がった寝室にも、壁かけテレビが取り付けられています。フローリングをボーダー状に作った中に張り込んで貰った厚手の輸入カーペットもとてもきれいに仕上がっていました。

dav

そうこうしているうちに、書斎と主寝室の窓のカーテン取り付けが始まりました。マナ・トレーディングの僕らの担当をお願いしている松ケ下さんも頑張ってくれています。

DSC_0654_pt

書斎横に設けた大型ウォークインクロゼットです。中央には造作で作ってもらった小物入れ収納です。天板は装飾品を置いても傷がつかないようにベルベット状のウルトラスエードを張ってもらっています。周囲のハンガーパイプ、オープン収納もきちんと仕上がっています。

DSC_0652_pt

東京バススタイルにお願いした浴室は、シール作業中でした。

DSC_0670_pt

廊下途中にある来客用トイレです。養生がすっかりとれ、淡いグリーンの塗装と大理石調タイルと、ペデストール型の洗面の相性もとてもきれいにできていました。

DSC_0717_pt

ほかの部屋のチェックをゆっくりしてからリビングに戻ると、ミノッティの家具類すべての組み立てが無事終わっていました。こちらが指示した図面通りの位置に家具を仮置きしてもらいましたが、実際にソファやダイニングに座ってみての視線と空間のバランスを考えて、レイアウトを微調整してもらいました。モールディングやケーシングがある、少しクラシカルでエレガントな空間に、ミノッティのモダンでスタイリッシュな家具を入れたいというお施主さまのご希望に沿った空間に仕上がってきました!
これで、あとはお施主さまのZさまと一緒に施主検査をして頂いて、お引き渡しへと無事進めそうです。

タグ

2016年06月28日 | 家具の搬入据え付け&設計検査@成城Z邸リノベーション はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 成城Z邸