「白金台S邸」のアーカイブ

リノベーション・ジャーナルのインテリア特集号に掲載されました

以前幾つかのマンションリノベーションプロジェクトを取材撮影して頂いた雑誌「リノベーション・ジャーナル Vol.5」が発売されております。ブログでのご報告が遅くなりましたが、先月初頭から店頭に並んでいたようです…。

RJ-01

日本で唯一のリノベーション専門誌であるこの雑誌に大きく取り上げて頂いたのはとても名誉なことです。特集のテーマは「インテリアをデコる100の法則」で、高級インテリアを扱ったLUXURYの32ページ(!)は全て僕らが設計したプロジェクトの紹介となっております。
最初に取り上げられたのは、品川区Y邸です。突板の使い方などが説明されています。

RJ-02

2つ目の登場事例は、先日「第31回住まいのリフォームコンクール」で優秀賞を頂いた世田谷区N邸です。こちらでは塗装仕上げの注意点などが説明されています。

RJ-03

次は神戸M邸で、プロフェッショナルにリビング・キッチンを動線に取り込む設計手法の解説です。

RJ-04

お馴染み(?)の白金台S邸は、自然素材を使いながらありがちな北欧テイストを避けて高級感を演出する方法について書いてくれています。

RJ-05

モールディングやケーシングをふんだんに使った六本木N邸でも、詳細写真を使っての説明となっています。白っぽくて、僕の腕ではうまく撮れていなかったディテールもプロの写真家の手できれいに撮影されています。

RJ-06

南平台N邸は、雑誌初登場です。こちらだけは、取材撮影の日程が足りず、こちらで撮影した写真を使っています。

RJ-07

ここまでの事例紹介的なページに加え、ここからはさらに色使いとゾーニング、空間の個性化、装飾部材の使い方、天井と照明の関係、大きな壁面の演出の仕方、フローリングとラグの相性、アルミサッシの存在感の消し方、高級建具のデザイン、AV収納の見せ方などを細かく説明してくれています。ほとんど、僕らが考えてきたデザイン手法を丸裸にされて解剖されてしまったようで、恥ずかしいばかりなのです。

RJ-08

しかし、ここまでで終わりではなく、巻末には「リノベマスター仕事術」というタイトルで、経験豊富な縦主をうならせる高級リフォームの作法について、図面を使いながら詳しく解説してくれているのです。

RJ-09

当初、特集の意図を編集長の大菅さんに伺った際に、こんな大規模なインテリアの特集がうまく纏まるのか、正直不安ばかりでした。ただ、最終的に出来上がったものは、文章を読んでも図面を見ても、写真を眺めてもなるほどと思えることばかりの、素晴らしいマンションインテリアの特集号に仕上がっていました!

RJ-00

このような派手で、内容も良く判らず、僕の名前も誤植されていますが(残念…)、実に面白く(プロであれば)必ず役に立つ雑誌となっておりますので、どうぞ書店で手にとってご覧ください。

 

 

 

 

タグ

2014年11月01日 | リノベーション・ジャーナルのインテリア特集号に掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 世田谷区N邸 六本木M邸 南平台N邸 品川区Y邸 白金台S邸 神戸M邸

リノベーション・ジャーナルの取材・撮影-2

先回のブログでご紹介したリノベーション・ジャーナルの取材撮影の第2弾です。

140815RJ_satuei-11

こちらはちょうど1年前にお引き渡しをした新築マンションリフォームの六本木M邸です。新築の高級マンションにモールディングやケーシングの装飾材、壁や床に使ったトラバーチンなどの大理石の素材感が、雑誌の特集に合うとのことで、撮影をお願いさせて頂きました。

140815RJ_satuei-13

まず何よりも目を引く、この框扉の由来を編集長にお伝えいたしました。堀商会で仕入れた扉の握り玉やヒンジ、そして特注の幅木やケーシングまで細かく撮影していただきました。
めったに閉めることがない扉だそうですが、このような状態で見るのもとても新鮮でかっこよいとMさまの奥さまが喜んでくださいました。

140815RJ_satuei-10

トラバーチンとスティングレーの2色の大理石を使って床を仕上げた玄関ホールを撮影中の大菅さんと広瀬さんです。

140815RJ_satuei-12

窓際のトラバーチンの式台と長めに作ったカーテンの取り合いなどの細かいディテールまで撮影してくれて、設計者冥利に尽きる取材となりました。取材・撮影にご協力くださったMさまご夫妻、どうもありがとうございました。

140815RJ_satuei-14

こちらはオマケの写真です。設計当時幼稚園の年中だったK君はリフォームに際して、ベランダから外へと通じる素敵な滑り台を提案してくれました。小学校2年生になったK君はその時のことをよく覚えてくれているそうで、「カガミさん」が来るなら昨年作ったこの「秘密基地の模型」を見せてあげてほしいと奥さまに言ってくれたそうで、大事にダイニングの上に置いて行ってくれました。今後の設計の参考にさせて貰います!

140815RJ_satuei-15

最後の撮影は白金台S邸です。こちらは、色彩や素材といった面では、それほど作りこんでおりませんが、建具や造作家具のディテールがよくできているとのことで、今回の取材の対象になりました。

140815RJ_satuei-16

玄関の収納とベンチとプライベートゾーンへの入り口を兼ねた造作家具です。その奥に見える建具を撮影中です。

140815RJ_satuei-17

窓際のアルミサッシを隠す、木製の方立のティテールも撮影してもらいました。

140815RJ_satuei-19

キッチン入り口に設けたワインセラー内臓のミニバーコーナーと引き戸の取り合といった玄人好みの詳細にも興味を持ってもらいました。

140815RJ_satuei-18

折角のタイミングでしたので、これまできちんと撮影をしていなかったキッチン部分も撮影させて頂きました。こちらも撮影にご協力くださったSさまご夫妻、どうもありがとうございました!

 

 

 

 

タグ

2014年07月25日 | リノベーション・ジャーナルの取材・撮影-2 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション マンションリフォーム 六本木M邸 白金台S邸

間取りと動線で成功リフォーム エクラに掲載されました

40代後半から50代に掛けての女性向けファッション誌エクラ(集英社)のリフォーム特集に記事を掲載して頂きました。

140603ekura-1

当初は、子育てを終えて自分たちの為に時間とスペースとお金を使ってリフォームをした事例の紹介をとのことだったのですが、ちょうど良い事例がなかったため、50代の女性が考えるべきリフォームについてのポイントについて説明させて頂きました。

140603ekura-2

「間取り」と「動線」について3つのポイントを纏めています。

  1. 空間に2つの役割をもたせて広々と
  2. 今後の暮らしを充実させる趣味専用のコーナーを
  3. 多彩な日常に対応できる裏の動線を設ける

具体的な事例としては、世田谷区N邸、千代田区HI邸、白金台S邸高輪I邸の図面を解説しております。

140603ekura-3

住空間のトレンドやエコロジーに関連して、建材や最新設備を紹介して欲しいとのことだったので、ビルトイン型のワインセラーユーロカーブ、間仕切りにもなるタオルウォーマーPSヒーター、天然素材の呼吸する壁紙ノイエローヴ、システマチックな収納ユニット金物のハーフェレ、天然クォーツの人工大理石シーザーストーン、場所を選ばない暖炉のバイオエタノール暖炉、複数の照明を一か所でコントロールするリビングライコンを紹介させて貰いました。

140603ekura-4

こちらが書いた記事以外にもエリア別に快適アイデアを解説したリフォーム実例も紹介されています。以前から知り合いだったBEAM前中さん渾身の記事で、女性誌でここまで住空間・フォームに力を入れた特集は久しぶり見た気が致します。是非本屋でご購入ください。

 

タグ

2014年06月02日 | 間取りと動線で成功リフォーム エクラに掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: その他 マンションリノベーション マンションリフォーム 世田谷区N邸 千代田区HI邸 新製品・設備 白金台S邸 高輪I邸

都心に住む 中古リフォーム特集に掲載

リクルート社の雑誌「都心に住む」が中古マンションリフォームを特集を組んで、それに事例とインタビューを載せて頂きました。

都心に住む 中古マンションリフォーム特集

本来新築マンションの広告を主体としている雑誌なので、このような特集を組むこと自体がとても珍しいことなのですが、やはりこれからは新築だけでなく、中古マンション購入+リフォームという流れも無視できないとのことで、このような特集が組まれることになったそうです。

140428toshinnisumu-3

「都心を手ごろに。中古リフォームの住まい」という特集記事で、新築と中古の価格差を活かして、リフォームでカスタマイズする魅力を伝えようとしてくれているようです。左側の囲み記事をアップにしたものが以下の内容です。

140428toshinnisumu-4

プロに聞くとのことで、これまでの幾度も都心に住むに掲載して貰っているので、僕に白羽の矢が立ったようで、以下の4点に絞って中古マンション+リフォームの魅力についてお話しさせて頂きました。

  1. 暮らしに合わせてカスタマイズ
  2. 予算との折り合い
  3. 希少エリアや立地が手に入る
  4. 暮らしがイメージしやすい

140428toshinnisumu-2

具体的に取り上げて貰ったのは、白金台S邸です。今回取り上げられた事例でも、最も広く、最も高額なリフォーム事例でした。他に取り上げられた事例も、クラフト社、三井不動産リフォーム社、タイムレスリビング社と、クオリティーの高いリフォームを作っている会社の物で、中古マンションリフォームのスタンダードになる会社が紹介されています。

 

タグ

2014年04月28日 | 都心に住む 中古リフォーム特集に掲載 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース マンションリノベーション マンションリフォーム 白金台S邸

水周り・玄関周りのバリアフリーリフォームの工夫

昨年11月に前半の記事がアップされたTOTOのユニバーサルデザインに関してのウェブサイト、ホッとワクワク+白金台S邸の後半記事が掲載されました。

hotwakuwaku-1

今回のタイトルは、「公・私の双方を自由に楽しむ住まい 水回り編」とのことで、水回りを中心に、白金台S邸のバリアフリー対応を記事にしてくれています。

hotwakuwaku-2

お施主さまが一番気に入ってくださっている玄関周りのベンチや玄関框の工夫を取り上げてもらいました。大きくリフォームはしていませんが、浴室床に足触りが冷たくなく、事故的に転んでもケガをしにくいようにと張った浴室用コルク床も紹介してもらいました。寒さ防止と目隠しのために設けたPSヒーターも掲載されました。

hotwakuwaku-3

デザイン的に広くなったことは、これまでも記述してきましたが、障害が少なくなったことで、動きやすく怪我もしにくいという視点で、S邸のリビングダイニングを紹介してもらいました。
先回のユニバーサルデザインについての記事、そして取材時の様子も併せてご覧ください。

タグ

2014年01月10日 | 水周り・玄関周りのバリアフリーリフォームの工夫 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 白金台S邸

白金台S邸のユニバーサルデザイン・バリアフリーについて

先日取材をして頂いた、TOTOのユニバーサルデザインに関してのウェブサイト、ホッとワクワク+白金台S邸の記事が掲載されました。

131129hot_wakuawku-1

タイトルは、「適度な距離感を大切にする住まい・ゾーニング編」とのことで、まずは全体の空間構成について説明してくれています。

131129hot_wakuawku-2

夫婦別の寝室ながら、隣り合わせの部屋は引き戸で仕切られていて、気配を感じられる工夫を判りやすい写真と文章で説明してくれました。

131129hot_wakuawku-3

さすがプロのカメラマンの撮影、とても広く美しく撮られた空間がとてもきれいです。この書斎空間は、どうやっても上手く表現できませんでしたが、この写真はサスガの出来です。また、来月には、残りの部分についても紹介してくれることになっています。

タグ

2013年11月26日 | 白金台S邸のユニバーサルデザイン・バリアフリーについて はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 白金台S邸