「ニュース」のアーカイブ

リノベーション本の出版記念会!

先月発売になった「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」(エクスナレッジ社)の出版を記念して、エクスナレッジ社で編集を担当してくれた西山さんと諌山さんが、出版記念パーティーを催してくれました。

r5552707

通常の出版記念会であれば、それまでの苦労やエピソードを知っている方たちが主催という形を取るのですが、今回は西山さんが、若手建築家を中心に、僕らのことを知っているか知らないかに関わらず、本のこと、リノベーションのこと、事務所運営のことなどに興味を持ってくれそうかどうかを判断基準に声掛けしてくれたものです。

r5552700

会の途中で、立ち上がってこれまでの苦労話をさせられている様子ですが、実は参加してくださった方の7割以上は、お名前は建築雑誌(特に建築知識(エクスナレッジ社))で拝見したことがあっても、初めてお目に掛かる方ばかりでしたので、自己紹介を兼ねたご挨拶になりました。

r5552713

出版社のエクスナレッジ社からは、西山さんと諌山さん、以前リノベーション特集でお世話になった吉田さん、そしてかつては営業でバリバリ働いていて、今は他社に移られた高濱さんも来てくれました。高濱さんからはきれいな花束のプレゼントまで頂きました。
当初は、中西ヒロツグさんと共著の「最新版 驚異のリフォーム&リノベーション術」の重版が決まったことも絡めての会だったのですが、なんとなく流れで僕の新刊本だけの会になってしまい、一人花束を貰ってしまい申し訳ありませんでした…。

r5552721-2

最後に、会に参加してくださった方々と一緒の記念撮影です。4時間ほどの会で、あまりに途中での話が弾み過ぎて、全ての方とお話しすることができませんでしたが、本当に本当に楽しく、刺激的な会でした。
写真後列左から、古谷野工務店の古谷野裕一さん、西村幸希建築設計の西村幸希さん、構造事務所monoの森永信行さん、建築知識編集部の吉田和弘さん、デザインライフ設計室の青木律典さん、アトリエ橙の奥山裕生さん、リオタデザインの関本竜太さん、工務店・の片岡さん、設計事務所アーキプレイスの石井正博さん、うちのスタッフの前田幸矢君、建築知識の諌山史織さん、前列に移ってまた左から、石川素樹建築設計事務所の石川素樹さん、日吉坂事務所の寳神尚史さん、の森田悠紀建築設計事務所の森田悠紀さん、元エクスナレッジで今は日本アルトマークの高濱三紀さん、新刊本の編集で本当にお世話になったエクスナレッジ社の西山和敏さん、僕・各務で、イン・ハウス建築計画の中西ヒロツグさんです。撮影の時にいなくなってしまいましたが、ナフ・アーキテクト&デザインの中佐昭夫さんも来てくれていました。
それぞれの分野で、大活躍中の方々がこんなにも集まってくださって、感謝あるのみです!皆さま、本当にどうもありがとうございました。

タグ

2016年09月23日 | リノベーション本の出版記念会! はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース

「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」発売!

僕らのこれまでのマンションリフォーム&リノベーションの実績を纏めた書籍「世界にひとつだけのプレミアム・リノベーション」(エクスナレッジ社)が8月3日から発売になっております。

表紙

全頁カラー印刷で、とにかく写真が豊富なリノベーション事例集となっています。
因みに、表紙は千代田区一番町Y邸のリビングの写真です。

リビングダイニング-7

大きな写真(ほぼ全て自分で撮影した写真ばかりです)に簡単な説明文、そしてリノベーションのポイントなっている図面(平面やディテール)、そして写真に写っている仕上げ材や家具、備品等のリストまで掲載しておりますので、リフォーム・改築だけでなく、インテリアの本としても、参考にできるのではと思っております。こちらは六本木N邸のリビングです。

リビングダイニング-12

ブログでは掲載しておりますが、カガミ・デザインリフォームのHPにはまだ未掲載のプロジェクトも、こちらの本では惜しみなく紹介しております。こちらは中央区のサービス付き高齢者向けアパートメントS邸のリビング事例です。

キッチン-6

リビング・ダイニング、キッチン、玄関、廊下、寝室、その他諸室と項目分けして、それぞれに特徴のある事例を掲載するスタイルの本となっています。キッチンでは、この写真の南麻布T邸のような、超大型キッチンから、よりコンパクトなキッチンまで幅広く紹介しております。

水廻り-12

トイレでもバリエーションある事例をなるべく多く掲載するようにしております。

建具

全てが事例紹介の写真だけでは、退屈になるので、建具や家具、照明計画等のコラムやビフォー&アフターを比較できるページも設けています。

-Before&After-4

読者対象として、高級マンションのリフォーム&リノベーションを検討していらっしゃる方、ハイエンド・インテリアに興味がある方、これから高級リフォームに取り組みたいと考えている若手建築家、家具やファブリック類の実例を色々と見てみたいインテリア・コーディネーターの方々などと想定して、僕らのこれまでの取り組みを紹介する本となっています。
一般本屋でもインターネットでも、税込2,592円で絶賛発売中ですので、是非本屋で手に取ってみてください!出版に関連して、セミナーやサイン会(誰がサインを欲しいのか疑問ですが…)の企画も考えておりますので、その節には是非ご参加頂ければ幸いです。

 

 

 

タグ

《全能住宅改造王》的翻修裝潢建議 驚異のリフォーム&リノベーションの中国語版

2012年に初版が発売になり、その翌年に改装増版されたリフォームの技術本、「驚異のリフォーム&リノベーション」(エクスナレッジジ)の中国語版が発売になっています!台湾の出版社が翻訳権を購入して出版の運びとなったそうです。

R0051562

タイトルは「大師如何設計《全能住宅改造王》的翻修裝潢建議となっています。全能住宅改造王とは、台湾で大人気のテレビ番組「劇的!ビフォー&アフター」のことだと思われます。共著者の中西ヒロツグさんは台湾でも相当な著名人だと聞いているので、その人気にあやかっているのだと思われます。

R0051564

写真のキャプションから図版の説明まで、ほぼすべてが中国語に訳されています。翻訳者の方の苦労は並大抵ではなかったのではないでしょうか…。

R0051563

最後のページに掲載されている著者経歴の個所です。「哈佛大学」というのがハーバード大学の中国語訳であることが判ったり、住宅リフォームコンクールが「住宅翻修競賽」だったり、中西ヒロツグさんはそのまま中西ヒロツグさんだったりと、中国語の勉強にもなります。今後中国進出を狙っている設計者の方のための勉強テキストにもなりそうです(笑)。

 

タグ

2015年04月28日 | 《全能住宅改造王》的翻修裝潢建議 驚異のリフォーム&リノベーションの中国語版 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース

「仕事にできるかマンションリフォーム」セミナー@東京建築士会

東京建築士会の住宅問題委員会からのお声掛けで、ビジネスとしてのマンションリフォームについてのせセミナー、その名も「仕事にできるかマンションリフォーム」というお題でお話をさせて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

定員一杯とはならなかったようですが、70名以上の方々が参加してくださり、熱心に聴講してくださいました。ほぼ全ての方々が建築士の有資格者というプロ中のプロの中で、どこまでビジネスとしてのマンションリフォームについてお話してよいのか、随分迷いましたが、今の僕らが判っていること、知っていること、ほぼ全てを公開することといたしました。

建築士会セミナー_150213-14

元々、マンションリフォームにターゲットを絞って設計事務所を始めた訳でなないので、どのような経緯でマンションリフォームに特化したのかから説明を始めました。チャートにある白金台W邸と鵠沼W別荘は、ちょうど同じ時期に同じお施主さまのご依頼で、白金台にあるマンションのリフォームと神奈川県藤沢市に戸建ての新築別荘を設計監理した際の経験を纏めた比較シートとなっています。

建築士会セミナー_150213-46

その他にも

  • 具体的なマンションリフォームの設計手法
  • 建築士がどのようにマンションリフォームに参入すべきか
  • 建築士ならではのマンションリフォームとは
  • マンションリフォームのお施主さまのイメージ像

等についてご説明させて頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

始めに、僕の方で70分のお話をした後、建築設計工房パッソ・ア・パッソの鈴木さんがマンションリフォームの実務やお施主さまとのコミュニケーション方法を、生き生きとした失敗談なども交えてお話をしてくださいました。写真は、鈴木さんのお話の後に質問をお受けしている様子です。
ここでは、より実務に際した具体的な質問が多く、

  • 施主プレゼンのどの段階で設計料や設計契約の話をするのか
  • 施工業者を選定する際に注意している点について
  • ウェブで集客する際にどのようなキーワード設定をしているのか

など、こちらとしてもここまでお話してよいのかという際どい回答になりました…。

まだ、アンケートの集計待ちではありますが、概ね好評だったとのことを事務局側から伺っており、まずはホッとしております。お声掛けくださった住宅問題委員会の皆さま、事務局としてサポートしてくださった東京建築士会の皆さま、そしてご興味を持ってセミナー聴講に来てくださった皆さま、どうもありがとうございました!

 

タグ

2015年02月13日 | 「仕事にできるかマンションリフォーム」セミナー@東京建築士会 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース マンションリノベーション マンションリフォーム 学校・セミナー

富裕層・セレブ向け雑誌「Pavone」に掲載されています

富裕層・セレブ向け雑誌の「Pavone(パヴォーネ)」の2015年冬・春号(34号)のLWL広告記事に僕らの高級マンションリノベーションの取り組みが紹介されています。

R0049393

LWLはLiving Wellness in Luxuryの略称で、住空間の設備・仕上げ材の最高級ブランドが集まったブランドグループです。以前、僕らもLWL主催のセミナーでお話をさせて頂きましたが、そのご縁で今回の記事が実現したようです。ドイツ製輸入キッチンのポーゲンポール、デザイン+機能性で海外でも高評価な浴槽メーカーのジャクソン、テレビを鏡の裏に仕込んだシステムを開発したグラス・ルーチェ、家庭用・最先端トレーニング機器のテクノジムなどのいつもお世話になっているブランド協賛してくれています。

R0049391

因みにこちらの雑誌は、限られた本屋でしか販売されておりませんが、ラグジュアリーホテルや高級クリニック、銀行のプライベートバンカー部門などに置かれているそうです…。

R0049394

事例写真としては、南平台N邸六本木T邸が紹介されています。なお、一般にこの手の雑誌は、記事のようで広告だったり、提灯持ちの記事ばかりのことが多いようですが、今回はきちんと出版元のKPクリエイションズから編集部の方がこちらの事務所に来てくださり、たっぷり1時間半ほどお話させて頂いた内容が纏められております。

 

タグ

2015年01月28日 | 富裕層・セレブ向け雑誌「Pavone」に掲載されています はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース マンションリノベーション マンションリフォーム 六本木T邸 南平台N邸

東京建築士会でのセミナー告知

来月2月13日(金)に東京建築士会にてマンションリフォームについてのセミナーを行います。全体のタイトルは「仕事にできるかマンションリフォーム」で、各務は「ビジネスとしての高品質マンションリフォーム設計」というお題でお話させて頂く予定です。

最終141120_住宅問題委員会セミナー3チラシ

東京建築士会は建築士有資格者の職能団体の東京支部で、会員は建築設計事務所、建設業、工務店、不動産業、官公庁、学校等の職域に広く分布し、建築士の資格を有する者の全てを対象としているそうです。今回のセミナーはその中の住宅問題委員会が主催で、これまで建築士があまり取り組んでいなかったマンションリフォームに着目し、どのように建築士であることを活かして仕事に取り組んでいるかを説明して欲しいとのご依頼を受けております。
登壇者は私、各務だけでなく、この道の先輩で女性建築家として暮らしやすいマンションリフォーム設計に取り組んでいらっしゃる建築設計工房パッソ・ア・パッソの鈴木ひとみさんもお話して下ることになっております。プロの建築士向けのセミナーですので、素人の方には難しい内容となるかと存じますが、これからマンションリフォームに取り組みたい建築士の方々は是非いらしてください。

 

タグ

2015年01月26日 | 東京建築士会でのセミナー告知 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: ニュース 学校・セミナー