「杉並区S邸」のアーカイブ

みんなのキッチンストーリー展@オゾン

新宿オゾンにて開催中の「みんなのキッチンストーリー展」の見学に行って参りました。

130613ozone_kitchen-1

展示の趣旨は、「多様な暮らし方から発想されたキッチンに焦点をあて、住まいと暮らしの関係性、その理想的な築き方を考えます。生活空間の核としての基本はおさえつつ、 個々の暮らしを反映したキッチン、多目的なスペース、こだわりが詰まったディテール…多様化するキッチンを紹介し、暮らしに寄り添うかたちの実現につい て、その背景と方法を掘り下げていきます」とのことでした。

130613ozone_kitchen-2

僕らもユニークなキッチンの設計をお手伝いしてきましたが、大きなアイランドとその中央を貫通する配管の円柱が印象的な杉並区S邸の キッチンをご紹介して貰っています。
展示に当たって、改めてお施主様にお手伝いさせて頂いたキッチンの感想を伺ったところ、とても嬉しいコメントを頂きま した。少し長くなりますが、以下ご紹介させて頂きます。「オープンなキッチンになったことで片付け中でも子供達とコミュニケーションが常にとれるようにな りました。ダイニングが子供たちの勉強机となっているので、料理中に質問に答えたり、会話したり出来て大変助かってます。以前の閉じたキッチンの時の 「ちょっと待ってて!後で!」というセリフが格段に減りました(笑)。キッチンから窓の外の景色が広がり、外の四季を楽しみながら作業が出来て最高に幸せ です。光と風がたっぷり入る空間は、まさに理想の空間です。また、オープンで死角がないため、キッチンを常にキレイに使おうと意識が変わりました。いい意 味で「丸見え」なので、生活感溢れる物は全て収納し、調理台も常にピカピカに磨くのが生きがい(?)になりました(笑)。アイランドの丸柱は不思議な存在 で、この丸柱があることで全体との一体感が生まれ、「家っぽい」安定感のある仕上がりになっているような気がいたします。主張しすぎない、この微妙な存在 感のある丸柱なしには、このキッチンは語れません!もしこの丸柱がなかったら、広い空間に大きなアイランド、という組み合わせは「お料理教室」や「学校の 家庭科室」の調理台的なイメージだったかもしれません。」

130613ozone_kitchen-3

展示には他の建築家のユニークで個性的でかつ魅力的なキッチンが沢山紹介されており、とても勉強になりました。

130613ozone_kitchen-4

キッチンのレイアウトの基本を模型を見ながら勉強できるコーナーも作られており、時間があれば一見の価値ありの展示だと思います。杉並区S邸のお施主さまからは、他にも「春休みには娘のお友達家族と一緒にランチパーティーをしたりしましたが、大勢でもゆったりと一緒にお料理の準備が出来てとても楽しかったです。将来的には、大人限定(?)の集いも企画し、オープンキッチンのさらなる威力を発揮したいところです(笑)。」とのお言葉も頂きました。本当に設計者冥利に尽きるキッチンでした。Sさま、ご協力どうもありがとうございます!

 

タグ

2013年06月12日 | みんなのキッチンストーリー展@オゾン はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: スケルトンリノベーション ニュース 杉並区S邸

雑誌「都心に住む」に杉並区S邸が掲載されました

杉並区S邸がリクルート社の雑誌「都心に住む」 の2013年7月号に掲載されています。

130605toshinnisumu-1

今回の特集は「-上質な暮らしの絶対条件- 都心マンション間取りの名作」という巻頭特集で、その一番手として紹介して貰っていま す!

130605toshinnisumu-2

記事は「プロと住み手に聞く 上質な暮らしの間取りの条件」といタイトルで、家族の繋がりを生むコミュニケーションの仕掛けの話しや、家族の気配を伝える緩やかな繋がり、僕らもお施主さまも一番のお気に入りの書庫廊下などについて紹介して貰っています。

130605toshinnisumu-3

また同じ特集の後半「クオリティー・オブ・ライフを実現する 窓にの見極め方」という記事は全面的にお手伝いしています。ここで特に強調したのは、玄関からリビングや各居室への動線で、家に帰ってきた雰囲気の演出やリラックス度合が変わってくることを説明してみました。ご興味がある方は、現在本屋の雑誌コーナーに並んでいますので、どうぞご覧ください。

タグ

2013年06月04日 | 雑誌「都心に住む」に杉並区S邸が掲載されました はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: スケルトンリノベーション ニュース 杉並区S邸

雑誌の取材撮影@杉並区S邸

いつもお世話になっているリクルート社の雑誌「都心に住む」の取材撮影で、久しぶりに杉並区S邸に お邪魔して参りました。取材してくださっているのは、こちらもお馴染みのライターの森聖加さんです。

130403suginamiS_shuzaisatuei-1

今回は間取りについての特集とのことで、S邸のポイントとなる部分を、Sさまご一家と一緒にお話しさせて頂きました。

130403suginamiS_shuzaisatuei-2

カメラマンも、幾度か撮影をお願いしているHさんで、安心して写真はお任せすることができました。

130403suginamiS_shuzaisatuei-3

森さんもHさんもお馴染みで、更にうちの事務所スタッフの竹田さんと旧スタッフの渡辺さん、照明デザインをお願いした三橋さんと大人数で伺ったのですが、やはり大きなLDKのS邸では、それほど込み合っているように感じませんでした。

130403suginamiS_shuzaisatuei-5

お引渡し後の徐々に買い 足してきた素敵な家具で、シンプルモダンだった空間がよりスタイリッシュにカッコよくなっていました。センターテーブルは、ご家族の間で、賛否両論だとのことでしたが、このくらいの大きさがないと、部屋に合わないことと、確かにちょっと男らしいイメージですが、左手の古いイスともマッチして、とても素敵でした。

130403suginamiS_shuzaisatuei-4

お嬢様もSちゃんは残念ながら風邪とのことで、ご長男のY君に色々と演技をして貰い、写真に登場してもらいました。

130403suginamiS_shuzaisatuei-6

こちらは書庫廊下の一角に作った、読書用のベンチです。両親がいるLDKとの距離感がちょうど良い具合らしく、お子様たちがこのスペースを愛用してくださっているとのお話で、正に設計意図とピッタリで、とても嬉しく感じました。

130403suginamiS_shuzaisatuei-7

お引渡し後にリビングの壁に取り付けた、都市ガスを使ったヴェッキオ エ ヌオーヴォ ジャポーネ社のガス暖炉も着火して頂きました。この冬は、このガス暖炉だけで十分だったとのことでしたが、確かに十分に温まることができそうな火力でした。

130403suginamiS_shuzaisatuei-8

取材撮影が終わった後には、奥さまがご用意してくださった、お菓子とお茶を頂きながら、どのようにインテリアを楽しんでくださっているのかを伺うことができました。外資系金融のご主人さまと外資系メディアの奥さまの共働きで、これだけ生活を楽しんでいらっしゃる方は、そういないのではと思えるほど、ご家族での生活を楽しんでいらっしゃるようでした。

130403suginamiS_shuzaisatuei-9

最後に皆での記念撮影です。前列右から、旧スタッフの渡辺さん、奥さま、お坊ちゃま、ご主人さま、各務、後列右からライターの森さん、スタッフの竹田さん、照明デザイナーの三橋さんです。お忙しい中ご協力くださったS家の皆様、どうもありがとうございました!そしてご馳走様でした。

タグ

2013年03月30日 | 雑誌の取材撮影@杉並区S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: スケルトンリノベーション 杉並区S邸

日米の超高級リノベーション設計事例セミナー@LWLワークショップ

セミナー続きですが、こちらはこれまでのリフォーム&リノベーションの技術的なものとは一味違った、日米の富裕層のリノベーションの実態に迫ることを目的としたセミナーでお話しをさせて頂きました。

LWLセミナーpポーゲンポール広尾ショールーム

主催はLWL(リビング・ウェルネス・イン・ラグジュアリー)という高級建材・設備を扱う会社が集まったグループです。ドイツ製高級輸入キッチンのポーゲンポール社、イタリア製輸入フィットネスマシンメーカーのテクノジム社、デザイン性の高い暖炉専門のヴェッキオ・エ・ヌオーヴォ社、デンマークのハイエンド・オーディオブランドのバング&オルフセン社、最高級テキスタイル・ラグ・壁紙のマナ・トレーディング社など、僕らにとっても憧れのブランドが集まったスター軍団のようなグループです。彼らが中心となって、自宅での生活を、いかに快適でラグジュアリーに過ごすかという、まさにこれからの時代が求める新しい生活コンセプトを考えているそうです。

日米富裕層リノベーションセミナー@広尾ポーゲンポール

会場は以前のブログでご紹介した、広尾にあるポーゲンポール キッチンデザインセンター東京で、超高級キッチンに囲まれたショールームの不思議な高揚感が漂う空間内で、大手不動産会社や大手リフォーム会社やリノベーション会社、約70名の方々にお話をさせて頂きました。

東京&ニューヨーク超高級リノベーション実例紹介

日本での高級リフォームは僕らの事務所が設計させて頂いたものですが、ニューヨークの実例は、ここ2年連続して研修で出掛けて元の事務所や色々な筋を辿って見学させてもらった超高級リリノベーションの貴重な実例写真です。

セミナー後のパーティー@広尾ポーゲンポールSR

セミナーの後は、ワインとフィンガーフードを食べながらの懇親会でした。今回は基本的にはクローズドで、LWL側が考えてくれた企業やエンドユーザーの方々が中心でしたので、非常にリノベーションへの意識も高い方々が多く、セミナー後も沢山の人にお声掛けして頂き、とても楽しく、刺激的な時間を過ごすことができました。

セミナーの告知

因みにセミナーのタイトルは「-日米の設計事例から読み解く- 超高級リノベーションのデザインとライフスタイル」で、その説明としては、「市場が拡大の一途をたどるリフォーム・リノベーション。特に、工事費が数千万円以上にも達する高額市場では、建築・インテリアについて高度な設計ノウハウだけではなく、富裕層のライフスタイルに対する理解が必要とされます。今回のセミナーでは、超高級リノベーションのメッカであるニューヨークで修業を積み、日本でも数多くの設計を手掛けているカガミ建築計画の各務謙司氏が、具体的な設計事例を読み解きながら、その難しさと面白さを明らかにしていきます」となっています。こうやって読んでみると面映ゆいものですが、それなりに内容の濃いお話ができたと思っています。

LWLのメンバーと各務謙司

こちらはパーティーも終わった所で、主催者側のポーゲンポール社の川島社長、テクノジムの渡我部部長、ヴェッキオ・エ・ヌオーボ・ジャポーネの佐々木社長、マナトレーディングの山本部長とお話をさせて頂いているシーンです。貴重な機会を作ってくださったLWLの メンバー企業の方々、そしてお忙しいなかセミナーの聴講に来てくださったお客様方、どうもありがとうございました。

タグ

2012年11月20日 | 日米の超高級リノベーション設計事例セミナー@LWLワークショップ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 六本木T邸 学校・セミナー 杉並区S邸 白金台S邸 高輪M邸

マンションリノベーション 竣工お引渡し&取扱い説明

昨日設計&施主検査を行った杉並区のマンションリノベーションS邸は本日が竣工お引渡しでした。お引渡しの前に、ほぼ設備関連の職種の人たちによる取扱い説明がありました。

弱電の取り扱い説明@杉並区S邸リノベーション

まずは簡単な弱電関係の取説でした。インターフォンの使い方の説明です。

空調の取り扱い説明@杉並区S邸リノベーション

次は、大掛かりな空調関連の取り扱い説明です。全館空調システムを採用していたマンションだったので、既存の設備をどこまで使って、何を更新するか、工事着工ギリギリまで悩んだ末、室内空調設備全てを刷新することにした経緯があり、空調関連だけで300万円以上の費用を掛けています。天井チャンバー方式としているので、フィルターの清掃が必要で、その説明をして貰っています。

給排水の取り扱い説明@杉並区S邸リノベーション

こちらは給排水衛生設備のトリセツです。玄関脇に新たに設けたヘッダーの位置と扱い方を説明中です。

電気照明の取り扱い説明@杉並区S邸リノベーション

電気関連の説明です。写真の大きなペンダントライトは施主支給品ですが、取付けは電気屋さんにお願いしているので、清掃の仕方やアクリルが割れてしまった際の交換方法を説明して貰いました。ダウンライト類の交換方法もお願いしました。

オーダーキッチンの取り扱い説明

オーダーキッチンの取り扱い説明はデコピックの相場さんです。

リビング竣工写真 浜田山マンションリノベーションS邸

一通り取扱い説明が終わった所で、建築のトリセツもお渡しし、お引き渡しの手続きを致しました。その後、お施主様ご夫妻は明日に控える引っ越しの準備でお帰りになったので、また補修の合間を縫って、昨日に続き写真撮影を続行させて頂きました。

ダイニングキッチン竣工写真 

ダイニングからキッチン越にリビング方向を眺めたアングルです。併せて40畳以上の広さがある空間なので、家具が入っていないと広すぎて、ちょっと落ち着かないくらいです。

マフィーフローリング詳細

こちらがお施主様がこだわり抜いて、施主支給で納品して頂いたマーフィーのフローリングの詳細です。

木製ブラインドの取付け

夕方には、お施主様がご依頼したナニックの木製ブラインドの取付け工事が始まりました。

木製ブラインド取付け後のダイニング

1時間ほどできちっとブラインドが取り付きました。木製ブラインドが設置されたことで、スッキリしていた(ある意味殺風景だった?)空間に陰影が生まれ、しっとりと落ち着いた空間になりました。まだ、本日までに直すことができなかった、ダメ工事が残っておりますが、施工関係者の皆様、ここまでのご尽力どうもありがとうございました。そしてずっと待って頂いたSさま一家の皆様、マンションリノベーションの竣工、おめでとうございます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ

2012年08月25日 | マンションリノベーション 竣工お引渡し&取扱い説明 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: スケルトンリノベーション 杉並区S邸

設計&施主検査&写真撮影 @杉並区S邸

杉並区S邸は昨日までにほぼ全ての工事が終わり、設計検査と施主検査を同じ日に行って参りました。午前9時に僕ら設計側が四人体制で現場に入り、2時間ほどで検査を終了し、その後お施主様に来ていただき、チェックした内容を報告し、他に何かないかをもう一度周るスタイルとしました。

設計検査&施主検査 リノベーション

一般的な壁やフローリングの傷、家具の仕上がり具合や扉の開き具合、設備の取付け固定度や清掃の具合まで、複数の目で細かくチェックしてゆきます。

施主検査 杉並区S邸リノベーション現場

検査でチェックした項目を、一つずつお施主様にお見せして、その補修方法についても簡単に説明してゆきます。

リノベーション工事 設計検査チェック図

チェック項目は40以上(塗装の傷を除く)に上り、それらを全てこの図面とリストを通じて施工側に伝えました。補修が特に難しい個所についてはどのように補修を行うかの打合せも行います。

全館空調の風量チェックシート

目で見て確認することができない空調設備については、こちらも事前にセンサーを使ってチェックして貰った結果をお見せしました。

浴室ガラス扉の吊り込み

こちらの浴室ガラス扉の吊り込みのように、検査の日でも工事をしている個所が数か所あったので、それらについては、検査を午後に廻して、まずは完成・お引渡しを優先させます。

一通り検査が終わった時点で、現場にいた職人さん、施工会社青の片岡さんと八木君、設計事務所スタッフ、そして検査に参加してくださったSさまの奥さまと一緒に記念写真です。左から、掃除屋さん、各務、電気屋さん、渡辺さん(設計スタッフ)、Sさま、キッチン屋さん、青の片岡さん、掃除屋さん、青の八木君、竹田さん(設計スタッフ)です。

補修屋さんの補修

検査終了後からは、すぐに補修工事も始まります。凹んだフローリングや家具を直すのは、写真の補修屋さんです。ハンダ鏝とロウで形を盛って、微妙な色具合を絵具を使って補修してゆく作業は、何度見ても驚かされます。

 

竣工写真撮影@杉並区S邸リノベーション

補修している間を縫って、竣工写真も撮り進めてゆきます。まだ冷蔵庫も入っていないキッチンです。

玄関竣工写真 マンションリノベーション

先日突板屋を訪問して選んだ、ブラックリンバの突板が張られた玄関の靴収納も完成しました。

寝室完成写真

青紫でヘッドボードに当たる壁を塗装した主寝室です。

緑のユーティリティー

壁が黄緑色に塗られたユーティリティースペースです。

マーフィーオイルの塗装

撮影が終わった所から、フローリングへのオイル塗装が始まってゆきます。すべての人が最後のツメの段階で、職人さんたちにお願いしながら竣工写真を撮影させて貰いました。いよいよ明日は、竣工お引渡しです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タグ

2012年08月24日 | 設計&施主検査&写真撮影 @杉並区S邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: スケルトンリノベーション 杉並区S邸