「アート調度品」タグの記事一覧

赤坂S邸の一年点検

昨年3月にリフォーム工事完了&お引渡しをしていた赤坂S邸に、一年点検で施工をお願いしていたリフォームキューの石原さん、岩波さん、鈴木さんに、うちの担当スタッフだった前田君と一緒に伺って参りました。

元々、お客さまの方から、不具合があった個所をリストにしたものを頂いていたいので、それらを中心に一緒に見て回りました。

と、言いながら、先日の成城Z邸のときのように、アートや家具が入って、生活感と共に暮らしぶりが伝わってくるようになった空間を撮影させて頂きました。こちらはシックで濃厚な油絵が飾られた玄関ホールです。

トイレにはちょうど色味もあった版画が飾られており、とても素敵な雰囲気になっていました。

キッチン正面には、楕円形の鏡と油絵が吊るされており、Sさまらしい空間に代わっていました。メインのリビング空間は、まだ家具が揃っていないとのことで、写真は公開しないでほしいとのご依頼がありました…。

テレビがニッチに掛かって、下部のガラス扉の収納にAV機器が入った様子まで撮影させて頂きました。補修は扉などの大物もあるので、ここから3週間ほど掛かってしまいそうですが、住み心地についてはとても満足して下さっているとのお言葉を頂き、大変ありがたかったです。
Sさま、どうぞ今後とも宜しくお願いいたします!

 

タグ

2017年05月22日 | 赤坂S邸の一年点検 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 赤坂S邸

アートがふんだんに飾られた成城Z邸の一年点検

昨年6月にリフォーム工事の竣工とお引渡しをしていた成城Z邸に少し早目の一年点検に伺って参りました。

実は、僕らが伺う数日前に、工事をお願いしていたリフォーム会社の担当者の森井さんが現地を訪問して、一通り補修が必要な箇所をチェックしてくれていたのですが、お客さまから僕らにも見ておいて貰いたいとのことで、伺った次第です。
本来ではあれば、限られた時間の中、すぐにチェックを始めるべきだったのですが、新しくダイニングチェアも入って、シックさが増した素敵なリビングダイニングを拝見して、チェックを後回しにして写真撮影をさせて頂きました。因みにダイニングチェアもダイニングテーブルと同じくサァラ麻布が扱っているセンチュリーの家具です。

既に森井さんのチェックしてくれた個所は、ほとんどが塗装の問題でしたので、塗装屋さんが補修用の道具を持って現場に来てくれていました。

玄関横のステンドグラスは枠なしで塗装で納めてもらっていたので、少しのヒビが入っていました。

幅木の入隅個所もコーキングが痩せてしまったようで、新たにコーキングを売って貰いました。

検査をする一方、ダイニングのニッチコーナーには新しく素敵な鏡が飾られていたので、こちらも撮影させて頂きました。モールディングとケーシングがしっかりとしたインテリアなので、このくらいクラシカルな鏡でもバランスが上手く取れておりました。

ギャラリー廊下には、お客さまからもとても素敵に仕上がったと伺っていた屏風絵がきれいに額装されて飾られていました。以前のブログでも書いておりますが、代々Z家に伝わっていたものだそうで、アート額装のプロの方に木製枠や取り付け方法も相談して飾って貰ったものです。

灰色ベースで少し落ち着いたイメージの寝室にも、素敵なテーブルランプとペルシャカーペットが壁に飾られ、より落ち着きをましていました。

大型のウォーク・イン・クローゼットには、天井付けの光り輝くシーリングライトが点灯され、こちらは華やかさがプラスされておりました。

書斎の飾り棚には、このような宝飾品が飾られて、まるで高級宝飾品店のようにディスプレイされておりました。お客さまのZさまは、とにかく毎日家に帰るのが楽しみだとのことで、これからも少しずつインテリアを整えてゆきたいので、協力してく欲しいとのご依頼を受けました。
因みに、一年点検もしっかり行って、当日だけでは補修が出来きれない個所も見つかったので、そちらについてはリフォーム屋の森井さんにしっかり手直しするようにお願いしておきました。

タグ

2017年05月12日 | アートがふんだんに飾られた成城Z邸の一年点検 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 成城Z邸

雑誌「モダンリビング」の取材撮影@南麻布K邸

雑誌「モダンリビング」(世界文化社)が、4月7日に発売予定号にて「ラグジュアリー・リノベーション」の特集を組みたいとのことで、南麻布K邸に取材撮影に来てくれました。

以前から、次回にリノベーションの特集号を組み際には、是非事例を提供して欲しいとのご依頼を受けておりましたが、ちょうどこちらの南麻布K邸が、ラグジュアリー・リノベーションというテーマにも合うので、お客さまのご了解の上、取材撮影に伺わせて頂きました。

ダイニングテーブル上のテーブルウェア、お花等は、全てモダンリビングの高坂副編集長のコーディネートです。白い大理石のテーブルと素敵にマッチした透明感のある設えとなっています。

カメラマンは下村さんで、高坂さんと丁寧にアングルを調整しながら、南麻布K邸のインテリアを補完するようなインテリア備品を飾っていってくれました。

テレビボード横のこちらの飾り棚などは、あまりにKさまご一家のプライベートな思い出の小物や写真などが飾られていたので、Kさまのご了解を得たうえで、高坂さんがたちが持ってきてくれた小物で雰囲気を壊さないものと交換して貰っています。

今回は、南麻布K邸の事例紹介だけでなく、特集内特集でもあるリノベーションQ&Aの取材も兼ねていたので、リビング天井の点検口を兼ねた突板のパネル詳細やサッシ枠のディテールなども撮影していってくれました。

キッチン出入り口のこちらのスイッチボードは、交換ができない給湯器や警報関係のプレート類が縦に並んだ箇所ですが、プレートのサイズも色味も違ったものが並んでいるので、このように縦列で整理しましたが、これもリノベーションらしい工夫だと気に入ってくださったようで撮影してくれました。

この主寝室も、特注でデザインさせて頂いたベッドサイドのナイトテーブルを入れての撮影は初めてでしたので、こちらでも撮影させて貰いました。

ウォークスルー・クローゼットから奥のシャワーと洗面への空間の繋がりは、これまで上手く撮影できておりませんでしたが、カメラマンの下村さんを真似たアングルで(一応、了解は貰っております…)撮影してみたところ、きれいに撮れました。
このところ、メディア取材が続いていますが、4月になると一気にそれらの雑誌が発売になりますので、どうぞ楽しみにしていてください。

タグ

2017年03月01日 | 雑誌「モダンリビング」の取材撮影@南麻布K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布K邸

インテリア用小物&植栽でステージングされた一番町A邸

リフォーム後に販売することが決まっている一番町A邸にインテリア用の小物を購入してステージングして参りました。ステージングとは聞き馴れない言葉かもしれませんが、不動産販売時に家具や植栽、小物類を生活のシーンを想像しながらコーディネートして入れることを示す言葉です。

主に青山エリアにあるインテリア・家具ショップを、担当スタッフの前田君と巡って、これはと思ったものを購入してきました。巡ったショップは順不同で、Wooodアクタスフランフランザラ・ホームシボネで、さらに食品系でスーパーの成城石井にも寄ってきました。

一通り小物を設置した後でも、まだ食卓上やトイレ・洗面・浴室が寂しかったので、水回り用の小物類を中目黒にできたニトリで購入して追加いたしました。

植栽については、オーナーのAさまがご自宅に入れている植栽屋さんにお願いしてインテリア植栽を入れて貰いました。

家具、ペンダント照明、そしてインテリア備品が揃ったところで、再度写真を撮影させて頂きました。

植栽と小物が入ったことで、少しこの場所で生活するイメージが膨らむことを実感いたしました。

特に植栽の効能(?)は抜群で、スタイリッシュで少々固めに感じていた空間に柔らかい雰囲気が漂ってきたように感じました。

本当はテレビも置いて、モデルさんに座って貰いたいところですが、さすがにそこまで予算が付きませんでした…。
ここまで徹底したステージングは初めての経験で、大いに楽しむことができました。

タグ

2016年12月01日 | インテリア用小物&植栽でステージングされた一番町A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 一番町A邸

新規:高層マンションリノベーション世田谷区Y邸

新しいプロジェクトが始まりました。世田谷区にある高層マンションのお部屋の全面リノベーションプロジェクトです。

広い公園に面した素晴らしい景観の高層マンションです。元々は戸建て住宅を建てる予定で、それまでの仮住まいということで暮らし始めてみたところ、あまりの利便性の良さでこちらのマンションに住み続ける決意をなさったそうです。とはいえ、部屋の内装のグレードは気に入っていらっしゃらなかったので、戸建て用に用意していた費用をリノベーションに掛けて、好きな素材とディテールに囲まれた空間に変更なさりたいとのご希望でした。

インテリアや家具、素材には以前より大好きだったそうで、インテリア関連の本もたくさんお持ちで、お部屋の家具もインテリアデザイナーの方に提案して貰った空間にお住まいでした。まずは、プランのことよりも、素材や色、家具や収納システムのことから一緒に研究したいとのご依頼でしたので、こちらで持っている素材のサンプルで、白やベージュ系で清潔感を感じるものを並べて、どのようなものに興味をお持ちかをヒアリングさせて頂きました。

それらを見たうえで、まずは近場のショールームを巡ってみたいとのことでしたので、目黒にある輸入大判タイルのアークッテック社のショールームを訪問してフィアンドレの大理石調タイルを拝見しました。

こちらはアークッテック社が輸入している人造大理石(クオーツストーン)のサンプルです。スペインから輸入のコンパック社のものです。

クオーツストーンには色々なメーカーがあって、それぞれに色味や柄が違うお話をしたところ、他の製品も見てみたいとのことで、次は白金台にあるコンフォート社でシーザーストーンの大判サンプルを拝見いたしました。

大判タイルでは、五反田のラミナムもショールームが近いので、その後にご一緒させていただきました。

こちらは別の日の素材ショールーム巡りの様子です。天然の大理石も比べてみたいとのことで、原宿のアドヴァンにご一緒しました。

こちらはアドヴァンが輸入している大判大理石調タイルのメガスラブです。まだショールーム見学ツアーは始まったばかりですが、お好みは本物の大理石であることは再確認できました。ただ、水回りに大理石を使うのは水染みのリスクがあるので、何とか大理石に代わる品の良い清潔感が感じられる素材を一緒に探してゆくことも決まりました。次回はキッチンや浴室関係のショールームを巡ることになりそうです。Yさまご夫妻、まだ始まったばかりですが、どうぞこれからも宜しくお願いいたします。

タグ

2016年11月21日 | 新規:高層マンションリノベーション世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 世田谷区Y邸

家具が入ったリノベーション竣工写真@成城Z邸

フルリフォーム工事完成後、一か月半ほど経った成城Z邸のお客さまから、ようやく家具が入って、お願いしていたアンティーク照明の取付けも終わり、徐々にアートや調度品を飾り始めているので、写真撮影に来てくださいとのご連絡を頂いてお邪魔してきました。

dsc_2601_pt

モールディングやケーシング、ご両親から譲り受けたステンドグラス等が散りばめられた、クラシカルエレガントな空間に、ミノッティのソファやAVボードが置かれ、そこにマリノ・マリーニのブロンズ彫刻などが置かれ、とてもシックなZさまらしい空間に様変わりしていました。

dsc_2610_pt

窓際に置かれているのはフラナガンの彫刻で、窓際にはティファニーのアールヌーボースタイルのスタンド型照明が置かれています。ダイニングセットはサァラ麻布のものをお願いしてくださったようですが、まだダイニングチェアが届いていないのが残念でした。

dsc_2625_pt

玄関には、ベンチ代わりの収納が置かれ、その上にはモランディの静物画のエッチングが飾られ、玄関ホールにはアールデコスタイルのペンダント照明が吊られていました。

dsc_2642_pt

同じ玄関ホールを反対側から見た写真です。お手持ちだったキャビネットもステンドグラスも、その他の調度品もそれぞれデザインスタイルや時代背景が違っていますが、一人の方の好みで集められたという意味で、ピタッと収まってくるのが不思議な所です!

dsc_2559_pt

廊下奥にある書斎も家具と調度品とアートが飾られ見違えっていました。エミール・ガレのペンダント照明に、猫脚の文机、ミノッティのラウンジチェアに白黒のエッチングとやはり違った要素が混ざっているのですが、不思議な落ち着きを感じる空間に仕上がっています。

dsc_2558_pt

お仕事の本も細かいサイズまで指定して作った本棚にピタリと入って、とても気持ちが良いと仰って下さいました。

dsc_2561_pt

書斎と扉なしで繋がる主寝室です。ライトグレーの上品な空間に、緑色のカーテンが映えて、毎日気持ちよく寝ていますとのことでした。

dsc_2568_pt

主寝室横のエレガントな洗面です。大理石グリジオ・ビリエミで作ったカウンターに、濃い青灰の框付きデザインの扉が映えています。右側の拡大鏡は、最後にZさまに立ち会って最適な場所に取り付けて貰ったものです。

dsc_0861_pt

その奥の浴室は、壁に大判の大理石調タイルをブックマッチ(本を開いたように大理石の柄が繋がる張り方)で張ったアクセント壁が効いています。

dsc_0867_pt

浴室と洗面所の床仕上げ材を揃え、共に灰色でボーダーを作り、真ん中にベージュ色のタイルを張って貰っています。

dsc_2644_pt

フレンチヘリンボーン張りの廊下から玄関ホールを見返した写真です。

dsc_2573_pt

この廊下から扉一枚を開けると、薄いグリーン色をテーマにした、来客用トイレがあります。濃い茶色フレームの鏡はZさまがこの部屋の為に誂えてくださったものです。

dsc_2581_pt

便器の反対側には、やはりこの部屋の為にご購入くださった飾り棚が置かれています。

dsc_2567_pt

書斎からユーティリティーを抜けて、キッチンへと通じる動線上には、これだけの大型サイズのウォークインクローゼット(正確にはウォーク・スルークローゼットですが…)があります。中央のカウンターの上部を肌触りが優しく、汚れにくいウルトラスエードを張ったのは、大ヒットだと褒めて頂きました。

実は、この撮影の数日前に、今回のリフォーム工事でお世話になった職人さんたち皆を招待しての食事会を催したいとのありがたいお話がありました。

r0057726_pt

目黒の雅叙園のレストランの個室を借り切って、僕ら設計、施工をお願いしたリフォームキューの面々に、工事を担当してくれた各職人、そして施主発注工事でお願いした担当者も含めて、総勢16人でお招きに預かりました。現場をこまめに訪問して、働いている職人さんたちともいつも話をしてくださっていたので、どの人が何を担当してくれたのかも、Zさまは良く理解してくださって、食事の間もずっとお話をしてくださいました。

r0057728_pt

食後に皆で撮影した記念写真です。左から造作家具のライフウッドの大迫さんと谷山さん、リフォームキューの岩波さんと森井さん、後ろが大工のヘッドの内原さん、手前がやはり造作家具テラダの根津さん、キッチンのクッチーナの米重さんに、ステレオシステムB&Oの村瀬さん、お施主さまのZさまで、手前が各務で、奥がテラダの島村さん、手前がガラス屋の柄沢さんで、奥が東京バススタイルの和久田さん、手前がカガミ建築計画の竹田さんで、奥が設備の伊藤さん、そして一番左が電気工事の望月さんです。なぜか写真には写っていませんが、他にもリフォームキューの鈴木さん、大工の工藤さんや電気の望月さんの息子さんも来てくれていました。

r0057733_pt

食後には、僕ら設計から大きな花束をプレゼントさせて頂きました。

r0057737_pt

〆は、リフォームキューの岩波さんか森井さんだと思っておりましたが、どうしても喋りたいとの希望もあって、大工の内原さんが、リフォーム工事最中の苦労話を延々と(笑)述べてくれて、賑やかで楽しい会も中開となりました。
これまでにも設計や工事会社の担当者をお食事に招いてくださったお客さまはいらっしゃいましたが、ここまで大々的に職人さんたちまで呼んでくださったお客さまはZさまが初めてでした。本当に楽しく思い出深い食事会、どうもありがとうございました!

タグ

2016年08月25日 | 家具が入ったリノベーション竣工写真@成城Z邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 成城Z邸