「工務店打合せ」タグの記事一覧

パッカーを使っての低騒音での在来工法浴室の解体@白金台H邸

白金台H邸の在来工法浴室(RC躯体やコンクリートブロック下地の壁に直接防水層を作って、その上に保護モルタルを重ねて、タイル(または石)仕上げにした浴室)の解体を見学してきました。

こちらが解体予定の浴室です。と言っても、すでにコンクリートブロック周りの外側のボード壁や枠&扉は撤去されている状態でした。ブロック側の壁については、上から順番にブロックを崩してゆけば、それほど音を出さずに解体してゆくことが可能ですが、コンクリートの躯体側の壁と床は毎回大変な工事になります。

騒音に寛容なマンションであれば、ハツリ機(道路工事で良く使っている機械)を入れて一気に壊してしまうのですが、今回は落ち着いた雰囲気の高級マンションであることや、同じマンション内で他に2件もリノベーション工事が進んでいることなどから、費用は高めになってしまいますが、写真のパッカー(スプリッターともいいます)という機械を使っての小音量解体としております。因みに左側が壁解体用の小型パッカーで、右が床解体用の中型パッカーです。

床については、事前にある程度解体されてしまっていましたので、壁のパッカー解体を見学させて貰いました。このように、壁に一定間隔で、コア抜き機を使って穴をあけてゆきます。

その穴にこのように油圧ポンプ式の小型パッカーを差し込んで、壁にヒビを入れてゆきます。音はほとんどしませんが、タイルが割れるピキッという音が出るのと、細かいタイルの破片が飛んできます。

これらが解体されたタイル壁の破片です。通常の斫り作業であれば、ほぼ一日で解体が済みますが、パッカー工法となると、コア抜き作業とパッカー作業があるので、スケジュールは約3倍、費用も約2倍ほど掛かってしまいます。それでも、低騒音(ほぼ無音)での解体が可能となるので、最近の工事ではパッカー解体を標準とさせて貰っています。

こちは、事前に中型パッカーを使って、あらまし解体されていた床のシンダーコンクリートです。

因みにこちらがパッカー用の電動式油圧ポンプです。この機会のの動く音の方が、パッカー解体の騒音よりうるさい位です。

こちらは、寝室の床です。カーペットと長尺塩ビシートでは仕上げ厚が違うのですが、なぜかこのマンションでは、下地ごとモルタルで嵩上げされていたので、その嵩上げされたいたモルタルも撤去する必要がありました。この程度の薄いモルタルだとパッカーが効かないので、格子状にカッターで切り目を入れて、クサビと金づちで手斫りで撤去して貰いました。手斫りは機械斫りに比べると、10倍以上の時間が掛かりますが、この程度の面積であれば、騒音のことと手間のことを考えても、手斫りで進めて貰いました。

その他の部分の解体工事も進んでいます。キッチンの天井が撤去されて、天井裏のダクト類が見えてきました。リフォームキューの営業&設計の森井さんと現場監督の高橋さん、そしてプロジェクト単位で弊社のお仕事を手伝ってもらっている岩井さんとが打合せ絵をしている様子です。

最上階住戸なので、天井のスラブ裏には、木毛セメント版が貼ってあります。複雑に絡み合ったダクトや設備類を整理して、不要な箇所は撤去し、もう少し効率よいルートで設備配管を回すように考えてゆく必要がありそうです。

こちらは以前は主寝室専用のお風呂とトイレと洗面だった箇所です。大型のウォークイン・クローゼットとお化粧コーナーを作る予定です。

タグ

2017年03月29日 | パッカーを使っての低騒音での在来工法浴室の解体@白金台H邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台H邸

解体確認とオーダーキッチン&オーダーユニットバスの現地調査

工事が進んでいる世田谷区Y邸の解体状況の確認のために、お客さまのYさまご夫妻と一緒に現地に伺いました。

リビングダイニングの壁のボードとフローリングも含めて床下地はきれいに撤去されていますが、まだ天井や水回りの壁は残っている状態でした。

お客さまとの打合せで、お二人の寝室に天井吊りエアコンが設置可能かどうかは、解体がある程度進まないと判断できないとお話をしておりましたが、本日の解体状況確認で、それらが可能だと判ったことをお伝えしたところ、とても喜んでくださっていました。

現場確認の後は、マンションの高層階にあるラウンジスペースで、インテリア空間の色味の確認をさせて頂きました。机に並んでいるのは、塗装のサンプルですが、一般的によく使われる日塗工の色番だけではなく、菊水の色見本帳やファロー&ボールの色味もサンプルを手配して、白だけでもいくつもの微妙な色違いを確認して頂きました。

こちらは、またその1週間後にオーダーキッチンをお願いしているリネアタラーラの徳永さんたちと、オーダーユニットバスをお願いしている東京バススタイルの和久田さんと眞柄さんに現場打合せで来てもらった際の様子です。先週よりも天井の石膏ボードが撤去されて、水回りの設備・壁・天井も解体が進んでいました。

用賀にあるリネアタラーラのショールームは、お客さまの仮住まいからもとても近いこともあって、担当の徳永さんと僕等抜きでの打合せもあるので、最新版のキッチン図を確認しながら、墨出しの要点を施工をお願いしている青の斉藤さんに説明して貰いました。弊社のインターンとして手伝って貰っている間瀬さんにも打合せに同席して貰っています。

特にキッチンと浴室などの水回りは天井裏の設備との絡みが多いので、現地で打合せをすることで、うっかりミスの大部分を防げるのです。

こちらは東京バススタイルとの打合せです。青の斉藤さんと東京バススタイルの真柄さんと和久田さんは、一昨年の南麻布K邸でも一緒に工事をお願いしているので、調整とコミュニケーションは問題ないので、安心です。

一通り墨出しが済んでいる現場でしたが細かく修正して貰うことになっています。

こちらはかつての浴室の天井裏にあった全熱交換機(通称ロスナイ、換気によって失われる室温(冬の場合は暖気、夏の場合は冷気)を室内に撮り入れる給気と熱交換する装置)です。このままの位置設定だと、新しく作る洗面所と洗濯機置き場の間仕切り壁に引っかかってしまうことが判りました。機能的にはこのままでも使うことが出来るのですが、後日またリフォームをすることになった場合は、この機器を交換するために、洗面所と洗濯機置き場をすべてやり直すことになってしまうので、移設して貰うようお願いいたしました。天井裏には黄色い管も見えていますが、これらはスプリンクラー用の配管です。

お客さまからは、天井高さはなるべく高くしたいこと、また壁裏などに余分なスペースが見つかれば、それらにも対処して、なるべく広くして欲しいとのご依頼を受けているので、柱周りは各5センチずつほど広くすることができることを斉藤さんと確認いたしました。

各居室の部屋の角に柱型のように出っ張っていたエアコンの冷媒管とドレインを通すPSもそれぞれ余分なスペースがあることが確認できましたので、これらについても最小寸法へと縮めて貰うようにお願いしておきました。

解体時の現場を訪問すると、どれだけきれいに清掃されているか、廃材がどこまできちんと分別されているかで、現場担当者の力量が判ると常々思っていますが、さすが青の斉藤さん、こちらの現場のきれいさと廃材の整理は、ピカイチでした!

 

タグ

2017年03月27日 | 解体確認とオーダーキッチン&オーダーユニットバスの現地調査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

新規プロジェクト-2 横浜A邸

先日ご紹介した白金台H邸に続き、新年になってから始まった新規プロジェクトの第二弾です。

横浜市のお仕事が続いていますが、こちらも横浜市で175平米の広いお部屋のリノベーション計画です。

広いリビングの横に広いダイニングキッチンがありますが、玄関からこのダイニングに行くには、リビングの中を突っ切るかキッチン裏を大きく回り込んでしか辿り付けないという、何とも不思議な動線計画となっています。今回の現場は、現在工事が進んでいる横浜伊勢山Y邸からの近いので、そちらで施工をお願いしているリフォームキューの森井さんと坂本さんのチームで現地調査に立ち会って貰っています。

大型キッチンで、これ自体の使い勝手は悪くないのですが、家族がダイニングから自分の部屋に戻るには、このキッチンを通り抜けないといけないという、何とも不便な作りなので、大胆なレイアウト変更が必要になると思っています。

こちらがお客さまにご提案中のキッチンとダイニングのレイアウト変更リフォーム案です。左上が既存の平面図で、通り抜けが容易なダイニングスペースで、その横に大きくて料理を楽しめるキッチンを設けるイメージで案を作ってみました。

玄関ホールはとても広いのですが、そこに二面に鏡が貼られており、ちょっと異界(?)に入り込んだような錯覚を覚えるような空間でした。

一番不思議だったのが、この通り抜け型のクローゼットでした。元の間取りから、以前の持ち主さまリフォームをしたことで、このような不思議な段違い平行棒のようになってしまったようでした。廊下からも寝室からも使える二面使いのクローゼットを意識したのだと思いますが、実際には使いにくい場所が生まれているように見受けられました。

こちらは別日で、現地を再訪問した時の様子です。リフォームキューの森井さんと坂本さんに加えて、工事をすることになれば現場監督もお願いすることになりそうな織田さん、それにキッチンの造作キッチンをお願いしようと考えているアルノの鵜飼さんにも現地に来てもらいました。弊社スタッフの前田君と打ち合わせをして貰っています。

造作キッチンと建具や壁、さらには設備が細かく絡んでくる重要なポイントですので、全ての役者を揃えたうえでお打ち合わせをお願いしました。

その他、玄関回りの特集鉄製サッシや、造作家具の打ち合せを進めて貰いました。これから見積もり、そして工事へと進んでゆきますが、また出来上がりが楽しみな計画になりそうです。

タグ

2017年02月01日 | 新規プロジェクト-2 横浜A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 横浜A邸

二つの折り上げ天井を繋げる工夫@横浜伊勢山Y邸

解体が一通り終わった横浜伊勢山Y邸では、壁下地の作り込みが始まっていました。

判りにくい写真ですが、床にしゃがんでLDの天井を見上げた様子です。既存ではリビングとダイニングの二つの折り上げ天井が別々に関係なく並んでいましたが、それらを繋げて関係付けるようにデザインしています。ただ、写真中央に横切っている梁型が問題となるので、そこの左右に下地を流して、なるべく薄い天井下地を組み上げようと考えています。

折り上げ天井が段差になって繋がってくるので、その段差部分をどのように組んでもらうかを、リフォームキューの坂本さんと一緒に現場でボードの切れ端で説明している様子です。

現地の床では、木製の梯子のようなものが組まれていました…。

こちらは後日の現場の様子ですが、床で組まれていたのは木製格子パネルで、梁下をまたぐ形で二つの折り上げ天井を繋げるための下地だったのです。梁の横に渡したLGSの下地と、梁下に接着剤で貼った木製のコマで、このパネルを梁下にピタリと取り付けたのです。

手前がリビングの折り上げ天井で、奥がダイニングの折り上げ天井、木製パネルが二つの折り上げを繋いでいる様子がわかるでしょうか…。

こちらは、さらに現場が煤電からの様子です。小型の折り上げ天井部分には木製パネルを張って白拭き取り仕上げとして貰っています。
また、以下当日の様子に戻ります。

玄関部分も天井を折り上げて、間接照明用のボックスを作ってもらいました。

構造柱のを中心に四辻となるキッチン周辺の壁下地が立ち上がっていました。

柱の反対側から見た様子です。右側がリビングダイニングで、正面奥がキッチンになります。

リビングから玄関ホールとキッチン側を見返した写真です。電気屋さんの配線工事も進んでいます。

 

キッチンの裏には、来客用トイレを広げて作る予定です。

電気関係は毎回お馴染みの望月さんが担当してくれているので、ちょっと難しい配線もこちらのリクエストに応えて対応してくれています。

 

 

 

タグ

2016年12月23日 | 二つの折り上げ天井を繋げる工夫@横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸

解体現場で考える天井のデザインについて@横浜伊勢山Y邸

解体工事が始まった、横浜市西区の伊勢山Y邸の現場を確認して参りました。

165平米の専有部分のうち、LDKと玄関を中心に床と壁を解体してゆきます。以前は引き戸でリビングとダイニングキッチンが分割されていましたが、引き戸をなくして全体が一体化するデザインとしています。

以前のキッチンが解体撤去された後の床下の配管を設備屋さんが引き直しをしてくれています。設備屋さんの後ろに縦に伸びているのが、上下階を貫いている排水竪管(はいすいたてかん)です。

その排水竪管(黒い管)と既存の排水管の接続部分です。上下階の区画を貫通した個所から1メートル以内は耐火二層管(通称トミジ管)というものを使っています。写真中、濃い灰色の管は一般的なVP管で、薄い灰色の管がトミジ管です。

解体途中の状況を、担当してくれているうちのスタッフの前田君とリフォームキューの設計・営業の坂本さん、現場・技術の織田さんが確認して回ってゆきます。

リビングダイニングの天井の見上げ写真です。二つの別々に分かれた折り上げ天井だったものと、少しでもデザイン的に繋げて、一体感を持たせたいと考えていましたが、思っていた以上に梁が大きかったので、デザインを練りなおしになりそうです。

こちらはキッチンの天井部分です。空間としては大きく空いていましたが、折り上げても却って狭く見えてしまいそうでしたので、従来の天井高さに抑えて、新しい天井を組み直してもらうようにお願い致しました。

こちらは玄関部分の天井です。図面で見ていた寸法より、天井の懐寸法が大きかったので、こちらは思い切って天井の高さを40センチほど上げて、さらに石張りの壁を照らす間接照明を仕込むことにいたしました。

現場ではちょうど床暖房の配管を結びなおす作業をしていたので、じっくりと勉強させて貰いました。

使われているのは東京ガスのTESシステムの床暖房で、配管そのものは架橋ポリエチレン管でした。既存の管と新しい管を繋ぐ方法を順次撮影させて貰いました。架橋ポリ管同志をソケットで繋ぎ、バンド金物でパチンと留めるとそれで水漏れが起こることがないとのことでした。

こちらは既存のキャビネットの箱を活かして、天板を交換して、さらに扉を塗装し、PSの柱型横まで一体化させたデザインに作りなおす予定の洗面カウンターです。

その他照明スイッチやコンセントの納め方の注意点などを現場側と確認して、現場を後にしました。

 

タグ

2016年11月29日 | 解体現場で考える天井のデザインについて@横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸

180平米マンションのリノベーション下地工事@麻布台M邸

180平米の広さのマンションのリノベーション工事・麻布台M邸ですが、解体後の下地造作工事が進んでいます。

dsc_3190_pt

天井は照明位置はずらしてゆきますが、ほぼそのままで、壁は全てやり直しでボードを剥がして、LGS下地の状態になっています。床は既存が床暖房の上に、ベニヤ板を張ってその上にフローリングとなっていたので、床暖房パネルを痛めずに、フローリングだけを剥がすことができました。

dsc_3196_pt

高級マンションならではの工事騒音問題が関連して、大工さん一人&電気屋さん一人の少人数体制での工事が進んでいます。

dsc_3198_pt

キッチンと玄関の戸境壁は、収納一か所を除いて撤去して、また新しい壁を立て直しています。建設当初の工事では壁下地はLGS(軽量鉄骨)を使っていましたが、今回のリノベーション工事では、施工の青からの相談で木製下地に変えて工事して貰っています。大きく全面的にやり直す工事ではLGSが早い上に、しっかりしているのですが、細かく部分的に触ってゆく工事では、大工さんだけで工事ができることなどから木製下地の方が却って早く作ることができるとのことでした。

dsc_3199_pt

ちょうどこの木製下地を組んでいる位置の天井を見上げたところです。先回のブログでも話があった通り、キッチンの天井裏にはLD分の隠蔽型エアコンの本体とキッチンの天井カセット式エアコン、さらにはそれらのダクトや配管類が詰まっており、点検口も含めて位置を大きく動かすことができなので、ギリギリの線を狙って設備を移設して貰っています。

dsc_3201_pt

解体時から進めて貰っている、床下のトイレや手洗いの排水管なども、新しく指示した箇所に手直しされていました。

dsc_3207_pt

床下地の位置で一度墨出しをして確認していましたが、新しく床フローリング下地として張ったケイカル板の上にも、家具や壁の位置が墨出しされていたので、それらも設計側で確認いたしました。

dsc_3193_pt

リビングには玄関ホールと、プライベート廊下からと2方向からアプローチできるのですが、こちらは廊下からアプローチする通路に作られるクローゼット収納の一部です。
以下からのブログは、その1週間後の現場の様子です。

dsc_3919_pt

かつて部屋があった部分を縮小し(その分リビングダイニングを広げています)、書斎的に使えるDENを作る予定です。ちょうどこの写真の正面に見えている壁下地がその間仕切り壁となります。

dsc_3915_pt

この壁には、表面に大理石が貼られて、中央には壁掛けテレビが設置されます。壁の左右には壁内部に引き込める引き戸が2枚付く予定となっています。

dsc_3916_pt

斜めからこの壁を見ると、木製下地が二重に作られており、引き戸が入るポケットがあることが判るでしょうか?壁中央にオレンジ色の配管が通っているのが、テレビ線やちょっとずれた位置に設置するアンプなどと接続するためのCD管(後で線を通すことができるカラの配管)です。

dsc_3931_pt

壁に扉を引き込むポケット部分の下地詳細です。

dsc_3922_pt

先ほどのキッチン天井設備の位置も、こちらが希望した位置に変更して貰っています。特に造作家具の上部に来てしまう点検口については、そこからエアコン本体のフィルターの清掃をする必要もあるので、設備屋さんにも作業ができる寸法かを確認して貰った上で、位置を最終決定いたしました。

dsc_3926_pt

プライベート廊下部分は、壁際の収納を撤去して、ギャラリー的に使えるように収納と飾り棚を作る予定です。写真奥に向かって左側に凹んだニッチがその部分になります。

dsc_3929_pt

廊下一番奥の主寝室の扉の位置も移設しているので、既存扉枠を上手く撤去したものを、廊下の曲がり角ちょうどの所に再度設置して貰っています。

r0058544_pt

この日は、造作家具の打ち合せをしたいとのことで、施工をお願いしているの田原さんと八木さん、そして造作家具屋の大沼さん、家具に含まれる間接照明やスイッチなどのことで電気屋さんにも同席して貰って打ち合わせを致しました。

r0058538_pt

こちらが施工側で描いてくれた造作家具の施工図です。キッチンカウンターの厚みや、カウンター甲板の納まり、間接照明の位置などを細かく打合せさせて貰いました。

 

タグ

2016年11月16日 | 180平米マンションのリノベーション下地工事@麻布台M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸