「スケッチ・図面」タグの記事一覧

アドヴァン・キッチンショールームにて西麻布N邸のキッチン打合せ

西麻布N邸の計画が着々と進んでおります。こちらが土日をお休みとしている関係上、平日の夜しか打合せの時間が取れていないN家の方々とは、中々ご一緒にショールーム周りをすることができておりませんでした。

色々とキッチンショールームをご推薦してきた中で、価格とのCP(コストパフォーマンス)が一番良いことでキッチンをお願いすることになったアドヴァンのキッチンショールームに夕方6時からの変則的な時間でお打ち合わせをさせて頂きました。アドヴァンからは僕らの営業担当の西田さんとキッチン担当の穂坂さんが参加してくれています。

まずはアドヴァンキッチンの一般的な仕様のご説明して貰った後は、

具体的ににシンクの大きさや使い勝手のお話をさせて頂きました。ご主人さまの趣味の釣りで、大きな魚を捌く機会が多いN家では、より大型のシンクでかつ水栓も二つ必要なことはこちらから説明させて頂きました。

背面の食器収納や吊戸棚の説明では、天井高さと吊戸棚の位置関係、扉を開けた時の使いやすい高さや、大型炊飯器を置いた場合の寸法などが話題に挙がりました。

引き出しについては、見掛けのサイズ(表面から見た引出の高さ)と実際に開けた場合の高さが違うこともご説明いたしました。アドヴァンが高級オーダーキッチンに取り組みだしたのは比較的最近のことですが、引出などに使う金物については、ブルムの最高級仕様でスペックして貰っています。

食洗機については、ショールームにあるミーレ社ものを使って、ガゲナウ社との違いや、ミーレの中でもハイエンドタイプと普及タイプについての違いを説明して貰いました。

最後に面材やカウンター材のサンプルをお見せして、イメージの確認を致しました。因みに、これらの面材の塗装サンプルは、うちの事務所から持ってきたものです。これまで色々なキッチンを作ってきた中で、色々な色味で、かつツヤの度合いが違うものが揃ってきたので、それを有効活用することができました。

これまでアドヴァンと一緒に進めてきた見積り用の図面に、本日の打合せの変更内容を書き込んで、図面及び見積りの訂正をお願いするための指示書を前田君が作ってくれました。これまで採用させて貰った実績がないキッチンではありませんでしたが、細かい事まで担当者と話をすることができて、疑問の幾つかも晴らすことができました。また、これまでは図面を基にお客さまとの打合せをして参りましたが、やはり実物を見ながらのショールームの打ち合せは、沢山のことを検討して頂く上でもとても有意義でした。

 

タグ

2017年06月08日 | アドヴァン・キッチンショールームにて西麻布N邸のキッチン打合せ はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 西麻布N邸

造作家具&造作キッチンの打ち合せ@白金台H邸

下地工事が全般的に進んでいるヴィンテージマンションリフォームの白金台H邸にて、造作家具の打ち合せをして参りました。

キッチンとリビングのTVボードは、横浜A邸でもキッチンをお願いしたアルノに別途工事としてお願いしており、その他の家具については、建築工事のリフォームキューの下に入って貰っているテラダにお願いしております。

キッチンや柱周りは、家具工事と大工造作工事が絡む箇所が多いので、このようなスケッチを担当スタッフの岩井さんが書いて説明してくれました。

リビングのTVボードも、壁の奥行きや柱型との辛みがあるので、別途工事ではありますが、下地の作り方等については、アルノの鵜飼さんと担当の水野さんがリフォームキューの現場監督の高橋さんと相談してくれています。

うちの岩井さんが書いてくれた各室の展開図です。家具図はこちらでは起こさず、これらの展開図をベースに、アルノとテラダが起こしてくれた図面をチェックしながら進めてゆく算段となっています。

因みに、こちらが僕らの平面図と展開図を元にアルノが作ってくれたキッチン制作図です。こちらで幾度か赤でチェックバックしながら制作図をブラッシュアップして行って貰いました。

浴室の横の洗面カウンターについては、床下に設ける排水関係の点検口の位置と作り方を相談させて貰いました。

背面に見えていたのが、こちらハーフユニットバスです。四周の柱が立っただけでも、部屋のように感じられるから不思議なものです。

キッチン入り口のスイッチ類が入ったこちらの壁もキッチンのカウンターと絡んできます。

こちらリビングの窓際の柱型は、家具工事とは直接絡んできませんが、将来的に外壁に給湯管のコア抜きについて管理組合が許可してくれれば、浴室への追い炊き管が接続できるように、予備のPSを作っている様子です。

 

 

タグ

2017年05月25日 | 造作家具&造作キッチンの打ち合せ@白金台H邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台H邸

完成予想CGと素材とディテール@西麻布N邸

スケジュール的な余裕とお客さまからの強い要望(実際にはそれに加えて外注でお願いする費用も)があれば、ある程度リノベーション設計が進んだ時点で完成予想CG(コンピューターグラフィックス)を作って、お客さまにご提示するケースがあります。

延べ床面積が230平米ある、こちら西麻布N邸のお客さまからは家具や照明などの細かい事もCGを見たうえで決定したいとの強うご要望を当初から頂いていたので、素材のイメージを固める当初の段階からディテールまで検証したうえで、このようなCGを作って貰っておりました。
例えば、このCGの右奥に見えている真鍮で目地を取ったうえで、大理石をランダムに張っているデザインをCGで作ってもらうためには、

具体的にこの程度の素材を決めた上で更に、

大理石と真鍮目地の凹凸(今回のケースでは、目地棒をチリ1ミリほど大理石パネルより出っ張らせています)やコーナーの納まりまでを考えたうえで、外注のCG会社にお願いしております。

当然ながら、ここまで持ってくるためには、幾度も素材やプランについて、お客さまと打ち合わせを重ねて参りました。初めてできたCGをお見せすると、Nさまもとても喜んでくださいましたが、見慣れてくるとその中に好きでない要素が見つかってきたり、色味を変えて欲しいといった微修正のご依頼が重なってきます。上記のCGができるまで、4度ほど作り直しをして貰っています。

こちらが階段の反対側から見たアングルのCGですが、まだ階段の形状や手すりのデザイン、天井の照明配置などが間に合っておりません…。CGを作ると、どうしてもそのCGイメージに対するお客さまの満足度を高めることが目の前の目標になってしまいがちなので、実際の素材探しやディテール設計が後回しになってしまいがちなのです。
CGに入れ込んでいる置き家具についても、実際にミノッティやフェンディの家具をお客さまに見てもらった上で、仮に落とし込んでもらっております。

ただ、今回はスケジュールの縛りもありますし、二社での相見積をとのご希望でしたので、担当スタッフの前田君が全ての建具とその枠廻りについて、このような詳細スケッチを作ってくれております。

CGイメージを作っていない空間についても、(この場合は来客用トイレですが)具体的なタイルやカウンター素材も検討を重ねています。図面も一通り揃ってきたので、次の段階で二社にずれたタイミングで現場に来てもらって、現調と図面の意図を説明したうえで見積りを作って貰う段階に入ってゆきます。

タグ

2017年05月15日 | 完成予想CGと素材とディテール@西麻布N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 西麻布N邸

デザインアドバイスプロジェクト 新宿U邸

弊事務所オリジナルのデザインサービスの「デザインアドバイス契約」にてプロジェクトを進めてきた新宿U邸リフォームが、この度完成いたしました。

この「デザインアドバイス契約」は3年ほど前から実験的に始めたものです。本来のデザインサービスである「設計監理契約」は新築の住宅をゼロから設計して、工事の監理まで行うイメージに近く、スケジュール的には最低でも8か月、長くなると1年以上の期間が掛ってしまいます。一般の設計施工(設計と工事を一緒の会社で進める)のリフォーム会社(大手のリフォーム会社、町場の工務店やリフォーム屋さん)では、4~6か月程度で工事完了まで進めてしまうのに対して、僕らがお手伝いするスタイルではあまりに期間が長すぎることで、考え出したサービスです。

ホームページにもデザインアドバイスの情報を片隅に掲載しておりますが、それをご覧になった今回のお客さまのUさまがメールで問い合わせをしてくださったことで始まったプロジェクトです。メールで、デザインアドバイスについてのお問い合わせに対して、以下のような返答をさせて頂いた上で、ご納得の上で初回打ち合わせが始まりました。

「ご購入なさったマンションのリフォームに対してのご質問ありがとうございます。今回は全面リフォームではなく、キッチンや収納の設置、壁紙の張り替え等の部分リフォームを検討なさっているとのこと、僕らがお手伝いするとすれば、「デザインリフォームアドバイス」の形が最も適していると思われます。

アドバイスの費用についてですが、工事の内容と複雑度によって多少変わって参りますが、リフォーム工事総額が1000万円以内であれば、打合せ3回(うち2回は現地打合せ)で、45万円(+消費税)程度をお願いしております。リフォーム総額が1000万円~1500万円程度の工事となると、複雑度も増してきますので、打ち合わせ回数5回で75万円(+消費税)をお願いすることになります。キッチンなどのショールームへご同行することになると、打合せの回数に対して15万円ずつプラスする計算になります。

ただし、このスタイルでのリフォームには幾つかの条件があります。一つは、工事をお願いするリフォーム会社の候補は、こちらで幾つかを挙げさせて頂きます。全く知らないリフォーム会社では、このスタイルでのアドバイスは難しいのです。

リフォームアドバイスがどの程度お役にたつか、非常に判りにくいと思いますが、まずはこちらの事務所に来て頂いての無料相談で色々とご確認頂ければと思っております

打合せの様子は撮影しておりませんが、初回の無料相談でのお打ち合わせは白金台のこちらの事務所に来て頂いてのお打ち合わせでした。その際には、事前にメール間取り図を送って頂いた上で、こちらでどのようなことができそうかを事前に考えたうえで打ち合わせをさせて頂きました。この無料相談後に改めて正式にデザインアドバイスを相談したいとのご連絡を頂いたので、現地をお客さまと一緒に訪問させて頂きました。

マンションは新宿区にある築10年ちょっとで、105平米ほどの広さのお部屋でした。キッチンはきれいに使われていましたが、小さなお子さまがいらっしゃるUさまご夫妻には、このクローズド型のキッチンは受け入れられないとのことで、オープンキッチンに変更することになりました。

基本は2LDKでしたが、リビングの奥にこのような可動間仕切りで小部屋を作ることができる間取りとなっていましたが、このような部屋では、結局使い勝手が悪いので、これについては、収納スペースとして納戸を作って、その他のスペースはリビングを広くするために使うようにすべきではと、こちらの考えをお伝えいたしました。

お客さまへのメールでも書きましたが、こちらからご推薦したリフォーム会社2社からお客さまが選んでくださったリフォームキューの岩波さんに現地に同行して貰って打ち合わせをしております。ダイニングスペースをどのくらい広く取ればよいかをご相談中の様子です。

お客さまご夫妻も共働きで打ち合わせ時間の制限があること、そしてこちらも1回のお打ち合わせで15万円の費用をご請求することとなっているので、なるべく一回の打ち合せや現地調査でできることを済ませておきたいので、このように洗面所内のPSスペースを覗き込んで、どこまで洗面カウンターや収納を広く取ることができるかも調べさせて頂きました。


以上の現調と打ち合わせを受けて、こちらで作成した簡易リフォーム案です。何が簡易かというと、①基本となる図面をCADで起こさずに、マンション管理事務所から提供して貰ったPDF図面をベースに作っていること、②ある程度の寸法を書いていますが、実際にはまだ実測もしていないし、PDF図面から算出したものなので、大枠としての寸法目安でしかないこと、等です。
この図面では、オープンキッチンにする案を3つ提案しているので、それをベースにこちらが紹介したオーダーキッチン会社との打合せも進めて貰いました。

お客さまが選ばれた代官山のクッチーナと3度ほど打ち合わせをして、最終決定をしたいので、ショールームでの打合せに同席して欲しいとのご依頼がありました。事前にクッチーナが作ったキッチンプランを拝見しておいて、当日は気になる個所を一つずつ確認させて頂きました。

仕上げ材については、部屋全体のインテリア素材とのマッチングがありますし、細かい使い勝手や収納方法についても、僕らがいつも気にしているポイントもあるので、それらを3時間ほど掛けてチェックしてゆきました。

キッチンプランの確定を受けての3回目のお打ち合わせでは、現地で寸法の最終確認と仕上げ材のイメージを確定してゆきました。リフォームキューからは、それぞれの項目をリフォームした場合の見積りも出してもらっていたので、それらの最終的な取捨選択もご一緒に考えさせて頂きました。

こちらが、これまでの打ち合せを受けてご提案した仕上げ材のサンプル類です。

ダイニングに設ける収納・書斎・飾り棚の3つの機能を持たせた造作家具については、簡単なイメージスケッチも起こしております。
ここまで無料相談、初回現地打合せ、キッチンショールーム打合せ、第二回目の現地での素材打合せで、何をすべきかを決めることができたので、お客さまとリフォームキューの間で工事契約を結んで貰いました。

ここで一気に工事が進んだところへと飛びますが、お引渡し2週間前の造作家具の組立て段階の工事現場です。基本的には工事の現場チェックは行わないお約束となっていましたが、造作家具の組立ては、リフォーム&リノベーション工事で最も好きでワクワクする工程なので、お客さまにもこれは費用が発生しない、こちらの勝手な現場見学だとお伝えしたうえで行って参りました。

かつて可動間仕切りがあった個所には、造作の本棚と、仕上げを揃えた壁パネルが取り付けられていました。キッチンもオープンになると共に、下がり天井のラインや照明の位置もきちんと再調整されていることを確認しました。インターンとして事務所に来てもらっていた神崎さんや間瀬さんの現場勉強として見て貰いました。

単独でダブルシンクがあった洗面所は、キッチン側から通り抜けられる動線を設け、シングルボウルのリネン収納と付きの洗面カウンターに変更しています。また、洗濯機収納も上手く隠れるような工夫をしています。

そして、完了検査の立ち会いです。実はこの検査立ち会いもボランティアでの参加です。竣工写真を撮影させて頂くのと、それをこのブログの記事に書かせて頂くことと引き換え(?)として、お手伝いさせて頂きました。

オープンキッチンとダイニングの造作家具もきれいに繋がったデザインになっており、お客さまもとても喜んでくださっていました。僕は第三者的な立ち会いのツモリで検査に臨みましたが、結局職業病か、全ての項目を細かくチェックしてしまいました…。

洗面所はこのような形で仕上がりました。PSのスペースを縮小して、その分カウンターを伸ばして、PSの柱型の向こうにもリネン収納や引出を設けています。メディスン・キャビネットの鏡に映り込んだところに洗濯機が隠されることになります。

ここまで何も紹介していなかったトイレですが、背面壁にキッチンパネルを張ってもらい、手前左面には小型のトイレットペーパー収納を壁埋め込みで作って貰いました。

ただの壁でしかなかった玄関横には、使わないことになった扉材を転用した奥行き60センチあるコート掛けとその横に座って靴を履いたり、自宅に帰って来た時にカバンや買い物かごを仮置きできるベンチを作って貰いました(ベンチの素材は扉材に色を似せて作って貰っています)。この裏にあった奥行きの大きいWICの寸法を使った玄関の設えで、とても使いやすくなったとお客さまに喜んで貰えました。

ダイニングからキッチンへの繋がりです。キッチンのサイドパネルに無理を言って付けて貰った照明スイッチ屋、ギリギリの寸法で埋め込んでもらったキッチン部分の天井カセット式エアコン、奥行きが浅そうに見えるキッチン対面側の造作収納の工夫など、リフォームキューの岩波さんたちにも、相当頑張って貰いました。
お客さまの費用負担やスケジュールの短縮を目指してトライしているデザインアドバイスのチャレンジですが、今回は僕らも満足できるクオリティーの高い仕上がりになりました。こちら設計事務所側の費用としては45万円+消費税をお願いいたしましたが、お客さまからは「45万円以上の価値があるアイディアを頂いたと思います」と、も喜んで頂ける内容となりました。

タグ

2017年04月10日 | デザインアドバイスプロジェクト 新宿U邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: リフォームデザインアドバイス 新宿U邸

金物工場にて鋼製建具製作の見学

埼玉県草加市にある金物加工工場に、横浜A邸でお願いしてる特注鋼製建具の制作現場を見学に行ってきました。

大きな工場に、見たこともない大型機械が幾つも並んでいて、それら見ているだけで、ワクワクして参ります。毎回、僕らがデザインしてる特注取っ手や特殊なスチールサッシを作る際にはこちらのS工業さんにお願いしており、現場で打合せの度に工場見学をさせて欲し いとお願いしておりました。ちょうど横浜A邸の鋼製建具を作り始めているとのことで、このタイミングで念願の見学となりました。

まずは工場にある大型機械がどのようなもので、どう使うかをザッと説明して貰いました。
こちらがベンダー加工機です。V型の金型の上に金属板を乗せて、上から220トンもの強力な圧力で金型を押して、任意の角度に曲げ加工できるというスグレモノです。

押し付ける側の金型は多様な種類があり、それらを上手く組み合わせて順に金属板を曲げてゆくことで、複雑な形のものを作ることができるそうです。

試しに、一般的なボンデ鋼板を直角に曲げて貰いました。微妙な圧力の調整で、このようにきれいに角度を作り上げることができます。他にも上下の刃のせん断作用で金属板を切断できるシャーリング加工機や、鋼板にV字型の溝を掘るプレーナー加工機なども実演して貰いました。

あまり他の作業を見せて貰っていると、それだけで半日ほど掛かってしまいそうだったので、早々に作りかけの鋼製建具の組立てを見学させて貰いました。

赤い骨組みの上に置かれているのが組立て途中のスチール製建具です。

事前にカットした部品を、このように溶接で一つずつを組合せてゆきます。

溶接にも幾種類かの方法がありますが、ここではアルゴン溶接のTIG(チグ)溶接を使っていました。不活性化ガスのアルゴンガスを使って、高温で母材を溶かして溶接してゆくので、溶接カスが出ないので、きれいに仕上がるそうです。

フラットバーの片側から溶接を掛けると、その熱で直線だったフラットバーがかなり歪み(ひずみ)ます。溶接とは常に歪みとの戦いで、どんなに機械で自動加工かされても、ひずみの矯正は職人の勘でしか対応できないそうです。
その歪みの矯正とは、溶接した箇所のちょうど反対側から、同じ長さで溶接をして熱を加えて、反対側に曲げることで、結果的に直線状に戻るという原理を使っているそうです。

溶接痕が残っていては、焼き付け塗装が上手く乗らないので、このようにサンダーできれいに均してゆきます。一か所溶接しては、反対側から溶接をして歪みを直すという地道な作業をしながらゆっくり組立てが進んでゆくという算段です。

これは僕らがよく作った貰っている箱型の特注取っ手です。

焼き付け塗装を施して、突板の建具と組み合わせると、このようなデザインに仕上がるものです。

窓際に置かれている細いフレームも全て、今回お願いしているスチール建具のための部品です。

今回は突板とガラスを組合せたデザインとしていますが、ガラスを入れる部分の押し縁(オシブチ)がこれらの部品の正体です。これらも溶接すると歪むので、その反対側から熱入れをして歪みを補正するという気の遠い作業を繰り返して作られた部品です。

他にも、フロアヒンジのピボット部品を埋め込む箇所の凹み加工をしたフレームだったり、

突板パネルの中央に金属の目地棒を通すデザインとしていますが、その目地棒部品です。

こちらはS工業さんが描いてくれたスチールサッシ制作図ですが、このようなディテールで、

このようなデザインの建具+ガラス製袖壁が近日中に出来上がる予定です。

タグ

2017年03月17日 | 金物工場にて鋼製建具製作の見学 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 横浜A邸

新規プロジェクト-3:西麻布N邸

西麻布で築15年、メゾネットで230平米のお宅をご購入なさったNさまとのプロジェクトがスタートすることになりました。

このように広いリビングダイニングに上階への階段がついた開放的なお宅です。メゾネットといっても、元々が最上階住戸で、上階は屋上テラス付きの小部屋があるだけでなので、ワンフロアで220平米近くの広さがあるお宅です。

都心のマンションではほとんど見ることがない実際に使える暖炉がリビングのコーナーにあります。

このような作りの暖炉ですが、実際に冬には使ってみたいとお客さまのNさまご夫妻も楽しみにしていらっしゃいます。

今のキッチンです。魚眼レンズ付きカメラで撮影したような不思議な写真ですが、キッチンから直行する形でパントリーが続いた大型キッチンです。ガゲナウのガスオーブンはまだきれいだったので、取り外して使うことになっていますが、キッチン全体は作り直すことになりそうです。

明るく開放的な玄関ホールです。最上階住戸ならではの特典で、大きなトップライト(天窓)から光が降り注いでいます。

このようなダブルシンクの洗面カウンターが二つ、お風呂も二つあります。主寝室付きの洗面は、ウォークインクローゼットに変更して、浴室もつぶしてコンパクトなシャワーブースとトイレを設ける予定です。

お客さまと不動産会社の方と一緒に、こちらのお部屋を内覧させて貰った時の様子です。実は、こちらのお客さまは、これまで住んでいた渋谷区のお宅をリフォームする予定で、すでに4か月ほどお打ち合わせをして参りました。

こちらが、その時までに用意していたリノベーション用の幻のプランです。リビングダイニングを広くしようとすると、どうしても出っ張ってきてしまうPS(パイプスペース)を利用して、三角形のガラス張りのワインセラーを作るという野心的な案でした…。
このお部屋が160平米ほどの広さがありましたが、ここまでリノベーションすると相当な費用になることをご夫妻が真剣に検討して、それくらいの費用を掛けるのなら、もっと広い部屋で思いっきりデザインした方が良いのではとのご判断で、急遽西麻布のこちらのお部屋をご購入してリノベーションすることになったという経緯があります。
こちらも、急転直下なお話で驚きましたが、それ以上にポテンシャルを感じる素敵なお部屋でしたので、また俄然やる気が出てきました。Nさまご夫妻、どうぞ今後とも宜しくお願いいたします!

 

タグ

2017年03月12日 | 新規プロジェクト-3:西麻布N邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 西麻布N邸