「デザインの意図」タグの記事一覧

一連の造作家具組立て@世田谷区Y邸

高層マンションリフォームの世田谷区Y邸にて、造作家具の組立て工事が始まっています。

仕上がりの塗装色やツヤに対しては、お客さまのコダワリがとても強いので、何枚ものサンプルを作って確認して貰ったので、手間は掛かっていますが(当初から塗装サンプルは満足が行くまで作って貰いたいので、その分の費用を別途計上しておいてくれと、お客さまからも依頼されておりました)、造作家具そのものは、そこまで難しい作りのものではありません。

ただ、それらが全て一連のラインで、途中建具も含めながら繋がっていることが、今回のプロジェクトの造作家具の難しい所なのです。図は造作家具の組立て用の平面図ですが、緑色に塗った面が、二つのクローゼットと2本の引き込み扉、それにFIXパネルとトイレの扉を交えながら繋がったデザインとなっています。

まずは、造作家具をお願いしてる現代製作所の藤田さんが、廊下のコーナーにあたるクローゼットを固定してくれています。ここがL字型に全てが繋がるデザインの起点となるので、慎重なセッティングが必要となります。

一連のデザインとは別の箱になりますが、玄関ホールの靴収納の組立ても始まっていました。こちらは分電盤と弱電盤が絡むところが、少し複雑な作りとなっています。

一枚の大理石スラブで張って貰った玄関タタキが映えるように、タタキの上部は浮いているデザインとなっているので、その固定が大変そうでした。

L字の一連の家具の内側に当たる洗面所スペースでは、ダークセルベの大理石が壁に張られた中に、洗面台が仮置きされていました。突き当り左側ではフリッパー扉の付く洗濯機コーナーの設置も進んでいました。

洗面カウンターは、甲板及び立ち上がり面もデクトン仕上げとなっています。現場で組み立てると継ぎ目にシールが入ってしまうので、工場でL字型に組んだものを持ってきて、設置することになっています。

洗面の上部には3枚扉のメディスンキャビネットと、ガラスで作ったオープン棚がニッチ部分に取りつく予定です。

洗面カウンター上部は、デクトンと大理石仕上げとなっているので、無造作にコンセントを付けたくないとのお客さまのご要望で、ドライヤーや髭剃り、電動歯ブラシなどでどうしても必要となる洗面周りのコンセントは、カウンターと引出の間の手掛けスペースとメディスンキャビネットの中に隠すことになっています。写真は、手掛けに埋め込む超小型の家具用コンセントの様子です。

造作家具の組立ては、とにかく垂直水平をきちんと確保する地道な作業が要となりますので、これだけの種類の多様な厚みのスペーサーを現場に用意して、微調整しながら慎重に組み立ててくれていました。

 

 

タグ

2017年07月04日 | 一連の造作家具組立て@世田谷区Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 世田谷区Y邸

セミオープンキッチンの組立て-2

先週途中まで組み上がっていた白金台H邸の造作セミオープンキッチンの組立てが終盤を迎えています。

キッチン内部のコの字型キッチンがほぼ組み上がり、そこから一段上がった対面のL字型カウンターの組み上がりつつあります。

こちらがキッチン内部のコの字型カウンターです。中央にハーマンのガスレンジとオーブンが入り、その左右にはひょうたん型のハーフェレのコーナー収納が入った贅沢な作りです。

大きな窓に面したシンクカウンターは、景観を遮る吊戸棚は止めて、オープンになっています。2段のカウンターの継ぎ目部分には、60センチ幅のミーレの大型食洗機が入る予定です。窓横には吊戸棚がありますが、ちょうど写真で中央部には、ガスレンジからのダクトが梁型をくぐって外部へと繋がるダクトの出っ張りが見えます。そのダクト型をちょうど隠す形で吊戸を調整して貰っています。

二段になっている対面カウンターは、このようにL字型で柱型へと向かっています。こちら側にも引出と開き扉の収納が付いています。

2段カウンターをイートインコーナーから三重うろ、このようなレイアウトとなっています。正面右手のカウンター下に大きな隙間があるのは、ビルトイン型のワインセラー置き場となっています。ワインセラーを使わない人にとっては、ちょっとした奥さま用の家具コーナーにもなります。

L字カウンタのコーナーと壁との取り合いがまだ完成していませんが…

ちょっと面倒な納まりとなっているので、こちらのピースと、もう一本の長物を組合せて、カウンターが壁の内側まで入り込んでいるようなデザインに仕上げて貰う予定となっています。

こちらが組み上がる直前のキッチンの全容です。

その他、玄関の靴収納が組み上がり、廊下と玄関ホールを区切る建具も吊り込まれました。僕らが得意としている一部透明ガラスを入れた、特注取っ手を組み込んだ引き戸となっています。天井も玄関ホールと廊下で、引き戸の上吊レールで見切ることで、クロスの色を変えています。

玄関ホールすぐ横の来客用トイレの手洗いカウンターも組み上がっています。

工事をお願いしているリフォームキューの営業&設計担当の森井さん、現場担当の高橋さん、そしてキッチン・アルノの水野さんが今後の予定をスケジュールを組みながら、これからの工事の段取りを組んでくれている様子です。

 

 

タグ

2017年06月28日 | セミオープンキッチンの組立て-2 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台H邸

ビニールクロス張り&建具準備中の白金台H邸

お客さまの検査まであと2週間程度に迫った白金台H邸の現場を視察して参りました。

エントランスから真っ直ぐに進んで見えるリビングの壁の状況です。仕上げでは、向かって左側のニッチ部分には大理石が張られ、右側のニッチにはAVボードが設置される予定ですが、まだその準備段階です。手前右手に見えているマシンは、ビニールクロスに糊付けする機械で、正面に立て掛けられているのは各種建具です。

奥から、白い扉は洋室の既存扉、ルーバーを再利用して作り直してもらったエアコンパッケージユニット前の建具、廊下のチークパネルの中に埋まる納戸への隠し扉となっています。

玄関ホールは、向かって左側の大型の靴収納が取りついております。養生の下にはタイルとフローリングも張られており、天井のクロスも仕上がっているので、まだまだ仕上がりには程遠く見えますが、壁のクロスを張って、家具の扉を付けて、姿見の鏡を張れば、もうほとんど完成状態となっています。

リビングから扉を経てプライベート空間に入った所にあるプライベート書庫廊下の造作本棚も設置が終わっていました。

この小空間も、他の廊下とは違った空間であることを示すために、天井や壁にクロス張り分け用のハット目地を入れて、細かくクロスの色を変えています。

主寝室横のウォークインクローセット内部に設けた奥さま用のお化粧コーナーです。正面窓の左隣には、自然光でお化粧ができるように可動式の鏡を扉のような形で吊り込む予定です。

養生をめくると、チークのお化粧カウンターと小物を入れる引出が2本ついています。

ハーフユニットバスを使った浴室もステンレスの枠と強化ガラスが付いて、グレードアップされています。

まだ、手前の洗面所側の木製枠が取りついていない段階ですが、しっかりと木製下地にステンレス枠が固定されている様子が判りますね。白く見える部分も保護のためのビニールテープが張られているステンレス枠です。

浴室の中は、まだ物置のように使われていましたが、壁のタイルがきれいに張られていました。

リビングの柱周りのクロスもきれいに張られていました。クロスパネル張り仕様で細かく目地割りをしていますが、クロス職人さんたちが苦労しながら上手く張り廻してくれていました。

 

タグ

2017年06月12日 | ビニールクロス張り&建具準備中の白金台H邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台H邸

マンションリフォームのディテール@横浜A邸

先日ご紹介した、横浜伊勢山Y邸のディテール集ですが、その兄弟プロジェクトともいえる横浜A邸のディテールもご紹介しておきます。

都会的でスタイリッシュなイメージの横浜伊勢山Y邸に対して、こちら横浜A邸では素材感のある大理石やタイルを多く使って、よりクラシカルで大人的な空間を目指してデザインしています。素材として大きくフィーチャーしたのが、こちらの大理石・トラバーチンです。ローマ遺跡でも使われいてる穴があいた素材感豊かな大理石に濃灰に焼き付け塗装した窓枠を合わせています。

トラヴァーチンは、目地なし(眠り目地といいます)で納め、そこにグレアレスかつユニバーサルタイプの照明を強く当てて、多孔質な石の特徴を引き出しています。

トラバーチンを大きく使った玄関ホールでは、共用廊下からの玄関扉周りにフラットバーの縁を回し、そこにチークのフローリング材を使った羽目板を張っています。玄関回りに何かと便利な小物置きと引出収納のカウンタートップには同じトラバーチンを使っています。

扉枠と小物置きニッチの上部に同じ濃灰色に焼き付け塗装したスチールフラットバーが回っていることで、掘り込みの陰影を深くして、シャープに見せています。

もう一つのこちらのお宅の特徴が、2セットの両開き扉です。玄関ホールからリビングへの扉の面材は、板目のウォールナット材を使っています。

同じ塗装色で焼き付けて貰った金物も、扉の面材が違うと印象も変わって見えるのが不思議なものです。こちらはリビングからダイニングへと続く両開き扉ですが、仕上げ材は板目のオーク材の灰色拭き取り塗装となっています。

拭き取り塗装ですが、木目の見え方を薄くすることで、より無機的に感じられるようになっています。

カラーガラスや鏡、クロスの見切りなどは良く使っている材料ですが、普段はL字型のアングルで見切っているカラーガラスを、こちらでは磨いたステンレスの角パイプで見切ってみました。天井のクロスの張り分けの目地を合わせることで、すっきりとシャープに空間を見切ることができました。

タグ

2017年06月01日 | マンションリフォームのディテール@横浜A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 横浜A邸

造作家具&造作キッチンの打ち合せ@白金台H邸

下地工事が全般的に進んでいるヴィンテージマンションリフォームの白金台H邸にて、造作家具の打ち合せをして参りました。

キッチンとリビングのTVボードは、横浜A邸でもキッチンをお願いしたアルノに別途工事としてお願いしており、その他の家具については、建築工事のリフォームキューの下に入って貰っているテラダにお願いしております。

キッチンや柱周りは、家具工事と大工造作工事が絡む箇所が多いので、このようなスケッチを担当スタッフの岩井さんが書いて説明してくれました。

リビングのTVボードも、壁の奥行きや柱型との辛みがあるので、別途工事ではありますが、下地の作り方等については、アルノの鵜飼さんと担当の水野さんがリフォームキューの現場監督の高橋さんと相談してくれています。

うちの岩井さんが書いてくれた各室の展開図です。家具図はこちらでは起こさず、これらの展開図をベースに、アルノとテラダが起こしてくれた図面をチェックしながら進めてゆく算段となっています。

因みに、こちらが僕らの平面図と展開図を元にアルノが作ってくれたキッチン制作図です。こちらで幾度か赤でチェックバックしながら制作図をブラッシュアップして行って貰いました。

浴室の横の洗面カウンターについては、床下に設ける排水関係の点検口の位置と作り方を相談させて貰いました。

背面に見えていたのが、こちらハーフユニットバスです。四周の柱が立っただけでも、部屋のように感じられるから不思議なものです。

キッチン入り口のスイッチ類が入ったこちらの壁もキッチンのカウンターと絡んできます。

こちらリビングの窓際の柱型は、家具工事とは直接絡んできませんが、将来的に外壁に給湯管のコア抜きについて管理組合が許可してくれれば、浴室への追い炊き管が接続できるように、予備のPSを作っている様子です。

 

 

タグ

2017年05月25日 | 造作家具&造作キッチンの打ち合せ@白金台H邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 白金台H邸

マンションリノベーションのディテール@横浜伊勢山Y邸

先月完成して、お引渡しを済ませている高級マンションリノベーションプロジェクト横浜伊勢山Y邸のディテールの工夫の紹介です。

ランダムに割った特注のスチールサッシが、玄関扉を開けた玄関ホールで来客を迎えてくれます。パッと見では判りにくいのですが、取っ手上の大きな割り付けのガラス部分だけは透明で、その他のガラス部分にはダークなフィルムを貼って、多少プライバシーを考慮したデザインとしています。

 

特注のスチールサッシのディテールです。以前こちらで紹介した金物工場で作って貰ったものです。ガラスを抑える押し縁をL字型にして、サッシの見附(ミツケ(正面から見た時に幅寸法))を細くして貰っています。

リビング側から見ると、玄関ホールに面した部分だけでなく、その向こうにある柱型の正面まで同じデザインのサッシでカバーしていることが判ります。

ダイニング壁の壁面は、キッチンと同じレベルでクォーツストーンの腰壁を回して、その上部はスチールサッシのデザインパターンを転用した縦横目地のアクセントクロスのパネル張りとしています。使っているのは、1000番代の一般的なビニールクロスですが、パネル張りとすることで、安っぽさが消えていると思っています。

パネル張りクロスと一体に見える正面の引き込み扉は、神谷コーポレーションのフルハイト扉にクロスを巻き込んだものを使っています。通常の取っ手だと安っぽく見えてしまうので、僕らが得意とする特注取っ手を付けて貰っています。残念ながら、梁下のダウンライト照明とキッチンのダウンライト照明の色温度がコントロールできなかったので、一体感が少々損なわれてしまっているのが残念です…。

 

 

タグ

2017年05月19日 | マンションリノベーションのディテール@横浜伊勢山Y邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸