「デザインの意図」タグの記事一覧

ビフォーアフター写真集@横浜A邸

先日リフォーム会社が施工検査をして、その是正工事があらかた終わったとのことで、お客さまのAさまと不動産会社のNさまと一緒の施主検査にデザインアドバイザーとして立ち会いをして参りました(本来の設計監理業務であれば、設計者検査という役割があるのですが、デザインアドバイス契約の場合は施主検査への立ち会い業務となるのです)。その検査立ち会い後に写真撮影をさせて頂きました。

こちらはリビングから玄関ホール側の扉を見返したアングルでのビフォー&アフター写真です。ほぼ空間の形は変わっていませんが、多様な素材を使ったことで、陰影が生まれて、空間の各コーナーの性格がよりハッキリしてきたと思っております。

こちらが検査立ち会い時の様子です。キッチンの使い勝手を力説しておりましたが、実際は皆さま窓の外の景色を眺めていましたね…。

玄関ホールのトラバーチンは、孔が空いているのが特徴の大理石ですが、孔が大きいとみっともないので、どのサイズであれば埋めて貰うか残してもらうかを判断する基準を青のテープで貼っておいたものを確認して頂きました。

これまでの僕らの経験では、それほど重視してこなかったウォーク・イン・クローゼットですが、今回はダークな壁色にウルトラスエード張りの天板付きのチーク突板アイランド家具、そして間接照明と費用も掛かりましたが、費用対効果も良かったことをご説明いたしました。

ビフォー・アンド・アフターの写真は、まずは共用廊下から玄関を入って最初に見える景色からです。以前のオーナーさまも、鏡を張って玄関ホールを広く見せていましたが、却ってそのことでどのような形の空間かが判らなかくなってしまっていたので、両側の壁の質をキッパリと分けて(片側はトラバーチン張りの壁、もう片側はダイノックシート張りの収納)、その壁が袖のガラス壁の先まで伸びていることを見せながら、ウォールナット張りの両開き扉で迫力ある空間を演出してみました。

玄関の見返しですが、以前は沓脱スペースを、収納を伸ばすことで作ってありましたが、そのことで空間がデコボコになっていたので、収納を削って、玄関先には何かと便利な小物入れとニッチ状態の飾り棚を作っています。木目調の玄関扉と枠もあまりに普通のマンションらしく見えるので、枠にはステンレスの板を取り付けてシャープに見せて、壁にはチークフローリングを張って、ひとつの面としてデザインしています。プライベートの廊下の方までトラバーチン壁が伸びていることで、以前より大分空間が広く感じられるようになりました。

先ほどの玄関ホールからのウォールナットの扉の先のリビングから見返した写真です。広すぎる玄関ホールを縮小することで、両開きの扉位置を後ろに下げて、扉を開けっ放しにしてもリビングの動線を妨げないようにしています。スチールの建具枠、玄関ホール床の磨きタイル、左側の壁のマットなタイル、黒いクォーツストーンの質感、天井の羽目板張り、壁の小口まで張ってあるトラバーチンと多様な素材が絡み合うことで、リッチな空間に生まれ変わったと思っています。

空間のレイアウト上、一番変わったのがこのダイニングキッチンです。以前か壁側にレイアウトされていたキッチンですが、真反対に窓側へと大逆転させています。かつては、ダイニングから各個室に行くためには、キッチンを通り抜けることになっていましたが、このレイアウトになったことで、そのような不便がなくなり、キッチンが独立した機能空間になりました。単純なペニンシュラ型から、U字型になったことで、カウンターの長さは倍以上になり、収納量も格段に増えています。

ダイニングキッチン空間からリビングを見返した様子です。開口部の位置が変ったことで、玄関からキッチンまで大きく回り込む必要が亡くなり、よりショートカットでキッチンへとたどり着けるようになりました。

白っぽくて無機質で性格が無かった主寝室ですが、壁にアクセントクロスをパネル張りして、折り上げ天井に間接照明を設け、ウォークインクローゼットへの入り口を引違のガラス扉に変えたことで、シックで大人っぽい空間に変身させることができした。

ウォーク・インクローゼットは、レイアウトはほとんど変えていませんが、仕上げ材と照明を変えて、アイランド収納を設けただけで、グッとシックになりました。

最後は来客用トイレです。こちらもトイレのレイアウトをほとんど変えていませんが(トイレ背面のライニングはなくしています)、トイレ空間の部屋の幅を少し膨らませて、カウンターを伸ばしたことで、広々とした空間になりました。指先しか洗えなかった手洗うボウルをきちんと手が洗えるものへとサイズアップすることができました。仕上げ材も壁のカラーガラスや床タイル、チーク突板の手洗いカウンターとグレードアップしたことで、2ランクぐらい空間の質が上がったと思っております。

タグ

2017年05月05日 | ビフォーアフター写真集@横浜A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 横浜A邸

特注スチールフレーム扉の吊り込み@横浜A邸

先日、扉制作の現場を金物工場に見学に行った、特注スチールフレーム扉の吊り込みが横浜A邸で行われました。

玄関ホールとリビングの間仕切り扉ですが、灰色に塗装して貰ったスチールフレームの中に、ウォールナット板目の突板を腰上は縦に、腰下は横に向きを変えて張って貰った、観音開きの扉です。左右には、ガラスを入れたスチールフレームが袖壁となります。

まず最初に、左右のフレームを固定して…

メインの吊り込みへと移行します。作業は、横浜伊勢山Y邸でもお世話になった、関根社長が陣頭指揮に立って作業してくれています。

左右の扉の開き具合を確認している様子です。今はフロアヒンジで吊っているので、内側にも外側にも開いていますが、後で天井にストッパーを固定して、リビング側にしか開かないように調整して貰う予定です。

今回は、全く同じサイズと基本は同じデザインで、違う突板(灰色に染色したオーク材)を張った後2枚の扉もお願いしております。

こちらは、ダイニングからキッチンへの扉となっています。左奥にウォールナットの扉がチラリと見えていますが、突板の種類を変えただけで、全く印象が変わってくるのが不思議です。

こちらが完成後のスチール扉が4枚並んだインテリアです。シックで落ち着いたイメージの扉2枚が玄関ホールへと繋がり、灰色の比較的明るい扉が、ダイニングへと繋がる扉となっています。

その他の工事も着々と進んでおります。オーダー家具屋さんにお願いした大型キッチンが組み上がり、壁タイルも張られ、柱型にもキッチンと揃ったチークの突板が貼られて、大きなダイニングキッチン空間がほぼ完成していました。

玄関ホールは、壁にチークのフローリングを羽目板として張って貰い、玄関扉と小物置き場はスチール焼き付け塗装の板を小口に廻して、シャープに見せるデザインとしています。

個室もクローゼットと納戸の再レイアウトすることで、かつては実質5畳程度しかなかった洋室を7畳ほどに広げることができました。クローゼット扉と合せて、壁にも同じ突板パネルを張ることで、空間の一体感が演出できていました。

タグ

2017年04月15日 | 特注スチールフレーム扉の吊り込み@横浜A邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 横浜A邸

雑誌「モダンリビング」の取材撮影@南麻布K邸

雑誌「モダンリビング」(世界文化社)が、4月7日に発売予定号にて「ラグジュアリー・リノベーション」の特集を組みたいとのことで、南麻布K邸に取材撮影に来てくれました。

以前から、次回にリノベーションの特集号を組み際には、是非事例を提供して欲しいとのご依頼を受けておりましたが、ちょうどこちらの南麻布K邸が、ラグジュアリー・リノベーションというテーマにも合うので、お客さまのご了解の上、取材撮影に伺わせて頂きました。

ダイニングテーブル上のテーブルウェア、お花等は、全てモダンリビングの高坂副編集長のコーディネートです。白い大理石のテーブルと素敵にマッチした透明感のある設えとなっています。

カメラマンは下村さんで、高坂さんと丁寧にアングルを調整しながら、南麻布K邸のインテリアを補完するようなインテリア備品を飾っていってくれました。

テレビボード横のこちらの飾り棚などは、あまりにKさまご一家のプライベートな思い出の小物や写真などが飾られていたので、Kさまのご了解を得たうえで、高坂さんがたちが持ってきてくれた小物で雰囲気を壊さないものと交換して貰っています。

今回は、南麻布K邸の事例紹介だけでなく、特集内特集でもあるリノベーションQ&Aの取材も兼ねていたので、リビング天井の点検口を兼ねた突板のパネル詳細やサッシ枠のディテールなども撮影していってくれました。

キッチン出入り口のこちらのスイッチボードは、交換ができない給湯器や警報関係のプレート類が縦に並んだ箇所ですが、プレートのサイズも色味も違ったものが並んでいるので、このように縦列で整理しましたが、これもリノベーションらしい工夫だと気に入ってくださったようで撮影してくれました。

この主寝室も、特注でデザインさせて頂いたベッドサイドのナイトテーブルを入れての撮影は初めてでしたので、こちらでも撮影させて貰いました。

ウォークスルー・クローゼットから奥のシャワーと洗面への空間の繋がりは、これまで上手く撮影できておりませんでしたが、カメラマンの下村さんを真似たアングルで(一応、了解は貰っております…)撮影してみたところ、きれいに撮れました。
このところ、メディア取材が続いていますが、4月になると一気にそれらの雑誌が発売になりますので、どうぞ楽しみにしていてください。

タグ

2017年03月01日 | 雑誌「モダンリビング」の取材撮影@南麻布K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリノベーション 南麻布K邸

ビフォー&アフター 横浜伊勢山Y邸の竣工検査

横浜伊勢山Y邸のリノベーション工事が完了いたしました。

早速に家具なしではありますが、竣工写真を撮影させて頂きましたので、リノベーション前と後を比較するビフォー&アフターの写真を作ってみました。
リビング側から玄関ホールを見返したアングルの写真です。かつては、リビングとダイニングが大きな可動建具で仕切られていましたが、それを撤去して、二つの空間を一体化しました。また、玄関ホールからの建具が唐突だったり、PSや柱型のせいで凸凹していたラインを特注の大型スチールサッシでスッキリと整理してみました。

因みに、こちらがお客さまの竣工検査時の様子です。前とは打って変わったシックで高級感のあるデザインになったことで、とても喜んでくださいました。

こちらからリビングからダイニングを見た写真のビフォー&アフターです。スチールサッシはリビング側にせり出してきていますが、ラインがきれいに揃ったことと、ダイニングとの仕切り建具が無くなったことで、却って広く感じられるのではないでしょうか?窓のサッシと連続した大判の鏡も効いていますね。

ダイニングからキッチンを見返したアングルです。L字カウンタースタイルだったキッチンを二つに分けて、ダイニングに対面したカウンター側にシンクを持ってきています。また、冷蔵庫が隠れた位置におけるレイアウトとなっていましたが、冷蔵庫をより使いやすい位置に変更するとともに、ワインセラーとワイングラス収納を冷蔵庫の隣に持ってきて、華やかさを加えています。
以前は空間的にもキッチンとダイニングが分断されていましたが、キッチンカウンターの甲板と側面板をダイニングにまで廻すことで、両者が繋がって見えるように感じられるようになりました。ただ深く折り上げただけだった天井にも、ダイニングテーブルを照らす照明ボックスを浮かせ、折り上げがわも間接で照らしたことで、懐が大きな空間になりました。

キッチンカウンターからダイニングとリビングを見返したアングルです。空間がガタガタしていたものが、すっきり整理されて、リビングまで見通しの良い空間になりました。

左が改装前の玄関ホールで、右がリフォーム後です。玄関のタタキ部分とホールが天井の高さや間接照明、右側の収納の奥行きの変化などできちんと区分けされたことで、空間の形が判りやすくなっています。高級感のある大理石やスチールサッシを使ったことで、よりシックに仕上がっています。

こちらは来客用トイレの比較です。以前のレイアウトは、なぜこれだけの広さがあるのに、こんなに手洗いが小さかったのだろうかという疑問しか浮かびませんでしたが、広いカウンターと大き目の手洗いが付け加わり、より使いやすいレイアウトになったと思っています。

その他の写真は、ビフォーが上手く撮影できていなかったので、比較できませんが、こちらはキッチンです。通り抜け型にしたことで、カウンターは分かれてしまっていますが、シンクの位置が使いやすくなっていたり、ワインセラーやその背面の家電カウンターと見せるところと隠すところが上手く切り分けることができたと思っています。

玄関ホールのスチールサッシのディテールです。デザインは苦労しましたが、カッチリとスタイリッシュに仕上がりました。右手の壁にはコート掛け収納が隠れており、左手には(写真には写っていませんが)キッチンへと通じる引き戸があります。

カウンター本体とメディスンキャビネットだけを利用して、カウンター甲板とシンクと水栓、扉も作り直したリノベーション洗面カウンターです。右手の柱型も取り込んで、脱衣カゴを収納するニッチやリネン収納を一体的にデザインすることができて、とても使いやすくなったと思っています。
ようやく完成したこの横浜伊勢山Y邸ですが、当初の予定通りリノベーション工事完了後に販売されることになりそうです。もうすぐ、この空間のサイズに合わせて購入して頂いたソファーやダイニングセットが入って、内覧して頂くことができるようになります。ご興味がある方には、別途詳細をお伝えいたしますので、info@kagami-archi.comにメールでご連絡頂ければ幸いです。

 

 

タグ

2017年02月17日 | ビフォー&アフター 横浜伊勢山Y邸の竣工検査 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 投資・賃貸用リフォーム 横浜伊勢山Y邸

出張料理人・岸本恵理子さんのお料理での竣工記念パーティ@原宿K邸

昨年4月に全面リノベーション工事が終わってお引渡しをしていた原宿K邸ですが、先日竣工お祝いのパーティーを開いて、施工の現場監督の辰・田所さんと設計担当者であるスタッフの竹田さんと各務をお招きくださいました。

お料理は、各務の義姉でもあるイタリア料理の出張料理人である岸本恵理子さんに声を掛けてくださいました。原宿K邸の奥さまは、お料理が大好きだとのことで、料理の先生にもついていらっしゃいますが、そこから偶然に義姉の恵理子さんとも繋がって、竣工パーティーを開くなら彼女にお願いしようと以前から盛り上がっておりました。

パーティー当日に先立って、1週間ほど前には料理をする現場視察(?)とのことで、原宿K邸のキッチンの様子を見に来てもらっています。

パーティー当日の料理のメニューを一緒に考えると共に、お鍋やお皿、ボウルなどで調理に使えるものがどの程度あって、何を持参したらよいかをこのように調べさせて頂きました。

通常の出張料理だけであれば、食事開始時間の2時間前にお宅に伺えれば、十分時間があるとのことでしたが、今回はパスタ生地を練るところや、料理の下準備も半分くらいは一緒にやりたいとのこちら側の希望があったので、3時間ほど前にK邸に来てもらっています。

お料理がお好きな、お嬢さまも参加して手打ちパスタを作っている様子です。当然ながら、私、各務も手伝いましたが、ここでは後ろのシンクで食器を洗っております。

手打ちパスタで作ったのが、シシリアのトラーパニに伝わるブジアーテというねじりパスタです。細く伸ばしたパスタ生地を、焼き鳥のくしのような細い棒を使って捩じってゆくものでした。ソースも、シチリア風のイワシとフェンネルと干しブドウと松の実を使ったオーソドックスなものでした。

料理は、焼き立てのグリッシーニに前菜が4種類、パスタ2種類にお肉のメイン料理とデザートと豪勢なコースでしたが、作るだけでなく教えてもらうという欲張りなスタイルで、恵理子さんも大変だったのではないでしょうか…。

全ての料理の写真を撮ったわけではありませんが、左上から時計回りに、生ガキの前菜、芽キャベツのフリット、ピエモンテ名物の極細パスタのタヤリン(こちらはあまりに細いので、事前に仕込んで貰っています)、チョコとキンカンのデザート、メイン料理の豚肉のロースト、そして先ほどのイワシのシチリア風パスタです。

メインの豚肉は、K邸キッチンに採用したミーレの最新式スチームオーブンDGC6800を使って、2時間近く掛けて肉の内部温度を60度でレアに仕上げたローストポールでした。

美味しいお料理にお酒、そして皆が料理を作ったり食べたりしながら、賑やかに設計や工事のプロセスを振り返りながらのパーティー、本当に楽しく時が経つのを忘れてゆっくりさせて頂きました。岸本恵理子さん、美味しいお料理どうもご馳走様でした(キッチンが使いやすいとのお墨付き、どうもありがとうございました)。そしてKさまご夫妻、とても素敵なお食事会にお招きくださり、本当にありがとうございました!

 

 

 

タグ

2017年02月13日 | 出張料理人・岸本恵理子さんのお料理での竣工記念パーティ@原宿K邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: オーナーマンションリノベーション 原宿K邸

レザー張り扉の研究@麻布台M邸

これまでにも幾度かレザー張りの建具をデザインして、作って貰ってきましたが、細かいディテールやレザーの選び方で思い通りに行っていない部分がありました。昨年は、栃木にある工場まで出かけて職人さんの話も聞いてきましたが、まだ納得がいっておりませんでした。

今回は、難しいディテールや素材のことに詳しいトリシュナ・ジバーナの三浦さんに協力して貰い、素晴らしいレザー張り建具を作ることができたと思っています。そこまでの研究の成果(?)を記事にいたしました。

素材としての皮革ですが、本物の牛皮だと、革の厚みやサイズ的で思ったようなものが作れなさそうなので、やはり人工レザーで進めようと考えました。

壁の大理石がモナコグレーで決まっていたので、そのサンプルを持って、これまでも人工レザー素材を使わせてもらっているイノベイジアの岩本町ショールームを訪問してきました。これまでは、イメージを伝えて選んだサンプルを送って貰って、その中から選んでおりましたが、やはり大量にあるサンプルを実際に見比べながら選ぶと、より多くの気付きがありました。

人工レザーに限らず、本物の牛皮も拝見させて貰いました。アメリカでは最高級の牛皮といわれているGarrett社のレザーサンプルです。

微妙な色味の違いも表現されており、カラーサンプルのように多彩な見本がありました。

本革は人工皮革以上に色々ななめし方、パターン付があるそうです。ハイエンドブランドのコートやカバン、靴などに使われる素材まで考えると、ほぼ無限にバリエーションがあるとのことでした。当然ながら、人工レザーと比べると、価格も数倍の価格となってしまい、サイズも牛一頭から取れる牛皮の大きさが限定されてしまうので、それに合わせてデザインしなければならないので、やはり人工レザーで進めることを再確認いたしました。

幾つかのサンプルをショールームからお借りして、麻布台M邸のお客さまご夫妻に確認して頂いている様子です。

大理石だけでなく、造作家具に使ったチークやカラーガラスとの色味の相性、そして革のテクスチャーやスティッチを入れる糸の太さと色も確認して頂きました。

トリシュナ・ジバーナの三浦さんに書いて貰った施工図を、こちらでチェックして返す作業を3度ほど繰り返して、ようやく作り始めて貰うことができました。

そして、レザー建具が作られて、現場に吊り込まれたのがこちらです。この距離だと、レザーの室間が伝わってきませんが、左側の造作家具カウンターや吊戸棚の高さと、レザー建具の特注取っ手の高さ、そしてスティッチの位置が合っており、そしてそれが右側の大理石の目地の高さとも合っていることが判るでしょうか…。

取っ手部分のディテール写真です。スティッチもとてもきれいで、特注取っ手との取り合いもとてもきれいです。

扉を閉じた時の様子ですが、このようなアップ写真で見ても、カウンターの高さとピッタリ合っていますした。価格もこれまで作って貰ってきたレザー建具より高くなってはしまいましたが、費用を負担してくださったお客さま、そしてトリシュナジバーナとイノベイジア、全てを組合せてくれた施工会社の青のご協力で、とても満足度が高い扉をつくることができました。

タグ

2017年02月08日 | レザー張り扉の研究@麻布台M邸 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: マンションリフォーム 麻布台M邸